ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

風邪による頭痛の原因とは?発熱が高熱の場合の頭痛は注意

      2017/01/27

風邪によって発熱したり、頭痛があったりしますよね。

高熱の場合はインフルエンザも疑いますが、

高熱で頭痛を伴う場合は脳炎や髄膜炎の可能性もあるのです。

スポンサーリンク

  関連記事

セルライトは運動不足を解消すれば消える負担の少ない有酸素運動が効果的

気になるセルライトは運動すれば消えると言いますが、

運動は得意じゃないし、と思っている方。

負担の少ない簡単な運動でも効果があるのです。

むしろセルライトにはあまり激しい運動は良くないそうです。

脇の下のしこりやリンパが痛い原因とは?

脇の下にしこりができたり、リンパが痛い時、

その原因は気になると思います。

簡単ではありますが、原因についてご紹介します。

第一印象をよくする表情をウンパニ体操で

恋愛やビジネスなど、どのような場面でも

重要となるのが第一印象です。今後の関係も左右する

と言っても過言ではないと思います。

表情豊かにするためにウンパニ体操で表情筋を鍛えましょう。

独身男性は結婚しないのか?もしくはできないのか?

30を越えたあたりから男性はお金も持ち始め、

自分の趣味に時間もお金もかけられるようになります。

結婚しない独身男性は今後も増えていくのでしょうか?

朝が弱い 起きれない人の対処法

毎日の朝が起きれなくてつらい。

そんな朝が弱い人におすすめの睡眠から快適に

目覚めることができる方法をいくつかご紹介します。

肩こりは揉んではいけない?体操やストレッチについて

日常生活の中に肩こりの原因となる事はたくさんあります。

そんな肩こりも、つい揉んでしまいますが、

肩こりは揉んではいけないと言われています。

体操やストレッチで改善するようにしましょう。

入浴後から寝る前のストレッチの効果とは?ダイエットや冷えにも効果的

ストレッチには様々な効果が言われていますが、

そのストレッチをする時間帯は入浴後が良いとされています。

入浴後のストレッチが効果的なのはなぜなのでしょうか?

朝の顔のむくみの予防や効果が期待できる解消法とは?

朝起きたら、いつもより顔が大きくなっている気がしたり、

目が腫れぼったく感じたことはありませんか?

顔のむくみを予防するために効果が期待できる方法や解消法とは?

焼きみかんで美容などの効果が期待できる栄養素とは?

みかんを焼いて焼きみかんにすることで、

皮に含まれるβクリプトキサンチンという栄養素が、

皮から浸み出して、含まれる油と一緒に果肉に入っていき、

美容などの効果を生むそうです。

独身の女性の割合とは 結婚に対する考え方は?

女性の結婚に対する考え方は以前とは

だいぶ変わってきているようです。

独身の割合やその考え方とはどのようなものなのでしょうか?

寝る前にコップ1杯の水を!適切な飲み方で効果を発揮

寝る前にコップ1杯の水を飲むといいというのは、

どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

ですが、飲み方や飲み過ぎは逆効果のようです。

子供と川遊びの時に注意すべきこととは

夏の時期は暑く、子供と川遊びもいいですよね。

ですが、川などの自然は、恐い一面もあります。

注意すべき点を確認して楽しく川遊びをしましょう。

だるい体を食事で改善!疲労回復に効果がある食べ物とは?

疲労が溜まっているときのオススメの食べ物とは?

疲労回復の効果が高い食べ物は様々ありますが、

バランスもしっかり整えることが大切です。

気になる靴の臭いを取る洗い方で清潔を保つコツ

靴を清潔に保つために靴を洗いましょう。

臭いを取る洗い方と保管時の脱臭方法など

清潔に保つ方法とは?

副鼻腔炎とは?原因はストレスや虫歯であることも

副鼻腔炎とは鼻の副鼻腔と言う場所に炎症が起きる病気です。

副鼻腔炎の原因は様々で、その原因に伴う治療が必要です。

歯の異常から起こることもあるそうです。

ベジブロスって?野菜の皮など捨てずに有効活用!

