ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

仙台のイルミネーションは宮城県で1位の人気

      2018/09/01

仙台市で開催されるSENDAI光のページェント。

宮城県1位のイルミネーションは全国的にも人気のイベントです。

ぜひ遠方からも足を運んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

江ノ島を彩るイルミネーションについて

湘南のシンボルとして親しまれている

江の島シーキャンドル(展望灯台)を中心に江の島内各所が

イルミネーションに彩られる。

デートなどで楽しいひと時を。

天空の里と呼ばれる徳島県の祖谷 癒しスポット

ゆったりと流れた時間の中で少し休憩しませんか?

徳島県の西祖谷ではそんな時間を最高の形で

迎えられそうです。

イルミネーションを横浜で楽しむ

横浜でイルミネーションを楽しみましょう。

カップルや家族、女性同士でイルミネーションに

癒されませんか?

金沢の温泉巡りを楽しく!女子旅おすすめの温泉

金沢には素敵な温泉がたくさんあります。

女子旅で疲れを癒すために最適な温泉を見つけて、

姫気分を味わいましょう。

血圧が高い時の食事はどんなものがいい?バランスの取れた食事を

血圧が高い時や、血圧が高めと言われた時は、

まず食事を見直してみましょう。

偏った食事は高血圧の原因になりかねません。

日本三名園の由来とは?兼六園、偕楽園と後楽園の魅力について

四季が彩る日本は、どこをとっても美しいものがあります。

中でも、日本三名園と言われる兼六園、偕楽園、後楽園は、

一度は訪れてみたい場所ではないでしょうか。

クリスマスプレゼントを彼女に 何をあげたらいい?

彼女へのクリスマスプレゼントに迷っている方は

結構いるのではないでしょうか?

あまり考えすぎず、彼女にあった物をプレゼントしてあげましょう。

母智丘公園で桜を楽しむ 交通や周辺のオススメは?

母智丘公園は、桜の名所として知られ、

日本のさくらの名所100選にも選ばれています。

2,600本の桜並木を眺めてみませんか?

伊豆の温泉へ女子旅 ゆったりとした時間を

温泉に浸かっておいしい食事を伊豆の温泉で。

女子旅でも人気のある伊豆の温泉で

日頃のストレスから解放されませんか?

岩手県のこたつ列車で冬の三陸を満喫

2006年から続くこたつ列車をご存知ですか?

冬季限定で久慈―宮古間を走るこたつ列車は、

食べ物も景色も、もちろん列車も大変魅力的です。

東北の冬は寒そうですが、行ってみたいですね。

福岡でもつ鍋! 他地域でもおいしいもつ鍋を

気温も下がり、肌寒い日が続きます。

そうなるとお鍋が恋しくなります。

福岡県から都内また北海道のもつ鍋店の

おすすめをご紹介します。

南部鉄器の急須で鉄分補給ができるの?

南部鉄器の急須で飲む湯やお茶は、

鉄分が含まれ貧血にも効果的と期待されています。

内容について確認していきましょう。

広島県宮島の厳島神社 世界文化遺産を堪能

宮島で広く知られる厳島は、日本の瀬戸内海に浮かぶ島です。

広島湾の南西部に位置し、広島県廿日市市に属しています。

現在でも年間300万人近い観光客を集めるスポットです。

東京ドイツ村イルミネーション 今年のテーマはおもちゃ箱

家族連れには大変人気のスポットである東京ドイツ村。

毎年11月中旬~3月末までウィンターイルミネーションが開催されています。

人気のあるイルミネーションのため、園内は大変混雑します。

早い時間帯に訪れた方がいいかもしれませんね。

カキフライを美味しく食べたい!広島流のカキフライとは?

