ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

独身女性はみんなどれくらい貯金してる?老後を見据える貯蓄

      2018/12/28

最近は独身の女性も男性も増えていますが、

このまま独身で老後を迎えた場合、

特に女性の貯金はどのくらい持っておくべきなのでしょう?

スポンサーリンク

  関連記事

30代や40代女性の独身の楽しみ方とは

独身の方が増え、ソロ化が進む中、

独身をプラスに捉え、存分に独身を楽しむ女性は増えています。

独身の楽しみ方とは?

恋愛の始め方がわからない?30代から始める恋愛とは

昔は意識をしなくても恋愛していたのに、

今は恋愛をどうやって始めたら良いかわからない。

恋愛の始め方って難しいのか?簡単なのか?

独身の女性の割合とは 結婚に対する考え方は?

女性の結婚に対する考え方は以前とは

だいぶ変わってきているようです。

独身の割合やその考え方とはどのようなものなのでしょうか?

集中力を上げたい!高めた集中力を持続させる方法は?

どうして自分は集中力がないんだろうと思ったことはありませんか?

それは、環境や考え方で変えられるかもしれません。

スポーツや勉強、仕事など生活に必要な集中力を高めるには、

どうすればいいのでしょうか?

集中力を上げる方法とは?

小1の壁や小4の壁の問題はどう乗り越えればいい?

保育園の問題は、社会問題となり大きく報道されています。

少しその陰に隠れているのが、学童保育の問題です。

いわゆる小1の壁や小4の壁と呼ばれるものですが、

他のママ達は、ここをどう乗り越えていったのでしょうか?

お盆の由来はインドか日本か?その意味とは

お盆といえばお盆休みと考える人は多くいるかもしれません。

里帰りや旅行など、ゴールデンウィークのような光景を

お盆休みでも見かけます。

ただ休むだけでなく、お盆の由来を知ることで、

また違った余暇の過ごし方ができるかもしれません。

職場の悩みやストレス解消法とは?多くの原因は人間関係にあり

職場でストレスを感じることがある人は、

非常に多いと思います。ですが、ストレスは絶対に無くなりません。

ストレス解消法でうまくコントロールし、

ストレスに負けてしまうことのないようにしましょう。

仕事のストレスでイライラの限界を感じる前に対処を!

仕事でストレスを感じることは、残念ながら日常的にあると思います。

しかし、ストレスを溜めてイライラしているのは良くありません。

解消しながら、うまくストレスと付き合っていくことが大切です。

幸運を呼ぶ数字とは?車や電話番号と生年月日の数字について

数字には様々な意味や力があると言われます。

たくさんの解釈がありますが、

その中でも、幸運を呼びそうな数字を探してみました。

独身男性の寿命は既婚男性より短い?原因や特徴とは

生涯独身でいれば、自分の好きなように生活できます。

お金や時間を思うがままに使うことができるでしょう。

しかし、独身男性の寿命は既婚男性に比べて短いという

統計データがあります。直接的な原因がないとしても、

独身者としては、ちょっと気になりますね。

独身女性のマンション購入のメリットや選ぶポイント

働く女性の増加、そして独身女性の増加に従い、

マンションを買う女性も増えてきました。

選び方や購入することによるメリットやデメリットとは?

離婚による子供への影響は?子供との話し合いやケアも大切

離婚は、夫婦の終わりとなりますが、

子供にとっては、どちらも親です。

特に精神面のケアをすることが大切となります。

靴の臭いが気になる臭いの原因と対策

現代人で靴を履かない人はほぼいないと思われますが、

毎日同じ靴を履いていると臭いが気になることはありませんか?

足や靴の臭いの原因やその対策とは?

健康診断と会社や労働者の義務について

全ての会社は、社員に対して、

1年に1度必ず健康診断を受診させる義務があるとされています。

会社と労働者にある義務とは?

独身女性の保険の事情とは?どんな保険に入るべきか

日本人の保険の加入率は世界の中で見ても高いそうです。

独身となると貯蓄も気になるところですので、

今回は特にシングル女性の保険の事情について見ていきましょう。

退職願と退職届の違いや辞表の意味は?

会社を辞めようと決意した時、退職願と退職届のどちらを

提出したらいいのでしょうか?そもそも違いとは?

