ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

赤ちゃんは出やすい?顔湿疹の原因について

      2019/04/16

季節の変わり目や体質などで顔湿疹が出ることがあります。

特に赤ちゃんは顔湿疹ができやすいそうです。

その原因とは?

スポンサーリンク

  関連記事

ストレスチェック制度って知ってる?義務化された目的とは

2015年12月から、ストレスチェックテストを

行うことが義務化されました。一体どのようなものなのでしょうか?

その目的や制度が導入されることで、どんな影響があるのでしょうか?

腸閉塞の症状や原因について

便秘とよく似た症状を持つと言われる腸閉塞。

では、腸閉塞の症状とは?

原因や見分け方は、どのようなものなのでしょうか?

面接の際に緊張をほぐす精神のバランスについて

就職試験など、短い時間の面接で自分を判断されてしまう。

緊張しているからダメだったんだ、と落ち込む前に

まずは心の持ち方を変えてみませんか?

ちょっとしたことで気持ちは大きく変わることができます。

ポジティブ心理学とは?その特徴について

ポジティブ心理学は1998年にマーティン・セリグマン博士が、

病気の人を癒すのと同じくらい、

普通の人の人生を充実したものにするよう関心を持つべきとして、始まりました。

背中が痛い症状が真ん中に現れる原因とは 吐き気もある時は?

背中が痛い症状と共に吐き気がする場合があります。

吐き気を伴う場合、内臓疾患により痛みが生じている可能性があります。

背中の真ん中あたりが痛む場合の原因とは?

肩こりを体操でほぐす オフィスでもできる体操を紹介

オフィスでデスクに向かって長時間仕事をしていて、

肩こりがつらい方は多いのではないのでしょうか。

適度に体操して効果的に解消しましょう。

後鼻漏で痰が絡む?痰の色で病気がわかることも

後鼻漏で悩む人は増加傾向にあるそうです。

痰が絡むなどのすっきりしない症状は改善したいものです。

また、痰の色で病気をある程度判別できることもあるそうです。

クリスマスプレゼントを友人へ 何を送る?

クリスマスはカップルだけのイベントではありません。

男友達や女友達など、せっかくのクリスマスですから、

プレゼント交換して盛り上がりましょう。

エアコンの電気代節約方法は?冷房の温度設定なども気をつけて

エアコンの電気代を節約するためのメンテナンスや、

温度設定について確認し、環境にもお財布にも、

得する生活術を身につけましょう。

ストレートネック用の枕の効果とは おすすめや選び方は?

デスクに座っての長時間にわたるパソコン作業やスマートフォンの

使いすぎによっておこってしまうストレートネック。

改善するための枕についてご紹介します。

顎関節症が原因で耳が痛いことも?顎関節症の原因とは?

耳の下や、耳の前にある関節が痛いと思ったら、

顎関節症の可能性があります。

顎関節症で悩んでいる人は痛みの緩和法も参考にしてください。

昼食後昼寝の効果的な時間とは大人にはどんな効果が?

人は1日のうちに2回眠気が来ると言われています。

大人は仕事もありますので、中々昼寝をすることは難しいかも

しれませんが、短い時間を見つけて午後からも

効率的な仕事ができるようにしましょう。

花粉症による鼻づまりのメカニズムとは?寝れない時はツボを刺激

花粉症による鼻づまりの悩みを抱える人は少なくないと思います。

鼻づまりのメカニズムを理解し、少しでも解消の

糸口を掴めるといいですね。

鼻づまりが気になる 原因や治し方とは

鼻づまりは主に風邪の時になりやすですが、

息がしにくかったり、気になったりします。

治し方を確認して解消しましょう。

肩こりや頭痛は枕が原因かも 枕を選ぶポイント

枕が合っていないと、肩こりや頭痛の原因と

なるそうです。では、どのような枕がいいのでしょうか?

快適な眠りを手に入れましょう。

鼻の呼吸は片方ずつって知ってる?鼻呼吸の重要性とは

日常的に鼻で呼吸をしていて、あまり意識しませんが、

鼻呼吸は片方ずつしている事はご存知ですか?

口呼吸している方は鼻呼吸に直した方がいいですよ。

肌のシミの原因とは?紫外線対策の日焼け止めSPFやPAとは

気になる肌のシミの敵である紫外線対策はしていますか?

紫外線により破壊された細胞は、ターンオーバー力を低下させ、

色素沈着を発生させます。

肌のシミの原因と対策について確認しましょう。

肩こり解消にウォーキングを 体操も忘れずに

肩こりの解消にウォーキングをしてみましょう。

ウォーキングによるメリットはたくさんあります。

始める前の体操も忘れずに!

足がむずむずして眠れない症状はむずむず脚症候群かも?原因や症状について

脚の奥の方に気持ちの悪い感覚があったり、

安静にしているときに足がむずむずするなどの症状がある場合、

それはむずむず脚症候群かもしれません。

症状や原因を確認してみましょう。

ランニングで期待できる効果とは?自分にあった走り方を無理せず!

