ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

若年性更年期障害の症状や原因とは?受診する時は何科?

      2017/07/03

近年、若年性更年期障害の症状を訴える人が増えているそうです。

若年性更年期障害の症状や原因とは?

男性も気を付けましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

立ち仕事の足の痛みや疲れが取れない原因と疲れをとる方法について

毎日の仕事で足が疲れていませんか?

休んでも中々疲れが取れない原因とは?

立ち仕事で足の痛みを防ぐための方法とは、

どんなものなのでしょう。

ストレートネックの治し方とは? 治療や改善方法について

ストレートネックになってしまったら、その治し方とは?

また、どのように改善していけばよいのでしょうか?

治療方法や改善方法を確認しましょう。

コーヒーを飲むと腹痛や下痢の症状が出る原因と対処法について

コーヒーが好きで毎日飲んでいる人も多いと思いますが、

コーヒーを飲むとお腹が痛くなったり、下痢になってしまうという

ことはありませんか?原因と対処法とは?

ストレスが原因?肩こりや頭痛の症状 緊張型頭痛の原因とは

日常生活の中で頭痛に悩まされる方も多いのでは

ないでしょうか?頭痛の原因の大半を占めるという緊張型頭痛。

原因や症状について確認します。

紅茶の効能による下痢の改善 ただし飲み過ぎに注意

紅茶に含まれるタンニンによって

下痢が改善されるそうです。

その効能について確認します。

人間ドックは必要?検査内容や費用はどのくらい?

人間ドックを受けるは面倒だと感じる方も多いかもしれませんが、

検診を受けることにより、重大な病気が発覚する場合もあります。

費用や内容の例を確認して、一度受けてみてはどうですか?

セルライトの原因となる食べ物とは?改善する食べ物は?

気になるセルライトができる原因のひとつに

食生活の乱れがあります。

原因となる食べ物の摂取を控え、対策を練りましょう。

救急車のサイレンの種類やドップラー効果とは?

緊急車両は救急車やパトカー、消防車以外にも存在します。

中でも比較的見かけることの多い救急車のサイレンについて、

その種類やドップラー効果について知っておくと、

話のネタになるかもしれません。

皮膚のかゆみが顔にでる原因とは?予防が大切

顔の皮膚のかゆみがある原因は様々ですが、

習慣の改善などで予防できるそうです。

健康な皮膚を保ちましょう。

ノロウイルスの主な症状や感染経路とは

ノロウイルスが流行しているようです。

ノロウイルスの感染経路や症状を知った上で、

予防策をとりましょう。

納豆は栄養が豊富!ダイエットにも有効

栄養分が豊富な納豆ですが、

ダイエットの効果も期待できるようです。

もちろん納豆だけ食べればいいというわけではありません。

バランスよい食事に納豆を取り入れてみましょう。

非常口の標識のなぜ 色やデザインの意味とは

各所で見かける非常口のマークですが、

何気なく目にしていながら意外とちゃんとした

意味は気にしませんよね。一体どういった意味を持っているのでしょう。

大掃除のコツは重曹を使いこなすことにあった

大掃除の頑固な汚れを落とすには、

重曹を使いこなすことがコツのようです。

簡単にまとめてみました。

鍋を食べる時のちょっとしたコツでより美味しく

冬は鍋を食べる機会が多いと思いますが、

ちょっとした工夫やコツで、より美味しくお鍋を

楽しむことができます。是非試してみましょう。

しゃっくりが出る原因とは?疲れやストレスが関係することも

急に出るしゃっくりですが、原因については、

ご存知の方も多いかもしれません。

ストレスや疲れなどが関係していることもあるようです。

朝が弱い 起きれない人の対処法

毎日の朝が起きれなくてつらい。

そんな朝が弱い人におすすめの睡眠から快適に

目覚めることができる方法をいくつかご紹介します。

独身者の老後生活孤独は寂しい?住宅や病気は?

独身者の老後は寂しいとよく言われますが、

それは独身者に限られた事ではないので心配する事はないと思います。

ただ、孤独や不安を感じやすかったり、病気などをした場合の事は

よく考えておくべきだと思われます。

住宅などもしっかりとしたプランが必要かもしれません。

手術での全身麻酔の方法は?リスクや合併症はある?

手術では体にメスを入れるため、痛みを感じなくさせ、

ストレスから患者の体を守ることが麻酔の役割となります。

全身麻酔の場合、考えられるリスクはどのようなことがあるのでしょうか?

乗り物酔いの原因や対策は?子供の乗り物酔いの治し方とは

乗り物酔いは、乗り物の揺れや加速度によって

三半規管が刺激されることで起こります。

乗り物酔いが発生する仕組みは完全には解明されていないそうです。

原因や対策を知り、なりやすい子供にも対策ができるといいですね。

油性ペンの落とし方 肌や服についてしまった時は?

