ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

花粉症の症状は喉も関係?喉の痛みや咳について

      2017/03/27

花粉症の症状としては、鼻水や鼻づまり、くしゃみや目のかゆみなど、

主な症状の他に、喉にも症状が現れます。

花粉症なのになんで咳が出るんだろうと思ったこともあるかもしれません。

その原因や症状を抑える方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

  関連記事

油性ペンの落とし方 肌や服についてしまった時は?

油性ペンが肌や服に付いてしまっても、

慌てずに対処しましょう。

身近なもので結構落ちるんですね。

インクの落とし方について確認します。

預金と貯金の違いとは?貯蓄もまた意味が違う?

預金や貯金をしている方は多いと思いますが、

この言葉の違いはご存知ですか?

貯蓄もまた、意味が違うようです。

日常生活で間違わないようにしましょう。

立ち仕事の足の痛みや疲れが取れない原因と疲れをとる方法について

毎日の仕事で足が疲れていませんか?

休んでも中々疲れが取れない原因とは?

立ち仕事で足の痛みを防ぐための方法とは、

どんなものなのでしょう。

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

アウトレットの買い物は金曜がおすすめ? 攻略情報をお届け

アウトレットモールへは行くだけでも楽しめます。

しかし店舗が多かったり求めている商品がないと残念です。

そうならないために、うまくアウトレットモールで

買い物をするコツを身につけましょう。

仕事場やバイト先での電話対応に緊張 どうしたらいい?

仕事場やバイト先で電話を取ることがあると

思いますが、緊張して出られないという方、新入社員は

少なからず戸惑う作業なのです。

間違いを恐れずリラックスして、しっかり仕事を

こなしましょう。

朝シャンの効果とは?ハゲるって本当?

朝シャンするのは、すっきりして気持ちいいものです。

ですが、朝シャンはハゲるという話もあります。

朝シャンによる効果とは?メリットやデメリットは何なのでしょうか?

職場の悩みやストレス解消法とは?多くの原因は人間関係にあり

職場でストレスを感じることがある人は、

非常に多いと思います。ですが、ストレスは絶対に無くなりません。

ストレス解消法でうまくコントロールし、

ストレスに負けてしまうことのないようにしましょう。

花粉症による目のかゆみの対策は?ヘアスタイルにも気をつける

花粉症による目のかゆみをどうにかしたい。

そう思う方は多くいると思います。

目のかゆみへの対策とは?ヘアスタイルにも気をつけてみましょう。

しゃっくりが止まらない!止め方のポイントは耳と水とツボ!

ふとした時に、しゃっくりが出てしまい、

中々止まらないなんて経験ありませんか?

しゃっくりの止め方はいくつかあるそうなので、

1つ方法を覚えておけばいざという時に、使えるかもしれません。

大掃除のコツは重曹を使いこなすことにあった

大掃除の頑固な汚れを落とすには、

重曹を使いこなすことがコツのようです。

簡単にまとめてみました。

口内炎の治し方でハチミツの効果はどうなの?

はちみつは、口内炎の民間療法のひとつとして、

昔からおこなわれている治療方法です。

口内炎に直接はちみつを塗ると、とても痛みますが、

口内炎の治りをよくしてくれるそうです。

健康を維持するために軽い運動を始めよう 簡単にできる運動とは?

健康を維持いていく上で適度な運動は非常に重要となります。

簡単にできる運動であれば、少しずつでも始められそうです。

まずは無理せず、簡単な運動から始めてみましょう。

納豆は栄養が豊富!ダイエットにも有効

栄養分が豊富な納豆ですが、

ダイエットの効果も期待できるようです。

もちろん納豆だけ食べればいいというわけではありません。

バランスよい食事に納豆を取り入れてみましょう。

足が疲れやすい 足の疲れの解消法とは?効果的なツボは?

