ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

冷え性が原因で自律神経失調症の危険

      2016/01/25

ストレスなどから引き起こる冷え性が近年増加傾向に

あるようです。冷え性が原因で自律神経のバランスが

崩れたり、逆のパターンもあるそうなので気をつけたいですね。

スポンサーリンク

  関連記事

10代で起こるひざの痛みオスグッド病の原因や予防法とは?

10代のひざの痛みといえば、成長痛が思い浮かびますが、

特にスポーツをしている子供で多く発症するとされるものがあるのです。

オスグッド病というひざに痛みの症状が現れるものなのですが、

原因や予防法はあるのでしょうか?

話題のルーティンについて見直してみよう

ルーティンはスポーツやビジネスでは商談など、
これから勝負!という時にすることで気持ちを落ち着かせる効果があります。
しかし生活や仕事自体がルーティン化してしまうと、
少々つまらなくなってしまうかもしれませんね。

頭痛や吐き気・微熱が風邪以外で起こる原因とは?

微熱もあり、頭痛や吐き気などの風邪の症状は、

風邪以外にも起こる事があるそうです。

気になる事があれば、病院へ行くようにしましょう。

集中力を上げたい!高めた集中力を持続させる方法は?

どうして自分は集中力がないんだろうと思ったことはありませんか?

それは、環境や考え方で変えられるかもしれません。

スポーツや勉強、仕事など生活に必要な集中力を高めるには、

どうすればいいのでしょうか?

集中力を上げる方法とは?

入浴の効果は美容にも 正しい入浴でキレイになろう

入浴することで美容にも効果をもたらします。

ただ、入浴方法を間違えると、

逆効果になることもあるようなので、注意が必要です。

自律神経バランスを整えるツボとは?爪もみって何?

自律神経は交感神経と、副交感神経があります。

交感神経は運動したり興奮したような時に働き、

副交感神経は、睡眠や食事などリラックス時に働きます。

二つの神経のバランスが崩れてしまうと、

不調を引きおこし、自律神経失調症にもなりかねません。

効果があるとされるツボを使って改善していきましょう。

しゃっくりが止まらない!止め方のポイントは耳と水とツボ!

ふとした時に、しゃっくりが出てしまい、

中々止まらないなんて経験ありませんか?

しゃっくりの止め方はいくつかあるそうなので、

1つ方法を覚えておけばいざという時に、使えるかもしれません。

顎関節症が原因で耳が痛いことも?顎関節症の原因とは?

耳の下や、耳の前にある関節が痛いと思ったら、

顎関節症の可能性があります。

顎関節症で悩んでいる人は痛みの緩和法も参考にしてください。

耳がこもる症状の原因は風邪?気を付けたい病気とは?

風邪の時に、耳が聞こえにくかったり、

こもるような感覚を受けたことはありませんか?

この耳がこもる症状は、どのようなことが原因なのでしょうか?

背中が痛い症状が真ん中に現れる原因とは 吐き気もある時は?

背中が痛い症状と共に吐き気がする場合があります。

吐き気を伴う場合、内臓疾患により痛みが生じている可能性があります。

背中の真ん中あたりが痛む場合の原因とは?

血圧を下げる食べ物とされるゴマや納豆、玉ねぎの効果について

血圧を下げたい、あるいは血圧が上がるのを予防したい。

まずは生活習慣の改善が大切ですが、食事の見直しももちろん必要です。

血圧を下げる食べ物として言われる、ゴマや納豆や玉ねぎの効果とは?

発熱がある時のお風呂は?子供もや大人も38度以上の発熱時は控える

風邪で発熱がある場合、お風呂は控えたほうがいいとされていましたが、

最近はそうでもないようですね。発熱に関しては38度近くある場合は、

控えたほうがよさそうですが、基本的には体を冷やさないように

入浴するのがいいとされているそうです。

便秘解消をすぐにでもしたい!生活習慣の見直しで根本から改善

すぐにでも便秘解消をしたい!

そんな方は多いと思います。根本的な原因は、

生活習慣の見直しが大切ですが、ちょっっとした工夫で翌日以降の

調子がよくなるかもしれません。

朝の顔のむくみの予防や効果が期待できる解消法とは?

朝起きたら、いつもより顔が大きくなっている気がしたり、

目が腫れぼったく感じたことはありませんか?

顔のむくみを予防するために効果が期待できる方法や解消法とは?