油性ペンが肌や服に付いてしまっても、

慌てずに対処しましょう。

身近なもので結構落ちるんですね。

インクの落とし方について確認します。

若年性更年期障害について

閉経の平均年齢はおおよそ50歳前後とされています。したがって、20代や30代でまだ閉経していないにもかかわらず同様の症状が起こった場合は、一般的な更年期障害ではなく、若年性更年期障害と呼ばれます。

若年性更年期の場合は、過度なダイエットや不規則な生活、現代人特有のストレスや過労、睡眠不足などが原因でホルモンバランスが乱れ、自律神経に影響を及ぼして自律神経失調症が起こっているのです。

更年期障害も若年性更年期障害も、ホルモンバランスの乱れからくる自律神経系の不調によるものであるというところは共通です。しかし、加齢による臓器の機能低下が原因なのか(更年期)、それとも現代社会特有の過度なダイエットにより一時的に卵巣機能が低下しているためなのか(若年性更年期による卵巣機能低下症)、ストレスなどによって脳からの指令が正常に機能しなくなって起こるためなのか(自律神経失調症)、という違いがあります。

若年性更年期の症状が出ている場合、家事ができなくなったり、イライラして八つ当たりされたりと家族にとっても大変なときもあります。しかし、できるだけ温かく見守り、上手にストレス発散ができるように本人がリラックスできる環境を整えてあげることが大切です。

他には、基礎体温を測定し、チェックすることで、症状が顕著に現れやすい時期が把握できることがありますので、本人に基礎体温チェックを進めるのもおすすめです。また、過度なダイエットをしている場合は、月経異常や不妊の原因にもなるため、長期間放置せずなるべく医療機関を受診したほうが良いでしょう。

引用元-ダイエットが原因!? 20代女性でも発症する「若年性更年期障害」とは | パピマミ

スポンサーリンク



  人気記事

若年性更年期障害の原因について

若年層に更年期障害が起こってしまう原因として考えられるものには、生理不順、生活習慣の乱れ、冷え、喫煙、過度なダイエット、極度のストレスなどによってホルモンバランスが崩れるためだといわれています。

具体的には、例えば最近の流行として、季節を問わず体のラインを見せるような服装や、肌の露出の多い服装が非常に目立っており、こうした服装をするために無理なダイエットに挑戦したり、こうした服装の影響で体が冷えていることが、若年性更年期障害発症の大きな原因のひとつとされています。

また、現代はストレス社会と呼ばれているほど、ストレスだらけの世の中になっています。このようなストレスも、若年性更年期障害を引きこす原因と見られているのです。

若年性更年期障害の原因には、不妊症の原因になるものも多く含まれていますので、生活習慣を見直して体質改善に努めることが大事です。

引用元-女性の若年性更年期障害ってどんな病気?~原因と症状~ | 若年性の病気.com

スポンサーリンク



若年性更年期障害かもと思ったらまず症状をチェックしてみよう

若年性更年期障害の一般的な諸症状から、自分に該当する項目があるかをチェックしてみて、確実に自覚している項目が半分以上ある場合であれば、一度婦人科などの病院で診断してもらった方が良いと思われます。必ずしも若年性更年期障害であるとは限りませんが、万が一のことも考えられますし、全く違う病気を原因として生じている症状である可能性もありますので、やはり専門医に診察してもらうことが重要です。

若年性更年期障害の症状
・月経不順が続く
・寝つきが悪く、眠りが浅い日が多い
・腰や手足が冷えやすい
・動悸・息切れを生じることが多い
・些細なことでもイライラして、怒りやすい
・顔が火照ることが頻繁にある
・汗をかきやすくなった
・頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などを生じることが多い
・肩こり、腰痛、手足の痺れや痛みがある
・身体がだるいことが多く、疲れやすい

引用元-若年性更年期障害の症状チェック

若年性更年期障害の疑いがある時はまず婦人科を受診する

無月経や月経不順が続いているなら、まずは婦人科の受診をおすすめする。重要なのは、その症状が早期閉経なのか、ホルモンバランスの乱れが原因なのかを見極めることだ。
早期閉経は、エストロゲンの減少から骨がもろくなり、若くして骨粗しょう症になりやすくなるだけでなく、血管の柔軟性が失われ、動脈硬化が起きやすくなる。この治療方法は大きく分けて3つ。HRT(ホルモン補充療法)、漢方、そして抗うつ剤などの向精神薬などだ。
代表的な治療であるHRTは、減少したエストロゲンを補充することで、症状の緩和だけでなく、骨粗鬆症の予防などを行う方法だ。一般的な閉経の時期まで続けることが多い。漢方は東洋医学の見地から症状の改善を行い、向精神薬は精神的な症状の緩和を行う。これらを組み合わせて治療することも多い。
ホルモンバランスの崩れが原因の場合は、生活習慣の改善を行い、低用量ピル、漢方などが使われる。低用量ピルは、避妊のイメージが強いが体内のホルモンバランスを安定させることができ、副作用も少ない。
原因によって治療法が異なってくるので、自己診断をせず婦人科で相談することが大切だ。

引用元-30代に急増中!? 若年性更年期障害

男性も気を付けたい若年性更年期障害

女性特有の症状と思われがちな更年期障害は、実は男性にも起こる症状なのです。この症状が20代や30代の若年層で発症してしまった場合を若年性更年期障害と呼んでいます。

男性に起こる若年性更年期障害は、女性のように「閉経」というハッキリとしたきっかけがあるわけでもなく、認知されるまでに時間を要しました。

男性の場合は、男性ホルモンの分泌量が低下することで様々な症状を引き起こすといわれていますが、その原因として、過度のストレスや生活習慣が大きく関係していて、喫煙や激しい運動などもホルモンバランスを崩す原因になることがあります。

ストレスを感じやすい神経質で生真面目な人や責任感の強い人の方が発症しやすいとの意見もあります。

引用元-男性の若年性更年期障害ってどんな病気?~原因と症状~ | 若年性の病気.com

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康