ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

顔の頬が乾燥して赤い症状をどうにかしたい!対処法は?

   

特に乾燥する季節に多い顔の頬などの乾燥肌、

悩んでいる方も多いと思います。

乾燥による赤い肌の原因や対処法とは?

スポンサーリンク

  関連記事

冷え性が原因で自律神経失調症の危険

ストレスなどから引き起こる冷え性が近年増加傾向に

あるようです。冷え性が原因で自律神経のバランスが

崩れたり、逆のパターンもあるそうなので気をつけたいですね。

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

耳鳴りの原因は病気?低音の耳鳴りで気をつけたい病気とは

耳鳴りがすると、耳鳴りもつらいですが、

耳鳴りによる不安感もつらいですよね。

無理せず周りの人に相談したり、病院へかかりましょう。

脇の下のしこりやリンパが痛い原因とは?

脇の下にしこりができたり、リンパが痛い時、

その原因は気になると思います。

簡単ではありますが、原因についてご紹介します。

頭痛や吐き気・微熱が風邪以外で起こる原因とは?

微熱もあり、頭痛や吐き気などの風邪の症状は、

風邪以外にも起こる事があるそうです。

気になる事があれば、病院へ行くようにしましょう。

炭酸入浴剤で気持ち良い入浴を!期待できる効果は?

その日の疲れはその日のうちに落としたいですよね。

炭酸入浴剤をうまく使って、

明日への元気を取り戻しましょう!

尋常性疣贅とはイボのこと?子供に多い足の裏のイボの原因や特徴

足の裏の魚の目やタコのように見えるものは、

実は尋常性疣贅というウイルス性のイボかもしれません。

子供が感染しやすいようです。

原因や特徴とはどんなものなのでしょう?

子供に起こりやすい溶連菌感染症の症状は大人でも感染する場合がある?

子供がいる方には割となじみがあるかもしれない溶連菌ですが、

この溶連菌は子供だけでなく大人にも感染の可能性があります。

症状や合併症は?

口内炎の治し方 唇にできたときはどうしたいい?

口内炎ができる原因はいくつかあるようですが、

舌や唇にできると食事がしにくかったりします。

唇の裏にできやすい口内炎の治し方とは?

二日酔いにいい飲み物とは?解消する効果は?

楽しんだ次の日の二日酔いには悩まされます。

解消できる飲み物とは?

コーヒーやスポーツドリンクの効果とは?

紅茶の効能は様々 ダイエットや美容にも効果アリ!

紅茶の効能による美容やダイエットへの効果を

期待できるそうです。

飲みすぎず、有効に使いたいですね。

若白髪は治る?予防や改善をするために必要なこととは?

若白髪で悩む人が増えている原因は、

生活習慣の乱れにあるのかもしれません。

遺伝的な原因の可能性も言われていますが、そうでない場合は、

生活習慣の改善で若白髪も改善できるかもしれません。

ベジブロスって?野菜の皮など捨てずに有効活用!

野菜の皮など、普段捨ててしまっているようなものを

有効活用しましょう!

ベジブロスはご存知ですか?

腸内環境をチョコレートで改善?含まれる成分とは

腸内環境を整えることは健康維持のために大事なことです。

チョコレートは腸に作用し、肌の悩みや便の悩みを

解決してくれるそうです。チョコレートの効果とは、

どのようなものなのでしょうか?

朝の顔のむくみの予防や効果が期待できる解消法とは?

朝起きたら、いつもより顔が大きくなっている気がしたり、

目が腫れぼったく感じたことはありませんか?

顔のむくみを予防するために効果が期待できる方法や解消法とは?

雨の日の過ごし方は?友達や家族とスッキリ過ごすために

雨が降ると少しばかり残念な気持ちになったり、

憂鬱な気分になったりするものです。

そんな雨の日の過ごし方をどのようにしたらいいのでしょうか?

雨の日をポジティブな日にできると良いですね。

紅茶のカフェインを夜の寝る前に摂取するのは良くない?

紅茶のカフェインはコーヒーより少ないと

されていますが、やはり夜や寝る前に紅茶を

飲むのは良くないのでしょうか?

紅茶に含まれるカフェインは妊娠中には良くない?

妊娠中は、普段以上に摂取するものを気にしますよね。

とくに、「カフェインはよくない」と聞きます。

紅茶好きの方も飲み方を工夫すれば問題なさそうです。

心臓が痛いチクチクする痛みの原因や注意すべきこととは

チクチクとした心臓の痛みが気になるという人は、

意外と多いかもしれません。

心臓が痛い原因は様々あるようです。

しゃっくりが止まらない!止め方のポイントは耳と水とツボ!

ふとした時に、しゃっくりが出てしまい、

中々止まらないなんて経験ありませんか?

