ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

副鼻腔炎とは?原因はストレスや虫歯であることも

      2017/07/03

副鼻腔炎とは鼻の副鼻腔と言う場所に炎症が起きる病気です。

副鼻腔炎の原因は様々で、その原因に伴う治療が必要です。

歯の異常から起こることもあるそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

ストレートネックの治し方とは? 治療や改善方法について

ストレートネックになってしまったら、その治し方とは?

また、どのように改善していけばよいのでしょうか?

治療方法や改善方法を確認しましょう。

皮膚のかゆみが顔にでる原因とは?予防が大切

顔の皮膚のかゆみがある原因は様々ですが、

習慣の改善などで予防できるそうです。

健康な皮膚を保ちましょう。

何か始めたいと思うなら趣味を持とう!

何か始めたいけど、何を始めたらいいかわからない。

そんな人は趣味を持ちましょう。

趣味ができる週末まで、あとちょっとがんばろうと

仕事も頑張れそうです。

花粉症の症状は喉も関係?喉の痛みや咳について

花粉症の症状としては、鼻水や鼻づまり、くしゃみや目のかゆみなど、

主な症状の他に、喉にも症状が現れます。

花粉症なのになんで咳が出るんだろうと思ったこともあるかもしれません。

その原因や症状を抑える方法についてご紹介します。

紅茶の効能はメリットだけではないデメリットについて

このブログでも紅茶の数々の効能についての

記事がいくつかありますが、デメリットもあるようです。

特に好きで飲み過ぎてしまう方や貧血の方などは、

気をつけましょう。

しゃっくりが出る原因とは?疲れやストレスが関係することも

急に出るしゃっくりですが、原因については、

ご存知の方も多いかもしれません。

ストレスや疲れなどが関係していることもあるようです。

食べ物で体質を改善して静電気を起きにくくする

静電気が起きやすい体質の方は、

食生活を見直して、その体質を改善できるかもしれません。

やはり何事も健康が第一です!

尋常性疣贅とはイボのこと?子供に多い足の裏のイボの原因や特徴

足の裏の魚の目やタコのように見えるものは、

実は尋常性疣贅というウイルス性のイボかもしれません。

子供が感染しやすいようです。

原因や特徴とはどんなものなのでしょう?

靴の臭いが気になる臭いの原因と対策

現代人で靴を履かない人はほぼいないと思われますが、

毎日同じ靴を履いていると臭いが気になることはありませんか?

足や靴の臭いの原因やその対策とは?

油性ペンが書けない!除光液で復活する?ボールペンは?

油性ペンやボールペンが書けなくなって、

すぐ捨ててしまっていませんか?

そのペン、まだ復活して使えるかもしれませんよ!

仕事のストレスでイライラの限界を感じる前に対処を!

仕事でストレスを感じることは、残念ながら日常的にあると思います。

しかし、ストレスを溜めてイライラしているのは良くありません。

解消しながら、うまくストレスと付き合っていくことが大切です。

たまに心臓が痛い症状は肋間神経痛が原因?どんな人がなりやすい?

たまに心臓が痛いと感じる人は肋間神経痛かもしれません。

肋間神経痛とは肋骨に沿って走る神経が、

何らかの原因で痛む症状のことを言います。

場所が心臓あたりのため心配ですよね。

その症状や原因はどんなものなのでしょうか?

ストレートネックの症状に注意!主な症状は頭痛

近年増加傾向にあるのがストレートネックです。

主な症状は頭痛ですが、それ以外にも不調の症状が出るようです。

ストレートネックについて見ていきましょう。

耳かきの頻度やコツについてについて 耳掃除をしすぎると良くない?

耳かきはどのくらいの頻度で行っていますか?

あまり頻繁にしすぎると良くないそうです。

耳掃除のコツや安全な耳かきの方法とは?

鼻の呼吸は片方ずつって知ってる?鼻呼吸の重要性とは

日常的に鼻で呼吸をしていて、あまり意識しませんが、

鼻呼吸は片方ずつしている事はご存知ですか?

口呼吸している方は鼻呼吸に直した方がいいですよ。

肩こり解消にウォーキングを 体操も忘れずに

肩こりの解消にウォーキングをしてみましょう。

ウォーキングによるメリットはたくさんあります。

始める前の体操も忘れずに!

