ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

赤ちゃんは出やすい?顔湿疹の原因について

      2019/04/16

季節の変わり目や体質などで顔湿疹が出ることがあります。

特に赤ちゃんは顔湿疹ができやすいそうです。

その原因とは?

スポンサーリンク

  関連記事

血圧が高い症状について 急に血圧が上がる理由とは?

血圧が高い原因は、はっきりとわかっていないそうです。

症状について理解し、生活習慣や食生活の

見直しを図りましょう。

背中に激痛で動けない!原因はぎっくり背中?

背中の痛みの原因は様々ですが、

その中でもぎっくり背中について確認します。

その効果が期待できる対処法や予防法とは?

雨の日の過ごし方は?友達や家族とスッキリ過ごすために

雨が降ると少しばかり残念な気持ちになったり、

憂鬱な気分になったりするものです。

そんな雨の日の過ごし方をどのようにしたらいいのでしょうか?

雨の日をポジティブな日にできると良いですね。

鎖骨が痛い原因は何?位置によっても違う?

鎖骨が痛い原因については生活習慣によって様々です。

中でも鎖骨の下が痛いという人は多いかもしれません。

鎖骨の痛みの位置でも原因が違ったりするそうです。

耳鳴りが気になる 耳鳴りの原因と特徴について

耳鳴りの症状は、音がするものがないのに、

様々な音が聞こえるというものです。

病気の場合もあるそうですが、多くはストレスや疲れが

溜まっている時に起こるそうです。

花粉症による鼻づまりのメカニズムとは?寝れない時はツボを刺激

花粉症による鼻づまりの悩みを抱える人は少なくないと思います。

鼻づまりのメカニズムを理解し、少しでも解消の

糸口を掴めるといいですね。

入浴で効果的に疲労回復する方法や入浴時間とは

入浴を効果的にすることで、効率良く疲労を回復したい。

では、効果的な入浴法や入浴時間とは?

入浴を効果的にし、リラックスできるといいですね。

納豆の賞味期限は1週間?1ヶ月?いつまでなの?

納豆は発酵食品ですからあまり賞味期限を気にせず

食べていることもあると思います。

いつまで食べても大丈夫なのでしょう?

風邪による頭痛の原因とは?発熱が高熱の場合の頭痛は注意

風邪によって発熱したり、頭痛があったりしますよね。

高熱の場合はインフルエンザも疑いますが、

高熱で頭痛を伴う場合は脳炎や髄膜炎の可能性もあるのです。

北海道のスキー場で子供でも楽しめるスキー場とは

北海道でスキーやスノボを楽しみたい、でも子供が

心配だったりしますよね。

ここでは子供でも安全に楽しめるスキー場をご紹介します。

花粉症の症状は喉も関係?喉の痛みや咳について

花粉症の症状としては、鼻水や鼻づまり、くしゃみや目のかゆみなど、

主な症状の他に、喉にも症状が現れます。

花粉症なのになんで咳が出るんだろうと思ったこともあるかもしれません。

その原因や症状を抑える方法についてご紹介します。

10代で起こるひざの痛みオスグッド病の原因や予防法とは?

10代のひざの痛みといえば、成長痛が思い浮かびますが、

特にスポーツをしている子供で多く発症するとされるものがあるのです。

オスグッド病というひざに痛みの症状が現れるものなのですが、

原因や予防法はあるのでしょうか?

喉や耳が痛い原因は急性扁桃炎かも?

喉や耳の奥が痛いなど、喉の痛みと耳の痛みが、

一緒にでる場合は急性扁桃炎の可能性があります。

急性扁桃炎は、喉の入り口にある扁桃が赤く腫れて痛み、

発熱や悪寒などの辛い症状に悩まされる病気です。

花粉症による目のかゆみの対策は?ヘアスタイルにも気をつける

花粉症による目のかゆみをどうにかしたい。

そう思う方は多くいると思います。

目のかゆみへの対策とは?ヘアスタイルにも気をつけてみましょう。

預金と貯金の違いとは?貯蓄もまた意味が違う?

預金や貯金をしている方は多いと思いますが、

この言葉の違いはご存知ですか?

貯蓄もまた、意味が違うようです。

日常生活で間違わないようにしましょう。

皮膚のかゆみと内臓疾患の関係とは?隠れる重病の可能性

皮膚のかゆみは内臓疾患と関係することがあります。

特に重病疾患の症状であることもあるので、

注意が必要です。

頭痛が後頭部にあり発熱も?髄膜炎はどんな病気?

後頭部の頭痛や発熱など、風邪のような症状で、

重大な病気の可能性があるかもしれません。

ただの頭痛だと甘く見ず、症状を知って対応できるようにしましょう。

花粉症の原因は植林?花粉症の歴史とは

国民病とも言われる花粉症ですが、

そもそもの原因はスギの植林が原因であるようです。

たくさんの人が苦しむ花粉症は一体いつまで続くのでしょうか?

様々な原因があり、解決は中々難しそうです。

イタリアで人気のゼンパスタとは?健康や美容ダイエットにもいい?

イタリアで日本発のあの食品が

人気のようです。ゼンパスタと呼ばれているそうですが、

一体どんな食品なのでしょうか?

だるい体を食事で改善!疲労回復に効果がある食べ物とは?

疲労が溜まっているときのオススメの食べ物とは?

