ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

冷え性チェックをして原因から冷え性を解消

      2016/01/25

疲れが取れにくい、手足の先が冷たいなど

冷え性かもと思ったらセルフチェックをしてみましょう。

冷え性になる原因について考え、改善策を考えましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

ストレスが原因?肩こりや頭痛の症状 緊張型頭痛の原因とは

日常生活の中で頭痛に悩まされる方も多いのでは

ないでしょうか?頭痛の原因の大半を占めるという緊張型頭痛。

原因や症状について確認します。

リンパマッサージとは?その効果について

リンパマッサージは聞いたことはあっても、

どんなものかというのは知らない方もしるかもしれません。

効果とはどのようなものなのでしょうか?

小1の壁や小4の壁の問題はどう乗り越えればいい?

保育園の問題は、社会問題となり大きく報道されています。

少しその陰に隠れているのが、学童保育の問題です。

いわゆる小1の壁や小4の壁と呼ばれるものですが、

他のママ達は、ここをどう乗り越えていったのでしょうか?

寝起きの口の中の乾燥を何とかしたい!口臭などの原因にも

寝起きで口の中が乾燥している事がよくあるという

人は要注意です。口呼吸が主な原因のようですが、

口呼吸は健康にもエチケットにもあまりよろしくないのです。

ホテルと旅館の違いやそれぞれのメリットとは?

旅行に行くときに利用する宿泊施設ですが、

ホテルや旅館の違いとは何なのでしょう?

また、民宿との違いも合わせてみていきます。

何か始めたい専業主婦の方へおすすめの趣味や資格とは

結婚してからは家事や育児の主婦業で、

なかなか趣味を見つけられない人は多くいるでしょう。

だからこそ何か始めたいと思った時に思い切って

やっちゃいましょう!

コーヒーの効果は高血圧にも?見直されるコーヒーと血圧の関係とは

以前は、コーヒーの飲みすぎは高血圧症に

つながると考えられていました。

しかし、最近はコーヒーが高血圧症に効果があると

いうのが通説のようです。

皮膚のかゆみが顔にでる原因とは?予防が大切

顔の皮膚のかゆみがある原因は様々ですが、

習慣の改善などで予防できるそうです。

健康な皮膚を保ちましょう。

立ち仕事の足の痛みや疲れが取れない原因と疲れをとる方法について

毎日の仕事で足が疲れていませんか?

休んでも中々疲れが取れない原因とは?

立ち仕事で足の痛みを防ぐための方法とは、

どんなものなのでしょう。

カイロダイエットをする時にカイロを貼る場所とは

ダイエット効果を高めたい時は、

内臓を温めることがポイントなんだそうです。

カイロを使ったダイエット方法とは?

貼る場所はどこに貼るのが効果的なのでしょうか?

肩こりは揉んではいけない?体操やストレッチについて

日常生活の中に肩こりの原因となる事はたくさんあります。

そんな肩こりも、つい揉んでしまいますが、

肩こりは揉んではいけないと言われています。

体操やストレッチで改善するようにしましょう。

股関節ストレッチ美容や健康にも効果 簡単にできるストレッチ方法は?

股関節が硬くなっていたり、歪んでいることで、

体に及ぼす影響は多いようです。股関節のストレッチを

継続的に行い、柔らかくすることで効果を実感しましょう。

英語力を上達させたい 勉強の始め方とは?

日本にいても観光客の増加など英語を必要と

する場面が増えているように感じます。

そろそろ重い腰を上げて英語を学んでみませんか?

顎関節症の治療はどんなもの?対策は?

顎関節症の治療とはどのようなものなのでしょうか?

また最近、顎関節症は増加傾向にあるようです。

できることから対策はしておいた方がよさそうです。

顎関節症が原因で耳が痛いことも?顎関節症の原因とは?

耳の下や、耳の前にある関節が痛いと思ったら、

顎関節症の可能性があります。

顎関節症で悩んでいる人は痛みの緩和法も参考にしてください。

独身男性は結婚しないのか?もしくはできないのか?

