ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

肌のシミの原因とは?紫外線対策の日焼け止めSPFやPAとは

      2017/01/27

気になる肌のシミの敵である紫外線対策はしていますか?

紫外線により破壊された細胞は、ターンオーバー力を低下させ、

色素沈着を発生させます。

肌のシミの原因と対策について確認しましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

a74964e912dbf3aa2036b8bba170bd44_s
朝の顔のむくみの予防や効果が期待できる解消法とは?

朝起きたら、いつもより顔が大きくなっている気がしたり、

目が腫れぼったく感じたことはありませんか?

顔のむくみを予防するために効果が期待できる方法や解消法とは?

c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_s
預金と貯金の違いとは?貯蓄もまた意味が違う?

預金や貯金をしている方は多いと思いますが、

この言葉の違いはご存知ですか?

貯蓄もまた、意味が違うようです。

日常生活で間違わないようにしましょう。

1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s
紅茶のカフェインを夜の寝る前に摂取するのは良くない?

紅茶のカフェインはコーヒーより少ないと

されていますが、やはり夜や寝る前に紅茶を

飲むのは良くないのでしょうか?

a275f9afea8804a4815f890dfd9379be_s
あくびが止まらない?他人のあくびがうつるのはなぜ?

あくびは脳の疲労や緊張しているときなどに出ますが、

友人と話しているときなどに、あくびをするとうつるのは、

なぜなのでしょうか?

注意すべきあくびとは?

1eb40c3c662b452f24a70dfb322dc2b0_s
足のむくみをオフィスや自宅で解消 効果的なマッサージとは

足の気になるむくみをちょっとした時間を使って、解消しませんか?

オフィスや自宅でも簡単に出来る解消法です。

積極的にむくみ解消を行い、

むくみを翌日に持ち越さないようにしましょう。

802f478894f5c15a2506130411b7725f_s
救急車のサイレンの種類やドップラー効果とは?

緊急車両は救急車やパトカー、消防車以外にも存在します。

中でも比較的見かけることの多い救急車のサイレンについて、

その種類やドップラー効果について知っておくと、

話のネタになるかもしれません。

a0002_012097_m
納豆の賞味期限は1週間?1ヶ月?いつまでなの?

納豆は発酵食品ですからあまり賞味期限を気にせず

食べていることもあると思います。

いつまで食べても大丈夫なのでしょう?

9d375c9ec3d725b9b59f9ecdbe077a77_s
脱水症状が起こった時の対処や予防するためには?頭痛の症状も

脱水症状と言えば、喉が渇くのを想像される人も

いるかもしれませんが、実際体の中では、

複雑なことが起こっています。

その時のために知っておくべきこととは?

8e0d1180eeb91ef2db73c2ba729bbf89_s
ストレートネックの治し方とは? 治療や改善方法について

ストレートネックになってしまったら、その治し方とは?

また、どのように改善していけばよいのでしょうか?

治療方法や改善方法を確認しましょう。

d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_s
昼食後の昼寝がもたらす効果は美容にも?昼寝をしたら太らないの?

お昼時、食事後なんかは特に眠くなります。

実は昼寝をすると様々な効果があるそうです。

美容についてもいい効果があるみたいですね。

a0003_000835_m
内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

689b8a4b0fd39f8444192a3c9ad2b0f3_s
しゃっくりが出る原因とは?疲れやストレスが関係することも

急に出るしゃっくりですが、原因については、

ご存知の方も多いかもしれません。

ストレスや疲れなどが関係していることもあるようです。

809ee4df471f5f89722eb4dd90dea886_s
急性胃腸炎の辛い症状 下痢はどのくらい続く?

下痢や嘔吐を繰り返し、腹痛が止まない症状は、

急性胃腸炎の症状です。発熱や倦怠感も伴う急性胃腸炎の

下痢の症状はどのくらい続くのでしょうか?

abc-928383_1280
英語力を上達させたい 勉強の始め方とは?

