ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

顔の皮膚が乾燥して皮むけする 対処法や改善策について

      2019/04/01

乾燥肌で顔が皮むけしたり、メイクがあまりにのらず、

困っている、なんてことありませんか?

乾燥には季節的なものと慢性的なものがあるそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

もしかして膀胱炎?女性に多い膀胱炎の症状や原因について

膀胱炎は女性に多い病気です。

残尿感や痛みなど、気になることがあったら、

すぐに病院にかかることが大切です。

症状を確認して、予防もしっかりしましょう。

牛にならない?食後のごろ寝はダイエットにつながる?

食事の後に、すぐに横になると牛になると良く言われたものです。

ですが、この食後のごろ寝が消化を助けたり、

ダイエット効果もあるそうです。

健康を維持するために軽い運動を始めよう 簡単にできる運動とは?

健康を維持いていく上で適度な運動は非常に重要となります。

簡単にできる運動であれば、少しずつでも始められそうです。

まずは無理せず、簡単な運動から始めてみましょう。

独身者の老後生活孤独は寂しい?住宅や病気は?

独身者の老後は寂しいとよく言われますが、

それは独身者に限られた事ではないので心配する事はないと思います。

ただ、孤独や不安を感じやすかったり、病気などをした場合の事は

よく考えておくべきだと思われます。

住宅などもしっかりとしたプランが必要かもしれません。

寝る前にコップ1杯の水を!適切な飲み方で効果を発揮

寝る前にコップ1杯の水を飲むといいというのは、

どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

ですが、飲み方や飲み過ぎは逆効果のようです。

耳かきの頻度やコツについてについて 耳掃除をしすぎると良くない?

耳かきはどのくらいの頻度で行っていますか?

あまり頻繁にしすぎると良くないそうです。

耳掃除のコツや安全な耳かきの方法とは?

洗濯する時の洗濯物を入れる順番や洗濯のコツとは

何気なくしてる洗濯も、手順良く行えば、

効率的な洗濯が出来るのです。

洗濯物を入れる順番などのコツとは?

鼻水や痰が気になる後鼻漏とは?症状や咳の原因について

喉に鼻水が落ちているような感覚があったり、

咳や吐き気などの症状がよくある人は後鼻漏の可能性があります。

では、後鼻漏とはどのようなものなのでしょうか?

顎関節症の治療はどんなもの?対策は?

顎関節症の治療とはどのようなものなのでしょうか?

また最近、顎関節症は増加傾向にあるようです。

できることから対策はしておいた方がよさそうです。

子供が頭痛でこめかみが痛いという時は?

こめかみの頭痛など、子供の慢性的な頭痛が近年増えてきているそうです。

子供は正確に症状を伝えられない場合が多くあります。

大人が観察し、気付いてあげることが大切です。

セルライトの原因となる食べ物とは?改善する食べ物は?

気になるセルライトができる原因のひとつに

食生活の乱れがあります。

原因となる食べ物の摂取を控え、対策を練りましょう。

納豆の栄養素は美容に効果的 キムチと合わせるとさらに良し!

体にもお肌にも良いものといえば納豆です。

美容にいいから毎日食べているという方も非常に多いですよね。

納豆の栄養や美容について確認しましょう。

脱水症状が起こった時の対処や予防するためには?頭痛の症状も

脱水症状と言えば、喉が渇くのを想像される人も

いるかもしれませんが、実際体の中では、

複雑なことが起こっています。

その時のために知っておくべきこととは?

納豆のフィルムを手を汚さずに外せる方法とは?

納豆の容器を開くと納豆の上にかかっているフィルム。

各々外し方があると思いますが、

綺麗に外せる方法があると話題になっている方法があります。

健康や美容にも関係が深いケイ素の効果や効能について

ケイ素は、シリカ(二酸化ケイ素)とも呼ばれており、

地球上のあらゆる物質や物体にケイ素が含まれているそうです。

注目されるケイ素の効果や効能とは?

