ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

若年性更年期障害の症状や原因とは?受診する時は何科?

      2017/07/03

近年、若年性更年期障害の症状を訴える人が増えているそうです。

若年性更年期障害の症状や原因とは?

男性も気を付けましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

リウマチの原因はストレスかも?男性患者も増加している原因とは

精神的なストレスが積み重なる事が、

リウマチの原因となるようです。女性に多いとされるリウマチですが、

男性の患者も増加しているそうです。

また、既に関節リウマチになっている人でも、

ストレスによって進行を悪化させる場合もあります。

血圧が高い時の対処法で血圧を下げられる方法は?

血圧が高い時に、日常生活からできる対処法や、

簡単にできる対処法は、どのようなものがあるでしょうか?

ストレスを溜めないようにすることも大切です。

納豆は栄養が豊富!ダイエットにも有効

栄養分が豊富な納豆ですが、

ダイエットの効果も期待できるようです。

もちろん納豆だけ食べればいいというわけではありません。

バランスよい食事に納豆を取り入れてみましょう。

人間ドックは必要?検査内容や費用はどのくらい?

人間ドックを受けるは面倒だと感じる方も多いかもしれませんが、

検診を受けることにより、重大な病気が発覚する場合もあります。

費用や内容の例を確認して、一度受けてみてはどうですか?

口内炎が痛い 食事ができない時におすすめの食べ物

口内炎が痛いと気分も落ちてしまいがちですが、

しっかり食事をして体力を落とさないことが大事です。

食事ができないほどの時でも工夫して食事を摂るようにしましょう。

皮膚のかゆみが顔にでる原因とは?予防が大切

顔の皮膚のかゆみがある原因は様々ですが、

習慣の改善などで予防できるそうです。

健康な皮膚を保ちましょう。

季節性情動障害とは?冬季うつの症状について

主に秋から冬にかけて悪化するタイプのうつ病で、

冬季うつや季節性うつ病、季節性感情障害と呼ばれたりもします。

冬場は体がだるいなどがある方は、

もしかしたら冬季うつ病なのかもしれません。

足の痺れの原因は坐骨神経痛?原因や症状とは

坐骨神経痛とは腰から膝の辺りまで伸びている神経で、

足の痛みも坐骨神経痛の事が多いのです。

痺れや痛みと坐骨神経痛について確認しましょう。

お盆の由来はインドか日本か?その意味とは

お盆といえばお盆休みと考える人は多くいるかもしれません。

里帰りや旅行など、ゴールデンウィークのような光景を

お盆休みでも見かけます。

ただ休むだけでなく、お盆の由来を知ることで、

また違った余暇の過ごし方ができるかもしれません。

カイロダイエットをする時にカイロを貼る場所とは

ダイエット効果を高めたい時は、

内臓を温めることがポイントなんだそうです。

カイロを使ったダイエット方法とは?

貼る場所はどこに貼るのが効果的なのでしょうか?

納豆のフィルムを手を汚さずに外せる方法とは?

納豆の容器を開くと納豆の上にかかっているフィルム。

各々外し方があると思いますが、

綺麗に外せる方法があると話題になっている方法があります。

脇汗を止めるには?原因とおすすめの対策を知ろう

暑い時期に薄着をしていると脇汗が気になります。

脇汗を止める方法はあるのでしょうか?

また、脇汗への対策とは?

鼻のかみすぎに注意!耳が痛い症状や鼻のかみ方について

風邪などで鼻水をかむことはありますが、

鼻をかみすぎて耳が痛いと感じたことはありませんか?

鼻のかみ方を見直して負担をかけないようにしましょう。

血圧が低い原因について数値はどのくらいで低いとなるのか

朝が起きられなかったり、いきなり立ち上がると、

立ちくらみが起きたりしていませんか?

疲れやすい症状や疲れがとれにくい症状も血圧が低い人特徴です。

血圧が低い事の原因とは何なのでしょうか?

また、血圧の数値がどのくらいだと低いという事になるのでしょう?

コートの毛玉が気になる!できにくい素材やできにくくする対策とは

コートの毛玉は非常に気になります。

できにくい素材や予防できたりするのでしょうか。

コートの毛玉への対策とは?

痰がからむ 違和感の原因とは?

のどに痰がからむような違和感を感じるのは、

風邪やアレルギーが原因であることが主です。

悪化しないように気をつけましょう。

セルライトを運動して落とす 効果的な運動とは?

気になるセルライトを効果的な運動で

落としましょう。ただし、激しい運動は

逆効果になりそうです。

健康や美容にも関係が深いケイ素の効果や効能について

ケイ素は、シリカ(二酸化ケイ素)とも呼ばれており、

地球上のあらゆる物質や物体にケイ素が含まれているそうです。

注目されるケイ素の効果や効能とは?

人気沸騰の鶏肉料理 鶏肉の栄養や調理レシピについて

柔らかい食感と旨味がある鶏肉ですが、

特徴としては脂肪が少なく、消化が良いなどがあります。

牛肉や豚肉とは異なり、脂肪分が皮の部分に集中しているのがポイントです。

頭痛が後頭部にあり発熱も?髄膜炎はどんな病気?