しゃっくりの止め方はいくつかあるそうなので、

1つ方法を覚えておけばいざという時に、使えるかもしれません。

顔の頬の乾燥肌や赤い症状について

頬が乾燥してかゆい、さらには赤みがでて子どもっぽい…
 
見た目と不快感だけに注目しがちなこの症状ですが、これを放置して1年くらい経つと…
 
お肌の弾力が失われてきて、頬の垂れ、フェイスラインのぼやけが出てくるかもしれません。
 
お肌の乾燥は、ただその症状がひどくなる、つまり乾燥具合がもっと悪くなるだけで済みません。
 
乾燥肌の症状進行具合を順番に書くと、
 
乾燥を感じ始める
やや敏感肌になりはじめる
かゆみ・赤みが出てくる
肌の弾力が弱くなってくる
肌がたるんでくる
 
という順に進行していきます。
 
かゆい、赤い、というのは既に5段階の3段階目であるように、老け顔の一歩手前まで進行しているということです。
 
その諸悪の根源こそが保湿不足。保湿については大事だと口には言いながら、その対策がきちんと出来ていない人ばかり。
 
ましてや、かゆみや赤みが出ているという老け顔直前なのに、まだ保湿の重要性に気づいていない人も多いようです。
 
このことから、将来老け顔になりたくない、なるべく若くいつづけたいと思うなら、いかに保湿が重要なのかが分かると思います。
 
フェイスラインの緩みを気にしていくら造顔マッサージをしようが、保湿対策が出来ていない肌は、むしろマッサージにより老化が早まる可能性もあります。
 
乾燥している肌というのは敏感よりになっています。その理由は、角質層同士の隙間が大きいため、肌奥に刺激が伝わりやすい状態になっているからです。
 
このような肌は紫外線やチリといった刺激だけでなく、手で行うマッサージも健常な肌より刺激を多く受けてしまいます。
 
刺激を受けた肌は神経細胞が反応して炎症を起こします。炎症はコラーゲン細胞を破壊し、肌弾力の低下を招きます。

引用元-頬の乾燥と赤い状態は老ける1年前のSOS!!

スポンサーリンク



  人気記事

乾燥による赤い肌の原因について

乾燥肌で、
赤みができる原因は
様々なものが
考えられるでしょう。
 
表皮が薄い部分以外だと、
刺激によるうっ血や炎症が
一般的です。
 
皮膚は、
刺激と戦うために
炎症を引き起こします。
 
すると、
血液の流れが多くなり
赤みとして
表皮から透けて見えるのです。
 
皮膚を掻いた後に、
赤くなるのは
このことが原因だと
言われています。
 
肌の赤みは、
乾燥肌が進行して
刺激に対して
とても敏感な状態です。
 
赤みを軽減するには、
肌環境や肌質の改善が
求められるでしょう。

引用元-肌荒れの原因は肌の奥の乾燥!赤みがある時の対策は? | これであなたの肌はグッと綺麗に!今すぐデキる美肌の法則

スポンサーリンク



顔の頬の赤みを改善するには

炎症こそが赤みや肌荒れなどのトラブルの元凶のようにも思えますが、炎症自体は外敵から身体を守る免疫反応の一つで、なくてはならないものです。無駄な炎症を起こさせないために、そして頬の赤みやその他の肌トラブルを起こさないためには、皮膚が薄い状態を改善することが最善の道なのです。

薄い皮膚を健康な状態に戻すためには、角質層が健康になる必要があります。角質層が健康になると表皮の水分保持量が増え、それにより外敵や刺激から体を守るバリア機能がしっかり働くようになります。そうすると、表皮や真皮、神経に伝わる刺激の強さが和らぎます。暑さや冷たさもゆっくりと伝わるようになるので、過敏な反応は起こらなくなります。また、毛細血管が常に拡張している状態や過剰な増殖もなくなるため、健康な角質層は赤みの改善にとても重要なのです。

●角質層を育てるには?

角質細胞を健康に育てるためには、以下の点に注意した生活を心がけることが大切です。

刺激の少ない、保湿力のある石鹸やスキンケア製品(クリーム)を使う
炎症がひどい時には化粧を控えめにし、落とす際はクレンジングオイルを使わない
洗顔をする際は、手やスポンジなどで肌をこすらない
紫外線対策をする
服装などでこまめに体温調節する(温熱、寒冷対策)
血管を保護するビタミンCを多く摂る
この他、食事内容と睡眠不足にも気を付けましょう。炎症はわりとすぐに治まりますが、赤みのできない肌をキープするためには、日頃から肌によい生活を心がけながら、過不足のないスキンケアを地道に続けていくことが大切です。

引用元-頬の赤みの原因と対策 | スキンケア大学

乾燥で赤い肌をマスクで保湿する

乾燥が原因で肌に赤みが出てしまうことも多いので、暖房で肌が乾燥する冬や、冷たい風にあたることが多い秋などは乾燥による肌の赤みに注意しなければなりません。

また、最初はほんのり赤みが出ているだけだったのに、だんだん痒みや痛みも出てくることがあるので、できるだけ肌を乾燥から守るためにも暖房や風から肌を守りましょう。

そこで、一番手軽にできて効果的なのはマスクをすることです。

マスクをすることで外気から肌を守ることができますし、肌の潤いを守ることができます。

乾燥した肌に高保湿の化粧水を与えてもうまく吸収されないことが多いですし、逆に表面がガサガサしている肌に化粧水をたっぷり与えることで肌の赤みが酷くなってしまうことも考えられます。

ですからまずは肌の表面をなめらかに、丈夫にするためにも外に出る時は極力マスクで肌の赤みが酷くならないようにしましょう。

また、マスクをしていれば化粧も薄化粧で済むので、赤みがある部分の肌にも化粧品の成分による刺激を少なくすることができて最適です。

引用元-肌の赤みを治す方法7つ

用事の乾燥による赤い頬への対処について

赤ちゃんの乾燥対策としては、保湿を心がけることです。外から帰ってきたときやお風呂あがりには、ローション・オイルなどを塗ってあげてください。また、室内は加湿器で湿度を50~60%に保つようにしましょう。

また、日頃から肌を清潔に保つことも大切です。食後や授乳後は濡れタオルやウェットティッシュでやさしく吹いてあげてください。お風呂で洗うときは刺激の少ないベビー用石鹸をたっぷり泡立て、泡の先で触るようにやさしく洗いましょう。衣類やスタイ、寝具なども肌触りのよいものを選ぶと、乾燥した肌を傷つけずに済みますよ。

引用元-赤ちゃんのほっぺが赤い!かさかさに乾燥する原因と対処法は? – こそだてハック

 - 生活の知恵, 美容・健康, 育児・子育て