夕方になると胃が痛い 空腹時に胃痛が起こる原因について

胃痛を抱えている人は増加傾向にあるそうです。

夕方になると胃が痛いと感じたり、空腹時の胃の痛みなど、

仕事が忙しくなると中々食事の時間を取るのも大変な方も

いると思いますが、空腹時間を持続させないことは、

非常に重要となります。

軽く見ていると病気になってしまう可能性もあるそうなので、

しっかり胃のケアをして生活しましょう。

風邪による頭痛の原因とは?発熱が高熱の場合の頭痛は注意

風邪によって発熱したり、頭痛があったりしますよね。

高熱の場合はインフルエンザも疑いますが、

高熱で頭痛を伴う場合は脳炎や髄膜炎の可能性もあるのです。

若白髪の若者が増加する原因は?20代でも気をつけたい生活習慣

10代や20代でも若白髪が発生することがあり、若白髪と呼ばれます。

歳を取ると発生するはずの白髪がなぜ若者も発生してしまうのでしょう?

原因や対策とは?

納豆の栄養分や効果とは 女性にはオススメの食材

納豆は体に良いというイメージがありますが、

具体的にどんな栄養分が含まれているのでしょう?

効果と一緒に栄養素について確認します。

入浴による効果は高齢者にも有効?

高齢者の方の入浴に関する効果とは、

どのようなものなのでしょうか?

体力的に注意する点も重視しておきましょう。

顔の皮がむけているのは角質?

乾燥して敏感になったお肌からぽろぽろ皮がむけたり、皮膚がめくれたようにケバ立つのは、古い角質がべったりとくっついてガサガサくすむ角質肥厚とは成り行きが違います。

角質肥厚は、ターンオーバー(お肌の生まれ変わり)が鈍化して分厚くなった状態。

これとは逆に、乾燥敏感肌の粉吹き、皮むけはターンオーバーが乱れて、角質がきちんと形成されず、早くなり過ぎることが原因です。

白い粉吹き・皮むけは、異常なターンオーバーで、未熟なまま外まで押し出された細胞が正常にはがれることができず、お肌表面にとどまっている状態です。

はがれようとしているのは、古い角質ではなく、本来新しい肌を作らなければいけない細胞なのです。

健康なお肌では、皮脂や細胞間脂質(セラミド)が接着剤のような働きをして皮膚を外部刺激から保護し、潤いを蓄える為に必要な角質をお肌にとどめておいてくれます。

加齢と乾燥が進んだお肌は、 両方が不足しているので皮膚がはがれるがままになってしまうのです。

引用元-敏感肌の皮むけ、お顔の粉吹き。ガサガサが気になるお肌の対処法。 | 冨永雅代の美肌メソッド

スポンサーリンク



  人気記事

セラミドを増やして皮むけ肌に潤いを

細胞間脂質そのものを化粧品で増やせれば楽なのですが、そう単純なものでないので100%完璧なものはありません。

でもセラミドを補っておけばO.K.です。細胞間脂質の主成分はセラミドで、セラミドが肌水分量を維持するため乾燥も追い出してくれます。この肌状態が維持されれば、自然に細胞間脂質も戻ってくるようになります。

セラミド以外の保湿成分なら長く角層に留まるものを選ぼう

なぜセラミドがいいかというと、細胞間脂質の主成分だからという理由だけじゃありません。

角層に元からある成分なので、化粧品で簡単に補える上に長く留まって作用するからです。

普通、元からそこにない成分は、いくら肌にいいものでも代謝されたり排出されます。そのため、せっかくの成分の効果も一時的で意味がなくなります。

例えばナノヒアルロン酸なんかは保湿力が高く、角層の奥に浸透するものの、元からそこにない成分なのであまり長く滞在しません。

なので、セラミド以外の成分だったら、セラミドみたいに長く留まる性質があるものじゃないとダメ。

引用元-顔の乾燥皮むけ改善へ~肌の接着剤を増やせ!

