ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

疲労回復をするために睡眠が大事!理想の睡眠時間とは?

   

疲労回復のために、睡眠はとても重要です。

特に精神的疲労が大きい場合は睡眠時間が長くなってしまうすです。

疲労回復のための理想の睡眠時間はどれくらいなのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

足の裏の魚の目の芯の取り方

足の裏に魚の目ができても、症状がひどくなければ、

セルフケアで済ませる人が多いかもしれません。

しかし、セルフケアには十分な注意が必要です。

原因や予防策を知って再発しないようにしましょう。

高校で部活は続けるべき?勉強との両立はできる?

勉強も難しくなり、部活も本格化する高校生。

受験のために部活は諦めるのが正解なのでしょうか?

両立はきれいごとなのか?そんなことはないと思います。

一度しかない高校生活に悔いを残さないことが、

一番大切なのでしょう。

リウマチの症状と原因について 男性より女性がなりやすい?

関節リウマチは男女比は1:4程度で、

女性がかかりやすいと言われています。

リウマチの症状を知り、対処できるようにしましょう。

原因については、あまりよくわかっていないようです。

独身の女性の割合とは 結婚に対する考え方は?

女性の結婚に対する考え方は以前とは

だいぶ変わってきているようです。

独身の割合やその考え方とはどのようなものなのでしょうか?

何か始めたいと思ったらすぐ行動!大学生のうちに多くの経験を!

何気なく大学生活を送っていて、

時間があるなぁ、何か始めたいなと思っているなら

すぐ行動しましょう!時間はあるようで、ありません!

炭酸水による洗顔で美肌効果 作り方や方法とは

炭酸水で洗顔すると美肌効果を得られるようです。

飲用のものではなく、クエン酸と重曹で作ったものが良さそうです。

炭酸水の作り方や洗顔方法とは、

どのようなものなのでしょうか。

コートの毛玉が気になる!できにくい素材やできにくくする対策とは

コートの毛玉は非常に気になります。

できにくい素材や予防できたりするのでしょうか。

コートの毛玉への対策とは?

寝起きの口の中の乾燥を何とかしたい!口臭などの原因にも

寝起きで口の中が乾燥している事がよくあるという

人は要注意です。口呼吸が主な原因のようですが、

口呼吸は健康にもエチケットにもあまりよろしくないのです。

炭酸飲料の泡が吹きこぼれるのを防ぐ方法

炭酸飲料をつい落としたり、振ってしまったりすると、

開けた時に泡が吹きこぼれてしまいます。

紹介する方法で防ぐことができるそうです!

入浴を効果的に HSP入浴法は健康に効果あり?

入浴は健康への効果が期待できます。

最近注目されているHSPを増やす入浴健康法もおすすめです。

ぜひ実践してみましょう。

顔の頬が乾燥して赤い症状をどうにかしたい!対処法は?

特に乾燥する季節に多い顔の頬などの乾燥肌、

悩んでいる方も多いと思います。

乾燥による赤い肌の原因や対処法とは?

顎関節症の治療はどんなもの?対策は?

顎関節症の治療とはどのようなものなのでしょうか?

また最近、顎関節症は増加傾向にあるようです。

できることから対策はしておいた方がよさそうです。

昼食後の昼寝の効果は仕事にも?効果的な昼寝とは

近年、昼寝を取り入れる企業があるほど

昼寝の効果は見直されています。

午後からも元気に仕事ができるように

昼寝を取り入れてみましょう。

油性ペンの落とし方 肌や服についてしまった時は?

油性ペンが肌や服に付いてしまっても、

慌てずに対処しましょう。

身近なもので結構落ちるんですね。

インクの落とし方について確認します。

エアコンの電気代節約方法は?冷房の温度設定なども気をつけて

エアコンの電気代を節約するためのメンテナンスや、

温度設定について確認し、環境にもお財布にも、

得する生活術を身につけましょう。

皮膚のかゆみが顔にでる原因とは?予防が大切

顔の皮膚のかゆみがある原因は様々ですが、

習慣の改善などで予防できるそうです。

健康な皮膚を保ちましょう。

うっとうしい蚊に刺されないための対策や方法とは?

蚊に刺されてしまうとかゆみが起こるため、

できれば刺されたくないと誰もが思います。

蚊に刺されないようにする対策や方法はあるのでしょうか?

