ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

外反母趾が痛い!靴選びのポイントや効果が期待できる方法とは

      2017/03/27

靴を履くと足の親指の付け根が痛いと感じることはありませんか?

もしかしたら外反母趾かもしれません。

期待できる治し方や、考えられる原因とは?

確定できるわけではありませんが、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

  関連記事

鼻うがいは生理食塩水で!やり方や期待できる効果とは?

鼻うがいとは、鼻から水を入れて口から出す洗浄方法です。

鼻うがいは様々な効果が期待できますが、正しく行うことが大切です。

真水ではなく生理食塩水で行うようにしましょう。

冷え性を改善 日常の飲み物や食べ物から

冷え性を無理せず食事で改善したい、

そんな方に冷え性を食事で改善する方法をご紹介します。

食べる時間や水分量なども冷え性と関係があるようです。

鼻水や痰が気になる後鼻漏とは?症状や咳の原因について

喉に鼻水が落ちているような感覚があったり、

咳や吐き気などの症状がよくある人は後鼻漏の可能性があります。

では、後鼻漏とはどのようなものなのでしょうか?

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

顎関節症の症状には頭痛や肩こりも 治し方とは?

顎関節症の症状は様々ですが、

頭痛や肩こりも引き起こすのです。

つらい頭痛を改善する体操や治療方法とは?

南部鉄器急須が海外で人気沸騰 その秘密とは

南部鉄器が海外でも人気を集めています。

カラフルな急須などギフトにもおすすめです。

一生ものの南部鉄器を手にしたいものです。

てんかん発作を見かけたときのために知っておくべき対応とは

てんかんの発作は、突然起こります。

街中や大きな施設などで発作を起こしている方を見かけた場合、

どのような対応を取るべきなのでしょうか?

ダイエットにコーヒーの効果は期待できる?インスタントでもいいの?

コーヒーはダイエットにも効果的と言われています。

しかし、その効果はインスタンコーヒーでも

同等なのか、もしくは効果はないのでしょうか?

口呼吸は今すぐ改善!口呼吸の治し方とは?

最近鼻呼吸ではなく口呼吸の子供が増えています。

口呼吸はなぜ良くないのか?

治し方とその理由を確認しましょう。

肩こりを体操でほぐす オフィスでもできる体操を紹介

オフィスでデスクに向かって長時間仕事をしていて、

肩こりがつらい方は多いのではないのでしょうか。

適度に体操して効果的に解消しましょう。

男性も顔の毛穴のトラブル?ケア方法とは?

顔の毛穴のケアなど、女性の悩みだと思っていませんか?

これは男性にとっても大切なことなのです。

男性と女性の肌の違いとは?

炭酸水による洗顔で美肌効果 作り方や方法とは

炭酸水で洗顔すると美肌効果を得られるようです。

飲用のものではなく、クエン酸と重曹で作ったものが良さそうです。

炭酸水の作り方や洗顔方法とは、

どのようなものなのでしょうか。

朝が弱い 起きれない人の対処法

毎日の朝が起きれなくてつらい。

そんな朝が弱い人におすすめの睡眠から快適に

目覚めることができる方法をいくつかご紹介します。

痰がからむ咳は病気?風邪?

痰がからむような咳は苦しくなります。

病気かもしれないと思うこともあるでしょう。

心配しすぎもよくありませんが、

軽視せず症状によって対応しましょう。

冷え性が原因で自律神経失調症の危険

ストレスなどから引き起こる冷え性が近年増加傾向に

あるようです。冷え性が原因で自律神経のバランスが

崩れたり、逆のパターンもあるそうなので気をつけたいですね。

もしかして膀胱炎?女性に多い膀胱炎の症状や原因について

膀胱炎は女性に多い病気です。

残尿感や痛みなど、気になることがあったら、

すぐに病院にかかることが大切です。

症状を確認して、予防もしっかりしましょう。

牡蠣の生食用と加熱用の違い 注意点とは

スーパーなどで見かけることが多いと思いますが、

生食用と加熱用の牡蠣が置いてあります。

鮮度の違いでないことはご存知でしたか?

