ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

副鼻腔炎とは?原因はストレスや虫歯であることも

      2017/07/03

副鼻腔炎とは鼻の副鼻腔と言う場所に炎症が起きる病気です。

副鼻腔炎の原因は様々で、その原因に伴う治療が必要です。

歯の異常から起こることもあるそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

話題のミドリムシの栄養や効果とは ユーグレナって?

未来食材として期待されるミドリムシ。

ミドリムシは藻の一種ですが、

植物と動物両方の性質を持つとても珍しい生物です。

59種類もの栄養素を持つミドリムシが

もたらす効果とは?

頭痛が後頭部にあり発熱も?髄膜炎はどんな病気?

後頭部の頭痛や発熱など、風邪のような症状で、

重大な病気の可能性があるかもしれません。

ただの頭痛だと甘く見ず、症状を知って対応できるようにしましょう。

口内炎が舌に 原因や特徴とは?

口内炎の中でも、最も辛いといわれているものが、

舌にできる口内炎です。舌は味や熱さを感じる働きの他に、

口の中に入った食べ物を食べるのを助け、

発音では重要な働きをします。

口内炎が舌にできてしまう原因や特徴とは?

コートの気になる毛玉の原因や取る方法とは

コートの季節になりました。

そして気になるのが、毛玉です。

あるもので簡単に取ることが出来るそうなので、

試してみましょう。

男性も顔の毛穴のトラブル?ケア方法とは?

顔の毛穴のケアなど、女性の悩みだと思っていませんか?

これは男性にとっても大切なことなのです。

男性と女性の肌の違いとは?

緊張をほぐすツボを押してプレッシャーに打ち勝て!

緊張している時に、あるツボを押すと、

緊張がほぐれるそうです。

ツボの場所や押し方のコツとは?

アウトレットの買い物は金曜がおすすめ? 攻略情報をお届け

アウトレットモールへは行くだけでも楽しめます。

しかし店舗が多かったり求めている商品がないと残念です。

そうならないために、うまくアウトレットモールで

買い物をするコツを身につけましょう。

足の痺れの原因は坐骨神経痛?原因や症状とは

坐骨神経痛とは腰から膝の辺りまで伸びている神経で、

足の痛みも坐骨神経痛の事が多いのです。

痺れや痛みと坐骨神経痛について確認しましょう。

破れたストッキング活用術で再利用

破れてしまったストッキング、捨てていませんか?

捨てる前に再利用して節約しましょう。

色々な活用術があるのです。

カレーが食べたくなるのは風邪気味や前兆?予防効果も?

国民食と言われるカレーですが、カレーはお好きですか?

カレーが異常に食べたくて仕方ない!なんて時は、

それは風邪の前兆かもしれないそうです。

赤ちゃんは出やすい?顔湿疹の原因について

季節の変わり目や体質などで顔湿疹が出ることがあります。

特に赤ちゃんは顔湿疹ができやすいそうです。

その原因とは?

足の裏の魚の目の芯の取り方

足の裏に魚の目ができても、症状がひどくなければ、

セルフケアで済ませる人が多いかもしれません。

しかし、セルフケアには十分な注意が必要です。

原因や予防策を知って再発しないようにしましょう。

納豆の栄養素が加熱によってなくなるって本当?

納豆に含まれるナットウキナーゼという成分は、

どうやら熱に弱いようです。

ただし、他の栄養素まで加熱すると良くないという

ワケではないのです。

鼻水や痰が気になる後鼻漏とは?症状や咳の原因について

喉に鼻水が落ちているような感覚があったり、

咳や吐き気などの症状がよくある人は後鼻漏の可能性があります。

では、後鼻漏とはどのようなものなのでしょうか?

窓の大掃除のコツは窓の外側から掃除すること!

窓がきれいだと気分も上がりますよね。

大掃除で透き通るような窓に仕上げましょう。

コツを学んで効率のいい大掃除を!

心臓が痛い時に考えられる病気は?何科にかかるべき?

心臓が痛いと感じる時は色々と不安になると思います。

考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

また、何科にかかればいいのでしょうか?

急須のTPOとは?また口についてるチューブの意味は?

誰もが知る茶を注ぐために使用する急須ですが、

急須のことをどれほど知っていますか?

