ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

冷え性対策のグッズをご紹介 プレゼントにもおすすめ

      2016/01/26

冷え性のグッズはたくさんありますが、

その中でもおすすめの物をご紹介します。

冷え性の方へのプレゼントにもおすすめです。

スポンサーリンク

  関連記事

昼食後の昼寝がもたらす効果は美容にも?昼寝をしたら太らないの?

お昼時、食事後なんかは特に眠くなります。

実は昼寝をすると様々な効果があるそうです。

美容についてもいい効果があるみたいですね。

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

緊張をほぐす試験や受験対策で合格を勝ち取ろう

試験や受験は多くの方が人生で経験することだと思います。

勉強したのに、緊張していいパフォーマンスが出来なかった、

なんていうことのないように緊張をほぐす方法をいくつかご紹介します。

会話が続かない人の特徴とは?上司や初見の人との会話

仲のいい友達となら会話も途切れることは少ないかもしれませんが、

それが、初対面であったり、目上の人や上司であると、

どんな会話をしていいのか迷って沈黙してしまうということも

多いかもしれません。

会話をうまく続けるために、会話が続かない人の特徴を知り、

そういった場面に活かせるようにしましょう。

ジョギングによるひざの痛みはなぜ起こる?気をつけるべきこととは?

ジョギングをしていて、ジョギング中にひざが痛くなったり、

ひざに違和感が出てしまったということはありませんか?

特に始めたばかりの人は痛めやすいので注意が必要です。

食べ物で体質を改善して静電気を起きにくくする

静電気が起きやすい体質の方は、

食生活を見直して、その体質を改善できるかもしれません。

やはり何事も健康が第一です!

ストレートネックの症状に注意!主な症状は頭痛

近年増加傾向にあるのがストレートネックです。

主な症状は頭痛ですが、それ以外にも不調の症状が出るようです。

ストレートネックについて見ていきましょう。

喉や耳が痛い原因は急性扁桃炎かも?

喉や耳の奥が痛いなど、喉の痛みと耳の痛みが、

一緒にでる場合は急性扁桃炎の可能性があります。

急性扁桃炎は、喉の入り口にある扁桃が赤く腫れて痛み、

発熱や悪寒などの辛い症状に悩まされる病気です。

イタリアで人気のゼンパスタとは?健康や美容ダイエットにもいい?

イタリアで日本発のあの食品が

人気のようです。ゼンパスタと呼ばれているそうですが、

一体どんな食品なのでしょうか?

鼻のかみすぎに注意!耳が痛い症状や鼻のかみ方について

風邪などで鼻水をかむことはありますが、

鼻をかみすぎて耳が痛いと感じたことはありませんか?

鼻のかみ方を見直して負担をかけないようにしましょう。

30代や40代女性の独身の楽しみ方とは

独身の方が増え、ソロ化が進む中、

独身をプラスに捉え、存分に独身を楽しむ女性は増えています。

独身の楽しみ方とは?

テレビを観ながらのSNSは危険?デジタルによる脳への影響とは

周りを見渡せば、デジタルは当たり前の時代になりました。

特に若い人は、今の時代しか知りません。

このテレビやSNSが脳へ及ぼす影響は、

もしかしたらこの先、大きな社会問題となるかもしれません。

血圧が高い時の対処法で血圧を下げられる方法は?

血圧が高い時に、日常生活からできる対処法や、

簡単にできる対処法は、どのようなものがあるでしょうか?

ストレスを溜めないようにすることも大切です。

牡蠣の生食用と加熱用の違い 注意点とは

スーパーなどで見かけることが多いと思いますが、

生食用と加熱用の牡蠣が置いてあります。

鮮度の違いでないことはご存知でしたか?

正しい認識を持たないと、あたってしまうかも。

唇が乾燥する原因とは? はちみつで唇をケアする

普段何気なくやってることが唇の乾燥をまねいているかもしれません。

乾燥の原因を知り、しっかりケアをして

素敵なリップにしましょう。

疲労回復をするために睡眠が大事!理想の睡眠時間とは?

疲労回復のために、睡眠はとても重要です。

特に精神的疲労が大きい場合は睡眠時間が長くなってしまうすです。

疲労回復のための理想の睡眠時間はどれくらいなのでしょうか?

季節性情動障害とは?冬季うつの症状について

主に秋から冬にかけて悪化するタイプのうつ病で、

冬季うつや季節性うつ病、季節性感情障害と呼ばれたりもします。

冬場は体がだるいなどがある方は、

もしかしたら冬季うつ病なのかもしれません。

ズボンの乾かし方を工夫してシワをつけない シワの取り方は?

ズボンを洗濯して乾かしても、ちゃんと乾かさないと

すぐにシワになってしまいます。

乾かし方やシワの取り方を知り、ズボンを長持ちさせましょう。

口内炎が痛い 食事ができない時におすすめの食べ物

口内炎が痛いと気分も落ちてしまいがちですが、

しっかり食事をして体力を落とさないことが大事です。

食事ができないほどの時でも工夫して食事を摂るようにしましょう。

人間の脳は10%しか使われていないというのは間違い?

