ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

鼻うがいは生理食塩水で!やり方や期待できる効果とは?

      2017/03/27

鼻うがいとは、鼻から水を入れて口から出す洗浄方法です。

鼻うがいは様々な効果が期待できますが、正しく行うことが大切です。

真水ではなく生理食塩水で行うようにしましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

血圧が高い症状について 急に血圧が上がる理由とは?

血圧が高い原因は、はっきりとわかっていないそうです。

症状について理解し、生活習慣や食生活の

見直しを図りましょう。

乗り物酔いの原因や対策は?子供の乗り物酔いの治し方とは

乗り物酔いは、乗り物の揺れや加速度によって

三半規管が刺激されることで起こります。

乗り物酔いが発生する仕組みは完全には解明されていないそうです。

原因や対策を知り、なりやすい子供にも対策ができるといいですね。

30代や40代女性の独身の楽しみ方とは

独身の方が増え、ソロ化が進む中、

独身をプラスに捉え、存分に独身を楽しむ女性は増えています。

独身の楽しみ方とは?

朝の時間を快適に過ごして健康体へ

朝はだるかったり、調子が出ないという方は多いかもしれません。

バタバタしてしまう朝の時間に余裕を持って、

朝食もしっかり摂るようにして、

健康な体づくりの基盤としましょう。

糖尿病の食事制限やストレスとの関係について

糖尿病は、遺伝的要因や生活習慣により

体内の糖が上手く代謝されず血糖値が高くなる病気です。

糖尿病の食事制限やストレスとの関係とは?

急須のTPOとは?また口についてるチューブの意味は?

誰もが知る茶を注ぐために使用する急須ですが、

急須のことをどれほど知っていますか?

その秘密やマナーについて確認しましょう。

幸運を呼ぶ数字とは?車や電話番号と生年月日の数字について

数字には様々な意味や力があると言われます。

たくさんの解釈がありますが、

その中でも、幸運を呼びそうな数字を探してみました。

子供の頻尿はなぜ起こる?子供の心因性頻尿について

心因性頻尿は、子供にも起きる病気であり、

小さなストレスでもなりえるそうです。

親が子供にしてあげられることとは、

どんなことがあるのでしょうか。

お寿司を食べる時のマナー 食べる順番は決まっている訳ではない

お寿司の食べ方や順番について様々なことが言われます。

食べる順番については、特に決まりごとはないのです。

順番通りに食べるとより美味しく頂けるということなんですね。

お寿司屋さんで恥をかかないように、

最小限のマナーは知っておきましょう。

集中力を上げたい!高めた集中力を持続させる方法は?

どうして自分は集中力がないんだろうと思ったことはありませんか?

それは、環境や考え方で変えられるかもしれません。

スポーツや勉強、仕事など生活に必要な集中力を高めるには、

どうすればいいのでしょうか?

集中力を上げる方法とは?

ランニングで期待できる効果とは?自分にあった走り方を無理せず!

ランニングを継続的に行うことで様々な効果が期待できるそうです。

また、朝と夜では効果の出方も違うそうなので、

自分の目的にあった走り方を見つけ、無理せず行いましょう。

職場の悩みやストレス解消法とは?多くの原因は人間関係にあり

職場でストレスを感じることがある人は、

非常に多いと思います。ですが、ストレスは絶対に無くなりません。

ストレス解消法でうまくコントロールし、

ストレスに負けてしまうことのないようにしましょう。

サンタクロースは今どこにいる?出発は?追跡してみよう

サンタクロースは出発したのかな?

子供達が待ちきれない時は、

サンタクロースを追跡してみるのもいいかもしれません。

納豆のフィルムを手を汚さずに外せる方法とは?

納豆の容器を開くと納豆の上にかかっているフィルム。

各々外し方があると思いますが、

綺麗に外せる方法があると話題になっている方法があります。

ノロウイルスの主な症状や感染経路とは

ノロウイルスが流行しているようです。

ノロウイルスの感染経路や症状を知った上で、

予防策をとりましょう。

憩室炎とはどんな症状の病気?痛み方は?

憩室炎は、大腸の壁が外に飛び出してできる憩室で、

細菌が繁殖して炎症を起こす病気です。

症状や原因は、どのようなものなのでしょうか?

コートの気になる毛玉の原因や取る方法とは

コートの季節になりました。

そして気になるのが、毛玉です。

あるもので簡単に取ることが出来るそうなので、

試してみましょう。

てんかんの症状や性格変化について てんかんは子供に多い?

てんかんは、突然意識を失って反応がなくなるなどの

発作を繰り返し起こす病気です。

その原因や症状は人により様々で、

患者数も全国で60~100万人とされています。

紅茶の効能でリラックス効果 ストレス解消におすすめ

気分が上がらない、疲労感があるなどの時は

紅茶を飲みましょう。紅茶の効能にリラックス効果があります。

ほっとしたい時に一息紅茶を。

肩こり解消にウォーキングを 体操も忘れずに

肩こりの解消にウォーキングをしてみましょう。

ウォーキングによるメリットはたくさんあります。

始める前の体操も忘れずに!