野菜の皮など、普段捨ててしまっているようなものを

有効活用しましょう!

ベジブロスはご存知ですか?

緊張型頭痛の治し方や対処法、治療について

緊張型頭痛を改善したい。

日常生活で気をつけるべきことはどんなことなのでしょう。

治し方や対処法について確認します。

頭痛の治し方で前頭部に痛みがある場合は?対処法について

前頭部に起こる頭痛の原因としては偏頭痛や緊張型頭痛

であることが多いそうです。

症状を緩和させたり、治し方とは?

坐骨神経痛の治し方はストレッチで改善

坐骨神経痛は主に症状であるため、原因によって

治し方は異なると思われます。少しでも、痛みや痺れを

ストレッチで改善できれば嬉しいですね。

昼食後の昼寝による効果は?身長を伸ばしたいなら質の良い睡眠を

遺伝の関係等で全ての人という訳には

いかないかもしれませんが、睡眠で成長ホルモンが分泌される

事が身長を伸ばすには重要となります。

昼寝は短い時間でよりよい睡眠をとるようにしましょう。

風邪による頭痛の原因について

脈に合わせるようにズキズキと頭が痛くなるのは、風邪を引いたときにありがちな頭痛の特徴です。これは、頭部にある血管の状態が深く関係しています。

風邪は、鼻やのどにウイルスや一般細菌(マイコプラズマ、クラミジアなど)が感染することが原因で起こります。風邪になると、くしゃみ、鼻水、咳で、感染源を排除しようとすると同時に、ウイルスや細菌に抵抗するため、免疫細胞である白血球を増やそうとします。

その白血球を増やして活発化させるため、血液の循環を促そうと血管は膨張します。膨張した血管がその周りの神経を刺激するので“ズキズキと脈を打つような”頭痛になると言われています。

もともと偏頭痛を持っている方は、肉体的な変化や外部環境のストレスを感じやすく、風邪を引くと体が緊張状態になるため、自律神経に影響を与えて頭痛を引き起こすということもあります。

また、頭痛が慢性化している、または悪化している場合には髄膜炎などが隠れている場合もあります。髄膜炎は見過ごされやすい症状なので、このような場合には速やかに専門医での診察を受けることをおすすめします。

引用元-風邪の症状「頭痛」の特徴と対処法 | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



  人気記事

インフルエンザの初期症状の頭痛や吐き気・関節痛について

頭痛

インフルエンザに感染すると、高熱とともに頭痛を伴うことも多いです。

なぜ頭が痛くなってしまうのかというと、私たちの免疫系がインフルエンザウイルスを退治する過程でプロスタグランジンという成分が出てしまうからです。

このプロスタグランジンの作用によって、頭痛が引き起こされてしまうのです。

引用元-インフルエンザの7つの初期症状!頭痛や関節痛をチェックしよう

吐き気

インフルエンザB型の場合、吐き気を伴うこともあります。嘔吐してしまうと体の水分が大量に失われてしまいます。

脱水症状になってしまう危険性もあるので、しっかりとスポーツドリンクや経口補水液などで水分補給をするようにしましょう。

 

関節痛・筋肉痛

関節痛や筋肉痛もインフルエンザの特徴的な初期症状になります。

関節痛や筋肉痛が起こってしまう原因も先ほど紹介したプロスタグランジンの作用によるものです。

このような痛みを解消するためには、冷やしたり、解熱鎮痛剤を使うことが有効になります。

引用元-インフルエンザの7つの初期症状!頭痛や関節痛をチェックしよう

スポンサーリンク



頭痛が主な疾患ではないことも 二次性頭痛とは

ただの頭痛だけではなく関節痛も伴う症状がある場合、大元の原因があってそれがいろいろな症状を引き起こしている場合がほとんどです。

このような場合の頭痛は二次的頭痛と呼ばれ、頭痛自体が主な疾患ではない場合を指しています。

特に頭痛は、頭部のみが日常的に痛む場合もあり、そこにその他の疾患が隠れているという発想に行きつきにくくもあります。
ただし、頭痛のほかに関節痛をはじめとしていろいろな症状を伴う場合は、ただの頭痛ではないと考えた方がよいでしょう。

