ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

冷え性が原因で自律神経失調症の危険

      2016/01/25

ストレスなどから引き起こる冷え性が近年増加傾向に

あるようです。冷え性が原因で自律神経のバランスが

崩れたり、逆のパターンもあるそうなので気をつけたいですね。

スポンサーリンク

  関連記事

たまに心臓が痛い症状は肋間神経痛が原因?どんな人がなりやすい?

たまに心臓が痛いと感じる人は肋間神経痛かもしれません。

肋間神経痛とは肋骨に沿って走る神経が、

何らかの原因で痛む症状のことを言います。

場所が心臓あたりのため心配ですよね。

その症状や原因はどんなものなのでしょうか?

頭痛で吐き気が伴う場合の原因とは?

頭痛を抱える人は大変多いと言われています。

その分、原因も多いそうです。

頭痛に吐き気も伴う場合はどうなのでしょうか?

もしかして膀胱炎?女性に多い膀胱炎の症状や原因について

膀胱炎は女性に多い病気です。

残尿感や痛みなど、気になることがあったら、

すぐに病院にかかることが大切です。

症状を確認して、予防もしっかりしましょう。

背中に激痛で動けない!原因はぎっくり背中?

背中の痛みの原因は様々ですが、

その中でもぎっくり背中について確認します。

その効果が期待できる対処法や予防法とは?

顎関節症の治療はどんなもの?対策は?

顎関節症の治療とはどのようなものなのでしょうか?

また最近、顎関節症は増加傾向にあるようです。

できることから対策はしておいた方がよさそうです。

コーヒーで効果的に便秘を改善?それとも悪化してしまうの?

コーヒーには便通を良くして便秘を改善する効果があると

いう意見と、コーヒーを飲むと便秘が悪化すると

いう意見もあります。どちらが正しいのでしょうか?

皮膚のかゆみが顔にでる原因とは?予防が大切

顔の皮膚のかゆみがある原因は様々ですが、

習慣の改善などで予防できるそうです。

健康な皮膚を保ちましょう。

イタリアで人気のゼンパスタとは?健康や美容ダイエットにもいい?

イタリアで日本発のあの食品が

人気のようです。ゼンパスタと呼ばれているそうですが、

一体どんな食品なのでしょうか?

皮膚のかゆみと内臓疾患の関係とは?隠れる重病の可能性

皮膚のかゆみは内臓疾患と関係することがあります。

特に重病疾患の症状であることもあるので、

注意が必要です。

大掃除のコツ トイレを隅々まできれいに

トイレの大掃除は中々大変ですよね。

隠れた汚れも大掃除できれいにしましょう。

クエン酸を使いこなすのがコツですよ。

糖尿病の食事制限やストレスとの関係について

糖尿病は、遺伝的要因や生活習慣により

体内の糖が上手く代謝されず血糖値が高くなる病気です。

糖尿病の食事制限やストレスとの関係とは?

夕方になると胃が痛い 空腹時に胃痛が起こる原因について

胃痛を抱えている人は増加傾向にあるそうです。

夕方になると胃が痛いと感じたり、空腹時の胃の痛みなど、

仕事が忙しくなると中々食事の時間を取るのも大変な方も

いると思いますが、空腹時間を持続させないことは、

非常に重要となります。

軽く見ていると病気になってしまう可能性もあるそうなので、

しっかり胃のケアをして生活しましょう。

宴会や一発芸に!手品で簡単なトランプやコインを使ったマジック

手品が出来ると盛り上がりますが、

難しくて中々マスター出来ないものです。

比較的簡単そうな手品をまとめてみましたので、

参考にしてみてください。

炭酸水による洗顔で美肌効果 作り方や方法とは

炭酸水で洗顔すると美肌効果を得られるようです。

飲用のものではなく、クエン酸と重曹で作ったものが良さそうです。

炭酸水の作り方や洗顔方法とは、

どのようなものなのでしょうか。

カキフライを美味しく食べたい!広島流のカキフライとは?

カキは栄養豊富で美味しく、ありがたい食材です。

カキフライは定番の料理ですが、

広島では一般とはちょっと違った揚げ方をするそうです。

耳鳴りと頭痛の症状がある原因は?治し方はある?

