ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

花粉症による目のかゆみで花粉症は子供もなるの?

      2017/03/27

子供の花粉症は増えているそうです。

今や5~9歳で13.7%、10~19歳では31.4%もいて、

なんと赤ちゃんまで花粉症になるそうです。

子供はよく目をかくので、目のかゆみなどの症状に気をつけましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

痰がからむ咳は病気?風邪?

痰がからむような咳は苦しくなります。

病気かもしれないと思うこともあるでしょう。

心配しすぎもよくありませんが、

軽視せず症状によって対応しましょう。

内蔵型冷え性の原因と症状 男性もなりやすい?

内蔵型冷え性とは内臓の血行が悪くなり、

いつも冷えた状態になってしまうことです。

男性もなりやすそうなのですが、なぜなのでしょうか?

救急車のサイレンの種類やドップラー効果とは?

緊急車両は救急車やパトカー、消防車以外にも存在します。

中でも比較的見かけることの多い救急車のサイレンについて、

その種類やドップラー効果について知っておくと、

話のネタになるかもしれません。

赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方とは?赤ちゃんへの授乳は?

赤ちゃんがしゃっくりをしていると、

大丈夫かな?と気になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、あまり心配することもないようです。

ストレスチェック制度って知ってる?義務化された目的とは

2015年12月から、ストレスチェックテストを

行うことが義務化されました。一体どのようなものなのでしょうか?

その目的や制度が導入されることで、どんな影響があるのでしょうか?

朝の時間を快適に過ごして健康体へ

朝はだるかったり、調子が出ないという方は多いかもしれません。

バタバタしてしまう朝の時間に余裕を持って、

朝食もしっかり摂るようにして、

健康な体づくりの基盤としましょう。

心臓が痛いチクチクする痛みの原因や注意すべきこととは

チクチクとした心臓の痛みが気になるという人は、

意外と多いかもしれません。

心臓が痛い原因は様々あるようです。

乗り物酔いの原因や対策は?子供の乗り物酔いの治し方とは

乗り物酔いは、乗り物の揺れや加速度によって

三半規管が刺激されることで起こります。

乗り物酔いが発生する仕組みは完全には解明されていないそうです。

原因や対策を知り、なりやすい子供にも対策ができるといいですね。

花粉症の症状は喉も関係?喉の痛みや咳について

花粉症の症状としては、鼻水や鼻づまり、くしゃみや目のかゆみなど、

主な症状の他に、喉にも症状が現れます。

花粉症なのになんで咳が出るんだろうと思ったこともあるかもしれません。

その原因や症状を抑える方法についてご紹介します。

耳がこもる症状の原因は風邪?気を付けたい病気とは?

風邪の時に、耳が聞こえにくかったり、

こもるような感覚を受けたことはありませんか?

この耳がこもる症状は、どのようなことが原因なのでしょうか?

職場の悩みやストレス解消法とは?多くの原因は人間関係にあり

職場でストレスを感じることがある人は、

非常に多いと思います。ですが、ストレスは絶対に無くなりません。

ストレス解消法でうまくコントロールし、

ストレスに負けてしまうことのないようにしましょう。

炭酸飲料の泡が吹きこぼれるのを防ぐ方法

炭酸飲料をつい落としたり、振ってしまったりすると、

開けた時に泡が吹きこぼれてしまいます。

紹介する方法で防ぐことができるそうです!

顔の皮膚が乾燥して皮むけする 対処法や改善策について

乾燥肌で顔が皮むけしたり、メイクがあまりにのらず、

困っている、なんてことありませんか?

乾燥には季節的なものと慢性的なものがあるそうです。

急性胃腸炎の辛い症状 下痢はどのくらい続く?

下痢や嘔吐を繰り返し、腹痛が止まない症状は、

急性胃腸炎の症状です。発熱や倦怠感も伴う急性胃腸炎の

下痢の症状はどのくらい続くのでしょうか?

妊娠中冷えの原因とその影響とは

妊娠中は妊娠前より体が冷えやすくなっています。

母体や胎児にも影響が出ることがあるので、

原因を知り、改善していきましょう。

耳鳴りと頭痛の症状がある原因は?治し方はある?

デスクワークや、身体のゆがみなどによる慢性的な肩こりから

耳鳴りと頭痛を伴う場合があります。

その他の症状や治し方とは、どのようなものがあるのでしょう?

リウマチの症状と原因について 男性より女性がなりやすい?

関節リウマチは男女比は1:4程度で、

女性がかかりやすいと言われています。

リウマチの症状を知り、対処できるようにしましょう。

原因については、あまりよくわかっていないようです。

頭痛や吐き気・微熱が風邪以外で起こる原因とは?

