ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

自律神経バランスを整えるツボとは?爪もみって何?

      2017/03/27

自律神経は交感神経と、副交感神経があります。

交感神経は運動したり興奮したような時に働き、

副交感神経は、睡眠や食事などリラックス時に働きます。

二つの神経のバランスが崩れてしまうと、

不調を引きおこし、自律神経失調症にもなりかねません。

効果があるとされるツボを使って改善していきましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

腸が痛い症状の原因は?腹痛と冷えの関係とは?

お腹が痛い症状は、日常でもよくみられる症状のひとつです。

その原因は病気やストレスなど様々です。

まずはお腹の冷えを防ぎ、体質を改善していきましょう。

10代で起こるひざの痛みオスグッド病の原因や予防法とは?

10代のひざの痛みといえば、成長痛が思い浮かびますが、

特にスポーツをしている子供で多く発症するとされるものがあるのです。

オスグッド病というひざに痛みの症状が現れるものなのですが、

原因や予防法はあるのでしょうか?

静電気除去グッズの気になる効果とは?

現在たくさんの静電気除去シートが販売されいますが、

どんなグッズが一番効果があるのでしょう?

生活スタイルや体質に合ったグッズを見つけましょう。

カレーが食べたくなるのは風邪気味や前兆?予防効果も?

国民食と言われるカレーですが、カレーはお好きですか?

カレーが異常に食べたくて仕方ない!なんて時は、

それは風邪の前兆かもしれないそうです。

にんにくの健康や美容への効果があらわれる時間帯とは?

にんにくは体にいいと漠然に思っていませんか?

にんにくは疲労回復や血圧予防のほかに美容にも効果があるそうです。

また、効果があらわれる時間帯があるそうです。

コーヒーの効果は高血圧にも?見直されるコーヒーと血圧の関係とは

以前は、コーヒーの飲みすぎは高血圧症に

つながると考えられていました。

しかし、最近はコーヒーが高血圧症に効果があると

いうのが通説のようです。

ホテルと旅館の違いやそれぞれのメリットとは?

旅行に行くときに利用する宿泊施設ですが、

ホテルや旅館の違いとは何なのでしょう?

また、民宿との違いも合わせてみていきます。

疲労やストレスが原因で咳が止まらない咳喘息とは

ストレスや疲労と咳は関係があるそうです。

咳は止まらないと非常に辛いですよね。

咳喘息と言われる症状やその原因とは?

面接の際に緊張をほぐす精神のバランスについて

就職試験など、短い時間の面接で自分を判断されてしまう。

緊張しているからダメだったんだ、と落ち込む前に

まずは心の持ち方を変えてみませんか?

ちょっとしたことで気持ちは大きく変わることができます。

水切りヨーグルトの栄養や効果とは?ダイエットにも効果あり

ヨーグルトは、健康的な食べ物という印象が強いですが、

水切りヨーグルトは、その効果を高めることに期待できるそうです。

水切りヨーグルトの作り方や、栄養と効果について見てみましょう。

花粉症による鼻づまりのメカニズムとは?寝れない時はツボを刺激

花粉症による鼻づまりの悩みを抱える人は少なくないと思います。

鼻づまりのメカニズムを理解し、少しでも解消の

糸口を掴めるといいですね。

人間ドックは必要?検査内容や費用はどのくらい?

人間ドックを受けるは面倒だと感じる方も多いかもしれませんが、

検診を受けることにより、重大な病気が発覚する場合もあります。

費用や内容の例を確認して、一度受けてみてはどうですか?

たまに心臓が痛い症状は肋間神経痛が原因?どんな人がなりやすい?

たまに心臓が痛いと感じる人は肋間神経痛かもしれません。

肋間神経痛とは肋骨に沿って走る神経が、

何らかの原因で痛む症状のことを言います。

場所が心臓あたりのため心配ですよね。

その症状や原因はどんなものなのでしょうか?

寝起きの口の中の乾燥を何とかしたい!口臭などの原因にも

寝起きで口の中が乾燥している事がよくあるという

人は要注意です。口呼吸が主な原因のようですが、

口呼吸は健康にもエチケットにもあまりよろしくないのです。

何か始めたい専業主婦の方へおすすめの趣味や資格とは

結婚してからは家事や育児の主婦業で、

なかなか趣味を見つけられない人は多くいるでしょう。

だからこそ何か始めたいと思った時に思い切って

やっちゃいましょう!

緊張型頭痛の治し方や対処法、治療について

緊張型頭痛を改善したい。

日常生活で気をつけるべきことはどんなことなのでしょう。

治し方や対処法について確認します。

昼食後の昼寝による効果は?身長を伸ばしたいなら質の良い睡眠を

遺伝の関係等で全ての人という訳には

いかないかもしれませんが、睡眠で成長ホルモンが分泌される

事が身長を伸ばすには重要となります。

昼寝は短い時間でよりよい睡眠をとるようにしましょう。

クリスマスプレゼントを彼女に 何をあげたらいい?

彼女へのクリスマスプレゼントに迷っている方は

結構いるのではないでしょうか?

あまり考えすぎず、彼女にあった物をプレゼントしてあげましょう。

耳がこもる症状の原因は風邪?気を付けたい病気とは?

風邪の時に、耳が聞こえにくかったり、

こもるような感覚を受けたことはありませんか?

この耳がこもる症状は、どのようなことが原因なのでしょうか?

