ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

肌のシミの原因とは?紫外線対策の日焼け止めSPFやPAとは

      2017/01/27

気になる肌のシミの敵である紫外線対策はしていますか?

紫外線により破壊された細胞は、ターンオーバー力を低下させ、

色素沈着を発生させます。

肌のシミの原因と対策について確認しましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

c80532bcf908802d6b9f98c8fc8588cd_s
疲労やストレスが原因で咳が止まらない咳喘息とは

ストレスや疲労と咳は関係があるそうです。

咳は止まらないと非常に辛いですよね。

咳喘息と言われる症状やその原因とは?

stockings-428602_1280
破れたストッキング活用術で再利用

破れてしまったストッキング、捨てていませんか?

捨てる前に再利用して節約しましょう。

色々な活用術があるのです。

51ef68697172607af35eb605a53a5d90_s
コーヒーの効果は高血圧にも?見直されるコーヒーと血圧の関係とは

以前は、コーヒーの飲みすぎは高血圧症に

つながると考えられていました。

しかし、最近はコーヒーが高血圧症に効果があると

いうのが通説のようです。

31b8fb858994f4e7322ad068da7e3bf0_s
大掃除のコツをつかんでキッチン台所をきれいに

水回りであるキッチンの大掃除は完璧にこなしたい。

完璧にこなして年を越したいですよね。

コツを知り、効率の良い大掃除を!

e66907c5596daaa81df785720a3a5d91_s
耳かきの頻度やコツについてについて 耳掃除をしすぎると良くない?

耳かきはどのくらいの頻度で行っていますか?

あまり頻繁にしすぎると良くないそうです。

耳掃除のコツや安全な耳かきの方法とは?

cea22712fbd18b2578b9a23103a231dc_s
服の収納術きれいに見せるコツやおしゃれを演出するには?

洋服の収納は、ちょっとしたコツさえつかめば、

おしゃれに演出できるそうです。見せる収納術や、

子供の洋服の効率の良い収納方法についても見てみましょう。

3f1bb12bf094667dd374044c90931969_s
靴擦れがかかとにできて痛い!原因や対策と靴の選び方

誰もが経験すると思いますが、かかとの靴擦れは、

痛くて足をかばって歩くと悪化するなどいいことありません。

そんな思いをしないためにも、かかとの靴擦れの原因を

知って、対策を練りましょう。

d983a71b6d8da997b1eab1e0354fdb5a_s
ジンギスカンといえば北海道札幌!ジンギスカンの魅力や健康効果も?

ジンギスカンは、中央部が盛り上がった円形の鍋で、

ラムやマトンを野菜と一緒に焼く料理と定義されています。

タレに関しても食べ方が2種類あり、大変人気があります。

ジンギスカンは札幌のイメージが強いですが、

他地域でも食べられているのはご存知だったでしょうか?

5f6f7c70a3521f7b770a24eb37515c44_s
納豆の栄養素が加熱によってなくなるって本当?

納豆に含まれるナットウキナーゼという成分は、

どうやら熱に弱いようです。

ただし、他の栄養素まで加熱すると良くないという

ワケではないのです。

3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s
独身男性の寿命は既婚男性より短い?原因や特徴とは

生涯独身でいれば、自分の好きなように生活できます。

お金や時間を思うがままに使うことができるでしょう。

しかし、独身男性の寿命は既婚男性に比べて短いという

統計データがあります。直接的な原因がないとしても、

独身者としては、ちょっと気になりますね。

813175d67af25c1dfd07e8b0d1bcf16c_s
靴擦れした親指の治療は?水ぶくれも靴擦れ?

新しい靴をおろしたときは気分がいいものですが、

靴擦れになるとその気持ちも半減してしまいます。

親指にできた靴擦れの対処法とは?

bsELL86_komorebinonaka
緊張型頭痛の治し方や対処法、治療について

緊張型頭痛を改善したい。

日常生活で気をつけるべきことはどんなことなのでしょう。

治し方や対処法について確認します。

6e4a0f0943ff8ebbaf6e5878f81c4fe4_s
セルライトが痛い原因や改善する方法について

セルライトとは、老廃物や水分、脂肪がつまり、

循環が上手く回らずにどんどん肥大化していく現象です。

このセルライトが痛い原因とは何なのでしょうか?

