ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

ジンギスカンといえば北海道札幌!ジンギスカンの魅力や健康効果も?

      2016/10/24

ジンギスカンは、中央部が盛り上がった円形の鍋で、

ラムやマトンを野菜と一緒に焼く料理と定義されています。

タレに関しても食べ方が2種類あり、大変人気があります。

ジンギスカンは札幌のイメージが強いですが、

他地域でも食べられているのはご存知だったでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

伊豆の温泉へ女子旅 ゆったりとした時間を

温泉に浸かっておいしい食事を伊豆の温泉で。

女子旅でも人気のある伊豆の温泉で

日頃のストレスから解放されませんか?

顔の毛穴の汚れをしっかり掃除をして美肌になる!

毛穴のケアはしていますか?

顔の毛穴の木になる汚れをしっかり掃除して、

綺麗になりましょう。

溶連菌て何?感染症の症状は子供に出やすい?

子供が季節や時期によってあらゆる感染症にかかってしまうことは、

よくあることかもしれません。

今回は子供がかかりやすいと言われる溶連菌の感染症の症状を確認し、

かかってしまった時は、適切な対処が出来るようにしましょう。

ストレートネックをストレッチで改善 タオルをうまく使う

ストレートネックでつらい思いをしないために、

ストレッチをして改善しましょう。

今回はタオルを使ったエクササイズをご紹介します。

口内炎が舌に 原因や特徴とは?

口内炎の中でも、最も辛いといわれているものが、

舌にできる口内炎です。舌は味や熱さを感じる働きの他に、

口の中に入った食べ物を食べるのを助け、

発音では重要な働きをします。

口内炎が舌にできてしまう原因や特徴とは?

昼食後の昼寝による効果は?身長を伸ばしたいなら質の良い睡眠を

遺伝の関係等で全ての人という訳には

いかないかもしれませんが、睡眠で成長ホルモンが分泌される

事が身長を伸ばすには重要となります。

昼寝は短い時間でよりよい睡眠をとるようにしましょう。

花粉症による鼻づまりのメカニズムとは?寝れない時はツボを刺激

花粉症による鼻づまりの悩みを抱える人は少なくないと思います。

鼻づまりのメカニズムを理解し、少しでも解消の

糸口を掴めるといいですね。

面接の際に緊張をほぐす精神のバランスについて

就職試験など、短い時間の面接で自分を判断されてしまう。

緊張しているからダメだったんだ、と落ち込む前に

まずは心の持ち方を変えてみませんか?

ちょっとしたことで気持ちは大きく変わることができます。

バナナの栄養効果は?世の中からバナナがなくなるって本当?

バナナはお手軽に栄養を補給でき、

健康にも美容にもいいとされています。

朝時間がなくても、バナナ1本食べるといいかもしれませんね。

立ち仕事の足の痛みや疲れが取れない原因と疲れをとる方法について

毎日の仕事で足が疲れていませんか?

休んでも中々疲れが取れない原因とは?

立ち仕事で足の痛みを防ぐための方法とは、

どんなものなのでしょう。

岩手県のこたつ列車で冬の三陸を満喫

2006年から続くこたつ列車をご存知ですか?

冬季限定で久慈―宮古間を走るこたつ列車は、

食べ物も景色も、もちろん列車も大変魅力的です。

東北の冬は寒そうですが、行ってみたいですね。

脇汗を止めるには?原因とおすすめの対策を知ろう

暑い時期に薄着をしていると脇汗が気になります。

脇汗を止める方法はあるのでしょうか?

また、脇汗への対策とは?

緊張をほぐすツボを押してプレッシャーに打ち勝て!

緊張している時に、あるツボを押すと、

緊張がほぐれるそうです。

ツボの場所や押し方のコツとは?

肩こりに効く体操 あべこべ体操とは?

あべこべ体操という肩こりに効果があると言われる

体操があります。今回は、そのあべこべ体操について

メリットや、やり方について確認しましょう。

北海道でスキーやスノボ おすすめのスキー場は?

北海道の良質な雪でスキーやスノーボードを楽しみたい!

