ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

独身者の老後へ資金は?男性も女性も貯金はどのくらい?

   

独身者にとって老後の不安は大きくあると思います。

年金なども含めて資金はどれくらい必要なのか?

貯金はどのくらいするべきなのでしょう?

スポンサーリンク

  関連記事

納豆の栄養分や効果とは 女性にはオススメの食材

納豆は体に良いというイメージがありますが、

具体的にどんな栄養分が含まれているのでしょう?

効果と一緒に栄養素について確認します。

食べ物で体質を改善して静電気を起きにくくする

静電気が起きやすい体質の方は、

食生活を見直して、その体質を改善できるかもしれません。

やはり何事も健康が第一です!

背中に激痛で動けない!原因はぎっくり背中?

背中の痛みの原因は様々ですが、

その中でもぎっくり背中について確認します。

その効果が期待できる対処法や予防法とは?

足がむずむずして眠れない症状はむずむず脚症候群かも?原因や症状について

脚の奥の方に気持ちの悪い感覚があったり、

安静にしているときに足がむずむずするなどの症状がある場合、

それはむずむず脚症候群かもしれません。

症状や原因を確認してみましょう。

口内炎の治し方 唇にできたときはどうしたいい?

口内炎ができる原因はいくつかあるようですが、

舌や唇にできると食事がしにくかったりします。

唇の裏にできやすい口内炎の治し方とは?

炭酸水の効能は高血圧や生理痛にも効果あり 飲む量が多いとデメリットも

炭酸水は健康や美容に効果があると言われますが、

高血圧や心臓病、生理痛にも効果があるとされています。

炭酸水の作り方や飲む量について確認しましょう。

デメリットもあるので、飲み過ぎには注意です。

鎖骨が痛い原因は何?位置によっても違う?

鎖骨が痛い原因については生活習慣によって様々です。

中でも鎖骨の下が痛いという人は多いかもしれません。

鎖骨の痛みの位置でも原因が違ったりするそうです。

足の痺れの原因は坐骨神経痛?原因や症状とは

坐骨神経痛とは腰から膝の辺りまで伸びている神経で、

足の痛みも坐骨神経痛の事が多いのです。

痺れや痛みと坐骨神経痛について確認しましょう。

セーターの縮みを直す方法とは トリートメントを使う

お気に入りのセーターが縮んでしまって

着られない、なんてことありませんか?

なんとトリートメントを使って縮みを戻すことができるのです。

もしかして膀胱炎?女性に多い膀胱炎の症状や原因について

膀胱炎は女性に多い病気です。

残尿感や痛みなど、気になることがあったら、

すぐに病院にかかることが大切です。

症状を確認して、予防もしっかりしましょう。

口呼吸は今すぐ改善!口呼吸の治し方とは?

最近鼻呼吸ではなく口呼吸の子供が増えています。

口呼吸はなぜ良くないのか?

治し方とその理由を確認しましょう。

大掃除のコツは重曹を使いこなすことにあった

大掃除の頑固な汚れを落とすには、

重曹を使いこなすことがコツのようです。

簡単にまとめてみました。

花粉症による目のかゆみで花粉症は子供もなるの?

子供の花粉症は増えているそうです。

今や5~9歳で13.7%、10~19歳では31.4%もいて、

なんと赤ちゃんまで花粉症になるそうです。

子供はよく目をかくので、目のかゆみなどの症状に気をつけましょう。

咳が止まらない原因は病気?夜になると止まらなくなるのはなぜ?

風邪でない時や風邪が治っても咳の症状が

止まらないのはなぜなのでしょうか?

夜になると咳が出る人の原因とは?

預金と貯金の違いとは?貯蓄もまた意味が違う?

預金や貯金をしている方は多いと思いますが、

この言葉の違いはご存知ですか?

貯蓄もまた、意味が違うようです。

日常生活で間違わないようにしましょう。

耳がこもる症状の原因は風邪?気を付けたい病気とは?

風邪の時に、耳が聞こえにくかったり、

こもるような感覚を受けたことはありませんか?

この耳がこもる症状は、どのようなことが原因なのでしょうか?

肩こりや頭痛がつらい目の奥が痛いのはなぜ?原因とは

パソコン、スマートフォン、テレビなどを見る事が多い現代。

目は大きなダメージを受けています。

肩こりや頭痛、目の奥が痛い症状が出た時は要注意です。

顎関節症が原因で耳が痛いことも?顎関節症の原因とは?

耳の下や、耳の前にある関節が痛いと思ったら、

顎関節症の可能性があります。

顎関節症で悩んでいる人は痛みの緩和法も参考にしてください。

入浴の効果は美容にも 正しい入浴でキレイになろう

入浴することで美容にも効果をもたらします。

ただ、入浴方法を間違えると、

逆効果になることもあるようなので、注意が必要です。

仕事のストレスでイライラの限界を感じる前に対処を!

