ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

顔の皮膚が乾燥して皮むけする 対処法や改善策について

      2017/02/23

乾燥肌で顔が皮むけしたり、メイクがあまりにのらず、

困っている、なんてことありませんか?

乾燥には季節的なものと慢性的なものがあるそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

もしかして膀胱炎?女性に多い膀胱炎の症状や原因について

膀胱炎は女性に多い病気です。

残尿感や痛みなど、気になることがあったら、

すぐに病院にかかることが大切です。

症状を確認して、予防もしっかりしましょう。

会話が続かない状態にならないための会話のコツとは?

会話をしていても、会話が続かないから相槌のみでやり過ごす、

なんてことはありませんか?

ちょっとしたコツをつかめば、会話も続いて、

会話自体が楽しくなるかもしれません。

炭酸入浴剤で気持ち良い入浴を!期待できる効果は?

その日の疲れはその日のうちに落としたいですよね。

炭酸入浴剤をうまく使って、

明日への元気を取り戻しましょう!

にんにくの健康や美容への効果があらわれる時間帯とは?

にんにくは体にいいと漠然に思っていませんか?

にんにくは疲労回復や血圧予防のほかに美容にも効果があるそうです。

また、効果があらわれる時間帯があるそうです。

紅茶のカフェインを夜の寝る前に摂取するのは良くない?

紅茶のカフェインはコーヒーより少ないと

されていますが、やはり夜や寝る前に紅茶を

飲むのは良くないのでしょうか?

昼食後の昼寝の効果は仕事にも?効果的な昼寝とは

近年、昼寝を取り入れる企業があるほど

昼寝の効果は見直されています。

午後からも元気に仕事ができるように

昼寝を取り入れてみましょう。

靴の臭いが気になる臭いの原因と対策

現代人で靴を履かない人はほぼいないと思われますが、

毎日同じ靴を履いていると臭いが気になることはありませんか?

足や靴の臭いの原因やその対策とは?

花粉症による鼻づまりのメカニズムとは?寝れない時はツボを刺激

花粉症による鼻づまりの悩みを抱える人は少なくないと思います。

鼻づまりのメカニズムを理解し、少しでも解消の

糸口を掴めるといいですね。

肌のシミの原因とは?紫外線対策の日焼け止めSPFやPAとは

気になる肌のシミの敵である紫外線対策はしていますか?

紫外線により破壊された細胞は、ターンオーバー力を低下させ、

色素沈着を発生させます。

肌のシミの原因と対策について確認しましょう。

猫のびポーズでダイエット?やり方や効果は?

猫のびポーズはもともとヨガのポーズであるそうです。

このポーズはダイエットの効果が期待されており、

猫のびダイエットとも呼ばれるそうです。

その効果や、やり方について確認してみましょう。

コーヒーを飲むと腹痛や下痢の症状が出る原因と対処法について

コーヒーが好きで毎日飲んでいる人も多いと思いますが、

コーヒーを飲むとお腹が痛くなったり、下痢になってしまうという

ことはありませんか?原因と対処法とは?

寝る前にコップ1杯の水を!適切な飲み方で効果を発揮

寝る前にコップ1杯の水を飲むといいというのは、

どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

ですが、飲み方や飲み過ぎは逆効果のようです。

洗濯する時の洗濯物を入れる順番や洗濯のコツとは

何気なくしてる洗濯も、手順良く行えば、

効率的な洗濯が出来るのです。

洗濯物を入れる順番などのコツとは?

テレビを観ながらのSNSは危険?デジタルによる脳への影響とは

周りを見渡せば、デジタルは当たり前の時代になりました。

特に若い人は、今の時代しか知りません。

このテレビやSNSが脳へ及ぼす影響は、

もしかしたらこの先、大きな社会問題となるかもしれません。

健康を維持するために軽い運動を始めよう 簡単にできる運動とは?

健康を維持いていく上で適度な運動は非常に重要となります。

簡単にできる運動であれば、少しずつでも始められそうです。

まずは無理せず、簡単な運動から始めてみましょう。

冷え性を日々の運動で改善する

冷え性を改善するために運動を始めてみませんか?