微熱もあり、頭痛や吐き気などの風邪の症状は、

風邪以外にも起こる事があるそうです。

気になる事があれば、病院へ行くようにしましょう。

もしかして膀胱炎?女性に多い膀胱炎の症状や原因について

膀胱炎は女性に多い病気です。

残尿感や痛みなど、気になることがあったら、

すぐに病院にかかることが大切です。

症状を確認して、予防もしっかりしましょう。

子供と川遊びの時に注意すべきこととは

夏の時期は暑く、子供と川遊びもいいですよね。

ですが、川などの自然は、恐い一面もあります。

注意すべき点を確認して楽しく川遊びをしましょう。

子供も花粉症になる

 花粉症は特定の時期に起こる季節性のアレルギー性鼻炎です。原因となる植物は人によって異なり、発症時期も変わります。春ごろ話題になるスギ花粉以外では、秋に飛散するブタクサやヨモギなどが有名です。以前は大人の病気と考えられていましたが、最近は子どもの発症も増えてきています。症状は大人同様、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみや充血など。程度には個人差がありますが、風邪に比べてアレルギーの鼻水は透明でサラサラしており、目の症状を伴うという特徴があります。
 「アレルギー症状を起こしやすい体質」は遺伝しやすいのですが、原因物質や症状まで同じであるとは限りません。花粉症に限らず、家族にアレルギー体質のかたがいらっしゃる場合は積極的に予防策を実践していくといいでしょう。また、お子さま本人に既に食べ物のアレルギーやぜんそくがある場合も、花粉症発症のリスクは高くなりますので、予防を心がけるとよいでしょう。

引用元-花粉症|【子どもの病気トラブル】ベネッセ子育てインフォ|赤ちゃんや子供の成長

スポンサーリンク



  人気記事

子供も花粉症 目のかゆみなどの特徴について

スギ花粉症は大人に多いと思われていますが、実際には子どもの年齢でもかなりの割合でその症状がみられます。ある報告では幼児で約8%、小学生では約20%に花粉症の症状がみられたとされています。症状としてはおとなと同じく鼻水、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみなどですが、年少児では症状を訴えることができないのでカゼと間違えられていることもよくあります。子どもに比較的目立つ症状としては鼻をこする、眼の回りをこするなどのしぐさがあります。またアトピー性皮フ炎のある子では顔面や眼の回りのアトピーがスギ花粉の時期に悪化することもよくみられます。
治療としてはおとなの方と同じで鼻症状については軽症の場合は主に飲み薬で、重症になれば点鼻薬を加えることになりますが、年少児では点鼻薬はいやがって続けるのが難しいこともあります。難治性の場合は減感作療法があり小児では大人よりも有効といわれています。

引用元-検索結果: 花粉症 | おおがクリニック

スポンサーリンク



子供の目のかゆみに目薬は効果的?

目がかゆくなる原因は、ヒスタミンが神経や血管に
刺激を与えることで症状が発生してしまいます。
つまり、花粉というよりも、体内のヒスタミンが働く
ことによって、目のかゆみを引き起こすのです。

その目のかゆみには、目薬が効果的だと言えます。
配合成分としてケトチフェンフマル酸塩などが効果的で
あり、他にはプラノプロフェンという成分も効果的。

これらが配合された目薬は、目の炎症を抑え、かゆみ
などの症状も抑えてくれる効果があります。
抗ヒスタミンや抗アレルギー、抗炎症作用のある目薬は
市販されているので、薬局などで探してみましょう。

ただ、やはり病院で処方してもらえる目薬の方が
効果は高いのは事実ですので、市販の目薬で
効果が薄いと感じたら病院にいって専用の
目薬を処方してもらいましょう。

目のかゆみは、ゴミや汚れが入ることで炎症も悪化する
ことがあるので、手洗いは十分におこないましょう。
また、外から花粉を持ってきてしまうということもある
ため、衣服などもクリーニングする必要があります。

引用元-花粉症の子供の目のかゆみに目薬は?小児科での治療や鼻水くしゃみの症状は? | 春のスギヒノキ花粉症2016年3月

子供の花粉症による目のかゆみへの対策について

子供の目のかゆみがある場合は、
目の周りを拭いて上げるといいかもしれません。

かゆくて、目をこすってしまうと良くないので、
濡らしたハンドタオルなどで目の周りを優しくふき取ることによって、
かゆみも軽減されるでしょう。

また、花粉症とわかっている場合、
症状は目のかゆみだけではないと思いますので、
アレルギー反応全体に対処する内服薬が効果的です。

市販の花粉症の薬を使用する場合には、対象年齢を必ず確認するようにしましょう。

目のかゆみや充血が続く場合は早めに眼科を受診しましょう。

目薬も効果的ですが、目薬をさすのが難しい場合に、
試してみるといいかもしれません。

子供が花粉症かもと思った時の気を付けることとは

子どもは自分で症状を上手く伝えることができません。
小学生低学年以下の小児の場合は、子どもが苦痛を訴えるのを待つのではなく、
保護者など周囲の大人が積極的に異常の発見に努めなければなりません。

たとえば、鼻づまりはいびきをかく、口を開けて寝る、口呼吸している。
くしゃみは鼻をいじる、鼻をこする。
鼻水は鼻がたれる、鼻をすする。
などの仕草を見たら、保護者が判断してあげましょう。

そして、花粉症だと診断されたら、次の年からは
花粉の飛散開始前後に病院へ行きましょう。

花粉飛散開始前後の早い時期から治療を開始すると、
花粉症の症状が軽くすむと言われています。

天気予報などでもその日の花粉情報は流れていますが
環境省花粉情報サイトやNPO花粉情報協会などでは
早い時期から詳しい情報を入手できるのでチェックしてみましょう。

引用元-花粉症の症状の鼻水 子どもの場合、風邪との見分け方は? | 主婦に役立つ話

 - 生活の知恵, 美容・健康, 育児・子育て