ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

突然現れる蕁麻疹の症状の原因や対処法?湿疹とは何が違う?

      2018/12/28

蕁麻疹の症状が突然現れて、かゆみが辛かった経験はありませんか?

蕁麻疹の原因の特定は難しいとされています。

また、湿疹と蕁麻疹の違いとは?

スポンサーリンク

  関連記事

面接の際に緊張をほぐす精神のバランスについて

就職試験など、短い時間の面接で自分を判断されてしまう。

緊張しているからダメだったんだ、と落ち込む前に

まずは心の持ち方を変えてみませんか?

ちょっとしたことで気持ちは大きく変わることができます。

英語力を上達させたい 勉強の始め方とは?

日本にいても観光客の増加など英語を必要と

する場面が増えているように感じます。

そろそろ重い腰を上げて英語を学んでみませんか?

肩こりに効く体操 あべこべ体操とは?

あべこべ体操という肩こりに効果があると言われる

体操があります。今回は、そのあべこべ体操について

メリットや、やり方について確認しましょう。

緊張をほぐして大会や試合に臨もう!

大会や試合で緊張してしまってベストパフォーマンスが出来ず、

後悔した経験ありませんか?緊張をほぐして味方にしましょう。

メンタルの強さがスポーツでは非常に重要です。

心臓が痛い時に考えられる病気は?何科にかかるべき?

心臓が痛いと感じる時は色々と不安になると思います。

考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

また、何科にかかればいいのでしょうか?

自律神経バランスを整えるツボとは?爪もみって何?

自律神経は交感神経と、副交感神経があります。

交感神経は運動したり興奮したような時に働き、

副交感神経は、睡眠や食事などリラックス時に働きます。

二つの神経のバランスが崩れてしまうと、

不調を引きおこし、自律神経失調症にもなりかねません。

効果があるとされるツボを使って改善していきましょう。

口内炎が舌に 原因や特徴とは?

口内炎の中でも、最も辛いといわれているものが、

舌にできる口内炎です。舌は味や熱さを感じる働きの他に、

口の中に入った食べ物を食べるのを助け、

発音では重要な働きをします。

口内炎が舌にできてしまう原因や特徴とは?

ストレスが原因?肩こりや頭痛の症状 緊張型頭痛の原因とは

日常生活の中で頭痛に悩まされる方も多いのでは

ないでしょうか?頭痛の原因の大半を占めるという緊張型頭痛。

原因や症状について確認します。

インフルエンザ?発熱を伴う腰痛の原因は?考えられる病気について

腰痛は骨の歪みなどが原因として考えられますが、

発熱を伴う場合は、骨の歪みが原因とは考えにくいそうです。

それでは、どのような病気が考えられるのでしょう。

気になる症状があれば、早めに病院へ行きましょう。

脱水症状が起こった時の対処や予防するためには?頭痛の症状も

脱水症状と言えば、喉が渇くのを想像される人も

いるかもしれませんが、実際体の中では、

複雑なことが起こっています。

その時のために知っておくべきこととは?

リンパマッサージとは?その効果について

リンパマッサージは聞いたことはあっても、

どんなものかというのは知らない方もしるかもしれません。

効果とはどのようなものなのでしょうか?

しゃっくりが止まらない!止め方のポイントは耳と水とツボ!

ふとした時に、しゃっくりが出てしまい、

中々止まらないなんて経験ありませんか?

しゃっくりの止め方はいくつかあるそうなので、

1つ方法を覚えておけばいざという時に、使えるかもしれません。

静電気の電圧ってどのくらいなの?

静電気の電圧とはどの程度のものなのでしょうか?

また、静電気によって命の危険にさらされる事はあるのか?

雷も静電気が素のようです。

鼻づまりが気になる 原因や治し方とは

鼻づまりは主に風邪の時になりやすですが、

息がしにくかったり、気になったりします。

治し方を確認して解消しましょう。

咳が止まらない原因は病気?夜になると止まらなくなるのはなぜ?

風邪でない時や風邪が治っても咳の症状が

止まらないのはなぜなのでしょうか?

夜になると咳が出る人の原因とは?

紅茶の効能はメリットだけではないデメリットについて

このブログでも紅茶の数々の効能についての

記事がいくつかありますが、デメリットもあるようです。

特に好きで飲み過ぎてしまう方や貧血の方などは、

気をつけましょう。

後鼻漏が口臭の原因に?関係や対策について

後鼻漏であると、口臭にも影響があるそうです。

後鼻漏と口臭の関係とは?

また、どのような対策をすべきなのでしょうか?

入園・入学祝いのお返しは必要?礼状やのしの書き方とは?

子供が入園・入学祝いをもらったら、

お返しをしなくてはと思ってしまいますね。

ですが、基本的にお返しは必要ではないそうです。

肩こりを体操でほぐす オフィスでもできる体操を紹介

オフィスでデスクに向かって長時間仕事をしていて、

肩こりがつらい方は多いのではないのでしょうか。

適度に体操して効果的に解消しましょう。

仕事場やバイト先での電話対応に緊張 どうしたらいい?

