ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

独身女性の保険の事情とは?どんな保険に入るべきか

      2016/02/17

日本人の保険の加入率は世界の中で見ても高いそうです。

独身となると貯蓄も気になるところですので、

今回は特にシングル女性の保険の事情について見ていきましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

偏頭痛の痛みがひどい症状や目がチカチカするのは関係がある?対処法とは?

偏頭痛の痛みがひどい時は、生活の妨げになるほどです。

目がチカチカしたり、ひどい時は吐き気までしてしまうことも。

症状や対処法とは?

顔の毛穴の汚れをしっかり掃除をして美肌になる!

毛穴のケアはしていますか?

顔の毛穴の木になる汚れをしっかり掃除して、

綺麗になりましょう。

花粉症の原因は植林?花粉症の歴史とは

国民病とも言われる花粉症ですが、

そもそもの原因はスギの植林が原因であるようです。

たくさんの人が苦しむ花粉症は一体いつまで続くのでしょうか?

様々な原因があり、解決は中々難しそうです。

肩こりや頭痛がつらい目の奥が痛いのはなぜ?原因とは

パソコン、スマートフォン、テレビなどを見る事が多い現代。

目は大きなダメージを受けています。

肩こりや頭痛、目の奥が痛い症状が出た時は要注意です。

緊張をほぐしたい 緊張に負けないために

発表や試験、試合など様々な場面で緊張してしまうと、

良いパフォーマンスができません。

緊張しやすい人の特徴や緊張をほぐすために必要なことを知り、

うまく緊張と付き合うことが大切です。

セルライトが痛い原因や改善する方法について

セルライトとは、老廃物や水分、脂肪がつまり、

循環が上手く回らずにどんどん肥大化していく現象です。

このセルライトが痛い原因とは何なのでしょうか?

また改善策とは?

起立性低血圧とは?原因や症状と対処法について

起立性低血圧とは、寝たり、座ったりしている状態から、

立ちあがった時に血液の循環がスムーズに行われずに、

脳への血のめぐりが悪くなる状態です。原因や対処法とは?

男性も顔の毛穴のトラブル?ケア方法とは?

顔の毛穴のケアなど、女性の悩みだと思っていませんか?

これは男性にとっても大切なことなのです。

男性と女性の肌の違いとは?

洋服の収納をクローゼットにきれいに収納するコツとは?

服の収納スペースが足りないと感じたり、衣替えの際に、

クローゼットを見直してみませんか?

クローゼットを上手に活用するコツとは?

ホテルの宿泊予約を安くする裏技とは?

ホテルの宿泊の予約は近年、

外国の方も多くなったため取りにくくなっているようです。

そこで、宿泊予約を取るワザや安く済ますテクニックを

ご紹介します。

骨ストレッチとは?ダイエット効果ややり方について

メディアで紹介された骨ストレッチですが、

効果が期待できると人気のようです。

そのやり方や、効果とはどのようなものなのでしょうか?

鼻づまりが気になる 原因や治し方とは

鼻づまりは主に風邪の時になりやすですが、

息がしにくかったり、気になったりします。

治し方を確認して解消しましょう。

南部鉄器の急須で鉄分補給ができるの?

南部鉄器の急須で飲む湯やお茶は、

鉄分が含まれ貧血にも効果的と期待されています。

内容について確認していきましょう。

何か始めたいと思うなら趣味を持とう!

何か始めたいけど、何を始めたらいいかわからない。

そんな人は趣味を持ちましょう。

趣味ができる週末まで、あとちょっとがんばろうと

仕事も頑張れそうです。

冷え性対策のグッズをご紹介 プレゼントにもおすすめ

冷え性のグッズはたくさんありますが、

その中でもおすすめの物をご紹介します。

冷え性の方へのプレゼントにもおすすめです。

テレビを観ながらのSNSは危険?デジタルによる脳への影響とは

周りを見渡せば、デジタルは当たり前の時代になりました。

特に若い人は、今の時代しか知りません。

このテレビやSNSが脳へ及ぼす影響は、

もしかしたらこの先、大きな社会問題となるかもしれません。

子供と川遊びの時に注意すべきこととは

夏の時期は暑く、子供と川遊びもいいですよね。

ですが、川などの自然は、恐い一面もあります。

注意すべき点を確認して楽しく川遊びをしましょう。

冷え性対策のストレッチ 押すと効果のあるツボとは

冷え性に負けないためにストレッチで身体を温めてあげましょう。

簡単にできるストレッチと冷え性に効果があるツボを

ご紹介します。

鍋を食べる時のちょっとしたコツでより美味しく

冬は鍋を食べる機会が多いと思いますが、

ちょっとした工夫やコツで、より美味しくお鍋を

楽しむことができます。是非試してみましょう。

副鼻腔炎とは?原因はストレスや虫歯であることも

副鼻腔炎とは鼻の副鼻腔と言う場所に炎症が起きる病気です。

副鼻腔炎の原因は様々で、その原因に伴う治療が必要です。

歯の異常から起こることもあるそうです。

独身女性の保険の事情について

シングル女性が加入している保険で一番多いものはなんだと思いますか。同じく先ほどのデータによると20代~40代すべての年代において、医療保険・入院保険が最も多くなっています。その加入率は20代では64.2%、30代では70.7%、40代では54.5%となっています。