脇汗を止めるには?原因とおすすめの対策を知ろう

暑い時期に薄着をしていると脇汗が気になります。

脇汗を止める方法はあるのでしょうか?

また、脇汗への対策とは?

顔の毛穴の汚れをしっかり掃除をして美肌になる!

毛穴のケアはしていますか?

顔の毛穴の木になる汚れをしっかり掃除して、

綺麗になりましょう。

基礎体温をグラフに 正しい測り方とは?

基礎代謝の測定は毎日正しく行う必要があり、

面倒です。しかし、体のリズムを知るには大事なことですので、

基礎体温を正しく計測し、日々の生活をより良いものにしましょう。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防策について

年々夏が暑くなっているように感じます。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防が大切です。

暑い夏を乗り切りましょう!

副鼻腔炎について

鼻のなかを鼻腔(びくう)といいます。一方、顔の骨のなかには、副鼻腔(ふくびくう)とよばれるいくつかの空洞があります。鼻腔におこる炎症が鼻炎(びえん)で、副鼻腔のなかにおこる炎症が副鼻腔炎(ふくびくうえん)です。(副鼻腔炎を、俗に、蓄膿症(ちくのうしょう)ともいいます)
副鼻腔は、鼻腔の中鼻道(ちゅうびどう)というところにつながっています。そこで、副鼻腔炎がおこり、副鼻腔に膿が溜まると、その膿は鼻腔の中鼻道に流れ出ます。中鼻道は、鼻の奥に向かって滑り台のように傾斜した通路のようになっています。そのため、副鼻腔からの膿は、鼻の前ではなく、後ろへ向かって流れ、ノドに落ちやすいのです。
このように、副鼻腔炎の診断では、中鼻道の状態を観察することが重要です。

引用元-見せる耳鼻科治療 耳鼻咽喉科かめやまクリニック 山口市 山口県|アレルギー性鼻炎と副鼻腔炎(症例)

スポンサーリンク



  人気記事

急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎の違いとは

副鼻腔炎の原因でもっとも多いのが、風邪やインフルエンザのウイルスや細菌による感染です。
風邪などのときに鼻の穴(鼻腔)の粘膜がはれると、その奥にある副鼻腔の入口がふさがり、空気の流れが悪くなります。そうなると副鼻腔の中の圧力が変化し、痛みを生じることがあります。さらに、副鼻腔内に細菌感染が生じると、濃い鼻汁が出たり、発熱したりして、さらに痛みが増します。こうした段階を「急性副鼻腔炎」といいます(※2)。
急性副鼻腔炎が目に近い副鼻腔で起こると、少数ですが視覚異常を生じることもあります。もし鼻汁だけでなく、目になんらかの異常を感じたときは、すぐに受診する必要があります。
一方、慢性副鼻腔炎では痛みはほとんどなく、鼻汁が出る、鼻がつまる、においがわかりにくい、からだがだるいといった症状が続きます。そのため風邪やアレルギー性鼻炎などと間違えやすいのですが、こうした症状が1カ月以上続くときは、耳鼻咽喉科などを受診して検査を受け、まず原因(細菌感染、アレルギー、その他)を特定し、適切な治療を受けることが大切です。
細菌などの感染による慢性副鼻腔炎の場合、軽症のうちなら通常は抗生物質の服用や膿の吸引、副鼻腔の洗浄などによって改善されます。症状の程度によって異なりますが、治るまでに3カ月程度はかかるので、医師の指示にしたがってきちんと治療を続けるようにしましょう。
放置していたり、勝手に治療を中断したりして悪化させると、鼻タケ(粘膜がはれてキノコ状の良性のポリープになったもの)ができることがあります。そうなると、治るまでに時間がかかり、鼻タケが増えると除去手術が必要になることもあります。
(※2)アレルギー性鼻炎などで鼻腔の粘膜がはれた場合にも、副鼻腔の入口がふさがり、よく似た症状を起こすことがあります。

