ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

赤ちゃんは出やすい?顔湿疹の原因について

      2016/04/28

季節の変わり目や体質などで顔湿疹が出ることがあります。

特に赤ちゃんは顔湿疹ができやすいそうです。

その原因とは?

スポンサーリンク

  関連記事

背中が痛い症状が真ん中に現れる原因とは 吐き気もある時は?

背中が痛い症状と共に吐き気がする場合があります。

吐き気を伴う場合、内臓疾患により痛みが生じている可能性があります。

背中の真ん中あたりが痛む場合の原因とは?

カイロダイエットをする時にカイロを貼る場所とは

ダイエット効果を高めたい時は、

内臓を温めることがポイントなんだそうです。

カイロを使ったダイエット方法とは?

貼る場所はどこに貼るのが効果的なのでしょうか?

緊張をほぐして大会や試合に臨もう!

大会や試合で緊張してしまってベストパフォーマンスが出来ず、

後悔した経験ありませんか?緊張をほぐして味方にしましょう。

メンタルの強さがスポーツでは非常に重要です。

肩こり解消にウォーキングを 体操も忘れずに

肩こりの解消にウォーキングをしてみましょう。

ウォーキングによるメリットはたくさんあります。

始める前の体操も忘れずに!

若白髪の若者が増加する原因は?20代でも気をつけたい生活習慣

10代や20代でも若白髪が発生することがあり、若白髪と呼ばれます。

歳を取ると発生するはずの白髪がなぜ若者も発生してしまうのでしょう?

原因や対策とは?

重い物を持つ時の注意点やコツとは?

重い物を運ぶ時、つい力任せで運んでしまっていませんか?

実はかなり腰に負担をかけているかもしれません。

しっかりした持ち方で腰を痛めないよう注意しましょう。

乾燥するオフィスで顔などの乾燥対策をしよう

オフィスでの乾燥はお肌に影響するので心配ですよね。

もちろん、家で顔などのスキンケアも大事なのですが、

オフィスでできる、ちょっとした対策を試してみませんか?

寒さに負けない 身体を温める飲み物とは

寒い日が続きます。身体を温めるために温かい飲み物を。

しかし、温かい飲み物を飲めばいいということでもなさそうです。

芯から身体を温める飲み物について確認しましょう。

脇の下のしこりやリンパが痛い原因とは?

脇の下にしこりができたり、リンパが痛い時、

その原因は気になると思います。

簡単ではありますが、原因についてご紹介します。

人気沸騰の鶏肉料理 鶏肉の栄養や調理レシピについて

柔らかい食感と旨味がある鶏肉ですが、

特徴としては脂肪が少なく、消化が良いなどがあります。

牛肉や豚肉とは異なり、脂肪分が皮の部分に集中しているのがポイントです。

会話が続かない状態にならないための会話のコツとは?

会話をしていても、会話が続かないから相槌のみでやり過ごす、

なんてことはありませんか?

ちょっとしたコツをつかめば、会話も続いて、

会話自体が楽しくなるかもしれません。

携帯のLTEって何?LTEと4Gの違いや通信速度は?

携帯も昔とは全然変わってしまいました。

通信をよく使う人ならご存知かもしれませんが、

LTEって何のことだか知っていましたか?

腸閉塞の症状や原因について

便秘とよく似た症状を持つと言われる腸閉塞。

では、腸閉塞の症状とは?

原因や見分け方は、どのようなものなのでしょうか?

納豆の賞味期限は1週間?1ヶ月?いつまでなの?

納豆は発酵食品ですからあまり賞味期限を気にせず

食べていることもあると思います。

いつまで食べても大丈夫なのでしょう?

手術での全身麻酔の方法は?リスクや合併症はある?

手術では体にメスを入れるため、痛みを感じなくさせ、

ストレスから患者の体を守ることが麻酔の役割となります。

全身麻酔の場合、考えられるリスクはどのようなことがあるのでしょうか?

機能性低血糖とは?過食などの症状や原因について

機能性低血糖症という病気は、あまり聞いたことがない

という人も多いかと思います。

まずは、機能性低血糖症という病気について知りましょう。

坐骨神経痛の治し方はストレッチで改善

坐骨神経痛は主に症状であるため、原因によって

治し方は異なると思われます。少しでも、痛みや痺れを

ストレッチで改善できれば嬉しいですね。

しゃっくりが止まらない原因とは?病院へ行くべき?

通常しゃっくりは、しばらくすれば止まりますが、

止まらない時はどうしたらいいのでしょうか?

食べ過ぎなどが原因のこともありますが、病院へは行くべきなのでしょうか?

100回すると死ぬと言われるしゃっくりも、

長く続くようなら要注意です。

油性ペンの落とし方 肌や服についてしまった時は?

油性ペンが肌や服に付いてしまっても、

慌てずに対処しましょう。

身近なもので結構落ちるんですね。

インクの落とし方について確認します。

脱水症状が起こった時の対処や予防するためには?頭痛の症状も

脱水症状と言えば、喉が渇くのを想像される人も

いるかもしれませんが、実際体の中では、

複雑なことが起こっています。

その時のために知っておくべきこととは?

