ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

花粉症の原因は植林?花粉症の歴史とは

   

国民病とも言われる花粉症ですが、

そもそもの原因はスギの植林が原因であるようです。

たくさんの人が苦しむ花粉症は一体いつまで続くのでしょうか?

様々な原因があり、解決は中々難しそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

94cfc9707fe2021e85909afbbab7cf81_s
頭痛が後頭部にあり発熱も?髄膜炎はどんな病気?

後頭部の頭痛や発熱など、風邪のような症状で、

重大な病気の可能性があるかもしれません。

ただの頭痛だと甘く見ず、症状を知って対応できるようにしましょう。

67c35c027df16ffc05069f33ed5bd1d0_s
猫のびポーズでダイエット?やり方や効果は?

猫のびポーズはもともとヨガのポーズであるそうです。

このポーズはダイエットの効果が期待されており、

猫のびダイエットとも呼ばれるそうです。

その効果や、やり方について確認してみましょう。

the-ball-488716_1280
緊張をほぐして大会や試合に臨もう!

大会や試合で緊張してしまってベストパフォーマンスが出来ず、

後悔した経験ありませんか?緊張をほぐして味方にしましょう。

メンタルの強さがスポーツでは非常に重要です。

door-handle-625942_1280
静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

85e329299292ed41bf590126c2826154_s
独身者の老後へ資金は?男性も女性も貯金はどのくらい?

独身者にとって老後の不安は大きくあると思います。

年金なども含めて資金はどれくらい必要なのか?

貯金はどのくらいするべきなのでしょう?

a0790_001102_m
クリスマスプレゼントを彼女に 何をあげたらいい?

彼女へのクリスマスプレゼントに迷っている方は

結構いるのではないでしょうか?

あまり考えすぎず、彼女にあった物をプレゼントしてあげましょう。

b7f5baa4d3abab9fb59a78eee1f9605e_s
風邪による頭痛の原因とは?発熱が高熱の場合の頭痛は注意

風邪によって発熱したり、頭痛があったりしますよね。

高熱の場合はインフルエンザも疑いますが、

高熱で頭痛を伴う場合は脳炎や髄膜炎の可能性もあるのです。

f53fbb0b9bda48b66d654751def6e757_s
子供が頭痛でこめかみが痛いという時は?

こめかみの頭痛など、子供の慢性的な頭痛が近年増えてきているそうです。

子供は正確に症状を伝えられない場合が多くあります。

大人が観察し、気付いてあげることが大切です。

a0001_017554_m
季節性情動障害とは?冬季うつの症状について

主に秋から冬にかけて悪化するタイプのうつ病で、

冬季うつや季節性うつ病、季節性感情障害と呼ばれたりもします。

冬場は体がだるいなどがある方は、

もしかしたら冬季うつ病なのかもしれません。

woman-731395_1280
天空の里と呼ばれる徳島県の祖谷 癒しスポット

ゆったりと流れた時間の中で少し休憩しませんか?

徳島県の西祖谷ではそんな時間を最高の形で

迎えられそうです。

5f6f7c70a3521f7b770a24eb37515c44_s
納豆の栄養素が加熱によってなくなるって本当?

納豆に含まれるナットウキナーゼという成分は、

どうやら熱に弱いようです。

ただし、他の栄養素まで加熱すると良くないという

ワケではないのです。

1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s
紅茶のカフェインを夜の寝る前に摂取するのは良くない?

紅茶のカフェインはコーヒーより少ないと

されていますが、やはり夜や寝る前に紅茶を

飲むのは良くないのでしょうか?

2e1eb002c5d8c2443399a93024491ad8_s
何か始めたいと思うなら趣味を持とう!

