ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

花粉症による鼻づまりのメカニズムとは?寝れない時はツボを刺激

   

花粉症による鼻づまりの悩みを抱える人は少なくないと思います。

鼻づまりのメカニズムを理解し、少しでも解消の

糸口を掴めるといいですね。

スポンサーリンク

  関連記事

てんかん発作を見かけたときのために知っておくべき対応とは

てんかんの発作は、突然起こります。

街中や大きな施設などで発作を起こしている方を見かけた場合、

どのような対応を取るべきなのでしょうか?

血圧が低い原因について数値はどのくらいで低いとなるのか

朝が起きられなかったり、いきなり立ち上がると、

立ちくらみが起きたりしていませんか?

疲れやすい症状や疲れがとれにくい症状も血圧が低い人特徴です。

血圧が低い事の原因とは何なのでしょうか?

また、血圧の数値がどのくらいだと低いという事になるのでしょう?

広島県宮島の厳島神社 世界文化遺産を堪能

宮島で広く知られる厳島は、日本の瀬戸内海に浮かぶ島です。

広島湾の南西部に位置し、広島県廿日市市に属しています。

現在でも年間300万人近い観光客を集めるスポットです。

ズボンの乾かし方を工夫してシワをつけない シワの取り方は?

ズボンを洗濯して乾かしても、ちゃんと乾かさないと

すぐにシワになってしまいます。

乾かし方やシワの取り方を知り、ズボンを長持ちさせましょう。

季節性情動障害とは?冬季うつの症状について

主に秋から冬にかけて悪化するタイプのうつ病で、

冬季うつや季節性うつ病、季節性感情障害と呼ばれたりもします。

冬場は体がだるいなどがある方は、

もしかしたら冬季うつ病なのかもしれません。

かっさマッサージの効果とは?顔や足のマッサージの方法について

古くから中国に伝わるかっさですが、

マッサージによる美容や健康の効果が期待できるそうです。

その効果や方法とは、どのようなものなのでしょうか?

肌のシミの原因とは?紫外線対策の日焼け止めSPFやPAとは

気になる肌のシミの敵である紫外線対策はしていますか?

紫外線により破壊された細胞は、ターンオーバー力を低下させ、

色素沈着を発生させます。

肌のシミの原因と対策について確認しましょう。

ジョギングによるひざの痛みはなぜ起こる?気をつけるべきこととは?

ジョギングをしていて、ジョギング中にひざが痛くなったり、

ひざに違和感が出てしまったということはありませんか?

特に始めたばかりの人は痛めやすいので注意が必要です。

納豆の栄養素は美容に効果的 キムチと合わせるとさらに良し!

体にもお肌にも良いものといえば納豆です。

美容にいいから毎日食べているという方も非常に多いですよね。

納豆の栄養や美容について確認しましょう。

心因性頻尿の原因はストレス?排尿を意識しすぎないように

大事な会議、試験、発表する時など緊張する場面で、

トイレが近くなったりしますね。

心理的な要素やストレスなどが心因性頻尿の

引き金になることがあるのです。

鼻のかみすぎに注意!耳が痛い症状や鼻のかみ方について

風邪などで鼻水をかむことはありますが、

鼻をかみすぎて耳が痛いと感じたことはありませんか?

鼻のかみ方を見直して負担をかけないようにしましょう。

コーヒーの効果 健康に良い?悪い?ダイエットには?

コーヒーは体に悪いというイメージが強いですが、

本当のところは、どうなのでしょう?

コーヒーの健康に対する効果とは?

頭痛や吐き気・微熱が風邪以外で起こる原因とは?

微熱もあり、頭痛や吐き気などの風邪の症状は、

風邪以外にも起こる事があるそうです。

気になる事があれば、病院へ行くようにしましょう。

コートの気になる毛玉の原因や取る方法とは

コートの季節になりました。

そして気になるのが、毛玉です。

あるもので簡単に取ることが出来るそうなので、

試してみましょう。

目の奥が痛い原因や眩しいと感じる原因は?目の疲れに効くツボとは

目が疲れると、まばたきの回数が増えたり、目の奥が痛いなど、

目に症状が現れてきます。光が眩しいと感じるのも症状の一つです。

原因として多いのは眼精疲労やドライアイだと言われています。

たまに心臓が痛い症状は肋間神経痛が原因?どんな人がなりやすい?