仕事で立っている時間が長かったり、歩き続けなければならない場合、

どうしても足が疲れやすいですよね。

特に女性の靴は疲れやすいということもあります。

足の疲れを解消するツボやポイントを見て、

疲れを次の日に残さないようにしたいものです。

コーヒーの効果 がん予防に効果はあるのか

コーヒーの健康面に対する効果が見直されています。

がん予防にもコーヒーが効果を発揮するのか。

含まれるクロロゲン酸が関係しているようです。

妊娠中冷えの原因とその影響とは

妊娠中は妊娠前より体が冷えやすくなっています。

母体や胎児にも影響が出ることがあるので、

原因を知り、改善していきましょう。

肩こりは揉んではいけない?体操やストレッチについて

日常生活の中に肩こりの原因となる事はたくさんあります。

そんな肩こりも、つい揉んでしまいますが、

肩こりは揉んではいけないと言われています。

体操やストレッチで改善するようにしましょう。

鼻うがいは生理食塩水で!やり方や期待できる効果とは?

鼻うがいとは、鼻から水を入れて口から出す洗浄方法です。

鼻うがいは様々な効果が期待できますが、正しく行うことが大切です。

真水ではなく生理食塩水で行うようにしましょう。

子供の頻尿はなぜ起こる?子供の心因性頻尿について

心因性頻尿は、子供にも起きる病気であり、

小さなストレスでもなりえるそうです。

親が子供にしてあげられることとは、

どんなことがあるのでしょうか。

花粉症の症状について

スギ花粉症の症状としては、鼻水・鼻づまり・くしゃみ・目のかゆみなど、全般にわたりますが、特に目の症状はスギ花粉症患者の約95%の方にみられるといわれます。

スギ花粉の飛散量は、飛散時期でも日によって差があります。

特に飛散量が多くなるのは、雨の翌日で、晴れていて、気温が高く、空気が乾燥して、風が強い日は要注意です。

一方、雨の日は飛散量は少なくなりますので、スギ花粉症患者の方は一息つける一日になるかもしれません。

また、1日のうちでも、正午前後と日没時は、飛散量が多くなる時間帯ですので、外出する場合は飛散が多くなる時間帯を避ける工夫も有効かもしれません。

また近年ではスギ花粉がほとんど飛散しない沖縄や北海道に移住する人もいらっしゃいます。

引用元-スギ花粉の症状・飛散時期・飛散量 | 花粉症の症状と対策

スポンサーリンク



  人気記事

花粉症の症状は喉にも現れる

そろそろ花粉症の季節…
なんだか鼻がムズムズ。
あれ?のどにも違和感が?
微熱もあるし、頭がボーっと…
 
鼻水が出たり、目が痒かったりすると、花粉症だ!とすぐ分かりますが、
のどの痛みや微熱まであると、風邪なのでは?と思ってしまいますね。
 
しかし、花粉症の症状の一つにのどの痒み・痛み・イガイガがあるのです。
 
風邪か花粉症かどちらか判断に迷うところですが、そんな時は鼻水の状態で判断しましょう。
鼻水が透明であれば花粉症、どろっとして色がついていれば風邪の可能性が高いです。
風邪であれば内科を受診すれば良いのですが、花粉症であれば耳鼻咽喉科をおすすめします。
 
まだ一般的に花粉だと騒がれていない時期でも、早くから花粉症の症状が出る人がいます。
真冬の1月頃や真夏の7月頃でも花粉症の症状が出る人はいます。
疑わしい症状があれば、早めに耳鼻科にかかりましょう。

引用元-花粉症の症状でのどが痒くなる?イガイガした時の対策と予防法 | いろは情報堂

スポンサーリンク



花粉症による咳症状の原因について

花粉症による咳が出る原因は4つあります。

①喉でのアレルギー反応
②口呼吸での喉乾燥(唾液量減少)
③口呼吸での喉乾燥での粘膜炎症
④たんが絡むことでの咳(咳払い)

