ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

赤ちゃんは出やすい?顔湿疹の原因について

      2019/12/11

季節の変わり目や体質などで顔湿疹が出ることがあります。

特に赤ちゃんは顔湿疹ができやすいそうです。

その原因とは?

スポンサーリンク

  関連記事

足の痺れの原因は坐骨神経痛?原因や症状とは

坐骨神経痛とは腰から膝の辺りまで伸びている神経で、

足の痛みも坐骨神経痛の事が多いのです。

痺れや痛みと坐骨神経痛について確認しましょう。

鍋を食べる時のちょっとしたコツでより美味しく

冬は鍋を食べる機会が多いと思いますが、

ちょっとした工夫やコツで、より美味しくお鍋を

楽しむことができます。是非試してみましょう。

小1の壁や小4の壁の問題はどう乗り越えればいい?

保育園の問題は、社会問題となり大きく報道されています。

少しその陰に隠れているのが、学童保育の問題です。

いわゆる小1の壁や小4の壁と呼ばれるものですが、

他のママ達は、ここをどう乗り越えていったのでしょうか?

耳鳴りが気になる 耳鳴りの原因と特徴について

耳鳴りの症状は、音がするものがないのに、

様々な音が聞こえるというものです。

病気の場合もあるそうですが、多くはストレスや疲れが

溜まっている時に起こるそうです。

新車の車検の期間は?費用はどのくらい?

定期的にある車検ですが、車検はどんなものかご存知ですか?

新車である場合、初回の車検はおおむね3年です。

車検の期間や費用とは?

独身者の老後へ資金は?男性も女性も貯金はどのくらい?

独身者にとって老後の不安は大きくあると思います。

年金なども含めて資金はどれくらい必要なのか?

貯金はどのくらいするべきなのでしょう?

朝起きたら腰が痛い原因とは?対処法は?

朝起きたら腰が痛いと感じたことはありませんか?

疲労や寝具が原因となることもありますが、

他の原因も考えられるそうです。

重い物を持つ時の注意点やコツとは?

重い物を運ぶ時、つい力任せで運んでしまっていませんか?

実はかなり腰に負担をかけているかもしれません。

しっかりした持ち方で腰を痛めないよう注意しましょう。

尿の異常な色と臭いは病気のサイン?原因とは?

尿は腎臓で血液をろ過することによって作られ、

体の中の不要な物質を体外に排泄する大切な役割があります。

色やにおいの異常も何かのサインということが多いそうです。

健康体でも尿の色が濃くなったりすることもあるので、

あまり心配しすぎもよくありませんが、

一つの目安として覚えておくといいかもしれません。

セーターの縮みを直す方法とは トリートメントを使う

お気に入りのセーターが縮んでしまって

着られない、なんてことありませんか?

なんとトリートメントを使って縮みを戻すことができるのです。

服の収納術きれいに見せるコツやおしゃれを演出するには?

洋服の収納は、ちょっとしたコツさえつかめば、

おしゃれに演出できるそうです。見せる収納術や、

子供の洋服の効率の良い収納方法についても見てみましょう。

紅茶に含まれるカフェインの効果とは

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーですが、

紅茶にもカフェインは含まれているのです。

その効果とはどのようなものなのでしょうか。

冷え性を改善 日常の飲み物や食べ物から

冷え性を無理せず食事で改善したい、

そんな方に冷え性を食事で改善する方法をご紹介します。

食べる時間や水分量なども冷え性と関係があるようです。

冷え性対策のグッズをご紹介 プレゼントにもおすすめ

冷え性のグッズはたくさんありますが、

その中でもおすすめの物をご紹介します。

冷え性の方へのプレゼントにもおすすめです。

食べ物で体質を改善して静電気を起きにくくする

静電気が起きやすい体質の方は、

食生活を見直して、その体質を改善できるかもしれません。

やはり何事も健康が第一です!

後鼻漏が口臭の原因に?関係や対策について

後鼻漏であると、口臭にも影響があるそうです。

後鼻漏と口臭の関係とは?

また、どのような対策をすべきなのでしょうか?

食後の虫歯予防にチーズ?オススメの種類は?

チーズには虫歯を予防し、虫歯の進行をおさえる効果があるそうです。

また、ごく初期の虫歯の兆候がみられる歯であれば、

チーズを食べることで自然治癒できる可能性があるそうです。

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

油性ペンが書けない!除光液で復活する?ボールペンは?

油性ペンやボールペンが書けなくなって、

すぐ捨ててしまっていませんか?

そのペン、まだ復活して使えるかもしれませんよ!

セルライトは運動不足を解消すれば消える負担の少ない有酸素運動が効果的

気になるセルライトは運動すれば消えると言いますが、

運動は得意じゃないし、と思っている方。

負担の少ない簡単な運動でも効果があるのです。

むしろセルライトにはあまり激しい運動は良くないそうです。

顔湿疹の種類について

顔湿疹とは、常に
外気にさらされている
目や鼻、口の周りなどに現れる
湿疹、皮膚炎、かゆみの症状のことです。

そしてそれは、
誰にでも起こる、可能性があります。

一般的に湿疹の種類は、
5つに分けることができます。

接触性皮膚炎
いわゆるかぶれのことです。接触している部分だけに炎症があります。

内因性湿疹
アトピー性皮膚炎などがこれに当たります。

脂漏性湿疹(皮膚炎)
皮脂の分泌が多いことによって起こります。

乾皮症(皮脂欠性湿疹)
皮膚のバリア機能が損なわれ、乾燥して角質がはがれてしまっている状態です。

ビダール苔癬(ビダールたいせん)
神経皮膚炎とも呼ばれ、肌の色が灰白色になり、強いかゆみがあります。

尋常性湿疹
上記、どれにも属さない湿疹が、これに分類されます。

引用元-顔湿疹の原因とは?そして治し方は?顔湿疹に悩む私が気になる事をまとめてみました!

