ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

若年性更年期障害の症状や原因とは?受診する時は何科?

      2017/07/03

近年、若年性更年期障害の症状を訴える人が増えているそうです。

若年性更年期障害の症状や原因とは?

男性も気を付けましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

人間ドックは必要?検査内容や費用はどのくらい?

人間ドックを受けるは面倒だと感じる方も多いかもしれませんが、

検診を受けることにより、重大な病気が発覚する場合もあります。

費用や内容の例を確認して、一度受けてみてはどうですか?

顔の頬が乾燥して赤い症状をどうにかしたい!対処法は?

特に乾燥する季節に多い顔の頬などの乾燥肌、

悩んでいる方も多いと思います。

乾燥による赤い肌の原因や対処法とは?

顔の毛穴の汚れをしっかり掃除をして美肌になる!

毛穴のケアはしていますか?

顔の毛穴の木になる汚れをしっかり掃除して、

綺麗になりましょう。

肩こりを体操でほぐす オフィスでもできる体操を紹介

オフィスでデスクに向かって長時間仕事をしていて、

肩こりがつらい方は多いのではないのでしょうか。

適度に体操して効果的に解消しましょう。

牛にならない?食後のごろ寝はダイエットにつながる?

食事の後に、すぐに横になると牛になると良く言われたものです。

ですが、この食後のごろ寝が消化を助けたり、

ダイエット効果もあるそうです。

目の奥が痛い原因や眩しいと感じる原因は?目の疲れに効くツボとは

目が疲れると、まばたきの回数が増えたり、目の奥が痛いなど、

目に症状が現れてきます。光が眩しいと感じるのも症状の一つです。

原因として多いのは眼精疲労やドライアイだと言われています。

にんにくの健康や美容への効果があらわれる時間帯とは?

にんにくは体にいいと漠然に思っていませんか?

にんにくは疲労回復や血圧予防のほかに美容にも効果があるそうです。

また、効果があらわれる時間帯があるそうです。

仕事のストレスでイライラの限界を感じる前に対処を!

仕事でストレスを感じることは、残念ながら日常的にあると思います。

しかし、ストレスを溜めてイライラしているのは良くありません。

解消しながら、うまくストレスと付き合っていくことが大切です。

心因性頻尿の原因はストレス?排尿を意識しすぎないように

大事な会議、試験、発表する時など緊張する場面で、

トイレが近くなったりしますね。

心理的な要素やストレスなどが心因性頻尿の

引き金になることがあるのです。

洋服の収納をクローゼットにきれいに収納するコツとは?

服の収納スペースが足りないと感じたり、衣替えの際に、

クローゼットを見直してみませんか?

クローゼットを上手に活用するコツとは?

心臓が痛い時に考えられる病気は?何科にかかるべき?

心臓が痛いと感じる時は色々と不安になると思います。

考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

また、何科にかかればいいのでしょうか?

朝起きたら腰が痛い原因とは?対処法は?

朝起きたら腰が痛いと感じたことはありませんか?

疲労や寝具が原因となることもありますが、

他の原因も考えられるそうです。

インフルエンザ?発熱を伴う腰痛の原因は?考えられる病気について

腰痛は骨の歪みなどが原因として考えられますが、

発熱を伴う場合は、骨の歪みが原因とは考えにくいそうです。

それでは、どのような病気が考えられるのでしょう。

気になる症状があれば、早めに病院へ行きましょう。

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

手術での全身麻酔の方法は?リスクや合併症はある?

手術では体にメスを入れるため、痛みを感じなくさせ、

ストレスから患者の体を守ることが麻酔の役割となります。

全身麻酔の場合、考えられるリスクはどのようなことがあるのでしょうか?

ジョギングによるひざの痛みはなぜ起こる?気をつけるべきこととは?

ジョギングをしていて、ジョギング中にひざが痛くなったり、

ひざに違和感が出てしまったということはありませんか?

特に始めたばかりの人は痛めやすいので注意が必要です。

冷え性が原因で自律神経失調症の危険

ストレスなどから引き起こる冷え性が近年増加傾向に

あるようです。冷え性が原因で自律神経のバランスが

崩れたり、逆のパターンもあるそうなので気をつけたいですね。

預金と貯金の違いとは?貯蓄もまた意味が違う?

預金や貯金をしている方は多いと思いますが、

この言葉の違いはご存知ですか?

貯蓄もまた、意味が違うようです。

日常生活で間違わないようにしましょう。

紅茶に含まれるカフェインは妊娠中には良くない?

妊娠中は、普段以上に摂取するものを気にしますよね。

とくに、「カフェインはよくない」と聞きます。

紅茶好きの方も飲み方を工夫すれば問題なさそうです。

糖尿病の初期症状は尿から?尿の色や頻度も関係

糖尿病は症状が自分自身では分かりずらいのが特徴です。

ですがき尿などの初期症状を把握し、

早めに検査して未然に防げるようにしましょう。

若年性更年期障害について

閉経の平均年齢はおおよそ50歳前後とされています。したがって、20代や30代でまだ閉経していないにもかかわらず同様の症状が起こった場合は、一般的な更年期障害ではなく、若年性更年期障害と呼ばれます。

若年性更年期の場合は、過度なダイエットや不規則な生活、現代人特有のストレスや過労、睡眠不足などが原因でホルモンバランスが乱れ、自律神経に影響を及ぼして自律神経失調症が起こっているのです。

