ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

疲労やストレスが原因で咳が止まらない咳喘息とは

      2017/06/12

ストレスや疲労と咳は関係があるそうです。

咳は止まらないと非常に辛いですよね。

咳喘息と言われる症状やその原因とは?

スポンサーリンク

  関連記事

炭酸水の効能は高血圧や生理痛にも効果あり 飲む量が多いとデメリットも

炭酸水は健康や美容に効果があると言われますが、

高血圧や心臓病、生理痛にも効果があるとされています。

炭酸水の作り方や飲む量について確認しましょう。

デメリットもあるので、飲み過ぎには注意です。

花粉症の原因は植林?花粉症の歴史とは

国民病とも言われる花粉症ですが、

そもそもの原因はスギの植林が原因であるようです。

たくさんの人が苦しむ花粉症は一体いつまで続くのでしょうか?

様々な原因があり、解決は中々難しそうです。

独身男性の結婚観は?大人の魅力を持つ40代男性の場合

長く独身でいる男性は、多くの女性を見てきています。

そんな大人な40代を好きになっても、結婚を考えてくれるのでしょうか?

独身男性の結婚観とは?

紅茶の効能は様々 ダイエットや美容にも効果アリ!

紅茶の効能による美容やダイエットへの効果を

期待できるそうです。

飲みすぎず、有効に使いたいですね。

血圧が低いとされる数値とは?低血圧は危険?

高血圧に比べ、血圧が低い場合はあまり病気として扱われていません。

しかし、めまいや倦怠感、頭痛など、低血圧が原因で起こる症状は、

できれば改善したいものです。血圧の数値がどのくらいなら、

低血圧となるのかを知り、そこに潜む危険に対応できるようにしましょう。

コートの毛玉が気になる!できにくい素材やできにくくする対策とは

コートの毛玉は非常に気になります。

できにくい素材や予防できたりするのでしょうか。

コートの毛玉への対策とは?

大掃除のコツ 風呂場をより快適に

年末の大掃除でお風呂場を掃除する際の

コツを集めてみました。

クエン酸は使い勝手がいいかもしれませんね。

慢性疲労症候群は慢性疲労と違う?原因や症状をチェックしよう

慢性疲労症候群という病気をご存知ですか?

近年、慢性疲労症候群である人は少なくないとも言われています。

患者は単なる疲労と誤解を受けることも多いそうです。

慢性疲労とは違う慢性疲労症候群の原因や症状とは?

独身女性はみんなどれくらい貯金してる?老後を見据える貯蓄

最近は独身の女性も男性も増えていますが、

このまま独身で老後を迎えた場合、

特に女性の貯金はどのくらい持っておくべきなのでしょう?

口内炎の治し方は塩うがい?その効果とは

憂鬱な口内炎の治し方として塩があります。

塗るというまさに原始的な方法もありますが、

うがいでも十分効果はあるそうです。

みんな大好き親子丼の発祥ってどこ?作り方もご紹介

家庭には必ずある玉子をつかった代表的な丼ものといえば、

やはり親子丼ではないでしょうか。

親子丼の発祥には諸説ありますが、考えた人に感謝ですね!

たまに心臓が痛い症状は肋間神経痛が原因?どんな人がなりやすい?

たまに心臓が痛いと感じる人は肋間神経痛かもしれません。

肋間神経痛とは肋骨に沿って走る神経が、

何らかの原因で痛む症状のことを言います。

場所が心臓あたりのため心配ですよね。

その症状や原因はどんなものなのでしょうか?

昼食後の昼寝による効果は?身長を伸ばしたいなら質の良い睡眠を

遺伝の関係等で全ての人という訳には

いかないかもしれませんが、睡眠で成長ホルモンが分泌される

事が身長を伸ばすには重要となります。

昼寝は短い時間でよりよい睡眠をとるようにしましょう。

しゃっくりが止まらない原因とは?病院へ行くべき?

通常しゃっくりは、しばらくすれば止まりますが、

止まらない時はどうしたらいいのでしょうか?

食べ過ぎなどが原因のこともありますが、病院へは行くべきなのでしょうか?

