ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

風邪による頭痛の原因とは?発熱が高熱の場合の頭痛は注意

      2017/01/27

風邪によって発熱したり、頭痛があったりしますよね。

高熱の場合はインフルエンザも疑いますが、

高熱で頭痛を伴う場合は脳炎や髄膜炎の可能性もあるのです。

スポンサーリンク

  関連記事

預金と貯金の違いとは?貯蓄もまた意味が違う?

預金や貯金をしている方は多いと思いますが、

この言葉の違いはご存知ですか?

貯蓄もまた、意味が違うようです。

日常生活で間違わないようにしましょう。

会話が続かない人の特徴とは?上司や初見の人との会話

仲のいい友達となら会話も途切れることは少ないかもしれませんが、

それが、初対面であったり、目上の人や上司であると、

どんな会話をしていいのか迷って沈黙してしまうということも

多いかもしれません。

会話をうまく続けるために、会話が続かない人の特徴を知り、

そういった場面に活かせるようにしましょう。

カイロは貼る場所によって効果は様々!貼ってはいけない場所とは?

寒い時に定番のカイロ。

最近は靴の中に入れるタイプ、靴下に貼るタイプなど、

色々な種類のカイロが販売されています。

そんなカイロも貼る場所を考えて貼れば、

さらに効果的に使用することができるのです。

入浴後から寝る前のストレッチの効果とは?ダイエットや冷えにも効果的

ストレッチには様々な効果が言われていますが、

そのストレッチをする時間帯は入浴後が良いとされています。

入浴後のストレッチが効果的なのはなぜなのでしょうか?

音痴の克服にはピアノがおすすめ アプリや割り箸でも克服できる?

音痴を克服する方法は様々です。

ピアノが主流のようですが、今はピアノがなくても

アプリでできるようですね。

また、割り箸などの用品を使った方法もあるそうなので、

試してみましょう。

炭酸水の効能が健康に効果 疲れにも効果的

炭酸水を飲みなれない日本では、

あまり浸透していない炭酸水ですが、

海外においては日常的に炭酸水を飲む文化が定着しています。

効能による健康への効果とは?

面接の際に緊張をほぐす精神のバランスについて

就職試験など、短い時間の面接で自分を判断されてしまう。

緊張しているからダメだったんだ、と落ち込む前に

まずは心の持ち方を変えてみませんか?

ちょっとしたことで気持ちは大きく変わることができます。

昼食後の昼寝がもたらす効果は美容にも?昼寝をしたら太らないの?

お昼時、食事後なんかは特に眠くなります。

実は昼寝をすると様々な効果があるそうです。

美容についてもいい効果があるみたいですね。

子供の性格に影響を与える環境や育て方

子供の性格形成には、様々な要因があります。

できれば、いい子に育って欲しいと親は願うものです。

育て方や環境が子供の性格に与える影響とは?

自律神経バランスを整えるツボとは?爪もみって何?

自律神経は交感神経と、副交感神経があります。

交感神経は運動したり興奮したような時に働き、

副交感神経は、睡眠や食事などリラックス時に働きます。

二つの神経のバランスが崩れてしまうと、

不調を引きおこし、自律神経失調症にもなりかねません。

効果があるとされるツボを使って改善していきましょう。

入浴で効果的に疲労回復する方法や入浴時間とは

入浴を効果的にすることで、効率良く疲労を回復したい。

では、効果的な入浴法や入浴時間とは?

入浴を効果的にし、リラックスできるといいですね。

財布の寿命とは?買い替えは何年くらいですべき?

財布の寿命って何年くらいなのでしょうか?

財布の買い替えのいいきっかけとして、

一度考えてみるのもいいかもしれません。

ホテルと旅館の違いやそれぞれのメリットとは?

旅行に行くときに利用する宿泊施設ですが、

ホテルや旅館の違いとは何なのでしょう?

また、民宿との違いも合わせてみていきます。

足の裏の魚の目の芯の取り方

足の裏に魚の目ができても、症状がひどくなければ、

セルフケアで済ませる人が多いかもしれません。

しかし、セルフケアには十分な注意が必要です。

原因や予防策を知って再発しないようにしましょう。

リウマチは遺伝する?原因や確率は?初期症状に気をつけて

リウマチは遺伝病ではないので、遺伝するということではないそうですが、

遺伝的要素は関係してそうです。

年齢別にみると40代の方が発症することが多いようです。

鎖骨が痛い原因は何?位置によっても違う?

