ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

冷え性対策のストレッチ 押すと効果のあるツボとは

      2017/02/23

冷え性に負けないためにストレッチで身体を温めてあげましょう。

簡単にできるストレッチと冷え性に効果があるツボを

ご紹介します。

スポンサーリンク

  関連記事

コートの気になる毛玉の原因や取る方法とは

コートの季節になりました。

そして気になるのが、毛玉です。

あるもので簡単に取ることが出来るそうなので、

試してみましょう。

朝の時間を快適に過ごして健康体へ

朝はだるかったり、調子が出ないという方は多いかもしれません。

バタバタしてしまう朝の時間に余裕を持って、

朝食もしっかり摂るようにして、

健康な体づくりの基盤としましょう。

昼食後昼寝の効果的な時間とは大人にはどんな効果が?

人は1日のうちに2回眠気が来ると言われています。

大人は仕事もありますので、中々昼寝をすることは難しいかも

しれませんが、短い時間を見つけて午後からも

効率的な仕事ができるようにしましょう。

耳鳴りの原因は病気?低音の耳鳴りで気をつけたい病気とは

耳鳴りがすると、耳鳴りもつらいですが、

耳鳴りによる不安感もつらいですよね。

無理せず周りの人に相談したり、病院へかかりましょう。

健康や美容にも関係が深いケイ素の効果や効能について

ケイ素は、シリカ(二酸化ケイ素)とも呼ばれており、

地球上のあらゆる物質や物体にケイ素が含まれているそうです。

注目されるケイ素の効果や効能とは?

昼食後の昼寝がもたらす効果は美容にも?昼寝をしたら太らないの?

お昼時、食事後なんかは特に眠くなります。

実は昼寝をすると様々な効果があるそうです。

美容についてもいい効果があるみたいですね。

突然めまいが起きた時の対処法は?立ちくらみのようなめまいの場合

めまいにも種類があり、考えられる原因や病気は様々です。

突然めまいに襲われた時は、どうすべきなのでしょうか?

脳に心配がある時は、その時の症状も確認しておきましょう。

リンパマッサージとは?その効果について

リンパマッサージは聞いたことはあっても、

どんなものかというのは知らない方もしるかもしれません。

効果とはどのようなものなのでしょうか?

朝の顔のむくみの予防や効果が期待できる解消法とは?

朝起きたら、いつもより顔が大きくなっている気がしたり、

目が腫れぼったく感じたことはありませんか?

顔のむくみを予防するために効果が期待できる方法や解消法とは?

たまに心臓が痛い症状は肋間神経痛が原因?どんな人がなりやすい?

たまに心臓が痛いと感じる人は肋間神経痛かもしれません。

肋間神経痛とは肋骨に沿って走る神経が、

何らかの原因で痛む症状のことを言います。

場所が心臓あたりのため心配ですよね。

その症状や原因はどんなものなのでしょうか?

仕事のストレスでイライラの限界を感じる前に対処を!

仕事でストレスを感じることは、残念ながら日常的にあると思います。

しかし、ストレスを溜めてイライラしているのは良くありません。

解消しながら、うまくストレスと付き合っていくことが大切です。

口内炎のときの食事 子供にはどんな食べ物がいい?

子供が口内炎になったとき、

痛くて食事ができないこともあると思います。

そんなとき、どんな食事が有効なのでしょうか?

緊張型頭痛の治し方や対処法、治療について

緊張型頭痛を改善したい。

日常生活で気をつけるべきことはどんなことなのでしょう。

治し方や対処法について確認します。

口内炎の治し方でハチミツの効果はどうなの?

はちみつは、口内炎の民間療法のひとつとして、

昔からおこなわれている治療方法です。

口内炎に直接はちみつを塗ると、とても痛みますが、

口内炎の治りをよくしてくれるそうです。

しゃっくりが止まらない原因とは?病院へ行くべき?

通常しゃっくりは、しばらくすれば止まりますが、

止まらない時はどうしたらいいのでしょうか?

食べ過ぎなどが原因のこともありますが、病院へは行くべきなのでしょうか?

100回すると死ぬと言われるしゃっくりも、

長く続くようなら要注意です。

独身男性の寿命は既婚男性より短い?原因や特徴とは

生涯独身でいれば、自分の好きなように生活できます。

お金や時間を思うがままに使うことができるでしょう。

しかし、独身男性の寿命は既婚男性に比べて短いという

統計データがあります。直接的な原因がないとしても、

独身者としては、ちょっと気になりますね。

セルライトは運動不足を解消すれば消える負担の少ない有酸素運動が効果的

気になるセルライトは運動すれば消えると言いますが、

運動は得意じゃないし、と思っている方。

負担の少ない簡単な運動でも効果があるのです。

むしろセルライトにはあまり激しい運動は良くないそうです。

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

ダイエットにコーヒーの効果は期待できる?インスタントでもいいの?

コーヒーはダイエットにも効果的と言われています。

しかし、その効果はインスタンコーヒーでも

同等なのか、もしくは効果はないのでしょうか?

牡蠣の生食用と加熱用の違い 注意点とは

スーパーなどで見かけることが多いと思いますが、

生食用と加熱用の牡蠣が置いてあります。

鮮度の違いでないことはご存知でしたか?

