ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

カレーが食べたくなるのは風邪気味や前兆?予防効果も?

   

国民食と言われるカレーですが、カレーはお好きですか?

カレーが異常に食べたくて仕方ない!なんて時は、

それは風邪の前兆かもしれないそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

b13e21c8a6c3ea90f01927517afe20cf_s
北海道の函館で桜を楽しもう!名所や見頃は?

北海道の桜は見たことありますか?

函館にはとても桜が綺麗な名所がたくさんあります。

新幹線も開通したので、ぜひ今年の桜の見頃に函館へ足を運んでみましょう。

cea22712fbd18b2578b9a23103a231dc_s
油性ペンの落とし方 肌や服についてしまった時は?

油性ペンが肌や服に付いてしまっても、

慌てずに対処しましょう。

身近なもので結構落ちるんですね。

インクの落とし方について確認します。

スクリーンショット 2015-12-03 19.50.37
寒さに負けず北海道各所のイルミネーションを見よう

北の大地北海道でイルミネーションを堪能しませんか?

北海道イルミネーションのおすすめスポットをご紹介します。

そこにはきっと寒さも忘れるくらい素敵な風景があるでしょう。

スクリーンショット 2016-03-09 20.27.20
母智丘公園で桜を楽しむ 交通や周辺のオススメは?

母智丘公園は、桜の名所として知られ、

日本のさくらの名所100選にも選ばれています。

2,600本の桜並木を眺めてみませんか?

30f4602b8a2a9755cf68ddbfbedd1f7f_s
大掃除のコツ 風呂場をより快適に

年末の大掃除でお風呂場を掃除する際の

コツを集めてみました。

クエン酸は使い勝手がいいかもしれませんね。

person-731425_1280
静電気を起きにくくする衣類の組み合わせや対策とは

冬場は特に静電気に悩まされます。

しかし、衣類の組み合わせによって静電気を

起きにくくできるそうです。

2289c7d4c4fb38111e5a06387973d16d_s
口内炎が痛い 食事ができない時におすすめの食べ物

口内炎が痛いと気分も落ちてしまいがちですが、

しっかり食事をして体力を落とさないことが大事です。

食事ができないほどの時でも工夫して食事を摂るようにしましょう。

ダンボール
重い物を持つ時の注意点やコツとは?

重い物を運ぶ時、つい力任せで運んでしまっていませんか?

実はかなり腰に負担をかけているかもしれません。

しっかりした持ち方で腰を痛めないよう注意しましょう。

290bfbf0825283825bbbfb35e30a134e_s
足の裏の魚の目の芯の取り方

足の裏に魚の目ができても、症状がひどくなければ、

セルフケアで済ませる人が多いかもしれません。

しかし、セルフケアには十分な注意が必要です。

原因や予防策を知って再発しないようにしましょう。

354e29770b7791a1a9119681f12cc92f_s
背中に激痛で動けない!原因はぎっくり背中?

背中の痛みの原因は様々ですが、

その中でもぎっくり背中について確認します。

その効果が期待できる対処法や予防法とは?

01426e0de47f7d644403dd866f80e865_s
イタリアで人気のゼンパスタとは?健康や美容ダイエットにもいい?

イタリアで日本発のあの食品が

人気のようです。ゼンパスタと呼ばれているそうですが、

一体どんな食品なのでしょうか?

1e1eb525dc1ec7537ea0af903aafd8fa_s
手術での全身麻酔の方法は?リスクや合併症はある?

