ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

冷え性対策のグッズをご紹介 プレゼントにもおすすめ

      2016/01/26

冷え性のグッズはたくさんありますが、

その中でもおすすめの物をご紹介します。

冷え性の方へのプレゼントにもおすすめです。

スポンサーリンク

  関連記事

腸閉塞の前兆や初期症状はある?予防策は?

一般的な腸閉塞は、消化しきれなかったものが、

腸に徐々に詰まって行く状態ともいえるので、

前兆が起こる可能性があるようです。

なるべく早く気づいて治療できるようにしましょう。

重い物を持つ時の注意点やコツとは?

重い物を運ぶ時、つい力任せで運んでしまっていませんか?

実はかなり腰に負担をかけているかもしれません。

しっかりした持ち方で腰を痛めないよう注意しましょう。

花粉症の原因は植林?花粉症の歴史とは

国民病とも言われる花粉症ですが、

そもそもの原因はスギの植林が原因であるようです。

たくさんの人が苦しむ花粉症は一体いつまで続くのでしょうか?

様々な原因があり、解決は中々難しそうです。

肌のシミの原因とは?紫外線対策の日焼け止めSPFやPAとは

気になる肌のシミの敵である紫外線対策はしていますか?

紫外線により破壊された細胞は、ターンオーバー力を低下させ、

色素沈着を発生させます。

肌のシミの原因と対策について確認しましょう。

ジョギングによるひざの痛みはなぜ起こる?気をつけるべきこととは?

ジョギングをしていて、ジョギング中にひざが痛くなったり、

ひざに違和感が出てしまったということはありませんか?

特に始めたばかりの人は痛めやすいので注意が必要です。

幸運を呼ぶ数字とは?車や電話番号と生年月日の数字について

数字には様々な意味や力があると言われます。

たくさんの解釈がありますが、

その中でも、幸運を呼びそうな数字を探してみました。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防策について

年々夏が暑くなっているように感じます。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防が大切です。

暑い夏を乗り切りましょう!

慢性疲労症候群は慢性疲労と違う?原因や症状をチェックしよう

慢性疲労症候群という病気をご存知ですか?

近年、慢性疲労症候群である人は少なくないとも言われています。

患者は単なる疲労と誤解を受けることも多いそうです。

慢性疲労とは違う慢性疲労症候群の原因や症状とは?

口内炎の治し方でハチミツの効果はどうなの?

はちみつは、口内炎の民間療法のひとつとして、

昔からおこなわれている治療方法です。

口内炎に直接はちみつを塗ると、とても痛みますが、

口内炎の治りをよくしてくれるそうです。

炭酸入浴剤で気持ち良い入浴を!期待できる効果は?

その日の疲れはその日のうちに落としたいですよね。

炭酸入浴剤をうまく使って、

明日への元気を取り戻しましょう!

セルライトの原因となる食べ物とは?改善する食べ物は?

気になるセルライトができる原因のひとつに

食生活の乱れがあります。

原因となる食べ物の摂取を控え、対策を練りましょう。

寝る前にヨーグルトを摂るといい?睡眠やダイエットにも効果

ヨーグルトは免疫力を高めたり、腸内環境をよくするとされています。

このヨーグルトを夜の寝る前に摂取するとダイエットや睡眠などに

効果があるそうです。

イタリアで人気のゼンパスタとは?健康や美容ダイエットにもいい?

イタリアで日本発のあの食品が

人気のようです。ゼンパスタと呼ばれているそうですが、

一体どんな食品なのでしょうか?

耳鳴りが気になる 耳鳴りの原因と特徴について

耳鳴りの症状は、音がするものがないのに、

様々な音が聞こえるというものです。

病気の場合もあるそうですが、多くはストレスや疲れが

溜まっている時に起こるそうです。

口内炎のときの食事 子供にはどんな食べ物がいい?

子供が口内炎になったとき、

痛くて食事ができないこともあると思います。

そんなとき、どんな食事が有効なのでしょうか?

ノロウイルスの疑い 病院へ行くべき?対処法や予防法

ノロウイルスの疑いがある時は病院へ行きましょう。

症状が似ている他の病気の場合もあります。

また、対処法や予防法についても知っておきましょう。

心臓が痛いチクチクする痛みの原因や注意すべきこととは

チクチクとした心臓の痛みが気になるという人は、

意外と多いかもしれません。

心臓が痛い原因は様々あるようです。

血圧が高い症状について 急に血圧が上がる理由とは?

血圧が高い原因は、はっきりとわかっていないそうです。

症状について理解し、生活習慣や食生活の

見直しを図りましょう。

牛にならない?食後のごろ寝はダイエットにつながる?

食事の後に、すぐに横になると牛になると良く言われたものです。

ですが、この食後のごろ寝が消化を助けたり、

ダイエット効果もあるそうです。

コーヒーで効果的に便秘を改善?それとも悪化してしまうの?

