ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

人間の脳は10%しか使われていないというのは間違い?

      2016/01/25

よく聞く人間の脳は10%しか使われていないという説は、

どうやら違うようです。アインシュタインは努力をしなさいという

意味で「我々人間は潜在能力の10%しか引き出せていない」

と言ったそうです。そういったことが俗説を生んだのかもしれません。

スポンサーリンク

  関連記事

血圧の下が高いのはどんな状態?原因や改善策とは

血圧の正常値は上が129㎜Hg、下が84㎜Hgと言われています。

上下の血圧のどちらかでも超えると血圧は正常値とはいえません。

血圧の下が高い場合、体はどんな状態なのでしょうか?

炭酸水の効能が健康に効果 疲れにも効果的

炭酸水を飲みなれない日本では、

あまり浸透していない炭酸水ですが、

海外においては日常的に炭酸水を飲む文化が定着しています。

効能による健康への効果とは?

外反母趾が痛い!靴選びのポイントや効果が期待できる方法とは

靴を履くと足の親指の付け根が痛いと感じることはありませんか?

もしかしたら外反母趾かもしれません。

期待できる治し方や、考えられる原因とは?

確定できるわけではありませんが、参考にしてみてください。

預金と貯金の違いとは?貯蓄もまた意味が違う?

預金や貯金をしている方は多いと思いますが、

この言葉の違いはご存知ですか?

貯蓄もまた、意味が違うようです。

日常生活で間違わないようにしましょう。

紅茶の効能による下痢の改善 ただし飲み過ぎに注意

紅茶に含まれるタンニンによって

下痢が改善されるそうです。

その効能について確認します。

しゃっくりが止まらない原因とは?病院へ行くべき?

通常しゃっくりは、しばらくすれば止まりますが、

止まらない時はどうしたらいいのでしょうか?

食べ過ぎなどが原因のこともありますが、病院へは行くべきなのでしょうか?

100回すると死ぬと言われるしゃっくりも、

長く続くようなら要注意です。

耳鳴りの原因は病気?低音の耳鳴りで気をつけたい病気とは

耳鳴りがすると、耳鳴りもつらいですが、

耳鳴りによる不安感もつらいですよね。

無理せず周りの人に相談したり、病院へかかりましょう。

耳かきを子供へしてあげるときの方法や注意点とは

子供の耳かきどうしていますか?

耳かきを嫌がって、なかなか出来ないということも

あるかもしれません。

子供の耳かきをする方法や注意点とは、

どのようなものなのでしょうか。

血圧が低い原因について数値はどのくらいで低いとなるのか

朝が起きられなかったり、いきなり立ち上がると、

立ちくらみが起きたりしていませんか?

疲れやすい症状や疲れがとれにくい症状も血圧が低い人特徴です。

血圧が低い事の原因とは何なのでしょうか?

また、血圧の数値がどのくらいだと低いという事になるのでしょう?

静電気を起きにくくする衣類の組み合わせや対策とは

冬場は特に静電気に悩まされます。

しかし、衣類の組み合わせによって静電気を

起きにくくできるそうです。

口内炎の治し方 唇にできたときはどうしたいい?

口内炎ができる原因はいくつかあるようですが、

舌や唇にできると食事がしにくかったりします。

唇の裏にできやすい口内炎の治し方とは?

炭酸入浴剤で気持ち良い入浴を!期待できる効果は?

その日の疲れはその日のうちに落としたいですよね。

炭酸入浴剤をうまく使って、

明日への元気を取り戻しましょう!

口内炎のときの食事 子供にはどんな食べ物がいい?

子供が口内炎になったとき、

痛くて食事ができないこともあると思います。

そんなとき、どんな食事が有効なのでしょうか?

アイスクリームの発祥とは?人気店のようなアイスクリームの作り方

暑い時期のアイスクリームは最高に美味しいですね。

そんなアイスクリームの発祥はご存知ですか?

美味しいアイスクリームの作り方とは?

インフルエンザ?発熱を伴う腰痛の原因は?考えられる病気について

腰痛は骨の歪みなどが原因として考えられますが、

発熱を伴う場合は、骨の歪みが原因とは考えにくいそうです。

それでは、どのような病気が考えられるのでしょう。

気になる症状があれば、早めに病院へ行きましょう。

子供が頭痛でこめかみが痛いという時は?

