ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

仙台のイルミネーションは宮城県で1位の人気

      2016/01/25

仙台市で開催されるSENDAI光のページェント。

宮城県1位のイルミネーションは全国的にも人気のイベントです。

ぜひ遠方からも足を運んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

南部鉄器の急須で鉄分補給ができるの?

南部鉄器の急須で飲む湯やお茶は、

鉄分が含まれ貧血にも効果的と期待されています。

内容について確認していきましょう。

雲海を見て癒しと感動を スポットは?

雲海を見たことはありますか?

気象条件が整わないと中々見るのは難しいのです。

ぜひ見て感動と癒しの空間に浸りたいですね!

カレーが食べたくなるのは風邪気味や前兆?予防効果も?

国民食と言われるカレーですが、カレーはお好きですか?

カレーが異常に食べたくて仕方ない!なんて時は、

それは風邪の前兆かもしれないそうです。

イルミネーションをよみうりランドで楽しもう

よみうりランドのイルミネーションが10月から

点灯されています。ジュエルミネーションを楽しむために

アクセス情報など確認しましょう。

北海道で芝桜の名所は?人気の滝上や東藻琴の芝桜公園

芝桜といえば、富士芝桜が有名ですが、

5月中旬から6月上旬にかけて北海道の芝桜も見頃を迎えます。

北海道のまた一味違った芝桜も素敵かもしれません。

北海道のスキー場のオープン状況は?

スキー・スノーボートの季節となりました。

しかし、北海道のスキー場では続々とオープン延期が

出ているようです。雪が少ないのが原因のようですね。

お寿司を食べる時のマナー 食べる順番は決まっている訳ではない

お寿司の食べ方や順番について様々なことが言われます。

食べる順番については、特に決まりごとはないのです。

順番通りに食べるとより美味しく頂けるということなんですね。

お寿司屋さんで恥をかかないように、

最小限のマナーは知っておきましょう。

岩手県のこたつ列車で冬の三陸を満喫

2006年から続くこたつ列車をご存知ですか?

冬季限定で久慈―宮古間を走るこたつ列車は、

食べ物も景色も、もちろん列車も大変魅力的です。

東北の冬は寒そうですが、行ってみたいですね。

栃木県で紅葉を楽しむ おすすめスポットとは

紅葉の季節です。北海道や東北地方では時期が

終わってしまったようですが、

関東はこれから。しっかり楽しみましょう。

人気の北海道トマム雲海テラス 冬は霧氷テラスへ変身!

夏に人気だったトマムの雲海テラスは多くの人が訪れています。

そんな雲海テラスが冬の間は霧氷テラスへと変身します。

氷点下の神秘的な世界を体験しましょう。

日本の世界遺産白川郷・五箇山の合掌造り集落の魅力

白川郷・五箇山の合掌造り集落は、

飛越地方の白川郷と五箇山にある合掌造りの集落群です。

1995年12月9日にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録され、

日本では6件目の世界遺産となりました。

京都で女子旅やデートにも 秋に行きたいおすすめスポット

秋は京都へ足を運ぶ方も多いのではないでしょうか。

女子旅で秋の京都を満喫しましょう!

もちろんデートにもおすすめです。

長崎ランタンフェスティバルで食べ歩きやイベントを堪能

長崎県長崎市で毎年2月中旬から

およそ2週間行われているランタンフェスティバル。

1994年から規模を拡大して、

中華街以外の市の中心部でもイベントを行うようになった。

人気沸騰の鶏肉料理 鶏肉の栄養や調理レシピについて

柔らかい食感と旨味がある鶏肉ですが、

特徴としては脂肪が少なく、消化が良いなどがあります。

牛肉や豚肉とは異なり、脂肪分が皮の部分に集中しているのがポイントです。

北海道礼文島の味覚や景色と自然を知ろう

日本最北端の離島である礼文島の魅力や美味しい名産に

触れてみませんか?礼文はウニが有名で、

新鮮なウニを自ら剥いて食べる体験センターもあります。

金沢金箔の装飾 花嫁のれん観光列車とは

2015年の10月より運行が開始された、

石川県金沢市の観光列車「花嫁のれん」

装飾も綺麗でぜひ乗ってみたいですね。

初夢とはいつ見る夢のこと 一富士二鷹三茄子とは?