また、辞表と2つの違いは何なのでしょうか?

疲労やストレスが原因で咳が止まらない咳喘息とは

ストレスや疲労と咳は関係があるそうです。

咳は止まらないと非常に辛いですよね。

咳喘息と言われる症状やその原因とは?

睡眠の質を上げたい!朝起きても疲れが取れないのは仰向けで寝ているから?

仕事や学校を終え、睡眠でしっかり疲れを取りたいところですが、

朝起きても、疲れが取れていないことはありませんか?

食生活やストレスの改善と、寝る時の体制も重要となるそうです。

足のむくみをオフィスや自宅で解消 効果的なマッサージとは

足の気になるむくみをちょっとした時間を使って、解消しませんか?

オフィスや自宅でも簡単に出来る解消法です。

積極的にむくみ解消を行い、

むくみを翌日に持ち越さないようにしましょう。

朝の時間を快適に過ごして健康体へ

朝はだるかったり、調子が出ないという方は多いかもしれません。

バタバタしてしまう朝の時間に余裕を持って、

朝食もしっかり摂るようにして、

健康な体づくりの基盤としましょう。

独身女性が老後にかかるお金は5千万!?

筆者:「定年を60歳だとした場合、独身女性が老後にかかるお金はいくらなのですか?」

及川さん:「厚生労働省の発表によると、女性の平均寿命は86歳だと言われております。定年の年齢も寿命も人それぞれですが、今回は老後を26年としましょう。総務省の発表だと、60歳以上で無職一人暮らし世帯の老後の生活費の平均額は、15万7千円です。これを12か月でかけてみると、188万4千円。さらに、これを老後の26年でかけてみると、4千898万4千円です。

単純に考えると、この金額さえあれば生活ができますが、26年間もあれば、旅行に行きたいかもしれませんし、趣味の時間にもお金をかけたくなるかもしれません。そうなると、5千万円は老後に必要となってきますね」

筆者:「5千万円という金額は大きすぎて、貯金できるか自信がありませんね……」

及川さん:「ほとんどの方はそういった気持ちになりますね。しかし、人によっては年金や退職金によって負担を減らせることもあります。たとえばの話ですが、もし相談者さんが厚生年金を払っていて、退職金をもらえた場合、3千万円ほどの負担が減ることもあります。

そうすると、40歳から定年までの20年間は、月に8万円の貯金をすれば老後は安心して暮らせます。もちろん、この額が現実的かどうかはもっと相談者さんの話を聞く必要があります。

引用元-一生独身の女性が老後に必要なお金と貯金方法 | 恋愛jp

スポンサーリンク



  人気記事

独身女性は2千万が貯金目標

独身女性の老後にかかるお金はおよそ5,000万円と言われています。この数字の根拠は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費の全国平均15万円で、平均寿命の86歳まで生きたと仮定した場合、60歳から86歳までの26年間にかかる生活費が4,680万円(15万×12ヶ月×26年=4,680万円)であり、これに最期の入院費用などを加えるとだいたい5,000万円になるという計算によるものです。

5,000万円と聞くと衝撃を受けますが、この額全てを貯金する必要はありません。65歳を越えれば厚生年金を受給額することができるためです。つまり、5,000万円から厚生年金受取総額を差し引いた分が貯金の目標額となります。

65歳から86歳までの女性の年金受取額の総額は、毎月の受給額を女性の平均額11万円として計算した場合、2,900万円(11万円×12ヵ月×22年間=2,900万円)となります。すなわち、5,000万円から2,900万円を差し引いたおよそ2,000万円が貯金目標だということができます。

これは全国平均をもとに算出したものですので、あくまでの一つの目安にすぎません。実際の生活費は地域により大きく異なりますし、住居費がかかるかからないかによっても異なります。

引用元-今から貯めたい老後の生活費 独身女性の貯金

スポンサーリンク



どれくらい貯金してる?30代独身女性について

portrait-1097920_640

みんな今までどのくらい貯金してきたの? 総額はどのくらい? 働く独身の30代女子に気になる貯金総額と何のために貯めているのか聞いてみました!