30を越えたあたりから男性はお金も持ち始め、

自分の趣味に時間もお金もかけられるようになります。

結婚しない独身男性は今後も増えていくのでしょうか?

ズボンの乾かし方を工夫してシワをつけない シワの取り方は?

ズボンを洗濯して乾かしても、ちゃんと乾かさないと

すぐにシワになってしまいます。

乾かし方やシワの取り方を知り、ズボンを長持ちさせましょう。

花粉症の症状は喉も関係?喉の痛みや咳について

花粉症の症状としては、鼻水や鼻づまり、くしゃみや目のかゆみなど、

主な症状の他に、喉にも症状が現れます。

花粉症なのになんで咳が出るんだろうと思ったこともあるかもしれません。

その原因や症状を抑える方法についてご紹介します。

だるい体を食事で改善!疲労回復に効果がある食べ物とは?

疲労が溜まっているときのオススメの食べ物とは?

疲労回復の効果が高い食べ物は様々ありますが、

バランスもしっかり整えることが大切です。

みんな大好き親子丼の発祥ってどこ?作り方もご紹介

家庭には必ずある玉子をつかった代表的な丼ものといえば、

やはり親子丼ではないでしょうか。

親子丼の発祥には諸説ありますが、考えた人に感謝ですね!

冷え性かも?チェックシートで確認

自分が冷え性(冷え症)かどうか、冷え性(冷え症)ならばどの程度か、この冷え性(冷え症)チェックシートを使って、チェックした数ではかります。

電気毛布、電気アンカなどを好んで使用する。
温かいものを好んで食べる。
風邪をひきやすい。
生理不順、生理痛、月経困難症がある。
肩こり、腰痛が気になる。
便秘がちである。
冷房を嫌う。
お風呂から上がるとすぐ冷えてくる。
生野菜や果物を好む。
コーヒー、お茶や牛乳を好む。
手先、足先、下肢が特に冷える。
トイレが近く夜間何度もトイレに起きる。
胃腸が弱く、すぐ下痢をする。
氷のように四肢が冷えて、時には痛む。
イライラや不眠がある。
足の裏、手の平が湿っぽい。
身体がだるく疲れやすい。
ささくれ、しもやけができ、爪が割れ易い。
皮膚のかさつきがある。
身体全体が冷え、1年を通じて冷えが気になる。
頭痛やフラツキがある。
自律神経失調症と言われた。
夏の間冷たい物を多く取り、冷房を長時間使用する。
のぼせやすい、冷えのぼせがある。
手足がむくみやすく、トイレに行く回数が少ない。
舌が厚ぼったく感じ、お腹がチャポチャポ音がする。
貧血、低血圧がある。
低体温傾向にある。(36℃以下)
手足がほてる。
よく胃が痛む。
チェック数、1〜3個の場合は要注意、4〜6個の場合は冷え性(冷え症)対策が必要、9〜10個の場合は治療が必要な冷え性(冷え症)、11個以上の場合はかなり重度の冷え性(冷え症)

引用元-冷え症(チェックシート、症状、自律神経との関係、自宅でできる対策、みぞおちを温める)

