ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

独身女性の保険の事情とは?どんな保険に入るべきか

      2016/02/17

日本人の保険の加入率は世界の中で見ても高いそうです。

独身となると貯蓄も気になるところですので、

今回は特にシングル女性の保険の事情について見ていきましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

独身者の老後生活孤独は寂しい?住宅や病気は?

独身者の老後は寂しいとよく言われますが、

それは独身者に限られた事ではないので心配する事はないと思います。

ただ、孤独や不安を感じやすかったり、病気などをした場合の事は

よく考えておくべきだと思われます。

住宅などもしっかりとしたプランが必要かもしれません。

セルライトが痛い原因や改善する方法について

セルライトとは、老廃物や水分、脂肪がつまり、

循環が上手く回らずにどんどん肥大化していく現象です。

このセルライトが痛い原因とは何なのでしょうか?

また改善策とは?

健康診断と会社や労働者の義務について

全ての会社は、社員に対して、

1年に1度必ず健康診断を受診させる義務があるとされています。

会社と労働者にある義務とは?

痰がからむ 違和感の原因とは?

のどに痰がからむような違和感を感じるのは、

風邪やアレルギーが原因であることが主です。

悪化しないように気をつけましょう。

朝が弱い 起きれない人の対処法

毎日の朝が起きれなくてつらい。

そんな朝が弱い人におすすめの睡眠から快適に

目覚めることができる方法をいくつかご紹介します。

高血圧で血圧を下げたい!血圧を下げる方法はお酢?

昔からお酢は健康に良いと言われています。

疲労回復、痛風などに効果があるとされていますが、

血圧を下げる方法としてもお酢は注目されているのです。

年賀状のマナー特に気をつけたいビジネス関係への書き方とは

ビジネスの上で年賀状は感謝や抱負を述べる大切な

ツールとなります。マナー違反な年賀状にならないように、

注意して書きましょう。

離婚による子供への影響は?子供との話し合いやケアも大切

離婚は、夫婦の終わりとなりますが、

子供にとっては、どちらも親です。

特に精神面のケアをすることが大切となります。

頭痛が後頭部にあり発熱も?髄膜炎はどんな病気?

後頭部の頭痛や発熱など、風邪のような症状で、

重大な病気の可能性があるかもしれません。

ただの頭痛だと甘く見ず、症状を知って対応できるようにしましょう。

カイロダイエットをする時にカイロを貼る場所とは

ダイエット効果を高めたい時は、

内臓を温めることがポイントなんだそうです。

カイロを使ったダイエット方法とは?

貼る場所はどこに貼るのが効果的なのでしょうか?

紅茶の効能はメリットだけではないデメリットについて

このブログでも紅茶の数々の効能についての

記事がいくつかありますが、デメリットもあるようです。

特に好きで飲み過ぎてしまう方や貧血の方などは、

気をつけましょう。

宴会や一発芸に!手品で簡単なトランプやコインを使ったマジック

手品が出来ると盛り上がりますが、

難しくて中々マスター出来ないものです。

比較的簡単そうな手品をまとめてみましたので、

参考にしてみてください。

乾燥するオフィスで顔などの乾燥対策をしよう

オフィスでの乾燥はお肌に影響するので心配ですよね。

もちろん、家で顔などのスキンケアも大事なのですが、

オフィスでできる、ちょっとした対策を試してみませんか?

初動負荷トレーニングとは?得られる効果について

有名スポーツ選手も行っているとされる、

初動負荷トレーニングとはどんなトレーニングなのでしょうか?

また、それによって得られる効果とは?

携帯のLTEって何?LTEと4Gの違いや通信速度は?

携帯も昔とは全然変わってしまいました。

通信をよく使う人ならご存知かもしれませんが、

LTEって何のことだか知っていましたか?

足の裏の魚の目の芯の取り方

足の裏に魚の目ができても、症状がひどくなければ、

セルフケアで済ませる人が多いかもしれません。

しかし、セルフケアには十分な注意が必要です。

原因や予防策を知って再発しないようにしましょう。

憩室炎とはどんな症状の病気?痛み方は?

憩室炎は、大腸の壁が外に飛び出してできる憩室で、

細菌が繁殖して炎症を起こす病気です。

症状や原因は、どのようなものなのでしょうか?

リンパマッサージとは?その効果について

リンパマッサージは聞いたことはあっても、

どんなものかというのは知らない方もしるかもしれません。

効果とはどのようなものなのでしょうか?

心臓が痛い時に考えられる病気は?何科にかかるべき?

心臓が痛いと感じる時は色々と不安になると思います。

考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

また、何科にかかればいいのでしょうか?