こめかみの頭痛など、子供の慢性的な頭痛が近年増えてきているそうです。

子供は正確に症状を伝えられない場合が多くあります。

大人が観察し、気付いてあげることが大切です。

ジンギスカンといえば北海道札幌!ジンギスカンの魅力や健康効果も?

ジンギスカンは、中央部が盛り上がった円形の鍋で、

ラムやマトンを野菜と一緒に焼く料理と定義されています。

タレに関しても食べ方が2種類あり、大変人気があります。

ジンギスカンは札幌のイメージが強いですが、

他地域でも食べられているのはご存知だったでしょうか?

鼻水や痰が気になる後鼻漏とは?症状や咳の原因について

喉に鼻水が落ちているような感覚があったり、

咳や吐き気などの症状がよくある人は後鼻漏の可能性があります。

では、後鼻漏とはどのようなものなのでしょうか?

猛暑が続いてもバテないための対策や予防策について

年々夏が暑くなっているように感じます。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防が大切です。

暑い夏を乗り切りましょう!

パチッとなる静電気は体質なの?

他の人より静電気のダメージを受ける事が

多いなと感じる事がありませんか?

静電気体質と聞く事はありますが、具体的にどういった

体質なのでしょうか?

人間の脳は10%しか使われないという誤解

脳は常にすべての個所を使用しており、10%ということは現実的にも考えられないが、テレビ番組などで、ある特定の場面で、局所的に血流量が増す画像が多く放送されることから、ここから、脳の活動領域は限定されているという錯覚が生まれやすい。しかし実際は、血流量の計測に当たり、機械において、ある基準値を超える血流量があった場合に機械で表示するように設定しているため、そう見えるのであり、実際にはそれ以外の部分も活動している。
また、このようなある特定の部分の活動以外の部分がどう活動しているのか、という視点からの検討も行われ、それは現在、DMN(デフォルト・モード・ネットワーク)と呼ばれる、人間が安静状態にあるときには通常の20倍のカロリー消費を伴う脳活動が行われていることも明らかになってきており、決して10%しか使われていないということはありえないことになる。

引用元-神経神話 – Wikipedia

スポンサーリンク



  人気記事

なぜ人間の脳が10%しか使われていないと誤解されたのか

さまざまな理由は挙がっているが主に2つの説がある。

まず1つ目は「グリア細胞」説。

グリア細胞は脳のおよそ90%を占めていると言われている。脳内にはさまざまな細胞が存在しているが、ほとんどがグリア細胞。

グリア細胞は別名「神経膠細胞(しんけいこうさいぼう)」とも呼ばれており、神経細胞ではない神経系を構成する総称のことだ。

気になるグリア細胞の役割は以下の6点になる。

・髄鞘(ずいしょう)を構成する
・過剰に出たカリウムやイオンを再度取り込む
・神経栄養因子との合成や分泌
・神経細胞の位置を固定する
・神経伝達物質を細胞内に回収する
・血液脳関門を形成してフィルタの役割を持つ

これら6つがグリア細胞の役割。

基本的にグリア細胞は人間の脳の神経細胞をサポートする役割を持つ。従来の考えでもサポートのみの働きであり、信号の伝達には必要ないと考えられていた。

これが原因で、人間の脳における使用率はたった10%という噂が浮上したものと思われる。

 

2つ目の理由は「サイレントエリア」説。

19世紀の脳研究では動物の脳を使ってさまざまな研究が実施されていた。

例えば、脳に電気刺激を与える、破壊するなどの研究によって脳の使用率や働きなどがそう。

研究の結果、脳を刺激しても変化が起きなかった部分や未だ役割が判明していない部分が見つかった。

そして、その部分は「サイレントエリア」と呼ばれたのだ。

つまり、人間の脳において何に使われているのかわからない部分があったらからこそ使用率はたったの10%だと言う噂が出てきたことになる。

引用元-【使用率】人間の脳は10%しか使われていない…はウソだった | Worry-catcher

スポンサーリンク



脳はエネルギー効率を考慮して働いている

868b0e0c2f5434a7f30d6ca676295f5e_m

では私たちの脳はどう働いているのでしょう? 脳が燃やすカロリーの半分は、細胞膜を通り抜けるナトリウムイオンやカリウムイオンといった電気信号を発して、脳の構造を維持するために使われます。そのために、脳は莫大なエネルギーを必要とします。1分間に3.4×10の21乗という、驚くべき量のATP(アデノシン三リン酸)を消費します。

