ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

北海道でスキーやスノボ おすすめのスキー場は?

      2016/01/25

北海道の良質な雪でスキーやスノーボードを楽しみたい!

そんな方に北海道のおすすめのスキー場を紹介します。

寒い冬をホットに滑って楽しみましょう!

スポンサーリンク

  関連記事

炭酸水の効能が健康に効果 疲れにも効果的

炭酸水を飲みなれない日本では、

あまり浸透していない炭酸水ですが、

海外においては日常的に炭酸水を飲む文化が定着しています。

効能による健康への効果とは?

話題のルーティンについて見直してみよう

ルーティンはスポーツやビジネスでは商談など、
これから勝負!という時にすることで気持ちを落ち着かせる効果があります。
しかし生活や仕事自体がルーティン化してしまうと、
少々つまらなくなってしまうかもしれませんね。

10代で起こるひざの痛みオスグッド病の原因や予防法とは?

10代のひざの痛みといえば、成長痛が思い浮かびますが、

特にスポーツをしている子供で多く発症するとされるものがあるのです。

オスグッド病というひざに痛みの症状が現れるものなのですが、

原因や予防法はあるのでしょうか?

ジョギングによるひざの痛みはなぜ起こる?気をつけるべきこととは?

ジョギングをしていて、ジョギング中にひざが痛くなったり、

ひざに違和感が出てしまったということはありませんか?

特に始めたばかりの人は痛めやすいので注意が必要です。

人気の北海道トマム雲海テラス 冬は霧氷テラスへ変身!

夏に人気だったトマムの雲海テラスは多くの人が訪れています。

そんな雲海テラスが冬の間は霧氷テラスへと変身します。

氷点下の神秘的な世界を体験しましょう。

福岡でもつ鍋! 他地域でもおいしいもつ鍋を

気温も下がり、肌寒い日が続きます。

そうなるとお鍋が恋しくなります。

福岡県から都内また北海道のもつ鍋店の

おすすめをご紹介します。

健康を維持するために軽い運動を始めよう 簡単にできる運動とは?

健康を維持いていく上で適度な運動は非常に重要となります。

簡単にできる運動であれば、少しずつでも始められそうです。

まずは無理せず、簡単な運動から始めてみましょう。

セルライトを運動して落とす 効果的な運動とは?

気になるセルライトを効果的な運動で

落としましょう。ただし、激しい運動は

逆効果になりそうです。

高校で部活は続けるべき?勉強との両立はできる?

勉強も難しくなり、部活も本格化する高校生。

受験のために部活は諦めるのが正解なのでしょうか?

両立はきれいごとなのか?そんなことはないと思います。

一度しかない高校生活に悔いを残さないことが、

一番大切なのでしょう。

雲海を見て癒しと感動を スポットは?

雲海を見たことはありますか?

気象条件が整わないと中々見るのは難しいのです。

ぜひ見て感動と癒しの空間に浸りたいですね!

北海道の帯広観光で行っておきたいおすすめ観光スポットとは

夏は暑く冬は寒い帯広ですが、自然に囲まれた素晴らしい地域です。

イメージ通りの北海道と言えば帯広かもしれません。

数あるスポットから少しだけご紹介します。

北海道礼文島の味覚や景色と自然を知ろう

日本最北端の離島である礼文島の魅力や美味しい名産に

触れてみませんか?礼文はウニが有名で、

新鮮なウニを自ら剥いて食べる体験センターもあります。

札幌ミュンヘンクリスマス市とイルミネーションを楽しむ

11月27日より北海道札幌市において、

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporoが開催されております。

大通公園で行われる会場の側では、綺麗なイルミネーションもあるので

少し早いクリスマスの雰囲気を味わいに行ってみましょう。

セルライトは運動不足を解消すれば消える負担の少ない有酸素運動が効果的

気になるセルライトは運動すれば消えると言いますが、

運動は得意じゃないし、と思っている方。

負担の少ない簡単な運動でも効果があるのです。

むしろセルライトにはあまり激しい運動は良くないそうです。

北海道旅行 ぜひ食べたいホテルの朝食

北海道は食べ物がおいしいとよく言いますが、

宿泊するホテルの朝食のレベルがまさに全国のなかでも

高評価なのです。ぜひ食べてみたいですね。

ジンギスカンといえば北海道札幌!ジンギスカンの魅力や健康効果も?