カキは栄養豊富で美味しく、ありがたい食材です。

カキフライは定番の料理ですが、

広島では一般とはちょっと違った揚げ方をするそうです。

金沢金箔の装飾 花嫁のれん観光列車とは

2015年の10月より運行が開始された、

石川県金沢市の観光列車「花嫁のれん」

装飾も綺麗でぜひ乗ってみたいですね。

長野県の小諸城址懐古園で桜や風情を味わう

長野県の小諸城址懐古園で歴史や桜を楽しみましょう。

小諸城の跡地で、明治13年に本丸跡に懐古神社が祀られたことから

懐古園と呼ばれるようになりました。

園内には様々な施設もあります。

牡蠣の生食用と加熱用の違い 注意点とは

スーパーなどで見かけることが多いと思いますが、

生食用と加熱用の牡蠣が置いてあります。

鮮度の違いでないことはご存知でしたか?

正しい認識を持たないと、あたってしまうかも。

イルミネーションをよみうりランドで楽しもう

よみうりランドのイルミネーションが10月から

点灯されています。ジュエルミネーションを楽しむために

アクセス情報など確認しましょう。

お年玉 小学生や中学生、園児にはいくら?使い道は株式投資?

近年の小学生や中学生のお年玉事情も時代とともに

変化しているようです。

園児には紙幣より貨幣が喜ばれる傾向もあるようです。

仙台のイルミネーションSENDAI光のページェントについて

30回目を数える仙台の冬の風物詩。「未来へつなげる愛の光!」をテーマに、定禅寺通のケヤキが星降るような数十万球の美しいイルミネーションで光り輝く。スターライト・ウインクと呼ばれる再点灯は1日3回。杜の都を美しく彩る温かで落ち着きのある光が、ロマンチックなクリスマスを演出する。また、12月23日には「サンタの森の物語」と題し、サンタクロース姿の人々が光り輝く大通りを行進。よりいっそうクリスマスムードを高める。

引用元-2015SENDAI光のページェント|イルミネーション特集2015-2016

「2015SENDAI光のページェント」は全国16位、宮城県内で1位の人気の高いイルミネーションスポットです。大事な人との思い出づくりや女子会、おひとり様にもオススメです。

引用元-2015SENDAI光のページェント|イルミネーション特集2015-2016

スポンサーリンク



  人気記事

イルミネーション点灯期間と場所について

テーマは「未来へつなげる愛の光!」

■期間:2015年12月6日から12月31日まで

■点灯時間:17:30から23:00まで/最終日12月31日は24:00消灯

17:30の点灯時、会場では観客の大歓声があがります。

この点灯式に間に合わなくとも、例年、全ての明かりが一旦消えて再び明かりがつく「スターライトウインク」が1日に3回楽しめますので、その時間を狙って行くのもいいですよ。

仙台のイルミネーション 場所はどこ?

仙台駅から歩く場合、雨や雪でもアーケードの中を歩けば大丈夫。
仙台駅から、アーケードをまっすぐ進み、アーケードがT字路になったら右折します。

大人の足で20分~30分ですので、アーケードの商店街をぶらぶらしながら向かえば街の雰囲気も味わえます。

地下鉄利用なら、仙台市営地下鉄・泉方面に乗車し、仙台駅から勾当台公園駅まで2駅。

車の場合は、渋滞覚悟で行きましょう。
周辺のいたるところにパーキングがありますので、少し離れたり、現地到着の時間帯を早めれば車が停められないということもないでしょう。1時間あたり300円から400円程度が相場です。

引用元-仙台のイルミネーション 光のページェント 2015 場所 | あずかりしる.ブログ

スポンサーリンク



光のページェント ウインクも見所

bsPPH_irumine-syonboke

光のページェントに行くなら、是非とも体験していただきたいのが、「スターライト・ウインク」です。

「スターライト・ウインク」とは毎日18:00、19:00、20:00にイルミネーションが一斉に消え、再点灯するイベントの事です。

これが本当に綺麗なんです!

