ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

冷え性対策のグッズをご紹介 プレゼントにもおすすめ

      2016/01/26

冷え性のグッズはたくさんありますが、

その中でもおすすめの物をご紹介します。

冷え性の方へのプレゼントにもおすすめです。

スポンサーリンク

  関連記事

心臓が痛いチクチクする痛みの原因や注意すべきこととは

チクチクとした心臓の痛みが気になるという人は、

意外と多いかもしれません。

心臓が痛い原因は様々あるようです。

牛にならない?食後のごろ寝はダイエットにつながる?

食事の後に、すぐに横になると牛になると良く言われたものです。

ですが、この食後のごろ寝が消化を助けたり、

ダイエット効果もあるそうです。

鎖骨が痛い原因は何?位置によっても違う?

鎖骨が痛い原因については生活習慣によって様々です。

中でも鎖骨の下が痛いという人は多いかもしれません。

鎖骨の痛みの位置でも原因が違ったりするそうです。

しゃっくりが止まらない!止め方のポイントは耳と水とツボ!

ふとした時に、しゃっくりが出てしまい、

中々止まらないなんて経験ありませんか?

しゃっくりの止め方はいくつかあるそうなので、

1つ方法を覚えておけばいざという時に、使えるかもしれません。

花粉症による目のかゆみの対策は?ヘアスタイルにも気をつける

花粉症による目のかゆみをどうにかしたい。

そう思う方は多くいると思います。

目のかゆみへの対策とは?ヘアスタイルにも気をつけてみましょう。

話題のミドリムシの栄養や効果とは ユーグレナって?

未来食材として期待されるミドリムシ。

ミドリムシは藻の一種ですが、

植物と動物両方の性質を持つとても珍しい生物です。

59種類もの栄養素を持つミドリムシが

もたらす効果とは?

顎関節症の治療はどんなもの?対策は?

顎関節症の治療とはどのようなものなのでしょうか?

また最近、顎関節症は増加傾向にあるようです。

できることから対策はしておいた方がよさそうです。

フェイスラインやあごのニキビの原因とは?

フェイスラインやあごの辺りのニキビの原因は、

主にホルモンバランスが原因であると言われています。

生活習慣を見直し、保湿をしてニキビを改善しましょう。

副鼻腔炎とは?原因はストレスや虫歯であることも

副鼻腔炎とは鼻の副鼻腔と言う場所に炎症が起きる病気です。

副鼻腔炎の原因は様々で、その原因に伴う治療が必要です。

歯の異常から起こることもあるそうです。

新車の車検の期間は?費用はどのくらい?

定期的にある車検ですが、車検はどんなものかご存知ですか?

新車である場合、初回の車検はおおむね3年です。

車検の期間や費用とは?

カイロは貼る場所によって効果は様々!貼ってはいけない場所とは?

寒い時に定番のカイロ。

最近は靴の中に入れるタイプ、靴下に貼るタイプなど、

色々な種類のカイロが販売されています。

そんなカイロも貼る場所を考えて貼れば、

さらに効果的に使用することができるのです。

喉や耳が痛い原因は急性扁桃炎かも?

喉や耳の奥が痛いなど、喉の痛みと耳の痛みが、

一緒にでる場合は急性扁桃炎の可能性があります。

急性扁桃炎は、喉の入り口にある扁桃が赤く腫れて痛み、

発熱や悪寒などの辛い症状に悩まされる病気です。

肩こりや頭痛は枕が原因かも 枕を選ぶポイント

枕が合っていないと、肩こりや頭痛の原因と

なるそうです。では、どのような枕がいいのでしょうか?

快適な眠りを手に入れましょう。

てんかんの症状や性格変化について てんかんは子供に多い?

てんかんは、突然意識を失って反応がなくなるなどの

発作を繰り返し起こす病気です。

その原因や症状は人により様々で、

患者数も全国で60~100万人とされています。

急須のTPOとは?また口についてるチューブの意味は?

誰もが知る茶を注ぐために使用する急須ですが、

急須のことをどれほど知っていますか?

その秘密やマナーについて確認しましょう。

お盆の由来はインド?日本?お休みの意味を知る

お盆といえばお盆休みと考える人は多くいるかもしれません。

里帰りや旅行など、ゴールデンウィークのような光景を

お盆休みでも見かけます。

ただ休むだけでなく、お盆の由来を知ることで、

また違った余暇の過ごし方ができるかもしれません。

食べ物で体質を改善して静電気を起きにくくする

静電気が起きやすい体質の方は、

食生活を見直して、その体質を改善できるかもしれません。

やはり何事も健康が第一です!

油性ペンの落とし方 肌や服についてしまった時は?

油性ペンが肌や服に付いてしまっても、

慌てずに対処しましょう。

身近なもので結構落ちるんですね。

インクの落とし方について確認します。

朝起きたら痰がからむ 原因は?

毎朝痰がからんで、辛い思いをしたことありませんか?

