ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

花粉症による鼻づまりのメカニズムとは?寝れない時はツボを刺激

   

花粉症による鼻づまりの悩みを抱える人は少なくないと思います。

鼻づまりのメカニズムを理解し、少しでも解消の

糸口を掴めるといいですね。

スポンサーリンク

  関連記事

背中が痛い症状が真ん中に現れる原因とは 吐き気もある時は?

背中が痛い症状と共に吐き気がする場合があります。

吐き気を伴う場合、内臓疾患により痛みが生じている可能性があります。

背中の真ん中あたりが痛む場合の原因とは?

朝の時間を快適に過ごして健康体へ

朝はだるかったり、調子が出ないという方は多いかもしれません。

バタバタしてしまう朝の時間に余裕を持って、

朝食もしっかり摂るようにして、

健康な体づくりの基盤としましょう。

てんかんの症状や性格変化について てんかんは子供に多い?

てんかんは、突然意識を失って反応がなくなるなどの

発作を繰り返し起こす病気です。

その原因や症状は人により様々で、

患者数も全国で60~100万人とされています。

ジンギスカンといえば北海道札幌!ジンギスカンの魅力や健康効果も?

ジンギスカンは、中央部が盛り上がった円形の鍋で、

ラムやマトンを野菜と一緒に焼く料理と定義されています。

タレに関しても食べ方が2種類あり、大変人気があります。

ジンギスカンは札幌のイメージが強いですが、

他地域でも食べられているのはご存知だったでしょうか?

北海道の帯広観光で行っておきたいおすすめ観光スポットとは

夏は暑く冬は寒い帯広ですが、自然に囲まれた素晴らしい地域です。

イメージ通りの北海道と言えば帯広かもしれません。

数あるスポットから少しだけご紹介します。

偏頭痛の痛みがひどい症状や目がチカチカするのは関係がある?対処法とは?

偏頭痛の痛みがひどい時は、生活の妨げになるほどです。

目がチカチカしたり、ひどい時は吐き気までしてしまうことも。

症状や対処法を参考にしてみてください。

皮膚のかゆみと内臓疾患の関係とは?隠れる重病の可能性

皮膚のかゆみは内臓疾患と関係することがあります。

特に重病疾患の症状であることもあるので、

注意が必要です。

突然現れる蕁麻疹の症状の原因や対処法?湿疹とは何が違う?

蕁麻疹の症状が突然現れて、かゆみが辛かった経験はありませんか?

蕁麻疹の原因の特定は難しいとされています。

また、湿疹と蕁麻疹の違いとは?

酢タマネギの美容やダイエットへの効能とは?作り方やレシピは?

酢タマネギの健康や美容、ダイエットへの効果とは?

作り方も簡単なので、

一度試してみては?

血圧が低い原因について数値はどのくらいで低いとなるのか

朝が起きられなかったり、いきなり立ち上がると、

立ちくらみが起きたりしていませんか?

疲れやすい症状や疲れがとれにくい症状も血圧が低い人特徴です。

血圧が低い事の原因とは何なのでしょうか?

また、血圧の数値がどのくらいだと低いという事になるのでしょう?

財布の寿命とは?買い替えは何年くらいですべき?

財布の寿命って何年くらいなのでしょうか?

財布の買い替えのいいきっかけとして、

一度考えてみるのもいいかもしれません。

耳鳴りの原因は病気?低音の耳鳴りで気をつけたい病気とは

耳鳴りがすると、耳鳴りもつらいですが、

耳鳴りによる不安感もつらいですよね。

無理せず周りの人に相談したり、病院へかかりましょう。

もしかして膀胱炎?女性に多い膀胱炎の症状や原因について

膀胱炎は女性に多い病気です。

残尿感や痛みなど、気になることがあったら、

すぐに病院にかかることが大切です。

症状を確認して、予防もしっかりしましょう。

腸閉塞の前兆や初期症状はある?予防策は?