効果的な有酸素運動を行うことにより、習慣など様々な面が

改善されることも期待されます。

運動不足の方は是非、ウォーキングから始めてみましょう。

憩室炎とはどんな症状の病気?痛み方は?

憩室炎は、大腸の壁が外に飛び出してできる憩室で、

細菌が繁殖して炎症を起こす病気です。

症状や原因は、どのようなものなのでしょうか?

リウマチの症状と原因について 男性より女性がなりやすい?

関節リウマチは男女比は1:4程度で、

女性がかかりやすいと言われています。

リウマチの症状を知り、対処できるようにしましょう。

原因については、あまりよくわかっていないようです。

話題のミドリムシの栄養や効果とは ユーグレナって?

未来食材として期待されるミドリムシ。

ミドリムシは藻の一種ですが、

植物と動物両方の性質を持つとても珍しい生物です。

59種類もの栄養素を持つミドリムシが

もたらす効果とは?

しゃっくりが止まらない!止め方のポイントは耳と水とツボ!

ふとした時に、しゃっくりが出てしまい、

中々止まらないなんて経験ありませんか?

しゃっくりの止め方はいくつかあるそうなので、

1つ方法を覚えておけばいざという時に、使えるかもしれません。

顔の皮がむけているのは角質?

乾燥して敏感になったお肌からぽろぽろ皮がむけたり、皮膚がめくれたようにケバ立つのは、古い角質がべったりとくっついてガサガサくすむ角質肥厚とは成り行きが違います。

角質肥厚は、ターンオーバー(お肌の生まれ変わり)が鈍化して分厚くなった状態。

これとは逆に、乾燥敏感肌の粉吹き、皮むけはターンオーバーが乱れて、角質がきちんと形成されず、早くなり過ぎることが原因です。

白い粉吹き・皮むけは、異常なターンオーバーで、未熟なまま外まで押し出された細胞が正常にはがれることができず、お肌表面にとどまっている状態です。

はがれようとしているのは、古い角質ではなく、本来新しい肌を作らなければいけない細胞なのです。

健康なお肌では、皮脂や細胞間脂質(セラミド)が接着剤のような働きをして皮膚を外部刺激から保護し、潤いを蓄える為に必要な角質をお肌にとどめておいてくれます。

加齢と乾燥が進んだお肌は、 両方が不足しているので皮膚がはがれるがままになってしまうのです。

引用元-敏感肌の皮むけ、お顔の粉吹き。ガサガサが気になるお肌の対処法。 | 冨永雅代の美肌メソッド

スポンサーリンク



  人気記事

セラミドを増やして皮むけ肌に潤いを

細胞間脂質そのものを化粧品で増やせれば楽なのですが、そう単純なものでないので100%完璧なものはありません。

でもセラミドを補っておけばO.K.です。細胞間脂質の主成分はセラミドで、セラミドが肌水分量を維持するため乾燥も追い出してくれます。この肌状態が維持されれば、自然に細胞間脂質も戻ってくるようになります。

セラミド以外の保湿成分なら長く角層に留まるものを選ぼう

なぜセラミドがいいかというと、細胞間脂質の主成分だからという理由だけじゃありません。

角層に元からある成分なので、化粧品で簡単に補える上に長く留まって作用するからです。

普通、元からそこにない成分は、いくら肌にいいものでも代謝されたり排出されます。そのため、せっかくの成分の効果も一時的で意味がなくなります。

例えばナノヒアルロン酸なんかは保湿力が高く、角層の奥に浸透するものの、元からそこにない成分なのであまり長く滞在しません。

なので、セラミド以外の成分だったら、セラミドみたいに長く留まる性質があるものじゃないとダメ。

引用元-顔の乾燥皮むけ改善へ~肌の接着剤を増やせ!

