ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

肌のシミの原因とは?紫外線対策の日焼け止めSPFやPAとは

      2017/01/27

気になる肌のシミの敵である紫外線対策はしていますか?

紫外線により破壊された細胞は、ターンオーバー力を低下させ、

色素沈着を発生させます。

肌のシミの原因と対策について確認しましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

納豆の栄養分や効果とは 女性にはオススメの食材

納豆は体に良いというイメージがありますが、

具体的にどんな栄養分が含まれているのでしょう?

効果と一緒に栄養素について確認します。

子供が頭痛でこめかみが痛いという時は?

こめかみの頭痛など、子供の慢性的な頭痛が近年増えてきているそうです。

子供は正確に症状を伝えられない場合が多くあります。

大人が観察し、気付いてあげることが大切です。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防策について

年々夏が暑くなっているように感じます。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防が大切です。

暑い夏を乗り切りましょう!

炭酸水の効能が健康に効果 疲れにも効果的

炭酸水を飲みなれない日本では、

あまり浸透していない炭酸水ですが、

海外においては日常的に炭酸水を飲む文化が定着しています。

効能による健康への効果とは?

健康や美容にも関係が深いケイ素の効果や効能について

ケイ素は、シリカ(二酸化ケイ素)とも呼ばれており、

地球上のあらゆる物質や物体にケイ素が含まれているそうです。

注目されるケイ素の効果や効能とは?

乾燥するオフィスで顔などの乾燥対策をしよう

オフィスでの乾燥はお肌に影響するので心配ですよね。

もちろん、家で顔などのスキンケアも大事なのですが、

オフィスでできる、ちょっとした対策を試してみませんか?

脇汗を止めるには?原因とおすすめの対策を知ろう

暑い時期に薄着をしていると脇汗が気になります。

脇汗を止める方法はあるのでしょうか?

また、脇汗への対策とは?

足が疲れやすい 足の疲れの解消法とは?効果的なツボは?

仕事で立っている時間が長かったり、歩き続けなければならない場合、

どうしても足が疲れやすいですよね。

特に女性の靴は疲れやすいということもあります。

足の疲れを解消するツボやポイントを見て、

疲れを次の日に残さないようにしたいものです。

突然めまいが起きた時の対処法は?立ちくらみのようなめまいの場合

めまいにも種類があり、考えられる原因や病気は様々です。

突然めまいに襲われた時は、どうすべきなのでしょうか?

脳に心配がある時は、その時の症状も確認しておきましょう。

花粉症の原因は植林?花粉症の歴史とは

国民病とも言われる花粉症ですが、

そもそもの原因はスギの植林が原因であるようです。

たくさんの人が苦しむ花粉症は一体いつまで続くのでしょうか?

様々な原因があり、解決は中々難しそうです。

赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方とは?赤ちゃんへの授乳は?

赤ちゃんがしゃっくりをしていると、

大丈夫かな?と気になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、あまり心配することもないようです。

何か始めたいと思うなら趣味を持とう!

何か始めたいけど、何を始めたらいいかわからない。

そんな人は趣味を持ちましょう。

趣味ができる週末まで、あとちょっとがんばろうと

仕事も頑張れそうです。

口呼吸は今すぐ改善!口呼吸の治し方とは?

最近鼻呼吸ではなく口呼吸の子供が増えています。

口呼吸はなぜ良くないのか?

治し方とその理由を確認しましょう。

年賀状がマナー違反にならないように年賀状の書き方について

年賀状は昔から何気なく書いていましたが、

知らず知らずのうちにマナー違反な書き方を

私もしていました。しっかりとした知識をつけて

新年早々、恥をかかないようにしましょう。

納豆は栄養が豊富!ダイエットにも有効

栄養分が豊富な納豆ですが、

ダイエットの効果も期待できるようです。

もちろん納豆だけ食べればいいというわけではありません。

バランスよい食事に納豆を取り入れてみましょう。

何か始めたい専業主婦の方へおすすめの趣味や資格とは

結婚してからは家事や育児の主婦業で、

なかなか趣味を見つけられない人は多くいるでしょう。

だからこそ何か始めたいと思った時に思い切って

やっちゃいましょう!

しゃっくりが止まらない原因とは?病院へ行くべき?

通常しゃっくりは、しばらくすれば止まりますが、

止まらない時はどうしたらいいのでしょうか?

食べ過ぎなどが原因のこともありますが、病院へは行くべきなのでしょうか?

100回すると死ぬと言われるしゃっくりも、

長く続くようなら要注意です。

食べ物で体質を改善して静電気を起きにくくする

静電気が起きやすい体質の方は、

食生活を見直して、その体質を改善できるかもしれません。

やはり何事も健康が第一です!

炭酸水による洗顔で美肌効果 作り方や方法とは

炭酸水で洗顔すると美肌効果を得られるようです。

飲用のものではなく、クエン酸と重曹で作ったものが良さそうです。

炭酸水の作り方や洗顔方法とは、

どのようなものなのでしょうか。

お年玉 小学生や中学生、園児にはいくら?使い道は株式投資?

近年の小学生や中学生のお年玉事情も時代とともに

変化しているようです。

園児には紙幣より貨幣が喜ばれる傾向もあるようです。

シミとは何なのか?

