ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

インフルエンザ?発熱を伴う腰痛の原因は?考えられる病気について

      2016/03/11

腰痛は骨の歪みなどが原因として考えられますが、

発熱を伴う場合は、骨の歪みが原因とは考えにくいそうです。

それでは、どのような病気が考えられるのでしょう。

気になる症状があれば、早めに病院へ行きましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

第一印象をよくする表情をウンパニ体操で

恋愛やビジネスなど、どのような場面でも

重要となるのが第一印象です。今後の関係も左右する

と言っても過言ではないと思います。

表情豊かにするためにウンパニ体操で表情筋を鍛えましょう。

リウマチは遺伝する?原因や確率は?初期症状に気をつけて

リウマチは遺伝病ではないので、遺伝するということではないそうですが、

遺伝的要素は関係してそうです。

年齢別にみると40代の方が発症することが多いようです。

紅茶に含まれるカフェインの効果とは

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーですが、

紅茶にもカフェインは含まれているのです。

その効果とはどのようなものなのでしょうか。

就活でストレス解消法を聞かれることも?転職の面接でストレスを溜めないために

学生の就活や転職時の面接は、中々ストレスが溜まるものです。

面接でストレス解消法を聞かれることも最近は多いようです。

面接で溜まるストレス解消法はひとそれぞれですが、

大事なことはストレスを溜めないことです。

内蔵型冷え性の原因と症状 男性もなりやすい?

内蔵型冷え性とは内臓の血行が悪くなり、

いつも冷えた状態になってしまうことです。

男性もなりやすそうなのですが、なぜなのでしょうか?

機能性低血糖とは?過食などの症状や原因について

機能性低血糖症という病気は、あまり聞いたことがない

という人も多いかと思います。

まずは、機能性低血糖症という病気について知りましょう。

洗濯する時の洗濯物を入れる順番や洗濯のコツとは

何気なくしてる洗濯も、手順良く行えば、

効率的な洗濯が出来るのです。

洗濯物を入れる順番などのコツとは?

財布の寿命とは?買い替えは何年くらいですべき?

財布の寿命って何年くらいなのでしょうか?

財布の買い替えのいいきっかけとして、

一度考えてみるのもいいかもしれません。

急須のTPOとは?また口についてるチューブの意味は?

誰もが知る茶を注ぐために使用する急須ですが、

急須のことをどれほど知っていますか?

その秘密やマナーについて確認しましょう。

あくびが止まらない?他人のあくびがうつるのはなぜ?

あくびは脳の疲労や緊張しているときなどに出ますが、

友人と話しているときなどに、あくびをするとうつるのは、

なぜなのでしょうか?

注意すべきあくびとは?

窓の大掃除のコツは窓の外側から掃除すること!

窓がきれいだと気分も上がりますよね。

大掃除で透き通るような窓に仕上げましょう。

コツを学んで効率のいい大掃除を!

痰がからむ咳は病気?風邪?

痰がからむような咳は苦しくなります。

病気かもしれないと思うこともあるでしょう。

心配しすぎもよくありませんが、

軽視せず症状によって対応しましょう。

後鼻漏が口臭の原因に?関係や対策について

後鼻漏であると、口臭にも影響があるそうです。

後鼻漏と口臭の関係とは?

また、どのような対策をすべきなのでしょうか?

耳鳴りの原因は病気?低音の耳鳴りで気をつけたい病気とは

耳鳴りがすると、耳鳴りもつらいですが、

耳鳴りによる不安感もつらいですよね。

無理せず周りの人に相談したり、病院へかかりましょう。

尋常性疣贅とはイボのこと?子供に多い足の裏のイボの原因や特徴

足の裏の魚の目やタコのように見えるものは、

実は尋常性疣贅というウイルス性のイボかもしれません。

子供が感染しやすいようです。

原因や特徴とはどんなものなのでしょう?

ストレートネックとは違うスマホ首とは?

スマホのしすぎで首を痛めていたりしていませんか?

これはストレートネックとは少々違うようです。

早い段階で対処するようにしましょう。

静電気の電圧ってどのくらいなの?

静電気の電圧とはどの程度のものなのでしょうか?

また、静電気によって命の危険にさらされる事はあるのか?

雷も静電気が素のようです。

子供に起こりやすい溶連菌感染症の症状は大人でも感染する場合がある?

子供がいる方には割となじみがあるかもしれない溶連菌ですが、

この溶連菌は子供だけでなく大人にも感染の可能性があります。

症状や合併症は?