更年期障害も若年性更年期障害も、ホルモンバランスの乱れからくる自律神経系の不調によるものであるというところは共通です。しかし、加齢による臓器の機能低下が原因なのか(更年期)、それとも現代社会特有の過度なダイエットにより一時的に卵巣機能が低下しているためなのか(若年性更年期による卵巣機能低下症)、ストレスなどによって脳からの指令が正常に機能しなくなって起こるためなのか(自律神経失調症)、という違いがあります。

若年性更年期の症状が出ている場合、家事ができなくなったり、イライラして八つ当たりされたりと家族にとっても大変なときもあります。しかし、できるだけ温かく見守り、上手にストレス発散ができるように本人がリラックスできる環境を整えてあげることが大切です。

他には、基礎体温を測定し、チェックすることで、症状が顕著に現れやすい時期が把握できることがありますので、本人に基礎体温チェックを進めるのもおすすめです。また、過度なダイエットをしている場合は、月経異常や不妊の原因にもなるため、長期間放置せずなるべく医療機関を受診したほうが良いでしょう。

引用元-ダイエットが原因!? 20代女性でも発症する「若年性更年期障害」とは | パピマミ

スポンサーリンク



  人気記事

若年性更年期障害の原因について

若年層に更年期障害が起こってしまう原因として考えられるものには、生理不順、生活習慣の乱れ、冷え、喫煙、過度なダイエット、極度のストレスなどによってホルモンバランスが崩れるためだといわれています。

具体的には、例えば最近の流行として、季節を問わず体のラインを見せるような服装や、肌の露出の多い服装が非常に目立っており、こうした服装をするために無理なダイエットに挑戦したり、こうした服装の影響で体が冷えていることが、若年性更年期障害発症の大きな原因のひとつとされています。

また、現代はストレス社会と呼ばれているほど、ストレスだらけの世の中になっています。このようなストレスも、若年性更年期障害を引きこす原因と見られているのです。

若年性更年期障害の原因には、不妊症の原因になるものも多く含まれていますので、生活習慣を見直して体質改善に努めることが大事です。

引用元-女性の若年性更年期障害ってどんな病気?~原因と症状~ | 若年性の病気.com

スポンサーリンク



若年性更年期障害かもと思ったらまず症状をチェックしてみよう

若年性更年期障害の一般的な諸症状から、自分に該当する項目があるかをチェックしてみて、確実に自覚している項目が半分以上ある場合であれば、一度婦人科などの病院で診断してもらった方が良いと思われます。必ずしも若年性更年期障害であるとは限りませんが、万が一のことも考えられますし、全く違う病気を原因として生じている症状である可能性もありますので、やはり専門医に診察してもらうことが重要です。

若年性更年期障害の症状
・月経不順が続く
・寝つきが悪く、眠りが浅い日が多い
・腰や手足が冷えやすい
・動悸・息切れを生じることが多い
・些細なことでもイライラして、怒りやすい
・顔が火照ることが頻繁にある
・汗をかきやすくなった
・頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などを生じることが多い
・肩こり、腰痛、手足の痺れや痛みがある
・身体がだるいことが多く、疲れやすい

引用元-若年性更年期障害の症状チェック

若年性更年期障害の疑いがある時はまず婦人科を受診する

無月経や月経不順が続いているなら、まずは婦人科の受診をおすすめする。重要なのは、その症状が早期閉経なのか、ホルモンバランスの乱れが原因なのかを見極めることだ。
早期閉経は、エストロゲンの減少から骨がもろくなり、若くして骨粗しょう症になりやすくなるだけでなく、血管の柔軟性が失われ、動脈硬化が起きやすくなる。この治療方法は大きく分けて3つ。HRT(ホルモン補充療法)、漢方、そして抗うつ剤などの向精神薬などだ。
代表的な治療であるHRTは、減少したエストロゲンを補充することで、症状の緩和だけでなく、骨粗鬆症の予防などを行う方法だ。一般的な閉経の時期まで続けることが多い。漢方は東洋医学の見地から症状の改善を行い、向精神薬は精神的な症状の緩和を行う。これらを組み合わせて治療することも多い。
ホルモンバランスの崩れが原因の場合は、生活習慣の改善を行い、低用量ピル、漢方などが使われる。低用量ピルは、避妊のイメージが強いが体内のホルモンバランスを安定させることができ、副作用も少ない。
原因によって治療法が異なってくるので、自己診断をせず婦人科で相談することが大切だ。

引用元-30代に急増中!? 若年性更年期障害

男性も気を付けたい若年性更年期障害

女性特有の症状と思われがちな更年期障害は、実は男性にも起こる症状なのです。この症状が20代や30代の若年層で発症してしまった場合を若年性更年期障害と呼んでいます。

男性に起こる若年性更年期障害は、女性のように「閉経」というハッキリとしたきっかけがあるわけでもなく、認知されるまでに時間を要しました。

男性の場合は、男性ホルモンの分泌量が低下することで様々な症状を引き起こすといわれていますが、その原因として、過度のストレスや生活習慣が大きく関係していて、喫煙や激しい運動などもホルモンバランスを崩す原因になることがあります。

ストレスを感じやすい神経質で生真面目な人や責任感の強い人の方が発症しやすいとの意見もあります。

引用元-男性の若年性更年期障害ってどんな病気?~原因と症状~ | 若年性の病気.com

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康