ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

金沢金箔の装飾 花嫁のれん観光列車とは

      2016/07/13

2015年の10月より運行が開始された、

石川県金沢市の観光列車「花嫁のれん」

装飾も綺麗でぜひ乗ってみたいですね。

スポンサーリンク

  関連記事

台湾ランタンフェスティバルの多種多彩なランタンアート

海外旅行でも人気の台湾で毎年旧暦の正月に

ランタンフェスティバルというイベントが行われます。

幻想的なランタンアートを味わいましょう。

札幌ミュンヘンクリスマス市とイルミネーションを楽しむ

11月27日より北海道札幌市において、

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporoが開催されております。

大通公園で行われる会場の側では、綺麗なイルミネーションもあるので

少し早いクリスマスの雰囲気を味わいに行ってみましょう。

江ノ島を彩るイルミネーションについて

湘南のシンボルとして親しまれている

江の島シーキャンドル(展望灯台)を中心に江の島内各所が

イルミネーションに彩られる。

デートなどで楽しいひと時を。

温泉へ女子旅 全国のおすすめ温泉

寒くなってきて温泉が恋しくなります。

女子旅で行きたいおすすめの温泉をご紹介します。

おしゃれな温泉や美容にいい温泉など、

素敵な温泉ばかりです。

母智丘公園で桜を楽しむ 交通や周辺のオススメは?

母智丘公園は、桜の名所として知られ、

日本のさくらの名所100選にも選ばれています。

2,600本の桜並木を眺めてみませんか?

島根県の松江城山公園で桜を満喫

島根県松江市殿町の松江城山公園の桜は、

日本さくら名所100選に選ばれています。

周辺には、地元のグルメを堪能できるスポットもあるそうです。

お年玉 小学生や中学生、園児にはいくら?使い道は株式投資?

近年の小学生や中学生のお年玉事情も時代とともに

変化しているようです。

園児には紙幣より貨幣が喜ばれる傾向もあるようです。

栃木県で紅葉を楽しむ おすすめスポットとは

紅葉の季節です。北海道や東北地方では時期が

終わってしまったようですが、

関東はこれから。しっかり楽しみましょう。

北海道のスキー場のオープン状況は?

スキー・スノーボートの季節となりました。

しかし、北海道のスキー場では続々とオープン延期が

出ているようです。雪が少ないのが原因のようですね。

イルミネーションをよみうりランドで楽しもう

よみうりランドのイルミネーションが10月から

点灯されています。ジュエルミネーションを楽しむために

アクセス情報など確認しましょう。

血圧が高い時の食事はどんなものがいい?バランスの取れた食事を

血圧が高い時や、血圧が高めと言われた時は、

まず食事を見直してみましょう。

偏った食事は高血圧の原因になりかねません。

人気の北海道トマム雲海テラス 冬は霧氷テラスへ変身!

夏に人気だったトマムの雲海テラスは多くの人が訪れています。

そんな雲海テラスが冬の間は霧氷テラスへと変身します。

氷点下の神秘的な世界を体験しましょう。

酢タマネギの美容やダイエットへの効能とは?作り方やレシピは?

酢タマネギの健康や美容、ダイエットへの効果とは?

作り方も簡単なので、

一度試してみては?

ベジブロスって?野菜の皮など捨てずに有効活用!

野菜の皮など、普段捨ててしまっているようなものを

有効活用しましょう!

ベジブロスはご存知ですか?

長野県の小諸城址懐古園で桜や風情を味わう

長野県の小諸城址懐古園で歴史や桜を楽しみましょう。

小諸城の跡地で、明治13年に本丸跡に懐古神社が祀られたことから

懐古園と呼ばれるようになりました。

園内には様々な施設もあります。

岩手県のこたつ列車で冬の三陸を満喫

2006年から続くこたつ列車をご存知ですか?

冬季限定で久慈―宮古間を走るこたつ列車は、

食べ物も景色も、もちろん列車も大変魅力的です。

東北の冬は寒そうですが、行ってみたいですね。

北海道美瑛町の青い池のライトアップ

北海道の美瑛町にある青い池。

幻想的な風景で人々を魅了します。

その青い池のライトアップされた景色を楽しみましょう。

クリスマスプレゼントを友人へ 何を送る?

クリスマスはカップルだけのイベントではありません。

男友達や女友達など、せっかくのクリスマスですから、

プレゼント交換して盛り上がりましょう。

群馬県で紅葉を楽しむ おすすめスポット

群馬県の紅葉は11月上旬が見頃です。

伊香保温泉など様々な名所で

紅葉を存分に楽しみましょう。

北海道礼文島の味覚や景色と自然を知ろう

日本最北端の離島である礼文島の魅力や美味しい名産に

触れてみませんか?礼文はウニが有名で、

新鮮なウニを自ら剥いて食べる体験センターもあります。

2015年10月より運行開始された列車 花嫁のれんとは

概要[編集]
当列車は、2015年(平成27年)10月より実施する北陸デスティネーションキャンペーンに合わせて運行開始された[3]。
設定目的は、同年3月14日の北陸新幹線延伸開業に伴う効果の最大化、持続・定着化、および地域全体への効果の波及を図り、北陸を代表とする観光列車とするためである[4]。また、当列車内では伝統工芸品の展示、北陸ならでは食の提供、添乗サービスを行う[4]。
列車名の由来[編集]
当列車の愛称となった「花嫁のれん」は、娘の幸せを願って嫁ぎ先に渡される嫁入り道具の一つであり、婚礼当日に花嫁は嫁ぎ先に提げられた同のれんをくぐり嫁入りする。石川県を中心とした旧・加賀藩(加賀・能登・越中)の伝統文化である[5]。
また、「花嫁のれん」に込められた女性の幸せを願う思いにちなんで、当列車の利用者に幸せになって欲しいとの思いが込められている[5]。