皮膚のかゆみと内臓疾患の関係とは?隠れる重病の可能性

皮膚のかゆみは内臓疾患と関係することがあります。

特に重病疾患の症状であることもあるので、

注意が必要です。

股関節ストレッチ美容や健康にも効果 簡単にできるストレッチ方法は?

股関節が硬くなっていたり、歪んでいることで、

体に及ぼす影響は多いようです。股関節のストレッチを

継続的に行い、柔らかくすることで効果を実感しましょう。

痰がからむ咳は病気?風邪?

痰がからむような咳は苦しくなります。

病気かもしれないと思うこともあるでしょう。

心配しすぎもよくありませんが、

軽視せず症状によって対応しましょう。

疲労回復のために疲労の原因を知ろう

疲労回復の第一歩は原因を知ることです。

疲労は通常、睡眠や休息を取ることによって回復しますが、 睡眠や休息を取って回復しない疲労は「慢性疲労」の可能性が高く、 原因そのものを見極め、対処しないと、疲労が回復したり、体のだるさが解消されることはありません。

例えば、 疲労の原因が女性に多い甲状腺機能低下症(病気)の場合、 疲労回復に効果のある「うなぎ(ビタミンB)」をいくら食べてもこの疲労は回復しません。

しかし、疲労は「生体の3大アラーム」と呼ばれるように、 原因が非常に様々で、疲労の原因を知ることは容易ではありません。

引用元-疲労の原因と回復方法

スポンサーリンク



  人気記事

疲労回復のためのポイントについて

現代人のストレスは精神的なストレスが多く、PCや携帯など、目を酷使することも増えています。実は、近くを見るのに意識を集中させることは、眼精疲労だけでなく、脳を疲労させる原因になります。

疲労はためすぎず、その日のうちに解消することを基本にしましょう。たかが肩こりも放置するのは禁物。PC作業による肉体疲労だと思いがちですが、目の酷使と交感神経の緊張によって筋肉が硬くなることが原因であることが多いので、脳疲労のサインとしてとらえましょう。
平日の睡眠時間が5時間未満の人は、最低6時間は確保するように改善を! 平日4時間、週末8時間なんて生活をしている人は、生体リズムが崩れ、疲れもうまく解消できなくなるので気をつけて。
アロマテラピー、エステ、温泉旅行、お風呂、音楽、ショッピングなど、自分がリラックスできたり楽しめたりすることを見つけ、積極的に実践しましょう。笑いはNK細胞を活発にして免疫力をあげるのに効果的だといわれているので、生活の中に、笑いやユーモアを取り入れることもオススメです。
ずっとデスクワークばかりという人は、体を動かしましょう。肉体的な疲労に促され、深い眠りが得やすくなります!
食事は3食、バランスよい食事を心がけて。タンパク質、糖質のほか、ビタミン、ミネラル(タンパク質は細胞の原料になりますし、糖質は脳のエネルギー源に。また、ビタミンC、ビタミンB12などは疲労回復に効果的です)もしっかり摂るようにしましょう。

引用元-睡眠と疲労について|カラダStyle for WOMEN|朝時間.jp

スポンサーリンク



精神的疲労は睡眠時間を長引かせる

精神的疲労は精神に圧力がくわえられる事が原因で起こります。例を挙げるなら緊張や恐怖や怒りなどから、肉体的な苦痛もそこには含まれます。
実社会に当てはめればノルマギリギリで上司から吊るしあげられることに恐怖を感じている状態であったり、年下の部下にこき使われて悔しかったり、報告したらクビになるようなミスをいつバレるのではとビクビクして過ごす緊張などです。
このように精神に強い圧力が加わった状態のままだと精神に疲労が蓄積していくのです。

ではなぜ精神の疲れが睡眠時間を長引かせるのかというと、精神に疲労がたまっている時人の体に変化が起こっているからです。ストレスを感じた時に放出された脳内ホルモンなどで頭の中はいっぱいになっているのです。
このように実際に脳内に疲労物質が蓄積するため、これを回復させるために余分な睡眠が必要になります。

