ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

鼻のかみすぎに注意!耳が痛い症状や鼻のかみ方について

   

風邪などで鼻水をかむことはありますが、

鼻をかみすぎて耳が痛いと感じたことはありませんか?

鼻のかみ方を見直して負担をかけないようにしましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

血圧が低いとされる数値とは?低血圧は危険?

高血圧に比べ、血圧が低い場合はあまり病気として扱われていません。

しかし、めまいや倦怠感、頭痛など、低血圧が原因で起こる症状は、

できれば改善したいものです。血圧の数値がどのくらいなら、

低血圧となるのかを知り、そこに潜む危険に対応できるようにしましょう。

肩こりに効く体操 あべこべ体操とは?

あべこべ体操という肩こりに効果があると言われる

体操があります。今回は、そのあべこべ体操について

メリットや、やり方について確認しましょう。

背中が痛い症状が真ん中に現れる原因とは 吐き気もある時は?

背中が痛い症状と共に吐き気がする場合があります。

吐き気を伴う場合、内臓疾患により痛みが生じている可能性があります。

背中の真ん中あたりが痛む場合の原因とは?

立ち仕事の足の痛みや疲れが取れない原因と疲れをとる方法について

毎日の仕事で足が疲れていませんか?

休んでも中々疲れが取れない原因とは?

立ち仕事で足の痛みを防ぐための方法とは、

どんなものなのでしょう。

食後の虫歯予防にチーズ?オススメの種類は?

チーズには虫歯を予防し、虫歯の進行をおさえる効果があるそうです。

また、ごく初期の虫歯の兆候がみられる歯であれば、

チーズを食べることで自然治癒できる可能性があるそうです。

基礎体温をグラフに 正しい測り方とは?

基礎代謝の測定は毎日正しく行う必要があり、

面倒です。しかし、体のリズムを知るには大事なことですので、

基礎体温を正しく計測し、日々の生活をより良いものにしましょう。

子供と川遊びの時に注意すべきこととは

夏の時期は暑く、子供と川遊びもいいですよね。

ですが、川などの自然は、恐い一面もあります。

注意すべき点を確認して楽しく川遊びをしましょう。

油性ペンの落とし方 肌や服についてしまった時は?

油性ペンが肌や服に付いてしまっても、

慌てずに対処しましょう。

身近なもので結構落ちるんですね。

インクの落とし方について確認します。

後鼻漏で痰が絡む?痰の色で病気がわかることも

後鼻漏で悩む人は増加傾向にあるそうです。

痰が絡むなどのすっきりしない症状は改善したいものです。

また、痰の色で病気をある程度判別できることもあるそうです。

牛にならない?食後のごろ寝はダイエットにつながる?

食事の後に、すぐに横になると牛になると良く言われたものです。

ですが、この食後のごろ寝が消化を助けたり、

ダイエット効果もあるそうです。

何か始めたいと思ったらすぐ行動!大学生のうちに多くの経験を!

何気なく大学生活を送っていて、

時間があるなぁ、何か始めたいなと思っているなら

すぐ行動しましょう!時間はあるようで、ありません!

お年玉を高校生に 金額の相場は?

お正月になると親としては懐が痛いお年玉という

イベントがあります。高校生ってどのくらい渡せばいいのか。

また、高校生はお年玉をどのように使っているのでしょうか?

心臓が痛いチクチクする痛みの原因や注意すべきこととは

チクチクとした心臓の痛みが気になるという人は、

意外と多いかもしれません。

心臓が痛い原因は様々あるようです。

心臓が痛い時に考えられる病気は?何科にかかるべき?

心臓が痛いと感じる時は色々と不安になると思います。

考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

また、何科にかかればいいのでしょうか?

健康を維持するために軽い運動を始めよう 簡単にできる運動とは?

健康を維持いていく上で適度な運動は非常に重要となります。

簡単にできる運動であれば、少しずつでも始められそうです。

まずは無理せず、簡単な運動から始めてみましょう。

腸が痛い症状の原因は?腹痛と冷えの関係とは?

お腹が痛い症状は、日常でもよくみられる症状のひとつです。

その原因は病気やストレスなど様々です。

まずはお腹の冷えを防ぎ、体質を改善していきましょう。

にんにくの健康や美容への効果があらわれる時間帯とは?

にんにくは体にいいと漠然に思っていませんか?

にんにくは疲労回復や血圧予防のほかに美容にも効果があるそうです。

また、効果があらわれる時間帯があるそうです。

朝起きたら痰がからむ 原因は?