鎖骨が痛い原因については生活習慣によって様々です。

中でも鎖骨の下が痛いという人は多いかもしれません。

鎖骨の痛みの位置でも原因が違ったりするそうです。

あくびが止まらない?他人のあくびがうつるのはなぜ?

あくびは脳の疲労や緊張しているときなどに出ますが、

友人と話しているときなどに、あくびをするとうつるのは、

なぜなのでしょうか?

注意すべきあくびとは?

10代で起こるひざの痛みオスグッド病の原因や予防法とは?

10代のひざの痛みといえば、成長痛が思い浮かびますが、

特にスポーツをしている子供で多く発症するとされるものがあるのです。

オスグッド病というひざに痛みの症状が現れるものなのですが、

原因や予防法はあるのでしょうか?

睡眠の質を上げたい!朝起きても疲れが取れないのは仰向けで寝ているから?

仕事や学校を終え、睡眠でしっかり疲れを取りたいところですが、

朝起きても、疲れが取れていないことはありませんか?

食生活やストレスの改善と、寝る時の体制も重要となるそうです。

足がむずむずして眠れない症状はむずむず脚症候群かも?原因や症状について

脚の奥の方に気持ちの悪い感覚があったり、

安静にしているときに足がむずむずするなどの症状がある場合、

それはむずむず脚症候群かもしれません。

症状や原因を確認してみましょう。

風邪による頭痛の原因について

脈に合わせるようにズキズキと頭が痛くなるのは、風邪を引いたときにありがちな頭痛の特徴です。これは、頭部にある血管の状態が深く関係しています。

風邪は、鼻やのどにウイルスや一般細菌(マイコプラズマ、クラミジアなど)が感染することが原因で起こります。風邪になると、くしゃみ、鼻水、咳で、感染源を排除しようとすると同時に、ウイルスや細菌に抵抗するため、免疫細胞である白血球を増やそうとします。

その白血球を増やして活発化させるため、血液の循環を促そうと血管は膨張します。膨張した血管がその周りの神経を刺激するので“ズキズキと脈を打つような”頭痛になると言われています。

もともと偏頭痛を持っている方は、肉体的な変化や外部環境のストレスを感じやすく、風邪を引くと体が緊張状態になるため、自律神経に影響を与えて頭痛を引き起こすということもあります。

また、頭痛が慢性化している、または悪化している場合には髄膜炎などが隠れている場合もあります。髄膜炎は見過ごされやすい症状なので、このような場合には速やかに専門医での診察を受けることをおすすめします。

引用元-風邪の症状「頭痛」の特徴と対処法 | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

インフルエンザの初期症状の頭痛や吐き気・関節痛について

頭痛

インフルエンザに感染すると、高熱とともに頭痛を伴うことも多いです。

なぜ頭が痛くなってしまうのかというと、私たちの免疫系がインフルエンザウイルスを退治する過程でプロスタグランジンという成分が出てしまうからです。

このプロスタグランジンの作用によって、頭痛が引き起こされてしまうのです。

引用元-インフルエンザの7つの初期症状!頭痛や関節痛をチェックしよう

吐き気

インフルエンザB型の場合、吐き気を伴うこともあります。嘔吐してしまうと体の水分が大量に失われてしまいます。

脱水症状になってしまう危険性もあるので、しっかりとスポーツドリンクや経口補水液などで水分補給をするようにしましょう。

 

関節痛・筋肉痛

関節痛や筋肉痛もインフルエンザの特徴的な初期症状になります。

関節痛や筋肉痛が起こってしまう原因も先ほど紹介したプロスタグランジンの作用によるものです。

このような痛みを解消するためには、冷やしたり、解熱鎮痛剤を使うことが有効になります。

引用元-インフルエンザの7つの初期症状!頭痛や関節痛をチェックしよう

スポンサーリンク



頭痛が主な疾患ではないことも 二次性頭痛とは

ただの頭痛だけではなく関節痛も伴う症状がある場合、大元の原因があってそれがいろいろな症状を引き起こしている場合がほとんどです。

このような場合の頭痛は二次的頭痛と呼ばれ、頭痛自体が主な疾患ではない場合を指しています。

特に頭痛は、頭部のみが日常的に痛む場合もあり、そこにその他の疾患が隠れているという発想に行きつきにくくもあります。
ただし、頭痛のほかに関節痛をはじめとしていろいろな症状を伴う場合は、ただの頭痛ではないと考えた方がよいでしょう。