原因をつきとめ、改善していきましょう。

症状がひどい場合は診察を受けましょう。

ダイエットに効果的な入浴するタイミングとは

入浴するタイミングで食欲を抑えてダイエット効果を期待するのですが、

他にも睡眠や健康に関しても入浴というのは

大事なことのようです。

女性に人気の冷え性対策グッズ 蓄熱式湯たんぽ

あまり親しみのない人も多いかもしれませんが、最近冷え性対策グッズとして人気なのが「湯たんぽ」です。そのデザイン性や利便性から、プレゼントとして贈る男性も多いんですよ。

こちらは、かわいいクッションのようなデザインの湯たんぽ。触り心地もふわふわで、女性に人気があります。
20分ほどの充電で、約8時間使用することができる優れものです。もちろん、充電後はコードレスでOKなので、膝の上に乗せたり、布団の中に入れたりと使い道は様々。従来のお湯を入れるタイプと違い、お湯を入れる手間が省けて使いやすいのが人気の秘密です。

引用元-クリスマスプレゼント 彼女の冷え性におすすめ対策グッズをあげよう♪

スポンサーリンク



  人気記事

天然の蚕から採れたシルクの靴下 冷え取り靴下リンマー

《商品の特徴》
1.身体を足の先から温めてくれる保温性
2.重ね履きしても足首を締め付けない設計
3.足汗で冷やさない吸湿・放湿性(蒸散性)
4.抗菌性に優れ、長時間続く消臭効果
5.身体にやさしい制電制と低摩擦性
6.洗濯後も分かりやすい設計
お客様満足度91%、総販売数が2万3千セット突破と、まさに、今、飛ぶように売れている冷え取り靴下なのです。
足の冷え取り靴下リンマーは1セット(3足)で2,980円(税込)
3セット(9足)ですと48%OFFになり6,480円(税込)
こちらのセット↑は92%の方が選択して購入されています。
そして、家族で購入される方向けの6セット(18足)ですと56%OFFの10,800円(税込)にて購入できます。

引用元-足の冷え対策グッズ10選!冷え性予防対策はこれで決まり!

スポンサーリンク



冷え性専用のレッグウォーマー プレゼントにおすすめ

christmas-present-596300_1280

ふくらはぎに装着するタイプのレッグウォーマー「ミーテライトロング」という冷え性グッズ。累計販売30万足以上で、レッグウォーマーの中でもトップクラスに人気のグッズとなっています。

こちらもソックスタイプ同様、ふくらはぎだけでなく足先から下半身全体までを温めてくれる逸品となっており、平均40分で脚全体を温めてくれる素敵冷え性グッズ。

特殊な編み方がされていて、その人のふくらはぎのサイズを形状記憶してくれるため締め付け感もありません。ソックスを履いて寝るのに抵抗がある方へのプレゼントにはこちらがおすすめです。

引用元-プレゼントにも!冷え性グッズ3選 | トレンビュー!

冷え性グッズのかけ布団でぐっすり眠ろう

かけ布団タイプの冷え性グッズ。プレゼントにしては少し大物感がありますが喜ばない女性はいないほど効果バツグン。

中でも「ママウォーム」という冷え性対策専用のかけ布団は、とにかく冷え性の方のことを考えて作られた高性能な布団系グッズ。

羽毛よりも薄くて温かいのが人気の秘密で、身体の熱を外に逃がさない断熱性はかなりのもの。さらに吸汗性と速乾性も最大限にこだわっており、寝汗をかいて身体が冷えるという布団の宿命も完全に対策されています。

日本製で3年間の保証が付いているのも高評価でかなりおすすめです。

引用元-プレゼントにも!冷え性グッズ3選 | トレンビュー!

対策グッズに頼りすぎると冷え性は改善しない?

人は「寒い」と感じたとき、体をブルブルと震わせたり、細胞を摩擦させることで血流を促し、熱を生み出しています。けれど、いつでもどこでも体が冷えないように温め続けていると、「自力で熱を生み出す力」が低下していきます。

たしかに体が冷え切った状態は体にいいものではないので、時には温めることも必要です。けれど、いつでもどこでも体を温めすぎていると、細胞同士の摩擦も起こらなくなり、しだいに自力で熱を生み出すことをしなくなっていきます。

引用元-「冷え性対策グッズ」では冷え性を改善できない3つの理由

デメリットを聞くと、体は温めない方が良いのかな?と、極端に考えてしまうかもしれませんが、やりすぎなければ体を温めることも大切なことです。

体を温めれば、体がリラックスして血流が良くなりますし、雪が降っていて凍えるほど寒いときは体を温めることも必要です。何か温める道具を使いたいなと思ったときは、「湯たんぽ」や「半身浴」「靴下」など、できるだけ電磁波の影響を受けない、自然なものを使いましょう。

けれど、何時間も半身浴をしたり、靴下を何枚も重ねたりするのはやりすぎです。何事もバランスをみながら行えるといいですね。

引用元-「冷え性対策グッズ」では冷え性を改善できない3つの理由

 - 生活の知恵, 美容・健康