また改善策とは?

6d632bfc7af61d7ea4dc24f7736b7e84_s
紅茶に含まれるカフェインの効果とは

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーですが、

紅茶にもカフェインは含まれているのです。

その効果とはどのようなものなのでしょうか。

bsDI_IMG_5697
ストレスが原因?肩こりや頭痛の症状 緊張型頭痛の原因とは

日常生活の中で頭痛に悩まされる方も多いのでは

ないでしょうか?頭痛の原因の大半を占めるという緊張型頭痛。

原因や症状について確認します。

f9b97882e6110b2eed7c270085798739_s
健康診断と会社や労働者の義務について

全ての会社は、社員に対して、

1年に1度必ず健康診断を受診させる義務があるとされています。

会社と労働者にある義務とは?

d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_s
昼食後の昼寝がもたらす効果は美容にも?昼寝をしたら太らないの?

お昼時、食事後なんかは特に眠くなります。

実は昼寝をすると様々な効果があるそうです。

美容についてもいい効果があるみたいですね。

cbb906155a7d656449efddc0deb8588f_s
カレーが食べたくなるのは風邪気味や前兆?予防効果も?

国民食と言われるカレーですが、カレーはお好きですか?

カレーが異常に食べたくて仕方ない!なんて時は、

それは風邪の前兆かもしれないそうです。

be5925423cf8eb7a6f2a1566992c7946_s
耳鳴りと頭痛の症状がある原因は?治し方はある?

デスクワークや、身体のゆがみなどによる慢性的な肩こりから

耳鳴りと頭痛を伴う場合があります。

その他の症状や治し方とは、どのようなものがあるのでしょう?

378c6e892e990f58f730a6684ee8c4bd_s
独身女性の保険の事情とは?どんな保険に入るべきか

日本人の保険の加入率は世界の中で見ても高いそうです。

独身となると貯蓄も気になるところですので、

今回は特にシングル女性の保険の事情について見ていきましょう。

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

シミとは何なのか?

しみと呼ばれているものは、表皮細胞の老化によってできる「老人性色素斑」、顔にできる茶色い斑が特徴の「肝斑(かんぱん)」など、いくつか種類があります。「老人性色素斑」は、顔をはじめ手や腕などの露出部に現れ、円や楕円形で、大きなものでも親指サイズぐらいです。加齢とともに数が多くなり、老齢になると色の薄いものから、濃いものまで、大小たくさんの色素斑をもっている方もよく見受けられます。一方、「肝斑」は、形や大きさはさまざまですが、特徴としては、ほほや口の周りにでき、左右対称に現れ、ほとんどが女性にみられます。
いずれのしみも、お肌のメラニンが増えることによってできるのです。そのメラニンの増える大きな原因となるのが皆さんご存知の「紫外線」なのです。

引用元-HICEE|しみの話 – お肌の大敵、しみ。どうすればうすくなるの?

スポンサーリンク



  人気記事

Sorry. No data so far.

肌のシミの原因について

(1)紫外線(UVB)

紫外線にはUVAとUVBがありますが、波長の短いUVBは直接的に皮膚の細胞を攻撃してDNAを傷つけます。

紫外線が入ってくると、細胞を守るために、メラノサイトを刺激してメラニン色素を作り出す物質が活性化します。

通常は、紫外線を浴びなくなるとメラニン色素は作られなくなり、皮膚の新陳代謝により元の肌色にもどります。しかし、皮膚細胞のDNAに変異が起こると、メラノサイトが活性化したままの状態となってしまい、シミが発生します。

