ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

独身者の老後へ資金は?男性も女性も貯金はどのくらい?

   

独身者にとって老後の不安は大きくあると思います。

年金なども含めて資金はどれくらい必要なのか?

貯金はどのくらいするべきなのでしょう?

スポンサーリンク

  関連記事

季節性情動障害とは?冬季うつの症状について

主に秋から冬にかけて悪化するタイプのうつ病で、

冬季うつや季節性うつ病、季節性感情障害と呼ばれたりもします。

冬場は体がだるいなどがある方は、

もしかしたら冬季うつ病なのかもしれません。

アウトレットの買い物は金曜がおすすめ? 攻略情報をお届け

アウトレットモールへは行くだけでも楽しめます。

しかし店舗が多かったり求めている商品がないと残念です。

そうならないために、うまくアウトレットモールで

買い物をするコツを身につけましょう。

腸閉塞の症状や原因について

便秘とよく似た症状を持つと言われる腸閉塞。

では、腸閉塞の症状とは?

原因や見分け方は、どのようなものなのでしょうか?

後鼻漏で痰が絡む?痰の色で病気がわかることも

後鼻漏で悩む人は増加傾向にあるそうです。

痰が絡むなどのすっきりしない症状は改善したいものです。

また、痰の色で病気をある程度判別できることもあるそうです。

コートの気になる毛玉の原因や取る方法とは

コートの季節になりました。

そして気になるのが、毛玉です。

あるもので簡単に取ることが出来るそうなので、

試してみましょう。

足のむくみをオフィスや自宅で解消 効果的なマッサージとは

足の気になるむくみをちょっとした時間を使って、解消しませんか?

オフィスや自宅でも簡単に出来る解消法です。

積極的にむくみ解消を行い、

むくみを翌日に持ち越さないようにしましょう。

炭酸水の効能による美容効果について

炭酸水の効能により美容や健康に効果があるそうです。

血行促進によりデトックス効果が期待できたり、

肌にも効果がありそうです。

また、ダイエットにも期待できるとの事なので、

うまく炭酸水を活用しましょう。

耳鳴りが気になる 耳鳴りの原因と特徴について

耳鳴りの症状は、音がするものがないのに、

様々な音が聞こえるというものです。

病気の場合もあるそうですが、多くはストレスや疲れが

溜まっている時に起こるそうです。

若白髪の若者が増加する原因は?20代でも気をつけたい生活習慣

10代や20代でも若白髪が発生することがあり、若白髪と呼ばれます。

歳を取ると発生するはずの白髪がなぜ若者も発生してしまうのでしょう?

原因や対策とは?

子供に起こりやすい溶連菌感染症の症状は大人でも感染する場合がある?

子供がいる方には割となじみがあるかもしれない溶連菌ですが、

この溶連菌は子供だけでなく大人にも感染の可能性があります。

症状や合併症は?

水切りヨーグルトの栄養や効果とは?ダイエットにも効果あり

ヨーグルトは、健康的な食べ物という印象が強いですが、

水切りヨーグルトは、その効果を高めることに期待できるそうです。

水切りヨーグルトの作り方や、栄養と効果について見てみましょう。

幸運を呼ぶ数字とは?車や電話番号と生年月日の数字について

数字には様々な意味や力があると言われます。

たくさんの解釈がありますが、

その中でも、幸運を呼びそうな数字を探してみました。

静電気除去グッズの気になる効果とは?

現在たくさんの静電気除去シートが販売されいますが、

どんなグッズが一番効果があるのでしょう?

生活スタイルや体質に合ったグッズを見つけましょう。

紅茶に含まれるカフェインの効果とは

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーですが、

紅茶にもカフェインは含まれているのです。

その効果とはどのようなものなのでしょうか。

年賀状がマナー違反にならないように年賀状の書き方について

年賀状は昔から何気なく書いていましたが、

知らず知らずのうちにマナー違反な書き方を

私もしていました。しっかりとした知識をつけて

新年早々、恥をかかないようにしましょう。

耳かきの頻度やコツについてについて 耳掃除をしすぎると良くない?

耳かきはどのくらいの頻度で行っていますか?

あまり頻繁にしすぎると良くないそうです。

耳掃除のコツや安全な耳かきの方法とは?

口内炎の治し方でハチミツの効果はどうなの?

はちみつは、口内炎の民間療法のひとつとして、

昔からおこなわれている治療方法です。

口内炎に直接はちみつを塗ると、とても痛みますが、

口内炎の治りをよくしてくれるそうです。

脇の下のしこりやリンパが痛い原因とは?

脇の下にしこりができたり、リンパが痛い時、

その原因は気になると思います。

簡単ではありますが、原因についてご紹介します。

赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方とは?赤ちゃんへの授乳は?

