ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

インフルエンザ?発熱を伴う腰痛の原因は?考えられる病気について

      2016/03/11

腰痛は骨の歪みなどが原因として考えられますが、

発熱を伴う場合は、骨の歪みが原因とは考えにくいそうです。

それでは、どのような病気が考えられるのでしょう。

気になる症状があれば、早めに病院へ行きましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

緊張をほぐしたい 緊張に負けないために

発表や試験、試合など様々な場面で緊張してしまうと、

良いパフォーマンスができません。

緊張しやすい人の特徴や緊張をほぐすために必要なことを知り、

うまく緊張と付き合うことが大切です。

急性胃腸炎の辛い症状 下痢はどのくらい続く?

下痢や嘔吐を繰り返し、腹痛が止まない症状は、

急性胃腸炎の症状です。発熱や倦怠感も伴う急性胃腸炎の

下痢の症状はどのくらい続くのでしょうか?

耳かきを子供へしてあげるときの方法や注意点とは

子供の耳かきどうしていますか?

耳かきを嫌がって、なかなか出来ないということも

あるかもしれません。

子供の耳かきをする方法や注意点とは、

どのようなものなのでしょうか。

耳の音の正体は?ゴーという耳鳴りは要注意

耳の穴に指を入れると音が聞こえます。

あのゴーという音は筋肉が動いている音なのだそうです。

しかし、日常生活でゴーという音の耳鳴りがするようだと

要注意です。

何か始めたい スポーツなら何がいい?

年や季節の変わり目など、

何か始めたいなぁと漠然と思うことありませんか?

スポーツを始めて時間を有効に使いたいですね。

幸運を呼ぶ数字とは?車や電話番号と生年月日の数字について

数字には様々な意味や力があると言われます。

たくさんの解釈がありますが、

その中でも、幸運を呼びそうな数字を探してみました。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防策について

年々夏が暑くなっているように感じます。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防が大切です。

暑い夏を乗り切りましょう!

静電気を起きにくくする衣類の組み合わせや対策とは

冬場は特に静電気に悩まされます。

しかし、衣類の組み合わせによって静電気を

起きにくくできるそうです。

赤ちゃんは出やすい?顔湿疹の原因について

季節の変わり目や体質などで顔湿疹が出ることがあります。

特に赤ちゃんは顔湿疹ができやすいそうです。

その原因とは?

赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方とは?赤ちゃんへの授乳は?

赤ちゃんがしゃっくりをしていると、

大丈夫かな?と気になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、あまり心配することもないようです。

ズボンの乾かし方を工夫してシワをつけない シワの取り方は?

ズボンを洗濯して乾かしても、ちゃんと乾かさないと

すぐにシワになってしまいます。

乾かし方やシワの取り方を知り、ズボンを長持ちさせましょう。

入園・入学祝いのお返しは必要?礼状やのしの書き方とは?

子供が入園・入学祝いをもらったら、

お返しをしなくてはと思ってしまいますね。

ですが、基本的にお返しは必要ではないそうです。

後鼻漏が口臭の原因に?関係や対策について

後鼻漏であると、口臭にも影響があるそうです。

後鼻漏と口臭の関係とは?

また、どのような対策をすべきなのでしょうか?

カイロダイエットをする時にカイロを貼る場所とは

ダイエット効果を高めたい時は、

内臓を温めることがポイントなんだそうです。

カイロを使ったダイエット方法とは?

貼る場所はどこに貼るのが効果的なのでしょうか?

車中泊で必要なグッズは?より快適な車中泊のために!

車中泊で一番大切なのは、快適に寝ることができることや、

車内でリラックスできることだと思います。

そのための様々なグッズを揃えていくのも、

車中泊をより楽しいものにしていくかもしれませんね。

話題のルーティンについて見直してみよう

ルーティンはスポーツやビジネスでは商談など、
これから勝負!という時にすることで気持ちを落ち着かせる効果があります。
しかし生活や仕事自体がルーティン化してしまうと、
少々つまらなくなってしまうかもしれませんね。

脱水症状が起こった時の対処や予防するためには?頭痛の症状も

脱水症状と言えば、喉が渇くのを想像される人も

いるかもしれませんが、実際体の中では、

複雑なことが起こっています。

その時のために知っておくべきこととは?

パチッとなる静電気は体質なの?

他の人より静電気のダメージを受ける事が

多いなと感じる事がありませんか?

静電気体質と聞く事はありますが、具体的にどういった

体質なのでしょうか?

大安や仏滅って何?六曜の読み方や意味について

カレンダーなどで見かけることが多いと思いますが、

大安や仏滅の読み方や意味を知っていますか?

冠婚葬祭の日取りも左右させる六曜とは?