それぞれ原因は異なりますが、共通して、マスクをするなどの至って一般的な花粉症対策をすることで症状は抑えられます。

CASE1:喉でのアレルギー反応

喉に花粉が直接付着することで、喉の粘膜でアレルギー反応が起きて咳が出ます。

同じ原因で、喉のかゆみも喉粘膜のアレルギー反応の現れです。

CASE2:唾液量減少による喉の乾燥

口呼吸を行うことで唾液量が少なくなり、喉が乾燥して咳が出ます。
花粉症の代表的な症状で「鼻詰まり」がありますが、鼻が詰まっているとどうしても口呼吸をしがちです。

特に、夜寝ている時などは意識することができなくなるので、余計咳が出やすくなります。

CASE3:喉の乾燥による炎症

CASE2からの繋がりで、喉が乾燥していると喉粘膜が炎症を起こしてしまい咳が出ます。

ここから風邪になってしまうこともありますので、悪化しないよう対処していきましょう。

CASE4:鼻水が喉に流れることでのたんの誘発

花粉症時には、後鼻漏(こうびろう)と言われる症状も出ます。

鼻から花粉が入ってくると、体内では異物と認識されます。体内では異物は外部へ押し出そうと働くので鼻水が大量に流れてきます。

その結果、鼻水は鼻の方だけでなく、喉の方へも大量に流れ、たんの原因となります。
たんが絡むようになると、どうしても咳や咳払いがでます。

実は、この後鼻漏(こうびろう)という症状は、花粉症だけに限ったことではなく、日常的に引き起こしている人もいます。
たんがよく絡むという方は、一度病院で検査してみるといいかもしれません。

引用元-花粉症で咳が出る!花粉症と風邪の咳を見分ける5項目と対処法

花粉症と風邪の喉の症状の違いについて

2-1.のどが痛い期間

風邪でのどが痛む原因は、喉が風邪のウィルスで炎症を起こしているからです。
ですから炎症が収まれば自然と痛みも治まってくるでしょう。
よほどひどい風邪でなければ約1週間程度で炎症は治っていきます。
しかし、花粉症の場合は花粉が無くならない限り喉の痛みは続きます。
花粉はだいたい2月~4月下旬ごろまで飛散していますが、喉の痛みもその間ずっと続くという方も少なくありません。

2-2.喉の痛み以外の症状の有無

風邪でのどが痛い場合は、鼻水や咳などの他の症状も出ることが多いです。
鼻水は花粉症の症状でもありますが、風邪の場合はどろりとした黄緑色の鼻水がでます。
花粉症の場合はさらさらした透明の鼻水がでますから、見分けがつきやすいですね。
また、風邪で喉の炎症が起きる場合は、発熱を伴うことも多いので、のどが痛いけれどずっと平熱という場合は花粉症が原因の可能性が高いです。

2-3.医師でも判断がつかない場合もある

花粉症が原因の喉の痛みは医師も判断が付かない場合があります。
風邪と診断されて薬を処方されたけれど症状が改善しない、という場合はできるだけ早く再度受診をしましょう。
特に今年初めて花粉症を発症したという場合は、本人も花粉症が原因であることに気づかない場合が多いです。

引用元-花粉症で喉の痛みが起こるのはなぜ? 知っておきたい4つのポイント | 川村耳鼻咽喉科クリニック『耳寄り通信』

花粉症による喉の痛みを抑えるには

喉の痛みを抑えるために、
まずは環境を整えることが大切です。

部屋では乾燥させないように、加湿器を使うと効果的です。

花粉症による喉の痛みや鼻づまりなどを軽減させるためにも、
適度な湿度を保つことが大切です。

加湿器がない場合は、濡らしたタオルなどを
部屋にかけておくといいでしょう。

部屋の中に花粉を持ち込まないように、
家の中の掃除や、空気清浄機を使用することも効果的です。

また、こまめにうがいをすることも大切のようです。

マスクやのど飴などで痛みを緩和することもあります。

 - 生活の知恵, 美容・健康, 自然, 雑学