100回すると死ぬと言われるしゃっくりも、

長く続くようなら要注意です。

食後の虫歯予防にチーズ?オススメの種類は?

チーズには虫歯を予防し、虫歯の進行をおさえる効果があるそうです。

また、ごく初期の虫歯の兆候がみられる歯であれば、

チーズを食べることで自然治癒できる可能性があるそうです。

尿の異常な色と臭いは病気のサイン?原因とは?

尿は腎臓で血液をろ過することによって作られ、

体の中の不要な物質を体外に排泄する大切な役割があります。

色やにおいの異常も何かのサインということが多いそうです。

健康体でも尿の色が濃くなったりすることもあるので、

あまり心配しすぎもよくありませんが、

一つの目安として覚えておくといいかもしれません。

季節性情動障害とは?冬季うつの症状について

主に秋から冬にかけて悪化するタイプのうつ病で、

冬季うつや季節性うつ病、季節性感情障害と呼ばれたりもします。

冬場は体がだるいなどがある方は、

もしかしたら冬季うつ病なのかもしれません。

赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方とは?赤ちゃんへの授乳は?

赤ちゃんがしゃっくりをしていると、

大丈夫かな?と気になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、あまり心配することもないようです。

鼻のかみすぎに注意!耳が痛い症状や鼻のかみ方について

風邪などで鼻水をかむことはありますが、

鼻をかみすぎて耳が痛いと感じたことはありませんか?

鼻のかみ方を見直して負担をかけないようにしましょう。

顎関節症の治療はどんなもの?対策は?

顎関節症の治療とはどのようなものなのでしょうか?

また最近、顎関節症は増加傾向にあるようです。

できることから対策はしておいた方がよさそうです。

ストレスと咳の症状がある喘息の関係とは?

病院に行って医師と相談すると
「疲労とストレスが原因であろう」といわれました。
医師の話によると、喘息はストレスや規則正しくない生活が原因の場合もあるそうです。
また、季節の変わり目などにも発症したりする人が多いそうです。

病院に通い、薬を飲み続けましたが、病状はあまり改善しませんでした。
ですが、私が小さい頃、水泳をやって喘息の症状を改善したのを思い出し、

近くのプールのあるジムに通うようにしました。
水泳ジムに通い始めてからというもの、ぜんそくの症状がだいぶ改善され、
半年たった今ではほとんど症状が出なくなりました。

引用元-ストレスと喘息は関係ありますか? – 元々小児喘息を持っていたのです… – Yahoo!知恵袋

スポンサーリンク



  人気記事

ストレスからくる喘息について

そもそも喘息とは、空気の通り道である気道に炎症が生じ、気道狭窄やけいれんが起こる疾患です。

喘息は主に、花粉やハウスダスト、ダニ、食品などのアレルギーが原因と言われており、アレルギー反応によって気道に炎症が起こると喘息特有の発作や激しい咳が出ます。

また喘息は、子供の病気というイメージが強い方もいらっしゃると思いますが、日本における喘息の推定患者数は100万人以上と言われ、人口の約3%が喘息の疑い(もしくは実際に医療機関にかかっている)と考えられており、その中でも近年は大人になって喘息を発症するケースが増えています。

幼少期に喘息と診断されても、多くは成長と共に症状が落ち着きます。

勿論、喘息が治癒しないまま大人になる方もいらっしゃいますし、一時期は治まっていたのに大人になってから再発したという方もいらっしゃいますが、大人の喘息の60~80%は大人になってから初めて発症したというケースが多いことです。

そして、大人の喘息の原因の多くに「ストレス」が関係していると言われています。

一見、ストレスとアレルギーは無関係のように思えますが、人の体はストレスを感じると自律神経の働きが乱れ、アセチルコリン受容体が過剰に反応し、気道を収縮させ呼吸困難をきたします。

喘息の症状があるのに、アレルギー検査では特に問題はなく、薬を飲むと一旦は症状が落ち着くがすぐにまた咳や発作を繰り返す場合は、ストレス性喘息が疑われます。

引用元-ストレス性喘息の症状や治療の仕方!予防法はあるの?