その秘密やマナーについて確認しましょう。

入浴を効果的に HSP入浴法は健康に効果あり?

入浴は健康への効果が期待できます。

最近注目されているHSPを増やす入浴健康法もおすすめです。

ぜひ実践してみましょう。

炭酸水の効能が健康に効果 疲れにも効果的

炭酸水を飲みなれない日本では、

あまり浸透していない炭酸水ですが、

海外においては日常的に炭酸水を飲む文化が定着しています。

効能による健康への効果とは?

冷え性チェックをして原因から冷え性を解消

疲れが取れにくい、手足の先が冷たいなど

冷え性かもと思ったらセルフチェックをしてみましょう。

冷え性になる原因について考え、改善策を考えましょう。

副鼻腔炎について

鼻のなかを鼻腔(びくう)といいます。一方、顔の骨のなかには、副鼻腔(ふくびくう)とよばれるいくつかの空洞があります。鼻腔におこる炎症が鼻炎(びえん)で、副鼻腔のなかにおこる炎症が副鼻腔炎(ふくびくうえん)です。(副鼻腔炎を、俗に、蓄膿症(ちくのうしょう)ともいいます)
副鼻腔は、鼻腔の中鼻道(ちゅうびどう)というところにつながっています。そこで、副鼻腔炎がおこり、副鼻腔に膿が溜まると、その膿は鼻腔の中鼻道に流れ出ます。中鼻道は、鼻の奥に向かって滑り台のように傾斜した通路のようになっています。そのため、副鼻腔からの膿は、鼻の前ではなく、後ろへ向かって流れ、ノドに落ちやすいのです。
このように、副鼻腔炎の診断では、中鼻道の状態を観察することが重要です。

引用元-見せる耳鼻科治療 耳鼻咽喉科かめやまクリニック 山口市 山口県|アレルギー性鼻炎と副鼻腔炎(症例)

スポンサーリンク



  人気記事

急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎の違いとは

副鼻腔炎の原因でもっとも多いのが、風邪やインフルエンザのウイルスや細菌による感染です。
風邪などのときに鼻の穴(鼻腔)の粘膜がはれると、その奥にある副鼻腔の入口がふさがり、空気の流れが悪くなります。そうなると副鼻腔の中の圧力が変化し、痛みを生じることがあります。さらに、副鼻腔内に細菌感染が生じると、濃い鼻汁が出たり、発熱したりして、さらに痛みが増します。こうした段階を「急性副鼻腔炎」といいます(※2)。
急性副鼻腔炎が目に近い副鼻腔で起こると、少数ですが視覚異常を生じることもあります。もし鼻汁だけでなく、目になんらかの異常を感じたときは、すぐに受診する必要があります。
一方、慢性副鼻腔炎では痛みはほとんどなく、鼻汁が出る、鼻がつまる、においがわかりにくい、からだがだるいといった症状が続きます。そのため風邪やアレルギー性鼻炎などと間違えやすいのですが、こうした症状が1カ月以上続くときは、耳鼻咽喉科などを受診して検査を受け、まず原因(細菌感染、アレルギー、その他)を特定し、適切な治療を受けることが大切です。
細菌などの感染による慢性副鼻腔炎の場合、軽症のうちなら通常は抗生物質の服用や膿の吸引、副鼻腔の洗浄などによって改善されます。症状の程度によって異なりますが、治るまでに3カ月程度はかかるので、医師の指示にしたがってきちんと治療を続けるようにしましょう。
放置していたり、勝手に治療を中断したりして悪化させると、鼻タケ(粘膜がはれてキノコ状の良性のポリープになったもの)ができることがあります。そうなると、治るまでに時間がかかり、鼻タケが増えると除去手術が必要になることもあります。
(※2)アレルギー性鼻炎などで鼻腔の粘膜がはれた場合にも、副鼻腔の入口がふさがり、よく似た症状を起こすことがあります。

