ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

冷え性を日々の運動で改善する

      2016/01/25

冷え性を改善するために運動を始めてみませんか?

効果的な有酸素運動を行うことにより、習慣など様々な面が

改善されることも期待されます。

運動不足の方は是非、ウォーキングから始めてみましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

顎関節症の治療はどんなもの?対策は?

顎関節症の治療とはどのようなものなのでしょうか?

また最近、顎関節症は増加傾向にあるようです。

できることから対策はしておいた方がよさそうです。

夕方になると胃が痛い 空腹時に胃痛が起こる原因について

胃痛を抱えている人は増加傾向にあるそうです。

夕方になると胃が痛いと感じたり、空腹時の胃の痛みなど、

仕事が忙しくなると中々食事の時間を取るのも大変な方も

いると思いますが、空腹時間を持続させないことは、

非常に重要となります。

軽く見ていると病気になってしまう可能性もあるそうなので、

しっかり胃のケアをして生活しましょう。

気になる靴の臭いを取る洗い方で清潔を保つコツ

靴を清潔に保つために靴を洗いましょう。

臭いを取る洗い方と保管時の脱臭方法など

清潔に保つ方法とは?

糖尿病の初期症状は尿から?尿の色や頻度も関係

糖尿病は症状が自分自身では分かりずらいのが特徴です。

ですがき尿などの初期症状を把握し、

早めに検査して未然に防げるようにしましょう。

耳の下の痛みの原因は?リンパが痛い時は病気?

耳の下が痛い時に考えられる原因とは何でしょう?

リンパの腫れや痛みがある時は、

注意が必要です。

坐骨神経痛の治し方はストレッチで改善

坐骨神経痛は主に症状であるため、原因によって

治し方は異なると思われます。少しでも、痛みや痺れを

ストレッチで改善できれば嬉しいですね。

乾燥するオフィスで顔などの乾燥対策をしよう

オフィスでの乾燥はお肌に影響するので心配ですよね。

もちろん、家で顔などのスキンケアも大事なのですが、

オフィスでできる、ちょっとした対策を試してみませんか?

南部鉄器の急須で鉄分補給ができるの?

南部鉄器の急須で飲む湯やお茶は、

鉄分が含まれ貧血にも効果的と期待されています。

内容について確認していきましょう。

口内炎の治し方 唇にできたときはどうしたいい?

口内炎ができる原因はいくつかあるようですが、

舌や唇にできると食事がしにくかったりします。

唇の裏にできやすい口内炎の治し方とは?

頭痛で吐き気が伴う場合の原因とは?

頭痛を抱える人は大変多いと言われています。

その分、原因も多いそうです。

頭痛に吐き気も伴う場合はどうなのでしょうか?

ストレスが原因?肩こりや頭痛の症状 緊張型頭痛の原因とは

日常生活の中で頭痛に悩まされる方も多いのでは

ないでしょうか?頭痛の原因の大半を占めるという緊張型頭痛。

原因や症状について確認します。

急性胃腸炎の辛い症状 下痢はどのくらい続く?

下痢や嘔吐を繰り返し、腹痛が止まない症状は、

急性胃腸炎の症状です。発熱や倦怠感も伴う急性胃腸炎の

下痢の症状はどのくらい続くのでしょうか?

離婚による子供への影響は?子供との話し合いやケアも大切

離婚は、夫婦の終わりとなりますが、

子供にとっては、どちらも親です。

特に精神面のケアをすることが大切となります。

宴会や一発芸に!手品で簡単なトランプやコインを使ったマジック

手品が出来ると盛り上がりますが、

難しくて中々マスター出来ないものです。

比較的簡単そうな手品をまとめてみましたので、

参考にしてみてください。

ストレートネックの治し方とは? 治療や改善方法について

ストレートネックになってしまったら、その治し方とは?

また、どのように改善していけばよいのでしょうか?

治療方法や改善方法を確認しましょう。

疲労やストレスが原因で咳が止まらない咳喘息とは

ストレスや疲労と咳は関係があるそうです。

咳は止まらないと非常に辛いですよね。

咳喘息と言われる症状やその原因とは?

紅茶の効能は様々 ダイエットや美容にも効果アリ!

紅茶の効能による美容やダイエットへの効果を

期待できるそうです。

飲みすぎず、有効に使いたいですね。

朝の顔のむくみの予防や効果が期待できる解消法とは?

朝起きたら、いつもより顔が大きくなっている気がしたり、

目が腫れぼったく感じたことはありませんか?

顔のむくみを予防するために効果が期待できる方法や解消法とは?

冷え性を改善 日常の飲み物や食べ物から

冷え性を無理せず食事で改善したい、

そんな方に冷え性を食事で改善する方法をご紹介します。

食べる時間や水分量なども冷え性と関係があるようです。

ジョギングによるひざの痛みはなぜ起こる?気をつけるべきこととは?

ジョギングをしていて、ジョギング中にひざが痛くなったり、

ひざに違和感が出てしまったということはありませんか?