スポンサーリンク



顔の皮むけには保湿をしてファンデのノリを良くする

ベースメイクがうまくいかないこれらの原因は、肌の乾燥です。しっかり肌コンディションを整えて、粉吹きや皮ムケを解消したいですね。

■まずは保湿! ファンデのノリを良くする肌作り
乾燥しやすい冬は、毎日の化粧水や乳液などのスキンケアも、夏場よりも気をつけて行っている人が多いはず。それでも肌が皮ムケしてしまう…という人は、もしかすると、手をかけすぎて逆に乾燥を加速させてしまっているのかもしれません。

たとえば洗顔のときに、たっぷりの洗顔フォームや熱いお湯を使ってゴシゴシ洗うと、必要な皮脂や水分まで取り除いてしまい、かえって肌にダメージになってしまうことも。乾燥しやすい人は、冬場は洗顔フォームは使わず、ぬるま湯で洗い流すだけにするのもよいでしょう。

そのあとはもちろん化粧水で水分を補給して、乳液やクリームで蓋をするのも忘れずに。また、化粧水の前にオイルを使用すると、化粧水の浸透を高めるブースターとしての役割を果たしてくれますよ。

引用元-何とかしたいファンデの粉吹き、皮ムケ…キレイに解消する肌ケア法 – エキサイトニュース(1/2)

スキンケアで気をつけたい洗顔料の選び方

洗顔の役割は肌の脂汚れをスッキリ落とし、化粧水や美容液による保湿成分の浸透を高めること。
 
最近では保湿成分や美白成分などが配合されているものも多いですが、保湿成分と言っても油分を多く配合し、肌に膜を張りしっとり感じるようにしているだけです。
 
それに顔をすすぐ際にすべて洗い流れてしまいます。あくまでも洗顔料の役割は汚れをスッキリ落とすだけ言うことを認識して選ぶべきなんです。
洗顔料の選び方

洗顔料と言っても固形タイプや液体タイプなどいろんなタイプがありますが、実際にはどっちがいいと言うことはありません。
 
例えば、クリームタイプや液状タイプの洗顔料などは肌に優しいと言われますが、しかしその反面、洗浄力が弱いなどメリットとデメリットの双方を兼ね備えている場合が多いんです。また泡の立ちにくいミルクタイプの洗顔料もかなり弱い洗浄力となっています。
 
そのため、洗顔料を選ぶ際のポイントが成分と洗浄力!中でも注意するべき成分は合成界面活性剤なんです。合成界面活性剤は一度肌に浸透するとそのまま残留してしまい、長い間肌に刺激を与えてしまう成分なんです。特にリキッドタイプかクリームタイプの洗顔料には必ずといっていいほど配合されています。
 
そのため、肌に優しい天然成分を使っている洗顔料など、肌に負担になる余分な成分が含まないもので、顔の皮脂を取り過ぎないほどほどの洗浄力の洗顔料が最適!

引用元-顔の乾燥肌・かゆみを対策|スキンケアで根本から徹底解消!

慢性的な乾燥肌への食生活の改善について

『●●だけダイエット』や、食事量を極端に減らしすぎていると栄養が偏って乾燥につながりますので、バランスの整った食事も大事です。
乾燥肌の改善を助ける栄養素を紹介します。

・ビタミンA(緑黄色野菜・うなぎ・卵黄・乳製品・海藻など)
…皮膚の潤いを保つ。乾燥を防ぐ。新陳代謝を高める。

・ビタミンE(たらこ・大豆・ナッツ類・アボガドなど)
…皮脂の酸化を防ぎ肌への負担を減らす。血行を良くする。

・ビタミンB(卵・乳製品・大豆・魚類・豚肉など)
…代謝を改善する。肌を本来の健康な状態に戻す。

・ビタミンC(ピーマン・イチゴ・柑橘類など)
…皮膚や血管を強くする。肌にハリを持たせる。

・ベータカロテン(緑黄色野菜・海藻類など)
…体内でビタミンAの働きをする。肌を健康に保つ。

・タンパク質(卵・大豆・魚介類・肉)
…健康的な肌を保つ。

・必須脂肪酸(脂肪)(肉・サバ、イワシなど青魚・ごま・クルミなど)
…肌の潤いを保つ。

引用元-顔の乾燥をどうにかしたい!乾燥の原因と正しい対処法

 - 生活の知恵, 美容・健康