ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

皮膚のかゆみと内臓疾患の関係とは?隠れる重病の可能性

      2016/04/12

皮膚のかゆみは内臓疾患と関係することがあります。

特に重病疾患の症状であることもあるので、

注意が必要です。

スポンサーリンク

  関連記事

幸運を呼ぶ数字とは?車や電話番号と生年月日の数字について

数字には様々な意味や力があると言われます。

たくさんの解釈がありますが、

その中でも、幸運を呼びそうな数字を探してみました。

咳が止まらない原因は病気?夜になると止まらなくなるのはなぜ?

風邪でない時や風邪が治っても咳の症状が

止まらないのはなぜなのでしょうか?

夜になると咳が出る人の原因とは?

健康や美容にも関係が深いケイ素の効果や効能について

ケイ素は、シリカ(二酸化ケイ素)とも呼ばれており、

地球上のあらゆる物質や物体にケイ素が含まれているそうです。

注目されるケイ素の効果や効能とは?

紅茶キノコ?コンブチャ?美容にいいって本当?

コンブチャという発酵ドリンクがセレブの間で

流行しているようです。昆布茶とは関係ないようですね。

紅茶キノコのことをコンブチャというのですが、

美容や健康にも効果があるそうです。

耳の音の正体は?ゴーという耳鳴りは要注意

耳の穴に指を入れると音が聞こえます。

あのゴーという音は筋肉が動いている音なのだそうです。

しかし、日常生活でゴーという音の耳鳴りがするようだと

要注意です。

炭酸水の効能が健康に効果 疲れにも効果的

炭酸水を飲みなれない日本では、

あまり浸透していない炭酸水ですが、

海外においては日常的に炭酸水を飲む文化が定着しています。

効能による健康への効果とは?

花粉症の症状は喉も関係?喉の痛みや咳について

花粉症の症状としては、鼻水や鼻づまり、くしゃみや目のかゆみなど、

主な症状の他に、喉にも症状が現れます。

花粉症なのになんで咳が出るんだろうと思ったこともあるかもしれません。

その原因や症状を抑える方法についてご紹介します。

耳鳴りが気になる 耳鳴りの原因と特徴について

耳鳴りの症状は、音がするものがないのに、

様々な音が聞こえるというものです。

病気の場合もあるそうですが、多くはストレスや疲れが

溜まっている時に起こるそうです。

睡眠の質を上げたい!朝起きても疲れが取れないのは仰向けで寝ているから?

仕事や学校を終え、睡眠でしっかり疲れを取りたいところですが、

朝起きても、疲れが取れていないことはありませんか?

食生活やストレスの改善と、寝る時の体制も重要となるそうです。

リウマチの症状と原因について 男性より女性がなりやすい?

関節リウマチは男女比は1:4程度で、

女性がかかりやすいと言われています。

リウマチの症状を知り、対処できるようにしましょう。

原因については、あまりよくわかっていないようです。

かっさマッサージの効果とは?顔や足のマッサージの方法について

古くから中国に伝わるかっさですが、

マッサージによる美容や健康の効果が期待できるそうです。

その効果や方法とは、どのようなものなのでしょうか?

花粉症の原因は植林?花粉症の歴史とは

国民病とも言われる花粉症ですが、

そもそもの原因はスギの植林が原因であるようです。

たくさんの人が苦しむ花粉症は一体いつまで続くのでしょうか?

様々な原因があり、解決は中々難しそうです。

コーヒーの効果 健康に良い?悪い?ダイエットには?

コーヒーは体に悪いというイメージが強いですが、

本当のところは、どうなのでしょう?

コーヒーの健康に対する効果とは?

機能性低血糖とは?過食などの症状や原因について

機能性低血糖症という病気は、あまり聞いたことがない

という人も多いかと思います。

まずは、機能性低血糖症という病気について知りましょう。

インフルエンザ?発熱を伴う腰痛の原因は?考えられる病気について

腰痛は骨の歪みなどが原因として考えられますが、

発熱を伴う場合は、骨の歪みが原因とは考えにくいそうです。

それでは、どのような病気が考えられるのでしょう。

気になる症状があれば、早めに病院へ行きましょう。

紅茶のカフェインを夜の寝る前に摂取するのは良くない?

紅茶のカフェインはコーヒーより少ないと

されていますが、やはり夜や寝る前に紅茶を

飲むのは良くないのでしょうか?

静電気除去グッズの気になる効果とは?

現在たくさんの静電気除去シートが販売されいますが、

どんなグッズが一番効果があるのでしょう?

生活スタイルや体質に合ったグッズを見つけましょう。

冷え性を改善 日常の飲み物や食べ物から

冷え性を無理せず食事で改善したい、

そんな方に冷え性を食事で改善する方法をご紹介します。

食べる時間や水分量なども冷え性と関係があるようです。

大掃除のコツを押さえて部屋をきれいにしてスッキリ!

部屋の大掃除は小物や、リモコンなど

整理が大変です。まずはいるものなのか、

いらないものなのかを判断して、

不要な物は捨てるようにしましょう。

血圧が低いとされる数値とは?低血圧は危険?