初夢とは、何日に見たものが初夢となるのでしょう。

大晦日の夜?元日の夜?

一富士二鷹三茄子の意味とは?

水切りヨーグルトの栄養や効果とは?ダイエットにも効果あり

ヨーグルトは、健康的な食べ物という印象が強いですが、

水切りヨーグルトは、その効果を高めることに期待できるそうです。

水切りヨーグルトの作り方や、栄養と効果について見てみましょう。

天空の里と呼ばれる徳島県の祖谷 癒しスポット

ゆったりと流れた時間の中で少し休憩しませんか?

徳島県の西祖谷ではそんな時間を最高の形で

迎えられそうです。

アイスクリームの発祥とは?人気店のようなアイスクリームの作り方

暑い時期のアイスクリームは最高に美味しいですね。

そんなアイスクリームの発祥はご存知ですか?

美味しいアイスクリームの作り方とは?

仙台のイルミネーションSENDAI光のページェントについて

30回目を数える仙台の冬の風物詩。「未来へつなげる愛の光!」をテーマに、定禅寺通のケヤキが星降るような数十万球の美しいイルミネーションで光り輝く。スターライト・ウインクと呼ばれる再点灯は1日3回。杜の都を美しく彩る温かで落ち着きのある光が、ロマンチックなクリスマスを演出する。また、12月23日には「サンタの森の物語」と題し、サンタクロース姿の人々が光り輝く大通りを行進。よりいっそうクリスマスムードを高める。

引用元-2015SENDAI光のページェント|イルミネーション特集2015-2016

「2015SENDAI光のページェント」は全国16位、宮城県内で1位の人気の高いイルミネーションスポットです。大事な人との思い出づくりや女子会、おひとり様にもオススメです。

引用元-2015SENDAI光のページェント|イルミネーション特集2015-2016

スポンサーリンク



  人気記事

イルミネーション点灯期間と場所について

テーマは「未来へつなげる愛の光!」

■期間:2015年12月6日から12月31日まで

■点灯時間:17:30から23:00まで/最終日12月31日は24:00消灯

17:30の点灯時、会場では観客の大歓声があがります。

この点灯式に間に合わなくとも、例年、全ての明かりが一旦消えて再び明かりがつく「スターライトウインク」が1日に3回楽しめますので、その時間を狙って行くのもいいですよ。

仙台のイルミネーション 場所はどこ?

仙台駅から歩く場合、雨や雪でもアーケードの中を歩けば大丈夫。
仙台駅から、アーケードをまっすぐ進み、アーケードがT字路になったら右折します。

大人の足で20分~30分ですので、アーケードの商店街をぶらぶらしながら向かえば街の雰囲気も味わえます。

地下鉄利用なら、仙台市営地下鉄・泉方面に乗車し、仙台駅から勾当台公園駅まで2駅。

車の場合は、渋滞覚悟で行きましょう。
周辺のいたるところにパーキングがありますので、少し離れたり、現地到着の時間帯を早めれば車が停められないということもないでしょう。1時間あたり300円から400円程度が相場です。

引用元-仙台のイルミネーション 光のページェント 2015 場所 | あずかりしる.ブログ

スポンサーリンク



光のページェント ウインクも見所

bsPPH_irumine-syonboke

光のページェントに行くなら、是非とも体験していただきたいのが、「スターライト・ウインク」です。

「スターライト・ウインク」とは毎日18:00、19:00、20:00にイルミネーションが一斉に消え、再点灯するイベントの事です。

これが本当に綺麗なんです!