何か始めたいけど、何を始めたらいいかわからない。

そんな人は趣味を持ちましょう。

趣味ができる週末まで、あとちょっとがんばろうと

仕事も頑張れそうです。

d73dcd3e4fc38def8ad9751b7d590ceb_s
お盆の由来はインド?日本?お休みの意味を知る

お盆といえばお盆休みと考える人は多くいるかもしれません。

里帰りや旅行など、ゴールデンウィークのような光景を

お盆休みでも見かけます。

ただ休むだけでなく、お盆の由来を知ることで、

また違った余暇の過ごし方ができるかもしれません。

smartphone-569076_1280
ストレートネックとは違うスマホ首とは?

スマホのしすぎで首を痛めていたりしていませんか?

これはストレートネックとは少々違うようです。

早い段階で対処するようにしましょう。

a0002_009255
立ち仕事の足の痛みや疲れが取れない原因と疲れをとる方法について

毎日の仕事で足が疲れていませんか?

休んでも中々疲れが取れない原因とは?

立ち仕事で足の痛みを防ぐための方法とは、

どんなものなのでしょう。

bsPAK86_atamawokakaerudansei20131223
内蔵型冷え性の原因と症状 男性もなりやすい?

内蔵型冷え性とは内臓の血行が悪くなり、

いつも冷えた状態になってしまうことです。

男性もなりやすそうなのですが、なぜなのでしょうか?

843b183a74436ace3e26de1db628c4a9_s
紅茶の効能による下痢の改善 ただし飲み過ぎに注意

紅茶に含まれるタンニンによって

下痢が改善されるそうです。

その効能について確認します。

ad94f916fe2f9edc32ee0474f5103056_s
初夢とはいつ見る夢のこと 一富士二鷹三茄子とは?

初夢とは、何日に見たものが初夢となるのでしょう。

大晦日の夜?元日の夜?

一富士二鷹三茄子の意味とは?

c17a9e0e8f6bb971a98490fa385a7791_s
日本三名園の由来とは?兼六園、偕楽園と後楽園の魅力について

四季が彩る日本は、どこをとっても美しいものがあります。

中でも、日本三名園と言われる兼六園、偕楽園、後楽園は、

一度は訪れてみたい場所ではないでしょうか。

0705e7142d0efaba31f3fa08fabc3d1b_s

日本の花粉症の歴史について

現在の花粉症の種類で最も多いものはスギ花粉症と言われています。しかし、日本で最初に確認された花粉症は、ブタクサ花粉症。1960年代にアメリカ進駐軍が植林したものとされています。その後、1980年代以降にスギ花粉症が主流となり、花粉症が激増しました。
これは、戦後の復興のため日本国内にスギの植林を奨励。スギは樹齢約40年ほどで成長しますが、その時に植林されたスギが1980年代頃に成木になり、そのため一斉に花粉の飛散が始まったのです。
 
また1960年代にはあまり見られなかったヒノキ花粉も、木材利用などの需要が増えたためヒノキの植林が進み、ヒノキ花粉症もそれに伴って増加しました。これ以降、現在に至るまで様々な花粉症の原因植物が次々と報告されるようになり、現在では約50種類~80種類の花粉症原因植物が確認されています。また、最近では、人間のみならず犬や猿など動物にも花粉症の発症が報告されています。

引用元-花粉症の歴史 / 花粉症対策ナビ

スポンサーリンク



  人気記事

Sorry. No data so far.

植林が原因で花粉症患者が爆発的に増加

実は1970年代頃に花粉症患者が急増を始めたのと、日本の戦後復興の経緯には大きな関連性があります。
 
スギは成長も早く短期で更新できることに加え、戦後まもない頃の木造住宅など家屋の建材に適していました。そのため戦後まもなくから日本中の山地や里山にスギの木が多く植林されました。しかし急速に復興していく日本では産業や文化に大きな変化が現れました。
ひとつは木造住宅から、鉄筋コンクリートなど洋風のな住宅や団地、マンションへの移行です。これは杉の木の需要を大きく減少させる原因となりました。杉は花粉を飛ばし始めるまで20年ほどがかかります。
 
1960年代後半にスギ花粉症が拡大し始めたのは、1945-50年頃に植林された杉が育成し花粉を飛ばし始める年齢に達したのと同期します。杉が花粉を飛ばし始めたころには、すでに杉を伐採しても利用できる機会が大きく減少してしまいました。そのため多くの杉の木は山地に放置されることになったのです。

