ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

発熱がある時のお風呂は?子供もや大人も38度以上の発熱時は控える

      2016/03/24

風邪で発熱がある場合、お風呂は控えたほうがいいとされていましたが、

最近はそうでもないようですね。発熱に関しては38度近くある場合は、

控えたほうがよさそうですが、基本的には体を冷やさないように

入浴するのがいいとされているそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

カイロは貼る場所によって効果は様々!貼ってはいけない場所とは?

寒い時に定番のカイロ。

最近は靴の中に入れるタイプ、靴下に貼るタイプなど、

色々な種類のカイロが販売されています。

そんなカイロも貼る場所を考えて貼れば、

さらに効果的に使用することができるのです。

入浴後から寝る前のストレッチの効果とは?ダイエットや冷えにも効果的

ストレッチには様々な効果が言われていますが、

そのストレッチをする時間帯は入浴後が良いとされています。

入浴後のストレッチが効果的なのはなぜなのでしょうか?

顔の毛穴の汚れをしっかり掃除をして美肌になる!

毛穴のケアはしていますか?

顔の毛穴の木になる汚れをしっかり掃除して、

綺麗になりましょう。

耳鳴りが気になる 耳鳴りの原因と特徴について

耳鳴りの症状は、音がするものがないのに、

様々な音が聞こえるというものです。

病気の場合もあるそうですが、多くはストレスや疲れが

溜まっている時に起こるそうです。

頭痛や吐き気・微熱が風邪以外で起こる原因とは?

微熱もあり、頭痛や吐き気などの風邪の症状は、

風邪以外にも起こる事があるそうです。

気になる事があれば、病院へ行くようにしましょう。

だるい体を食事で改善!疲労回復に効果がある食べ物とは?

疲労が溜まっているときのオススメの食べ物とは?

疲労回復の効果が高い食べ物は様々ありますが、

バランスもしっかり整えることが大切です。

にんにくの健康や美容への効果があらわれる時間帯とは?

にんにくは体にいいと漠然に思っていませんか?

にんにくは疲労回復や血圧予防のほかに美容にも効果があるそうです。

また、効果があらわれる時間帯があるそうです。

寒さに負けない 身体を温める飲み物とは

寒い日が続きます。身体を温めるために温かい飲み物を。

しかし、温かい飲み物を飲めばいいということでもなさそうです。

芯から身体を温める飲み物について確認しましょう。

非常口の標識のなぜ 色やデザインの意味とは

各所で見かける非常口のマークですが、

何気なく目にしていながら意外とちゃんとした

意味は気にしませんよね。一体どういった意味を持っているのでしょう。

大掃除のコツ トイレを隅々まできれいに

トイレの大掃除は中々大変ですよね。

隠れた汚れも大掃除できれいにしましょう。

クエン酸を使いこなすのがコツですよ。

坐骨神経痛の治し方はストレッチで改善

坐骨神経痛は主に症状であるため、原因によって

治し方は異なると思われます。少しでも、痛みや痺れを

ストレッチで改善できれば嬉しいですね。

コートの気になる毛玉の原因や取る方法とは

コートの季節になりました。

そして気になるのが、毛玉です。

あるもので簡単に取ることが出来るそうなので、

試してみましょう。

食べ物で体質を改善して静電気を起きにくくする

静電気が起きやすい体質の方は、

食生活を見直して、その体質を改善できるかもしれません。

やはり何事も健康が第一です!

心因性頻尿の原因はストレス?排尿を意識しすぎないように

大事な会議、試験、発表する時など緊張する場面で、

トイレが近くなったりしますね。

心理的な要素やストレスなどが心因性頻尿の

引き金になることがあるのです。

冷え性を日々の運動で改善する

冷え性を改善するために運動を始めてみませんか?

