ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

冷え性を日々の運動で改善する

      2016/01/25

冷え性を改善するために運動を始めてみませんか?

効果的な有酸素運動を行うことにより、習慣など様々な面が

改善されることも期待されます。

運動不足の方は是非、ウォーキングから始めてみましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

足の裏の魚の目の芯の取り方

足の裏に魚の目ができても、症状がひどくなければ、

セルフケアで済ませる人が多いかもしれません。

しかし、セルフケアには十分な注意が必要です。

原因や予防策を知って再発しないようにしましょう。

口内炎が舌に 原因や特徴とは?

口内炎の中でも、最も辛いといわれているものが、

舌にできる口内炎です。舌は味や熱さを感じる働きの他に、

口の中に入った食べ物を食べるのを助け、

発音では重要な働きをします。

口内炎が舌にできてしまう原因や特徴とは?

セルライトを運動して落とす 効果的な運動とは?

気になるセルライトを効果的な運動で

落としましょう。ただし、激しい運動は

逆効果になりそうです。

ストレートネック用の枕の効果とは おすすめや選び方は?

デスクに座っての長時間にわたるパソコン作業やスマートフォンの

使いすぎによっておこってしまうストレートネック。

改善するための枕についてご紹介します。

花粉症による鼻づまりのメカニズムとは?寝れない時はツボを刺激

花粉症による鼻づまりの悩みを抱える人は少なくないと思います。

鼻づまりのメカニズムを理解し、少しでも解消の

糸口を掴めるといいですね。

ベジブロスって?野菜の皮など捨てずに有効活用!

野菜の皮など、普段捨ててしまっているようなものを

有効活用しましょう!

ベジブロスはご存知ですか?

しゃっくりが止まらない!止め方のポイントは耳と水とツボ!

ふとした時に、しゃっくりが出てしまい、

中々止まらないなんて経験ありませんか?

しゃっくりの止め方はいくつかあるそうなので、

1つ方法を覚えておけばいざという時に、使えるかもしれません。

手術での全身麻酔の方法は?リスクや合併症はある?

手術では体にメスを入れるため、痛みを感じなくさせ、

ストレスから患者の体を守ることが麻酔の役割となります。

全身麻酔の場合、考えられるリスクはどのようなことがあるのでしょうか?

鼻づまりが気になる 原因や治し方とは

鼻づまりは主に風邪の時になりやすですが、

息がしにくかったり、気になったりします。

治し方を確認して解消しましょう。

血圧が低い原因について数値はどのくらいで低いとなるのか

朝が起きられなかったり、いきなり立ち上がると、

立ちくらみが起きたりしていませんか?

疲れやすい症状や疲れがとれにくい症状も血圧が低い人特徴です。

血圧が低い事の原因とは何なのでしょうか?

また、血圧の数値がどのくらいだと低いという事になるのでしょう?

静電気の電圧ってどのくらいなの?

静電気の電圧とはどの程度のものなのでしょうか?

また、静電気によって命の危険にさらされる事はあるのか?

雷も静電気が素のようです。

ストレスチェック制度って知ってる?義務化された目的とは

2015年12月から、ストレスチェックテストを

行うことが義務化されました。一体どのようなものなのでしょうか?

その目的や制度が導入されることで、どんな影響があるのでしょうか?

尋常性疣贅とはイボのこと?子供に多い足の裏のイボの原因や特徴

足の裏の魚の目やタコのように見えるものは、

実は尋常性疣贅というウイルス性のイボかもしれません。

子供が感染しやすいようです。

原因や特徴とはどんなものなのでしょう?

冷え性を改善 日常の飲み物や食べ物から

冷え性を無理せず食事で改善したい、

そんな方に冷え性を食事で改善する方法をご紹介します。

食べる時間や水分量なども冷え性と関係があるようです。

油性ペンの落とし方 肌や服についてしまった時は?

油性ペンが肌や服に付いてしまっても、

慌てずに対処しましょう。

身近なもので結構落ちるんですね。

インクの落とし方について確認します。

後鼻漏で痰が絡む?痰の色で病気がわかることも

後鼻漏で悩む人は増加傾向にあるそうです。

痰が絡むなどのすっきりしない症状は改善したいものです。

また、痰の色で病気をある程度判別できることもあるそうです。

重い物を持つ時の注意点やコツとは?

重い物を運ぶ時、つい力任せで運んでしまっていませんか?

実はかなり腰に負担をかけているかもしれません。

しっかりした持ち方で腰を痛めないよう注意しましょう。

クリスマスのプレゼントは何がいい?彼氏へのプレゼントとは

いよいよクリスマスが近づいてきました。

彼氏にクリスマスプレゼントは何をあげたらいい?

と、悩んでいる方、大事なのは気持ちですよ。

子供の落書きなど油性ペンを消したい壁や床 革やプラスチックは?

誤って油性ペンのインクが床や物に付いてしまったり、

子供がいるとイタズラで壁に書いてしまったりした場合に、

油性インクを消す方法をご紹介します。

口内炎の治し方でハチミツの効果はどうなの?