デスクワークや、身体のゆがみなどによる慢性的な肩こりから

耳鳴りと頭痛を伴う場合があります。

その他の症状や治し方とは、どのようなものがあるのでしょう?

花粉症の原因は植林?花粉症の歴史とは

国民病とも言われる花粉症ですが、

そもそもの原因はスギの植林が原因であるようです。

たくさんの人が苦しむ花粉症は一体いつまで続くのでしょうか?

様々な原因があり、解決は中々難しそうです。

紅茶の効能はメリットだけではないデメリットについて

このブログでも紅茶の数々の効能についての

記事がいくつかありますが、デメリットもあるようです。

特に好きで飲み過ぎてしまう方や貧血の方などは、

気をつけましょう。

腸閉塞の前兆や初期症状はある?予防策は?

一般的な腸閉塞は、消化しきれなかったものが、

腸に徐々に詰まって行く状態ともいえるので、

前兆が起こる可能性があるようです。

なるべく早く気づいて治療できるようにしましょう。

顎関節症が原因で耳が痛いことも?顎関節症の原因とは?

耳の下や、耳の前にある関節が痛いと思ったら、

顎関節症の可能性があります。

顎関節症で悩んでいる人は痛みの緩和法も参考にしてください。

冷えの原因は自律神経の乱れ

「冷え」は、自律神経の乱れです。自律神経には交感神経と副交感神経の2種類の神経があります。 この自律神経の役割は身体の内外のストレスから心身を守ることです。 現代のように心身共にストレスフルな毎日が絶えず継続すると、交感神経ばかりが機能して自律神経のバランスが崩れてしまいます。
その結果、血管が収縮して血行が悪くなり「冷え」がおこるのです。
夏でも冷える人はストレスが過剰で、自律神経のバランスが悪くなっているのかもしれません。

女性の場合は、妊娠中や更年期には自律神経失調症を起こしやすく、内向的で社会への適応が難しいと感じる方は、自律神経を乱しやすいと言われています。

引用元-手足ぽかぽか。冷えよさらば。「冷え性」

スポンサーリンク



  人気記事

増加傾向にあるストレスが原因の冷えについて

近年、冷えの原因として増えているのが、ストレス(過緊張)による冷えです。特に女性は昔に比べ働く人も増え、さまざまな外的環境と接する機会が増えたことにより、ストレスを感じやすい環境になっています。ストレスがきっかけで、常に緊張している状態となり、血流が悪くなり、冷えやすい体質になってしまうのです。

引用元-専門家のアドバイス | 冷えに関するお悩み | 味の素KK あなたの悩みを解決!「いきいき健康研究所」

 また、ストレス冷えの厄介な特徴として、自覚が無いことがあげられます。冷えは胃腸・代謝・自律神経の機能低下が原因ですが、実は、夏の猛暑により自律神経が乱れることや、夏バテで胃腸が弱ってしまうことなど、夏につくられた冷えがリセットされずに積み重なって、秋冬の“冷え”につながっていきます。ストレス冷えの人は自覚が無いために、気にせずエアコンにあたったり、冷たいものを摂取したりと、自ら冷え体質を助長させてしまうのです。
 通常、体質的に冷えやすいタイプの人は冷えによる体調の変化として、月経異常や肌荒れ・くま・血行不良など外見に現れる不調から始まり、体のむくみや下痢・便秘などの水分のアンバランス症状、そして、イライラ・不眠・パニック・うつ病などの自律神経失調による不調と、段階を経ていきますが、ストレス“冷え”の人は、体質的に冷えやすいタイプではないので、いきなり、自律神経失調による不調になってしまう人も多いことが特徴です。