紅茶に含まれるカフェインの効果とは

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーですが、

紅茶にもカフェインは含まれているのです。

その効果とはどのようなものなのでしょうか。

炭酸水の効能は高血圧や生理痛にも効果あり 飲む量が多いとデメリットも

炭酸水は健康や美容に効果があると言われますが、

高血圧や心臓病、生理痛にも効果があるとされています。

炭酸水の作り方や飲む量について確認しましょう。

デメリットもあるので、飲み過ぎには注意です。

水切りヨーグルトの栄養や効果とは?ダイエットにも効果あり

ヨーグルトは、健康的な食べ物という印象が強いですが、

水切りヨーグルトは、その効果を高めることに期待できるそうです。

水切りヨーグルトの作り方や、栄養と効果について見てみましょう。

もやもや病は遺伝?症状や名前の由来について

もやもや病は、内頚動脈が頭の中に入った直後に、

左右ともに狭くなったり、詰まったりする病気で、

次第に進行していきます。

症状や名前の由来とはどのようなものなのでしょうか?

緊張をほぐしたい 緊張に負けないために

発表や試験、試合など様々な場面で緊張してしまうと、

良いパフォーマンスができません。

緊張しやすい人の特徴や緊張をほぐすために必要なことを知り、

うまく緊張と付き合うことが大切です。

足の痺れの原因は坐骨神経痛?原因や症状とは

坐骨神経痛とは腰から膝の辺りまで伸びている神経で、

足の痛みも坐骨神経痛の事が多いのです。

痺れや痛みと坐骨神経痛について確認しましょう。

冷えの原因は自律神経の乱れ

「冷え」は、自律神経の乱れです。自律神経には交感神経と副交感神経の2種類の神経があります。 この自律神経の役割は身体の内外のストレスから心身を守ることです。 現代のように心身共にストレスフルな毎日が絶えず継続すると、交感神経ばかりが機能して自律神経のバランスが崩れてしまいます。
その結果、血管が収縮して血行が悪くなり「冷え」がおこるのです。
夏でも冷える人はストレスが過剰で、自律神経のバランスが悪くなっているのかもしれません。

女性の場合は、妊娠中や更年期には自律神経失調症を起こしやすく、内向的で社会への適応が難しいと感じる方は、自律神経を乱しやすいと言われています。

引用元-手足ぽかぽか。冷えよさらば。「冷え性」

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

増加傾向にあるストレスが原因の冷えについて

近年、冷えの原因として増えているのが、ストレス(過緊張)による冷えです。特に女性は昔に比べ働く人も増え、さまざまな外的環境と接する機会が増えたことにより、ストレスを感じやすい環境になっています。ストレスがきっかけで、常に緊張している状態となり、血流が悪くなり、冷えやすい体質になってしまうのです。

引用元-専門家のアドバイス | 冷えに関するお悩み | 味の素KK あなたの悩みを解決!「いきいき健康研究所」

 また、ストレス冷えの厄介な特徴として、自覚が無いことがあげられます。冷えは胃腸・代謝・自律神経の機能低下が原因ですが、実は、夏の猛暑により自律神経が乱れることや、夏バテで胃腸が弱ってしまうことなど、夏につくられた冷えがリセットされずに積み重なって、秋冬の“冷え”につながっていきます。ストレス冷えの人は自覚が無いために、気にせずエアコンにあたったり、冷たいものを摂取したりと、自ら冷え体質を助長させてしまうのです。
 通常、体質的に冷えやすいタイプの人は冷えによる体調の変化として、月経異常や肌荒れ・くま・血行不良など外見に現れる不調から始まり、体のむくみや下痢・便秘などの水分のアンバランス症状、そして、イライラ・不眠・パニック・うつ病などの自律神経失調による不調と、段階を経ていきますが、ストレス“冷え”の人は、体質的に冷えやすいタイプではないので、いきなり、自律神経失調による不調になってしまう人も多いことが特徴です。