スポンサーリンク



顔の皮むけには保湿をしてファンデのノリを良くする

ベースメイクがうまくいかないこれらの原因は、肌の乾燥です。しっかり肌コンディションを整えて、粉吹きや皮ムケを解消したいですね。

■まずは保湿! ファンデのノリを良くする肌作り
乾燥しやすい冬は、毎日の化粧水や乳液などのスキンケアも、夏場よりも気をつけて行っている人が多いはず。それでも肌が皮ムケしてしまう…という人は、もしかすると、手をかけすぎて逆に乾燥を加速させてしまっているのかもしれません。

たとえば洗顔のときに、たっぷりの洗顔フォームや熱いお湯を使ってゴシゴシ洗うと、必要な皮脂や水分まで取り除いてしまい、かえって肌にダメージになってしまうことも。乾燥しやすい人は、冬場は洗顔フォームは使わず、ぬるま湯で洗い流すだけにするのもよいでしょう。

そのあとはもちろん化粧水で水分を補給して、乳液やクリームで蓋をするのも忘れずに。また、化粧水の前にオイルを使用すると、化粧水の浸透を高めるブースターとしての役割を果たしてくれますよ。

引用元-何とかしたいファンデの粉吹き、皮ムケ…キレイに解消する肌ケア法 – エキサイトニュース(1/2)

スキンケアで気をつけたい洗顔料の選び方

洗顔の役割は肌の脂汚れをスッキリ落とし、化粧水や美容液による保湿成分の浸透を高めること。
 
最近では保湿成分や美白成分などが配合されているものも多いですが、保湿成分と言っても油分を多く配合し、肌に膜を張りしっとり感じるようにしているだけです。
 
それに顔をすすぐ際にすべて洗い流れてしまいます。あくまでも洗顔料の役割は汚れをスッキリ落とすだけ言うことを認識して選ぶべきなんです。
洗顔料の選び方

洗顔料と言っても固形タイプや液体タイプなどいろんなタイプがありますが、実際にはどっちがいいと言うことはありません。
 
例えば、クリームタイプや液状タイプの洗顔料などは肌に優しいと言われますが、しかしその反面、洗浄力が弱いなどメリットとデメリットの双方を兼ね備えている場合が多いんです。また泡の立ちにくいミルクタイプの洗顔料もかなり弱い洗浄力となっています。
 
そのため、洗顔料を選ぶ際のポイントが成分と洗浄力!中でも注意するべき成分は合成界面活性剤なんです。合成界面活性剤は一度肌に浸透するとそのまま残留してしまい、長い間肌に刺激を与えてしまう成分なんです。特にリキッドタイプかクリームタイプの洗顔料には必ずといっていいほど配合されています。
 
そのため、肌に優しい天然成分を使っている洗顔料など、肌に負担になる余分な成分が含まないもので、顔の皮脂を取り過ぎないほどほどの洗浄力の洗顔料が最適!

引用元-顔の乾燥肌・かゆみを対策|スキンケアで根本から徹底解消!

慢性的な乾燥肌への食生活の改善について

『●●だけダイエット』や、食事量を極端に減らしすぎていると栄養が偏って乾燥につながりますので、バランスの整った食事も大事です。
乾燥肌の改善を助ける栄養素を紹介します。

・ビタミンA(緑黄色野菜・うなぎ・卵黄・乳製品・海藻など)
…皮膚の潤いを保つ。乾燥を防ぐ。新陳代謝を高める。

・ビタミンE(たらこ・大豆・ナッツ類・アボガドなど)
…皮脂の酸化を防ぎ肌への負担を減らす。血行を良くする。

・ビタミンB(卵・乳製品・大豆・魚類・豚肉など)
…代謝を改善する。肌を本来の健康な状態に戻す。

・ビタミンC(ピーマン・イチゴ・柑橘類など)
…皮膚や血管を強くする。肌にハリを持たせる。

・ベータカロテン(緑黄色野菜・海藻類など)
…体内でビタミンAの働きをする。肌を健康に保つ。

・タンパク質(卵・大豆・魚介類・肉)
…健康的な肌を保つ。

・必須脂肪酸(脂肪)(肉・サバ、イワシなど青魚・ごま・クルミなど)
…肌の潤いを保つ。

引用元-顔の乾燥をどうにかしたい!乾燥の原因と正しい対処法

 - 生活の知恵, 美容・健康