ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

冷え性チェックをして原因から冷え性を解消

      2016/01/25

疲れが取れにくい、手足の先が冷たいなど

冷え性かもと思ったらセルフチェックをしてみましょう。

冷え性になる原因について考え、改善策を考えましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

鎖骨が痛い原因は何?位置によっても違う?

鎖骨が痛い原因については生活習慣によって様々です。

中でも鎖骨の下が痛いという人は多いかもしれません。

鎖骨の痛みの位置でも原因が違ったりするそうです。

離婚による子供への影響は?子供との話し合いやケアも大切

離婚は、夫婦の終わりとなりますが、

子供にとっては、どちらも親です。

特に精神面のケアをすることが大切となります。

頭痛や吐き気・微熱が風邪以外で起こる原因とは?

微熱もあり、頭痛や吐き気などの風邪の症状は、

風邪以外にも起こる事があるそうです。

気になる事があれば、病院へ行くようにしましょう。

寝起きの口の中の乾燥を何とかしたい!口臭などの原因にも

寝起きで口の中が乾燥している事がよくあるという

人は要注意です。口呼吸が主な原因のようですが、

口呼吸は健康にもエチケットにもあまりよろしくないのです。

冷え性対策のグッズをご紹介 プレゼントにもおすすめ

冷え性のグッズはたくさんありますが、

その中でもおすすめの物をご紹介します。

冷え性の方へのプレゼントにもおすすめです。

もやもや病は遺伝?症状や名前の由来について

もやもや病は、内頚動脈が頭の中に入った直後に、

左右ともに狭くなったり、詰まったりする病気で、

次第に進行していきます。

症状や名前の由来とはどのようなものなのでしょうか?

腸が痛い症状の原因は?腹痛と冷えの関係とは?

お腹が痛い症状は、日常でもよくみられる症状のひとつです。

その原因は病気やストレスなど様々です。

まずはお腹の冷えを防ぎ、体質を改善していきましょう。

コートの気になる毛玉の原因や取る方法とは

コートの季節になりました。

そして気になるのが、毛玉です。

あるもので簡単に取ることが出来るそうなので、

試してみましょう。

南部鉄器急須が海外で人気沸騰 その秘密とは

南部鉄器が海外でも人気を集めています。

カラフルな急須などギフトにもおすすめです。

一生ものの南部鉄器を手にしたいものです。

気になる靴の臭いを取る洗い方で清潔を保つコツ

靴を清潔に保つために靴を洗いましょう。

臭いを取る洗い方と保管時の脱臭方法など

清潔に保つ方法とは?

唇が乾燥する原因とは? はちみつで唇をケアする

普段何気なくやってることが唇の乾燥をまねいているかもしれません。

乾燥の原因を知り、しっかりケアをして

素敵なリップにしましょう。

紅茶の効能による下痢の改善 ただし飲み過ぎに注意

紅茶に含まれるタンニンによって

下痢が改善されるそうです。

その効能について確認します。

血圧が高い症状について 急に血圧が上がる理由とは?

血圧が高い原因は、はっきりとわかっていないそうです。

症状について理解し、生活習慣や食生活の

見直しを図りましょう。

紅茶の効能でリラックス効果 ストレス解消におすすめ

気分が上がらない、疲労感があるなどの時は

紅茶を飲みましょう。紅茶の効能にリラックス効果があります。

ほっとしたい時に一息紅茶を。

肌のシミの原因とは?紫外線対策の日焼け止めSPFやPAとは

気になる肌のシミの敵である紫外線対策はしていますか?

紫外線により破壊された細胞は、ターンオーバー力を低下させ、

色素沈着を発生させます。

肌のシミの原因と対策について確認しましょう。

耳鳴りが気になる 耳鳴りの原因と特徴について

耳鳴りの症状は、音がするものがないのに、

様々な音が聞こえるというものです。

病気の場合もあるそうですが、多くはストレスや疲れが

溜まっている時に起こるそうです。

大掃除のコツは重曹を使いこなすことにあった

大掃除の頑固な汚れを落とすには、

重曹を使いこなすことがコツのようです。

簡単にまとめてみました。

皮膚のかゆみが顔にでる原因とは?予防が大切

顔の皮膚のかゆみがある原因は様々ですが、

習慣の改善などで予防できるそうです。

健康な皮膚を保ちましょう。

ダイエットに効果的な入浴するタイミングとは

入浴するタイミングで食欲を抑えてダイエット効果を期待するのですが、

他にも睡眠や健康に関しても入浴というのは

大事なことのようです。

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

冷え性かも?チェックシートで確認

自分が冷え性(冷え症)かどうか、冷え性(冷え症)ならばどの程度か、この冷え性(冷え症)チェックシートを使って、チェックした数ではかります。

電気毛布、電気アンカなどを好んで使用する。
温かいものを好んで食べる。
風邪をひきやすい。
生理不順、生理痛、月経困難症がある。
肩こり、腰痛が気になる。
便秘がちである。
冷房を嫌う。
お風呂から上がるとすぐ冷えてくる。
生野菜や果物を好む。
コーヒー、お茶や牛乳を好む。
手先、足先、下肢が特に冷える。
トイレが近く夜間何度もトイレに起きる。
胃腸が弱く、すぐ下痢をする。
氷のように四肢が冷えて、時には痛む。
イライラや不眠がある。
足の裏、手の平が湿っぽい。
身体がだるく疲れやすい。
ささくれ、しもやけができ、爪が割れ易い。
皮膚のかさつきがある。
身体全体が冷え、1年を通じて冷えが気になる。
頭痛やフラツキがある。
自律神経失調症と言われた。
夏の間冷たい物を多く取り、冷房を長時間使用する。
のぼせやすい、冷えのぼせがある。
手足がむくみやすく、トイレに行く回数が少ない。
舌が厚ぼったく感じ、お腹がチャポチャポ音がする。
貧血、低血圧がある。
低体温傾向にある。(36℃以下)
手足がほてる。
よく胃が痛む。
チェック数、1〜3個の場合は要注意、4〜6個の場合は冷え性(冷え症)対策が必要、9〜10個の場合は治療が必要な冷え性(冷え症)、11個以上の場合はかなり重度の冷え性(冷え症)

