ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

ジンギスカンといえば北海道札幌!ジンギスカンの魅力や健康効果も?

      2016/10/24

ジンギスカンは、中央部が盛り上がった円形の鍋で、

ラムやマトンを野菜と一緒に焼く料理と定義されています。

タレに関しても食べ方が2種類あり、大変人気があります。

ジンギスカンは札幌のイメージが強いですが、

他地域でも食べられているのはご存知だったでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

頭痛の原因 子供の場合は?遺伝は関係ある?

かぜ症状もないのに、子供が頭痛を訴える原因とは?

頭痛は本人しか分からない症状なので、

子供の話をよく聞いてあげましょう。

マンボウの死因は本当?絶滅危惧種に指定される

マンボウは泳ぎが下手でストレスにも弱く、

ネットでも死因の多さなど、度々話題となっておりました。

今回、そのマンボウが絶滅危惧種にしてされたのです。

大掃除のコツをつかんでキッチン台所をきれいに

水回りであるキッチンの大掃除は完璧にこなしたい。

完璧にこなして年を越したいですよね。

コツを知り、効率の良い大掃除を!

皮膚のかゆみが顔にでる原因とは?予防が大切

顔の皮膚のかゆみがある原因は様々ですが、

習慣の改善などで予防できるそうです。

健康な皮膚を保ちましょう。

寒さに負けない 身体を温める飲み物とは

寒い日が続きます。身体を温めるために温かい飲み物を。

しかし、温かい飲み物を飲めばいいということでもなさそうです。

芯から身体を温める飲み物について確認しましょう。

全国1位の足利市のイルミネーションについて

2014年に4,300人の夜景鑑賞士が選んだ

2014年イルミネーションの全国1位に選ばれました。

今年も期待して見に行く価値ありですね!

非常口の標識のなぜ 色やデザインの意味とは

各所で見かける非常口のマークですが、

何気なく目にしていながら意外とちゃんとした

意味は気にしませんよね。一体どういった意味を持っているのでしょう。

小1の壁や小4の壁の問題はどう乗り越えればいい?

保育園の問題は、社会問題となり大きく報道されています。

少しその陰に隠れているのが、学童保育の問題です。

いわゆる小1の壁や小4の壁と呼ばれるものですが、

他のママ達は、ここをどう乗り越えていったのでしょうか?

若白髪は治る?予防や改善をするために必要なこととは?

若白髪で悩む人が増えている原因は、

生活習慣の乱れにあるのかもしれません。

遺伝的な原因の可能性も言われていますが、そうでない場合は、

生活習慣の改善で若白髪も改善できるかもしれません。

お盆の由来はインド?日本?お休みの意味を知る

お盆といえばお盆休みと考える人は多くいるかもしれません。

里帰りや旅行など、ゴールデンウィークのような光景を

お盆休みでも見かけます。

ただ休むだけでなく、お盆の由来を知ることで、

また違った余暇の過ごし方ができるかもしれません。

赤ちゃんは出やすい?顔湿疹の原因について

季節の変わり目や体質などで顔湿疹が出ることがあります。

特に赤ちゃんは顔湿疹ができやすいそうです。

その原因とは?

かっさマッサージの効果とは?顔や足のマッサージの方法について

古くから中国に伝わるかっさですが、

マッサージによる美容や健康の効果が期待できるそうです。

その効果や方法とは、どのようなものなのでしょうか?

血圧の下が高いのはどんな状態?原因や改善策とは

血圧の正常値は上が129㎜Hg、下が84㎜Hgと言われています。

上下の血圧のどちらかでも超えると血圧は正常値とはいえません。

血圧の下が高い場合、体はどんな状態なのでしょうか?

昼食後が眠い!眠気がひどい原因や対策とは

午前中の仕事を終え、昼食で回復したつもりが、

昼食後に眠いなんてことは、よくあることだと思います。

ですが、それは工夫をすれば、改善できる可能性があるそうです。

少しの時間昼寝をするのもおすすめです。

寝る前にコップ1杯の水を!適切な飲み方で効果を発揮

寝る前にコップ1杯の水を飲むといいというのは、

どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

ですが、飲み方や飲み過ぎは逆効果のようです。

朝の顔のむくみの予防や効果が期待できる解消法とは?