高血圧に比べ、血圧が低い場合はあまり病気として扱われていません。

しかし、めまいや倦怠感、頭痛など、低血圧が原因で起こる症状は、

できれば改善したいものです。血圧の数値がどのくらいなら、

低血圧となるのかを知り、そこに潜む危険に対応できるようにしましょう。

皮膚のかゆみに隠れる内臓疾患

古くから「皮膚は内臓を写す鏡」といわれてきたように、全身性系統的疾患の部分症状として皮膚のかゆみが現れることがあります。このような内臓病変に伴う皮膚症状のことをデルマドロームと呼びます。全身の痒みが続く場合、糖尿病、甲状腺疾患、各種悪性腫瘍、鉄欠乏性貧血、原発性胆汁性肝硬変(ひとくちメモ参照)などの疾患を念頭において検査をすすめていく必要があります。他にかゆみの出現が頻度的に多い疾患としては慢性腎不全、閉塞性胆道疾患がありますが、すでに原疾患の診断がついていることが多いため「かゆみに隠れる内臓疾患」にはあてはまりにくいと言えるでしょう。

引用元-梅田皮膚科(大阪府堺市) コラム : かゆみに隠れる病気

スポンサーリンク



  人気記事

皮膚のかゆみと内臓の異常の関係について

手のひらが赤くなったり、血管腫が顔や躯幹や腕にできたりしますと、肝臓の病気を疑い肝機能の検査を行いますし、じんま疹が続きますと、アレルギーの検査や胃潰瘍、特にピロリ菌の感染がないかどうかを調べます。じんま疹に似た紅斑が消えることなく続く場合には、ウイルス性肝炎、膠原病などを調べていきます。環状紅斑や顔面の紅斑、ならびに冬場に冷水が指に触れた時のレイノー症状(紫色から白色に変わっていく)などが見られれば膠原病を疑います。かゆみが異常に強い時には糖尿病、リンパ腫や肝臓、腎臓、胆のうなどのいろいろな病気を考える必要があります。
「内科で調べてもらったから内臓の心配はないから皮膚の方をみてください」と言われることがありますが、いろいろ検査を行う際にも皮膚の症状に応じて調べる内容が変わってきますので内臓を調べる場合にもあらかじめ皮膚科専門医にご相談の上、適切な検査を受けるようにして下さい。たとえば、膠原病を考えなければならない皮膚症状のときに、肝機能の検査を行って異常がなくても意味がありませんし、胃や肝臓を調べなければならないときにアレルギーの検査をしても同じことが言えます。皮膚病変から内臓の病気を疑う場合には、先ず皮膚科専門医が行える検査を行った上で、その結果をふまえて必要な専門の科の先生を紹介してもらうのが最も適切かと思われます。

引用元-(第3回)内臓と皮膚 | 二宮皮フ科クリニック | 松山市竹原

スポンサーリンク



肝臓病や腎臓病が原因となる皮膚のかゆみ

肝臓病が原因となるかゆみの場合

肝臓疾患が原因のかゆみで、いちばん恐ろしい病気が「原発性胆汁性肝硬変」という病気です。この病気は中年の女性に多く、肝細胞で作った胆汁を排泄する管である胆管が破壊されることにより、胆汁が全身にまわり、激しいかゆみが生じます

この病気の原因ははっきり解明されてはいませんが、胆管破壊の要因として自己免疫反応との深い関係が指摘されています。また、この病気は進行すると肝機能がどんどん低下して、肝硬変や肝臓ガンになってしまう場合もあります。そしてここまで悪くなってしまったら、多くの場合、残された治療は「肝臓移植」に頼るしかありません。

腎臓病が原因となるかゆみの場合

腎臓疾患とかゆみには密接な関係があります。腎臓の機能が低下すると、かゆみの原因となる血液中のヒスタミンが増加する傾向が見られます。これは血液をろ過して、体の老廃物を尿として体外へ排出する働きがうまく機能していないからです。

症状としては、激しいかゆみとともにむくみが伴う場合があります。このような腎臓機能の低下が慢性的に続くようになるとやっかいです。慢性腎不全になると、治療が非常に困難になるからです。なぜならこの病気には、まだ完治する薬や治療法が確立されていないからです。

そうなるとやはり予防が肝心ですよね。生活習慣病と慢性腎不全には深い関係があると言われています。とくにメタボリックシンドロームは、慢性腎不全の大きな危険因子として注目を集めています。日頃の食事や運動、睡眠など、耳にたこが出来るほど聞かされる「生活習慣の改善」は、やはりあらゆる病気の予防手段なんですね。

引用元-危険なかゆみは肝硬変などの病気が原因!シグナル掴んで早期治療 | 健康生活

糖尿病と皮膚のかゆみの関係について

糖尿病の人は多尿になりがちで体の水分が減っているため皮膚が乾燥しがちです。そのため肌にかゆみを感じやすいのです。しかも糖尿病の人は体の免疫力が低下しているために肌荒れなどで皮膚をかいてしまい、そこから細菌が侵入しやすくなっています。糖尿病の人は傷ができたら悪化させないように細心の注意が必要です。

引用元-肌荒れ・かゆみは内臓疾患が原因?気になる真相を追跡調査!|Healthil[ヘルシル]

慢性腎不全と皮膚のかゆみについて

慢性腎不全は一度かかってしまうと治癒が非常に困難なとてもやっかいな病気です。
現在のところ慢性腎不全を治す薬や治療法はまだありません。
そのためにも病気にならないための予防が大切になってきます。
腎不全になってしまった場合の治療法は食事と薬物療法が中心となります。
食事は高カロリーなものをとり、たんぱくは制限されます。
薬は決して腎不全を治すものではなく症状を和らげる、改善させるためのものです。
慢性腎不全として現れている症状に対し処方されます。
例えば高血圧ならば降圧薬といったように適切な薬が投与されます。
また腎不全が末期まで進行してしまった場合は生命を維持させるため、人工透析療法が必要になります。
早期発見が悪化を防ぐ最善の方法です。
腎不全や糖尿病の症状として現れることが多いのは体の痒みや倦怠感です。
虫刺されや肌の乾燥などの原因がなく、体に痒みを生じるなどの症状がではじめた場合は腎不全や糖尿病を疑って早めに検査を受けるようにしましょう。

引用元-慢性腎不全と皮膚のかゆみについて

 - 生活の知恵, 美容・健康