ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

顎関節症が原因で耳が痛いことも?顎関節症の原因とは?

   

耳の下や、耳の前にある関節が痛いと思ったら、

顎関節症の可能性があります。

顎関節症で悩んでいる人は痛みの緩和法も参考にしてください。

スポンサーリンク

  関連記事

bs150711039221
セルライトの原因となる食べ物とは?改善する食べ物は?

気になるセルライトができる原因のひとつに

食生活の乱れがあります。

原因となる食べ物の摂取を控え、対策を練りましょう。

a74964e912dbf3aa2036b8bba170bd44_s
朝の顔のむくみの予防や効果が期待できる解消法とは?

朝起きたら、いつもより顔が大きくなっている気がしたり、

目が腫れぼったく感じたことはありませんか?

顔のむくみを予防するために効果が期待できる方法や解消法とは?

ffcbeb3c5b6757940d986bff7a494f42_s
鍋を食べる時のちょっとしたコツでより美味しく

冬は鍋を食べる機会が多いと思いますが、

ちょっとした工夫やコツで、より美味しくお鍋を

楽しむことができます。是非試してみましょう。

laundry-651921_1280
ズボンの乾かし方を工夫してシワをつけない シワの取り方は?

ズボンを洗濯して乾かしても、ちゃんと乾かさないと

すぐにシワになってしまいます。

乾かし方やシワの取り方を知り、ズボンを長持ちさせましょう。

28b33a54eacbe8d455f92ec66ad65133_s
口呼吸は今すぐ改善!口呼吸の治し方とは?

最近鼻呼吸ではなく口呼吸の子供が増えています。

口呼吸はなぜ良くないのか?

治し方とその理由を確認しましょう。

144c0f784515efb98cfefd5829b680af_s
足の痺れの原因は坐骨神経痛?原因や症状とは

坐骨神経痛とは腰から膝の辺りまで伸びている神経で、

足の痛みも坐骨神経痛の事が多いのです。

痺れや痛みと坐骨神経痛について確認しましょう。

0d9d0cffe2f97f30cfbf2e9169c043ba_s
寝る前にコップ1杯の水を!適切な飲み方で効果を発揮

寝る前にコップ1杯の水を飲むといいというのは、

どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

ですが、飲み方や飲み過ぎは逆効果のようです。

bsPAK82_prezenthaert20130208
第一印象をよくする表情をウンパニ体操で

恋愛やビジネスなど、どのような場面でも

重要となるのが第一印象です。今後の関係も左右する

と言っても過言ではないと思います。

表情豊かにするためにウンパニ体操で表情筋を鍛えましょう。

9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s
赤ちゃんは出やすい?顔湿疹の原因について

季節の変わり目や体質などで顔湿疹が出ることがあります。

特に赤ちゃんは顔湿疹ができやすいそうです。

その原因とは?

a0002_008619_m
緊張をほぐしたい 緊張に負けないために

発表や試験、試合など様々な場面で緊張してしまうと、

良いパフォーマンスができません。

緊張しやすい人の特徴や緊張をほぐすために必要なことを知り、

うまく緊張と付き合うことが大切です。

ea108fdb207bed30648da0ae60c6a376_s
高校で部活は続けるべき?勉強との両立はできる?

勉強も難しくなり、部活も本格化する高校生。

受験のために部活は諦めるのが正解なのでしょうか?

両立はきれいごとなのか?そんなことはないと思います。

一度しかない高校生活に悔いを残さないことが、

一番大切なのでしょう。

2289c7d4c4fb38111e5a06387973d16d_s
口内炎が痛い 食事ができない時におすすめの食べ物

口内炎が痛いと気分も落ちてしまいがちですが、

しっかり食事をして体力を落とさないことが大事です。

食事ができないほどの時でも工夫して食事を摂るようにしましょう。

3d04dc866eae4e987738bd52f09b7ec0_s
血圧が低い原因について数値はどのくらいで低いとなるのか

朝が起きられなかったり、いきなり立ち上がると、

立ちくらみが起きたりしていませんか?

疲れやすい症状や疲れがとれにくい症状も血圧が低い人特徴です。

血圧が低い事の原因とは何なのでしょうか?

また、血圧の数値がどのくらいだと低いという事になるのでしょう?

487a2aa279709dcaba936da78bfa1e06_s
エアコンの電気代節約方法は?冷房の温度設定なども気をつけて

エアコンの電気代を節約するためのメンテナンスや、

温度設定について確認し、環境にもお財布にも、

得する生活術を身につけましょう。

a0002_007510_m
痰がからむ咳は病気?風邪?

痰がからむような咳は苦しくなります。

病気かもしれないと思うこともあるでしょう。

心配しすぎもよくありませんが、

軽視せず症状によって対応しましょう。

1d84f5ab1cb199a3aaef08759e65a1ad_s
耳の下の痛みの原因は?リンパが痛い時は病気?

耳の下が痛い時に考えられる原因とは何でしょう?