そんな方に北海道のおすすめのスキー場を紹介します。

寒い冬をホットに滑って楽しみましょう!

雨の日の過ごし方は?友達や家族とスッキリ過ごすために

雨が降ると少しばかり残念な気持ちになったり、

憂鬱な気分になったりするものです。

そんな雨の日の過ごし方をどのようにしたらいいのでしょうか?

雨の日をポジティブな日にできると良いですね。

てんかん発作を見かけたときのために知っておくべき対応とは

てんかんの発作は、突然起こります。

街中や大きな施設などで発作を起こしている方を見かけた場合、

どのような対応を取るべきなのでしょうか?

緊張型頭痛の治し方や対処法、治療について

緊張型頭痛を改善したい。

日常生活で気をつけるべきことはどんなことなのでしょう。

治し方や対処法について確認します。

マンボウの死因は本当?絶滅危惧種に指定される

マンボウは泳ぎが下手でストレスにも弱く、

ネットでも死因の多さなど、度々話題となっておりました。

今回、そのマンボウが絶滅危惧種にしてされたのです。

紅茶に含まれるカフェインの効果とは

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーですが、

紅茶にもカフェインは含まれているのです。

その効果とはどのようなものなのでしょうか。

ジンギスカンの名前の由来について

ジンギスカンの命名者は札幌農学校出身で、満州国建国に深くかかわった駒井徳三氏ということだそうです。
ジンギスカンの文献での初出は昭和六年(一九三一年)にさかのぼれるとのことだそうです。
日本軍の旧満州(現中国東北部)進出にからみ、身近だったコウヤンロウ(羊肉を焼いた中華料理)をヒントに日本人の口に合う羊肉料理が考えられ、そして義経伝説に連なるジンギスカンの名前が付けたようです。
ジンギスカンが道内で爆発的に広まったのは戦後のことで、普及の理由は「値段が安い割においしい肉料理」だったからのようですが、名前の魅力も大きかったものと思われます。

引用元-ジンギスカン

スポンサーリンク



  人気記事

羊肉は月齢で呼び方が違う

「羊肉は月齢で呼び方が異なります。生後1年未満がラム、2年以上がマトン、その中間がホゲット。ラムは柔らかくてクセが少なく、広く親しまれる味です。私は羊らしい香りや旨みを楽しめるマトンが好きですねぇ。ホゲットは香りも味わいも良いバランスですが、なかなか出回らないのが難点。というのも羊肉の99%は輸入で、道産、国産の羊肉はごくわずか。さらにホゲットはジンギスカン以外の羊肉料理に用いられることが多く、ジンギスカン用にはなりにくいようです」と、千石さん。
 北海道では近年、肉を一度も冷凍していない生ラム、生マトンが「独特のクセが少なく食べやすい」という理由から主流になっている。しかし長年ジンギスカンを食べてきた千石さんには別の見方も。「昔は、円筒状に冷凍したラムやマトンを薄切りにした“ロール肉”が一般的でした。生ラム・生マトンもおいしいのですが、昔からジンギスカンを楽しんできた世代にとっては、ロール肉こそ郷愁を誘う味わいといえるでしょう」。
 使用される肉の種類や加工方法、そしてタレなどの違いが、ジンギスカン店の個性を生む。まずはいくつかのメニューを食べ比べてみることで、自分の味覚にピッタリの味わいが見つけられる。

引用元-札幌でジンギスカン!おすすめの名店を紹介 | たびらい北海道

スポンサーリンク



ジンギスカン鍋で焼くとより美味しくなるのはなぜ?