顔湿疹の種類について

顔湿疹とは、常に
外気にさらされている
目や鼻、口の周りなどに現れる
湿疹、皮膚炎、かゆみの症状のことです。

そしてそれは、
誰にでも起こる、可能性があります。

一般的に湿疹の種類は、
5つに分けることができます。

接触性皮膚炎
いわゆるかぶれのことです。接触している部分だけに炎症があります。

内因性湿疹
アトピー性皮膚炎などがこれに当たります。

脂漏性湿疹(皮膚炎)
皮脂の分泌が多いことによって起こります。

乾皮症(皮脂欠性湿疹)
皮膚のバリア機能が損なわれ、乾燥して角質がはがれてしまっている状態です。

ビダール苔癬(ビダールたいせん)
神経皮膚炎とも呼ばれ、肌の色が灰白色になり、強いかゆみがあります。

尋常性湿疹
上記、どれにも属さない湿疹が、これに分類されます。

引用元-顔湿疹の原因とは?そして治し方は?顔湿疹に悩む私が気になる事をまとめてみました!

スポンサーリンク



  人気記事

湿疹や皮膚炎が発症するメカニズムとは

私たちの身体には、「免疫反応」と呼ばれる、異物や刺激に対する防御反応が発生します。

例えば、細菌に感染すると、その細菌に対して攻撃を仕掛け、その際に炎症が発生しますが、これは生物にとって必要な現象です。

誰もが炎症を起こす、毒性の強いものに触れた場合など、湿疹・皮膚炎が発生することは自然な現象といえます。

しかし、この免疫反応が過剰となり、毒性が低いものに対しても防御反応が出て、湿疹・皮膚炎を発症する場合は、アレルギー性の湿疹・皮膚炎です。

また、アレルギー体質ではなくても、乾燥やストレスなどで、皮膚のバリア機能が低下していると、異物が侵入しやすく、普段であれば接触しても問題ないもので湿疹・皮膚炎が発生することがあります。

引用元-湿疹・皮膚炎の原因 | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



顔湿疹ができやすい肌や季節とは

顔湿疹ができやすい肌のタイプとは?

乾燥肌の人は湿疹ができやすいとされています。
これは肌が乾燥することで外敵からバリアする力が低下してしまっているためです。
同じ意味で敏感肌も、顔湿疹ができやすいと言えます。
こうした人は少し顔に触れただけでも強い刺激になってしまいます。
 

梅雨や夏、暖かい季節は特に顔湿疹ができやすい

顔の湿疹の原因として、蚊やブヨ、毛虫といった虫刺されもあげられます。
暖かい気候になり、生物が活発になる時期には注意しなければいけません。

また汗も顔湿疹の原因となります。
これは汗が体外に排出されず出口で詰まってしまうことで周辺組織を刺激するためです。

引用元-我慢できない顔の湿疹・皮膚炎の原因はストレス、石鹸、紫外線、目薬も?|ミナカラ

赤ちゃんの顔に湿疹が出やすい原因について

新生児の顔に出る湿疹の大きな原因の一つは皮脂です。生まれたばかりに新生児は母親からの女性ホルモンの影響を受け、ちょうど生理前に肌が荒れやすくなるように、湿疹が出やすい肌環境が続きます。また、新生児期は新陳代謝が活発で皮脂の分泌量なども多いのですが、皮膚が未発達なために毛穴が詰まりやすく、湿疹ができやすい肌質でもあります。

新生児の顔にできる湿疹の大半は自然に綺麗に治ります!

新生児の成長と共に、肌も成長することで、基本的には赤ちゃんの湿疹は自然に治るので、あまり心配する必要はありません。ほとんどの新生児の顔に湿疹が出ていますが、跡形もなかったように綺麗な顔になります。もちろん最低限のケアは必要ですし、膿が出ていたり、引っ掻いて傷ができている場合には、病院で診察を受けたほうが治りが早いということは覚えておいて下さい。

引用元-新生児の顔の湿疹の原因・赤いブツブツの洗い方・ケア方法 – マーミー

赤ちゃんの湿疹の対処や予防法について

乳児湿疹はたいていの赤ちゃんが経験するものですが、湿疹をかき壊すなどして症状が悪化するとアトピー性皮膚炎を引き起こす可能性もゼロではありません。きちんとしたケアをしてあてください。

乳児湿疹ケアの基本は「清潔」と「保湿」です。皮脂の分泌が多いときは肌の表面に雑菌がつきやすいので、汗をかいたらガーゼでやさしく拭いてあげた後に着替えさせましょう。また、おっぱいを飲んだ後の口元も濡れたままにせずふき取ってあげてくださいね。お風呂では弱酸性の石鹸をしっかり泡立てて、泡でやさしく体を洗うようにします。石鹸のすすぎ残しがないようシャワーなどでしっかりと流してあげてください。

肌が乾燥していると感じたら、低刺激のベビー用ローションや保湿クリームを塗ってあげましょう。お風呂あがりは汗をかいていて乾燥しやすくなるので、きちんと保湿剤をつけてあげます。空気が乾燥しないように室内の湿度を調節するのも忘れずに。

引用元-乳児湿疹はいつからいつまで?原因や症状は?顔や体に現れる? – こそだてハック

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康, 育児・子育て