仕事でストレスを感じることは、残念ながら日常的にあると思います。

しかし、ストレスを溜めてイライラしているのは良くありません。

解消しながら、うまくストレスと付き合っていくことが大切です。

独身の老後資金を考えるときはまずゴールの設定から

「老後に備える資産運用は、ゴールの設定から始まります。例えば『入居金500万円+月額15万円』の老人ホームへの入居をご希望される場合、普通にお勤めされ、当然のことながら年金保険料もきちんと納付されていればある程度なんとかなります」(堀池さん)

年金には大別して2種類あり国民年金からは「老齢基礎年金」が、厚生年金からは「老齢厚生年金」が支給される。

「支給額は『老齢基礎年金の場合は78万100円(※1)』『老齢厚生年金の場合は89万7,800円(※2)』で、1カ月あたり計13万9,825円です。このため月々の支払は不足し、且つ勤務先に退職金制度が無い場合は入居金も貯金しなければなりません。仮に老後を65歳からの20年程度で想定する場合、物価の問題を置いておくと、必要準備総額は『500万円(入居金)+244.2万円(月の不足額累計)=744.2万円』です。これを今から30年程度かけて準備する場合、利息や積立利率益を含めなくとも月々の必要積立額は2万672円で、比較的現実性のある数字となります。またこの範囲であれば、安全性の面から貯金や利回りの高い個人年金保険が有利です」(堀池さん)

引用元-一生独身の人に必要となる老後資金を試算してみた! – Ameba News [アメーバニュース]

スポンサーリンク



  人気記事

独身者の老後の生活費はどのくらいかかるの?

ライフスタイルとして基本的な生活が送れればいいのか、または余暇なども楽しみゆとりのある生活を送りたいのかで、かかる生活費は異なります。ここでは両方の金額を検討してみます。

60歳以上の1人暮らし高齢者の平均的な基本生活費は、15.3万円。この金額には住宅ローンを考慮していないので、60歳以降も賃貸住宅の場合には賃料を上乗せしてみてください。さらにこの金額は、衣食住のいわゆる「基本生活費」にかかる金額です。例えば、旅行に行ったり趣味や習い事など、ゆとりある老後を過ごしたいと思うなら、「ゆとりある生活」を送るには25万円くらいを考えておくといいかもしれません。

参考までに、夫婦二人の場合には基本的な生活費は毎月25万円、「ゆとりある生活」の場合には35.4万円となるので、1人暮らし世帯のかかる生活費は二人世帯よりも低くなります。

引用元-【独身者が知っておきたい老後資金】一生独身だったらいくら必要?|UpIn[アップイン]

スポンサーリンク



独身者の老後のための貯金はどのくらいしておけばいいのか

ここでは、65歳まで会社に勤めた場合で考えてみます。

現時点での公的年金制度では、現在20~30代の人は国民年金・厚生年金ともに、65歳からの支給となります。

ここで質問ですが、65歳からの生活費はいくら必要だと思いますか?

人によってライフスタイルが違うのでそれぞれ足したり引いたりして欲しいですが、最低限必要なお金で言うと、食費・光熱費・社会保険料、賃貸住まいであれば家賃、持家であれば修繕費などですね。

それに交際費、旅費、などのぜいたく費が加わってきますよね。

データでは年間約180万円、一月あたり約15万円と発表されています。(総務省「家計調査報告2013年」より)

では収入面はというと、国民年金と厚生年金で少なめで見積もってみると、年間約136万円、一月あたりでは約11.4万円ですね。

65歳から仮に90歳まで生きたとすると、25年間で必要なお金は4,500万円
年金収入が3,420万円だとすると不足金額は約1,080万円。

65歳までに1,080万円のお金を貯めておかないと、最低限の生活すらまともにできないということになります。

65歳までに1,080万円ですから、40歳から積み立てを始めたとすると、月々3.6万円。

30歳から始めると、月々2.6万円が必要積立額となります。

毎月の給料から2万、3万円のセカンドライフ用の積立をするとなると、結構な金額ですね。

引用元-独身女性の老後に知っておきたい必要額と預金や貯蓄の仕方 | 女子ハウ

老後資金の貯金額を2000万とすると年代別の目安の貯金額とは

まず30代の方は500万円くらい貯められるといいですね。貯蓄の習慣を作りましょう。
続いて40代は働き盛りです!ここで頑張って1,400万円まで貯められるといいですね。
最後に50代の方は、ラストスパートです。この10年間で残りの600万円を蓄えておきましょう。
いかがでしょうか。
なかなか厳しい現実に、目を背けたくなる方も多いかもしれません。
しかし、人は必ず年を取るのです。退職間際になって慌てるのではなく、気付いた今を大切に、なるべく早く行動に移しましょう。
大きな金額でも給与天引きや口座引き落としなど、ちょっとしたコツで貯めやすくなります。さらに、「金利」や「時間」の力を使う事によって、負担を軽減することもできるんです。

引用元-<独身女性>老後資金と安心できる貯金の金額とは!?|Sodan[ソダン]

老後資金の一つである年金は枯渇してしまうのか?

日本の年金制度は、現役世代がお年寄り世代の年金を支払う賦課方式です。少子高齢化という流れが加速していった結果、現役世代の負担は増しています。

1965年にはお年寄り世代一人を現役世代9人で支えていましたが、2012年では、現役世代3人で支えています。さらに2050年には、現役世代1人で支えることになると言われています。

グラフのように年金額を取り崩していくスピードは、現役世代で高齢者を支えることができなくなり、年金制度が崩壊するのは時間の問題なのです。

さらに、2013年の4月から厚生年金の受給開始年齢が61歳に引き上げられました。

今後も、3年ごとに1歳づつ段階的に厚生年金の受給開始年齢は上がっていき、2025年4月には65歳にならないと、年金を受け取ることができないようになります。

政府は「年金100年安心プラン」と盛んに宣伝していましたが、支給開始年齢が引き上げられたことで安心感は薄れてきています。私たちは、老後にむけて自分の身を守らなければならないのです。

引用元-貯めていては間に合わない。老後の資金を確実に確保する方法

 - 恋愛・結婚, 生活の知恵, 社会 ビジネス