改善のカギは、何を原因とするかを見極めることです。

そしてその原因は、頭部もしくは関節以外のところにあるケースが大半です。

引用元-頭痛と関節痛が併発した場合は別の疾患が原因となっている | 頭痛外来の福岡自律神経カイロプラクティック

発熱が高熱であり頭痛も伴う場合は脳炎や髄膜炎の疑いも

(1)高熱で頭痛が起こったら=脳炎と髄膜炎の疑い 

高熱を伴う頭痛で、疑わなくてはならない病気は、髄膜炎や脳炎でしょう。

・脳炎

脳炎には日本脳炎があって、日本と韓国では、ワクチンによって流行が阻止されています。

最近の日本では、日本脳炎に掛かったという話を殆ど聞かないので、ワクチン接種をする必要はない、と思っている方もいるかもしれませんね。

しかし、1999年以降、10歳、30歳、40歳の若年の患者が発生しているのです。発生源は、「 蚊 」。

日本脳炎ウイルスを持った蚊が、毎年、飛び回っているのです。

よって、高熱で頭痛が起こる1つ目の理由は脳炎で、脳炎は、ワクチン接種をしていない方の身体に蚊が刺すことによって発症します。

・髄膜炎

次に、高熱で頭痛が起こる2つ目の理由は、髄膜炎です。 髄膜炎とは、軟膜、クモ膜、クモ膜下腔に炎症が起きている状態のこと。

また、髄膜炎の原因は、細菌が原因のものと、ウイルスが原因のものがあるのです。細菌が原因のものを化膿性髄膜炎といい、ウイルスが原因のものを無菌性髄膜炎といいます。

(2)脳炎の症状 ・脳炎の初期症状

脳炎の初期症状は、医師でも判断が難しいのです。なぜなら、風邪の症状と似ているからです。

しかし、不可解な言動も症状に表れているのであれば、医師に相談をしてみるといいかもしれません。なぜなら、脳炎は、早期の治療を行わないと、更に危険な状態に陥るからです。

(3)髄膜脳炎の症状

髄膜脳炎とは、無菌性髄膜脳炎の症状が脳の中にも表れた状態のことをいいます。 症状は以下のとおりです。

高熱 頭痛 嘔吐 意識障害 けいれん 脳がむくむ ちなみに、脳がむくむと、むくみの圧によって圧迫されて脳細胞が悪化してしまうのです。

また、前述の症状は、脳圧が高くなったことによって起きるものです。 子どもの場合は、腹痛や下痢も症状として多く表れると言われています。

引用元-高熱を伴う頭痛の2つの原因と和らげる方法 | 頭痛.com

発熱でつらい時の指圧対処法とは

発熱でつらいとき、自宅でできるかんたんな指圧治療で、らくになることもあります。自分でするよりも、家族やパートナーにしてもらうとより効果的です。
 
1.仰向きに寝かせ、静かにおなかに手を当ててゆっくり静かに押す
(おへそのあたりに拍動を感じたら、そこをじっくりおさえる)
 
2.右手でおなかを押さえながら、左手を相手のおでこの上に置くと、気分が落ちついてきます
 
3.左手をおなかに置いたまま、右手で両方の上腕を交互にジワ−ッと握ります。
神経の緊張がほぐれ、リラックスしてきます。
 
4.足のふくらはぎをゆっくりつかみ、つぎに足の裏を親指で深く押します。
血行がよくなり、のぼせを下げるといわれています。
 
5.再びおなかです。
左手を背中側に回して、右手の4本の指でおなかを少し深くまで押します。
 
このような指圧は、自宅でできる対処の一例です。
 
もちろん、インフルエンザやおたふくかぜなどの感染症である心配もありますから、まずすぐに受診することが大切です。

引用元-頭痛と高熱なら気をつけて[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

 - 生活の知恵, 美容・健康