ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

インフルエンザ?発熱を伴う腰痛の原因は?考えられる病気について

      2016/03/11

腰痛は骨の歪みなどが原因として考えられますが、

発熱を伴う場合は、骨の歪みが原因とは考えにくいそうです。

それでは、どのような病気が考えられるのでしょう。

気になる症状があれば、早めに病院へ行きましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

靴の臭いが気になる臭いの原因と対策

現代人で靴を履かない人はほぼいないと思われますが、

毎日同じ靴を履いていると臭いが気になることはありませんか?

足や靴の臭いの原因やその対策とは?

顎関節症の治療はどんなもの?対策は?

顎関節症の治療とはどのようなものなのでしょうか?

また最近、顎関節症は増加傾向にあるようです。

できることから対策はしておいた方がよさそうです。

携帯のLTEって何?LTEと4Gの違いや通信速度は?

携帯も昔とは全然変わってしまいました。

通信をよく使う人ならご存知かもしれませんが、

LTEって何のことだか知っていましたか?

ポジティブ心理学とは?その特徴について

ポジティブ心理学は1998年にマーティン・セリグマン博士が、

病気の人を癒すのと同じくらい、

普通の人の人生を充実したものにするよう関心を持つべきとして、始まりました。

唇が乾燥する原因とは? はちみつで唇をケアする

普段何気なくやってることが唇の乾燥をまねいているかもしれません。

乾燥の原因を知り、しっかりケアをして

素敵なリップにしましょう。

頭痛が後頭部にあり発熱も?髄膜炎はどんな病気?

後頭部の頭痛や発熱など、風邪のような症状で、

重大な病気の可能性があるかもしれません。

ただの頭痛だと甘く見ず、症状を知って対応できるようにしましょう。

糖尿病の初期症状は尿から?尿の色や頻度も関係

糖尿病は症状が自分自身では分かりずらいのが特徴です。

ですがき尿などの初期症状を把握し、

早めに検査して未然に防げるようにしましょう。

二日酔いにいい飲み物とは?解消する効果は?

楽しんだ次の日の二日酔いには悩まされます。

解消できる飲み物とは?

コーヒーやスポーツドリンクの効果とは?

猛暑が続いてもバテないための対策や予防策について

年々夏が暑くなっているように感じます。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防が大切です。

暑い夏を乗り切りましょう!

疲労やストレスが原因で咳が止まらない咳喘息とは

ストレスや疲労と咳は関係があるそうです。

咳は止まらないと非常に辛いですよね。

咳喘息と言われる症状やその原因とは?

目の奥が痛い原因や眩しいと感じる原因は?目の疲れに効くツボとは

目が疲れると、まばたきの回数が増えたり、目の奥が痛いなど、

目に症状が現れてきます。光が眩しいと感じるのも症状の一つです。

原因として多いのは眼精疲労やドライアイだと言われています。

ストレートネックをストレッチで改善 タオルをうまく使う

ストレートネックでつらい思いをしないために、

ストレッチをして改善しましょう。

今回はタオルを使ったエクササイズをご紹介します。

紅茶の効能はメリットだけではないデメリットについて

このブログでも紅茶の数々の効能についての

記事がいくつかありますが、デメリットもあるようです。

特に好きで飲み過ぎてしまう方や貧血の方などは、

気をつけましょう。

ストレスチェック制度って知ってる?義務化された目的とは

2015年12月から、ストレスチェックテストを

行うことが義務化されました。一体どのようなものなのでしょうか?

その目的や制度が導入されることで、どんな影響があるのでしょうか?

骨ストレッチとは?ダイエット効果ややり方について

メディアで紹介された骨ストレッチですが、

効果が期待できると人気のようです。

そのやり方や、効果とはどのようなものなのでしょうか?

ホテルの宿泊予約を安くする裏技とは?

ホテルの宿泊の予約は近年、

外国の方も多くなったため取りにくくなっているようです。

そこで、宿泊予約を取るワザや安く済ますテクニックを

ご紹介します。

牡蠣の生食用と加熱用の違い 注意点とは

スーパーなどで見かけることが多いと思いますが、

生食用と加熱用の牡蠣が置いてあります。

鮮度の違いでないことはご存知でしたか?

正しい認識を持たないと、あたってしまうかも。

突然めまいが起きた時の対処法は?立ちくらみのようなめまいの場合

めまいにも種類があり、考えられる原因や病気は様々です。

突然めまいに襲われた時は、どうすべきなのでしょうか?

脳に心配がある時は、その時の症状も確認しておきましょう。

子供の頻尿はなぜ起こる?子供の心因性頻尿について

心因性頻尿は、子供にも起きる病気であり、

小さなストレスでもなりえるそうです。

親が子供にしてあげられることとは、

どんなことがあるのでしょうか。

耳鳴りと頭痛の症状がある原因は?治し方はある?

デスクワークや、身体のゆがみなどによる慢性的な肩こりから

耳鳴りと頭痛を伴う場合があります。

その他の症状や治し方とは、どのようなものがあるのでしょう?