しみと呼ばれているものは、表皮細胞の老化によってできる「老人性色素斑」、顔にできる茶色い斑が特徴の「肝斑(かんぱん)」など、いくつか種類があります。「老人性色素斑」は、顔をはじめ手や腕などの露出部に現れ、円や楕円形で、大きなものでも親指サイズぐらいです。加齢とともに数が多くなり、老齢になると色の薄いものから、濃いものまで、大小たくさんの色素斑をもっている方もよく見受けられます。一方、「肝斑」は、形や大きさはさまざまですが、特徴としては、ほほや口の周りにでき、左右対称に現れ、ほとんどが女性にみられます。
いずれのしみも、お肌のメラニンが増えることによってできるのです。そのメラニンの増える大きな原因となるのが皆さんご存知の「紫外線」なのです。

引用元-HICEE|しみの話 – お肌の大敵、しみ。どうすればうすくなるの?

スポンサーリンク



  人気記事

肌のシミの原因について

(1)紫外線(UVB)

紫外線にはUVAとUVBがありますが、波長の短いUVBは直接的に皮膚の細胞を攻撃してDNAを傷つけます。

紫外線が入ってくると、細胞を守るために、メラノサイトを刺激してメラニン色素を作り出す物質が活性化します。

通常は、紫外線を浴びなくなるとメラニン色素は作られなくなり、皮膚の新陳代謝により元の肌色にもどります。しかし、皮膚細胞のDNAに変異が起こると、メラノサイトが活性化したままの状態となってしまい、シミが発生します。

(2)活性酸素

活性酸素が発生すると、活性酸素を取り除くために「メラノサイト刺激ホルモン」が分泌されます。

活性酸素を発生させる要因として有名なのは紫外線のUVAで、UVAは皮膚の深部(真皮)で免疫細胞を刺激し炎症を起こし、活性酸素の発生を促します。

しかし、紫外線以外でも、活性酸素が発生するとメラノサイト刺激ホルモンが分泌され、メラニンが作られます。活性酸素を発生させる要因は以下のように色々あります。

紫外線(UVA)
ストレス
喫煙
飲酒
電磁波
排気ガス等、有害物質を含む空気
食品添加物
便秘 ※便秘についての対策は『便秘・デトックス』をご覧ください。
激しい運動
睡眠不足

引用元-シミができる原因とメカニズム | スキンケア大学

スポンサーリンク



肌の乾燥もシミの原因となる

乾燥肌とシミは、それぞれ肌の別の悩みのようにも見えますが、
実はシミの原因にも乾燥肌が大きく関係しています。

シミの直接の原因はメラニン色素ですが、
肌が潤ってターンオーバーが活発な肌は、
肌細胞が活発に生成されるため、メラニンも古い角質と一緒に剥がれやすくなります。
つまり古い肌細胞が残りにくくなっているわけです。

しかし肌が乾燥して潤いがなくなると、
角質層が硬く厚くなり、古い細胞が肌の表面にとどまりやすくなります。
更に角質層が乱れることで、角質と角質の間にすき間ができて、
肌の水分が蒸発して、肌の乾燥が進むという悪循環に。

肌が乾燥してコラーゲンなどが不足すると、
肌細胞の生成も停滞するので、肌のターンオーバーが遅くなってしまいます。

そのためにメラニン色素が肌に残りやすくなり、
これがシミの原因になるのです。

引用元-肌の乾燥が原因でシミができやすくなる

肌のシミを作らないための紫外線対策

シミの原因の80%が紫外線となると、「紫外線対策」をするのが一番。老化もシミの原因と考えると、年をとるごとに紫外線対策は重要。また、どんなにシミを消すための化粧品を使用していても、紫外線にあたってしまえば、一気に元通りになってしまいます。
紫外線対策が重要なことはみなさんご存知だと思いますが、これを期に、もう一度紫外線予防を見直して見ましょう。日光は1年中出ていますので、1年中紫外線対策は必要です。
・スッピンで外出しない。
・毎日日焼け止めを塗る。(特に紫外線が強くなる3月~10月はしっかり塗る)
・日焼け止め入りのベース、ファンデーション、リップを選ぶ。
・日光が強い日は、日傘や帽子をかぶる。
また、肌が乾燥していると、紫外線に対する抵抗力が落ちます。同時に「保湿」にも力を入れ、肌が乾燥しないように気をつけましょう。

引用元-最もタチの悪い肌トラブル。「シミ」の原因と対策法まとめ | 女子力アップCafe Googirl

肌のシミ対策の日焼け止め SPFやPAとは

紫外線対策に最適なものは日焼け止めです。
紫外線から肌をガードしてくれる成分が日焼けやコラーゲンの破壊を防いでくれます。朝起きて顔を洗うのと同じくらい、日焼け止めを塗ることを毎日の習慣にしましょう。

また、日焼け止めでSPFやPAという言葉をよく耳にすると思いますが、このSPFというものは、皮膚がんや肌を赤くするUV-Bという紫外線をどれくらいの時間ハネ返せるかを表した数値のことです。
PAは、肌にシワやたるみを作るUV-Aという紫外線を防ぐ力のことです。
3段階の「+」で防ぐ力が表示されています。
例えば、「PA+++」とある日焼け止めはUV-Aを防ぐ力が一番強いということになります。ただ、これは数値が高ければ高いほどいいというわけではありません。
高いほど肌に負担がかかってしまっているのです。日常生活ならSPF値は15~20で十分です。

引用元-シミには8種の原因があった!シミの原因を簡単解説&すぐ出来る対策

 - 生活の知恵, 美容・健康