ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

冷え性を改善 日常の飲み物や食べ物から

      2017/06/21

冷え性を無理せず食事で改善したい、

そんな方に冷え性を食事で改善する方法をご紹介します。

食べる時間や水分量なども冷え性と関係があるようです。

スポンサーリンク

  関連記事

牛にならない?食後のごろ寝はダイエットにつながる?

食事の後に、すぐに横になると牛になると良く言われたものです。

ですが、この食後のごろ寝が消化を助けたり、

ダイエット効果もあるそうです。

手術での全身麻酔の方法は?リスクや合併症はある?

手術では体にメスを入れるため、痛みを感じなくさせ、

ストレスから患者の体を守ることが麻酔の役割となります。

全身麻酔の場合、考えられるリスクはどのようなことがあるのでしょうか?

納豆の栄養素は美容に効果的 キムチと合わせるとさらに良し!

体にもお肌にも良いものといえば納豆です。

美容にいいから毎日食べているという方も非常に多いですよね。

納豆の栄養や美容について確認しましょう。

炭酸水による洗顔で美肌効果 作り方や方法とは

炭酸水で洗顔すると美肌効果を得られるようです。

飲用のものではなく、クエン酸と重曹で作ったものが良さそうです。

炭酸水の作り方や洗顔方法とは、

どのようなものなのでしょうか。

人間ドックは必要?検査内容や費用はどのくらい?

人間ドックを受けるは面倒だと感じる方も多いかもしれませんが、

検診を受けることにより、重大な病気が発覚する場合もあります。

費用や内容の例を確認して、一度受けてみてはどうですか?

冷え性チェックをして原因から冷え性を解消

疲れが取れにくい、手足の先が冷たいなど

冷え性かもと思ったらセルフチェックをしてみましょう。

冷え性になる原因について考え、改善策を考えましょう。

肩こりや頭痛がつらい目の奥が痛いのはなぜ?原因とは

パソコン、スマートフォン、テレビなどを見る事が多い現代。

目は大きなダメージを受けています。

肩こりや頭痛、目の奥が痛い症状が出た時は要注意です。

仕事のストレスでイライラの限界を感じる前に対処を!

仕事でストレスを感じることは、残念ながら日常的にあると思います。

しかし、ストレスを溜めてイライラしているのは良くありません。

解消しながら、うまくストレスと付き合っていくことが大切です。

口内炎の治し方は塩うがい?その効果とは

憂鬱な口内炎の治し方として塩があります。

塗るというまさに原始的な方法もありますが、

うがいでも十分効果はあるそうです。

冷え性対策のストレッチ 押すと効果のあるツボとは

冷え性に負けないためにストレッチで身体を温めてあげましょう。

簡単にできるストレッチと冷え性に効果があるツボを

ご紹介します。

大掃除のコツをつかんでキッチン台所をきれいに

水回りであるキッチンの大掃除は完璧にこなしたい。

完璧にこなして年を越したいですよね。

コツを知り、効率の良い大掃除を!

ノロウイルスの主な症状や感染経路とは

ノロウイルスが流行しているようです。

ノロウイルスの感染経路や症状を知った上で、

予防策をとりましょう。

ストレスが原因?肩こりや頭痛の症状 緊張型頭痛の原因とは

日常生活の中で頭痛に悩まされる方も多いのでは

ないでしょうか?頭痛の原因の大半を占めるという緊張型頭痛。

原因や症状について確認します。

子供の性格に影響を与える環境や育て方

子供の性格形成には、様々な要因があります。

できれば、いい子に育って欲しいと親は願うものです。

育て方や環境が子供の性格に与える影響とは?

便秘解消をすぐにでもしたい!生活習慣の見直しで根本から改善

すぐにでも便秘解消をしたい!

そんな方は多いと思います。根本的な原因は、

生活習慣の見直しが大切ですが、ちょっっとした工夫で翌日以降の

調子がよくなるかもしれません。

フェイスラインやあごのニキビの原因とは?

フェイスラインやあごの辺りのニキビの原因は、

主にホルモンバランスが原因であると言われています。

生活習慣を見直し、保湿をしてニキビを改善しましょう。

高校で部活は続けるべき?勉強との両立はできる?

勉強も難しくなり、部活も本格化する高校生。

受験のために部活は諦めるのが正解なのでしょうか?

両立はきれいごとなのか?そんなことはないと思います。

一度しかない高校生活に悔いを残さないことが、

一番大切なのでしょう。

腸閉塞の症状や原因について

便秘とよく似た症状を持つと言われる腸閉塞。

では、腸閉塞の症状とは?

原因や見分け方は、どのようなものなのでしょうか?

若白髪は治る?予防や改善をするために必要なこととは?

若白髪で悩む人が増えている原因は、

生活習慣の乱れにあるのかもしれません。

遺伝的な原因の可能性も言われていますが、そうでない場合は、

生活習慣の改善で若白髪も改善できるかもしれません。

パチッとなる静電気は体質なの?

他の人より静電気のダメージを受ける事が

多いなと感じる事がありませんか?

静電気体質と聞く事はありますが、具体的にどういった

体質なのでしょうか?

