ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

花粉症の原因は植林?花粉症の歴史とは

   

国民病とも言われる花粉症ですが、

そもそもの原因はスギの植林が原因であるようです。

たくさんの人が苦しむ花粉症は一体いつまで続くのでしょうか?

様々な原因があり、解決は中々難しそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

重い物を持つ時の注意点やコツとは?

重い物を運ぶ時、つい力任せで運んでしまっていませんか?

実はかなり腰に負担をかけているかもしれません。

しっかりした持ち方で腰を痛めないよう注意しましょう。

ジンギスカンといえば北海道札幌!ジンギスカンの魅力や健康効果も?

ジンギスカンは、中央部が盛り上がった円形の鍋で、

ラムやマトンを野菜と一緒に焼く料理と定義されています。

タレに関しても食べ方が2種類あり、大変人気があります。

ジンギスカンは札幌のイメージが強いですが、

他地域でも食べられているのはご存知だったでしょうか?

睡眠の質を上げたい!朝起きても疲れが取れないのは仰向けで寝ているから?

仕事や学校を終え、睡眠でしっかり疲れを取りたいところですが、

朝起きても、疲れが取れていないことはありませんか?

食生活やストレスの改善と、寝る時の体制も重要となるそうです。

仕事場やバイト先での電話対応に緊張 どうしたらいい?

仕事場やバイト先で電話を取ることがあると

思いますが、緊張して出られないという方、新入社員は

少なからず戸惑う作業なのです。

間違いを恐れずリラックスして、しっかり仕事を

こなしましょう。

坐骨神経痛の治し方はストレッチで改善

坐骨神経痛は主に症状であるため、原因によって

治し方は異なると思われます。少しでも、痛みや痺れを

ストレッチで改善できれば嬉しいですね。

独身の女性の割合とは 結婚に対する考え方は?

女性の結婚に対する考え方は以前とは

だいぶ変わってきているようです。

独身の割合やその考え方とはどのようなものなのでしょうか?

子供に起こりやすい溶連菌感染症の症状は大人でも感染する場合がある?

子供がいる方には割となじみがあるかもしれない溶連菌ですが、

この溶連菌は子供だけでなく大人にも感染の可能性があります。

症状や合併症は?

冷え性が原因で自律神経失調症の危険

ストレスなどから引き起こる冷え性が近年増加傾向に

あるようです。冷え性が原因で自律神経のバランスが

崩れたり、逆のパターンもあるそうなので気をつけたいですね。

糖尿病の初期症状は尿から?尿の色や頻度も関係

糖尿病は症状が自分自身では分かりずらいのが特徴です。

ですがき尿などの初期症状を把握し、

早めに検査して未然に防げるようにしましょう。

昼食後が眠い!眠気がひどい原因や対策とは

午前中の仕事を終え、昼食で回復したつもりが、

昼食後に眠いなんてことは、よくあることだと思います。

ですが、それは工夫をすれば、改善できる可能性があるそうです。

少しの時間昼寝をするのもおすすめです。

カキフライを美味しく食べたい!広島流のカキフライとは?

カキは栄養豊富で美味しく、ありがたい食材です。

カキフライは定番の料理ですが、

広島では一般とはちょっと違った揚げ方をするそうです。

入浴を効果的に HSP入浴法は健康に効果あり?

入浴は健康への効果が期待できます。

最近注目されているHSPを増やす入浴健康法もおすすめです。

ぜひ実践してみましょう。

痰がからむ 違和感の原因とは?

のどに痰がからむような違和感を感じるのは、

風邪やアレルギーが原因であることが主です。

悪化しないように気をつけましょう。

女性にも人気のソロキャンプの魅力とは?一人だからこその楽しみ方

キャンプとは複数人数で行うものだと思っていませんか?

最近は一人でキャンプをするソロキャンパーが増えているそうです。

ソロキャンプの魅力とは、どのようなものなのでしょうか?

季節性情動障害とは?冬季うつの症状について

主に秋から冬にかけて悪化するタイプのうつ病で、

冬季うつや季節性うつ病、季節性感情障害と呼ばれたりもします。

冬場は体がだるいなどがある方は、

もしかしたら冬季うつ病なのかもしれません。

初夢とはいつ見る夢のこと 一富士二鷹三茄子とは?

初夢とは、何日に見たものが初夢となるのでしょう。

大晦日の夜?元日の夜?

一富士二鷹三茄子の意味とは?

目の奥が痛い原因や眩しいと感じる原因は?目の疲れに効くツボとは

目が疲れると、まばたきの回数が増えたり、目の奥が痛いなど、

目に症状が現れてきます。光が眩しいと感じるのも症状の一つです。

原因として多いのは眼精疲労やドライアイだと言われています。

セルライトの原因となる食べ物とは?改善する食べ物は?

気になるセルライトができる原因のひとつに

食生活の乱れがあります。

原因となる食べ物の摂取を控え、対策を練りましょう。

急性胃腸炎の辛い症状 下痢はどのくらい続く?

下痢や嘔吐を繰り返し、腹痛が止まない症状は、

急性胃腸炎の症状です。発熱や倦怠感も伴う急性胃腸炎の

下痢の症状はどのくらい続くのでしょうか?