正しい認識を持たないと、あたってしまうかも。

ストレッチによる身体への効果とは

ストレッチはスポーツ競技のように上手に行う必要はありません。ストレッチは元々身体を快適に動かすための準備運動ですので、自分の身体能力に従って、身体を伸ばしてあげればそれでいいのです。

大切なのは、気持ちよく身体を動かすことです。ストレッチによって普段伸ばさない身体の部位を伸ばすと、その部分の血行が促進され、体温を上げることにつながります。さらに、運動個所に心地よい痛みを感じられれば、その部分を中心に体内全体が活性化していきます。

引用元-ストレッチで血行促進!寒さ・冷え性対策に

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

冷え性に効果的な指のストレッチ

①座った状態で片方の足を、もう片方の脚の膝の上に乗せ、いわゆる片脚を組んでいる状態を作ります。

②膝の上に乗せている方の足5本の指を、両手を重ねるようにして持ちましょう。

③両手で足の甲を伸ばしながら指全体を手で折り曲げます。

※この状態を5秒間×5セット両足で行っていきます。

 

これだけです!簡単ですね。要は両手で足の指先を掴んでグッと折り曲げ、足の甲も伸ばしていくだけなので、寝ながらでも出来るストレッチです。ただ注意点としては、足が痛いところまでしっかり足の甲を折り曲げ指を伸ばしていく、ということですね。

このストレッチは、手の力を使って血液の流れを一時的に止めると、その反動で血管拡張作用が働き、血流が良くなるという反応を利用したものです。5セットやり終えると、スーッと足に血が行き渡っていっているような感覚がわかると思います。

このセットを1日に1回で結構ですが、冷えを感じた時に何度もおこなっても結構です。

引用元-足などの末端冷え性に効果的なストレッチ&ツボ | Fitness Junkie フィットネスジャンキー

スポンサーリンク



ふくらはぎのストレッチで冷え性対策

a0002_008683_m

あまり知られていませんが、ふくらはぎの筋肉というのは、血液を心臓へ送るという重要な働きがあるので、ふくらはぎの筋肉を動かすことによって、全身の血流をよくして、身体を温め、冷え性を改善することができます。
 
たとえば、立ったままでも、椅子に座った状態でも構わないので、かかとを上下させます。立ったままの場合なら、軽く背伸びをするような感じです。
 
あるいは、新聞紙や雑誌の束、電話帳などで5~6cmの段差を作り、その上につま先を乗せた状態から、かかとを上下させるという方法を取れば、ふくらはぎの筋肉をより鍛えることができます。
 
また、アキレス腱を伸ばすストレッチも効果があります。学校の体育の授業などでやったことがあると思いますが、片足を前に出してヒザを曲げていき、もう一方の足のかかとは床から離さないようにしてアキレス腱から脚の後ろ側全体の筋肉を伸ばします。
 
これを両足でそれぞれ約20秒程度、毎日行なうといいでしょう。これだけで、下半身だけではなく全身の血行がよくなり、冷え性を改善することができます。

引用元-冷え性に効くストレッチ法

朝一番に簡単にできるストレッチ

●朝の足ストレッチ
冷え性の症状が出やすいのが足で、循環が悪いことから足は冷えやすいと言われています。
朝一番に足をしっかり温めておくことで、オフィスに行ってからの冷えも防止できます。
1.楽な体勢で座って足を伸ばす
2.両足のかかと同士をつけて、つま先を離す
3.つま先を近づけて、かかとを離す
4.2と3を5回繰り返す
5.かかとを揃えてつま先を前に伸ばす
6.つま先を自分の方に倒す
7.5と6を5回繰り返す

引用元-下半身の夏冷えを解消するストレッチ[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

冷え性を改善する3つのツボ

1 三陰交(さんいんこう)

足の内側、くるぶしの一番上から指4本分くらい上(くるぶしから8cm程度上)にある、すね骨のすぐ後ろのツボです。

押し方:左右の親指を三陰交に重ねて「痛いな」と思うくらいの強さでじっくりと押します。深く呼吸をしながら、息を吐きつつ10秒押し、息を吸いつつ10秒。これを左右繰り返します。 ツボを押す以外には、温灸や、熱めのシャワーを数秒間当てて刺激をするのも効果的。ただ、繊細なツボなので押す力は控えめに。強い痛みを感じるくらいまでは押さないよう、気をつけてください。

2 八風(はっぷう)

足の甲にあるツボ。足の親指から小指まで、5本の指の付け根の間部分です。

押し方:親指と人差指で八風の部分をはさむようにつまみ、ぎゅっと強めに押し揉みます。じっくりと押したら、ゆっくりとそのまま指を指先に向かってつまみ、引っ張って離します。これを1か所あたり10回程度行うと効果的です。両足を続けて刺激しても温かい実感がない場合は、もう一周続けてください。

3 湧泉(ゆうせん)

足裏のツボで、土踏まずの少し上、中央あたりにあります。足の指を曲げると少し凹むところなので、足裏を観察しながら見つけてください。

押し方:両手の親指を重ねて、ギュッと強く押します。このツボを押すときも、ゆっくりと深く呼吸をしながら。息を吐きながら5秒、息を吸いながら5秒、じっくりと押してください。お風呂上がりなど足の裏が温まっているタイミングがおすすめです。

引用元-ストレッチやツボ押しで冷え性改善。自宅でできる簡単冷え性対策 | ヘルスケア大学

 - 生活の知恵, 美容・健康