寒さに負けない 身体を温める飲み物とは

寒い日が続きます。身体を温めるために温かい飲み物を。

しかし、温かい飲み物を飲めばいいということでもなさそうです。

芯から身体を温める飲み物について確認しましょう。

自律神経のバランスを整えるとされる頭のツボ

「百会」(ひゃくえ)というツボは自律神経のバランスを整えてくれる大きな味方です。

頭のてっぺん、少しくぼんだところがその「百会」です。

現代人はどちらかというと交感神経優位になりやすいライフスタイルです。

そのため慢性的に血流が悪い人が多いと考えられます。

それを改善するためにも「百会」を刺激すると良い効果が得られるでしょう。

ただし「百会」を刺激する際、強く押しすぎると毛根や毛細血管を傷つける恐れがあります。

軽くとん、とん、とゆっくり押さえて刺激するようにしてください。

また、一日に何度も刺激するよりお風呂に入って血行が良くなった時にツボを刺激するのがおすすめです。

引用元-効果実感!副交感神経を活発化させる5つのツボ | 大学生の困った!を解決するCampus Magazine

スポンサーリンク



  人気記事

自律神経のバランスを整える効果が期待できる足のツボについて

うつ病の原因の多くは、中枢神経系によるものと、
内分泌系によるものと2つに分けられます。

中枢神経系のうつ病の場合、
脳内のセロトニンや、アドレナリンなどの神経伝達物質不足が
原因であると考えられているため、
足の親指付近にある頭のつぼを押すと効果が期待できるそうです。

内分泌系のうつ病の場合、
アドレナリンやノルアドレナリンなど、
ストレスに関与するホルモンが生成されている副腎のつぼが
足のほぼ中央あたりにあるので、
そこを刺激することによって、ストレスの軽減について期待できます。

自律神経失調症の足のツボ
湧泉(ゆうせん)
湧泉は、土踏まずの上で、足の指を内側に曲げた時にへこむところ。
もんだり叩いたりすると活力がわいてくる。
 
心包区(しんぽうく)
心包区は、土踏まずのほぼ中央のゾーン。
もむと気持ちが落ち着きイライラがおさまる。

引用元-自律神経失調症のツボ

スポンサーリンク



手軽に出来る手のツボのマッサージ

(1)指間穴(しかんけつ)

手の人差し指から小指までの指の股、手の甲にあるツボです。脳や内臓の疲労を取ることで自律神経を整えます。この指間穴へのマッサージの仕方は、マッサージをしたい手の反対の手の親指と人さし指で指間穴をはさみ、押しもみします。少し強めに刺激をし、指で挟んだ状態で指先に向かって引っ張り、離すとさらに刺激を与えることができます。これらを、左右を交互にマッサージしていきましょう。指先が温かく感じるまで続けることで、自律神経が整っていき、イライラの解消にもつながります。

(2)合谷(ごうこく)

手の親指と人さし指の骨が合流した場所からやや人さし指に近いところにあるツボです。親指で押した時にジーンとし、くぼみがあるのが合谷。首の疲れや肩こり、疲れ目などさまざまな症状に効果があるとされる「万能のツボ」といえます。新陳代謝の活性化も促す効果が期待できます。手の甲を上に向け、親指の腹を合谷に当て、やや強めにつまむようにマッサージをしましょう。

引用元-疲労回復に効く!自律神経を整えるツボとは | ヘルスケア大学

自律神経にも効果が期待される爪もみとは?

爪もみとは?

爪の生え際を押してもむことにより刺激することを「爪もみ」と呼びます。 交感神経が緊張しすぎるとリンパ球が減少することになり、免疫力が低下してしまう原因になってしまいます。 そこで爪もみを行い、交感神経に傾いた自律神経の働きを、副交感神経優位に導き、リンパ球を増やして、 免疫力を回復させる効果を狙います。

誰でも簡単にできる健康法「爪もみ」を少しでも多くの方に知っていただこうと考えています。

なぜ爪なのか?

爪の生え際には神経線維が密集しているので、刺激を与えやすいポイントになります。 爪もみの刺激はすぐに自律神経に伝わるので、自律神経の働きを整えることが可能となるのです。 肩もみを自分でやることは難しいですが、爪もみは自分でいつでも場所を選ばず簡単にすることが できるのがうれしいですね。
ただし、いくら気軽に爪もみができるからといって、1日に何回も爪もみをしたり、強い刺激をあたえたり、 全部の指を爪もみしたりといったことは厳禁です。爪もみのやり方をしっかり守ってください。

引用元-爪もみ普及委員会 爪もみの効果を知って健康生活

爪もみに期待できる効果について

爪もみの期待効果とは?

 1.自律神経の調整効果
   5本の指すべてを押しもみすることで、交感神経が優位になりすぎたり、
   副交感神経が優位になりすぎたりすることはありません。体調に応じて最適
   な自律神経のバランスを保ちます。

 2.血行の促進効果
   自律神経のバランスが回復すると、血流がよくなります。指先は神経と共に
   毛細血管が集中しているので、爪もみはこれらの血管を直接的に刺激し、
   血液を静脈に送るポンプの役割をしてくれます。

 3.代謝アップ・毒だし効果
   体内の老廃物やストレスなどによる毒は、血流に乗って排泄器官に送られ、
   尿や便、汗や呼吸などによって、外に排出されます。爪もみで自律神経が整
   えば、血液の流れがよくなり、これらの老廃物や毒の出も良くなります。
   すると血液のながれも良くなり、新陳代謝も良くなります。

 4.冷え取り効果  
   からだの熱は、血流によつて全身に運ばれますので、爪もみによって血流が
   よくなれば、冷えたからだは温まり、体温も上がってきます。

 5.免疫力の正常化  
   免疫は白血球の働きに依存しています。白血球の働きは自律神経が調整して
   いますので、爪もみによって自律神経が本来の働きを回復すれば、妨げられ
   ていた免疫力も復活してきます。

引用元-爪もみ療法 | がんを克服するための新常識

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学