手術では体にメスを入れるため、痛みを感じなくさせ、

ストレスから患者の体を守ることが麻酔の役割となります。

全身麻酔の場合、考えられるリスクはどのようなことがあるのでしょうか?

a695f1c29fc8ba83734e2d42344f84e6_s
肩こりは揉んではいけない?体操やストレッチについて

日常生活の中に肩こりの原因となる事はたくさんあります。

そんな肩こりも、つい揉んでしまいますが、

肩こりは揉んではいけないと言われています。

体操やストレッチで改善するようにしましょう。

54833805193ebc8051a9ec6363280f6b_s
肩こりや頭痛がつらい目の奥が痛いのはなぜ?原因とは

パソコン、スマートフォン、テレビなどを見る事が多い現代。

目は大きなダメージを受けています。

肩こりや頭痛、目の奥が痛い症状が出た時は要注意です。

cattle-918644_1280
北海道の帯広観光で行っておきたいおすすめ観光スポットとは

夏は暑く冬は寒い帯広ですが、自然に囲まれた素晴らしい地域です。

イメージ通りの北海道と言えば帯広かもしれません。

数あるスポットから少しだけご紹介します。

secretary-544180_1280
仕事場やバイト先での電話対応に緊張 どうしたらいい?

仕事場やバイト先で電話を取ることがあると

思いますが、緊張して出られないという方、新入社員は

少なからず戸惑う作業なのです。

間違いを恐れずリラックスして、しっかり仕事を

こなしましょう。

c06184e1f87defd106a10cb7b83a23bc_s
起立性低血圧とは?原因や症状と対処法について

起立性低血圧とは、寝たり、座ったりしている状態から、

立ちあがった時に血液の循環がスムーズに行われずに、

脳への血のめぐりが悪くなる状態です。原因や対処法とは?

0ec2cc3670e83148d2d0c27e275dfd30_s
顔の皮膚が乾燥して皮むけする 対処法や改善策について

乾燥肌で顔が皮むけしたり、メイクがあまりにのらず、

困っている、なんてことありませんか?

乾燥には季節的なものと慢性的なものがあるそうです。

a0002_003582_m (1)
温泉へ女子旅 全国のおすすめ温泉

寒くなってきて温泉が恋しくなります。

女子旅で行きたいおすすめの温泉をご紹介します。

おしゃれな温泉や美容にいい温泉など、

素敵な温泉ばかりです。

287007ebba79607feaf9f1d97943427d_s
炭酸飲料の泡が吹きこぼれるのを防ぐ方法

炭酸飲料をつい落としたり、振ってしまったりすると、

開けた時に泡が吹きこぼれてしまいます。

紹介する方法で防ぐことができるそうです!

cbb906155a7d656449efddc0deb8588f_s

カレーに含まれるスパイスには様々な効果が

そもそも日本にカレーが伝わったのは、明治時代。インドを統治していたイギリスから、当時はイギリス料理として伝わったそうです。いまでは日本独自の進化をとげ、「日本人の国民食」と呼ばれるまでになりました。

そんなカレーに含まれるスパイスには「生薬」として漢方薬に用いられているものがあります。ターメリック(ウコン)、クミン、胡椒、シナモン、カルダモン、唐辛子、コリアンダー、クローブ、陳皮などがカレーに含まれる生薬になります。こういったスパイスには食欲増進、消化不良改善、胃を健康にしてくれるなどの様々な薬膳的効果があります。

このスパイスの中に、風邪で弱ったカラダが求める“ある成分”が含まれているものがあります。それこそが、ターメリックに含まれる『クルクミン』です。

風邪はウイルスが体内に侵入し、免疫機能が低下した際にその症状が起こります。『クルクミン』には体内の免疫力を高める効果があり、免疫機能が低下するとカラダが本能的にこの『クルクミン』を欲すると言われています。そのため『カレーが食べたい』と感じるようになるそうです。

引用元-カレーが食べたい!!それって風邪の兆候かも。 | スポーツキュレーション スポラボ-SPOLABO

スポンサーリンク



  人気記事

Sorry. No data so far.

カレーが食べたくなるのは風邪の前兆?

風邪のウイルスが体内に侵入すると

免疫細胞が活動をはじめるのですが

免疫細胞の貯蔵タンクが肝臓になります

カレーには肝臓の働きを活発にする成分があり

カレーの原料であるターメリックに

含まれるクルクミンという成分になります

クルクミンが肝臓の機能をアップさせます

それによりより多くの免疫細胞が活動し

風邪のウイルスを撃退します

引用元-初耳学 カレーが食べたいときは風邪のサイン・クルクミンが肝機能アップ!