しかしこれだけでは精神的疲労がそのまま睡眠時間に結びつくわけではありません。例えば蓄積された疲労の分、楽しいことや安らぐことができれば逆に活力やポジティブさを与えてくれる脳内ホルモンで相殺されます。
これは実際にインシュリンとアドレナリンのようにお互いに効果を打ち消すペアがあるようなものです。心が疲れた分リラックスできれば疲労は残りません。

もしこうしたストレス解消をしっかりできれば問題は無いはずなのです。
しかし無趣味な人やストレスを抱え込みやすい人などはなかなか発散の機会が得られず、そのような場合睡眠による精神疲労の回復という手段しか残っていないのです。
特に暴飲暴食をしていなくて病気もしていない健康な人間にも関わらず、睡眠時間が長いのであれば精神的な疲労が原因の可能性があります。

引用元-睡眠時間が長い原因は2つの疲労 – 睡眠と疲労の方法論

脳の疲労回復にも睡眠が大切

脳疲労とは、外部から入る情報が多すぎて、大脳新皮質が処理しきれなくなった状態のことです。本来、外からの情報は大脳新皮質、内部の本能的な情報は大脳辺縁系担当していますが、外から入る情報が多すぎると、大脳新皮質だけがフル稼働し、大脳旧皮質の情報は無視されてしまいます。その結果、自律神経に伝達される情報が大脳新皮質の情報ばかりになり、バランスが崩れてしまうのです。このような脳疲労が慢性化すると、大して動いていないのに疲労感を覚えたり、集中力が低下したりして、抑うつ状態になることも。

脳疲労を引き起こすリスクファクターの1つが睡眠不足です。脳が休めるのは睡眠中だけなので、眠りが浅くなったり、睡眠時間が不足したりすると、脳は休む間がなくなってしまうのです。

良質な睡眠をとるには、午前中に太陽の光を浴びること、夜にぬるめの湯で入浴すること、適度に運動することが大切です。もちろん、寝る前にカフェインを摂取したり、深酒したりするのはNG。

ただでさえ、パソコンやスマートフォンなどの普及により、脳は常に大量の情報を処理しなければならなくなっています。良質な睡眠のためには、寝る前3-4時間はパソコン、テレビなどの電気媒体からの視覚的刺激や、電話などで交感神経のほうが優位になるようなことは控えるほうが良い眠りにつくことができます。もともと脳は、身体全体の2割に相当するエネルギーを必要とする組織です。深い睡眠は、脳の健康を維持するための絶対条件と言っても過言ではありません。

また、夕食をお腹いっぱい食べたり、寝る直前まで食事をとることによって、睡眠中に消化機能が働かなければならなくなり、肉体の休養を得ることができず、翌朝ぐったりとして起床することになりますので、夜ご飯は控えめに。

引用元-疲労を早く回復させる睡眠方法 | ヘルスケア大学

疲労回復への理想の睡眠時間はある?

人は疲れているときに自然と眠くなります。つまり、疲労を自然に回復させる最も効果的な方法が睡眠です。睡眠中でも心臓や肺などは活動していますが、筋肉や脳は休まり、細胞の修復が促進されている状態です。
理想の睡眠時間としては、7時間がベストです。個人差がありながらも統計的に疾病率や死亡率が低くなる傾向があります。逆に睡眠時間が6時間より少なくなるほど、日中のパフォーマンスは落ちていきます。
睡眠時間を増やすだけではなく、眠りの質を上げることも疲労回復に役立ちます。例えば、人は体温が下がると眠くなります。そこで私たちは入浴やストレッチで体温をあえて上げてから、就寝に向かって徐々に体温を下げていくことで、熟睡モードに切り替えることできます。
逆に睡眠の質を下げる行為は避けたいです。例えば、就寝前に食べることは、寝ている間に胃や腸などの消化器官が活動するきっかけになるために、疲れが取れにくくなります。体全体を休ませるつもりで、食事は就寝の2時間前、できたら3時間以上前には食事を終わらせたいです。
就寝前の強い光や就寝中の明るい光は不眠を招きます。人は明るさを検知すると目が覚めてしまうため、就寝前のスマホやテレビは、脳に刺激が伝わってよくありません。寝るときも部屋を暗くしたほうが眠りやすいです。

引用元-疲れやすくてだるい5つの原因!疲労回復にはビタミンやにんにくなど|メディチェ

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康