冷え性を改善 日常の飲み物や食べ物から

冷え性を無理せず食事で改善したい、

そんな方に冷え性を食事で改善する方法をご紹介します。

食べる時間や水分量なども冷え性と関係があるようです。

日本の花粉症の歴史について

現在の花粉症の種類で最も多いものはスギ花粉症と言われています。しかし、日本で最初に確認された花粉症は、ブタクサ花粉症。1960年代にアメリカ進駐軍が植林したものとされています。その後、1980年代以降にスギ花粉症が主流となり、花粉症が激増しました。
これは、戦後の復興のため日本国内にスギの植林を奨励。スギは樹齢約40年ほどで成長しますが、その時に植林されたスギが1980年代頃に成木になり、そのため一斉に花粉の飛散が始まったのです。
 
また1960年代にはあまり見られなかったヒノキ花粉も、木材利用などの需要が増えたためヒノキの植林が進み、ヒノキ花粉症もそれに伴って増加しました。これ以降、現在に至るまで様々な花粉症の原因植物が次々と報告されるようになり、現在では約50種類~80種類の花粉症原因植物が確認されています。また、最近では、人間のみならず犬や猿など動物にも花粉症の発症が報告されています。

引用元-花粉症の歴史 / 花粉症対策ナビ

スポンサーリンク



  人気記事

植林が原因で花粉症患者が爆発的に増加

実は1970年代頃に花粉症患者が急増を始めたのと、日本の戦後復興の経緯には大きな関連性があります。
 
スギは成長も早く短期で更新できることに加え、戦後まもない頃の木造住宅など家屋の建材に適していました。そのため戦後まもなくから日本中の山地や里山にスギの木が多く植林されました。しかし急速に復興していく日本では産業や文化に大きな変化が現れました。
ひとつは木造住宅から、鉄筋コンクリートなど洋風のな住宅や団地、マンションへの移行です。これは杉の木の需要を大きく減少させる原因となりました。杉は花粉を飛ばし始めるまで20年ほどがかかります。
 
1960年代後半にスギ花粉症が拡大し始めたのは、1945-50年頃に植林された杉が育成し花粉を飛ばし始める年齢に達したのと同期します。杉が花粉を飛ばし始めたころには、すでに杉を伐採しても利用できる機会が大きく減少してしまいました。そのため多くの杉の木は山地に放置されることになったのです。

引用元-花粉症が増えた原因

スポンサーリンク



林業の人手不足で伐採や手入れが行き届かない現状

林業に携わる人の不足が懸念されています。

それにより、これだけ多くのスギがあるというのに、間伐などの手入れがなされていない場合が多いです。

そのために、伸ばしっぱなしになった枝には大量の雄花がつき、花粉を飛散し放題な状態です。

このような手入れを行うには、人手不足から大量の人件費がかかり、なかなか手が回らないのが現状です。

このことが、現代社会にまで残っている戦後復興の問題点だと言えます。

スギが花粉を飛散しなくなるまで、あと50年は必要だと言われています。

伐採など、なかなか手入れの進まない今の現状では、あと50年もスギ花粉に苦しめられねばならないのです。

引用元-花粉症の歴史 | 誰でもできる!花粉症対策と予防法

花粉症はスギよりも排気ガスの影響が大きい?

実験では、マウスにスギ花粉のアレルゲンを4週ごとに1回、合計24週間で6回注射しましたが、IgE抗体はできませんでした。さらにスギ花粉のアレルゲンを10倍の量に増やして同じ実験が行われましたが、結果は同じでした。
 次に、スギ花粉アレルゲンとともに、ディーゼル車排気ガス中の微粒子(DEP)をマウスに注射するという実験を行いました。その結果、注射して2週間後からIgE抗体が見つかるようになり、その後4週間ごとの注射で、明らかにIgE抗体が増えていったのです。スギ花粉アレルゲンを減らした場合でも、DEPとともに注射した場合にはIgE抗体が見つかり、12週間後からは明らかにIgE抗体が増えたのです。
 この実験から、花粉だけでは花粉症は発生せず、ディーゼル車の排気ガスが加わると発症することがわかります。
 日光での調査とこの動物実験によって、花粉症の大きな謎が解けたことになります。すなわち、なぜスギの多い農村部ではなく都会に花粉症患者が多いのか、なぜスギは太古の昔からあるのに高度経済成長期以降になって初めて患者が見つかり、その後増え続けているのか――それは謎ではなく、当然のことといえます。高度経済成長期以降に自動車が普及したので、それに合わせるように花粉症患者も増えたのです。また、都会は自動車が多く排気ガスによる空気汚染がひどいため、農村部よりも花粉症の発生する割合が高いのです。
 結局、花粉症は単に花粉が原因ではなかったのです。人間が乗り回している自動車から出る排気ガスの影響によって生み出され、増加しているのです。このことをしっかり受け止めて、花粉症対策をしていかないと、いつになっても花粉症の患者は減らないでしょう。

引用元-(2ページ目)花粉症の原因は車の排気ガスだった!農村部より都会のほうが花粉症患者が多いワケ | ビジネスジャーナル

スギ花粉の飛散ピークは2050年まで?

最近では、安価な輸入材に押され伐採が進んでいません。また鉄筋コンクリートなどの建設資材に押されて、伐採の規模は年々縮小しています。
 
林野庁では、花粉がほとんど飛散しないスギを開発し、植林が始まっていますが、一気に変えることは不可能で苗木全体の一割程度にとどまっています。今後、この割合を増やしていく計画です。
 
遺伝子組み換え技術により、花粉を飛散しないスギの開発に成功していますが、生態系に与える影響などを検証する必要があるため植林されるまでには、更に時間がかかるようです
 
スギの植林は既に中止されていますが、専門家の研究によれば、スギの成長は2050年位まで続き、花粉の飛散もその頃からピークアウトすると推測しています。
 
2050年頃までは、花粉の飛散が増える傾向にあることになります。
更に2100年頃になるとスギが無くなり、スギ花粉の飛散も無くなるようです。

引用元-花粉症の起源と日本特有のスギ花粉

 - 生活の知恵, 美容・健康, 自然, 雑学