引用元-花粉症が増えた原因

スポンサーリンク



林業の人手不足で伐採や手入れが行き届かない現状

林業に携わる人の不足が懸念されています。

それにより、これだけ多くのスギがあるというのに、間伐などの手入れがなされていない場合が多いです。

そのために、伸ばしっぱなしになった枝には大量の雄花がつき、花粉を飛散し放題な状態です。

このような手入れを行うには、人手不足から大量の人件費がかかり、なかなか手が回らないのが現状です。

このことが、現代社会にまで残っている戦後復興の問題点だと言えます。

スギが花粉を飛散しなくなるまで、あと50年は必要だと言われています。

伐採など、なかなか手入れの進まない今の現状では、あと50年もスギ花粉に苦しめられねばならないのです。

引用元-花粉症の歴史 | 誰でもできる!花粉症対策と予防法

花粉症はスギよりも排気ガスの影響が大きい?

実験では、マウスにスギ花粉のアレルゲンを4週ごとに1回、合計24週間で6回注射しましたが、IgE抗体はできませんでした。さらにスギ花粉のアレルゲンを10倍の量に増やして同じ実験が行われましたが、結果は同じでした。
 次に、スギ花粉アレルゲンとともに、ディーゼル車排気ガス中の微粒子(DEP)をマウスに注射するという実験を行いました。その結果、注射して2週間後からIgE抗体が見つかるようになり、その後4週間ごとの注射で、明らかにIgE抗体が増えていったのです。スギ花粉アレルゲンを減らした場合でも、DEPとともに注射した場合にはIgE抗体が見つかり、12週間後からは明らかにIgE抗体が増えたのです。
 この実験から、花粉だけでは花粉症は発生せず、ディーゼル車の排気ガスが加わると発症することがわかります。
 日光での調査とこの動物実験によって、花粉症の大きな謎が解けたことになります。すなわち、なぜスギの多い農村部ではなく都会に花粉症患者が多いのか、なぜスギは太古の昔からあるのに高度経済成長期以降になって初めて患者が見つかり、その後増え続けているのか――それは謎ではなく、当然のことといえます。高度経済成長期以降に自動車が普及したので、それに合わせるように花粉症患者も増えたのです。また、都会は自動車が多く排気ガスによる空気汚染がひどいため、農村部よりも花粉症の発生する割合が高いのです。
 結局、花粉症は単に花粉が原因ではなかったのです。人間が乗り回している自動車から出る排気ガスの影響によって生み出され、増加しているのです。このことをしっかり受け止めて、花粉症対策をしていかないと、いつになっても花粉症の患者は減らないでしょう。

引用元-(2ページ目)花粉症の原因は車の排気ガスだった!農村部より都会のほうが花粉症患者が多いワケ | ビジネスジャーナル

スギ花粉の飛散ピークは2050年まで?

最近では、安価な輸入材に押され伐採が進んでいません。また鉄筋コンクリートなどの建設資材に押されて、伐採の規模は年々縮小しています。
 
林野庁では、花粉がほとんど飛散しないスギを開発し、植林が始まっていますが、一気に変えることは不可能で苗木全体の一割程度にとどまっています。今後、この割合を増やしていく計画です。
 
遺伝子組み換え技術により、花粉を飛散しないスギの開発に成功していますが、生態系に与える影響などを検証する必要があるため植林されるまでには、更に時間がかかるようです
 
スギの植林は既に中止されていますが、専門家の研究によれば、スギの成長は2050年位まで続き、花粉の飛散もその頃からピークアウトすると推測しています。
 
2050年頃までは、花粉の飛散が増える傾向にあることになります。
更に2100年頃になるとスギが無くなり、スギ花粉の飛散も無くなるようです。

引用元-花粉症の起源と日本特有のスギ花粉

 - 生活の知恵, 美容・健康, 自然, 雑学