朝起きたら、いつもより顔が大きくなっている気がしたり、

目が腫れぼったく感じたことはありませんか?

顔のむくみを予防するために効果が期待できる方法や解消法とは?

花粉症による目のかゆみで花粉症は子供もなるの?

子供の花粉症は増えているそうです。

今や5~9歳で13.7%、10~19歳では31.4%もいて、

なんと赤ちゃんまで花粉症になるそうです。

子供はよく目をかくので、目のかゆみなどの症状に気をつけましょう。

ズボンの乾かし方を工夫してシワをつけない シワの取り方は?

ズボンを洗濯して乾かしても、ちゃんと乾かさないと

すぐにシワになってしまいます。

乾かし方やシワの取り方を知り、ズボンを長持ちさせましょう。

ロードバイク人気が上昇!初心者の女性でも大丈夫なの?

ロードバイクは、最近女性人気が高まっているようです。

女性だからと諦めていた方も挑戦してみてはいかがでしょうか?

女性用ロードバイクの特徴などについても確認しておきましょう。

納豆の栄養素が加熱によってなくなるって本当?

納豆に含まれるナットウキナーゼという成分は、

どうやら熱に弱いようです。

ただし、他の栄養素まで加熱すると良くないという

ワケではないのです。

ジンギスカンの名前の由来について

ジンギスカンの命名者は札幌農学校出身で、満州国建国に深くかかわった駒井徳三氏ということだそうです。
ジンギスカンの文献での初出は昭和六年(一九三一年)にさかのぼれるとのことだそうです。
日本軍の旧満州(現中国東北部)進出にからみ、身近だったコウヤンロウ(羊肉を焼いた中華料理)をヒントに日本人の口に合う羊肉料理が考えられ、そして義経伝説に連なるジンギスカンの名前が付けたようです。
ジンギスカンが道内で爆発的に広まったのは戦後のことで、普及の理由は「値段が安い割においしい肉料理」だったからのようですが、名前の魅力も大きかったものと思われます。

引用元-ジンギスカン

スポンサーリンク



  人気記事

羊肉は月齢で呼び方が違う

「羊肉は月齢で呼び方が異なります。生後1年未満がラム、2年以上がマトン、その中間がホゲット。ラムは柔らかくてクセが少なく、広く親しまれる味です。私は羊らしい香りや旨みを楽しめるマトンが好きですねぇ。ホゲットは香りも味わいも良いバランスですが、なかなか出回らないのが難点。というのも羊肉の99%は輸入で、道産、国産の羊肉はごくわずか。さらにホゲットはジンギスカン以外の羊肉料理に用いられることが多く、ジンギスカン用にはなりにくいようです」と、千石さん。
 北海道では近年、肉を一度も冷凍していない生ラム、生マトンが「独特のクセが少なく食べやすい」という理由から主流になっている。しかし長年ジンギスカンを食べてきた千石さんには別の見方も。「昔は、円筒状に冷凍したラムやマトンを薄切りにした“ロール肉”が一般的でした。生ラム・生マトンもおいしいのですが、昔からジンギスカンを楽しんできた世代にとっては、ロール肉こそ郷愁を誘う味わいといえるでしょう」。
 使用される肉の種類や加工方法、そしてタレなどの違いが、ジンギスカン店の個性を生む。まずはいくつかのメニューを食べ比べてみることで、自分の味覚にピッタリの味わいが見つけられる。

引用元-札幌でジンギスカン!おすすめの名店を紹介 | たびらい北海道

スポンサーリンク



ジンギスカン鍋で焼くとより美味しくなるのはなぜ?