特に始めたばかりの人は痛めやすいので注意が必要です。

運動不足で冷え性になるのはなぜか

運動不足で筋肉を使っていない人は、筋肉の機能が低下している場合があります。
筋肉は血液を送り出すポンプとしての役割も持っているため、運動不足の人はそのポンプの力も弱く血流が良くなく、その結果冷え性になってしまうことがあるのです。

また、筋肉は動くことで身体の熱を生み出す役割もあります。
運動をすればするほど筋肉量が増え、身体が温まりやすい身体になるのです。

引用元-簡単な運動で冷え性改善!超簡単ウォーキングのススメ+α|トピックスファロー

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

毛細血管の減少が冷え性を進行させる

運動をすると、勢いのよくなった血液が刺激になり、毛細血管がさらに枝分かれをして増えていきます。運動は、体を温めることだけでなく、毛細血管を増やすという利点があるのです。毛細血管が増えると、運動をしていない時でも、手足まで血が巡るようになり、冷え性をを改善する事ができます。

反対に、運動をしないと、毛細血管への刺激がなくなり、毛細血管は細く、少なくなっていきます。ようするに、動かない分だけ、冷え性はどんどん進行していくのです。

けれど、運動といっても、激しい運動は、血液をドロドロにしてしまうので、冷え性の改善にはあまりむいていません。激しい運動をすると、呼吸が浅くなり、血管が収縮している状態が長く続くので、血の巡りが悪くなってしまうのです。運動をしているのに、冷え症を改善できないという人は、走るスポーツや激しい運動をしていませんか?

血流をサラサラにするには、ゆっくり呼吸しながらできる運動がベストです。「そんな運動あるの?」とも思われたかもしれませんが、最近歩いていますか?部屋の掃除をしていますか?何気ない日常の中でも体を動かす機会はたくさんあります。「寒い寒い」と部屋で暖房を付けていたい気持ちをグッとこらえて、少しでもいいので動いてみる。そんな丁寧な暮らしの積み重ねで、冷えた体は温かくなっていきます。

引用元-温めても治らない「ガンコ」な冷え性を引き起こす7つの原因

bsAMI88_tewoatatameru

スポンサーリンク



ウォーキングで冷え性を改善 効果的な姿勢とは

ウォーキングの際に姿勢にも気をつけると、効率的に筋肉を使うことができるので、冷えとり効果もアップします。

 

◎ 腕を大きく振りながら歩く。

肘を直角に曲げて大きく振ると、肩や腕の筋肉も使い、上半身の運動にもなります。

そのため手の指の先まで血行がよくなり、手先の冷えが改善します。

 

◎ 普段よりも少し大股に歩くこと。

普段歩いているときよりも少し大股の歩幅で歩いてみましょう。

太もも、お尻の筋肉を使っているのがわかると思います。

下半身の筋肉を意識して使うことで、エネルギーの代謝が促され、たくさんの熱が発生して温まります。

大きな歩幅で歩くと、骨盤も動かしますので、骨盤内の血行もよくなり、女性の場合は子宮が温まることにより、生理不順や生理痛の改善にもつながります。

 

◎ 早歩きで歩くこと。

できるだけ早歩きで歩くように心がけます。

筋肉にかかる負荷が大きくなるので、それだけエネルギーの代謝が上がり、熱発生量も多くなります。

 

大股で早歩きで歩いていると、寒い冬でも20~30分ほどで全身の血行が良くなり、身体中がぽかぽかと温まってくるのが感じられると思います。

 

できれば毎日30~40分くらい歩くようにします。

ただし、忙しいときは無理をしないで、時間のあるときにウォーキングを楽しむようにしましょう。

初めは15分くらいからで大丈夫。最初からあんまりがんばると疲れてしまいます。慣れてきたらどんどん歩けるようになりますので、徐々に延ばしていきましょう。

 

なお、足に合わないシューズだと、関節に変な力がかかって痛めてしまいますので、ウォーキング用のものを履くのがおすすめです。

引用元-冷えとりめんげんに効果的な運動 運動不足の解消に! – 35歳からの冷えとりめんげん。女性の冷え性改善法

冷たい手足をすぐ温めたい時は

手先、足先が冷えてすぐに温めたい!
という時に改善する方法です。しかしこれらは、
その時のみの、言わばその場しのぎなので紹介してきた運動と
一緒に考えないようにしましょう。

①手をグー、パーとさせる
簡単に血行を良くする方法で、手先が少し暖かくなると思います。
グーの時には親指を中に握り込み、
パーの時にはなるべく指を伸ばすようにします。
この動作を手先が温まるまで繰り返しましょう。

②足をグー、パーとさせる
まず膝を伸ばして床に座ります。
次につま先を天井の方に向け、そのまま手と同じように
足の指をグーパーと動かします。
この動作を足先が温まるまで繰り返します。

③屈伸運動でふくらはぎを温める
屈伸をすることで体に血液を流し、
足先と手先を温めることができます。
10〜15回程度行えば暖かくなってくると思います。
また、ふくらはぎをマッサージすることでも効果があるようです。

筋トレも冷え性に効果的な運動

運動不足で筋肉が減少すると、冷え性を悪化させる原因になります。
体の熱は6割も筋肉で作られており、筋肉は体温のコントロールに
大きく関わっているため、筋肉量が少ないと体温調整の機能が低下してしまうのです。

また、筋肉は血液を循環させるポンプとしての役割も持っているため、
血行を良くするためにも筋肉は非常に重要となります。

とはいえ、日々筋トレを続けるのは難しいものですよね。
当然ですが、筋肉が少ない人が全員冷え性というわけではありません。

筋肉が少なくても血行が良い体質であれば冷え性にはなりませんので、
毎日の運動が難しいという方は、サプリメントなどで体質自体を
改善していく方法が良いでしょう。

引用元-冷え性改善に効果的な運動方法 | 冷え性のチョ~簡単!改善方法

 - 生活の知恵, 美容・健康