医師によると人間は風邪をひきはじめると

肝臓の動きを活発にするために

本能的にクルクミンを多く含むカレーを欲するようになります

人間の脳は普段カレーを食べると

肝臓の働きが活発になることを覚えています

だから本能的にカレーを食べたくなります

健康な人でもカレーを食べれば

風邪を防ぐ免疫力がアップします

引用元-初耳学 カレーが食べたいときは風邪のサイン・クルクミンが肝機能アップ!

スポンサーリンク



カレーに含まれるクルクミンとは

体内に侵入してきた病原菌と戦う免疫力のサポーターともいえる存在が、カレーに含まれる「クルクミン」なのです。カレーには多くの香辛料が入っていますが、中でもアジアで「ウコン」と呼ばれる「ターメリック」に含まれる「クルクミン」は、免疫力を高め、肝臓の働きをよくしてくれるだけでなく、血行を促進し、体内の有害物質を処理するというスグレモノ。
カラダは正直なもので、肝機能をはじめとする体内の免疫機能が弱まると、本能的に「クルクミン」を欲するようになります。その結果「カレーが食べたい!」という欲求が高まるのです。
ちなみに、アルコール成分を分解する肝臓は、体内の有害物を処理する臓器でもあるので、「クルクミン」を摂取することで、免疫力が上がる、肝臓の働きがよくなる、病原菌やウイルスが体内で暴れにくく(活動しにくく)なる……といったさまざま効果を期待できます。

引用元-寒い季節に「カレーが食べたい」と感じるのは風邪の兆候? – ライブドアニュース

カレーの香辛料や食材の風邪への効果について

「ターメリック」に含まれる「クルクミン」だけでなく、カレーに使用される食材にはさまざまな効用があります。
例えば、カレーに甘さとコクをプラスするタマネギには、免疫力を高める硫化アリルが多く含まれているため、風邪を引いたときにこそ食べたい野菜といえます。
さらに、スパイスの代表選手であるニンニク&ショウガには、免疫力アップはもちろん、抗バクテリア作用(ニンニク)、体を温める作用、抗炎症作用(ショウガ)があるため、カレーの本場・インドでも風邪を引いたときはショウガをたっぷり入れたカレーを作るそう。
加えて、スーパーでも入手しやすい「カレーパウダー」「ガラムマサラ」には、ターメリック、ガーリック、クローブ、唐辛子、八角、フェンネル、カルダモン、コリアンダーといった、健康促進が期待できるスパイスが含まれているため、風邪を引いたときだけでなく、体力が落ちた、疲れが取れない、ちょっとしたことで疲れてしまう……といった症状に悩む人の強い味方になってくれるはず。
要するに、もともと薬膳料理であり、優秀な食材が一気に摂れるカレーは、風邪を引いたときだけでなく、毎日でも食べたい優れた料理といえるのです。

引用元-冬に「カレーが食べたい」と思ったら 要注意! カラダの変調のサインかも(tenki.jpサプリ 2015年2月6日) – 日本気象協会 tenki.jp

カレーにはストレスを抑える効果も

最近の研究でわかったことですが、
脳科学者の茂木先生がカレーはストレス解消に
良いということを発見されたそうです。

何故カレーがストレス解消に良いのか。

ストレスがかかっている状態とは、
血管が収縮した状態です。

このように血流が滞ると、
生活習慣病などの原因となる「活性酸素」が
血液中に溜まってしまいます。

しかし、スパイスのターメリックに含まれている
「クルクミン」は、血液の循環を活発にし、
活性酸素などを取り去る効果があるのです。

引用元-ストレス解消法には、カレーと読書が効果的!? | うつ病の克服方法を紹介するブログ

twitterの反応

 - スポット グルメ, 美容・健康, 雑学