疲労回復の効果が高い食べ物は様々ありますが、

バランスもしっかり整えることが大切です。

顔湿疹の種類について

顔湿疹とは、常に
外気にさらされている
目や鼻、口の周りなどに現れる
湿疹、皮膚炎、かゆみの症状のことです。

そしてそれは、
誰にでも起こる、可能性があります。

一般的に湿疹の種類は、
5つに分けることができます。

接触性皮膚炎
いわゆるかぶれのことです。接触している部分だけに炎症があります。

内因性湿疹
アトピー性皮膚炎などがこれに当たります。

脂漏性湿疹(皮膚炎)
皮脂の分泌が多いことによって起こります。

乾皮症(皮脂欠性湿疹)
皮膚のバリア機能が損なわれ、乾燥して角質がはがれてしまっている状態です。

ビダール苔癬(ビダールたいせん)
神経皮膚炎とも呼ばれ、肌の色が灰白色になり、強いかゆみがあります。

尋常性湿疹
上記、どれにも属さない湿疹が、これに分類されます。

引用元-顔湿疹の原因とは?そして治し方は?顔湿疹に悩む私が気になる事をまとめてみました!

スポンサーリンク



  人気記事

湿疹や皮膚炎が発症するメカニズムとは

私たちの身体には、「免疫反応」と呼ばれる、異物や刺激に対する防御反応が発生します。

例えば、細菌に感染すると、その細菌に対して攻撃を仕掛け、その際に炎症が発生しますが、これは生物にとって必要な現象です。

誰もが炎症を起こす、毒性の強いものに触れた場合など、湿疹・皮膚炎が発生することは自然な現象といえます。

しかし、この免疫反応が過剰となり、毒性が低いものに対しても防御反応が出て、湿疹・皮膚炎を発症する場合は、アレルギー性の湿疹・皮膚炎です。

また、アレルギー体質ではなくても、乾燥やストレスなどで、皮膚のバリア機能が低下していると、異物が侵入しやすく、普段であれば接触しても問題ないもので湿疹・皮膚炎が発生することがあります。

引用元-湿疹・皮膚炎の原因 | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



顔湿疹ができやすい肌や季節とは

顔湿疹ができやすい肌のタイプとは?

乾燥肌の人は湿疹ができやすいとされています。
これは肌が乾燥することで外敵からバリアする力が低下してしまっているためです。
同じ意味で敏感肌も、顔湿疹ができやすいと言えます。
こうした人は少し顔に触れただけでも強い刺激になってしまいます。
 

梅雨や夏、暖かい季節は特に顔湿疹ができやすい

顔の湿疹の原因として、蚊やブヨ、毛虫といった虫刺されもあげられます。
暖かい気候になり、生物が活発になる時期には注意しなければいけません。

また汗も顔湿疹の原因となります。
これは汗が体外に排出されず出口で詰まってしまうことで周辺組織を刺激するためです。

引用元-我慢できない顔の湿疹・皮膚炎の原因はストレス、石鹸、紫外線、目薬も?|ミナカラ

赤ちゃんの顔に湿疹が出やすい原因について

新生児の顔に出る湿疹の大きな原因の一つは皮脂です。生まれたばかりに新生児は母親からの女性ホルモンの影響を受け、ちょうど生理前に肌が荒れやすくなるように、湿疹が出やすい肌環境が続きます。また、新生児期は新陳代謝が活発で皮脂の分泌量なども多いのですが、皮膚が未発達なために毛穴が詰まりやすく、湿疹ができやすい肌質でもあります。

新生児の顔にできる湿疹の大半は自然に綺麗に治ります!

新生児の成長と共に、肌も成長することで、基本的には赤ちゃんの湿疹は自然に治るので、あまり心配する必要はありません。ほとんどの新生児の顔に湿疹が出ていますが、跡形もなかったように綺麗な顔になります。もちろん最低限のケアは必要ですし、膿が出ていたり、引っ掻いて傷ができている場合には、病院で診察を受けたほうが治りが早いということは覚えておいて下さい。

引用元-新生児の顔の湿疹の原因・赤いブツブツの洗い方・ケア方法 – マーミー

赤ちゃんの湿疹の対処や予防法について

乳児湿疹はたいていの赤ちゃんが経験するものですが、湿疹をかき壊すなどして症状が悪化するとアトピー性皮膚炎を引き起こす可能性もゼロではありません。きちんとしたケアをしてあてください。

乳児湿疹ケアの基本は「清潔」と「保湿」です。皮脂の分泌が多いときは肌の表面に雑菌がつきやすいので、汗をかいたらガーゼでやさしく拭いてあげた後に着替えさせましょう。また、おっぱいを飲んだ後の口元も濡れたままにせずふき取ってあげてくださいね。お風呂では弱酸性の石鹸をしっかり泡立てて、泡でやさしく体を洗うようにします。石鹸のすすぎ残しがないようシャワーなどでしっかりと流してあげてください。

肌が乾燥していると感じたら、低刺激のベビー用ローションや保湿クリームを塗ってあげましょう。お風呂あがりは汗をかいていて乾燥しやすくなるので、きちんと保湿剤をつけてあげます。空気が乾燥しないように室内の湿度を調節するのも忘れずに。

引用元-乳児湿疹はいつからいつまで?原因や症状は?顔や体に現れる? – こそだてハック

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康, 育児・子育て