スポンサーリンク



  人気記事

[wpp limit=10 thumbnail_width=100 thumbnail_height=100 stats_comments=0 stats_views=0 excerpt_length=55 post_html="
  • {thumb} {text_title}
    {summary}
  • "]

    湿疹や皮膚炎が発症するメカニズムとは

    私たちの身体には、「免疫反応」と呼ばれる、異物や刺激に対する防御反応が発生します。

    例えば、細菌に感染すると、その細菌に対して攻撃を仕掛け、その際に炎症が発生しますが、これは生物にとって必要な現象です。

    誰もが炎症を起こす、毒性の強いものに触れた場合など、湿疹・皮膚炎が発生することは自然な現象といえます。

    しかし、この免疫反応が過剰となり、毒性が低いものに対しても防御反応が出て、湿疹・皮膚炎を発症する場合は、アレルギー性の湿疹・皮膚炎です。

    また、アレルギー体質ではなくても、乾燥やストレスなどで、皮膚のバリア機能が低下していると、異物が侵入しやすく、普段であれば接触しても問題ないもので湿疹・皮膚炎が発生することがあります。

    引用元-湿疹・皮膚炎の原因 | ヘルスケア大学

    スポンサーリンク



    顔湿疹ができやすい肌や季節とは

    顔湿疹ができやすい肌のタイプとは?

    乾燥肌の人は湿疹ができやすいとされています。
    これは肌が乾燥することで外敵からバリアする力が低下してしまっているためです。
    同じ意味で敏感肌も、顔湿疹ができやすいと言えます。
    こうした人は少し顔に触れただけでも強い刺激になってしまいます。
     

    梅雨や夏、暖かい季節は特に顔湿疹ができやすい

    顔の湿疹の原因として、蚊やブヨ、毛虫といった虫刺されもあげられます。
    暖かい気候になり、生物が活発になる時期には注意しなければいけません。

    また汗も顔湿疹の原因となります。
    これは汗が体外に排出されず出口で詰まってしまうことで周辺組織を刺激するためです。

    引用元-我慢できない顔の湿疹・皮膚炎の原因はストレス、石鹸、紫外線、目薬も?|ミナカラ

    赤ちゃんの顔に湿疹が出やすい原因について

    新生児の顔に出る湿疹の大きな原因の一つは皮脂です。生まれたばかりに新生児は母親からの女性ホルモンの影響を受け、ちょうど生理前に肌が荒れやすくなるように、湿疹が出やすい肌環境が続きます。また、新生児期は新陳代謝が活発で皮脂の分泌量なども多いのですが、皮膚が未発達なために毛穴が詰まりやすく、湿疹ができやすい肌質でもあります。

    新生児の顔にできる湿疹の大半は自然に綺麗に治ります!

    新生児の成長と共に、肌も成長することで、基本的には赤ちゃんの湿疹は自然に治るので、あまり心配する必要はありません。ほとんどの新生児の顔に湿疹が出ていますが、跡形もなかったように綺麗な顔になります。もちろん最低限のケアは必要ですし、膿が出ていたり、引っ掻いて傷ができている場合には、病院で診察を受けたほうが治りが早いということは覚えておいて下さい。

    引用元-新生児の顔の湿疹の原因・赤いブツブツの洗い方・ケア方法 – マーミー

    赤ちゃんの湿疹の対処や予防法について

    乳児湿疹はたいていの赤ちゃんが経験するものですが、湿疹をかき壊すなどして症状が悪化するとアトピー性皮膚炎を引き起こす可能性もゼロではありません。きちんとしたケアをしてあてください。

    乳児湿疹ケアの基本は「清潔」と「保湿」です。皮脂の分泌が多いときは肌の表面に雑菌がつきやすいので、汗をかいたらガーゼでやさしく拭いてあげた後に着替えさせましょう。また、おっぱいを飲んだ後の口元も濡れたままにせずふき取ってあげてくださいね。お風呂では弱酸性の石鹸をしっかり泡立てて、泡でやさしく体を洗うようにします。石鹸のすすぎ残しがないようシャワーなどでしっかりと流してあげてください。

    肌が乾燥していると感じたら、低刺激のベビー用ローションや保湿クリームを塗ってあげましょう。お風呂あがりは汗をかいていて乾燥しやすくなるので、きちんと保湿剤をつけてあげます。空気が乾燥しないように室内の湿度を調節するのも忘れずに。

    引用元-乳児湿疹はいつからいつまで?原因や症状は?顔や体に現れる? – こそだてハック

    twitterの反応

     - 生活の知恵, 美容・健康, 育児・子育て