たまに心臓が痛いと感じる人は肋間神経痛かもしれません。

肋間神経痛とは肋骨に沿って走る神経が、

何らかの原因で痛む症状のことを言います。

場所が心臓あたりのため心配ですよね。

その症状や原因はどんなものなのでしょうか?

鼻水や痰が気になる後鼻漏とは?症状や咳の原因について

喉に鼻水が落ちているような感覚があったり、

咳や吐き気などの症状がよくある人は後鼻漏の可能性があります。

では、後鼻漏とはどのようなものなのでしょうか?

朝起きたら痰がからむ 原因は?

毎朝痰がからんで、辛い思いをしたことありませんか?

原因をつきとめ、改善していきましょう。

症状がひどい場合は診察を受けましょう。

紅茶の効能でリラックス効果 ストレス解消におすすめ

気分が上がらない、疲労感があるなどの時は

紅茶を飲みましょう。紅茶の効能にリラックス効果があります。

ほっとしたい時に一息紅茶を。

冷え性を改善 日常の飲み物や食べ物から

冷え性を無理せず食事で改善したい、

そんな方に冷え性を食事で改善する方法をご紹介します。

食べる時間や水分量なども冷え性と関係があるようです。

花粉症による鼻づまりのメカニズムとは?

花粉症の症状で、くしゃみと鼻水の次に現れるのが鼻づまりです。「鼻づまり」とは、鼻の粘膜が腫れたり血流が滞って、空気の流れが妨げられ起こる症状をいいます。

花粉症では、鼻粘膜に浸透した花粉の抗原成分によって、「マスト細胞(肥満細胞)」が活性化され、「ヒスタミン」や「ロイコトリエン」など、アレルギー反応に関わる化学伝達物質(ケミカルメディエーター)という物質が放出されます。すると、鼻粘膜が腫れたり、血流が滞り、鼻粘膜が腫れたりと血沸が妨げられるので、鼻づまりが起こるのです。

引用元-花粉症治療を助ける、花粉症アレルギー反応の原因とメカニズム

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

鼻づまりは出やすい時間がある?

鼻づまりを特に感じるときは何をしていることが多いのか、複数回答で聞いたところ、最も多いのが「朝起きたとき(55.2%)」となり、以下、「夜寝るとき(54.0%)」、「仕事・勉強・家事をしているとき(38.0%)」、「通勤・通学のとき(29.4%)」、「運動をしたとき(23.2%)」、「人と話をしているとき(12.0%)」、「食事をしたとき(10.2%)」、「テレビを見ているとき(10.2%)」と続いた。就寝時・起床時に特に鼻づまりを感じることについて、中丸先生は、「鼻づまりの原因である鼻粘膜の腫れは、自律神経の働きと関わりがあります。自律神経には交感神経と副交感神経があり、アレルギー性鼻炎による鼻づまりは、副交感神経が活発になる夜から朝にかけて出やすいため、就寝時・起床時に鼻づまりを感じることが多くなるのです。鼻づまりにより就寝中に口で呼吸することが多くなると、朝、口の中が乾燥したり、痰(たん)が多くなったりします。」と言われています。

引用元-鼻づまりが起こるメカニズムを知らない4割 | 鼻閉白書 | 鼻閉対策省

スポンサーリンク



鼻づまりを解消するツボを刺激して解消する

鼻づまり解消のツボがあるってご存知でしたか?東洋医療では古くから使われていたツボ押しは、効果がある人には絶大な効果があります。足裏のマッサージなどをしてもらったことがある人は経験があるかもしれませんが、マッサージ後はとてもすっきりしますよね。鼻づまりに効くツボは、「睛明」と「迎香」がおすすめです。

まず、晴明というツボは、目頭と鼻の付け根との間に位置します。目が疲れたときなんかに、思わずおさえてしまう場所ですよね。指の腹を当ててずれないようにし、押し込むように刺激します。疲れ目の時の感じでOKってことですね!