ランニングを継続的に行うことで様々な効果が期待できるそうです。

また、朝と夜では効果の出方も違うそうなので、

自分の目的にあった走り方を見つけ、無理せず行いましょう。

顔湿疹の種類について

顔湿疹とは、常に
外気にさらされている
目や鼻、口の周りなどに現れる
湿疹、皮膚炎、かゆみの症状のことです。

そしてそれは、
誰にでも起こる、可能性があります。

一般的に湿疹の種類は、
5つに分けることができます。

接触性皮膚炎
いわゆるかぶれのことです。接触している部分だけに炎症があります。

内因性湿疹
アトピー性皮膚炎などがこれに当たります。

脂漏性湿疹(皮膚炎)
皮脂の分泌が多いことによって起こります。

乾皮症(皮脂欠性湿疹)
皮膚のバリア機能が損なわれ、乾燥して角質がはがれてしまっている状態です。

ビダール苔癬(ビダールたいせん)
神経皮膚炎とも呼ばれ、肌の色が灰白色になり、強いかゆみがあります。

尋常性湿疹
上記、どれにも属さない湿疹が、これに分類されます。

引用元-顔湿疹の原因とは?そして治し方は?顔湿疹に悩む私が気になる事をまとめてみました!

スポンサーリンク



  人気記事

湿疹や皮膚炎が発症するメカニズムとは

私たちの身体には、「免疫反応」と呼ばれる、異物や刺激に対する防御反応が発生します。

例えば、細菌に感染すると、その細菌に対して攻撃を仕掛け、その際に炎症が発生しますが、これは生物にとって必要な現象です。

誰もが炎症を起こす、毒性の強いものに触れた場合など、湿疹・皮膚炎が発生することは自然な現象といえます。

しかし、この免疫反応が過剰となり、毒性が低いものに対しても防御反応が出て、湿疹・皮膚炎を発症する場合は、アレルギー性の湿疹・皮膚炎です。

また、アレルギー体質ではなくても、乾燥やストレスなどで、皮膚のバリア機能が低下していると、異物が侵入しやすく、普段であれば接触しても問題ないもので湿疹・皮膚炎が発生することがあります。

引用元-湿疹・皮膚炎の原因 | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



顔湿疹ができやすい肌や季節とは

顔湿疹ができやすい肌のタイプとは?

乾燥肌の人は湿疹ができやすいとされています。
これは肌が乾燥することで外敵からバリアする力が低下してしまっているためです。
同じ意味で敏感肌も、顔湿疹ができやすいと言えます。
こうした人は少し顔に触れただけでも強い刺激になってしまいます。
 

梅雨や夏、暖かい季節は特に顔湿疹ができやすい

顔の湿疹の原因として、蚊やブヨ、毛虫といった虫刺されもあげられます。
暖かい気候になり、生物が活発になる時期には注意しなければいけません。

また汗も顔湿疹の原因となります。
これは汗が体外に排出されず出口で詰まってしまうことで周辺組織を刺激するためです。

引用元-我慢できない顔の湿疹・皮膚炎の原因はストレス、石鹸、紫外線、目薬も?|ミナカラ

赤ちゃんの顔に湿疹が出やすい原因について

新生児の顔に出る湿疹の大きな原因の一つは皮脂です。生まれたばかりに新生児は母親からの女性ホルモンの影響を受け、ちょうど生理前に肌が荒れやすくなるように、湿疹が出やすい肌環境が続きます。また、新生児期は新陳代謝が活発で皮脂の分泌量なども多いのですが、皮膚が未発達なために毛穴が詰まりやすく、湿疹ができやすい肌質でもあります。

新生児の顔にできる湿疹の大半は自然に綺麗に治ります!

新生児の成長と共に、肌も成長することで、基本的には赤ちゃんの湿疹は自然に治るので、あまり心配する必要はありません。ほとんどの新生児の顔に湿疹が出ていますが、跡形もなかったように綺麗な顔になります。もちろん最低限のケアは必要ですし、膿が出ていたり、引っ掻いて傷ができている場合には、病院で診察を受けたほうが治りが早いということは覚えておいて下さい。

引用元-新生児の顔の湿疹の原因・赤いブツブツの洗い方・ケア方法 – マーミー

赤ちゃんの湿疹の対処や予防法について

乳児湿疹はたいていの赤ちゃんが経験するものですが、湿疹をかき壊すなどして症状が悪化するとアトピー性皮膚炎を引き起こす可能性もゼロではありません。きちんとしたケアをしてあてください。

乳児湿疹ケアの基本は「清潔」と「保湿」です。皮脂の分泌が多いときは肌の表面に雑菌がつきやすいので、汗をかいたらガーゼでやさしく拭いてあげた後に着替えさせましょう。また、おっぱいを飲んだ後の口元も濡れたままにせずふき取ってあげてくださいね。お風呂では弱酸性の石鹸をしっかり泡立てて、泡でやさしく体を洗うようにします。石鹸のすすぎ残しがないようシャワーなどでしっかりと流してあげてください。

肌が乾燥していると感じたら、低刺激のベビー用ローションや保湿クリームを塗ってあげましょう。お風呂あがりは汗をかいていて乾燥しやすくなるので、きちんと保湿剤をつけてあげます。空気が乾燥しないように室内の湿度を調節するのも忘れずに。

引用元-乳児湿疹はいつからいつまで?原因や症状は?顔や体に現れる? – こそだてハック

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康, 育児・子育て