ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

カレーが食べたくなるのは風邪気味や前兆?予防効果も?

   

国民食と言われるカレーですが、カレーはお好きですか?

カレーが異常に食べたくて仕方ない!なんて時は、

それは風邪の前兆かもしれないそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

青森県の寒い冬に温もりのストーブ列車

青森県津軽鉄道のストーブ列車は、

車内にダルマストーブをつけて温まったり、

窓から地吹雪の景色を眺めるのが醍醐味です。

昼食後の昼寝による効果は?身長を伸ばしたいなら質の良い睡眠を

遺伝の関係等で全ての人という訳には

いかないかもしれませんが、睡眠で成長ホルモンが分泌される

事が身長を伸ばすには重要となります。

昼寝は短い時間でよりよい睡眠をとるようにしましょう。

カイロダイエットをする時にカイロを貼る場所とは

ダイエット効果を高めたい時は、

内臓を温めることがポイントなんだそうです。

カイロを使ったダイエット方法とは?

貼る場所はどこに貼るのが効果的なのでしょうか?

足のむくみの原因について むくみが症状の病気は?

むくみは血液の循環と深く関わっています。

静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、

戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態がむくみです。

足のむくみの原因を知り、予防できるようにしましょう。

痰がからむ咳は病気?風邪?

痰がからむような咳は苦しくなります。

病気かもしれないと思うこともあるでしょう。

心配しすぎもよくありませんが、

軽視せず症状によって対応しましょう。

入園・入学祝いのお返しは必要?礼状やのしの書き方とは?

子供が入園・入学祝いをもらったら、

お返しをしなくてはと思ってしまいますね。

ですが、基本的にお返しは必要ではないそうです。

健康や美容にも関係が深いケイ素の効果や効能について

ケイ素は、シリカ(二酸化ケイ素)とも呼ばれており、

地球上のあらゆる物質や物体にケイ素が含まれているそうです。

注目されるケイ素の効果や効能とは?

尿の異常な色と臭いは病気のサイン?原因とは?

尿は腎臓で血液をろ過することによって作られ、

体の中の不要な物質を体外に排泄する大切な役割があります。

色やにおいの異常も何かのサインということが多いそうです。

健康体でも尿の色が濃くなったりすることもあるので、

あまり心配しすぎもよくありませんが、

一つの目安として覚えておくといいかもしれません。

靴擦れした親指の治療は?水ぶくれも靴擦れ?

新しい靴をおろしたときは気分がいいものですが、

靴擦れになるとその気持ちも半減してしまいます。

親指にできた靴擦れの対処法とは?

口内炎のときの食事 子供にはどんな食べ物がいい?

子供が口内炎になったとき、

痛くて食事ができないこともあると思います。

そんなとき、どんな食事が有効なのでしょうか?

足つぼのマッサージは疲れやむくみにも効果あり?

足つぼのマッサージは様々な効果をもたらすと

言われています。足のむくみや疲れ、さらには

坐骨神経痛にも効果があるのだそうです。

耳鳴りが気になる 耳鳴りの原因と特徴について

耳鳴りの症状は、音がするものがないのに、

様々な音が聞こえるというものです。

病気の場合もあるそうですが、多くはストレスや疲れが

溜まっている時に起こるそうです。

朝の時間を快適に過ごして健康体へ

朝はだるかったり、調子が出ないという方は多いかもしれません。

バタバタしてしまう朝の時間に余裕を持って、

朝食もしっかり摂るようにして、

健康な体づくりの基盤としましょう。

鼻づまりが気になる 原因や治し方とは

鼻づまりは主に風邪の時になりやすですが、

息がしにくかったり、気になったりします。

治し方を確認して解消しましょう。

溶連菌て何?感染症の症状は子供に出やすい?

子供が季節や時期によってあらゆる感染症にかかってしまうことは、

よくあることかもしれません。

今回は子供がかかりやすいと言われる溶連菌の感染症の症状を確認し、

かかってしまった時は、適切な対処が出来るようにしましょう。

花粉症による目のかゆみで花粉症は子供もなるの?

子供の花粉症は増えているそうです。

今や5~9歳で13.7%、10~19歳では31.4%もいて、

なんと赤ちゃんまで花粉症になるそうです。

子供はよく目をかくので、目のかゆみなどの症状に気をつけましょう。

東京ドイツ村イルミネーション 今年のテーマはおもちゃ箱

家族連れには大変人気のスポットである東京ドイツ村。

毎年11月中旬~3月末までウィンターイルミネーションが開催されています。

人気のあるイルミネーションのため、園内は大変混雑します。

早い時間帯に訪れた方がいいかもしれませんね。

口内炎が舌に 原因や特徴とは?

口内炎の中でも、最も辛いといわれているものが、

舌にできる口内炎です。舌は味や熱さを感じる働きの他に、

口の中に入った食べ物を食べるのを助け、

発音では重要な働きをします。

口内炎が舌にできてしまう原因や特徴とは?

コーヒーの効果は高血圧にも?見直されるコーヒーと血圧の関係とは

以前は、コーヒーの飲みすぎは高血圧症に

つながると考えられていました。

しかし、最近はコーヒーが高血圧症に効果があると

いうのが通説のようです。

だるい体を食事で改善!疲労回復に効果がある食べ物とは?

疲労が溜まっているときのオススメの食べ物とは?