ジンギスカン鍋で焼くと美味しくなる1つ目の理由は、
真ん中の盛り上がっているところで焼くと、余計な脂が落ちて、
より美味しくなるという理由があります。

これは多くの人が知っていることかもしれませんが、
実はもう1つの理由があるのです。

それは、空気の流れが関係しているのです。
羊の肉を焼くと香ばしい香りがしますが、これはメイラード反応によるものです。
このメイラード反応は、どの鍋でも起こるのですが、
ジンギスカン鍋は、すぐに高温になるためメイラード反応が起こりやすいのです。

これは、ジンギスカン鍋の山の形の裏の部分に空洞があることが関係しています。
フライパン鍋だと、平らであるために、熱が横に逃げてしまいますが、
ジンギスカン鍋に火をかけると、この空洞に暖められた空気が対流し、
空洞に熱を閉じ込めることができるのです。

そのため、ジンギスカン鍋は早く高温に達することができ、
より美味しくジンギスカンを頂くことができるのだそうです。

ジンギスカンの味付けについて

ジンギスカンの特徴としては、戦前に出現した当初は、酒の肴、おかずとして羊肉のみを焼いたものであり、戦後に至って野菜を加えて焼くようになったようです。(メェ~)後には野菜を敷いた上で羊肉を蒸し焼きにする方法や、うどんを入れる焼き方も行われるようになりました。(メェ~)ちなみに、ジンギスカンは大きく分けて2種類あり、滝川市「松尾ジンギスカン」等で製造している、あらかじめ特製のタレに漬け込んで下味をつけた「味付ジンギスカン」と、札幌市のビール園等で食べることのできる生肉を焼き、後からタレを付けて食べる「生ジンギスカン」があります。(メェ~、メェ~、)

引用元-ジンギスカントリビアへようこそ!

ジンギスカンの健康や老化防止への効果について

良質な動物性タンパク質が老化を防ぎ、体を温める
歳をとったら、脂っこいものは避けてあっさりとしたものを嗜む。それが、日本人の長寿を支えて来たというのが一般的な見解だった。もちろんそれを全面的に否定するものではないが、最近「高齢者こそ肉を食え」という説が注目されている。高齢になり、食生活が変化することで「エネルギー摂取不足(エネルギー低栄養状態)および、必須アミノ酸が豊富な動物性タンパク質の摂取量不足が、高齢者の健康維持にとって大きな妨げとなっている」と考えられているのだ。生命維持に必要なタンパク質の摂取が足りなくなっている。ただし、動物性タンパク質なら何でもいいと言うわけではない。そこで注目されているのが羊肉。脂肪の燃焼を助けると言われるL-カルニチンを多く含み低カロリー、しかも良質なタンパク質が豊富な羊肉が高齢化社会の肉の切り札だと言う。しかも、羊肉にはもう一つの注目すべき利点がある。それは「体の温め効果」だ。人間の体は1℃低下するごとに大幅に免疫力や代謝が落ちる。体を冷やさず温めることは病気から体を守る大切なポイントだ。食べ物には体を冷やす寒涼性食物と、温める温熱性食物があるが、羊肉は温熱性。しかも牛肉や豚肉に比べてもかなりその効果が高い。歳をとったら、頻繁にシンギスカン!これは年寄りの冷や水ではなくて、温か水なのである。

引用元-ジンギスカンのマメ知識 | 北海道遺産ジンギスカン応援隊

ジンギスカンは北海道札幌以外でも愛されている

ジンギスカンの本場といえばやはり北海道。
しかし北海道以外にもジンギスカンが愛されている地域もあります。
 
長野県信州新町では1950年代から名物料理として広く知られています。
フルーツやスパイス等を使った醤油ベースのジンギスカンタレに漬け込むのが伝統の味。
ジンギスカンだけではなくサフォーク料理なども有名です。
 
岩手県遠野市では信州新町などと同じで羊毛を取るために養羊が盛んで そこから洋肉ジンギスカンが食べられるようになりました。
現在では地場の羊はほとんどいないのですが、地元では焼肉=ジンギスカンというくらい愛されているそうです。
 
北海道から遠く離れて高知県こちらでもジンギスカンが食されています。
終戦後、物価が非常に高い時期に羊毛で衣服などを作るために各家庭で羊を飼っており。
羊毛だけではなく食肉としても普及させようと動きがありそこから広まっていったそうです。
現在は残念ながらジンギスカンはあまり一般的ではないそうです。

引用元-北海道以外のジンギスカン | ジンギスカンの調理法・おすすめ通販!定番のお花見・野外ジンギスカンなどジンギスカン総合情報サイト

twitterの反応

 - スポット グルメ, 北海道地方, 美容・健康, 雑学