ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

金沢の温泉巡りを楽しく!女子旅おすすめの温泉

      2017/03/27

金沢には素敵な温泉がたくさんあります。

女子旅で疲れを癒すために最適な温泉を見つけて、

姫気分を味わいましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

震災犠牲者鎮魂の意を込める神戸ルミナリエイルミネーション

神戸ルミナリエのイルミネーション、

今年は、日本初公開となる屋根つきの回廊「ガレリアコぺルタ」を展示し、

光のトンネルを通り抜けることができるそうです。

北海道のスキー場のオープン状況は?

スキー・スノーボートの季節となりました。

しかし、北海道のスキー場では続々とオープン延期が

出ているようです。雪が少ないのが原因のようですね。

仙台のイルミネーションは宮城県で1位の人気

仙台市で開催されるSENDAI光のページェント。

宮城県1位のイルミネーションは全国的にも人気のイベントです。

ぜひ遠方からも足を運んでみてはいかがでしょうか?

ホテルと旅館の違いやそれぞれのメリットとは?

旅行に行くときに利用する宿泊施設ですが、

ホテルや旅館の違いとは何なのでしょう?

また、民宿との違いも合わせてみていきます。

日本の世界遺産白川郷・五箇山の合掌造り集落の魅力

白川郷・五箇山の合掌造り集落は、

飛越地方の白川郷と五箇山にある合掌造りの集落群です。

1995年12月9日にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録され、

日本では6件目の世界遺産となりました。

カレーが食べたくなるのは風邪気味や前兆?予防効果も?

国民食と言われるカレーですが、カレーはお好きですか?

カレーが異常に食べたくて仕方ない!なんて時は、

それは風邪の前兆かもしれないそうです。

迫力と魅力たっぷりの日本三名瀑を知る

日本三名瀑は、一般的に華厳の滝、那智の滝、袋田の滝の

3つの滝とされています。

どこも情緒があり、一見の価値ありです。

岩手県のこたつ列車で冬の三陸を満喫

2006年から続くこたつ列車をご存知ですか?

冬季限定で久慈―宮古間を走るこたつ列車は、

食べ物も景色も、もちろん列車も大変魅力的です。

東北の冬は寒そうですが、行ってみたいですね。

台湾ランタンフェスティバルの多種多彩なランタンアート

海外旅行でも人気の台湾で毎年旧暦の正月に

ランタンフェスティバルというイベントが行われます。

幻想的なランタンアートを味わいましょう。

伊豆の温泉へ女子旅 ゆったりとした時間を

温泉に浸かっておいしい食事を伊豆の温泉で。

女子旅でも人気のある伊豆の温泉で

日頃のストレスから解放されませんか?

群馬県で紅葉を楽しむ おすすめスポット

群馬県の紅葉は11月上旬が見頃です。

伊香保温泉など様々な名所で

紅葉を存分に楽しみましょう。

日本三名園の由来とは?兼六園、偕楽園と後楽園の魅力について

四季が彩る日本は、どこをとっても美しいものがあります。

中でも、日本三名園と言われる兼六園、偕楽園、後楽園は、

一度は訪れてみたい場所ではないでしょうか。

北海道の帯広観光で行っておきたいおすすめ観光スポットとは

夏は暑く冬は寒い帯広ですが、自然に囲まれた素晴らしい地域です。

イメージ通りの北海道と言えば帯広かもしれません。

数あるスポットから少しだけご紹介します。

バナナの栄養効果は?世の中からバナナがなくなるって本当?

バナナはお手軽に栄養を補給でき、

健康にも美容にもいいとされています。

朝時間がなくても、バナナ1本食べるといいかもしれませんね。

長野県の小諸城址懐古園で桜や風情を味わう

長野県の小諸城址懐古園で歴史や桜を楽しみましょう。

小諸城の跡地で、明治13年に本丸跡に懐古神社が祀られたことから

懐古園と呼ばれるようになりました。

園内には様々な施設もあります。

牡蠣の生食用と加熱用の違い 注意点とは

スーパーなどで見かけることが多いと思いますが、

生食用と加熱用の牡蠣が置いてあります。

鮮度の違いでないことはご存知でしたか?

正しい認識を持たないと、あたってしまうかも。

みんな大好き親子丼の発祥ってどこ?作り方もご紹介

家庭には必ずある玉子をつかった代表的な丼ものといえば、

やはり親子丼ではないでしょうか。

親子丼の発祥には諸説ありますが、考えた人に感謝ですね!

イルミネーションをよみうりランドで楽しもう

よみうりランドのイルミネーションが10月から

点灯されています。ジュエルミネーションを楽しむために

アクセス情報など確認しましょう。

アイスクリームの発祥とは?人気店のようなアイスクリームの作り方

暑い時期のアイスクリームは最高に美味しいですね。

そんなアイスクリームの発祥はご存知ですか?

美味しいアイスクリームの作り方とは?

天空の里と呼ばれる徳島県の祖谷 癒しスポット

ゆったりと流れた時間の中で少し休憩しませんか?

