ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

花粉症による目のかゆみで花粉症は子供もなるの?

      2017/03/27

子供の花粉症は増えているそうです。

今や5~9歳で13.7%、10~19歳では31.4%もいて、

なんと赤ちゃんまで花粉症になるそうです。

子供はよく目をかくので、目のかゆみなどの症状に気をつけましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

カキフライを美味しく食べたい!広島流のカキフライとは?

カキは栄養豊富で美味しく、ありがたい食材です。

カキフライは定番の料理ですが、

広島では一般とはちょっと違った揚げ方をするそうです。

鼻の呼吸は片方ずつって知ってる?鼻呼吸の重要性とは

日常的に鼻で呼吸をしていて、あまり意識しませんが、

鼻呼吸は片方ずつしている事はご存知ですか?

口呼吸している方は鼻呼吸に直した方がいいですよ。

職場の悩みやストレス解消法とは?多くの原因は人間関係にあり

職場でストレスを感じることがある人は、

非常に多いと思います。ですが、ストレスは絶対に無くなりません。

ストレス解消法でうまくコントロールし、

ストレスに負けてしまうことのないようにしましょう。

緊張型頭痛の治し方や対処法、治療について

緊張型頭痛を改善したい。

日常生活で気をつけるべきことはどんなことなのでしょう。

治し方や対処法について確認します。

紅茶の効能は様々 ダイエットや美容にも効果アリ!

紅茶の効能による美容やダイエットへの効果を

期待できるそうです。

飲みすぎず、有効に使いたいですね。

コートの毛玉が気になる!できにくい素材やできにくくする対策とは

コートの毛玉は非常に気になります。

できにくい素材や予防できたりするのでしょうか。

コートの毛玉への対策とは?

顔の皮膚が乾燥して皮むけする 対処法や改善策について

乾燥肌で顔が皮むけしたり、メイクがあまりにのらず、

困っている、なんてことありませんか?

乾燥には季節的なものと慢性的なものがあるそうです。

紅茶に含まれるカフェインは妊娠中には良くない?

妊娠中は、普段以上に摂取するものを気にしますよね。

とくに、「カフェインはよくない」と聞きます。

紅茶好きの方も飲み方を工夫すれば問題なさそうです。

独身男性は結婚しないのか?もしくはできないのか?

30を越えたあたりから男性はお金も持ち始め、

自分の趣味に時間もお金もかけられるようになります。

結婚しない独身男性は今後も増えていくのでしょうか?

フェイスラインやあごのニキビの原因とは?

フェイスラインやあごの辺りのニキビの原因は、

主にホルモンバランスが原因であると言われています。

生活習慣を見直し、保湿をしてニキビを改善しましょう。

自律神経バランスを整えるツボとは?爪もみって何?

自律神経は交感神経と、副交感神経があります。

交感神経は運動したり興奮したような時に働き、

副交感神経は、睡眠や食事などリラックス時に働きます。

二つの神経のバランスが崩れてしまうと、

不調を引きおこし、自律神経失調症にもなりかねません。

効果があるとされるツボを使って改善していきましょう。

朝起きたら痰がからむ 原因は?

毎朝痰がからんで、辛い思いをしたことありませんか?

原因をつきとめ、改善していきましょう。

症状がひどい場合は診察を受けましょう。

静電気除去グッズの気になる効果とは?

現在たくさんの静電気除去シートが販売されいますが、

どんなグッズが一番効果があるのでしょう?

生活スタイルや体質に合ったグッズを見つけましょう。

紅茶の効能でリラックス効果 ストレス解消におすすめ

気分が上がらない、疲労感があるなどの時は

紅茶を飲みましょう。紅茶の効能にリラックス効果があります。

ほっとしたい時に一息紅茶を。

靴の臭いが気になる臭いの原因と対策

現代人で靴を履かない人はほぼいないと思われますが、

毎日同じ靴を履いていると臭いが気になることはありませんか?

足や靴の臭いの原因やその対策とは?

緊張をほぐすツボを押してプレッシャーに打ち勝て!

緊張している時に、あるツボを押すと、

緊張がほぐれるそうです。

ツボの場所や押し方のコツとは?

肩こりは揉んではいけない?体操やストレッチについて

日常生活の中に肩こりの原因となる事はたくさんあります。

そんな肩こりも、つい揉んでしまいますが、

肩こりは揉んではいけないと言われています。

体操やストレッチで改善するようにしましょう。

若年性更年期障害の症状や原因とは?受診する時は何科?

近年、若年性更年期障害の症状を訴える人が増えているそうです。

若年性更年期障害の症状や原因とは?

男性も気を付けましょう。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防策について

年々夏が暑くなっているように感じます。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防が大切です。

暑い夏を乗り切りましょう!

セーターの縮みを直す方法とは トリートメントを使う

お気に入りのセーターが縮んでしまって

着られない、なんてことありませんか?