スポンサーリンク



咳喘息の症状について

風邪が治ったあと、数週間咳だけが出続けたり、室内と外気の温度差に反応して咳が出たり、タバコの煙を吸っただけで咳が止まらなくなる、などというような症状が見受けられます。また、ハウスダストに反応して咳がでたりもします。

睡眠時に咳が出続けたり、明け方になると咳が出る症状もあります。

とにかく咳だけが出続ける症状が特徴で、喘息との違いは、喉が呼吸をするたびに喉がヒューヒュー、ゼイゼイといった喘鳴音を立てなかったり、呼吸機能は落ちないことです。
また、2ヶ月以内に風邪を引いていないのにもかかわらず、咳が出続ける場合も咳喘息の症状といえるでしょう。

アレルギー体質、アトピー体質だと発症する可能性が高く、特に女性は再発を繰り返す傾向があるようです。咳喘息は喘息の前触れとも考えられていますので、数週間原因不明の咳が続くようなら、呼吸器官系の専門医に相談し、適切な処置を受けてください。

引用元-咳ぜんそく・咳喘息の症状・原因・治療【Doctors Me】

ストレスや疲労が咳喘息になる理由とは

ストレスは精神的な症状と思っている人も多いでしょうが、ストレスの影響は全身に現れます。

人はストレスを感じると、自律神経が乱れ、ホルモンバランスも崩れてしまいます。これらは体の機能を正常に保つための役割を担っていますので、それが狂うことで、体調にも変化が現れます。

簡単に言うと、全ての病気に対抗するための免疫力が低下して、風邪などのウイルスや花粉などのアレルギーに対する抵抗力がなくなるのです。風邪も花粉も咳喘息の直接的な原因のひとつです。

また、ストレスそのものが直接的に咳喘息の発作を引き起こす原因にもなります。ストレスを感じると、ヒスタミンなどの化学物質が分泌して、副交感神経が優位になります。

この現象が気道を狭くして、呼吸困難を引き起こすのです。

さらには、ストレスによって抗体が増えて、アレルギー反応が起こりやすくなるということです。

つまりストレスは、非アトピー型喘息だけでなく、アトピー型喘息の原因にもなり得るということです。

引用元-咳喘息の原因はストレスってほんと? | Kikara

日常生活で気をつけたいこと

<アレルギーの原因物質を除去する>
ハウスダスト、花粉やペットの毛などはアレルギーを引き起こす原因となるものです。咳喘息を悪化させないために、アレルギー反応を起こす物質を取り除きましょう。
ダニは高温多湿を好むので、寝具をこまめに天日干しするとダニ退治には効果的です。また、ホコリやチリなどを取り除くために、室内をこまめに掃除するようにしましょう。
 
犬や猫、ハムスターや鳥などのペットは、ペット自体がアレルゲンとなる可能性の他に、ペットの毛にはダニが付着しますので、新たには飼わない方が無難です。しかし、現在飼っているペットを手放すのは難しいでしょうから、吸入ステロイドで治療を継続すること、こまめに掃除すること、寝室はなるべく別にすることなど工夫して、ペットを手放さないですむ方法をまずは考えましょう。
それでも咳喘息の発作が生じるときには、ペットを諦めなければならない場合もあります。
 
<急な寒暖差に気を付ける>
急激な気温の変化は気管支を敏感にさせるので、咳喘息の発作の原因となることがあります。春や秋などの季節の変わり目と朝晩の気温の変化の激しい時期は、特に注意しましょう。外出するときは、脱ぎ着ができる服装にして、洋服で温度調節ができるようにしておけば安心です。
 
<ストレスをためない>
忙しい仕事や睡眠不足などが原因でストレスが溜まると、気道を過敏にさせてしまいます。ストレスを上手に解消して、睡眠や休養を十分に取るようにしましょう。
バランスの取れた食事を取り、規則正しい生活を送り、ウォーキングや水泳などの運動を行うと身体の抵抗力がつきます。身体機能を高めて、咳喘息を予防しましょう。

引用元-咳喘息は早期治療が肝心!治療とセルフケアのポイント | いしゃまち

twitterの反応

 - 生活の知恵, 社会 ビジネス, 美容・健康