徳島県の西祖谷ではそんな時間を最高の形で

迎えられそうです。

世界が認めた泉質 和倉温泉で疲れを癒す

開湯1200年とされる歴史の古い温泉で、傷ついた白鷺が癒しているのを漁師が発見したと伝えられる[1]。
地名の和倉とは「湧く浦」、つまり湯の湧く浦(入り江)であり、海の中から発見された。そのため、潮が退いている時でないと湯を利用することができなかったが、近世には七尾城主の畠山氏、加賀藩の前田氏によって温泉が整備され、共同浴場が置かれた。
温泉地として本格的に開発されたのは明治時代になってからであり、戦後になって交通アクセスの向上に伴い、温泉街も大規模化した。高度経済成長期になって能登半島方面に観光ブームが沸き起こり、その後七尾線の電化に伴う特急乗り入れが開始し、急速に宿泊客が増加した。一時は同じ石川県内加賀温泉郷や隣県である福井県の芦原温泉と同じく歓楽要素を持っていたが今日その傾向は薄く、「日本一の旅館」と言われる加賀屋の影響もあって各旅館とも高級指向を全面に打ち出している。今日では山代温泉と並び、県内温泉地における宿泊客トップを競う形となっている。
2007年(平成19年)3月に発生した能登半島地震では大半の旅館が被災しほとんどの旅館が営業停止なったが、大部分の旅館は4月1日までに営業を再開した。

引用元-和倉温泉 – Wikipedia

スポンサーリンク



  人気記事

金沢犀川温泉 女子旅でおすすめの「離れ犀川」

金沢駅から車で約30分、犀川沿いの田園風景が広がるのどかな景色に佇む「金沢犀川温泉 川端の湯宿 滝亭」。どこかなつかしい風景はまさにのんびりと都会の喧騒を忘れてリラックスするには絶好のロケーション。約3000坪もある敷地ないには27室のみなので開放感あふれる中で極上のまったり時間を過ごすことができます。

 

ここで女子旅におすすめなのが犀川のほとりにある離れタイプの部屋「離れ犀川」。テラスに露天風呂があり、温泉につかりながら川のせせらぎ、のんびりとした風景、河畔の豊かな緑を感じることができます。究極の癒しですね。

 

部屋の作りも和と洋が融合したモダンな作りでおしゃれ。朝食は血圧の上昇を抑える効果のある野菜として注目されている中島菜を練りこんだ蒟蒻など、地場の食材をふんだんに使ったヘルシーな朝ごはんを楽しむことができます。

引用元-金沢で女子旅におすすめのおしゃれなホテル厳選7選!

スポンサーリンク



老舗温泉旅館辰口温泉まつさきで女子旅を満喫!

金沢市内とその近郊、車で30分~40分以内で行ける、ゆったりできる温泉宿。
その中でまず一押しは「辰口温泉 まつさき」。
辰口温泉は石川県内でもあまり温泉イメージのない、穴場中の穴場の温泉。
場所は金沢市内から40分程度、県外からなら北陸自動車道美川I.Cまたは小松I.Cから20分くらい。JR小松駅からでも15分程度。JR小松駅は宿からの送迎バスも利用可能という、アクセスも交通の便もいい場所なので金沢観光にとっても便利。

辰口は明治の文豪・泉鏡花の郷土です。鏡花の短編に温泉宿の「まつや」を舞台にお絹という女性を描いた『海の鳴るとき』がありますが、辰口温泉広場にはその冒頭部分を刻んだ文学碑が建っているので、辰口温泉街に着いたらまずチェック!
また主人公「お絹」が働いていた温泉宿「松屋」は、名前を変え、今はこの「まつさき」に。実は「まつさき」は鏡花の常宿で、鏡花が滞在した部屋も復元され、ロビーには鏡花が愛用したという硯箱や初版本が展示されているので必見!

引用元-女子旅で金沢満喫!わがまま女子も大満足☆金沢市内・近郊の温泉宿! | 石川県 | Travel.jp[たびねす]

m020629

金沢の奥座敷 湯涌温泉で身も心もリラックス

湯涌温泉の開湯は養老2年(718)、一羽の白鷺が湯浴びをし傷ついた体を癒していたところ、紙漉きを生業とする住民がその姿を見て泉を触ると温かい湯が湧き出ているのを発見しました(諸説あり、白山を開山した泰澄大師により源泉が発見されたとも。温泉街に建立されている薬師堂には泰澄大師が彫り込んだと伝わる薬師如来像が安置)。そこで井戸を掘り石臼で枠を固めると井戸からは高温で多量の温泉が滾々と湧き出て広く知られるようになったと伝えられています。江戸時代に入ると加賀藩主前田家とその一族の御湯として開発され、特に3代藩主前田利常と6代藩主前田吉徳は湯涌温泉を飲用すると重病が平癒したと伝えられています。その後、湯涌温泉が一般民衆も利用出来るようになると新たに湯宿なども設けられ多くの湯治客が訪れるようになります(湯涌温泉は藩主の御湯だった為、一般民衆の利用は固く禁じられていましたが初代「新屋:あたらしや」となった半左衛門が加賀藩に掛け合い民衆にも開放されるようになったと伝えられています。)。大正時代にドイツで行われた万国鉱泉博覧会に湯涌温泉が日本の名湯の1つとして紹介されると飛躍的に知名度が広がり文人墨客なども訪れるようになりました。特に当時の美人画の第一人者とされる竹久夢二が愛人彦乃を連れ立って逗留した事でも知られています。近年まで昭和12年の建築の総湯と呼ばれる共同温泉がありましたが現在は「総湯 白鷺の湯」として新築されました。

引用元-湯涌温泉:歴史・観光・写真

きもので女子旅!金沢でおすすめの心結

金沢駅から歩いて5分!金沢で一番楽しい着物レンタル店を目指す「心結」の金沢観光着物プランは、夏には夏着物や浴衣、それ以外の時期は着物をレンタルできます。一番安いもので、1日5,000円(税抜・2016年1月現在)。このプランでは、150着以上のカジュアル着物から選べます。

心結の一押しは、金沢だからこそできる、正絹や縮緬、綸子、上質化繊など300着以上の様々な素材の着物から選ぶことができる「心」プラン。こちらは1日8,000円(税抜・2016年1月現在)。さらに上のプランになると、憧れの「加賀友禅」やアンティーク着物を着ることもできます。

引用元-金沢を着物で街歩き♪着物レンタルができるスポット7選

 - スポット グルメ, 中部地方