ジンギスカンは、中央部が盛り上がった円形の鍋で、

ラムやマトンを野菜と一緒に焼く料理と定義されています。

タレに関しても食べ方が2種類あり、大変人気があります。

ジンギスカンは札幌のイメージが強いですが、

他地域でも食べられているのはご存知だったでしょうか?

何か始めたい スポーツなら何がいい?

年や季節の変わり目など、

何か始めたいなぁと漠然と思うことありませんか?

スポーツを始めて時間を有効に使いたいですね。

寒さに負けず北海道各所のイルミネーションを見よう

北の大地北海道でイルミネーションを堪能しませんか?

北海道イルミネーションのおすすめスポットをご紹介します。

そこにはきっと寒さも忘れるくらい素敵な風景があるでしょう。

北海道の函館で桜を楽しもう!名所や見頃は?

北海道の桜は見たことありますか?

函館にはとても桜が綺麗な名所がたくさんあります。

新幹線も開通したので、ぜひ今年の桜の見頃に函館へ足を運んでみましょう。

北海道で芝桜の名所は?人気の滝上や東藻琴の芝桜公園

芝桜といえば、富士芝桜が有名ですが、

5月中旬から6月上旬にかけて北海道の芝桜も見頃を迎えます。

北海道のまた一味違った芝桜も素敵かもしれません。

北海道のスキー場は多い 旭川近辺もおすすめ

一言で北海道のスキー場と言っても、国土面積が果てしなく広い「でっかいどう」では、その至るところにスキーリゾートが点在しています。地図には一部しか載っていませんが、実際には北海道には100以上のスキー場があるのです。 しかし、よく耳にする有名なゲレンデは、実は新千歳空港から車で2,3時間圏内にあるので、まずは新千歳空港をベースに旅のプランを組み立てていくとよいでしょう。
旭川空港周辺にも、富良野スキー場など有名なリゾートがあります。「道北・旭川」と聞くと何だかとっても遠いイメージがありますが、実は羽田からのフライト時間はさほど変わらないのです。しかも1時間車を走らせるだけで目的のゲレンデに着いてしまうことも・・。考え方を変えれば、いきなり旭川に行ってもいいのかも知れません。

引用元-北海道でオススメのスキー場、ゲレンデ | レッツゴースノーボード

スポンサーリンク



  人気記事

北海道観光もスキー場にも行きたい人におすすめのスポットは?

せっかくだから、札幌で美味しいものが食べたい、旭山動物園にも行きたい、流氷が見たい、天候が悪かったらスキーはしたくない、という方には、札幌市内のスキーバスが出ているホテルに泊まるプラン、小樽のスキーバスが出ているホテルに泊まるプラン(グランドパーク小樽)、富良野、ノーザンアークホテル、紋別市営大山スキー場がオススメです。

札幌市内でスキーバスが出ているホテルの内、私が個人的にオススメなホテルは、クラビーサッポロ、JRタワーホテル日航、ノボテル札幌、ホテルモントレ札幌です。

クラビーサッポロは、札幌駅からタクシーで1000円程度の場所(地下鉄駅だとバスセンターが最寄り)にありますが、サッポロファクトリーというショッピングモールに隣接していて、食事や買い物・観光にとても便利です。 冬の札幌はとにかく歩いていても滑るので、出来るだけ外を歩かずに過ごせるというのは便利で安心です。

それから部屋も綺麗、朝食も各地の素材にこだわったものでとても美味しいです。楽天トラベルで40平米のツインルーム2名1室が1名あたり5,000円〜ありました。

引用元-タイプ別オススメの北海道スキー場 | 旅空想空間

ノーザンアークリゾートホテルは、広い部屋に泊まりたい、のところでも紹介しましたが、網走の流氷観光や、網走湖の白鳥見物、知床などオホーツクの冬の観光とあわせるのもオススメです。

ノーザンアークリゾートに行くには、レンタカーがあったほうが便利です。冬の北海道なんて運転出来ないと思うかもしれませんが、スタッドレスタイヤで福島や長野や新潟のスキーリゾートまで運転できる方であれば問題ないと思います。