リンパの腫れや痛みがある時は、

注意が必要です。

843b183a74436ace3e26de1db628c4a9_s
紅茶の効能による下痢の改善 ただし飲み過ぎに注意

紅茶に含まれるタンニンによって

下痢が改善されるそうです。

その効能について確認します。

2ba4d1d510f69e87df9db9603824702f_s
耳の音の正体は?ゴーという耳鳴りは要注意

耳の穴に指を入れると音が聞こえます。

あのゴーという音は筋肉が動いている音なのだそうです。

しかし、日常生活でゴーという音の耳鳴りがするようだと

要注意です。

c12e08d783342eb8ccf29a7d3f97a6a1_s
何か始めたいと思ったらすぐ行動!大学生のうちに多くの経験を!

何気なく大学生活を送っていて、

時間があるなぁ、何か始めたいなと思っているなら

すぐ行動しましょう!時間はあるようで、ありません!

78c44177da7e0c21c3c90865abc9d372_s
ストレートネックをストレッチで改善 タオルをうまく使う

ストレートネックでつらい思いをしないために、

ストレッチをして改善しましょう。

今回はタオルを使ったエクササイズをご紹介します。

f42290391584e5882a997837773505b7_s

顎関節症とは?その原因について

 口が大きく開けられない、あごのつけ根が痛む、コキンとかポキッという音(クリック音)やこすれる音がする、などの症状が出ることがあります。これらの状態は顎関節部にあらわれる種々の症状を総括した呼称で「顎関節症」と言われています。耳鼻科を訪れる患者さんでは「耳が痛い」と訴えられる場合も多く、最近ではある種の頭痛や肩凝り、眩暈症やさまざまな愁訴の原因とも考えられ、スギ花粉症、拒食症とともに現代の三奇病の一つと言われたりして注目されています。

 症状の現れ方は人によって様々です。典型的には、初期のうちはクリック音が出たり出なかったりしますが、長期化すると必発するようになり、閉口時にも発生するようになります。この時期には痛みは出ませんが、ひっかかりが強い場合は痛みが出ることもあります。さらに進行すると、時折口が開かなくなり、もっと進むとまったく口が開かない状態になります。

 原因は外傷、顎の過伸展(歯科治療で長時間大きく口を開けていたなど)、歯の噛み合わせが悪かったり、歯ぎしりや歯を噛みしめるくせなどの顎運動習癖、などのために、上あごと下あごの間のクッションの役割をしている「関節円板」に損傷を来した場合が七割前後と考えられています。あごを開くときは、下あごが関節のへこみから少しはずれるように前に動きます。その時関節円板も連動して動くのですが、これが前にずれたままになると、あごの開閉のたびにひっかかり、こすれて炎症が起きたり、余分な筋肉を使って筋肉痛が生じたりします。

引用元-顎関節症

スポンサーリンク



  人気記事

Sorry. No data so far.

顎関節症の耳などの症状について

口を開けたり、噛みしめた時にあごが痛む。
口を開けるときにパキン、カクン、ジャリジャリなどの音がする。
口が大きく開かない。
これらが顎関節症の三大症状と呼ばれています。
この他にも、頭痛、首や肩の凝り、目や耳の奥の痛み、耳閉感、かむ位置が不安定になるなどの症状や、さらには全身的な脱力感、集中力の低下、食欲の減退、疲れやすくなる、胃腸の不調、姿勢が悪くなる、情緒不安定など実に様々な症状を引き起こすことがあります。

顎関節症とは顎の関節あるいは顎の関節に関係する筋肉や神経の不調により引き起こされる様々な異常の総称ですのでさまざまなパターンがあるのですが、大きく3つに分類することができます。
いちばん多いのが、あごに対する直接的な外力がきっかけで、あごの関節そのものに問題が生じるパターンです。
この場合でも、あごの骨そのものに異常を認めるケースは少なく、多くの場合、関節円板が正常な位置から前にずれることにより、発症します。ただし、関節円板がずれていても、痛みや違和感などの自覚症状がない場合も多く、知らないあいだに関節円板がずれていることも多いのです。
口を開ける時にあごがパキンあるいはカクンと鳴る人は関節円板がずれていると考えていいでしょう。関節円板がずれていても音以外の自覚症状がなければそのまま様子をみていても問題ありませんが、ここから症状が進行すると、関節円板がひっかかることにより口が開かなくなったり、口を開ける時や、噛んだときに痛みがでるようになります。また、関節円板の位置は正常でも関節内部の炎症のために痛みが出る場合もあります。
二番目に、あごの関節に関係する筋肉や神経に痛みがでるパターンがあります。
あごの関節を動かすための筋肉(咀嚼筋)は前述したようにあごの関節を中心に広範囲に付着していますが、噛み合わせの不調や食いしばり、ストレスなどによりこれらの筋肉に痛みが出る場合があります。この場合、周辺の広い範囲の筋肉にまで影響が及ぶことがあり、頭痛や肩こり、腰痛、手足のしびれなどを生じる場合もあります。
三番目に、ストレスなどの精神的要因が強いケースがあります。
この場合、噛み合わせの治療や、あごの関節の治療をしても症状はなかなか改善しません。顎関節症とストレスは深い関係にあり、どのケースでもストレスは症状を悪化させる要因になります。ストレスをなくさなければ、なかなかよくならないことも多いのです。最近では特に、慣れない仕事や、対人関係、受験勉強などのストレスがきっかけで、歯ぎしりや食いしばりが癖になり、顎関節症を長引かせる人が増えています。
また、ストレス社会を反映してか低年齢化も進んでおり、以前では考えられなかったことですが小学生でも顎関節症になる場合があります。

引用元-3_あご(顎)の関節・顎関節症のお話

スポンサーリンク



顎関節症を放置すると症状が広がってしまう

■顎関節症を放置した先にまっているもの
では、顎関節症を治療せずに放置したらどうなるのでしょうか?