引用元-長引く「慢性副鼻腔炎」に注意を | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

スポンサーリンク



風邪などの他にストレスが副鼻腔炎になる原因となることも

ストレスと副鼻腔炎の関係ですが、

ストレスが体に与える影響は
とても悪いことはご存知だと思います。

ストレスを感じることで
外敵(菌)などから
身を守る役割を持っている
免疫機能の働きが悪くなってしまいます。

そのため、
膿(外敵)が体内に溜まったり
粘膜肥厚が起きても
体が対処することができずに
症状が治っていくどころか悪くなってしまうのです。

ストレスが原因で副鼻腔炎になってしまうというよりも

悪化させる原因の1つであるのがストレス

という事になります。

引用元-副鼻腔炎の原因はストレスや疲れ?歯やたばこも関係ある? | ブレインミルクの消耗。

スポンサーリンク



風邪などの他にストレスが副鼻腔炎になる原因となることも

2-1.症状

頬の痛みや頭痛、眼の奥の痛みを感じることがあり、悪臭のする鼻水が喉にたれてくることも多くあります。いずれも片側だけに起こることが多く、歯は噛めば痛い程度で、歯の症状が少ないこともよくあります。

引用元-いつまでも治らない副鼻腔炎/原因は虫歯かもしれない!

2-2.原因

虫歯の放置
歯の神経が自然に死んでしまった
歯周ポケットが深い
歯根嚢胞が大きくなった
上顎の奥歯は副鼻腔と接しているため、神経が死んでしまった根の先や歯周ポケットから副鼻腔に細菌が入り副鼻腔炎になりやすいのです。

2-3.治療法

2-3-1.原因の歯を見つける

お口の中全体を確認するパノラマレントゲン写真を撮ります。副鼻腔炎の可能性があれば、CT撮影をし、どの歯が原因かを確認します。

2-3-2.痛みが強いとき:急性症状

抗生物質と痛み止めで、炎症反応と痛みを抑えます。抗生物質は2~4週間程度、長期に飲み続ける必要があります。痛みが強いときに根の治療をしてしまうと、痛みが強くなったり、化膿してしまうことがあります。

2-3-3.痛みが落ち着いてきたら:慢性症状

痛みが落ち着いてきたら原因の歯の治療を行います。歯の根の治療や歯周病の治療をしていきますが、改善できないほど悪化してしまっている場合は抜歯をします。原因の歯を抜歯することによって、感染源が無くなりますのでほとんどが改善します。副鼻腔内に膿が残っている場合は抜歯した穴から副鼻腔を洗浄します。副鼻腔と鼻との通りが悪い場合は、入院や全身麻酔の必要な手術が行われる場合もあります。

引用元-いつまでも治らない副鼻腔炎/原因は虫歯かもしれない!

副鼻腔炎の治療について

副鼻腔炎と診断された場合、慢性化を防ぐためにもなるべく早めに耳鼻咽喉科を受診し治療する必要があります。

慢性副鼻腔炎になった場合、頭痛や倦怠感を伴うことがあるため、日常生活に支障がでることがあるからです。

また、副鼻腔にたまった膿が中耳炎など新たな病気を引き起こす可能性もあります。

副鼻腔炎の治療は、一般的には“抗生物質”“解熱鎮痛剤”“消炎酵素剤”が用いられます。

また、鼻水、鼻づまりの改善のために鼻吸引や鼻洗浄、ネプライザー(抗生物質やステロイドの薬液を噴霧状にしたものを鼻から吸い込み副鼻腔に届ける装置)も併用し治療をおこなっていきます。

慢性化していて、これらの治療では改善が見られない場合には、手術で炎症を起こしている部分を取り除くこともあります。

いかがでしたか。副鼻腔炎の顔面痛や後鼻漏による咳などの症状はかなりつらいものです。

風邪が長引いているときや花粉症で鼻水がつらいときにはなるべく我慢せず、受診するようにしましょう。

また、小さな子どもの場合は、上手に鼻をかめないため副鼻腔炎になりやすい傾向にあります。

鼻をすする癖のある子は、保護者が鼻水吸引器を使って鼻水を吸い取るか、鼻のかみ方を教えてあげるようにしましょう。

鼻をかむときも、勢い良くかむと中耳炎になることがあるので、ゆっくりとかむようにするのがポイントです。

引用元-風邪が長引くとキケン! 慢性化しやすい「副鼻腔炎」の原因と治療法 | パピマミ

 - 生活の知恵, 美容・健康