なんとトリートメントを使って縮みを戻すことができるのです。

子供も花粉症になる

 花粉症は特定の時期に起こる季節性のアレルギー性鼻炎です。原因となる植物は人によって異なり、発症時期も変わります。春ごろ話題になるスギ花粉以外では、秋に飛散するブタクサやヨモギなどが有名です。以前は大人の病気と考えられていましたが、最近は子どもの発症も増えてきています。症状は大人同様、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみや充血など。程度には個人差がありますが、風邪に比べてアレルギーの鼻水は透明でサラサラしており、目の症状を伴うという特徴があります。
 「アレルギー症状を起こしやすい体質」は遺伝しやすいのですが、原因物質や症状まで同じであるとは限りません。花粉症に限らず、家族にアレルギー体質のかたがいらっしゃる場合は積極的に予防策を実践していくといいでしょう。また、お子さま本人に既に食べ物のアレルギーやぜんそくがある場合も、花粉症発症のリスクは高くなりますので、予防を心がけるとよいでしょう。

引用元-花粉症|【子どもの病気トラブル】ベネッセ子育てインフォ|赤ちゃんや子供の成長

スポンサーリンク



  人気記事

子供も花粉症 目のかゆみなどの特徴について

スギ花粉症は大人に多いと思われていますが、実際には子どもの年齢でもかなりの割合でその症状がみられます。ある報告では幼児で約8%、小学生では約20%に花粉症の症状がみられたとされています。症状としてはおとなと同じく鼻水、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみなどですが、年少児では症状を訴えることができないのでカゼと間違えられていることもよくあります。子どもに比較的目立つ症状としては鼻をこする、眼の回りをこするなどのしぐさがあります。またアトピー性皮フ炎のある子では顔面や眼の回りのアトピーがスギ花粉の時期に悪化することもよくみられます。
治療としてはおとなの方と同じで鼻症状については軽症の場合は主に飲み薬で、重症になれば点鼻薬を加えることになりますが、年少児では点鼻薬はいやがって続けるのが難しいこともあります。難治性の場合は減感作療法があり小児では大人よりも有効といわれています。

引用元-検索結果: 花粉症 | おおがクリニック

スポンサーリンク



子供の目のかゆみに目薬は効果的?

目がかゆくなる原因は、ヒスタミンが神経や血管に
刺激を与えることで症状が発生してしまいます。
つまり、花粉というよりも、体内のヒスタミンが働く
ことによって、目のかゆみを引き起こすのです。

その目のかゆみには、目薬が効果的だと言えます。
配合成分としてケトチフェンフマル酸塩などが効果的で
あり、他にはプラノプロフェンという成分も効果的。

これらが配合された目薬は、目の炎症を抑え、かゆみ
などの症状も抑えてくれる効果があります。
抗ヒスタミンや抗アレルギー、抗炎症作用のある目薬は
市販されているので、薬局などで探してみましょう。

ただ、やはり病院で処方してもらえる目薬の方が
効果は高いのは事実ですので、市販の目薬で
効果が薄いと感じたら病院にいって専用の
目薬を処方してもらいましょう。

目のかゆみは、ゴミや汚れが入ることで炎症も悪化する
ことがあるので、手洗いは十分におこないましょう。
また、外から花粉を持ってきてしまうということもある
ため、衣服などもクリーニングする必要があります。

引用元-花粉症の子供の目のかゆみに目薬は?小児科での治療や鼻水くしゃみの症状は? | 春のスギヒノキ花粉症2016年3月

子供の花粉症による目のかゆみへの対策について

子供の目のかゆみがある場合は、
目の周りを拭いて上げるといいかもしれません。

かゆくて、目をこすってしまうと良くないので、
濡らしたハンドタオルなどで目の周りを優しくふき取ることによって、
かゆみも軽減されるでしょう。

また、花粉症とわかっている場合、
症状は目のかゆみだけではないと思いますので、
アレルギー反応全体に対処する内服薬が効果的です。

市販の花粉症の薬を使用する場合には、対象年齢を必ず確認するようにしましょう。

目のかゆみや充血が続く場合は早めに眼科を受診しましょう。

目薬も効果的ですが、目薬をさすのが難しい場合に、
試してみるといいかもしれません。

子供が花粉症かもと思った時の気を付けることとは

子どもは自分で症状を上手く伝えることができません。
小学生低学年以下の小児の場合は、子どもが苦痛を訴えるのを待つのではなく、
保護者など周囲の大人が積極的に異常の発見に努めなければなりません。

たとえば、鼻づまりはいびきをかく、口を開けて寝る、口呼吸している。
くしゃみは鼻をいじる、鼻をこする。
鼻水は鼻がたれる、鼻をすする。
などの仕草を見たら、保護者が判断してあげましょう。

そして、花粉症だと診断されたら、次の年からは
花粉の飛散開始前後に病院へ行きましょう。

花粉飛散開始前後の早い時期から治療を開始すると、
花粉症の症状が軽くすむと言われています。

天気予報などでもその日の花粉情報は流れていますが
環境省花粉情報サイトやNPO花粉情報協会などでは
早い時期から詳しい情報を入手できるのでチェックしてみましょう。

引用元-花粉症の症状の鼻水 子どもの場合、風邪との見分け方は? | 主婦に役立つ話

 - 生活の知恵, 美容・健康, 育児・子育て