発熱を伴う腰痛の原因とは

この場合おそらく骨の歪みが原因ではありません。というのは、腰痛が発熱や寒気を引き起こすことはほとんどないとされているからです。

腰痛になると病院ではなく整体院や接骨院にまず足を運ぶ方は多いでしょう。ですが、熱があるのなら内科を受診してください。あまり知られていませんが、実は腰痛と発熱を併発する病気は多くあります。しかも重篤なものも少なくありません。

腰には直接の原因はなく、内科的な病気のサインが腰痛と発熱となって警告を発している可能性が大いに考えられます。主として細菌性の病気または消化器官の病気の疑いがあります。

引用元-腰痛と熱の症状が同時に表れたら

スポンサーリンク



  人気記事

インフルエンザの初期症状としての腰痛

インフルエンザの初期症状に筋肉痛
インフルエンザの初期症状には、体の関節や筋肉痛・倦怠感が出ることがよくあります。一般的な風邪の場合には、多少の筋肉のこりや痛みがあったとしてもこの病気の場合のような強い痛みが出ることはありません。
 
 
インフルエンザの初期症状に腰痛が起きる
インフルエンザは高熱とともに、筋肉痛や倦怠感などの全身症状を伴うことも特徴として知られています。全身症状は個人差があり、腰痛が起きることもあります。ウィルスが体内に入ると対抗するために熱を発し、炎症が痛みとして出ますが、腰に炎症が出ることもあり得ます。この病気の初期の症状として腰痛はあまり知られていませんが、発熱や倦怠感とともに腰痛も感じる場合は早めに診察を受けましょう。

引用元-インフルエンザの初期症状として腰痛はあまり知られていません

スポンサーリンク



膀胱炎からくる腰痛や発熱には要注意

急性膀胱炎(以下膀胱炎)になるといくつかの症状が現れますが、見過ごせない症状のひとつに腰痛があります。膀胱炎になると必ず腰痛になるということではありませんが、膀胱炎を起こした細菌が尿管をさかのぼって腎臓にまで入った「腎盂腎炎」という病気にまで悪化すると、腰痛という症状が現れるためです。

膀胱炎から始まった腰痛は、膀胱炎がより悪化して重症化したサインです。気付かないまま放置しておくと命に関わることもあるため、症状と対策をしっかり把握しておきましょう。

下記のような症状がないかチェック!

思い当たる症状が多いほど、膀胱炎を腎盂腎炎までこじらせた可能性があります。

膀胱炎の症状(頻尿、排尿の際の痛みなど)がある
ぞくぞくとした寒気がして身体が震える
急に38~40度くらいの高熱が出た
腰の後ろやわき腹に強い痛みを感じる
背中を叩くと激しく痛む
吐き気やおう吐がある
血圧が高い
むくみがある
貧血の症状がある

引用元-膀胱炎の症状(5)腰痛 | ヘルスケア大学

腰痛と発熱の伴う急性腹膜炎

急性腹膜炎も腰痛や発熱を伴う病気だと言われています。腹膜炎の原因として挙げられるのは、細菌によるものと、事故などによる外傷、消化管疾患などが原因で起こると言われています。

症状として挙げられるのは先程の腰痛や発熱ですが、さらに一般的なのは腹痛だと言われています。急性腹膜炎の場合腹痛は必ず表われると言われるほど一般的な症状です。そしてそれに加えて吐き気やおう吐、脈が速くなるなどの症状がみられます。

腹痛に加えて腰痛や発熱がある場合は、急性腹膜炎かもしれません。ほとんどの場合、処置として緊急手術が行われます。ですから、気になる症状がある場合はすぐに病院へ行きましょう。

引用元-腰痛と発熱が同時に表われる可能性のある4つの病気 | iGotit

発熱と腰痛が共に現れる病気脊椎カリエスとは

この脊椎カリエスと言う病気は、病巣そのものは肺ですが、そこから脊椎へ移動し、血液を通じることで結核菌が運ばれていき病巣を腰などの脊椎に作るものです。最初は椎体が浸食されていき、やがて椎間板が破壊されるため、放っておくことが出来ない病気です。

症状の現れ方は背中と腰に多く、病巣がある部位を叩くことで叩打痛も起こるので、確かめる方法は簡単と言えば簡単でしょう。身じろぎをするだけでも痛みがあり、これになってしまうとただそこに居るだけでも痛みに呻くほどになることも。特に夜は痛みが増すため、寝ることもままならない可能性があります。

主に微熱、そして赤血球沈降速度が増しますので、見つけるのは血液検査などからでも見つけられるでしょう。更に脊椎の運動に制限がかけられるので、単純に動けないようになってくるはずです。更に悲しいことに、この病気にかかってしまうと年単位の化学療法が必要になってしまう病気なため、早期に発見したいものです。

引用元-風邪ではない?腰痛と微熱で考えられる最も最悪な病気って一体何? | 腰痛改善の決定版!!あなたの痛みに効く対策法を伝授[カラダラボ]

 - 生活の知恵, 美容・健康