Q.現在の貯蓄額を教えてください。

100万円未満……17.3%
100万円以上~200万円未満……12.8%
200万円以上~300万円未満……13.1%
300万円以上~400万円未満……11.8%
400万円以上~500万円未満……2.7%
500万円以上~600万円未満……16.2%
600万円以上~800万円未満……0%
800万円以上~900万円未満……4.5%
900万円以上~1,000万円未満……2.7%
1,000万円以上……18.9%

30代ともなると、20代からの差か、貯蓄額にバラつきがありますね。

引用元-みんなどれくらい貯めてるの? 30代の独身女性の貯蓄額をリサーチ!|「マイナビウーマン」

50代独身女性の平均貯金額に対する考え方とは

50代の独身女性の平均貯金額は約700万円です。50代の全世帯平均は約1000万円ですので、単身ですので比較すると若干貯金額は下がります。しかし、50代の独身女性は、間近に迫った老後に備えて、貯金の意識は非常に高いです。

独身者は何事も全て一人で賄わなければならない為、大きな病気をした際や介護が必要になった時に備えて、貯金はもちろん保険に関する備えをしっかりと行っている方が多いのも特徴です。

老後の平均的な生活費は、約15万円(家賃除く)と言われていますので、年金の受取額が現在のまま減額されなければ受け取れるのが約11万円ですので、差額分の備えが必要です。平均寿命までと考えても、約2000万円の貯蓄は必要です。

引用元-50代独身女性の平均貯金額と理想の貯金額 | 独身女性の専門ページ | ピントル

独身女性が貯金額を増やすためには収入アップを目指す

 繰り返しになるが、女性の人生は長い上、大半の独身女性の収入は増えず貯蓄も少ない。しかも老後の年金額も少ない三重苦が待っている。

 だからこそ、借金は厳禁で収入の範囲内で生活する習慣を身に着ける必要がある。ファイナンシャルリサーチ代表の深野康彦さんは次のように話す。

 「親の援助や借金に依存しがちで、収入の範囲内で生活していない独身の女性が目立ちます。交際費や通信費の削減など収支の黒字化が第一歩です」

 次のステップは毎月の収入の中から積立て貯蓄をすることだ。ここでポイントとなるのは「節約して貯蓄するお金を捻出する」ではなく、まず収入から先に貯蓄額を天引きし、残った収入の中で暮らす習慣を身に着けること。

 FPの江原さとみさんは「低コストな生活術を身に着けると2倍トクします」と言う。例えば月2万円生活費をカットすれば月額2万円貯蓄できる。老後はその2万円を取り崩せる上に2万円安く生活する習慣を身に着けているので、4万円の効果があるというわけだ。

 しかし、節約と積立て貯蓄だけでは限界がある。35年もの老後をカバーするには投資も必要だ。

 ただし、投資といっても「株を買って2倍を狙う」というような発想は不要。FPの柳澤美由紀さんは、次のように語る。

 「毎月2万円を定期預金に、2万円を安定性の高い債券に投資する投資信託で積み立てるようなマイルドなもので十分。10年超の期間ならリスクは回避できるし、インフレに打ち勝てます。それに貯蓄型の保険と違い、結婚などで状況が変われば積み立てを中止することもできます。積み立てを中止しても、それまで積み立てた分の運用は続くのも魅力です」

 ここで気を付けたいのは、お金が貯まると、ついマンションなど不動産が欲しくなること。

 だが、50代後半で老後の住まいを確保するためならまだしも、30~40代だと不動産も高額なローン残高も、その後の結婚や転職の障害となり、人生プランの柔軟性を奪う足かせとなりかねない。例えば購入した2500万円のマンションが2割下落すれば500万円の損だ。500万円を貯めるために、どれだけの節約と時間が必要かも考えてみよう。

 江原さんは「節約も大事ですが、王道として、やはり収入アップを目指すべきです」とアドバイス。「独身女性の収入が増えない背景には、たった100円でも時給がアップすれば生涯賃金で大きな差がつくことを認識していないこともあります」と指摘する。

引用元-独身キャリアウーマンを待ち受ける長くて苦しい老後地獄への対処法とは?|賢く貯める節約術!|ザイ・オンライン

 - 恋愛・結婚, 社会 ビジネス