引用元-人間は脳の10%しか使っていないはウソ – ログミー

身体が暖炉だとすると、ATPは石炭のようなものです。860億個すべてのニューロンを維持するのにはコストがかかります。物事を実行するために、神経はシナプスにシグナルを伝えますが、そのためのエネルギーがほとんど残されていない状態になってしまうのです。
もし脳のどこかが損傷されてしまったら、たとえわずかな割合のニューロンであっても、脳全体にシグナルを送り出すエネルギーが安定して供給されなくなってしまいます。
そこで、エネルギー効率性の登場です。一度にシグナルを送るのは、脳の小さな一部分だけに限定するようにします。これはスパース・コーディングと呼ばれています。できるだけ少ないエネルギーで、重要な情報だけを伝達する方法です。なぜなら、送るシグナルが少ないと、数千通りもの伝達方法が可能になるからです。
膨大なニューロンにおけるスパース・コーディングの欠点は、その維持コストです。さらに、細胞の大部分が損傷されることがなければ、その部分は余分になってしまいます。進化の過程で、その余計な部分は遠い昔に切り捨てられるべきでした。
解決方法として人類は、脳が同時に活動していられる最適な分量を見つけ出すことにしました。最大の効率を得るには、脳全体の1パーセントから16パーセントの細胞が活動していなければならないとわかりました。

引用元-人間は脳の10%しか使っていないはウソ – ログミー

脳は毎月何十万個も脳細胞が増え続けている

もうひとつの有名な脳の神話に、“人間は生まれたときに持ちうる全ての脳細胞を持って生まれてきて、細胞は死んだらそれきり”というものがあります。

確かに脳には1千億個ほどの細胞があり、細胞は定期的に死にます。ドラッグ、アルコール依存症、そして睡眠時の無呼吸でさえも、細胞は死んでいきます。

しかし、最近の研究では私たちの脳は一生を通じて新しい脳細胞を加え続けていることがわかりました。そしてそれは、毎月何十万個にも上るということが明らかになっています。

引用元-消費電力は約20ワット!人間の脳についての驚くべき事実5つ-Suzie(スージー)

潜在能力を引き出すとは努力をしなさいということ

さて、この「脳が10%しか使われていない」という言葉の10%の数字がどこから出てきたかだけど、これはどうやらアインシュタインが遺したらしい「我々人間は潜在能力の10%しか引き出せていない」という言葉から来ているようです(らしいというのは、この言葉の出展がウィリアム・ヘルマンスの「アインシュタイン『神を語る』」という本だからです。作者名から分かるとおり、アインシュタイン自身が書いたものではなく、実際に教授がこの本を読んだわけではないので、内容が本当にアインシュタインの自伝的作品なのか、それとも『アインシュタインならこう語るだろう』的作品なのかは分かりません)。

 これは別に、アインシュタインが超能力とかそういうことを言い出したわけではもちろんなくて、単純に「努力をすることで、潜在能力を引き出せる=努力をしなさい」と主張したかっただけなんだけど、まさかアインシュタインも自分の言葉が未来でトンデモさん系の発想に利用されているとは思わなかったでしょう。
 というか、アインシュタインはトンデモ系さん系に「相対性理論は間違っていた!」とか「科学者はアインシュタインが天才だからと、(科学理論が)間違っているのに盲信しているのだ!」などと、科学史上最も攻撃されている人物なのですが、その人物の言葉が超能力の根拠とかにされているのが笑えます。

 ただ、この手の神話の謳い文句である「私たち人間には隠された才能がある!」というのは人間にとって最大級の魅力の一つなので、この手の神話は形を変えこそすれ、無くなることはないでしょう。もちろんこの場合の隠された才能とは、野球でいう秘密兵器のようなもので、永遠に隠されたままだと思いますが。

引用元-「いんちき」心理学研究所 | 「人間は脳を10%しか使っていない」という神話

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学