引用元-冷え症(チェックシート、症状、自律神経との関係、自宅でできる対策、みぞおちを温める)

スポンサーリンク



  人気記事

冷え性になりなりやすい人とは

● タバコを吸う人
血液の循環が悪くなるので、冷えにつながる。止めるのが無理なら本数を減らして。
● いつもミニスカートを穿いている人
一番冷やしてはいけない場所を冷やすことに。穿くなら、足腰のガードを忘れずに。
● 男より女
始終ホルモンが変動している女性の体は、変化にも敏感。冷えも入りやすいのです。
● ハイヒールをよく履く人
高いかかとの靴を履いた姿勢は、人間にとって不自然な体勢なのです。
● 水分をたくさん摂る人
水分の摂りすぎは、からだに毒。のどが渇いても体内では水分が余っていることも。
● きつい下着をつけている人
血行が悪くなります。血行が悪くなると。
● 入浴時間が短い人
一年中、シャワーだけですませている人は、冷え性予備軍、あるいは立派な冷え性かも。
● ストレスが多い人
強いストレスは、からだを敏感にする。敏感になったからだは、冷えに弱い。
● クーラーが苦手という人
でも、冷房好きなあなたも、からだは案外、冷えに泣いているかも。
● ダイエットをしている人
偏った食生活や栄養不足は、からだのバランスを狂わせ、冷えを招き入れる。
● 果物や生野菜が大好きな人
野菜や果物にも、からだを冷やすものと、からだを温めるものがあります。
● やせていて無気力な人
東洋医学的に「虚証」に分類される人は、冷えに対して用心が必要です。

引用元-『 冷え性 』 簡単なチェックとお風呂での解決方法

スポンサーリンク



冷え性の原因となる血行不良

bsN825_mahura-girl

血行不良は冷え性を引き起こす原因のほとんどといえるかもしれません。
冷え性対策というと温めることが一般的。

そう考えていた人は意外と思ったかもしれませんね。
人間の体温が一定に保たれているのは血液が体内で作られた熱を体の隅々に運んでいるためです。

人間は恒温動物です。
一年を通して体温の変化はほとんどありません。
運動をすることで体温上昇はしますが、運動をしなくても体温を維持できていますよね?

体温が維持できるのは血液循環があるためです。
動物の生きるために必要な基礎代謝が熱を作り血液が熱を運ぶことで維持されています。

血流が悪化して渋滞した状態では熱の運びが正常に行えませんので冷え性の原因のひとつに。
血液循環の悪化が冷え性のはじまりとも言えます。

引用元-冷え性の原因は生活スタイル変更だけで治るってホント?

冷え性が女性に多い原因とは

男性に比べ、女性に多く見られる冷え性。実に5~7割の女性が悩んでいるとも言われます。そこには男性にはない、女性ならではの原因があります。

筋肉量が少なく脂肪が多い

女性は男性に比べ筋肉が少なく、またつきにくくなっています。そのため男性に比べ熱を作る力が弱いのです。また、男性に比べ脂肪が多く、つきやすくなっています。脂肪は一度冷えると温まりにくい性質を持っているため、冷えの原因となってしまいます。

子宮や卵巣などの臓器と月経がある

子宮や卵巣など、男性に比べ血流の妨げとなる内蔵が多いため、腹部の血流が悪くなります。また、月経時に血液が減るため、熱を伝える血液が体の末端まで届きにくくなります。

薄着や衣類の締め付けなど

寒い場所でのミニスカートやショートパンツなどの薄着は、言わずもがな体を冷やしてしまいます。また、下着やタイトな衣類での締め付けも血流を悪くし、冷え性の原因となります。

引用元-冷え性の原因と対策を徹底解説 – 美肌総合研究所

冷え性の原因である血行不良は筋力不足から?

血液は心臓のポンプ機能で、体の末端まで送られますが、

血液循環がうまくいっていないと、

末端から心臓へ血液を戻すことが出来ていないんです。

そうすると、だんだんと血行が悪くなり、

血液が末端まで届きにくくなるため、

冷え性になってしまうのです。

しかし血液循環は心臓のポンプ機能だけで

うまく機能しているわけではないんです。

血液循環に必要なのは、筋肉!

えぇ…?

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

筋肉の収縮運動が血液循環を助ける働きをしているんです。

どういうことかといいますと、

筋肉を動かすと、筋肉が膨らみ血管が圧迫されます。

そして血管が圧迫されると、血管内の血液が押し出されるのです。

この筋肉の役割なしに、心臓のポンプ機能だけでは、

なかなかうまく血液循環を行うことは出来ません。

ということは…

冷え性を改善するためには

運動やストレッチをして筋肉をつけることが必須というわけです。

引用元-冷え性の原因と対策 改善にはストレッチ?体を温める食べ物は?

 - 生活の知恵, 美容・健康