効果的な有酸素運動を行うことにより、習慣など様々な面が

改善されることも期待されます。

運動不足の方は是非、ウォーキングから始めてみましょう。

血圧が高い時の食事はどんなものがいい?バランスの取れた食事を

血圧が高い時や、血圧が高めと言われた時は、

まず食事を見直してみましょう。

偏った食事は高血圧の原因になりかねません。

エアコンの電気代節約方法は?冷房の温度設定なども気をつけて

エアコンの電気代を節約するためのメンテナンスや、

温度設定について確認し、環境にもお財布にも、

得する生活術を身につけましょう。

ジョギングによるひざの痛みはなぜ起こる?気をつけるべきこととは?

ジョギングをしていて、ジョギング中にひざが痛くなったり、

ひざに違和感が出てしまったということはありませんか?

特に始めたばかりの人は痛めやすいので注意が必要です。

赤ちゃんは出やすい?顔湿疹の原因について

季節の変わり目や体質などで顔湿疹が出ることがあります。

特に赤ちゃんは顔湿疹ができやすいそうです。

その原因とは?

セルライトが痛い原因や改善する方法について

セルライトとは、老廃物や水分、脂肪がつまり、

循環が上手く回らずにどんどん肥大化していく現象です。

このセルライトが痛い原因とは何なのでしょうか?

また改善策とは?

風邪で発熱がある時のお風呂は入っても大丈夫?

最近は、風邪をひいてもお風呂入っても大丈夫と
言うお医者さんが増えているようです。

私も子供が熱を出して病院に行った時に、

お医者さんに、
『お風呂はダメですか?』
と聞いたら、

『湯冷めしないように、入れたら大丈夫ですよ。』
と言ってくれました。

最近は変わったなぁと思いながら、
本当に大丈夫?と調べて見ると驚きました。

なんと最近では、風邪をひいたらお風呂に入った方が良い
と言う考え方が主流になりつつあります。

理由は、

● お風呂が家にあり温かいので、湯冷めの心配がない。

● お風呂で汗を流す事で気持ち良くなり、
 気分的にも衛生的にもリフレッシュされる。

● お風呂に入って体を温める事で、体の免疫力があがる。

● 風邪のウイルスは、熱に弱いのでお風呂に入ることで、
 風邪ウイルスが弱る効果が期待できる。

この理由を読んで、

『なんだお風呂に入っても大丈夫なんだ。』

と思った人もいるでしょうけど、
実は、入り方を間違うと風邪や熱を悪化させてしまいます。

引用元-風邪で熱がある!お風呂に入ったらどうなるの? | これが知りたい!気になる情報局

スポンサーリンク



  人気記事

発熱温度を判断基準にお風呂に入るか決めよう

風邪のときに入るお風呂はメリットもありますが、注意点もあります。風邪をひいた時は安静が一番ですので、熱が38度以上と高熱の方、ひどい悪寒や全身の倦怠感がある方、嘔吐やひどい下痢の方、めまいや頭痛がつらい方は入浴を控えましょう。

自分の体の状態をきちんと見極め、上手に入浴を取り入れて風邪の回復に役立ててください。

引用元-風邪のとき風呂に入るのは良いの?悪いの? | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



子供の発熱時のお風呂に入れる判断基準とは

お風呂に入るという行為は意外に体力を使います。発熱時は体力を消耗しているので、お風呂に入って体力を使うと風邪の治りを遅くする可能性があります。そこで、子供が発熱したときは以下のポイントを確認して、お風呂に入れるか入れないかを判断してください。

元気があるかどうか

いつもと比べてどれくらい子供の活動量が変化しているかをチェックしましょう。日中の様子を見て、少し熱があっても元気に動けているようであれば大丈夫ですが、ぐったりしているときはお風呂に入れない方がいいですよ。

高熱が出ているか

子供は平熱が37度を超える子もいるので、発熱の基準は37.5度を超えたらと考えられています。37.5~38度の範囲であれば微熱扱いなので、様子を見ながらお風呂に入れるかを判断しましょう。機嫌がよくて元気もあり、食欲が落ちていないようなら問題ありません。ただし38度を超えると高熱と考えられるので、元気があるように見えてもお風呂は控えてくださいね。

