ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

冷え性対策のストレッチ 押すと効果のあるツボとは

      2017/02/23

冷え性に負けないためにストレッチで身体を温めてあげましょう。

簡単にできるストレッチと冷え性に効果があるツボを

ご紹介します。

スポンサーリンク

  関連記事

bs150415122579
お年玉を高校生に 金額の相場は?

お正月になると親としては懐が痛いお年玉という

イベントがあります。高校生ってどのくらい渡せばいいのか。

また、高校生はお年玉をどのように使っているのでしょうか?

10b6c4c8a1be7a60f193b386deb1716b_s
足つぼのマッサージは疲れやむくみにも効果あり?

足つぼのマッサージは様々な効果をもたらすと

言われています。足のむくみや疲れ、さらには

坐骨神経痛にも効果があるのだそうです。

689b8a4b0fd39f8444192a3c9ad2b0f3_s
しゃっくりが出る原因とは?疲れやストレスが関係することも

急に出るしゃっくりですが、原因については、

ご存知の方も多いかもしれません。

ストレスや疲れなどが関係していることもあるようです。

6d632bfc7af61d7ea4dc24f7736b7e84_s
紅茶に含まれるカフェインの効果とは

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーですが、

紅茶にもカフェインは含まれているのです。

その効果とはどのようなものなのでしょうか。

smartphone-569076_1280
ストレートネックとは違うスマホ首とは?

スマホのしすぎで首を痛めていたりしていませんか?

これはストレートネックとは少々違うようです。

早い段階で対処するようにしましょう。

bsPAK82_gannbattekudasai1039
緊張をほぐすツボを押してプレッシャーに打ち勝て!

緊張している時に、あるツボを押すと、

緊張がほぐれるそうです。

ツボの場所や押し方のコツとは?

5c3a9e8966fab29bd3bcc11c674b95ea_s
てんかんの症状や性格変化について てんかんは子供に多い?

てんかんは、突然意識を失って反応がなくなるなどの

発作を繰り返し起こす病気です。

その原因や症状は人により様々で、

患者数も全国で60~100万人とされています。

a74964e912dbf3aa2036b8bba170bd44_s
朝の顔のむくみの予防や効果が期待できる解消法とは?

朝起きたら、いつもより顔が大きくなっている気がしたり、

目が腫れぼったく感じたことはありませんか?

顔のむくみを予防するために効果が期待できる方法や解消法とは?

08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
足が疲れやすい 足の疲れの解消法とは?効果的なツボは?

仕事で立っている時間が長かったり、歩き続けなければならない場合、

どうしても足が疲れやすいですよね。

特に女性の靴は疲れやすいということもあります。

足の疲れを解消するツボやポイントを見て、

疲れを次の日に残さないようにしたいものです。

oyster-989182_1280
牡蠣の生食用と加熱用の違い 注意点とは

スーパーなどで見かけることが多いと思いますが、

生食用と加熱用の牡蠣が置いてあります。

鮮度の違いでないことはご存知でしたか?

正しい認識を持たないと、あたってしまうかも。

4276b499d1925308c0b4899fed55383e_s
背中が痛い症状が真ん中に現れる原因とは 吐き気もある時は?

背中が痛い症状と共に吐き気がする場合があります。

吐き気を伴う場合、内臓疾患により痛みが生じている可能性があります。

背中の真ん中あたりが痛む場合の原因とは?

bsOZP85_yabeeonakaitai
ノロウイルスの主な症状や感染経路とは

ノロウイルスが流行しているようです。

ノロウイルスの感染経路や症状を知った上で、

予防策をとりましょう。

ca977cc9fb6a21294b2e060667089fb1_s
足がむずむずして眠れない症状はむずむず脚症候群かも?原因や症状について

脚の奥の方に気持ちの悪い感覚があったり、

安静にしているときに足がむずむずするなどの症状がある場合、

それはむずむず脚症候群かもしれません。

症状や原因を確認してみましょう。

door-handle-625942_1280
静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

bsSEP_355215221321
ストレートネックの症状に注意 頭痛が主な症状

近年増加傾向にあるのがストレートネックです。

主な症状は頭痛ですが、それ以外にも不調の症状が出るようです。

ストレートネックについて見ていきましょう。

a0001_017554_m
季節性情動障害とは?冬季うつの症状について

主に秋から冬にかけて悪化するタイプのうつ病で、

冬季うつや季節性うつ病、季節性感情障害と呼ばれたりもします。

冬場は体がだるいなどがある方は、

もしかしたら冬季うつ病なのかもしれません。

laundry-651921_1280
ズボンの乾かし方を工夫してシワをつけない シワの取り方は?

ズボンを洗濯して乾かしても、ちゃんと乾かさないと

すぐにシワになってしまいます。

乾かし方やシワの取り方を知り、ズボンを長持ちさせましょう。

a80ba4ccec481e15507b7d67397425e5_s
てんかん発作を見かけたときのために知っておくべき対応とは

てんかんの発作は、突然起こります。

街中や大きな施設などで発作を起こしている方を見かけた場合、

どのような対応を取るべきなのでしょうか?

3b6a7c3cb866806476e87060aff25e4d_s
溶連菌て何?感染症の症状は子供に出やすい?