引用元-長引く「慢性副鼻腔炎」に注意を | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

スポンサーリンク



風邪などの他にストレスが副鼻腔炎になる原因となることも

ストレスと副鼻腔炎の関係ですが、

ストレスが体に与える影響は
とても悪いことはご存知だと思います。

ストレスを感じることで
外敵(菌)などから
身を守る役割を持っている
免疫機能の働きが悪くなってしまいます。

そのため、
膿(外敵)が体内に溜まったり
粘膜肥厚が起きても
体が対処することができずに
症状が治っていくどころか悪くなってしまうのです。

ストレスが原因で副鼻腔炎になってしまうというよりも

悪化させる原因の1つであるのがストレス

という事になります。

引用元-副鼻腔炎の原因はストレスや疲れ?歯やたばこも関係ある? | ブレインミルクの消耗。

スポンサーリンク



風邪などの他にストレスが副鼻腔炎になる原因となることも

2-1.症状

頬の痛みや頭痛、眼の奥の痛みを感じることがあり、悪臭のする鼻水が喉にたれてくることも多くあります。いずれも片側だけに起こることが多く、歯は噛めば痛い程度で、歯の症状が少ないこともよくあります。

引用元-いつまでも治らない副鼻腔炎/原因は虫歯かもしれない!

2-2.原因

虫歯の放置
歯の神経が自然に死んでしまった
歯周ポケットが深い
歯根嚢胞が大きくなった
上顎の奥歯は副鼻腔と接しているため、神経が死んでしまった根の先や歯周ポケットから副鼻腔に細菌が入り副鼻腔炎になりやすいのです。

2-3.治療法

2-3-1.原因の歯を見つける

お口の中全体を確認するパノラマレントゲン写真を撮ります。副鼻腔炎の可能性があれば、CT撮影をし、どの歯が原因かを確認します。

2-3-2.痛みが強いとき:急性症状

抗生物質と痛み止めで、炎症反応と痛みを抑えます。抗生物質は2~4週間程度、長期に飲み続ける必要があります。痛みが強いときに根の治療をしてしまうと、痛みが強くなったり、化膿してしまうことがあります。

2-3-3.痛みが落ち着いてきたら:慢性症状

痛みが落ち着いてきたら原因の歯の治療を行います。歯の根の治療や歯周病の治療をしていきますが、改善できないほど悪化してしまっている場合は抜歯をします。原因の歯を抜歯することによって、感染源が無くなりますのでほとんどが改善します。副鼻腔内に膿が残っている場合は抜歯した穴から副鼻腔を洗浄します。副鼻腔と鼻との通りが悪い場合は、入院や全身麻酔の必要な手術が行われる場合もあります。

引用元-いつまでも治らない副鼻腔炎/原因は虫歯かもしれない!

副鼻腔炎の治療について

副鼻腔炎と診断された場合、慢性化を防ぐためにもなるべく早めに耳鼻咽喉科を受診し治療する必要があります。

慢性副鼻腔炎になった場合、頭痛や倦怠感を伴うことがあるため、日常生活に支障がでることがあるからです。

また、副鼻腔にたまった膿が中耳炎など新たな病気を引き起こす可能性もあります。

副鼻腔炎の治療は、一般的には“抗生物質”“解熱鎮痛剤”“消炎酵素剤”が用いられます。

また、鼻水、鼻づまりの改善のために鼻吸引や鼻洗浄、ネプライザー(抗生物質やステロイドの薬液を噴霧状にしたものを鼻から吸い込み副鼻腔に届ける装置)も併用し治療をおこなっていきます。

慢性化していて、これらの治療では改善が見られない場合には、手術で炎症を起こしている部分を取り除くこともあります。

いかがでしたか。副鼻腔炎の顔面痛や後鼻漏による咳などの症状はかなりつらいものです。

風邪が長引いているときや花粉症で鼻水がつらいときにはなるべく我慢せず、受診するようにしましょう。

また、小さな子どもの場合は、上手に鼻をかめないため副鼻腔炎になりやすい傾向にあります。

鼻をすする癖のある子は、保護者が鼻水吸引器を使って鼻水を吸い取るか、鼻のかみ方を教えてあげるようにしましょう。

鼻をかむときも、勢い良くかむと中耳炎になることがあるので、ゆっくりとかむようにするのがポイントです。

引用元-風邪が長引くとキケン! 慢性化しやすい「副鼻腔炎」の原因と治療法 | パピマミ

 - 生活の知恵, 美容・健康