ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

冷え性を日々の運動で改善する

      2018/09/01

冷え性を改善するために運動を始めてみませんか?

効果的な有酸素運動を行うことにより、習慣など様々な面が

改善されることも期待されます。

運動不足の方は是非、ウォーキングから始めてみましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

健康診断と会社や労働者の義務について

全ての会社は、社員に対して、

1年に1度必ず健康診断を受診させる義務があるとされています。

会社と労働者にある義務とは?

皮膚のかゆみが顔にでる原因とは?予防が大切

顔の皮膚のかゆみがある原因は様々ですが、

習慣の改善などで予防できるそうです。

健康な皮膚を保ちましょう。

納豆のフィルムを手を汚さずに外せる方法とは?

納豆の容器を開くと納豆の上にかかっているフィルム。

各々外し方があると思いますが、

綺麗に外せる方法があると話題になっている方法があります。

鼻水や痰が気になる後鼻漏とは?症状や咳の原因について

喉に鼻水が落ちているような感覚があったり、

咳や吐き気などの症状がよくある人は後鼻漏の可能性があります。

では、後鼻漏とはどのようなものなのでしょうか?

靴擦れした親指の治療は?水ぶくれも靴擦れ?

新しい靴をおろしたときは気分がいいものですが、

靴擦れになるとその気持ちも半減してしまいます。

親指にできた靴擦れの対処法とは?

紅茶に含まれるカフェインは妊娠中には良くない?

妊娠中は、普段以上に摂取するものを気にしますよね。

とくに、「カフェインはよくない」と聞きます。

紅茶好きの方も飲み方を工夫すれば問題なさそうです。

納豆の栄養分や効果とは 女性にはオススメの食材

納豆は体に良いというイメージがありますが、

具体的にどんな栄養分が含まれているのでしょう?

効果と一緒に栄養素について確認します。

耳の下の痛みの原因は?リンパが痛い時は病気?

耳の下が痛い時に考えられる原因とは何でしょう?

リンパの腫れや痛みがある時は、

注意が必要です。

セルライトを運動して落とす 効果的な運動とは?

気になるセルライトを効果的な運動で

落としましょう。ただし、激しい運動は

逆効果になりそうです。

足がむずむずして眠れない症状はむずむず脚症候群かも?原因や症状について

脚の奥の方に気持ちの悪い感覚があったり、

安静にしているときに足がむずむずするなどの症状がある場合、

それはむずむず脚症候群かもしれません。

症状や原因を確認してみましょう。

人間の脳は10%しか使われていないというのは間違い?

よく聞く人間の脳は10%しか使われていないという説は、

どうやら違うようです。アインシュタインは努力をしなさいという

意味で「我々人間は潜在能力の10%しか引き出せていない」

と言ったそうです。そういったことが俗説を生んだのかもしれません。

人間ドックは必要?検査内容や費用はどのくらい?

人間ドックを受けるは面倒だと感じる方も多いかもしれませんが、

検診を受けることにより、重大な病気が発覚する場合もあります。

費用や内容の例を確認して、一度受けてみてはどうですか?

鍋を食べる時のちょっとしたコツでより美味しく

冬は鍋を食べる機会が多いと思いますが、

ちょっとした工夫やコツで、より美味しくお鍋を

楽しむことができます。是非試してみましょう。

乗り物酔いの原因や対策は?子供の乗り物酔いの治し方とは

乗り物酔いは、乗り物の揺れや加速度によって

三半規管が刺激されることで起こります。

乗り物酔いが発生する仕組みは完全には解明されていないそうです。

原因や対策を知り、なりやすい子供にも対策ができるといいですね。

大安や仏滅って何?六曜の読み方や意味について

カレンダーなどで見かけることが多いと思いますが、

大安や仏滅の読み方や意味を知っていますか?

冠婚葬祭の日取りも左右させる六曜とは?

南部鉄器急須が海外で人気沸騰 その秘密とは

南部鉄器が海外でも人気を集めています。

カラフルな急須などギフトにもおすすめです。

一生ものの南部鉄器を手にしたいものです。

あくびが止まらない?他人のあくびがうつるのはなぜ?

あくびは脳の疲労や緊張しているときなどに出ますが、

友人と話しているときなどに、あくびをするとうつるのは、

なぜなのでしょうか?

注意すべきあくびとは?

ストレートネックの治し方とは? 治療や改善方法について

ストレートネックになってしまったら、その治し方とは?

また、どのように改善していけばよいのでしょうか?

治療方法や改善方法を確認しましょう。

セルライトが痛い原因や改善する方法について

セルライトとは、老廃物や水分、脂肪がつまり、

循環が上手く回らずにどんどん肥大化していく現象です。

このセルライトが痛い原因とは何なのでしょうか?

また改善策とは?

足のむくみの原因について むくみが症状の病気は?