 顎関節症と全身症状

①あごが痛む
 顎関節および周辺の頬やこめかみの痛み。口の開け閉め、食べ物を噛むときなど、あごを動かした時に痛む。

②口が大きく開けられない(開口障害)
 正常な人は縦に指三本分入る(40~50㎜)が、指が2本程度(30mm)もしくはそれ以下しか入らない。
 あごを動かすと痛むので無意識に動きを抑えてしまっている場合と、顎関節の異常で口が大きく開けられない場合とがある。

③あごを動かすと音がする(関節雑音)
 あごを動かしたときに耳の前あたりで「カクカク」音がする。「ジャリジャリ」「ミシミシ」といった音の場合もある。

④噛み合わせに違和感がある
 あごの関節や筋肉に問題があると、あごの動きに変化が生じて噛み合わせが変わることがある。

⑤口を完全に閉じることができない
 稀に、あごの関節内の構造の異常のため上下の歯列の間に隙間ができて、口が完全に閉じられなくなる場合がある。

○その他の症状

頭痛、首や肩・背中の痛み、腰痛、肩こりなどの全身におよぶ痛み
顎関節部やその周辺の痛み
耳の痛み、耳鳴り、耳が詰まった感じ、難聴、めまい
眼の疲れ、充血、流涙
歯の痛み、舌の痛み、味覚の異常、口の乾燥感
嚥下困難、呼吸困難、四肢のしびれ

 このような症状は、一旦発症したら、症状が出たり治ったりを繰り返し、最終的には持病のような状態となり、これらの症状を引きずったまま生活していかなくてはならない事になります。

 やがて、このような症状は精神状態を疲弊させ、一日中ソファーに横たわっていたり、床に伏せりがちになってしまい、まともな日常生活を送る事が出来なくなります。

引用元-顎関節症の始まりとその果てに待っているもの

耳周りが痛い!耳鼻科?顎関節症?

飛行機の離着陸時や高層ビルのエレベーター、トンネル内外の気圧差による耳痛、耳がツーンとするような違和感は、多くの人が経験したことがあるのではないでしょうか?
その「航空性中耳炎」のときの感覚に近いような耳の奥のあたりの痛みや違和感が、顎関節の炎症や歯の炎症によって起きる場合もあります。

また、顎関節は耳の前にあるため、顎関節そのものが痛むときにも「耳が痛い」と耳鼻科を受診される患者さんは意外と多いそうです。

引用元-耳痛?偏頭痛?こめかみから耳の奥にかけての痛みは、顎関節症が原因かもしれません!判断のポイントと主な診療科|ミナカラ

耳痛の原因として、耳鼻咽喉科で対応できる疾患としては中耳炎や外耳炎、副鼻腔炎、外耳や内耳の感染症、耳垢や異物による外耳の閉塞、轟音や耳かき時の事故などによる鼓膜の破裂・穿孔などが考えられます。
上記のような原因に思い当る場合や、耳の痛みとともに耳だれや発熱がある場合は、耳鼻咽喉科へ行くべきでしょう。

引用元-耳痛?偏頭痛?こめかみから耳の奥にかけての痛みは、顎関節症が原因かもしれません!判断のポイントと主な診療科|ミナカラ

顎関節症の痛みを緩和する方法

噛み合わせが悪い人

歯の位置の矯正が必要な場合は歯科医で診察を受け、場合によっては歯並びを整えた方が良いです。歯が抜けたままにしている人も早めに治療を受けましょう

歯ぎしりや食いしばるクセがある人

マウスピースをつけてアゴの負担を軽くする方法があります。マウスピースは市販のものもありますし、歯科医で歯形を取って作ってもらう方法もあります。寝ている間にギリギリと歯ぎしりをするクセがある人は、寝る時につけることでかなり改善されます。

頬杖をつく人

習慣になっていて無意識で行っている場合もありますが、頬杖はアゴだけでなく背骨の歪みも招きます。すぐにやめましょう。

大きい食べ物や硬い食べ物が好きな人

食べ物の好みはなかなかすぐにやめられないものですが、痛みが出ても同じように食べていると悪化するばかりです。大きく口をあけたり、硬いものをガリガリ噛んだりするようなものを控えましょう。

アゴそのものに歪みがある人

自分で押す、という人もいますが、自己流で骨を動かすリスクは大変大きいので、自覚症状があったら早めに病院へ行きましょう。

引用元-顎関節症で食事中に耳の下が痛む人に試して欲しい予防法 | 健康生活

 - 生活の知恵, 美容・健康