よく聞く人間の脳は10%しか使われていないという説は、

どうやら違うようです。アインシュタインは努力をしなさいという

意味で「我々人間は潜在能力の10%しか引き出せていない」

と言ったそうです。そういったことが俗説を生んだのかもしれません。

女性に人気の冷え性対策グッズ 蓄熱式湯たんぽ

あまり親しみのない人も多いかもしれませんが、最近冷え性対策グッズとして人気なのが「湯たんぽ」です。そのデザイン性や利便性から、プレゼントとして贈る男性も多いんですよ。

こちらは、かわいいクッションのようなデザインの湯たんぽ。触り心地もふわふわで、女性に人気があります。
20分ほどの充電で、約8時間使用することができる優れものです。もちろん、充電後はコードレスでOKなので、膝の上に乗せたり、布団の中に入れたりと使い道は様々。従来のお湯を入れるタイプと違い、お湯を入れる手間が省けて使いやすいのが人気の秘密です。

引用元-クリスマスプレゼント 彼女の冷え性におすすめ対策グッズをあげよう♪

スポンサーリンク



  人気記事

天然の蚕から採れたシルクの靴下 冷え取り靴下リンマー

《商品の特徴》
1.身体を足の先から温めてくれる保温性
2.重ね履きしても足首を締め付けない設計
3.足汗で冷やさない吸湿・放湿性(蒸散性)
4.抗菌性に優れ、長時間続く消臭効果
5.身体にやさしい制電制と低摩擦性
6.洗濯後も分かりやすい設計
お客様満足度91%、総販売数が2万3千セット突破と、まさに、今、飛ぶように売れている冷え取り靴下なのです。
足の冷え取り靴下リンマーは1セット(3足)で2,980円(税込)
3セット(9足)ですと48%OFFになり6,480円(税込)
こちらのセット↑は92%の方が選択して購入されています。
そして、家族で購入される方向けの6セット(18足)ですと56%OFFの10,800円(税込)にて購入できます。

引用元-足の冷え対策グッズ10選!冷え性予防対策はこれで決まり!

スポンサーリンク



冷え性専用のレッグウォーマー プレゼントにおすすめ

christmas-present-596300_1280

ふくらはぎに装着するタイプのレッグウォーマー「ミーテライトロング」という冷え性グッズ。累計販売30万足以上で、レッグウォーマーの中でもトップクラスに人気のグッズとなっています。

こちらもソックスタイプ同様、ふくらはぎだけでなく足先から下半身全体までを温めてくれる逸品となっており、平均40分で脚全体を温めてくれる素敵冷え性グッズ。

特殊な編み方がされていて、その人のふくらはぎのサイズを形状記憶してくれるため締め付け感もありません。ソックスを履いて寝るのに抵抗がある方へのプレゼントにはこちらがおすすめです。

引用元-プレゼントにも!冷え性グッズ3選 | トレンビュー!

冷え性グッズのかけ布団でぐっすり眠ろう

かけ布団タイプの冷え性グッズ。プレゼントにしては少し大物感がありますが喜ばない女性はいないほど効果バツグン。

中でも「ママウォーム」という冷え性対策専用のかけ布団は、とにかく冷え性の方のことを考えて作られた高性能な布団系グッズ。

羽毛よりも薄くて温かいのが人気の秘密で、身体の熱を外に逃がさない断熱性はかなりのもの。さらに吸汗性と速乾性も最大限にこだわっており、寝汗をかいて身体が冷えるという布団の宿命も完全に対策されています。

日本製で3年間の保証が付いているのも高評価でかなりおすすめです。

引用元-プレゼントにも!冷え性グッズ3選 | トレンビュー!

対策グッズに頼りすぎると冷え性は改善しない?

人は「寒い」と感じたとき、体をブルブルと震わせたり、細胞を摩擦させることで血流を促し、熱を生み出しています。けれど、いつでもどこでも体が冷えないように温め続けていると、「自力で熱を生み出す力」が低下していきます。

たしかに体が冷え切った状態は体にいいものではないので、時には温めることも必要です。けれど、いつでもどこでも体を温めすぎていると、細胞同士の摩擦も起こらなくなり、しだいに自力で熱を生み出すことをしなくなっていきます。

引用元-「冷え性対策グッズ」では冷え性を改善できない3つの理由

デメリットを聞くと、体は温めない方が良いのかな?と、極端に考えてしまうかもしれませんが、やりすぎなければ体を温めることも大切なことです。

体を温めれば、体がリラックスして血流が良くなりますし、雪が降っていて凍えるほど寒いときは体を温めることも必要です。何か温める道具を使いたいなと思ったときは、「湯たんぽ」や「半身浴」「靴下」など、できるだけ電磁波の影響を受けない、自然なものを使いましょう。

けれど、何時間も半身浴をしたり、靴下を何枚も重ねたりするのはやりすぎです。何事もバランスをみながら行えるといいですね。

引用元-「冷え性対策グッズ」では冷え性を改善できない3つの理由

 - 生活の知恵, 美容・健康