スポンサーリンク



  人気記事

冷え性になりなりやすい人とは

● タバコを吸う人
血液の循環が悪くなるので、冷えにつながる。止めるのが無理なら本数を減らして。
● いつもミニスカートを穿いている人
一番冷やしてはいけない場所を冷やすことに。穿くなら、足腰のガードを忘れずに。
● 男より女
始終ホルモンが変動している女性の体は、変化にも敏感。冷えも入りやすいのです。
● ハイヒールをよく履く人
高いかかとの靴を履いた姿勢は、人間にとって不自然な体勢なのです。
● 水分をたくさん摂る人
水分の摂りすぎは、からだに毒。のどが渇いても体内では水分が余っていることも。
● きつい下着をつけている人
血行が悪くなります。血行が悪くなると。
● 入浴時間が短い人
一年中、シャワーだけですませている人は、冷え性予備軍、あるいは立派な冷え性かも。
● ストレスが多い人
強いストレスは、からだを敏感にする。敏感になったからだは、冷えに弱い。
● クーラーが苦手という人
でも、冷房好きなあなたも、からだは案外、冷えに泣いているかも。
● ダイエットをしている人
偏った食生活や栄養不足は、からだのバランスを狂わせ、冷えを招き入れる。
● 果物や生野菜が大好きな人
野菜や果物にも、からだを冷やすものと、からだを温めるものがあります。
● やせていて無気力な人
東洋医学的に「虚証」に分類される人は、冷えに対して用心が必要です。

引用元-『 冷え性 』 簡単なチェックとお風呂での解決方法

スポンサーリンク



冷え性の原因となる血行不良

bsN825_mahura-girl

血行不良は冷え性を引き起こす原因のほとんどといえるかもしれません。
冷え性対策というと温めることが一般的。

そう考えていた人は意外と思ったかもしれませんね。
人間の体温が一定に保たれているのは血液が体内で作られた熱を体の隅々に運んでいるためです。

人間は恒温動物です。
一年を通して体温の変化はほとんどありません。
運動をすることで体温上昇はしますが、運動をしなくても体温を維持できていますよね?

体温が維持できるのは血液循環があるためです。
動物の生きるために必要な基礎代謝が熱を作り血液が熱を運ぶことで維持されています。

血流が悪化して渋滞した状態では熱の運びが正常に行えませんので冷え性の原因のひとつに。
血液循環の悪化が冷え性のはじまりとも言えます。

引用元-冷え性の原因は生活スタイル変更だけで治るってホント?

冷え性が女性に多い原因とは

男性に比べ、女性に多く見られる冷え性。実に5~7割の女性が悩んでいるとも言われます。そこには男性にはない、女性ならではの原因があります。

筋肉量が少なく脂肪が多い

女性は男性に比べ筋肉が少なく、またつきにくくなっています。そのため男性に比べ熱を作る力が弱いのです。また、男性に比べ脂肪が多く、つきやすくなっています。脂肪は一度冷えると温まりにくい性質を持っているため、冷えの原因となってしまいます。

子宮や卵巣などの臓器と月経がある

子宮や卵巣など、男性に比べ血流の妨げとなる内蔵が多いため、腹部の血流が悪くなります。また、月経時に血液が減るため、熱を伝える血液が体の末端まで届きにくくなります。

薄着や衣類の締め付けなど

寒い場所でのミニスカートやショートパンツなどの薄着は、言わずもがな体を冷やしてしまいます。また、下着やタイトな衣類での締め付けも血流を悪くし、冷え性の原因となります。

引用元-冷え性の原因と対策を徹底解説 – 美肌総合研究所

冷え性の原因である血行不良は筋力不足から?

血液は心臓のポンプ機能で、体の末端まで送られますが、

血液循環がうまくいっていないと、

末端から心臓へ血液を戻すことが出来ていないんです。

そうすると、だんだんと血行が悪くなり、

血液が末端まで届きにくくなるため、

冷え性になってしまうのです。

しかし血液循環は心臓のポンプ機能だけで

うまく機能しているわけではないんです。

血液循環に必要なのは、筋肉!

えぇ…?

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

筋肉の収縮運動が血液循環を助ける働きをしているんです。

どういうことかといいますと、

筋肉を動かすと、筋肉が膨らみ血管が圧迫されます。

そして血管が圧迫されると、血管内の血液が押し出されるのです。

この筋肉の役割なしに、心臓のポンプ機能だけでは、

なかなかうまく血液循環を行うことは出来ません。

ということは…

冷え性を改善するためには

運動やストレッチをして筋肉をつけることが必須というわけです。

引用元-冷え性の原因と対策 改善にはストレッチ?体を温める食べ物は?

 - 生活の知恵, 美容・健康