引用元-専門家のアドバイス | 冷えに関するお悩み | 味の素KK あなたの悩みを解決!「いきいき健康研究所」

スポンサーリンク



冷え性と自律神経の関係

bsPAK86_atamakakaerujyosei20140125

今度は、体温調節に関わる交感神経と副交感神経の働きから見た、冷え性の仕組みについての説明をしますね。

交感神経の働きすぎによる冷え性

交感神経は、皮膚表面の血管を収縮させ、体温を逃がさないようにする働きをします。

しかし、ストレスなどで交感神経が強く働く状態が続くと、血管は収縮状態のままになってしまい、全身にめぐる血液量は少なくなります。

しかし、内臓を働かせるためには、十分な熱エネルギーを確保する必要があります。
そこで、お腹(内臓)には、優先的に温かい血液が運ばれます。

すると、手や足には、血液が運ばれず、その結果、手足は冷え、冷え性となるのです。

これが、交感神経の働きすぎによる、冷え性の仕組みです。

副交感神経の働きすぎによる冷え性

副交感神経は、皮膚表面の血管を拡張させ、発汗と同時に体温を放散させる働きをします。

しかし、副交感神経が強く働きすぎると、血管は、拡張した状態が続き、体温は放出されやすくなってしまいます。
同時に、血圧も低くなりますので、血液を循環させる力が少ない状態となります。
つまり、血液が、血管に大量に詰まって、よどんだ状態が作り出されてしまうのです。

血流を良くするためには、筋肉の収縮が必要ですが、副交感神経が強く働きやすい人は、身体を動かすことも少ない傾向にあり、血液もますます停滞しやすくなります。

また、熱エネルギーは筋肉で作られますが、身体を動かさないと、作られる熱エネルギーも少なくなります。

身体にある熱エネルギーの絶対量も少なく、血液の流れも滞りがちになり、熱が運ばれにくい冷え性。
これが、副交感神経が働きすぎる人の冷え性の仕組みなのです。

引用元-冷え性改善講座 冷え性と自律神経 カイロプラクティック&温熱療法ハーモニー、女性専用、体の歪み、骨盤の歪み、肩こり、腰痛、ストレッチ、操体法、奈良、吉野、大淀、橿原

自律神経失調症の原因は冷え性が大きい

冷え性が大きな原因の一つ

この病気は、現代社会の様々なストレスから起こる、いわゆる現代病の一つだという見方も出来ます。私たちは、非常に多くのストレスを毎日受けながら生活しています。

特に多いのが、人間関係ではないでしょうか。会社では上司や後輩との付き合い方・家庭では家族との折り合いのつけ方など、知らないうちに精神的にストレスをためてしまいます。

この場合、冷え性によって体が冷えていると、これによって受けるストレスがさらに倍増してしまうのです。

同じストレスを温かい環境で受けた場合と、寒い環境で受けた場合を想像して頂ければわかると思います。寒いと精神的にもかなりどん底の状態になるのがわかります。

したがって、体質的に冷え性の人は、自律神経失調症になりやすいと言えます。

この他にも、若者に多い夜更かしなど生活のリズムの乱れや、その人が持つ性格的な問題も重要な原因の一つである事も忘れてはいけません。

自律神経と冷え性の密接な関係

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。体温を36.5℃前後にコントロールするのも自律神経の重要な働きです。

冷えや過度なストレスを受けると常に交感神経が働き続けるため、血管が収縮された状態が続き、血流が悪くなります。結果、末端まで血液が流れなくなり、手足が冷たくなったり体内が冷えてしまうのです。

したがって、自律神経失調症は体を温めて血行を良くする事で改善できると言えます。

引用元-自律神経失調症は冷え性改善で治す!手軽にできる正しい冷え性対策 | 健康生活

冷え性対策に感情開放と筋肉の調整

冷え性を治すには血液の流れも大切ですが、感情を抑え込むことによって起きた筋肉の緊張を元に戻るように調整するのは非常に重要になります。

それと共に、冷え性を治すには感情を出すことも重要となります。

感情を出すことを「大人げない」と思わずに、誰もいない所で叫んだりクッションなどを叩きつけたり、または思いっきり泣いたりなど、感情を体の外に出すには声と体の動きが非常に重要です。

冷え性には運動がいい、ストレス解消には運動がいい、と言われますが、筋肉を動かすことは、感情の抑圧で緊張し硬くなった筋肉をある程度ゆるめる効果があります。

また、運動と共に声を出すことも行えば、体の中に溜まったストレスが声といっしょに出ていくことになります。

引用元-冷え性の原因は、感情と筋肉 | うつ病・自律神経失調症の整体専門家集団「健療院グループ」

 - 生活の知恵, 社会 ビジネス