湿疹や外傷

発熱に加えて体にとびひやおでき、外傷などがある場合、微熱であればお風呂に入ってかまいませんが、一番風呂に入れてあげましょう。傷口などから雑菌が入り込まないようにするためです。一番風呂が難しい場合はシャワーだけにしてお湯にはつからないようにしてくださいね。

引用元-子供が風邪で発熱!お風呂はどうする?入浴せずにシャワーならOK? – こそだてハック

風邪で発熱がある時のお風呂に入る時の注意点について

風邪で発熱があるときにお風呂に入る場合には、以下の7つに注意しましょう。入浴で風邪を悪化させないためには、「身体を冷やさないこと」と「体力を消耗させないこと」が基本になります。

1.約38~40℃ほどのぬるめのお湯にゆっくりとつかる

お風呂のお湯が熱すぎると体力を消耗してしまいます。お風呂のお湯の温度は約38~40℃ほどにしましょう。

2.事前に浴室と脱衣所を暖めておく

特に冬場は浴室や脱衣所の温度が下がります。身体を冷やさないためには、事前に浴室と脱衣所を暖めておくことが大切です。

3.髪や身体はテキパキと洗う

湯船から出ているときにはどうしても身体が冷えがちですから、髪や身体はテキパキと洗うようにします。髪や身体を洗うのは別の機会にするのもよいでしょう。

4.入浴後はしっかり身体を拭く

身体についた水滴が蒸発するとき、一緒に体温を奪います。入浴後は身体の隅々まで水滴を拭くようにしてくださいね。

5.必ずドライヤーで髪を乾かす

シャンプーをした場合には必ずドライヤーで髪を乾かしましょう。髪を乾かさないでいると、風邪が悪化する原因になります。

6.しっかりと水分補給をする

お風呂に入ると意外と汗をかいているものです。お風呂から出た後にはたっぷりと水分補給をしましょう。できればスポーツドリンクがおすすめです。

7.入浴後はできるだけすぐに寝る

せっかくお風呂に入ったわけですから、身体が冷えてしまう前にベッドに入りましょう。もちろん、暖かい服装・寝具で寝てくださいね。

引用元-風邪で発熱があるときにお風呂に入ってもよいのか?

風邪を引いた人が入った後にお風呂に入るとうつるのか

小さな子供が2人以上いる家庭では、風邪をひいた子供を一緒にお風呂に入れると、ひいていない子供にうつってしまうのではないか、という思いが頭をよぎりますね。

お風呂は他の部屋よりも狭いので、うつりやすいのではないか、と。

確かに、一緒に入って近くで(1~2メートル以内で)くしゃみや咳をされれば、うつる可能性もあります。

お風呂でマスクはできませんしね。

なので、くしゃみや咳がよく出る症状なら、私なら一緒には入れません。
風邪をひいた子を先に入れ、布団に寝かしつけてから、あとの子を入れます。

そのさい、お風呂の湯を入れ替えるなんてことはしません。

風邪の症状に代表されるウイルスは、空気感染か飛沫観戦が多いと、子供がお世話になっている小児科の先生に聞いたことがあるんですね。
なら、お風呂の湯を入れ替える必要はないと考えています。

風邪をひいた人が入ったお風呂の後は、窓を開けたり換気扇を回して空気の循環をよくしてさえおけば大丈夫だと思っています。

「お風呂に入るからうつる」というよりは、他の部屋よりあたたかいし、湿気も多いので、安全なのでは?と思っています。

寝室や他の部屋の方が乾燥しているのでうつりやすく思います。

ただ、風邪ひきさんが使ったタオル等は使わずに、別のものを使うようにしていますよ。

引用元-風邪のとき風呂は入る?温度は?熱があるときは?後に入るとうつる? | 生活駆け込みサイト

 - 生活の知恵, 美容・健康, 育児・子育て