集まった観光客からも歓声が起こり、お祭り気分と一体感を味わうことが出来ます。

ちなみに、ウインクを見る時には5分くらい前から中央分離帯の歩道で待ち構えておくことをオススメします。両側のイルミネーションが一斉に消え、パッとつく光景はディズニーの主人公になったような不思議な感覚を味わうことが出来ますよ!光のページェントに行く方は是非体験してください!

引用元-2015仙台光のページェントの期間・点灯時間・ウインク・場所・ホテル | WAVE NEWS

イルミネーションの隠しイベントとは?

仙台光のページエントには数十万という電球の中に1つだけ「ピンクの電球」というものがあります。
ピンクの電球を見つけた人は幸せになれるし、カップルであれば永遠の愛、幸せに・・・
というちょっとロマンチックなお話

最初はただのウワサ程度の話で都市伝説的なことだったのですが

実は本当にピンクの電球は1個だけあります。

誰が初めたのか、どこの会社が企画しているのか?ということは正式に発表されていないので詳細は謎ですが

毎年ピンクの電球は1個だけ点灯しています。

数十万というイルミネーション電球の中から1個だけのピンクの電球を探しだすのは至難の業ですが

ここで見つけた!という情報が多いのが(ネタバレ注意)

定禅寺通りにある結婚式場の前、ケヤキの木のイルミネーションの中に1個ある

という話が有力

ただし、毎年場所が変わるのでは?という話もあるので今年も同じ場所にピンクの電球が設置されるかどうかはわかりません。

さらにパッと見ただけではすぐにわかりにくいので

じっくりと宝探し感覚で注意深く見ていくと・・・という感じです。

隠しイベント的な感覚で楽しめますよ。

引用元-ゴロゴロうねうね更新ブログ

SENDAI光のページェント概要について

1986年(昭和61年)、『「杜の都」から「光の都」へ[2][3]』を理念に、市民ボランティアが「杜の都・仙台」を象徴する定禅寺通と青葉通のケヤキ並木にイルミネーションを施したのが始まりである。例年、定禅寺通は、地上から見れば「光の回廊」となり、ナイトフライトで上空から見れば「地上に舞い降りた天の川」となる(仙台七夕に関連して形容[4])。
現在は、定禅寺通の東部の勾当台公園や西端の西公園にもイルミネーションが広がり、様々な付随イベントも行われるようになった。そのため、期間中280万人以上の人出がある仙台の冬の風物詩として、全国的な知名度を得るに至っている。
自治体等からの補助金がある[5]ものの、運営資金の半分以上を企業からの寄付と市民からの募金によって賄っている。光のページェント期間中に市内の各地に専用の募金箱が設置される他、期間外においても、街頭募金や募金ライブイベントがある。また、飲料1本に付き設置者と自販機管理会社が1円ずつ計2円を募金する仕組みになっているユニークな自動販売機がある。
実行委員会を中心に市民ボランティアが開催するイルミネーション・イベントとしては先駆例であり、かつ、20年以上も市民主体の体制を維持しているため、神戸ルミナリエを初めとする日本国内やアメリカなど海外からの問い合わせや視察を受けており、イベント運営方法や資金集めのノウハウなどを各地に伝える活動も行っている[6]。例えば、仙台市の姉妹都市であるアメリカ合衆国・リバーサイド市のミッション・イン周辺で開催される「光のフェスティバル」(the Riverside Festival of Lights) は、SENDAI光のページェントの影響を受けて始まった[7]。なお、サンタパレードを開催している縁から、20周年にあたる2005年(平成17年)には、サンタクロース村があるフィンランド・ロヴァニエミ市が主催するクリスマスシティネットワークに仙台市が加盟した。
2008年(平成20年)より、期間中のケヤキのイルミネーションをバイオマス発電によるグリーン電力によって100%まかなっている[8][9]。2009年(平成21年)からは総電球数の1/3(約20万球)を消費電力が白熱球の約1/10であるLEDに置換し[10]、17,000kWh[11]まで使用電力を削減した。

引用元-SENDAI光のページェント – Wikipedia

 - イベント, スポット グルメ, 東北地方