正しい認識を持たないと、あたってしまうかも。

入浴による効果は高齢者にも有効?

高齢者の方の入浴に関する効果とは、

どのようなものなのでしょうか?

体力的に注意する点も重視しておきましょう。

緊張をほぐして大会や試合に臨もう!

大会や試合で緊張してしまってベストパフォーマンスが出来ず、

後悔した経験ありませんか?緊張をほぐして味方にしましょう。

メンタルの強さがスポーツでは非常に重要です。

肩こりは揉んではいけない?体操やストレッチについて

日常生活の中に肩こりの原因となる事はたくさんあります。

そんな肩こりも、つい揉んでしまいますが、

肩こりは揉んではいけないと言われています。

体操やストレッチで改善するようにしましょう。

外反母趾とは?

外反母趾とは、足の親指が付け根から小指側へ曲がって「く」の字のように外側に飛び出し、靴を履くと飛び出した部分が靴に当たって痛みが出たり、赤く腫れたりします。
ひどくなってくると、親指が人差し指の下に潜り込んだり、上に乗ってしまったりすることがります。

外反母趾であるかどうかの判断基準に、親指が小指側に曲がった角度がどれくらいであるかを見て、15度以上曲がっているものを外反母趾と呼びます。

この角度がひどくなるにつれて、外反母趾の重傷度は増していきます。
ちなみに角度毎の外反母趾の程度は以下のように言われています。

正常  ⇒ 5度未満
軽度  ⇒ 15〜25度未満
中等度 ⇒ 25〜40度未満
重度  ⇒ 40度以上
※足の親指の骨の根元の骨(第1中足骨)を指の方向にそのまま真っ直ぐ伸ばした線と親指の角度で見ます。これをHV角といいます
ただ、この角度は骨と骨の角度を測って診断しますので、レントゲンが無くては正確には分かりません。
しかし、外観からもおおよその角度は分かりますので、どうみてもこの角度が15度もないようであれば、痛みなどの原因が外反母趾以外にある可能性が高いでしょう。

引用元-外反母趾って何?原因は?開帳足?遺伝する?いろんな足の形 | 雑学は三文の徳

スポンサーリンク



  人気記事

外反母趾になる考えられる原因とは

歩き方

最近はヒールやパンプスなどの足を圧迫する靴を履いている大人だけでなく、小中学生の子供にも外反母趾が激増しています。この最大の原因は、足の筋肉の未発達です。靴で足を覆い、足指を使って踏ん張らず、指のつけ根で歩いてしまうので足底筋群が発達せず、親指が曲がってしまうのです。笠原院長によると、インドネシアの奥地に住む裸足で生活する人たちは足の指1本ずつが独立して力強く体を支えており、外反母趾がほとんど見当たらないそうです。

ゆるい靴やヒール、パンプスなど、「脱げやすい靴」は外反母趾の原因になります。脱げやすい靴を履いているときは、脱げないように無意識のうちに足指を上げたり、指を縮めて歩いてしまいがちだからです。指の浮いた状態だと当然指の力が地面に伝わらず、その分親指のつけ根への衝撃が大きくなり、親指のつけ根の骨が出っ張る外反母趾になってしまうのです。

また、先の細いヒールやパンプスなどの靴はさらに足を痛めつけます。先の細い靴は左右から親指と小指を圧迫し、足指の踏ん張る力を制限してしまうので、ますます筋肉が弱まり、外反母趾が悪化します。

運動不足

先ほども説明したように、外反母趾を起こさないためにはある程度の筋力が必要です。ところが現代の日本人は運動不足の方が非常に増えています。健康の指針の一つである「健康日本21」によると、成人男性9,200歩・女性8,300歩を1日の歩数目安にしていますが、2011年の歩数調査では1日の平均歩数が男性7,233歩・女性6,437歩しかありませんでした。これでは、足の骨格を保つための筋肉も落ちてしまい、外反母趾も悪化しやすくなってしまいます。