疲労回復の効果が高い食べ物は様々ありますが、

バランスもしっかり整えることが大切です。

カレーに含まれるスパイスには様々な効果が

そもそも日本にカレーが伝わったのは、明治時代。インドを統治していたイギリスから、当時はイギリス料理として伝わったそうです。いまでは日本独自の進化をとげ、「日本人の国民食」と呼ばれるまでになりました。

そんなカレーに含まれるスパイスには「生薬」として漢方薬に用いられているものがあります。ターメリック(ウコン)、クミン、胡椒、シナモン、カルダモン、唐辛子、コリアンダー、クローブ、陳皮などがカレーに含まれる生薬になります。こういったスパイスには食欲増進、消化不良改善、胃を健康にしてくれるなどの様々な薬膳的効果があります。

このスパイスの中に、風邪で弱ったカラダが求める“ある成分”が含まれているものがあります。それこそが、ターメリックに含まれる『クルクミン』です。

風邪はウイルスが体内に侵入し、免疫機能が低下した際にその症状が起こります。『クルクミン』には体内の免疫力を高める効果があり、免疫機能が低下するとカラダが本能的にこの『クルクミン』を欲すると言われています。そのため『カレーが食べたい』と感じるようになるそうです。

引用元-カレーが食べたい!!それって風邪の兆候かも。 | スポーツキュレーション スポラボ-SPOLABO

スポンサーリンク



  人気記事

カレーが食べたくなるのは風邪の前兆?

風邪のウイルスが体内に侵入すると

免疫細胞が活動をはじめるのですが

免疫細胞の貯蔵タンクが肝臓になります

カレーには肝臓の働きを活発にする成分があり

カレーの原料であるターメリックに

含まれるクルクミンという成分になります

クルクミンが肝臓の機能をアップさせます

それによりより多くの免疫細胞が活動し

風邪のウイルスを撃退します

引用元-初耳学 カレーが食べたいときは風邪のサイン・クルクミンが肝機能アップ!

医師によると人間は風邪をひきはじめると

肝臓の動きを活発にするために

本能的にクルクミンを多く含むカレーを欲するようになります

人間の脳は普段カレーを食べると

肝臓の働きが活発になることを覚えています

だから本能的にカレーを食べたくなります

健康な人でもカレーを食べれば

風邪を防ぐ免疫力がアップします

引用元-初耳学 カレーが食べたいときは風邪のサイン・クルクミンが肝機能アップ!

スポンサーリンク



カレーに含まれるクルクミンとは

体内に侵入してきた病原菌と戦う免疫力のサポーターともいえる存在が、カレーに含まれる「クルクミン」なのです。カレーには多くの香辛料が入っていますが、中でもアジアで「ウコン」と呼ばれる「ターメリック」に含まれる「クルクミン」は、免疫力を高め、肝臓の働きをよくしてくれるだけでなく、血行を促進し、体内の有害物質を処理するというスグレモノ。
カラダは正直なもので、肝機能をはじめとする体内の免疫機能が弱まると、本能的に「クルクミン」を欲するようになります。その結果「カレーが食べたい!」という欲求が高まるのです。
ちなみに、アルコール成分を分解する肝臓は、体内の有害物を処理する臓器でもあるので、「クルクミン」を摂取することで、免疫力が上がる、肝臓の働きがよくなる、病原菌やウイルスが体内で暴れにくく(活動しにくく)なる……といったさまざま効果を期待できます。

引用元-寒い季節に「カレーが食べたい」と感じるのは風邪の兆候? – ライブドアニュース

カレーの香辛料や食材の風邪への効果について

「ターメリック」に含まれる「クルクミン」だけでなく、カレーに使用される食材にはさまざまな効用があります。
例えば、カレーに甘さとコクをプラスするタマネギには、免疫力を高める硫化アリルが多く含まれているため、風邪を引いたときにこそ食べたい野菜といえます。
さらに、スパイスの代表選手であるニンニク&ショウガには、免疫力アップはもちろん、抗バクテリア作用(ニンニク)、体を温める作用、抗炎症作用(ショウガ)があるため、カレーの本場・インドでも風邪を引いたときはショウガをたっぷり入れたカレーを作るそう。
加えて、スーパーでも入手しやすい「カレーパウダー」「ガラムマサラ」には、ターメリック、ガーリック、クローブ、唐辛子、八角、フェンネル、カルダモン、コリアンダーといった、健康促進が期待できるスパイスが含まれているため、風邪を引いたときだけでなく、体力が落ちた、疲れが取れない、ちょっとしたことで疲れてしまう……といった症状に悩む人の強い味方になってくれるはず。
要するに、もともと薬膳料理であり、優秀な食材が一気に摂れるカレーは、風邪を引いたときだけでなく、毎日でも食べたい優れた料理といえるのです。

引用元-冬に「カレーが食べたい」と思ったら 要注意! カラダの変調のサインかも(tenki.jpサプリ 2015年2月6日) – 日本気象協会 tenki.jp

カレーにはストレスを抑える効果も

最近の研究でわかったことですが、
脳科学者の茂木先生がカレーはストレス解消に
良いということを発見されたそうです。

何故カレーがストレス解消に良いのか。

ストレスがかかっている状態とは、
血管が収縮した状態です。

このように血流が滞ると、
生活習慣病などの原因となる「活性酸素」が
血液中に溜まってしまいます。

しかし、スパイスのターメリックに含まれている
「クルクミン」は、血液の循環を活発にし、
活性酸素などを取り去る効果があるのです。

引用元-ストレス解消法には、カレーと読書が効果的!? | うつ病の克服方法を紹介するブログ

twitterの反応

 - スポット グルメ, 美容・健康, 雑学