子供が季節や時期によってあらゆる感染症にかかってしまうことは、

よくあることかもしれません。

今回は子供がかかりやすいと言われる溶連菌の感染症の症状を確認し、

かかってしまった時は、適切な対処が出来るようにしましょう。

a28437535e38bafaf2e6f1306a775906_s
目の奥が痛い原因や眩しいと感じる原因は?目の疲れに効くツボとは

目が疲れると、まばたきの回数が増えたり、目の奥が痛いなど、

目に症状が現れてきます。光が眩しいと感じるのも症状の一つです。

原因として多いのは眼精疲労やドライアイだと言われています。

a0002_008682_m

ストレッチによる身体への効果とは

ストレッチはスポーツ競技のように上手に行う必要はありません。ストレッチは元々身体を快適に動かすための準備運動ですので、自分の身体能力に従って、身体を伸ばしてあげればそれでいいのです。

大切なのは、気持ちよく身体を動かすことです。ストレッチによって普段伸ばさない身体の部位を伸ばすと、その部分の血行が促進され、体温を上げることにつながります。さらに、運動個所に心地よい痛みを感じられれば、その部分を中心に体内全体が活性化していきます。

引用元-ストレッチで血行促進!寒さ・冷え性対策に

スポンサーリンク



  人気記事

Sorry. No data so far.

冷え性に効果的な指のストレッチ

①座った状態で片方の足を、もう片方の脚の膝の上に乗せ、いわゆる片脚を組んでいる状態を作ります。

②膝の上に乗せている方の足5本の指を、両手を重ねるようにして持ちましょう。

③両手で足の甲を伸ばしながら指全体を手で折り曲げます。

※この状態を5秒間×5セット両足で行っていきます。

 

これだけです!簡単ですね。要は両手で足の指先を掴んでグッと折り曲げ、足の甲も伸ばしていくだけなので、寝ながらでも出来るストレッチです。ただ注意点としては、足が痛いところまでしっかり足の甲を折り曲げ指を伸ばしていく、ということですね。

このストレッチは、手の力を使って血液の流れを一時的に止めると、その反動で血管拡張作用が働き、血流が良くなるという反応を利用したものです。5セットやり終えると、スーッと足に血が行き渡っていっているような感覚がわかると思います。

このセットを1日に1回で結構ですが、冷えを感じた時に何度もおこなっても結構です。

引用元-足などの末端冷え性に効果的なストレッチ&ツボ | Fitness Junkie フィットネスジャンキー

スポンサーリンク



ふくらはぎのストレッチで冷え性対策

a0002_008683_m

あまり知られていませんが、ふくらはぎの筋肉というのは、血液を心臓へ送るという重要な働きがあるので、ふくらはぎの筋肉を動かすことによって、全身の血流をよくして、身体を温め、冷え性を改善することができます。
 
たとえば、立ったままでも、椅子に座った状態でも構わないので、かかとを上下させます。立ったままの場合なら、軽く背伸びをするような感じです。
 
あるいは、新聞紙や雑誌の束、電話帳などで5~6cmの段差を作り、その上につま先を乗せた状態から、かかとを上下させるという方法を取れば、ふくらはぎの筋肉をより鍛えることができます。
 
また、アキレス腱を伸ばすストレッチも効果があります。学校の体育の授業などでやったことがあると思いますが、片足を前に出してヒザを曲げていき、もう一方の足のかかとは床から離さないようにしてアキレス腱から脚の後ろ側全体の筋肉を伸ばします。
 
これを両足でそれぞれ約20秒程度、毎日行なうといいでしょう。これだけで、下半身だけではなく全身の血行がよくなり、冷え性を改善することができます。

引用元-冷え性に効くストレッチ法

朝一番に簡単にできるストレッチ

●朝の足ストレッチ
冷え性の症状が出やすいのが足で、循環が悪いことから足は冷えやすいと言われています。
朝一番に足をしっかり温めておくことで、オフィスに行ってからの冷えも防止できます。
1.楽な体勢で座って足を伸ばす
2.両足のかかと同士をつけて、つま先を離す
3.つま先を近づけて、かかとを離す
4.2と3を5回繰り返す
5.かかとを揃えてつま先を前に伸ばす
6.つま先を自分の方に倒す
7.5と6を5回繰り返す

引用元-下半身の夏冷えを解消するストレッチ[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

冷え性を改善する3つのツボ

1 三陰交(さんいんこう)

足の内側、くるぶしの一番上から指4本分くらい上(くるぶしから8cm程度上)にある、すね骨のすぐ後ろのツボです。

押し方:左右の親指を三陰交に重ねて「痛いな」と思うくらいの強さでじっくりと押します。深く呼吸をしながら、息を吐きつつ10秒押し、息を吸いつつ10秒。これを左右繰り返します。 ツボを押す以外には、温灸や、熱めのシャワーを数秒間当てて刺激をするのも効果的。ただ、繊細なツボなので押す力は控えめに。強い痛みを感じるくらいまでは押さないよう、気をつけてください。

2 八風(はっぷう)

足の甲にあるツボ。足の親指から小指まで、5本の指の付け根の間部分です。

押し方:親指と人差指で八風の部分をはさむようにつまみ、ぎゅっと強めに押し揉みます。じっくりと押したら、ゆっくりとそのまま指を指先に向かってつまみ、引っ張って離します。これを1か所あたり10回程度行うと効果的です。両足を続けて刺激しても温かい実感がない場合は、もう一周続けてください。

3 湧泉(ゆうせん)

足裏のツボで、土踏まずの少し上、中央あたりにあります。足の指を曲げると少し凹むところなので、足裏を観察しながら見つけてください。

押し方:両手の親指を重ねて、ギュッと強く押します。このツボを押すときも、ゆっくりと深く呼吸をしながら。息を吐きながら5秒、息を吸いながら5秒、じっくりと押してください。お風呂上がりなど足の裏が温まっているタイミングがおすすめです。

引用元-ストレッチやツボ押しで冷え性改善。自宅でできる簡単冷え性対策 | ヘルスケア大学

 - 生活の知恵, 美容・健康