次に多いのは終身保険。死亡保障が主な目的ですが、一定期間加入し続けると解約返戻金が払込保険料の総額よりも多くなるので、貯蓄性の保険として加入する人もいます。なかでも、シングル女性に関心が高いのが個人年金保険。その加入率は、20代では4.2%、30代が20.7%、40代が22.7%と、30代以上で高くなっています。また、将来の年金額が運用成績で変わる変額個人年金保険に焦点を当ててみると、20代は0%、30代は3.4%。特に40代では9.1%となっており、40代全体の加入率が3.8%ですから、シングル女性の加入率の高さが目立ちますね。30代、40代では高まる老後の不安を「きちんと自分で老後の生活資金を準備しておきたい」という気持ちを反映しているためでしょう。

今度は、どれくらい保険料を支払っているかを見てみましょう。生命保険文化センター「平成25年度生活保障に関する調査」によると、シングル女性の約半数の人が、年間払込保険料が年間12万円未満、つまり月1万円未満の保険料です。これは、死亡保障のついている定期保険や終身保険などの加入率が低く保険料が抑えられているためでしょう。

引用元-保険に加入しすぎ? それとも足りない? シングル女性に必要な保険はコレ! – わたしのマネー術 | @nifty

スポンサーリンク



  人気記事

死亡保険は独身にとってあまり得ではない?

独身女性の場合は、あまり死亡保険はお得ではないと思います。
亡くなってから多額の保険金もらっても仕方ないし、加入するならば自分のお葬式代300万円位が下りる程度の保険でいいと思います。

死亡保険よりも大切なのは、生きるために必要な医療保険とがん保険だと思います。
働き盛りの年代でも病気にかかる可能性はありますし、独身女性の場合は長期療養などで働けなくなる瞬間から収入がストップする危険もあります。 医療保険には先進医療保障付きや女性医療特約などのプランもありますし、要介護状態になった時も給付金がおりるタイプの保険に加入したほうが貯蓄額からの出費も減らせますし病気への備えとして安心できると思います。 また、がんにかかり長期での療養になることも備えてがん保険に加入するのもお勧めだと思います。

引用元-40歳からの生き方!独身女性の老後に向けての備えに必要な6項目 | 美Plan

スポンサーリンク



がん保険は女性特有の病気もあるのでおすすめ

50代から急に入院患者が増える病気は「がん」です。特に女性だと、「乳がん」や「卵巣がん」など女性特有のがんの病気が一気に増えてきます。50代からがん保険に加入すると、若い時から加入している人に比べて毎月の保険料が高くなりますので、少しでも若いうちから加入しておくことをお勧めします。

また、金額が高くなるだけでなく、高齢になったり、病気になってしまってからでは加入出来ないところがほとんどですので、健康なうちから入っておくことが重要になってきます。もし保険に入れなければ、全額負担しなければなりません。かなり辛い出費にならないよう、今のうちらか対策をしておきましょう。

引用元-独身女性の老後|今から考えておきたいリスクと備え方10選|UpIn[アップイン]

介護保障がついている保険も視野に入れておく

高齢による介護だけではなく、若い方も事故や病気で介護状態になるケースも想定されます。国の公的
介護保険は、40歳以上のすべての人が加入して保険料を納めています。

65歳以上の第一被保険者は要介護状態になった際に給付がありますが、40歳~64歳の第二被保険者は要介護状態になっても、16種類のいづれか特定疾病状態に該当しなければ給付されません。
(例えば末期がん患者、糖尿病性神経障害、パーキンソン病など)
40歳以下には、この制度も該当しません。

介護は治療費や生活費、リハビリ費や住宅をバリアフリーに改造するなど膨大な費用がかかる為、
働けなくなり、収入が途絶えてしまうと貯蓄を切り崩して生活する事になります。

上記に該当しない場合は公的介護年金からの給付はありませんので、民間の保険でカバーする事も
視野に入れてみてはいかがでしょうか。

例として、自力で食事や排せつが難しい状態が30日継続した場合に保険が給付されるというものが
あります。この何日間継続したら、がポイントです。180日継続というものもあるので、出来れば短期間で降りる保険を選ぶのが良いと思われます。

引用元-老後も独身?現在40歳以上、独身を貫こうと思っている人へ|UpIn[アップイン]

独身には貯金も大事!保険と同時にクセつけよう

毎月決まった金額の貯金をしていない女性はこの際、貯金グセをつけましょう。

貯金グセをつけるためには「余ったら貯金」ではなく「貯金をして余った分を生活費」と、発想を逆にしてみましょう。

「余ったら貯金」では私もそうでしたが絶対にお金は余りません!!

預貯金の額が増えれば生活にも余裕が出てきますし、何よりお金の使い方がわかってきます。

緊急予備資金として、生活に必要のない金額で200万円ほど貯める事が出来たら医療保険の保障を減らしてもいいかもしれないですね。

貯金ぐせがつけば、結婚費用や住宅購入費など、将来自分が使えるお金の選択肢が拡がります。

万が一病気になっても貯金があれば安心して治療に臨めますし、完治後の生活の不安も少なくなるはずです。

引用元-【アラサー女子必見!】独身女性に保険は必要? | みんなのほけんゼミ

 - 恋愛・結婚, 生活の知恵, 社会 ビジネス