ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

昼食後の昼寝による効果は?身長を伸ばしたいなら質の良い睡眠を

      2019/05/09

遺伝の関係等で全ての人という訳には

いかないかもしれませんが、睡眠で成長ホルモンが分泌される

事が身長を伸ばすには重要となります。

昼寝は短い時間でよりよい睡眠をとるようにしましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

肩こりは揉んではいけない?体操やストレッチについて

日常生活の中に肩こりの原因となる事はたくさんあります。

そんな肩こりも、つい揉んでしまいますが、

肩こりは揉んではいけないと言われています。

体操やストレッチで改善するようにしましょう。

背中に激痛で動けない!原因はぎっくり背中?

背中の痛みの原因は様々ですが、

その中でもぎっくり背中について確認します。

その効果が期待できる対処法や予防法とは?

子供の落書きなど油性ペンを消したい壁や床 革やプラスチックは?

誤って油性ペンのインクが床や物に付いてしまったり、

子供がいるとイタズラで壁に書いてしまったりした場合に、

油性インクを消す方法をご紹介します。

ストレスが原因?肩こりや頭痛の症状 緊張型頭痛の原因とは

日常生活の中で頭痛に悩まされる方も多いのでは

ないでしょうか?頭痛の原因の大半を占めるという緊張型頭痛。

原因や症状について確認します。

冷え性対策のストレッチ 押すと効果のあるツボとは

冷え性に負けないためにストレッチで身体を温めてあげましょう。

簡単にできるストレッチと冷え性に効果があるツボを

ご紹介します。

クリスマスのプレゼントは何がいい?彼氏へのプレゼントとは

いよいよクリスマスが近づいてきました。

彼氏にクリスマスプレゼントは何をあげたらいい?

と、悩んでいる方、大事なのは気持ちですよ。

花粉症の原因は植林?花粉症の歴史とは

国民病とも言われる花粉症ですが、

そもそもの原因はスギの植林が原因であるようです。

たくさんの人が苦しむ花粉症は一体いつまで続くのでしょうか?

様々な原因があり、解決は中々難しそうです。

内蔵型冷え性の原因と症状 男性もなりやすい?

内蔵型冷え性とは内臓の血行が悪くなり、

いつも冷えた状態になってしまうことです。

男性もなりやすそうなのですが、なぜなのでしょうか?

面接の際に緊張をほぐす精神のバランスについて

就職試験など、短い時間の面接で自分を判断されてしまう。

緊張しているからダメだったんだ、と落ち込む前に

まずは心の持ち方を変えてみませんか?

ちょっとしたことで気持ちは大きく変わることができます。

子供の性格に影響を与える環境や育て方

子供の性格形成には、様々な要因があります。

できれば、いい子に育って欲しいと親は願うものです。

育て方や環境が子供の性格に与える影響とは?

頭痛で吐き気が伴う場合の原因とは?

頭痛を抱える人は大変多いと言われています。

その分、原因も多いそうです。

頭痛に吐き気も伴う場合はどうなのでしょうか?

突然現れる蕁麻疹の症状の原因や対処法?湿疹とは何が違う?

蕁麻疹の症状が突然現れて、かゆみが辛かった経験はありませんか?

蕁麻疹の原因の特定は難しいとされています。

また、湿疹と蕁麻疹の違いとは?

花粉症による目のかゆみで花粉症は子供もなるの?

子供の花粉症は増えているそうです。

今や5~9歳で13.7%、10~19歳では31.4%もいて、

なんと赤ちゃんまで花粉症になるそうです。

子供はよく目をかくので、目のかゆみなどの症状に気をつけましょう。

子供と川遊びの時に注意すべきこととは

夏の時期は暑く、子供と川遊びもいいですよね。

ですが、川などの自然は、恐い一面もあります。

注意すべき点を確認して楽しく川遊びをしましょう。

インフルエンザ?発熱を伴う腰痛の原因は?考えられる病気について

腰痛は骨の歪みなどが原因として考えられますが、

発熱を伴う場合は、骨の歪みが原因とは考えにくいそうです。

それでは、どのような病気が考えられるのでしょう。

気になる症状があれば、早めに病院へ行きましょう。

足つぼのマッサージは疲れやむくみにも効果あり?

足つぼのマッサージは様々な効果をもたらすと

言われています。足のむくみや疲れ、さらには

坐骨神経痛にも効果があるのだそうです。

ズボンの乾かし方を工夫してシワをつけない シワの取り方は?

ズボンを洗濯して乾かしても、ちゃんと乾かさないと

すぐにシワになってしまいます。

乾かし方やシワの取り方を知り、ズボンを長持ちさせましょう。

窓の大掃除のコツは窓の外側から掃除すること!

窓がきれいだと気分も上がりますよね。

大掃除で透き通るような窓に仕上げましょう。

コツを学んで効率のいい大掃除を!

口内炎が痛い 食事ができない時におすすめの食べ物

口内炎が痛いと気分も落ちてしまいがちですが、

しっかり食事をして体力を落とさないことが大事です。

食事ができないほどの時でも工夫して食事を摂るようにしましょう。

てんかんの症状や性格変化について てんかんは子供に多い?

てんかんは、突然意識を失って反応がなくなるなどの

発作を繰り返し起こす病気です。

その原因や症状は人により様々で、

患者数も全国で60~100万人とされています。

昼寝は身長に効果をもたらすか?

昼寝で身長が伸びたらいいと思いませんか?