日本にいても観光客の増加など英語を必要と

する場面が増えているように感じます。

そろそろ重い腰を上げて英語を学んでみませんか?

b740186b8267a2f92902659260fb791d_s
テレビを観ながらのSNSは危険?デジタルによる脳への影響とは

周りを見渡せば、デジタルは当たり前の時代になりました。

特に若い人は、今の時代しか知りません。

このテレビやSNSが脳へ及ぼす影響は、

もしかしたらこの先、大きな社会問題となるかもしれません。

8b2639da7a1476ee56053eafe65e0b3f_s
酢タマネギの美容やダイエットへの効能とは?作り方やレシピは?

酢タマネギの健康や美容、ダイエットへの効果とは?

作り方も簡単なので、

一度試してみては?

d983a71b6d8da997b1eab1e0354fdb5a_s
ジンギスカンといえば北海道札幌!ジンギスカンの魅力や健康効果も?

ジンギスカンは、中央部が盛り上がった円形の鍋で、

ラムやマトンを野菜と一緒に焼く料理と定義されています。

タレに関しても食べ方が2種類あり、大変人気があります。

ジンギスカンは札幌のイメージが強いですが、

他地域でも食べられているのはご存知だったでしょうか?

ffbdd318e3fb42403c01f0eb59d1247f_s
子供の頻尿はなぜ起こる?子供の心因性頻尿について

心因性頻尿は、子供にも起きる病気であり、

小さなストレスでもなりえるそうです。

親が子供にしてあげられることとは、

どんなことがあるのでしょうか。

45ecf036239d4434204e083899234d4f_s
カイロは貼る場所によって効果は様々!貼ってはいけない場所とは?

寒い時に定番のカイロ。

最近は靴の中に入れるタイプ、靴下に貼るタイプなど、

色々な種類のカイロが販売されています。

そんなカイロも貼る場所を考えて貼れば、

さらに効果的に使用することができるのです。

bsDI_IMG_5697
ストレスが原因?肩こりや頭痛の症状 緊張型頭痛の原因とは

日常生活の中で頭痛に悩まされる方も多いのでは

ないでしょうか?頭痛の原因の大半を占めるという緊張型頭痛。

原因や症状について確認します。

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

シミとは何なのか?

しみと呼ばれているものは、表皮細胞の老化によってできる「老人性色素斑」、顔にできる茶色い斑が特徴の「肝斑(かんぱん)」など、いくつか種類があります。「老人性色素斑」は、顔をはじめ手や腕などの露出部に現れ、円や楕円形で、大きなものでも親指サイズぐらいです。加齢とともに数が多くなり、老齢になると色の薄いものから、濃いものまで、大小たくさんの色素斑をもっている方もよく見受けられます。一方、「肝斑」は、形や大きさはさまざまですが、特徴としては、ほほや口の周りにでき、左右対称に現れ、ほとんどが女性にみられます。
いずれのしみも、お肌のメラニンが増えることによってできるのです。そのメラニンの増える大きな原因となるのが皆さんご存知の「紫外線」なのです。

引用元-HICEE|しみの話 – お肌の大敵、しみ。どうすればうすくなるの?

スポンサーリンク



  人気記事

肌のシミの原因について

(1)紫外線(UVB)

紫外線にはUVAとUVBがありますが、波長の短いUVBは直接的に皮膚の細胞を攻撃してDNAを傷つけます。

紫外線が入ってくると、細胞を守るために、メラノサイトを刺激してメラニン色素を作り出す物質が活性化します。

通常は、紫外線を浴びなくなるとメラニン色素は作られなくなり、皮膚の新陳代謝により元の肌色にもどります。しかし、皮膚細胞のDNAに変異が起こると、メラノサイトが活性化したままの状態となってしまい、シミが発生します。