一般的な腸閉塞は、消化しきれなかったものが、

腸に徐々に詰まって行く状態ともいえるので、

前兆が起こる可能性があるようです。

なるべく早く気づいて治療できるようにしましょう。

昼食後が眠い!眠気がひどい原因や対策とは

午前中の仕事を終え、昼食で回復したつもりが、

昼食後に眠いなんてことは、よくあることだと思います。

ですが、それは工夫をすれば、改善できる可能性があるそうです。

少しの時間昼寝をするのもおすすめです。

10代で起こるひざの痛みオスグッド病の原因や予防法とは?

10代のひざの痛みといえば、成長痛が思い浮かびますが、

特にスポーツをしている子供で多く発症するとされるものがあるのです。

オスグッド病というひざに痛みの症状が現れるものなのですが、

原因や予防法はあるのでしょうか?

てんかん発作を見かけたときのために知っておくべき対応とは

てんかんの発作は、突然起こります。

街中や大きな施設などで発作を起こしている方を見かけた場合、

どのような対応を取るべきなのでしょうか?

人気沸騰の鶏肉料理 鶏肉の栄養や調理レシピについて

柔らかい食感と旨味がある鶏肉ですが、

特徴としては脂肪が少なく、消化が良いなどがあります。

牛肉や豚肉とは異なり、脂肪分が皮の部分に集中しているのがポイントです。

静電気除去グッズの気になる効果とは?

現在たくさんの静電気除去シートが販売されいますが、

どんなグッズが一番効果があるのでしょう?

生活スタイルや体質に合ったグッズを見つけましょう。

紅茶のカフェインを夜の寝る前に摂取するのは良くない?

紅茶のカフェインはコーヒーより少ないと

されていますが、やはり夜や寝る前に紅茶を

飲むのは良くないのでしょうか?

花粉症による鼻づまりのメカニズムとは?

花粉症の症状で、くしゃみと鼻水の次に現れるのが鼻づまりです。「鼻づまり」とは、鼻の粘膜が腫れたり血流が滞って、空気の流れが妨げられ起こる症状をいいます。

花粉症では、鼻粘膜に浸透した花粉の抗原成分によって、「マスト細胞(肥満細胞)」が活性化され、「ヒスタミン」や「ロイコトリエン」など、アレルギー反応に関わる化学伝達物質(ケミカルメディエーター)という物質が放出されます。すると、鼻粘膜が腫れたり、血流が滞り、鼻粘膜が腫れたりと血沸が妨げられるので、鼻づまりが起こるのです。

引用元-花粉症治療を助ける、花粉症アレルギー反応の原因とメカニズム

スポンサーリンク



  人気記事

鼻づまりは出やすい時間がある?

鼻づまりを特に感じるときは何をしていることが多いのか、複数回答で聞いたところ、最も多いのが「朝起きたとき(55.2%)」となり、以下、「夜寝るとき(54.0%)」、「仕事・勉強・家事をしているとき(38.0%)」、「通勤・通学のとき(29.4%)」、「運動をしたとき(23.2%)」、「人と話をしているとき(12.0%)」、「食事をしたとき(10.2%)」、「テレビを見ているとき(10.2%)」と続いた。就寝時・起床時に特に鼻づまりを感じることについて、中丸先生は、「鼻づまりの原因である鼻粘膜の腫れは、自律神経の働きと関わりがあります。自律神経には交感神経と副交感神経があり、アレルギー性鼻炎による鼻づまりは、副交感神経が活発になる夜から朝にかけて出やすいため、就寝時・起床時に鼻づまりを感じることが多くなるのです。鼻づまりにより就寝中に口で呼吸することが多くなると、朝、口の中が乾燥したり、痰(たん)が多くなったりします。」と言われています。

引用元-鼻づまりが起こるメカニズムを知らない4割 | 鼻閉白書 | 鼻閉対策省

スポンサーリンク



鼻づまりを解消するツボを刺激して解消する

鼻づまり解消のツボがあるってご存知でしたか?東洋医療では古くから使われていたツボ押しは、効果がある人には絶大な効果があります。足裏のマッサージなどをしてもらったことがある人は経験があるかもしれませんが、マッサージ後はとてもすっきりしますよね。鼻づまりに効くツボは、「睛明」と「迎香」がおすすめです。

まず、晴明というツボは、目頭と鼻の付け根との間に位置します。目が疲れたときなんかに、思わずおさえてしまう場所ですよね。指の腹を当ててずれないようにし、押し込むように刺激します。疲れ目の時の感じでOKってことですね!