靴擦れがかかとにできて痛い!原因や対策と靴の選び方

誰もが経験すると思いますが、かかとの靴擦れは、

痛くて足をかばって歩くと悪化するなどいいことありません。

そんな思いをしないためにも、かかとの靴擦れの原因を

知って、対策を練りましょう。

発熱を伴う腰痛の原因とは

この場合おそらく骨の歪みが原因ではありません。というのは、腰痛が発熱や寒気を引き起こすことはほとんどないとされているからです。

腰痛になると病院ではなく整体院や接骨院にまず足を運ぶ方は多いでしょう。ですが、熱があるのなら内科を受診してください。あまり知られていませんが、実は腰痛と発熱を併発する病気は多くあります。しかも重篤なものも少なくありません。

腰には直接の原因はなく、内科的な病気のサインが腰痛と発熱となって警告を発している可能性が大いに考えられます。主として細菌性の病気または消化器官の病気の疑いがあります。

引用元-腰痛と熱の症状が同時に表れたら

スポンサーリンク



  人気記事

インフルエンザの初期症状としての腰痛

インフルエンザの初期症状に筋肉痛
インフルエンザの初期症状には、体の関節や筋肉痛・倦怠感が出ることがよくあります。一般的な風邪の場合には、多少の筋肉のこりや痛みがあったとしてもこの病気の場合のような強い痛みが出ることはありません。
 
 
インフルエンザの初期症状に腰痛が起きる
インフルエンザは高熱とともに、筋肉痛や倦怠感などの全身症状を伴うことも特徴として知られています。全身症状は個人差があり、腰痛が起きることもあります。ウィルスが体内に入ると対抗するために熱を発し、炎症が痛みとして出ますが、腰に炎症が出ることもあり得ます。この病気の初期の症状として腰痛はあまり知られていませんが、発熱や倦怠感とともに腰痛も感じる場合は早めに診察を受けましょう。

引用元-インフルエンザの初期症状として腰痛はあまり知られていません

スポンサーリンク



膀胱炎からくる腰痛や発熱には要注意

急性膀胱炎(以下膀胱炎)になるといくつかの症状が現れますが、見過ごせない症状のひとつに腰痛があります。膀胱炎になると必ず腰痛になるということではありませんが、膀胱炎を起こした細菌が尿管をさかのぼって腎臓にまで入った「腎盂腎炎」という病気にまで悪化すると、腰痛という症状が現れるためです。

膀胱炎から始まった腰痛は、膀胱炎がより悪化して重症化したサインです。気付かないまま放置しておくと命に関わることもあるため、症状と対策をしっかり把握しておきましょう。

下記のような症状がないかチェック!

思い当たる症状が多いほど、膀胱炎を腎盂腎炎までこじらせた可能性があります。

膀胱炎の症状(頻尿、排尿の際の痛みなど)がある
ぞくぞくとした寒気がして身体が震える
急に38~40度くらいの高熱が出た
腰の後ろやわき腹に強い痛みを感じる
背中を叩くと激しく痛む
吐き気やおう吐がある
血圧が高い
むくみがある
貧血の症状がある

引用元-膀胱炎の症状(5)腰痛 | ヘルスケア大学

腰痛と発熱の伴う急性腹膜炎

急性腹膜炎も腰痛や発熱を伴う病気だと言われています。腹膜炎の原因として挙げられるのは、細菌によるものと、事故などによる外傷、消化管疾患などが原因で起こると言われています。

症状として挙げられるのは先程の腰痛や発熱ですが、さらに一般的なのは腹痛だと言われています。急性腹膜炎の場合腹痛は必ず表われると言われるほど一般的な症状です。そしてそれに加えて吐き気やおう吐、脈が速くなるなどの症状がみられます。

腹痛に加えて腰痛や発熱がある場合は、急性腹膜炎かもしれません。ほとんどの場合、処置として緊急手術が行われます。ですから、気になる症状がある場合はすぐに病院へ行きましょう。

引用元-腰痛と発熱が同時に表われる可能性のある4つの病気 | iGotit

発熱と腰痛が共に現れる病気脊椎カリエスとは

この脊椎カリエスと言う病気は、病巣そのものは肺ですが、そこから脊椎へ移動し、血液を通じることで結核菌が運ばれていき病巣を腰などの脊椎に作るものです。最初は椎体が浸食されていき、やがて椎間板が破壊されるため、放っておくことが出来ない病気です。

症状の現れ方は背中と腰に多く、病巣がある部位を叩くことで叩打痛も起こるので、確かめる方法は簡単と言えば簡単でしょう。身じろぎをするだけでも痛みがあり、これになってしまうとただそこに居るだけでも痛みに呻くほどになることも。特に夜は痛みが増すため、寝ることもままならない可能性があります。

主に微熱、そして赤血球沈降速度が増しますので、見つけるのは血液検査などからでも見つけられるでしょう。更に脊椎の運動に制限がかけられるので、単純に動けないようになってくるはずです。更に悲しいことに、この病気にかかってしまうと年単位の化学療法が必要になってしまう病気なため、早期に発見したいものです。

引用元-風邪ではない?腰痛と微熱で考えられる最も最悪な病気って一体何? | 腰痛改善の決定版!!あなたの痛みに効く対策法を伝授[カラダラボ]

 - 生活の知恵, 美容・健康