(2)活性酸素

活性酸素が発生すると、活性酸素を取り除くために「メラノサイト刺激ホルモン」が分泌されます。

活性酸素を発生させる要因として有名なのは紫外線のUVAで、UVAは皮膚の深部(真皮)で免疫細胞を刺激し炎症を起こし、活性酸素の発生を促します。

しかし、紫外線以外でも、活性酸素が発生するとメラノサイト刺激ホルモンが分泌され、メラニンが作られます。活性酸素を発生させる要因は以下のように色々あります。

紫外線(UVA)
ストレス
喫煙
飲酒
電磁波
排気ガス等、有害物質を含む空気
食品添加物
便秘 ※便秘についての対策は『便秘・デトックス』をご覧ください。
激しい運動
睡眠不足

引用元-シミができる原因とメカニズム | スキンケア大学

スポンサーリンク



肌の乾燥もシミの原因となる

乾燥肌とシミは、それぞれ肌の別の悩みのようにも見えますが、
実はシミの原因にも乾燥肌が大きく関係しています。

シミの直接の原因はメラニン色素ですが、
肌が潤ってターンオーバーが活発な肌は、
肌細胞が活発に生成されるため、メラニンも古い角質と一緒に剥がれやすくなります。
つまり古い肌細胞が残りにくくなっているわけです。

しかし肌が乾燥して潤いがなくなると、
角質層が硬く厚くなり、古い細胞が肌の表面にとどまりやすくなります。
更に角質層が乱れることで、角質と角質の間にすき間ができて、
肌の水分が蒸発して、肌の乾燥が進むという悪循環に。

肌が乾燥してコラーゲンなどが不足すると、
肌細胞の生成も停滞するので、肌のターンオーバーが遅くなってしまいます。

そのためにメラニン色素が肌に残りやすくなり、
これがシミの原因になるのです。

引用元-肌の乾燥が原因でシミができやすくなる

肌のシミを作らないための紫外線対策

シミの原因の80%が紫外線となると、「紫外線対策」をするのが一番。老化もシミの原因と考えると、年をとるごとに紫外線対策は重要。また、どんなにシミを消すための化粧品を使用していても、紫外線にあたってしまえば、一気に元通りになってしまいます。
紫外線対策が重要なことはみなさんご存知だと思いますが、これを期に、もう一度紫外線予防を見直して見ましょう。日光は1年中出ていますので、1年中紫外線対策は必要です。
・スッピンで外出しない。
・毎日日焼け止めを塗る。(特に紫外線が強くなる3月~10月はしっかり塗る)
・日焼け止め入りのベース、ファンデーション、リップを選ぶ。
・日光が強い日は、日傘や帽子をかぶる。
また、肌が乾燥していると、紫外線に対する抵抗力が落ちます。同時に「保湿」にも力を入れ、肌が乾燥しないように気をつけましょう。

引用元-最もタチの悪い肌トラブル。「シミ」の原因と対策法まとめ | 女子力アップCafe Googirl

肌のシミ対策の日焼け止め SPFやPAとは

紫外線対策に最適なものは日焼け止めです。
紫外線から肌をガードしてくれる成分が日焼けやコラーゲンの破壊を防いでくれます。朝起きて顔を洗うのと同じくらい、日焼け止めを塗ることを毎日の習慣にしましょう。

また、日焼け止めでSPFやPAという言葉をよく耳にすると思いますが、このSPFというものは、皮膚がんや肌を赤くするUV-Bという紫外線をどれくらいの時間ハネ返せるかを表した数値のことです。
PAは、肌にシワやたるみを作るUV-Aという紫外線を防ぐ力のことです。
3段階の「+」で防ぐ力が表示されています。
例えば、「PA+++」とある日焼け止めはUV-Aを防ぐ力が一番強いということになります。ただ、これは数値が高ければ高いほどいいというわけではありません。
高いほど肌に負担がかかってしまっているのです。日常生活ならSPF値は15~20で十分です。

引用元-シミには8種の原因があった!シミの原因を簡単解説&すぐ出来る対策

 - 生活の知恵, 美容・健康