赤ちゃんがしゃっくりをしていると、

大丈夫かな?と気になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、あまり心配することもないようです。

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

独身の老後資金を考えるときはまずゴールの設定から

「老後に備える資産運用は、ゴールの設定から始まります。例えば『入居金500万円+月額15万円』の老人ホームへの入居をご希望される場合、普通にお勤めされ、当然のことながら年金保険料もきちんと納付されていればある程度なんとかなります」(堀池さん)

年金には大別して2種類あり国民年金からは「老齢基礎年金」が、厚生年金からは「老齢厚生年金」が支給される。

「支給額は『老齢基礎年金の場合は78万100円(※1)』『老齢厚生年金の場合は89万7,800円(※2)』で、1カ月あたり計13万9,825円です。このため月々の支払は不足し、且つ勤務先に退職金制度が無い場合は入居金も貯金しなければなりません。仮に老後を65歳からの20年程度で想定する場合、物価の問題を置いておくと、必要準備総額は『500万円(入居金)+244.2万円(月の不足額累計)=744.2万円』です。これを今から30年程度かけて準備する場合、利息や積立利率益を含めなくとも月々の必要積立額は2万672円で、比較的現実性のある数字となります。またこの範囲であれば、安全性の面から貯金や利回りの高い個人年金保険が有利です」(堀池さん)

引用元-一生独身の人に必要となる老後資金を試算してみた! – Ameba News [アメーバニュース]

スポンサーリンク



  人気記事

独身者の老後の生活費はどのくらいかかるの?

ライフスタイルとして基本的な生活が送れればいいのか、または余暇なども楽しみゆとりのある生活を送りたいのかで、かかる生活費は異なります。ここでは両方の金額を検討してみます。

60歳以上の1人暮らし高齢者の平均的な基本生活費は、15.3万円。この金額には住宅ローンを考慮していないので、60歳以降も賃貸住宅の場合には賃料を上乗せしてみてください。さらにこの金額は、衣食住のいわゆる「基本生活費」にかかる金額です。例えば、旅行に行ったり趣味や習い事など、ゆとりある老後を過ごしたいと思うなら、「ゆとりある生活」を送るには25万円くらいを考えておくといいかもしれません。

参考までに、夫婦二人の場合には基本的な生活費は毎月25万円、「ゆとりある生活」の場合には35.4万円となるので、1人暮らし世帯のかかる生活費は二人世帯よりも低くなります。

引用元-【独身者が知っておきたい老後資金】一生独身だったらいくら必要?|UpIn[アップイン]

スポンサーリンク



独身者の老後のための貯金はどのくらいしておけばいいのか

ここでは、65歳まで会社に勤めた場合で考えてみます。

現時点での公的年金制度では、現在20~30代の人は国民年金・厚生年金ともに、65歳からの支給となります。

ここで質問ですが、65歳からの生活費はいくら必要だと思いますか?

人によってライフスタイルが違うのでそれぞれ足したり引いたりして欲しいですが、最低限必要なお金で言うと、食費・光熱費・社会保険料、賃貸住まいであれば家賃、持家であれば修繕費などですね。

それに交際費、旅費、などのぜいたく費が加わってきますよね。

データでは年間約180万円、一月あたり約15万円と発表されています。(総務省「家計調査報告2013年」より)

では収入面はというと、国民年金と厚生年金で少なめで見積もってみると、年間約136万円、一月あたりでは約11.4万円ですね。

65歳から仮に90歳まで生きたとすると、25年間で必要なお金は4,500万円
年金収入が3,420万円だとすると不足金額は約1,080万円。

65歳までに1,080万円のお金を貯めておかないと、最低限の生活すらまともにできないということになります。

65歳までに1,080万円ですから、40歳から積み立てを始めたとすると、月々3.6万円。

30歳から始めると、月々2.6万円が必要積立額となります。

毎月の給料から2万、3万円のセカンドライフ用の積立をするとなると、結構な金額ですね。

引用元-独身女性の老後に知っておきたい必要額と預金や貯蓄の仕方 | 女子ハウ

老後資金の貯金額を2000万とすると年代別の目安の貯金額とは

まず30代の方は500万円くらい貯められるといいですね。貯蓄の習慣を作りましょう。
続いて40代は働き盛りです!ここで頑張って1,400万円まで貯められるといいですね。
最後に50代の方は、ラストスパートです。この10年間で残りの600万円を蓄えておきましょう。
いかがでしょうか。
なかなか厳しい現実に、目を背けたくなる方も多いかもしれません。
しかし、人は必ず年を取るのです。退職間際になって慌てるのではなく、気付いた今を大切に、なるべく早く行動に移しましょう。
大きな金額でも給与天引きや口座引き落としなど、ちょっとしたコツで貯めやすくなります。さらに、「金利」や「時間」の力を使う事によって、負担を軽減することもできるんです。

引用元-<独身女性>老後資金と安心できる貯金の金額とは!?|Sodan[ソダン]

老後資金の一つである年金は枯渇してしまうのか?

日本の年金制度は、現役世代がお年寄り世代の年金を支払う賦課方式です。少子高齢化という流れが加速していった結果、現役世代の負担は増しています。

1965年にはお年寄り世代一人を現役世代9人で支えていましたが、2012年では、現役世代3人で支えています。さらに2050年には、現役世代1人で支えることになると言われています。

グラフのように年金額を取り崩していくスピードは、現役世代で高齢者を支えることができなくなり、年金制度が崩壊するのは時間の問題なのです。

さらに、2013年の4月から厚生年金の受給開始年齢が61歳に引き上げられました。

今後も、3年ごとに1歳づつ段階的に厚生年金の受給開始年齢は上がっていき、2025年4月には65歳にならないと、年金を受け取ることができないようになります。

政府は「年金100年安心プラン」と盛んに宣伝していましたが、支給開始年齢が引き上げられたことで安心感は薄れてきています。私たちは、老後にむけて自分の身を守らなければならないのです。

引用元-貯めていては間に合わない。老後の資金を確実に確保する方法

 - 恋愛・結婚, 生活の知恵, 社会 ビジネス