口内炎が痛い 食事ができない時におすすめの食べ物

口内炎が痛いと気分も落ちてしまいがちですが、

しっかり食事をして体力を落とさないことが大事です。

食事ができないほどの時でも工夫して食事を摂るようにしましょう。

ノロウイルスの疑い 病院へ行くべき?対処法や予防法

ノロウイルスの疑いがある時は病院へ行きましょう。

症状が似ている他の病気の場合もあります。

また、対処法や予防法についても知っておきましょう。

発熱を伴う腰痛の原因とは

この場合おそらく骨の歪みが原因ではありません。というのは、腰痛が発熱や寒気を引き起こすことはほとんどないとされているからです。

腰痛になると病院ではなく整体院や接骨院にまず足を運ぶ方は多いでしょう。ですが、熱があるのなら内科を受診してください。あまり知られていませんが、実は腰痛と発熱を併発する病気は多くあります。しかも重篤なものも少なくありません。

腰には直接の原因はなく、内科的な病気のサインが腰痛と発熱となって警告を発している可能性が大いに考えられます。主として細菌性の病気または消化器官の病気の疑いがあります。

引用元-腰痛と熱の症状が同時に表れたら

スポンサーリンク



  人気記事

インフルエンザの初期症状としての腰痛

インフルエンザの初期症状に筋肉痛
インフルエンザの初期症状には、体の関節や筋肉痛・倦怠感が出ることがよくあります。一般的な風邪の場合には、多少の筋肉のこりや痛みがあったとしてもこの病気の場合のような強い痛みが出ることはありません。
 
 
インフルエンザの初期症状に腰痛が起きる
インフルエンザは高熱とともに、筋肉痛や倦怠感などの全身症状を伴うことも特徴として知られています。全身症状は個人差があり、腰痛が起きることもあります。ウィルスが体内に入ると対抗するために熱を発し、炎症が痛みとして出ますが、腰に炎症が出ることもあり得ます。この病気の初期の症状として腰痛はあまり知られていませんが、発熱や倦怠感とともに腰痛も感じる場合は早めに診察を受けましょう。

引用元-インフルエンザの初期症状として腰痛はあまり知られていません

スポンサーリンク



膀胱炎からくる腰痛や発熱には要注意

急性膀胱炎(以下膀胱炎)になるといくつかの症状が現れますが、見過ごせない症状のひとつに腰痛があります。膀胱炎になると必ず腰痛になるということではありませんが、膀胱炎を起こした細菌が尿管をさかのぼって腎臓にまで入った「腎盂腎炎」という病気にまで悪化すると、腰痛という症状が現れるためです。

膀胱炎から始まった腰痛は、膀胱炎がより悪化して重症化したサインです。気付かないまま放置しておくと命に関わることもあるため、症状と対策をしっかり把握しておきましょう。

下記のような症状がないかチェック!

思い当たる症状が多いほど、膀胱炎を腎盂腎炎までこじらせた可能性があります。

膀胱炎の症状(頻尿、排尿の際の痛みなど)がある
ぞくぞくとした寒気がして身体が震える
急に38~40度くらいの高熱が出た
腰の後ろやわき腹に強い痛みを感じる
背中を叩くと激しく痛む
吐き気やおう吐がある
血圧が高い
むくみがある
貧血の症状がある

引用元-膀胱炎の症状(5)腰痛 | ヘルスケア大学

腰痛と発熱の伴う急性腹膜炎

急性腹膜炎も腰痛や発熱を伴う病気だと言われています。腹膜炎の原因として挙げられるのは、細菌によるものと、事故などによる外傷、消化管疾患などが原因で起こると言われています。

症状として挙げられるのは先程の腰痛や発熱ですが、さらに一般的なのは腹痛だと言われています。急性腹膜炎の場合腹痛は必ず表われると言われるほど一般的な症状です。そしてそれに加えて吐き気やおう吐、脈が速くなるなどの症状がみられます。

腹痛に加えて腰痛や発熱がある場合は、急性腹膜炎かもしれません。ほとんどの場合、処置として緊急手術が行われます。ですから、気になる症状がある場合はすぐに病院へ行きましょう。

引用元-腰痛と発熱が同時に表われる可能性のある4つの病気 | iGotit

発熱と腰痛が共に現れる病気脊椎カリエスとは

この脊椎カリエスと言う病気は、病巣そのものは肺ですが、そこから脊椎へ移動し、血液を通じることで結核菌が運ばれていき病巣を腰などの脊椎に作るものです。最初は椎体が浸食されていき、やがて椎間板が破壊されるため、放っておくことが出来ない病気です。

症状の現れ方は背中と腰に多く、病巣がある部位を叩くことで叩打痛も起こるので、確かめる方法は簡単と言えば簡単でしょう。身じろぎをするだけでも痛みがあり、これになってしまうとただそこに居るだけでも痛みに呻くほどになることも。特に夜は痛みが増すため、寝ることもままならない可能性があります。

主に微熱、そして赤血球沈降速度が増しますので、見つけるのは血液検査などからでも見つけられるでしょう。更に脊椎の運動に制限がかけられるので、単純に動けないようになってくるはずです。更に悲しいことに、この病気にかかってしまうと年単位の化学療法が必要になってしまう病気なため、早期に発見したいものです。

引用元-風邪ではない?腰痛と微熱で考えられる最も最悪な病気って一体何? | 腰痛改善の決定版!!あなたの痛みに効く対策法を伝授[カラダラボ]

 - 生活の知恵, 美容・健康