後頭部の頭痛や発熱など、風邪のような症状で、

重大な病気の可能性があるかもしれません。

ただの頭痛だと甘く見ず、症状を知って対応できるようにしましょう。

若年性更年期障害について

閉経の平均年齢はおおよそ50歳前後とされています。したがって、20代や30代でまだ閉経していないにもかかわらず同様の症状が起こった場合は、一般的な更年期障害ではなく、若年性更年期障害と呼ばれます。

若年性更年期の場合は、過度なダイエットや不規則な生活、現代人特有のストレスや過労、睡眠不足などが原因でホルモンバランスが乱れ、自律神経に影響を及ぼして自律神経失調症が起こっているのです。

更年期障害も若年性更年期障害も、ホルモンバランスの乱れからくる自律神経系の不調によるものであるというところは共通です。しかし、加齢による臓器の機能低下が原因なのか(更年期)、それとも現代社会特有の過度なダイエットにより一時的に卵巣機能が低下しているためなのか(若年性更年期による卵巣機能低下症)、ストレスなどによって脳からの指令が正常に機能しなくなって起こるためなのか(自律神経失調症)、という違いがあります。

若年性更年期の症状が出ている場合、家事ができなくなったり、イライラして八つ当たりされたりと家族にとっても大変なときもあります。しかし、できるだけ温かく見守り、上手にストレス発散ができるように本人がリラックスできる環境を整えてあげることが大切です。

他には、基礎体温を測定し、チェックすることで、症状が顕著に現れやすい時期が把握できることがありますので、本人に基礎体温チェックを進めるのもおすすめです。また、過度なダイエットをしている場合は、月経異常や不妊の原因にもなるため、長期間放置せずなるべく医療機関を受診したほうが良いでしょう。

引用元-ダイエットが原因!? 20代女性でも発症する「若年性更年期障害」とは | パピマミ

スポンサーリンク



  人気記事

若年性更年期障害の原因について

若年層に更年期障害が起こってしまう原因として考えられるものには、生理不順、生活習慣の乱れ、冷え、喫煙、過度なダイエット、極度のストレスなどによってホルモンバランスが崩れるためだといわれています。

具体的には、例えば最近の流行として、季節を問わず体のラインを見せるような服装や、肌の露出の多い服装が非常に目立っており、こうした服装をするために無理なダイエットに挑戦したり、こうした服装の影響で体が冷えていることが、若年性更年期障害発症の大きな原因のひとつとされています。

また、現代はストレス社会と呼ばれているほど、ストレスだらけの世の中になっています。このようなストレスも、若年性更年期障害を引きこす原因と見られているのです。

若年性更年期障害の原因には、不妊症の原因になるものも多く含まれていますので、生活習慣を見直して体質改善に努めることが大事です。

引用元-女性の若年性更年期障害ってどんな病気?~原因と症状~ | 若年性の病気.com

スポンサーリンク



若年性更年期障害かもと思ったらまず症状をチェックしてみよう

若年性更年期障害の一般的な諸症状から、自分に該当する項目があるかをチェックしてみて、確実に自覚している項目が半分以上ある場合であれば、一度婦人科などの病院で診断してもらった方が良いと思われます。必ずしも若年性更年期障害であるとは限りませんが、万が一のことも考えられますし、全く違う病気を原因として生じている症状である可能性もありますので、やはり専門医に診察してもらうことが重要です。

若年性更年期障害の症状
・月経不順が続く
・寝つきが悪く、眠りが浅い日が多い
・腰や手足が冷えやすい
・動悸・息切れを生じることが多い
・些細なことでもイライラして、怒りやすい
・顔が火照ることが頻繁にある
・汗をかきやすくなった
・頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などを生じることが多い
・肩こり、腰痛、手足の痺れや痛みがある
・身体がだるいことが多く、疲れやすい

引用元-若年性更年期障害の症状チェック

若年性更年期障害の疑いがある時はまず婦人科を受診する

無月経や月経不順が続いているなら、まずは婦人科の受診をおすすめする。重要なのは、その症状が早期閉経なのか、ホルモンバランスの乱れが原因なのかを見極めることだ。
早期閉経は、エストロゲンの減少から骨がもろくなり、若くして骨粗しょう症になりやすくなるだけでなく、血管の柔軟性が失われ、動脈硬化が起きやすくなる。この治療方法は大きく分けて3つ。HRT(ホルモン補充療法)、漢方、そして抗うつ剤などの向精神薬などだ。
代表的な治療であるHRTは、減少したエストロゲンを補充することで、症状の緩和だけでなく、骨粗鬆症の予防などを行う方法だ。一般的な閉経の時期まで続けることが多い。漢方は東洋医学の見地から症状の改善を行い、向精神薬は精神的な症状の緩和を行う。これらを組み合わせて治療することも多い。
ホルモンバランスの崩れが原因の場合は、生活習慣の改善を行い、低用量ピル、漢方などが使われる。低用量ピルは、避妊のイメージが強いが体内のホルモンバランスを安定させることができ、副作用も少ない。
原因によって治療法が異なってくるので、自己診断をせず婦人科で相談することが大切だ。

引用元-30代に急増中!? 若年性更年期障害

男性も気を付けたい若年性更年期障害

女性特有の症状と思われがちな更年期障害は、実は男性にも起こる症状なのです。この症状が20代や30代の若年層で発症してしまった場合を若年性更年期障害と呼んでいます。

男性に起こる若年性更年期障害は、女性のように「閉経」というハッキリとしたきっかけがあるわけでもなく、認知されるまでに時間を要しました。

男性の場合は、男性ホルモンの分泌量が低下することで様々な症状を引き起こすといわれていますが、その原因として、過度のストレスや生活習慣が大きく関係していて、喫煙や激しい運動などもホルモンバランスを崩す原因になることがあります。

ストレスを感じやすい神経質で生真面目な人や責任感の強い人の方が発症しやすいとの意見もあります。

引用元-男性の若年性更年期障害ってどんな病気?~原因と症状~ | 若年性の病気.com

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康