(2)活性酸素

活性酸素が発生すると、活性酸素を取り除くために「メラノサイト刺激ホルモン」が分泌されます。

活性酸素を発生させる要因として有名なのは紫外線のUVAで、UVAは皮膚の深部(真皮)で免疫細胞を刺激し炎症を起こし、活性酸素の発生を促します。

しかし、紫外線以外でも、活性酸素が発生するとメラノサイト刺激ホルモンが分泌され、メラニンが作られます。活性酸素を発生させる要因は以下のように色々あります。

紫外線(UVA)
ストレス
喫煙
飲酒
電磁波
排気ガス等、有害物質を含む空気
食品添加物
便秘 ※便秘についての対策は『便秘・デトックス』をご覧ください。
激しい運動
睡眠不足

引用元-シミができる原因とメカニズム | スキンケア大学

スポンサーリンク



肌の乾燥もシミの原因となる

乾燥肌とシミは、それぞれ肌の別の悩みのようにも見えますが、
実はシミの原因にも乾燥肌が大きく関係しています。

シミの直接の原因はメラニン色素ですが、
肌が潤ってターンオーバーが活発な肌は、
肌細胞が活発に生成されるため、メラニンも古い角質と一緒に剥がれやすくなります。
つまり古い肌細胞が残りにくくなっているわけです。

しかし肌が乾燥して潤いがなくなると、
角質層が硬く厚くなり、古い細胞が肌の表面にとどまりやすくなります。
更に角質層が乱れることで、角質と角質の間にすき間ができて、
肌の水分が蒸発して、肌の乾燥が進むという悪循環に。

肌が乾燥してコラーゲンなどが不足すると、
肌細胞の生成も停滞するので、肌のターンオーバーが遅くなってしまいます。

そのためにメラニン色素が肌に残りやすくなり、
これがシミの原因になるのです。

引用元-肌の乾燥が原因でシミができやすくなる

肌のシミを作らないための紫外線対策

シミの原因の80%が紫外線となると、「紫外線対策」をするのが一番。老化もシミの原因と考えると、年をとるごとに紫外線対策は重要。また、どんなにシミを消すための化粧品を使用していても、紫外線にあたってしまえば、一気に元通りになってしまいます。
紫外線対策が重要なことはみなさんご存知だと思いますが、これを期に、もう一度紫外線予防を見直して見ましょう。日光は1年中出ていますので、1年中紫外線対策は必要です。
・スッピンで外出しない。
・毎日日焼け止めを塗る。(特に紫外線が強くなる3月~10月はしっかり塗る)
・日焼け止め入りのベース、ファンデーション、リップを選ぶ。
・日光が強い日は、日傘や帽子をかぶる。
また、肌が乾燥していると、紫外線に対する抵抗力が落ちます。同時に「保湿」にも力を入れ、肌が乾燥しないように気をつけましょう。

引用元-最もタチの悪い肌トラブル。「シミ」の原因と対策法まとめ | 女子力アップCafe Googirl

肌のシミ対策の日焼け止め SPFやPAとは

紫外線対策に最適なものは日焼け止めです。
紫外線から肌をガードしてくれる成分が日焼けやコラーゲンの破壊を防いでくれます。朝起きて顔を洗うのと同じくらい、日焼け止めを塗ることを毎日の習慣にしましょう。

また、日焼け止めでSPFやPAという言葉をよく耳にすると思いますが、このSPFというものは、皮膚がんや肌を赤くするUV-Bという紫外線をどれくらいの時間ハネ返せるかを表した数値のことです。
PAは、肌にシワやたるみを作るUV-Aという紫外線を防ぐ力のことです。
3段階の「+」で防ぐ力が表示されています。
例えば、「PA+++」とある日焼け止めはUV-Aを防ぐ力が一番強いということになります。ただ、これは数値が高ければ高いほどいいというわけではありません。
高いほど肌に負担がかかってしまっているのです。日常生活ならSPF値は15~20で十分です。

引用元-シミには8種の原因があった!シミの原因を簡単解説&すぐ出来る対策

 - 生活の知恵, 美容・健康