仕事場やバイト先で電話を取ることがあると

思いますが、緊張して出られないという方、新入社員は

少なからず戸惑う作業なのです。

間違いを恐れずリラックスして、しっかり仕事を

こなしましょう。

蕁麻疹の症状について

じんましんとは突然赤いブツブツやむくみを伴い、強い痒みを感じる皮膚の病気です。
蚊に刺されたような赤いふくらみ(膨疹と言います)ができて、かゆみや痛みなどを伴うことがあります。チクチクしたり焼けるような熱さを感じることも。

たいていは数分から数時間で消えてしまいますが、消えた後も何度も繰り返し出現することもあります。

皮膚の湿疹とよく混同されますが、湿疹は最初に出現する赤いブツブツが水泡になり、やがて破れ皮膚の表面がジュクジュクした状態になるのに対し、じんましんは水泡にならずにそのまま消えてしまう、という違いがあります。

目に見える皮膚だけでなく気道や腸などにも膨疹が現れることがあります。気道にじんましんができた場合、呼吸困難に陥ることで命の危険もあります。

じんましんの中でも何度も現れたり消えたりを繰り返しながら一ヶ月以上続くものを慢性じんましんといいます。夕方から夜かけて症状が出て、明け方には消えることが多いです。

引用元-蕁麻疹の症状・原因・治療【Doctors Me】

スポンサーリンク



  人気記事

蕁麻疹の原因の特定は難しい

蕁麻疹の原因として考えられる要素はとても多く、解明するのは難しいようです。いくつか原因として考えられるものを挙げてみたいと思います。

肝臓の機能低下、ストレス、紫外線、食べ物、食品添加物、自律神経の乱れ、化粧品、汗、寒さ、暑さ、抗生物質などの薬剤、植物、虫、細菌、ハウスダスト、花粉・・・。本当にたくさんの原因があるため、特定するのは難しく、特定できるのは20%くらいで80%は原因不明と言われています。こういった原因によって蕁麻疹は全身に出ますが、顔に出る場合は「危険」と恐れることはないですが、状態が重いと身体だけでなく顔にも出る傾向があり、更に症状が長く残りやすい傾向があります。従いまして早めに病院で診てもらうのが良いでしょう。また上記要素の中で、顔に出やすい要素としては紫外線があります。

考えられる蕁麻疹を引き起こす仕組みとしては、様々な刺激によって体内の肥満細胞が刺激され、ヒスタミンやロイコトリエンという物質が出てきて蕁麻疹が出てくるというものです。その他肝臓の機能が低下した場合で肝臓は体内の毒素を体外に排出する役割を持っていますが、その機能の低下によって毒素が尿など本来のルートで排出し切らず蕁麻疹が出てくるという流れです。

引用元-蕁麻疹が顔に出る原因について 危険?対処法は? – 大阪の整体師が伝える体や心の症状改善ブログ

スポンサーリンク



蕁麻疹の原因がアレルギー性の場合

アレルギー性の蕁麻疹の場合、その原因は食物や食品添加物など口から摂取して体内に摂り入れるものやダニやハウスダストなどの外的環境によるもの、そして抗生物質などの薬物によるものだと言われています。

特に食物で言えば青魚や乳製品、小麦、卵、ソバなどのアレルギー成分などが相当します。環境によるものとしては、他にカビや花粉なども含まれます。薬物では解熱鎮痛剤、咳止めなどが原因となることもあります。

引用元-蕁麻疹の原因 | ヘルスケア大学

突然の蕁麻疹の対処法について

じんましんになった時は、できるだけ静かに過ごし、じんましんのできているところを冷たいタオルなどで冷やしたり(寒冷じんましんの場合は避けます)、摩擦や圧迫、振動などの刺激を与えないようにしたりしましょう。血行がよくなると、じんましんが悪化しやすくなります。

また、何より、じんましんになった原因を見つけて、それを取り除くことが大切です。しかし、実際には原因を特定できないことの方が多いので、その場合は、いま起きている症状を改善することが第一ですから、薬物療法を行います。

治療の中心となるのは、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などの内服薬です。薬を飲むと大部分の人は数日で症状が治まりますが、担当医の指示がある間は飲み続け、徐々に減らしていくことが大切です。

軽いじんましんであれば、かゆみ止め(抗ヒスタミン薬など)で様子をみてよいと思いますが、激しいかゆみがあって我慢できないなど症状が強い場合には、抗炎症作用があり、かゆみをやわらげる作用も強いステロイド外用剤がよいでしょう。というのは、かゆみを早く抑えることで、心理的なストレスもやわらぎますし、掻き壊してしまうのを避けることができます。そして、実際に掻き壊して化膿してしまった場合には、抗生物質が配合されたステロイド外用剤を選ぶとよいでしょう。最近では、このような薬は、市販もされておりますので、急な症状をしのぐのに役立ちます。

引用元-じんましんは、なぜなるの?どう対処する?|教えて薬剤師さん|ヒフノコトサイト|田辺三菱製薬

蕁麻疹と湿疹の違いとは?

蕁麻疹
皮膚に蚊にさされたくらいの膨らみができて、かゆみを伴います。しかし、数十分から数時間でかゆみは消えてしまうことが多いです。この膨らみは膨疹(ぼうしん)といいます。
短時間でたくさんの膨疹が全身にひろがる蕁麻疹もあります。

突然強いかゆみに襲われるので、「いつ」かゆみが出たということを思い出せることが多いです。

慢性蕁麻疹の多くは夕方から夜にかけて症状が現れ、翌朝から翌日の午前中には消えてしまいます。または夕方から現れ、また消えて、ということを繰り返します。

湿疹
赤いブツブツが現れかゆみを伴います。このブツブツは症状が進むと水疱(すいほう)になり、やがては破れて表面がじゅくじゅくの状態になります。
こういった症状を繰り返し、患部の皮膚が厚くなるのが特徴です。またか患部がかさつくのもポイントで、蕁麻疹の場合はこういった皮膚の厚化やかさつきが現れません。

また症状はじょじょに進行しますので、蕁麻疹のように「いつ」かゆみが出た!というようには思い出せない場合が多いです。

引用元-かゆい蕁麻疹の対処法4ステップ!原因からみる治療と薬とは | 健康生活

twitterの反応

 - この違いは何?, 生活の知恵, 美容・健康, 雑学