朝起きたら白湯を飲んで冷え性対策

朝は、1日の中で最も水分が失われているので「白湯(さゆ)」を吸収しやすく、体温が最も低いため白湯によって体が温まりやすいのだそうです。
(※白湯とは、いったん沸騰させた湯をぬるく冷ましたものです)

白湯を飲むことで胃や腸が温まり、腸管が活発に働き出し、代謝が上がり、熱が作られ、冷えにくい体質へと変化していくのだとか。
白湯はカロリーが0なので、ご飯の前に飲むことで飲み過ぎや食べ過ぎを防ぐこともできて、ダイエットにもなりますね♪

日中に紅茶やコーヒを飲まれる方は多いかと思いますが、実はあれは良くないそうです。
紅茶やコーヒに含まれるカフェインが交感神経を刺激することにより、血管が収縮し血流が悪くなり、体が冷えてしまう原因になるのだとか・・・。

朝だけではなく、日中に飲んでいるコーヒーやお茶を白湯に変えてみるのもいいですね!

引用元-これで冷え症も怖くない!【プロ直伝】冷えを改善する3つの方法 | 薬剤師ネット 公式ブログ

スポンサーリンク



  人気記事

冷え性を改善するために食事習慣を変えてみる

冷え性改善のためにも、まず冷え性の原因を知ることが大事です。

冷え性の原因は生活習慣にあると考えられます。

冷たい食べ物や甘い食べ物をあまり食べないようにする

糖分には体を冷やす作用があり、冷え性の原因となるので、できるだけ食べないようにする。

温かい飲み物を飲んで冷え性改善!

旬の野菜や果物を摂取して冷え性改善!

食べない系ダイエットは避ける

食事をすると、体内に吸収・分解される際に、熱が発生します。食事誘発性熱産生といいます。

たんぱく質は熱に変わりやすいので、たんぱく質の摂取を忘れない

基礎代謝をアップして痩せやすい身体を作る4つの方法によれば、筋肉をつけるためには、運動することだけではなく、筋肉を作る材料となるたんぱく質を摂取することが大事です。

冷え性の人が増えている理由の一つには、デスクワークが増えたり、運動する機会が減るなどして、筋肉量が減少していることが挙げられます。

たんぱく質を摂取し、運動する機会を増やして、熱のもととなる筋肉を付けたいですね。

ココア

ココアには体の冷え対策に有用な「体温保持効果」があることがわかったそうです。

ココアに含まれる『ポリフェノール』や『テオブロミン』は血管拡張作用があることが報告されており、特に手足の先の血液循環を改善することで、ゆっくりと長く冷えを抑制できると考えられます。

引用元-冷え性改善方法|冷え症の症状・原因・末端冷え性(手足の冷え)

スポンサーリンク



食事に香味野菜を足して冷え性を改善

a0002_006271_m

いわゆるピリッとからい香味野菜には血流を
よくする働きがあると言われています。
 

その代表例が「しょうが」と「ねぎ」。
あの辛みが血流を促進してくれるんですね( ^)o(^ )
 

多めに作って、常に食卓においておいたら
いかがでしょうか?たっぷりのしょうがとネギ
の入った味噌汁は体をあたためてくれますよ!
 

すりおろすのが面倒であれば、チューブの
しょうがで充分!手間をかけずに毎日
取り入れましょうね(^.^)

引用元-冷え性の改善方法とは?おすすめの5つを教えます!

食べ物の水分量と冷え性の関係について

代謝を上げる栄養素や、利尿作用のある栄養素を含む食べ物が、冷え性には効果があり、逆に水分量を多く含む食べ物は身体を冷やすことは、すでに説明しました。
ではなぜ、冷え性は水分量の関係するのかお話しします。

水分の多い食べ物を食べ、水分がうまく排出されないと、身体の中にたまり、身体を冷やします。水分が身体にたまってしまうと、臓器の働きがにぶくなり、血流が悪くなるので、身体中に血液が流れなくなるからです。

果物など、身体を冷やす食べ物の多くが、水分を多く含み、さらに生のまま食べるのがほとんどなので、食べる際には、身体を温める飲み物を一緒に飲むなど、工夫してみてください。

引用元-食べてポカポカ! 冷え性を改善する意外な食べ物はこれだ!

食事を摂る時間で冷え性を改善しやすくなる

たくさん食事をし過ぎてしまう人は、体のエネルギーが消化に向けられてしまい、胃や腸に血流が集まるので、手足が冷えやすくなってしまいます。なので、食べすぎないことは、冷え性の改善のためにも大切なことです。そこでおすすめなのが、「食事をとる時間」と「休む時間」を、わけてつくることです。胃腸が休まり、手足にも血が巡るようになり、冷え性を改善しやすくなるのです。

じつは、体の活動は、24時間のうち「3つの活動」に分けられ、消化活動が活発になる時間帯があります。

4:00~12:00=排泄が活発になる
12:00~20:00=消化活動が活発になる
20:00~4:00=栄養を吸収して、体の修復をはじめる
体の中の消化活動が活発になる、12:00~20:00間に食事をする事で、消化の効率をあげることができます。胃腸への血液の集中を、できるだけ最小限にすることができれば、手足にも血が巡りやすくなります。この時間帯に、ランチやディナーなど、1日のメインになる食事をとることがおすすめです。

朝は排泄の邪魔をしないためにも、消化のいい果物をいただきます。好きなだけ食べていただいてかまいません。夜は血管などの細胞を修復するために、食事をやめて内臓を休ませましょう。

引用元-世界一楽しい冷え性改善策!心と体と人生を暖めるための5ステップ

 - 生活の知恵, 美容・健康