実は昼寝も身長を伸ばす重要な鍵を握っています。

成長ホルモンは、夜、寝ている間に分泌され、
その成長ホルモンが分泌されている間に身長が伸びるというのはご存知ですよね。

実は、この成長ホルモン、昼寝をしている間でも分泌されるのです。

人間は眠りに入ってから約三十分程で深い眠り、ノンレム睡眠に突入します。
成長ホルモンはノンレム睡眠に突入してからおよそ三時間程分泌されます。

なので、昼寝をする場合であっても成長ホルモンの分泌は起こるのです。

身長を伸ばしたい方はバンバン昼寝をすべきかもしれません。

幼稚園は昼寝の時間がありますが、あれも子供にとって、昼寝が
体の成長に必要な時間だという理由だからでしょう。

実際に、スポーツ選手の中にはそういう成長ホルモンの働きを利用して、
トレーニングメニューの中に昼食後の昼寝を取り入れている人もいるようです。

成長ホルモンは身長を伸ばすだけでなく、筋肉の成長にも重要な
関わりをもつものだからです。

引用元-身長を伸ばす方法:身長を伸ばす方法が分かる!20歳を過ぎても背はまだ伸びる

スポンサーリンク



  人気記事

夜はもちろん昼寝も適度に 身長に効果的な睡眠

夜の22:00から02:00に、

成長ホルモンが多く分泌されるという事!

 

そして、夜の十分な睡眠もそうですが、

昼寝の身長を伸ばすのに効果的なのだそうです。

 

昼寝も、夜の睡眠も、身体の緊張をリラックスさせて

体も精神も、リセットしてくれるのだそうです。

 

このリセットがうまくいかないと、

発達障害や、自律神経失調症、

最悪は登校拒否とかの原因にもなりかねないのだそうです。

 

怖いですね?

 

なので、、

『うちの子は勉強も部活も頑張って、

中学時代は毎日5時間の睡眠でも、170センチ以上になったよ!』

 

という親は、もし十分な睡眠を子供にとらせていたら、

175~180センチになっていたかもしれませんね?

 

サッカー日本代表の平均身長が178センチですから、

将来を夢見るサッカー少年には、

この178センチも目標になるかもしれませんね?

引用元-寝る子は育つ理由って?寝る前のストレッチも効果あるってよ! – 子供の身長を伸ばすサプリ|ドクターセノビルを購入してみた♪

スポンサーリンク



多く寝ればいいというわけではない身長へ効果的な睡眠をとるには

56c52e3e7da723a76f01d1718b3e656c_s

成長ホルモンが睡眠中に分泌されるのは広く知られていることですが、ではたくさん寝れば身長が伸びるのかというと、そういうことではありません。

睡眠の質は、疲労回復だけでなく身長の伸ばし方にも影響してきます。夜更かしして昼寝で補ったとしても、それでは体の機能がうまく働きません。

より深く良い眠りが取れる、暗くて静かな深夜帯は睡眠をとるようにしましょう。合わない枕を使っている場合は、睡眠中にストレスになっていますので、ホルモン分泌の阻害にならないように寝やすい枕に変えましょう。

引用元-間違った身長の伸ばし方をしている人への7つの忠告 – Health&Beautyアカデミー

長すぎる昼寝は逆効果

あまり長時間のお昼寝は、体内時計を狂わせてしまい、
逆に夜に眠れなくなってしまいます。

休日のお昼、12時過ぎに昼寝した子供が、
夕方の17時頃まで寝てしまう事があります。

小学生・中学生(高校生)のお昼寝は
40分~1時間半くらいが理想のようです。

大人でも、たった30分昼寝をしただけで、

『すっごく長い間寝たと思ったのに、
 まだ30分しか時間が経ってないの??』

『でも、すごくすっきりした~♪』

という経験、あなたもありませんか?

でも、お昼寝は、ほどほどにね(^O^)

引用元-昼寝は効果ないの?寝る子は育つ・のホントの理由!

身長を伸ばすために睡眠で大切なのは睡眠の質 昼寝は30分以内に

身長を伸ばすためには「成長ホルモン」が必要です。
成長ホルモンは睡眠時に分泌されます。

睡眠で大切なのは時間の長さではなく、睡眠の質です。
成長ホルモンがもっとも分泌される、就寝後1時間半から2時間ほどの
「熟睡期」といわれる時間が大切になります。(最初のノンレム睡眠)

ノンレム睡眠・・・脳が休息している深い眠り
レム睡眠  ・・・肉体が休息しているが、脳は活動している浅い眠り
ここでも、脳が休息している「ノンレム睡眠」のほうが成長ホルモンが多く
分泌されているといわれていますので「脳」が身長(=成長)に関わっている
事がわかります。

よく眠れない、寝ているのに疲れが取れないという人は良い睡眠がとれて
いないという事になります。 

原因としては

◆ 生活のリズムによるもの
◆ 食生活の乱れによるもの
◆ 精神的なストレス
等が考えられます。
また成長に関するものとして、甲状腺ホルモンがあります。

甲状腺ホルモンとは「のどぼとけ」にある甲状腺から分泌されるホルモン
の事です。

甲状腺ホルモンも、脳の脳下垂体からでる甲状腺刺激ホルモンにより
骨や軟骨など全身の新陳代謝を活発にし、分泌する事により成長する
手助けをするホルモンです。

このホルモンが不足すると低身長という病気にかかる恐れもあります。

身長が伸びやすい時間帯はやはり夜です。
睡眠中に骨や体が形成されているので、夜の睡眠は非常に重要です。
「寝る子は育つ」というのはまさにこの事から来ているのでしょう。

起きている時間帯の過ごし方で、成長ホルモンの分泌が変化するので、
できるだけ深い眠りにつける事が大切です。

引用元-身長を伸ばす方法を公開します|身長アップの生活術

 - 生活の知恵, 美容・健康, 育児・子育て