コーヒーには便通を良くして便秘を改善する効果があると

いう意見と、コーヒーを飲むと便秘が悪化すると

いう意見もあります。どちらが正しいのでしょうか?

女性に人気の冷え性対策グッズ 蓄熱式湯たんぽ

あまり親しみのない人も多いかもしれませんが、最近冷え性対策グッズとして人気なのが「湯たんぽ」です。そのデザイン性や利便性から、プレゼントとして贈る男性も多いんですよ。

こちらは、かわいいクッションのようなデザインの湯たんぽ。触り心地もふわふわで、女性に人気があります。
20分ほどの充電で、約8時間使用することができる優れものです。もちろん、充電後はコードレスでOKなので、膝の上に乗せたり、布団の中に入れたりと使い道は様々。従来のお湯を入れるタイプと違い、お湯を入れる手間が省けて使いやすいのが人気の秘密です。

引用元-クリスマスプレゼント 彼女の冷え性におすすめ対策グッズをあげよう♪

スポンサーリンク



  人気記事

天然の蚕から採れたシルクの靴下 冷え取り靴下リンマー

《商品の特徴》
1.身体を足の先から温めてくれる保温性
2.重ね履きしても足首を締め付けない設計
3.足汗で冷やさない吸湿・放湿性(蒸散性)
4.抗菌性に優れ、長時間続く消臭効果
5.身体にやさしい制電制と低摩擦性
6.洗濯後も分かりやすい設計
お客様満足度91%、総販売数が2万3千セット突破と、まさに、今、飛ぶように売れている冷え取り靴下なのです。
足の冷え取り靴下リンマーは1セット(3足)で2,980円(税込)
3セット(9足)ですと48%OFFになり6,480円(税込)
こちらのセット↑は92%の方が選択して購入されています。
そして、家族で購入される方向けの6セット(18足)ですと56%OFFの10,800円(税込)にて購入できます。

引用元-足の冷え対策グッズ10選!冷え性予防対策はこれで決まり!

スポンサーリンク



冷え性専用のレッグウォーマー プレゼントにおすすめ

christmas-present-596300_1280

ふくらはぎに装着するタイプのレッグウォーマー「ミーテライトロング」という冷え性グッズ。累計販売30万足以上で、レッグウォーマーの中でもトップクラスに人気のグッズとなっています。

こちらもソックスタイプ同様、ふくらはぎだけでなく足先から下半身全体までを温めてくれる逸品となっており、平均40分で脚全体を温めてくれる素敵冷え性グッズ。

特殊な編み方がされていて、その人のふくらはぎのサイズを形状記憶してくれるため締め付け感もありません。ソックスを履いて寝るのに抵抗がある方へのプレゼントにはこちらがおすすめです。

引用元-プレゼントにも!冷え性グッズ3選 | トレンビュー!

冷え性グッズのかけ布団でぐっすり眠ろう

かけ布団タイプの冷え性グッズ。プレゼントにしては少し大物感がありますが喜ばない女性はいないほど効果バツグン。

中でも「ママウォーム」という冷え性対策専用のかけ布団は、とにかく冷え性の方のことを考えて作られた高性能な布団系グッズ。

羽毛よりも薄くて温かいのが人気の秘密で、身体の熱を外に逃がさない断熱性はかなりのもの。さらに吸汗性と速乾性も最大限にこだわっており、寝汗をかいて身体が冷えるという布団の宿命も完全に対策されています。

日本製で3年間の保証が付いているのも高評価でかなりおすすめです。

引用元-プレゼントにも!冷え性グッズ3選 | トレンビュー!

対策グッズに頼りすぎると冷え性は改善しない?

人は「寒い」と感じたとき、体をブルブルと震わせたり、細胞を摩擦させることで血流を促し、熱を生み出しています。けれど、いつでもどこでも体が冷えないように温め続けていると、「自力で熱を生み出す力」が低下していきます。

たしかに体が冷え切った状態は体にいいものではないので、時には温めることも必要です。けれど、いつでもどこでも体を温めすぎていると、細胞同士の摩擦も起こらなくなり、しだいに自力で熱を生み出すことをしなくなっていきます。

引用元-「冷え性対策グッズ」では冷え性を改善できない3つの理由

デメリットを聞くと、体は温めない方が良いのかな?と、極端に考えてしまうかもしれませんが、やりすぎなければ体を温めることも大切なことです。

体を温めれば、体がリラックスして血流が良くなりますし、雪が降っていて凍えるほど寒いときは体を温めることも必要です。何か温める道具を使いたいなと思ったときは、「湯たんぽ」や「半身浴」「靴下」など、できるだけ電磁波の影響を受けない、自然なものを使いましょう。

けれど、何時間も半身浴をしたり、靴下を何枚も重ねたりするのはやりすぎです。何事もバランスをみながら行えるといいですね。

引用元-「冷え性対策グッズ」では冷え性を改善できない3つの理由

 - 生活の知恵, 美容・健康