はちみつは、口内炎の民間療法のひとつとして、

昔からおこなわれている治療方法です。

口内炎に直接はちみつを塗ると、とても痛みますが、

口内炎の治りをよくしてくれるそうです。

運動不足で冷え性になるのはなぜか

運動不足で筋肉を使っていない人は、筋肉の機能が低下している場合があります。
筋肉は血液を送り出すポンプとしての役割も持っているため、運動不足の人はそのポンプの力も弱く血流が良くなく、その結果冷え性になってしまうことがあるのです。

また、筋肉は動くことで身体の熱を生み出す役割もあります。
運動をすればするほど筋肉量が増え、身体が温まりやすい身体になるのです。

引用元-簡単な運動で冷え性改善!超簡単ウォーキングのススメ+α|トピックスファロー

スポンサーリンク



  人気記事

毛細血管の減少が冷え性を進行させる

運動をすると、勢いのよくなった血液が刺激になり、毛細血管がさらに枝分かれをして増えていきます。運動は、体を温めることだけでなく、毛細血管を増やすという利点があるのです。毛細血管が増えると、運動をしていない時でも、手足まで血が巡るようになり、冷え性をを改善する事ができます。

反対に、運動をしないと、毛細血管への刺激がなくなり、毛細血管は細く、少なくなっていきます。ようするに、動かない分だけ、冷え性はどんどん進行していくのです。

けれど、運動といっても、激しい運動は、血液をドロドロにしてしまうので、冷え性の改善にはあまりむいていません。激しい運動をすると、呼吸が浅くなり、血管が収縮している状態が長く続くので、血の巡りが悪くなってしまうのです。運動をしているのに、冷え症を改善できないという人は、走るスポーツや激しい運動をしていませんか?

血流をサラサラにするには、ゆっくり呼吸しながらできる運動がベストです。「そんな運動あるの?」とも思われたかもしれませんが、最近歩いていますか?部屋の掃除をしていますか?何気ない日常の中でも体を動かす機会はたくさんあります。「寒い寒い」と部屋で暖房を付けていたい気持ちをグッとこらえて、少しでもいいので動いてみる。そんな丁寧な暮らしの積み重ねで、冷えた体は温かくなっていきます。

引用元-温めても治らない「ガンコ」な冷え性を引き起こす7つの原因

bsAMI88_tewoatatameru

スポンサーリンク



ウォーキングで冷え性を改善 効果的な姿勢とは

ウォーキングの際に姿勢にも気をつけると、効率的に筋肉を使うことができるので、冷えとり効果もアップします。

 

◎ 腕を大きく振りながら歩く。

肘を直角に曲げて大きく振ると、肩や腕の筋肉も使い、上半身の運動にもなります。

そのため手の指の先まで血行がよくなり、手先の冷えが改善します。

 

◎ 普段よりも少し大股に歩くこと。

普段歩いているときよりも少し大股の歩幅で歩いてみましょう。

太もも、お尻の筋肉を使っているのがわかると思います。

下半身の筋肉を意識して使うことで、エネルギーの代謝が促され、たくさんの熱が発生して温まります。

大きな歩幅で歩くと、骨盤も動かしますので、骨盤内の血行もよくなり、女性の場合は子宮が温まることにより、生理不順や生理痛の改善にもつながります。

 

◎ 早歩きで歩くこと。

できるだけ早歩きで歩くように心がけます。

筋肉にかかる負荷が大きくなるので、それだけエネルギーの代謝が上がり、熱発生量も多くなります。

 

大股で早歩きで歩いていると、寒い冬でも20~30分ほどで全身の血行が良くなり、身体中がぽかぽかと温まってくるのが感じられると思います。

 

できれば毎日30~40分くらい歩くようにします。

ただし、忙しいときは無理をしないで、時間のあるときにウォーキングを楽しむようにしましょう。

初めは15分くらいからで大丈夫。最初からあんまりがんばると疲れてしまいます。慣れてきたらどんどん歩けるようになりますので、徐々に延ばしていきましょう。

 

なお、足に合わないシューズだと、関節に変な力がかかって痛めてしまいますので、ウォーキング用のものを履くのがおすすめです。

引用元-冷えとりめんげんに効果的な運動 運動不足の解消に! – 35歳からの冷えとりめんげん。女性の冷え性改善法

冷たい手足をすぐ温めたい時は

手先、足先が冷えてすぐに温めたい!
という時に改善する方法です。しかしこれらは、
その時のみの、言わばその場しのぎなので紹介してきた運動と
一緒に考えないようにしましょう。

①手をグー、パーとさせる
簡単に血行を良くする方法で、手先が少し暖かくなると思います。
グーの時には親指を中に握り込み、
パーの時にはなるべく指を伸ばすようにします。
この動作を手先が温まるまで繰り返しましょう。

②足をグー、パーとさせる
まず膝を伸ばして床に座ります。
次につま先を天井の方に向け、そのまま手と同じように
足の指をグーパーと動かします。
この動作を足先が温まるまで繰り返します。

③屈伸運動でふくらはぎを温める
屈伸をすることで体に血液を流し、
足先と手先を温めることができます。
10〜15回程度行えば暖かくなってくると思います。
また、ふくらはぎをマッサージすることでも効果があるようです。

筋トレも冷え性に効果的な運動

運動不足で筋肉が減少すると、冷え性を悪化させる原因になります。
体の熱は6割も筋肉で作られており、筋肉は体温のコントロールに
大きく関わっているため、筋肉量が少ないと体温調整の機能が低下してしまうのです。

また、筋肉は血液を循環させるポンプとしての役割も持っているため、
血行を良くするためにも筋肉は非常に重要となります。

とはいえ、日々筋トレを続けるのは難しいものですよね。
当然ですが、筋肉が少ない人が全員冷え性というわけではありません。

筋肉が少なくても血行が良い体質であれば冷え性にはなりませんので、
毎日の運動が難しいという方は、サプリメントなどで体質自体を
改善していく方法が良いでしょう。

引用元-冷え性改善に効果的な運動方法 | 冷え性のチョ~簡単!改善方法

 - 生活の知恵, 美容・健康