引用元-花嫁のれん (列車) – Wikipedia

スポンサーリンク



  人気記事

観光列車「花嫁のれん」 出発進行!  2015年10月3日

スポンサーリンク



観光列車花嫁のれんの運行概要について

●運行概要
・JR七尾線観光列車「花嫁のれん」
 (北陸デスティネーションキャンペーンに合わせて運行開始)
 運行期間:平成27年10月3日(土)~平成28年2月28日(日)の土曜日・日曜日・祝日
      平成27年12月29日(火)までは月曜日・火曜日・金曜日も運行
      ※ 12月8日(火)は運休

 運転区間:金沢⇔羽咋⇔七尾⇔和倉温泉
 運転本数:2往復/日 約150日/年(土休日、多客期を中心として運行)

引用元-七尾線観光列車・のと鉄道観光列車 運行決定!|| 七尾市観光協会

花嫁のれんのデザインが加賀のイメージにピッタリ

今回の花嫁のれんは、こうしたJR西日本の観光列車戦略を踏襲しつつも、さらに“驚き”を感じさせるデザインとなっている。

外観デザインのイメージを一言で表現すると「重箱」。正月におせち料理を入れる、あの箱だ。輪島塗をモチーフとした赤と黒を基調に、加賀友禅の着物の柄のような花や蝶がちりばめられている。

内装は1号車と2号車で異なる。1号車には半個室タイプの座席が8つある。通常の鉄道車両の指定席では、座席は「1A」とか「2B」のように数字とアルファベットで表示されるが、花嫁のれんの1号車では「桜梅の間」「撫子の間」と示されている。

座席どうしを仕切る格子が、旅館の和室のような雰囲気を醸し出す。通路に敷かれている絨毯の柄が日本庭園の飛び石をイメージしているのも「旅館」という形容にぴったりだ。

引用元-あの「加賀屋」と組んだ北陸観光列車の実力 | 鉄道最前線 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

花嫁のれん 現時点では金沢~和倉温泉間の営業運行のみ

『花嫁のれん』は、能登半島方面の金沢(金沢市)~和倉温泉(石川県七尾市)間を結ぶ、観光客向けの特急列車。金沢~津幡間はIRいしかわ鉄道線、津幡~和倉温泉間は七尾線を走る。また、和倉温泉駅では北陸鉄道の能登半島定期観光バス『のと恋路号』との接続を図る。車両はキハ40系気動車のキハ48形改造車2両編成を使用する。

今回公開されたのは改造車2両編成で、車両番号は和倉温泉方の1号車がキハ48 1004、金沢方の2号車がキハ48 4。車体は「和と美」を表現し、北陸の伝統工芸である輪島塗や加賀友禅をイメージしたデザインでまとめられた。1号車は半個室タイプの座席と物販スペースが設けられ、2号車はイベントスペースを中心に座席が配置された。

走行装置は改造前とほぼ同じだが、発電機はサービス電源の容量を確保するため新しいものに交換しており、従来の4kVAから8kVAにアップした。

『花嫁のれん』が運行される金沢~和倉温泉間は電化されているが、他の非電化路線での運用も想定し、気動車にしたという。ただし、現時点で金沢~和倉温泉間以外の区間での営業運行は具体化していない。

引用元-JR西日本、能登観光列車『花嫁のれん』の車両を公開…10月3日運行開始 | レスポンス

花嫁のれんの楽しめる食事メニュー

車内で楽しめる食事メニューは、「和軽食セット」(2500円)、「スイーツセット」(2000円)、「ほろよいセット」(2000円)の3種類。「スイーツセット」は、辻口氏が故郷の石川県で展開するパティスリー、ル ミュゼ ドゥ アッシュのオリジナルセレクトスイーツとなっている。「能登紫芋サブレ」「輪島発芽玄米サブレ」「能登金時バウム」など、地元食材を使用した5種類の焼き菓子に、生菓子「マッチャ」とソフトドリンクが付く。

こだわりについて尋ねられた辻口氏は、「石川県はお茶の文化が盛んなので、生菓子には抹茶を使用したいと思いました。焼き菓子には石川の素材がふんだんに使われています。小松市の大麦や能登の金時、NHK連続テレビ小説『まれ』にも登場する、揚げ浜塩田の天然塩などを取り入れました。その土地の風や潮の香り、素材を感じながら食べていただくと、より旅が楽しくなると思います」とアピール。

記者が生菓子「マッチャ」を試食してみたところ、優しい口当たりのムースの中に、アプリコットと能登大納言小豆が入っており、甘味と酸味が絶妙なバランスに仕上がっていた。後味には抹茶のほのかな苦味も感じられ、口の中に上品な余韻が残る。贅沢な旅のひと時にふさわしいスイーツであると実感した。

引用元-羽田美智子も応援!観光列車「花嫁のれん」のおもてなし | ニュースウォーカー

twitterの反応

 - イベント, スポット グルメ, 中部地方, 鉄道