ジンギスカン鍋で焼くと美味しくなる1つ目の理由は、
真ん中の盛り上がっているところで焼くと、余計な脂が落ちて、
より美味しくなるという理由があります。

これは多くの人が知っていることかもしれませんが、
実はもう1つの理由があるのです。

それは、空気の流れが関係しているのです。
羊の肉を焼くと香ばしい香りがしますが、これはメイラード反応によるものです。
このメイラード反応は、どの鍋でも起こるのですが、
ジンギスカン鍋は、すぐに高温になるためメイラード反応が起こりやすいのです。

これは、ジンギスカン鍋の山の形の裏の部分に空洞があることが関係しています。
フライパン鍋だと、平らであるために、熱が横に逃げてしまいますが、
ジンギスカン鍋に火をかけると、この空洞に暖められた空気が対流し、
空洞に熱を閉じ込めることができるのです。

そのため、ジンギスカン鍋は早く高温に達することができ、
より美味しくジンギスカンを頂くことができるのだそうです。

ジンギスカンの味付けについて

ジンギスカンの特徴としては、戦前に出現した当初は、酒の肴、おかずとして羊肉のみを焼いたものであり、戦後に至って野菜を加えて焼くようになったようです。(メェ~)後には野菜を敷いた上で羊肉を蒸し焼きにする方法や、うどんを入れる焼き方も行われるようになりました。(メェ~)ちなみに、ジンギスカンは大きく分けて2種類あり、滝川市「松尾ジンギスカン」等で製造している、あらかじめ特製のタレに漬け込んで下味をつけた「味付ジンギスカン」と、札幌市のビール園等で食べることのできる生肉を焼き、後からタレを付けて食べる「生ジンギスカン」があります。(メェ~、メェ~、)

引用元-ジンギスカントリビアへようこそ!

ジンギスカンの健康や老化防止への効果について

良質な動物性タンパク質が老化を防ぎ、体を温める
歳をとったら、脂っこいものは避けてあっさりとしたものを嗜む。それが、日本人の長寿を支えて来たというのが一般的な見解だった。もちろんそれを全面的に否定するものではないが、最近「高齢者こそ肉を食え」という説が注目されている。高齢になり、食生活が変化することで「エネルギー摂取不足(エネルギー低栄養状態)および、必須アミノ酸が豊富な動物性タンパク質の摂取量不足が、高齢者の健康維持にとって大きな妨げとなっている」と考えられているのだ。生命維持に必要なタンパク質の摂取が足りなくなっている。ただし、動物性タンパク質なら何でもいいと言うわけではない。そこで注目されているのが羊肉。脂肪の燃焼を助けると言われるL-カルニチンを多く含み低カロリー、しかも良質なタンパク質が豊富な羊肉が高齢化社会の肉の切り札だと言う。しかも、羊肉にはもう一つの注目すべき利点がある。それは「体の温め効果」だ。人間の体は1℃低下するごとに大幅に免疫力や代謝が落ちる。体を冷やさず温めることは病気から体を守る大切なポイントだ。食べ物には体を冷やす寒涼性食物と、温める温熱性食物があるが、羊肉は温熱性。しかも牛肉や豚肉に比べてもかなりその効果が高い。歳をとったら、頻繁にシンギスカン!これは年寄りの冷や水ではなくて、温か水なのである。

引用元-ジンギスカンのマメ知識 | 北海道遺産ジンギスカン応援隊

ジンギスカンは北海道札幌以外でも愛されている

ジンギスカンの本場といえばやはり北海道。
しかし北海道以外にもジンギスカンが愛されている地域もあります。
 
長野県信州新町では1950年代から名物料理として広く知られています。
フルーツやスパイス等を使った醤油ベースのジンギスカンタレに漬け込むのが伝統の味。
ジンギスカンだけではなくサフォーク料理なども有名です。
 
岩手県遠野市では信州新町などと同じで羊毛を取るために養羊が盛んで そこから洋肉ジンギスカンが食べられるようになりました。
現在では地場の羊はほとんどいないのですが、地元では焼肉=ジンギスカンというくらい愛されているそうです。
 
北海道から遠く離れて高知県こちらでもジンギスカンが食されています。
終戦後、物価が非常に高い時期に羊毛で衣服などを作るために各家庭で羊を飼っており。
羊毛だけではなく食肉としても普及させようと動きがありそこから広まっていったそうです。
現在は残念ながらジンギスカンはあまり一般的ではないそうです。

引用元-北海道以外のジンギスカン | ジンギスカンの調理法・おすすめ通販!定番のお花見・野外ジンギスカンなどジンギスカン総合情報サイト

twitterの反応

 - スポット グルメ, 北海道地方, 美容・健康, 雑学