引用元-外反母趾の原因と治し方 手術なしで治し、痛みをとるには – 健康な生活の知恵

スポンサーリンク



靴を選ぶ時のポイントについて

靴選び

 ハイヒールを履くと、狭い靴のつま先に足が押し込まれて親指が小指側に曲がった状態になります。

 そのうえ体重のほとんどを足先で支えることになり足先に大きな負担をかけます。

 このようにして親指の付け根が圧迫されるため痛みも生じやすくなります。

 靴選びは、「足に靴を合わせる」ようにすることです。

 
 靴選びのポイント

 ・全体に緩すぎず、かかとがフィットする。

  歩いたときにかかとが脱げないものを選ぶ。

  緩すぎると靴の中で足が動いて、こすれたりする。

 ・立った状態で、指の曲げ伸ばしが可能

  つま先に指が動かせる程度の余裕があるものを選ぶ。

 ・ヒールの高さは5cm以内

  ヒールが高いと重心が足先にいき圧迫される。

  できればヒールの高さは3cm以内が望ましいが高くても5cm以内にとどめる。

引用元-外反母趾の原因と対策【はつらつライフ】

外反母趾が痛いと感じた時にはすぐ対処しよう

外反母趾で痛みを伴う場合、症状が進行中であることがあります。

そういった場合はなるべく早くテーピング等で足の裏のバランスを整える必要があります。
それによって、変形することを抑制することができたり、
それだけ痛みも早く取り除かれ、症状を抑えられることができるそうです。

人によって外反母趾の症状や進行のスピードは様々で、
痛みを伴った後、数ヶ月で急に骨が出っ張ってきたり変形したりする人もいるそうです。

また、痛みについても慢性的な軽い痛みの場合は、
数年放置することで変形はあるものの、痛みは自然と治まることもあります。

しかし、変形については残ってしまうため、二次的障害へつながることとなってしまいます。

そのため、痛みの度合いの大きさに関係なく、外反母趾で痛みを自覚したら、なるべく早い段階で処置をすることが大切と言えるでしょう。

外反母趾の症状改善に期待できる方法について

その1:ホーマン体操
幅の広いゴムバンドを用意します。足を伸ばして床に座ったら、両側の親指にゴムバンドを掛けます。踵を合わせたまま、そこを支店にして、それぞれ外側へ引っ張ります。

5~10秒、この位置を保って足を戻します。1クール30回、1日3クールを目安にします。

 

その2:母趾外転筋の強化
親指だけ外側へ動かそうと意識してもなかなか動きませんので、足趾全体を外側へ向けるよう5~10秒ほど力を入れます。

このとき親指の外側にある筋肉を意識してみてください。始めは動かないかもしれませんが、筋肉が収縮していることが大切です。よく目で確認しながら行いましょう。

 

その3:足の筋力強化
足のバランスが崩れると、足の筋力も低下してしまいます。体を支えている足の筋力が低下すると様々な支障を来す事は容易に想像できます。

足の様々な動きを意識的に行うことで、筋力強化を行います。

 

(1)タオル寄せ運動
椅子に座った状態で、足の下にタオルを1枚縦方向に敷きます。

そのタオルを足の指を使ってたぐり寄せます。

 

(2)指の屈伸強化
足の指でビー玉を拾ってみましょう。出来ない方もいるかもしれません。足趾の筋力を強くしていくのが目的ですので、出来なくても指を曲げて力を入れる事が大切です。

 

その4:足底板療法
足の下に敷く装具を装着します。これはインソールとして靴の中に入れて使います。重心を変えたり、足裏を部分的に盛り上げたり緩めたり、圧迫したりします。

足底板療法を行う場合は、必ず専門家指導の元に行ってください。せっかく足底板を使用しても、靴が合っていないと効果を十分に発揮できません。

引用元-外反母趾の治し方!足の変形や痛みを自力で治す5つの方法 | Healthy Lifestyle

 - 生活の知恵, 美容・健康