毎朝痰がからんで、辛い思いをしたことありませんか?

原因をつきとめ、改善していきましょう。

症状がひどい場合は診察を受けましょう。

人間の脳は10%しか使われていないというのは間違い?

よく聞く人間の脳は10%しか使われていないという説は、

どうやら違うようです。アインシュタインは努力をしなさいという

意味で「我々人間は潜在能力の10%しか引き出せていない」

と言ったそうです。そういったことが俗説を生んだのかもしれません。

セルライトの原因となる食べ物とは?改善する食べ物は?

気になるセルライトができる原因のひとつに

食生活の乱れがあります。

原因となる食べ物の摂取を控え、対策を練りましょう。

鼻のかみすぎで耳が痛いのはなぜなのか

耳と鼻、喉、は奥でつながっています。

鼻をかむときにイキんで圧力がかかると、耳にまでその刺激が伝わります。

鼻水の中の細菌が耳管に運ばれて、中耳炎を起こす原因を作るのです。

中耳炎の痛み

鼻を強くかんで圧力がかかると、鼻の奥にある耳管から鼻水のバイ菌が中耳に入り込み、急性中耳炎を起こします。

急性中耳炎は、炎症のため鼓膜の中に水がたまり、圧力がかかることで耳に痛みが出ます。

耳の後ろを冷やすことでラクになることが多いですが、痛み止めで痛みが止まっても、耳鼻咽喉科で抗生物質を使った治療が必要となります。

耳に入り込んだバイ菌をなくすのに1ヶ月以上かかります。

鼻をかんで耳にズキンとした痛みが出た、熱がある、その後も時々耳が痛むといった症状があれば、すぐに耳鼻咽喉科にかかりましょう。

鼓膜への圧力による痛み

鼻水が耳管を伝って行かなくても、勢いよく鼻をかむことは、圧力による負担を鼓膜にかける事になります。

耳管狭窄や、耳詰まりなど、耳へのストレスが原因になる症状を残します。

圧力がとても強い場合には、鼓膜そのものを傷つけてしまうこともあるので、注意が必要です。

引用元-鼻をかむと耳が痛い!中耳炎を避ける正しい鼻のかみ方 | ヘルシーライフ

スポンサーリンク



  人気記事

色がある鼻水の時は病院へ行ったほうがいい?

鼻水の色は鼻水が出た原因によってかわり、花粉症やアレルギー症状の鼻水は透明であるといわれています。

また、透明の鼻水はラーメンなどを食べて外気が熱い時や空気が乾燥している時などにおこり、透明の鼻水がでた時は基本的に病気には感染していない時になります。

そのため、鼻水に色が無い時は基本的に病院に行く必要性はなく、花粉症などのアレルギーであれば対策を行う必要性があります。

対して、黄色や緑色などの色のついている鼻水が出ている場合は副鼻腔炎や風邪になっているとことを示しており色のある鼻水がでた場合は病院に行く必要性があります。

また、風邪をひき始めは白色の粘度の濃い鼻水が出ることがありますので白色の粘りのある鼻水がでた時も風邪を疑った方がいいでしょう。

特に緑色の鼻水は蓄膿症などの可能性が高いので、病院に行くことをおすすめします。

引用元-鼻の強くかんだり、かみすぎに注意?!鼻をかみすぎると中耳炎になる?!さらにかぶれを起こしますよ。 | 健康推進Baquun

スポンサーリンク



鼻のかみすぎで頭痛などが起こる場合は?