そして迎香は小鼻が最も広がっているところのくぼみにあります。これは左右どちらも同じですよ!ここも同じように指で刺激するのがよさそうです。

引用元-副鼻腔炎に効くツボ迎香!鼻づまりを解消するツボの探し方

花粉症を予防するにはどうしたらいいのか

3-1.なぜ鼻づまりが起きるの?

花粉症は、スギやヒノキなどの花粉による体のアレルギー反応です。スギやヒノキの花粉が鼻や口から体内に入ろうとすると、体はそれを防ごうと鼻水やくしゃみ、涙で対抗します。これが花粉症で鼻づまりが起きるメカニズムです。ですから花粉症のときに出る鼻水は、風邪の時とは違いさらさらしています。「粘り気がある黄色い鼻水が止まらない」という場合は感染症が疑われますので耳鼻咽喉科を受診してください。

3-2.花粉の侵入を防げば鼻水も軽減する?

花粉が飛び交う季節は、テレビで天気と一緒に花粉の飛散状況を教えてくれます。それを参考に、花粉が多く飛散する日はマスクをつけて外出しましょう。完全にとは言いませんが、鼻への花粉の侵入を防げます。また、花粉が飛散する季節はナイロンなどのつるつるした服をきて外出すれば、屋内への花粉の侵入を防ぐことができます。さらに洗濯物は室内干しにし、掃除をする際は拭き掃除から始めて花粉を舞い上がらせないようにすれば、鼻水が軽減するかもしれません。

3-3.花粉が飛散する前から治療を始める

毎年花粉症の症状が出てから対処法を取るという方も多いですが、花粉症は予防も大切です。花粉症のシーズンになる半月ほど前から耳鼻咽喉科では、花粉症の予防対策として抗ヒスタミン薬や、抗アレルギー剤を処方してもらうことができます。また、市販の「花粉症に効く」とうたわれている食品やサプリメントも、花粉症の季節の前から摂取したほうが効果的なのです。毎年花粉症に悩まされている方は、ぜひ花粉症の季節が始まる前から治療を受けてみてください。目安としては、テレビで今年の花粉飛散情報が出るころにスタートするとよいでしょう。

3-4.鼻づまりがひどい場合は粘膜除去やレーザー治療を受ける

重い花粉症で鼻づまりがひどいという場合は、ラジオ波凝固術が効果的なケースもあります。治療カテゴリーは手術になりますが、20分~30分で終わる場合がほとんどです。 この手術により、花粉が付着したとしても、アレルギー反応が起こりにくくなります。「たかが鼻水」「たかが花粉症」と思わずに、医師による診断と治療を受けてください。

引用元-花粉症が原因の鼻づまりを解消したい方必見! 効果的な鼻づまり解消法

花粉症になる人とならない人の違いとは

花粉症になる人とならない人がいるのはなぜなのか不思議ですよね。
同じように暮らしているのに、花粉症で悩んでいる人もいれば、何の症状もない人もいます。

花粉症になるかどうかは大きく3つの要因があります。

1.遺伝による体質の違い

アレルギー体質は遺伝の影響を受けると考えられています。
両親や祖父母など近親者にアレルギー体質の人がいると、自分も花粉症になりやすい可能性が高いです。

2.食生活や住環境の違い

花粉症の人が年々増えているのは知っていますか?
花粉症の人が増えている要因の一つが、生活環境の変化だと言われています。
そのため食事や住環境によって、花粉症になりやすいかという差ができます。

3.体に侵入してきた花粉の量の違い

花粉症になるかどうかは、体に侵入してきた花粉の量によっても異なります。
都会に住んでいるのか、田舎に住んでいるのかといったことによっても変わってきます。
意外にも、都会の人の方が花粉症の人の割合は多いです。
舗装されている地面が多いので、風が吹くと地面にあった花粉が再び飛散するといったことが原因です。

引用元-花粉症とは?原因・メカニズムと症状。花粉症の悩みに必読!!

 - 生活の知恵, 美容・健康, 自然