引用元-専門家のアドバイス | 冷えに関するお悩み | 味の素KK あなたの悩みを解決!「いきいき健康研究所」

スポンサーリンク



冷え性と自律神経の関係

bsPAK86_atamakakaerujyosei20140125

今度は、体温調節に関わる交感神経と副交感神経の働きから見た、冷え性の仕組みについての説明をしますね。

交感神経の働きすぎによる冷え性

交感神経は、皮膚表面の血管を収縮させ、体温を逃がさないようにする働きをします。

しかし、ストレスなどで交感神経が強く働く状態が続くと、血管は収縮状態のままになってしまい、全身にめぐる血液量は少なくなります。

しかし、内臓を働かせるためには、十分な熱エネルギーを確保する必要があります。
そこで、お腹(内臓)には、優先的に温かい血液が運ばれます。

すると、手や足には、血液が運ばれず、その結果、手足は冷え、冷え性となるのです。

これが、交感神経の働きすぎによる、冷え性の仕組みです。

副交感神経の働きすぎによる冷え性

副交感神経は、皮膚表面の血管を拡張させ、発汗と同時に体温を放散させる働きをします。

しかし、副交感神経が強く働きすぎると、血管は、拡張した状態が続き、体温は放出されやすくなってしまいます。
同時に、血圧も低くなりますので、血液を循環させる力が少ない状態となります。
つまり、血液が、血管に大量に詰まって、よどんだ状態が作り出されてしまうのです。

血流を良くするためには、筋肉の収縮が必要ですが、副交感神経が強く働きやすい人は、身体を動かすことも少ない傾向にあり、血液もますます停滞しやすくなります。

また、熱エネルギーは筋肉で作られますが、身体を動かさないと、作られる熱エネルギーも少なくなります。

身体にある熱エネルギーの絶対量も少なく、血液の流れも滞りがちになり、熱が運ばれにくい冷え性。
これが、副交感神経が働きすぎる人の冷え性の仕組みなのです。

引用元-冷え性改善講座 冷え性と自律神経 カイロプラクティック&温熱療法ハーモニー、女性専用、体の歪み、骨盤の歪み、肩こり、腰痛、ストレッチ、操体法、奈良、吉野、大淀、橿原

自律神経失調症の原因は冷え性が大きい

冷え性が大きな原因の一つ

この病気は、現代社会の様々なストレスから起こる、いわゆる現代病の一つだという見方も出来ます。私たちは、非常に多くのストレスを毎日受けながら生活しています。

特に多いのが、人間関係ではないでしょうか。会社では上司や後輩との付き合い方・家庭では家族との折り合いのつけ方など、知らないうちに精神的にストレスをためてしまいます。

この場合、冷え性によって体が冷えていると、これによって受けるストレスがさらに倍増してしまうのです。

同じストレスを温かい環境で受けた場合と、寒い環境で受けた場合を想像して頂ければわかると思います。寒いと精神的にもかなりどん底の状態になるのがわかります。

したがって、体質的に冷え性の人は、自律神経失調症になりやすいと言えます。

この他にも、若者に多い夜更かしなど生活のリズムの乱れや、その人が持つ性格的な問題も重要な原因の一つである事も忘れてはいけません。

自律神経と冷え性の密接な関係

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。体温を36.5℃前後にコントロールするのも自律神経の重要な働きです。

冷えや過度なストレスを受けると常に交感神経が働き続けるため、血管が収縮された状態が続き、血流が悪くなります。結果、末端まで血液が流れなくなり、手足が冷たくなったり体内が冷えてしまうのです。

したがって、自律神経失調症は体を温めて血行を良くする事で改善できると言えます。

引用元-自律神経失調症は冷え性改善で治す!手軽にできる正しい冷え性対策 | 健康生活

冷え性対策に感情開放と筋肉の調整

冷え性を治すには血液の流れも大切ですが、感情を抑え込むことによって起きた筋肉の緊張を元に戻るように調整するのは非常に重要になります。

それと共に、冷え性を治すには感情を出すことも重要となります。

感情を出すことを「大人げない」と思わずに、誰もいない所で叫んだりクッションなどを叩きつけたり、または思いっきり泣いたりなど、感情を体の外に出すには声と体の動きが非常に重要です。

冷え性には運動がいい、ストレス解消には運動がいい、と言われますが、筋肉を動かすことは、感情の抑圧で緊張し硬くなった筋肉をある程度ゆるめる効果があります。

また、運動と共に声を出すことも行えば、体の中に溜まったストレスが声といっしょに出ていくことになります。

引用元-冷え性の原因は、感情と筋肉 | うつ病・自律神経失調症の整体専門家集団「健療院グループ」

 - 生活の知恵, 社会 ビジネス