オホーツクエリアの冬期は日中でも滅多にプラス気温になることがないので、そもそも本州の雪質とは全く違います。水を含んで滑りやすい路面ではないので、スピードを出さずにゆっくり運転したら、普段いつも運転している方なら大丈夫でしょう。(間違っても普段運転していない方が北海道だからと運転しないでください。)

レンタカーが運転できれば、女満別空港から30分という好立地で羽田からのアクセスはかなり良いです。

紋別市営大山スキー場は、スキーをメインにするには物足りないかもしれませんが、流氷観光のついでに流氷を見ながらスキーをしてみたいという方にはオススメです。

引用元-タイプ別オススメの北海道スキー場 | 旅空想空間

スポンサーリンク



北海道の人気1位のスキーリゾート ルスツがおすすめ

befa2e71d414b561bfd4a7784a80cc6d_m

「北海道no.1のスキーリゾート」。それがルスツのキャッチフレーズです。ゲレンデは3つの山にまたがり、総コース数、総滑走距離、リフト・ゴンドラ輸送能力はいずれも北海道ナンバー・ワン。単体のスキー場としては、ニセコグラン・ヒラフを上回り北海道最大です。経営は北海道内でのリゾート経営最大手の加森観光。テイネやサホロと同じです。
この地にスキー場が開設されたのは1972年。当初は5基のリフトがあるだけの小規模なゲレンデでした。1980年代に加森観光が経営を引き継いでから大型リゾートに転換。バブル期に大開発が行われ、1993年にはタワーホテルも完成しました。スキーバブルがはじけた後も手堅く施設拡張を進め、北海道のスキーリゾートとしては最大規模になるほど成長しました。
スキー場の総滑走距離は42kmに及ぶので、一日ではとても滑りきれません。初・中・上級者いずれにも配慮したバランスのいいゲレンデ配置で知られています。周囲の村からは独立した巨大なスキーリゾートで、施設内にホテルのほかさまざまな飲食店が入っていて楽しめます。

引用元-ルスツスキー場の口コミ・評判・感想・混雑|スキー・スノボ研究所

北海道の自然に囲まれるおすすめの富良野スキー場

北海道の雄大な自然に囲まれてオールシーズン楽しめるリゾート地にある新富良野プリンスホテル。札幌から車の2時間のスキーリゾート地。山の麓に建つホテルはスキーやスノーボードに行くのにも便利。初心者コースから上級者コースまで幅広いコースがあり、小さな子供用のちびっこゲレンデもあるので小さなお子様連れの家族にもおすすめです。

 

またプリンススノーリゾートではキッズフリープログラムがあり、小学生以下の子供だとリフトが無料になるうれしい特典もあります。

 

富良野温泉「紫彩の湯」の源泉は地下1000メートルにある湯脈。そのすべすべな肌触りのお湯はスキーで疲れた体を癒してくれます。

引用元-北海道でスキーリゾート!温泉も楽しめるオススメの厳選宿5選!

星野リゾートトマムのパウダースノーを味わおう!

「バブルの香りを残す壮大なリゾート」。それがトマムの印象でしょうか。北海道の中央部、内陸に位置するこのスキーリゾートは1983年に「アルファリゾート・トマム」として開業しました。バブル期に設備投資を拡大して、無人地帯だった山林にタワーがそびえる一大リゾートに成長しています。
しかし、1990年代後半から2000年代前半にかけて開発に参加した企業があいついで破綻。やや複雑な経緯を経て、2005年から星野リゾートが一括して運営を開始、2011年にアルファリゾート・トマムから、星野リゾートトマムに名称を変更しました。
総面積255haに広がるゲレンデはとにかく壮大。内陸部に位置するだけあって気温は低く、ときにはマイナス30度近くになります。十分なパウダースノーにも恵まれています。JRの駅がリゾート内に存在し、新千歳空港から1時間あまりで着くことができます。高速道路の開業によって、バスでのアクセスも劇的に改善し、新千歳空港から2時間ほどになりました。このアクセスビリティは、北海道の主要リゾートでは随一です。もちろん施設も充実した一大リゾートとして知られています。

引用元-トマムスキー場の口コミ・評判・感想・混雑|スキー・スノボ研究所

 - スポーツ, 北海道地方