むくみは血液の循環と深く関わっています。

静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、

戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態がむくみです。

足のむくみの原因を知り、予防できるようにしましょう。

運動不足で冷え性になるのはなぜか

運動不足で筋肉を使っていない人は、筋肉の機能が低下している場合があります。
筋肉は血液を送り出すポンプとしての役割も持っているため、運動不足の人はそのポンプの力も弱く血流が良くなく、その結果冷え性になってしまうことがあるのです。

また、筋肉は動くことで身体の熱を生み出す役割もあります。
運動をすればするほど筋肉量が増え、身体が温まりやすい身体になるのです。

引用元-簡単な運動で冷え性改善!超簡単ウォーキングのススメ+α|トピックスファロー

スポンサーリンク



  人気記事

毛細血管の減少が冷え性を進行させる

運動をすると、勢いのよくなった血液が刺激になり、毛細血管がさらに枝分かれをして増えていきます。運動は、体を温めることだけでなく、毛細血管を増やすという利点があるのです。毛細血管が増えると、運動をしていない時でも、手足まで血が巡るようになり、冷え性をを改善する事ができます。

反対に、運動をしないと、毛細血管への刺激がなくなり、毛細血管は細く、少なくなっていきます。ようするに、動かない分だけ、冷え性はどんどん進行していくのです。

けれど、運動といっても、激しい運動は、血液をドロドロにしてしまうので、冷え性の改善にはあまりむいていません。激しい運動をすると、呼吸が浅くなり、血管が収縮している状態が長く続くので、血の巡りが悪くなってしまうのです。運動をしているのに、冷え症を改善できないという人は、走るスポーツや激しい運動をしていませんか?

血流をサラサラにするには、ゆっくり呼吸しながらできる運動がベストです。「そんな運動あるの?」とも思われたかもしれませんが、最近歩いていますか?部屋の掃除をしていますか?何気ない日常の中でも体を動かす機会はたくさんあります。「寒い寒い」と部屋で暖房を付けていたい気持ちをグッとこらえて、少しでもいいので動いてみる。そんな丁寧な暮らしの積み重ねで、冷えた体は温かくなっていきます。

引用元-温めても治らない「ガンコ」な冷え性を引き起こす7つの原因

bsAMI88_tewoatatameru

スポンサーリンク



ウォーキングで冷え性を改善 効果的な姿勢とは

ウォーキングの際に姿勢にも気をつけると、効率的に筋肉を使うことができるので、冷えとり効果もアップします。

 

◎ 腕を大きく振りながら歩く。

肘を直角に曲げて大きく振ると、肩や腕の筋肉も使い、上半身の運動にもなります。

そのため手の指の先まで血行がよくなり、手先の冷えが改善します。

 

◎ 普段よりも少し大股に歩くこと。

普段歩いているときよりも少し大股の歩幅で歩いてみましょう。

太もも、お尻の筋肉を使っているのがわかると思います。

下半身の筋肉を意識して使うことで、エネルギーの代謝が促され、たくさんの熱が発生して温まります。

大きな歩幅で歩くと、骨盤も動かしますので、骨盤内の血行もよくなり、女性の場合は子宮が温まることにより、生理不順や生理痛の改善にもつながります。

 

◎ 早歩きで歩くこと。

できるだけ早歩きで歩くように心がけます。

筋肉にかかる負荷が大きくなるので、それだけエネルギーの代謝が上がり、熱発生量も多くなります。

 

大股で早歩きで歩いていると、寒い冬でも20~30分ほどで全身の血行が良くなり、身体中がぽかぽかと温まってくるのが感じられると思います。

 

できれば毎日30~40分くらい歩くようにします。

ただし、忙しいときは無理をしないで、時間のあるときにウォーキングを楽しむようにしましょう。

初めは15分くらいからで大丈夫。最初からあんまりがんばると疲れてしまいます。慣れてきたらどんどん歩けるようになりますので、徐々に延ばしていきましょう。

 

なお、足に合わないシューズだと、関節に変な力がかかって痛めてしまいますので、ウォーキング用のものを履くのがおすすめです。

引用元-冷えとりめんげんに効果的な運動 運動不足の解消に! – 35歳からの冷えとりめんげん。女性の冷え性改善法

冷たい手足をすぐ温めたい時は

手先、足先が冷えてすぐに温めたい!
という時に改善する方法です。しかしこれらは、
その時のみの、言わばその場しのぎなので紹介してきた運動と
一緒に考えないようにしましょう。

①手をグー、パーとさせる
簡単に血行を良くする方法で、手先が少し暖かくなると思います。
グーの時には親指を中に握り込み、
パーの時にはなるべく指を伸ばすようにします。
この動作を手先が温まるまで繰り返しましょう。

②足をグー、パーとさせる
まず膝を伸ばして床に座ります。
次につま先を天井の方に向け、そのまま手と同じように
足の指をグーパーと動かします。
この動作を足先が温まるまで繰り返します。

③屈伸運動でふくらはぎを温める
屈伸をすることで体に血液を流し、
足先と手先を温めることができます。
10〜15回程度行えば暖かくなってくると思います。
また、ふくらはぎをマッサージすることでも効果があるようです。

筋トレも冷え性に効果的な運動

運動不足で筋肉が減少すると、冷え性を悪化させる原因になります。
体の熱は6割も筋肉で作られており、筋肉は体温のコントロールに
大きく関わっているため、筋肉量が少ないと体温調整の機能が低下してしまうのです。

また、筋肉は血液を循環させるポンプとしての役割も持っているため、
血行を良くするためにも筋肉は非常に重要となります。

とはいえ、日々筋トレを続けるのは難しいものですよね。
当然ですが、筋肉が少ない人が全員冷え性というわけではありません。

筋肉が少なくても血行が良い体質であれば冷え性にはなりませんので、
毎日の運動が難しいという方は、サプリメントなどで体質自体を
改善していく方法が良いでしょう。

引用元-冷え性改善に効果的な運動方法 | 冷え性のチョ~簡単!改善方法

 - 生活の知恵, 美容・健康