鼻うがいの期待できる効果について

鼻の不快感の解消
鼻をかんでも出にくい粘り気のある鼻水もスッキリさせることができます。

風邪やインフルエンザなどのウイルス対策
風邪やインフルエンザの原因になるウイルスは、のどの奥の上咽頭に付着し、炎症を起こします。鼻うがいなら、上咽頭を洗い流すことができるため、ウイルス対策になります。

花粉症やホコリなどのアレルギー対策
上咽頭に付着した花粉やホコリなどを洗い流すことで、アレルギーの原因を取り除くことができます。

ちくのう症の予防・症状の緩和
ちくのう症(副鼻腔炎)とは、目と目の間やほほなどにある副鼻腔という空洞にうみがたまる病気。風邪や花粉などが原因で炎症が起き、粘り気のある鼻水や鼻づまり、頭痛といった症状が起きます。鼻うがいでは副鼻腔を直接洗い流すことはできませんが、鼻の中の粘り気のある鼻水を洗い流すことができますから、ちくのう症の予防や症状の緩和に役立つと考えられます。

引用元-風邪や花粉症対策に効果的!痛くない「鼻うがい」でスッキリしよう|eo健康

スポンサーリンク



  人気記事

鼻うがいは正しく行うことが大切

うがいというと、水道水でガラガラとするイメージがあるかもしれません。

そのまま水道水を鼻に入れてしまうと、
鼻に水が入った時のようなツーンとした痛みを感じると思います。

これは鼻うがいは、水道水ではなく、0.9%の生理食塩水で行うべきであるそうだからです。

鼻うがいは正しいやり方で行えば、
痛みはなく、スッキリとした感じがあるそうです。

誤った方法で鼻うがいをするのは危険なので、正しく行うことを心がけましょう。

スポンサーリンク



鼻うがいのやり方について

では、鼻うがいは実際にどのように行えばよいのでしょうか。

慣れないうちは、洗面器などを使うとよいでしょう。まず、洗面器に生理食塩水や洗浄液を入れます。自分で洗浄液を作る場合は、2リットルのぬるま湯に大さじ1杯程度の食塩を入れましょう。前かがみになって洗面器に顔を近づけ、指で片方の鼻の穴を押さえたら、空いている方の鼻の穴から液を吸い込み、吸った鼻から出します。逆の鼻も同じ要領で行い、それぞれ3~5回くりかえします。

専用の洗浄液の容器や、細いノズルがついたドレッシングの容器のようなものを使って、鼻に注入する方法もあります。洗浄液を自分で作る場合は、コップ1杯(200cc)のぬるま湯にティースプーン1杯(1.8g)の食塩を混ぜます。「エー」などと声を出しながら行うと、耳への圧力が軽減され、液の誤飲も防げます。鼻から出すだけでも効果はありますが、慣れてきたら、液を吸入した後に少しだけ上を向き、口の方へ液を落として口から吐き出してみましょう。こうすることで、さらに効果が高まります。

洗浄が終わった後、鼻の奥に溜まっていたものを出すために静かに鼻をかみます。これで、終了です。

引用元-鼻うがい・鼻洗浄の副鼻腔炎(蓄膿症)への効果と注意点 | ヘルスケア大学

鼻うがいをする際の注意点について

鼻うがいは鼻のトラブルに効果的な方法ですが、注意点を知る事でより安全に鼻うがいができます。

1.真水は使わない事
鼻うがいをする場合、かならず、生理食塩水を使い、真水は使わないでください。体液の塩分濃度と違う事で鼻の粘膜を傷つけてしまうことがあります。

2.やりすぎに注意
なんでもやりすぎはよくありませんね。1日1-3回までにしましょう。
やりすぎは鼻の粘膜に負担をかける事になるので避けましょう。

3.前かがみでやりましょう
鼻うがいを行う場合、必ず前かがみで行ってください。

これは、鼻腔という鼻にある空洞のなかに水分を残さないためです。
鼻腔に水分が残った状態で鼻をかむと洗浄された汚水が鼓膜の方法へ流れ込み中耳炎を起こすことがあります。

他にも、鼻はのど、耳にもつながっていますので、鼻の粘膜を傷つけると、鼻のいろいろなトラブルへの原因となります。

4.器具は清潔に
鼻うがいをする洗面器は熱湯消毒をするなどして清潔な物を使いましょう。

引用元-鼻うがいの正しいやり方と効果 大切なポイントはこれ!! | 旬の話題

生理食塩水の作り方とは?

【生理食塩水500mlの作り方】
[1] 水をきれいにする
水1リットルを10分程度沸騰させ、殺菌と塩素をとり除きます。時間がたったら火を止め、ふたをして冷ましょう。 ※実際の使用量は、300~500mlですが、容器の殺菌用に使います

[2] 容器をきれいにする
ペットボトルの500mlの容器などを流水で何回もすすぎ、沸騰させた水で 2回ほど殺菌してください。(ガラス製なら瓶ごと殺菌してください)

[3] 調整する(塩を入れる)
調整用の[1]で作った水(殺菌済み)を100mlほどいれ、5g(小さじ1/中サイズ)の塩を入れます。 この段階でよく攪拌させます。光にかざしてキラキラするものがなくなっていたら残りの水を加えて500mlにして出来上がりです。

引用元-生理食塩水の作り方を教えてください。 – 犬の尿道結石の処理につかいま… – Yahoo!知恵袋

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学