集まった観光客からも歓声が起こり、お祭り気分と一体感を味わうことが出来ます。

ちなみに、ウインクを見る時には5分くらい前から中央分離帯の歩道で待ち構えておくことをオススメします。両側のイルミネーションが一斉に消え、パッとつく光景はディズニーの主人公になったような不思議な感覚を味わうことが出来ますよ!光のページェントに行く方は是非体験してください!

引用元-2015仙台光のページェントの期間・点灯時間・ウインク・場所・ホテル | WAVE NEWS

イルミネーションの隠しイベントとは?

仙台光のページエントには数十万という電球の中に1つだけ「ピンクの電球」というものがあります。
ピンクの電球を見つけた人は幸せになれるし、カップルであれば永遠の愛、幸せに・・・
というちょっとロマンチックなお話

最初はただのウワサ程度の話で都市伝説的なことだったのですが

実は本当にピンクの電球は1個だけあります。

誰が初めたのか、どこの会社が企画しているのか?ということは正式に発表されていないので詳細は謎ですが

毎年ピンクの電球は1個だけ点灯しています。

数十万というイルミネーション電球の中から1個だけのピンクの電球を探しだすのは至難の業ですが

ここで見つけた!という情報が多いのが(ネタバレ注意)

定禅寺通りにある結婚式場の前、ケヤキの木のイルミネーションの中に1個ある

という話が有力

ただし、毎年場所が変わるのでは?という話もあるので今年も同じ場所にピンクの電球が設置されるかどうかはわかりません。

さらにパッと見ただけではすぐにわかりにくいので

じっくりと宝探し感覚で注意深く見ていくと・・・という感じです。

隠しイベント的な感覚で楽しめますよ。

引用元-ゴロゴロうねうね更新ブログ

SENDAI光のページェント概要について

1986年(昭和61年)、『「杜の都」から「光の都」へ[2][3]』を理念に、市民ボランティアが「杜の都・仙台」を象徴する定禅寺通と青葉通のケヤキ並木にイルミネーションを施したのが始まりである。例年、定禅寺通は、地上から見れば「光の回廊」となり、ナイトフライトで上空から見れば「地上に舞い降りた天の川」となる(仙台七夕に関連して形容[4])。
現在は、定禅寺通の東部の勾当台公園や西端の西公園にもイルミネーションが広がり、様々な付随イベントも行われるようになった。そのため、期間中280万人以上の人出がある仙台の冬の風物詩として、全国的な知名度を得るに至っている。
自治体等からの補助金がある[5]ものの、運営資金の半分以上を企業からの寄付と市民からの募金によって賄っている。光のページェント期間中に市内の各地に専用の募金箱が設置される他、期間外においても、街頭募金や募金ライブイベントがある。また、飲料1本に付き設置者と自販機管理会社が1円ずつ計2円を募金する仕組みになっているユニークな自動販売機がある。
実行委員会を中心に市民ボランティアが開催するイルミネーション・イベントとしては先駆例であり、かつ、20年以上も市民主体の体制を維持しているため、神戸ルミナリエを初めとする日本国内やアメリカなど海外からの問い合わせや視察を受けており、イベント運営方法や資金集めのノウハウなどを各地に伝える活動も行っている[6]。例えば、仙台市の姉妹都市であるアメリカ合衆国・リバーサイド市のミッション・イン周辺で開催される「光のフェスティバル」(the Riverside Festival of Lights) は、SENDAI光のページェントの影響を受けて始まった[7]。なお、サンタパレードを開催している縁から、20周年にあたる2005年(平成17年)には、サンタクロース村があるフィンランド・ロヴァニエミ市が主催するクリスマスシティネットワークに仙台市が加盟した。
2008年(平成20年)より、期間中のケヤキのイルミネーションをバイオマス発電によるグリーン電力によって100%まかなっている[8][9]。2009年(平成21年)からは総電球数の1/3(約20万球)を消費電力が白熱球の約1/10であるLEDに置換し[10]、17,000kWh[11]まで使用電力を削減した。

引用元-SENDAI光のページェント – Wikipedia

 - イベント, スポット グルメ, 東北地方