改善のカギは、何を原因とするかを見極めることです。

そしてその原因は、頭部もしくは関節以外のところにあるケースが大半です。

引用元-頭痛と関節痛が併発した場合は別の疾患が原因となっている | 頭痛外来の福岡自律神経カイロプラクティック

発熱が高熱であり頭痛も伴う場合は脳炎や髄膜炎の疑いも

(1)高熱で頭痛が起こったら=脳炎と髄膜炎の疑い 

高熱を伴う頭痛で、疑わなくてはならない病気は、髄膜炎や脳炎でしょう。

・脳炎

脳炎には日本脳炎があって、日本と韓国では、ワクチンによって流行が阻止されています。

最近の日本では、日本脳炎に掛かったという話を殆ど聞かないので、ワクチン接種をする必要はない、と思っている方もいるかもしれませんね。

しかし、1999年以降、10歳、30歳、40歳の若年の患者が発生しているのです。発生源は、「 蚊 」。

日本脳炎ウイルスを持った蚊が、毎年、飛び回っているのです。

よって、高熱で頭痛が起こる1つ目の理由は脳炎で、脳炎は、ワクチン接種をしていない方の身体に蚊が刺すことによって発症します。

・髄膜炎

次に、高熱で頭痛が起こる2つ目の理由は、髄膜炎です。 髄膜炎とは、軟膜、クモ膜、クモ膜下腔に炎症が起きている状態のこと。

また、髄膜炎の原因は、細菌が原因のものと、ウイルスが原因のものがあるのです。細菌が原因のものを化膿性髄膜炎といい、ウイルスが原因のものを無菌性髄膜炎といいます。

(2)脳炎の症状 ・脳炎の初期症状

脳炎の初期症状は、医師でも判断が難しいのです。なぜなら、風邪の症状と似ているからです。

しかし、不可解な言動も症状に表れているのであれば、医師に相談をしてみるといいかもしれません。なぜなら、脳炎は、早期の治療を行わないと、更に危険な状態に陥るからです。

(3)髄膜脳炎の症状

髄膜脳炎とは、無菌性髄膜脳炎の症状が脳の中にも表れた状態のことをいいます。 症状は以下のとおりです。

高熱 頭痛 嘔吐 意識障害 けいれん 脳がむくむ ちなみに、脳がむくむと、むくみの圧によって圧迫されて脳細胞が悪化してしまうのです。

また、前述の症状は、脳圧が高くなったことによって起きるものです。 子どもの場合は、腹痛や下痢も症状として多く表れると言われています。

引用元-高熱を伴う頭痛の2つの原因と和らげる方法 | 頭痛.com

発熱でつらい時の指圧対処法とは

発熱でつらいとき、自宅でできるかんたんな指圧治療で、らくになることもあります。自分でするよりも、家族やパートナーにしてもらうとより効果的です。
 
1.仰向きに寝かせ、静かにおなかに手を当ててゆっくり静かに押す
(おへそのあたりに拍動を感じたら、そこをじっくりおさえる)
 
2.右手でおなかを押さえながら、左手を相手のおでこの上に置くと、気分が落ちついてきます
 
3.左手をおなかに置いたまま、右手で両方の上腕を交互にジワ−ッと握ります。
神経の緊張がほぐれ、リラックスしてきます。
 
4.足のふくらはぎをゆっくりつかみ、つぎに足の裏を親指で深く押します。
血行がよくなり、のぼせを下げるといわれています。
 
5.再びおなかです。
左手を背中側に回して、右手の4本の指でおなかを少し深くまで押します。
 
このような指圧は、自宅でできる対処の一例です。
 
もちろん、インフルエンザやおたふくかぜなどの感染症である心配もありますから、まずすぐに受診することが大切です。

引用元-頭痛と高熱なら気をつけて[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

 - 生活の知恵, 美容・健康