心臓が痛いチクチクする痛みの原因や注意すべきこととは

チクチクとした心臓の痛みが気になるという人は、

意外と多いかもしれません。

心臓が痛い原因は様々あるようです。

独身女性の保険の事情について

シングル女性が加入している保険で一番多いものはなんだと思いますか。同じく先ほどのデータによると20代~40代すべての年代において、医療保険・入院保険が最も多くなっています。その加入率は20代では64.2%、30代では70.7%、40代では54.5%となっています。

次に多いのは終身保険。死亡保障が主な目的ですが、一定期間加入し続けると解約返戻金が払込保険料の総額よりも多くなるので、貯蓄性の保険として加入する人もいます。なかでも、シングル女性に関心が高いのが個人年金保険。その加入率は、20代では4.2%、30代が20.7%、40代が22.7%と、30代以上で高くなっています。また、将来の年金額が運用成績で変わる変額個人年金保険に焦点を当ててみると、20代は0%、30代は3.4%。特に40代では9.1%となっており、40代全体の加入率が3.8%ですから、シングル女性の加入率の高さが目立ちますね。30代、40代では高まる老後の不安を「きちんと自分で老後の生活資金を準備しておきたい」という気持ちを反映しているためでしょう。

今度は、どれくらい保険料を支払っているかを見てみましょう。生命保険文化センター「平成25年度生活保障に関する調査」によると、シングル女性の約半数の人が、年間払込保険料が年間12万円未満、つまり月1万円未満の保険料です。これは、死亡保障のついている定期保険や終身保険などの加入率が低く保険料が抑えられているためでしょう。

引用元-保険に加入しすぎ? それとも足りない? シングル女性に必要な保険はコレ! – わたしのマネー術 | @nifty

スポンサーリンク



  人気記事

死亡保険は独身にとってあまり得ではない?

独身女性の場合は、あまり死亡保険はお得ではないと思います。
亡くなってから多額の保険金もらっても仕方ないし、加入するならば自分のお葬式代300万円位が下りる程度の保険でいいと思います。

死亡保険よりも大切なのは、生きるために必要な医療保険とがん保険だと思います。
働き盛りの年代でも病気にかかる可能性はありますし、独身女性の場合は長期療養などで働けなくなる瞬間から収入がストップする危険もあります。 医療保険には先進医療保障付きや女性医療特約などのプランもありますし、要介護状態になった時も給付金がおりるタイプの保険に加入したほうが貯蓄額からの出費も減らせますし病気への備えとして安心できると思います。 また、がんにかかり長期での療養になることも備えてがん保険に加入するのもお勧めだと思います。

引用元-40歳からの生き方!独身女性の老後に向けての備えに必要な6項目 | 美Plan

スポンサーリンク



がん保険は女性特有の病気もあるのでおすすめ

50代から急に入院患者が増える病気は「がん」です。特に女性だと、「乳がん」や「卵巣がん」など女性特有のがんの病気が一気に増えてきます。50代からがん保険に加入すると、若い時から加入している人に比べて毎月の保険料が高くなりますので、少しでも若いうちから加入しておくことをお勧めします。

また、金額が高くなるだけでなく、高齢になったり、病気になってしまってからでは加入出来ないところがほとんどですので、健康なうちから入っておくことが重要になってきます。もし保険に入れなければ、全額負担しなければなりません。かなり辛い出費にならないよう、今のうちらか対策をしておきましょう。

引用元-独身女性の老後|今から考えておきたいリスクと備え方10選|UpIn[アップイン]

介護保障がついている保険も視野に入れておく

高齢による介護だけではなく、若い方も事故や病気で介護状態になるケースも想定されます。国の公的
介護保険は、40歳以上のすべての人が加入して保険料を納めています。

65歳以上の第一被保険者は要介護状態になった際に給付がありますが、40歳~64歳の第二被保険者は要介護状態になっても、16種類のいづれか特定疾病状態に該当しなければ給付されません。
(例えば末期がん患者、糖尿病性神経障害、パーキンソン病など)
40歳以下には、この制度も該当しません。

介護は治療費や生活費、リハビリ費や住宅をバリアフリーに改造するなど膨大な費用がかかる為、
働けなくなり、収入が途絶えてしまうと貯蓄を切り崩して生活する事になります。

上記に該当しない場合は公的介護年金からの給付はありませんので、民間の保険でカバーする事も
視野に入れてみてはいかがでしょうか。

例として、自力で食事や排せつが難しい状態が30日継続した場合に保険が給付されるというものが
あります。この何日間継続したら、がポイントです。180日継続というものもあるので、出来れば短期間で降りる保険を選ぶのが良いと思われます。

引用元-老後も独身?現在40歳以上、独身を貫こうと思っている人へ|UpIn[アップイン]

独身には貯金も大事!保険と同時にクセつけよう

毎月決まった金額の貯金をしていない女性はこの際、貯金グセをつけましょう。

貯金グセをつけるためには「余ったら貯金」ではなく「貯金をして余った分を生活費」と、発想を逆にしてみましょう。

「余ったら貯金」では私もそうでしたが絶対にお金は余りません!!

預貯金の額が増えれば生活にも余裕が出てきますし、何よりお金の使い方がわかってきます。

緊急予備資金として、生活に必要のない金額で200万円ほど貯める事が出来たら医療保険の保障を減らしてもいいかもしれないですね。

貯金ぐせがつけば、結婚費用や住宅購入費など、将来自分が使えるお金の選択肢が拡がります。

万が一病気になっても貯金があれば安心して治療に臨めますし、完治後の生活の不安も少なくなるはずです。

引用元-【アラサー女子必見!】独身女性に保険は必要? | みんなのほけんゼミ

 - 恋愛・結婚, 生活の知恵, 社会 ビジネス