そして迎香は小鼻が最も広がっているところのくぼみにあります。これは左右どちらも同じですよ!ここも同じように指で刺激するのがよさそうです。

引用元-副鼻腔炎に効くツボ迎香!鼻づまりを解消するツボの探し方

花粉症を予防するにはどうしたらいいのか

3-1.なぜ鼻づまりが起きるの?

花粉症は、スギやヒノキなどの花粉による体のアレルギー反応です。スギやヒノキの花粉が鼻や口から体内に入ろうとすると、体はそれを防ごうと鼻水やくしゃみ、涙で対抗します。これが花粉症で鼻づまりが起きるメカニズムです。ですから花粉症のときに出る鼻水は、風邪の時とは違いさらさらしています。「粘り気がある黄色い鼻水が止まらない」という場合は感染症が疑われますので耳鼻咽喉科を受診してください。

3-2.花粉の侵入を防げば鼻水も軽減する?

花粉が飛び交う季節は、テレビで天気と一緒に花粉の飛散状況を教えてくれます。それを参考に、花粉が多く飛散する日はマスクをつけて外出しましょう。完全にとは言いませんが、鼻への花粉の侵入を防げます。また、花粉が飛散する季節はナイロンなどのつるつるした服をきて外出すれば、屋内への花粉の侵入を防ぐことができます。さらに洗濯物は室内干しにし、掃除をする際は拭き掃除から始めて花粉を舞い上がらせないようにすれば、鼻水が軽減するかもしれません。

3-3.花粉が飛散する前から治療を始める

毎年花粉症の症状が出てから対処法を取るという方も多いですが、花粉症は予防も大切です。花粉症のシーズンになる半月ほど前から耳鼻咽喉科では、花粉症の予防対策として抗ヒスタミン薬や、抗アレルギー剤を処方してもらうことができます。また、市販の「花粉症に効く」とうたわれている食品やサプリメントも、花粉症の季節の前から摂取したほうが効果的なのです。毎年花粉症に悩まされている方は、ぜひ花粉症の季節が始まる前から治療を受けてみてください。目安としては、テレビで今年の花粉飛散情報が出るころにスタートするとよいでしょう。

3-4.鼻づまりがひどい場合は粘膜除去やレーザー治療を受ける

重い花粉症で鼻づまりがひどいという場合は、ラジオ波凝固術が効果的なケースもあります。治療カテゴリーは手術になりますが、20分~30分で終わる場合がほとんどです。 この手術により、花粉が付着したとしても、アレルギー反応が起こりにくくなります。「たかが鼻水」「たかが花粉症」と思わずに、医師による診断と治療を受けてください。

引用元-花粉症が原因の鼻づまりを解消したい方必見! 効果的な鼻づまり解消法

花粉症になる人とならない人の違いとは

花粉症になる人とならない人がいるのはなぜなのか不思議ですよね。
同じように暮らしているのに、花粉症で悩んでいる人もいれば、何の症状もない人もいます。

花粉症になるかどうかは大きく3つの要因があります。

1.遺伝による体質の違い

アレルギー体質は遺伝の影響を受けると考えられています。
両親や祖父母など近親者にアレルギー体質の人がいると、自分も花粉症になりやすい可能性が高いです。

2.食生活や住環境の違い

花粉症の人が年々増えているのは知っていますか?
花粉症の人が増えている要因の一つが、生活環境の変化だと言われています。
そのため食事や住環境によって、花粉症になりやすいかという差ができます。

3.体に侵入してきた花粉の量の違い

花粉症になるかどうかは、体に侵入してきた花粉の量によっても異なります。
都会に住んでいるのか、田舎に住んでいるのかといったことによっても変わってきます。
意外にも、都会の人の方が花粉症の人の割合は多いです。
舗装されている地面が多いので、風が吹くと地面にあった花粉が再び飛散するといったことが原因です。

引用元-花粉症とは?原因・メカニズムと症状。花粉症の悩みに必読!!

 - 生活の知恵, 美容・健康, 自然