鼻をかんで頭痛がしたり、頭がぼーっとすることもありますね。

もしも、鼻のかみすぎで頭に異変を感じた場合、下手をすると蓄膿症になる恐れがあります。

鼻の奥にある副鼻腔という空洞に炎症を起こすことを副鼻腔炎と言います。

鼻を何度もかみ続けたり、強くかんだりすると急性副鼻腔炎になる可能性があるのです。

そしてこれが慢性化してしまうと慢性副鼻腔炎、つまり蓄膿症となってしまいます。

副鼻腔に膿が溜まってしまうと慢性化して蓄膿症となってしまうのですが、ここまでくるとかなり辛い状態が続いてしまいます。

引用元-鼻のかみすぎで耳や頭が痛い原因と対処法!中耳炎になるのは本当? | 今これが知りたい!旬な情報のトリセツ

鼻をかむ時に気をつけることとは

3-1.片方ずつゆっくりかむこと

正しい鼻のかみ方は基本的に“片方ずつゆっくり少しずつかむこと”です。
片方ずつしっかり鼻を押さえ、ゆっくり少しずつかんでいきましょう。
力づくで鼻水を押し出さないようにできるだけ最後までやさしくかむことが1番大切です。
力を入れないと鼻水が出ないと不満に思うかもしれませんが、ゆっくり少しずつ小さな力で鼻をかんでいけば最後まで鼻水は出ます。その方が鼻の中を傷つけることなく、鼻水が全部出せるでしょう。
耳がおかしいと感じることはありませんし、痛みや中耳炎も起こりません。
鼻のかみ方を改善するだけでも頭痛や痛みが緩和されます。
実際、力まかせで鼻をかんでいた人が「片方ずつゆっくり少しずつかむように心がけたおかげで痛みがなくなった」という例もあるのです。
鼻のかみすぎで耳が痛いと悩んでいる人はぜひかみ方を改善してください。

3-2.呼吸の仕方を工夫する

鼻をかむときの呼吸の仕方にも気をつけてください。
鼻から息を吸って鼻水を出す人がいますが、それでは鼻の中にある菌やウイルスが鼻の奥に入ってしまうので余計状況が悪化するでしょう。
息を吸うときはしっかり口から吸ってください。そして鼻水を押し出していきましょう。
口から思いっきり吸うことで鼻の奥に菌・ウイルスが入りませんし、鼻水を徹底的に外に出せます。
呼吸を上手に利用しながら鼻をかむことが大きなポイントになってくるのでぜひ試してみてください。
鼻と口では鼻水の出方が大きく変わるとわかるはずです。

3-3.肌にやさしいティシュを使う

鼻のかみ方はもちろんですが、鼻のまわりが荒れないように肌にやさしいティッシュを使うのもひとつの方法です。
とくに鼻をかむことが多いひとほど、ティッシュを常に鼻に当てている状態なのでできるだけ肌にやさしいタイプのティッシュを使ってください。
多少値段は高くなってしまいますが肌にやさしいティッシュに変えるだけでもお肌が荒れずにかめるのでオススメです。
ドラッグストアで販売しているティッシュの中でどれが1番よいのか、インターネットで口コミや評判を調べておくと選びやすいでしょう。

引用元-鼻のかみすぎで耳が痛い理由とは? ~正しい鼻のかみ方について知ろう~ | 川村耳鼻咽喉科クリニック『耳寄り通信』

鼻のかみすぎで鼻の周りが赤くなった時の対処法について

鼻をかみすぎてヒリヒリしたり、真っ赤になって炎症を起こすことがあります。酷いケースでは、鼻の下の皮がむけて血や膿が出てしまい、ジュクジュクになってしまうことも。

鼻のかみ過ぎで鼻の周りが炎症を起こす原因としては、

何度も強くこすりすぎることによる摩擦
ティッシュで脂分を拭き取ってしまうことによる乾燥
鼻水がこびりつき、乾燥することによる炎症
などが挙げられます。

何度も強くこすると鼻が黒ずむ!?

鼻をかむときに、ついつい強くこすってしまうことがあります。そうすると、摩擦により鼻表面の皮が剥がれ落ち、炎症を起こすことがあります。

一時的な摩擦による炎症の場合は、軟膏などを使用して適切に対処することにより完治します。しかし、鼻をかむときに強くこすることが長年の習慣になってしまった場合、鼻が色素沈着を起こし、黒ずむことがあります。これは、『摩擦黒皮症』という症状によるものです。

摩擦黒皮症とは、皮膚が繰り返し摩擦の刺激を受けることによりメラニン色素が増加し、皮膚が黒ずむ症状です。摩擦黒皮症になるとメラニン色素が真皮にまで入り込むため、改善は難しいといわれています。

鼻の乾燥対策・保湿方法は?

マスクをつける (⇒花粉対策だけでなく保湿効果もある)
湯船につかる(⇒湯気で鼻水が流れ、さっぱりする)
保湿ティッシュを使う
鼻をかむ前後にワセリンや軟膏で鼻表面を保護する(リップクリームで代用も可)
ハンカチなどを濡らして残った鼻水を拭きとる
夜は、化粧水・乳液・軟膏などでしっかりと保湿する

引用元-花粉症や鼻炎の方は注意!鼻のかみすぎで中耳炎や肌トラブルになる恐れも | 自分でできるアンチエイジング講座

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学