ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

コーヒーの効果は高血圧にも?見直されるコーヒーと血圧の関係とは

      2016/01/25

以前は、コーヒーの飲みすぎは高血圧症に

つながると考えられていました。

しかし、最近はコーヒーが高血圧症に効果があると

いうのが通説のようです。

スポンサーリンク

  関連記事

睡眠の質を上げたい!朝起きても疲れが取れないのは仰向けで寝ているから?

仕事や学校を終え、睡眠でしっかり疲れを取りたいところですが、

朝起きても、疲れが取れていないことはありませんか?

食生活やストレスの改善と、寝る時の体制も重要となるそうです。

耳かきの頻度やコツについてについて 耳掃除をしすぎると良くない?

耳かきはどのくらいの頻度で行っていますか?

あまり頻繁にしすぎると良くないそうです。

耳掃除のコツや安全な耳かきの方法とは?

皮膚のかゆみと内臓疾患の関係とは?隠れる重病の可能性

皮膚のかゆみは内臓疾患と関係することがあります。

特に重病疾患の症状であることもあるので、

注意が必要です。

コーヒーを飲むと腹痛や下痢の症状が出る原因と対処法について

コーヒーが好きで毎日飲んでいる人も多いと思いますが、

コーヒーを飲むとお腹が痛くなったり、下痢になってしまうという

ことはありませんか?原因と対処法とは?

セルライトの原因は冷えにアリ肥満はセルライトの原因ではない

冷え性の人にセルライトが出来るのが多いそうです。

それもそのはず、セルライトの原因は冷えなのです。

血行不良なども原因の一つとなります。

10代で起こるひざの痛みオスグッド病の原因や予防法とは?

10代のひざの痛みといえば、成長痛が思い浮かびますが、

特にスポーツをしている子供で多く発症するとされるものがあるのです。

オスグッド病というひざに痛みの症状が現れるものなのですが、

原因や予防法はあるのでしょうか?

30代や40代女性の独身の楽しみ方とは

独身の方が増え、ソロ化が進む中、

独身をプラスに捉え、存分に独身を楽しむ女性は増えています。

独身の楽しみ方とは?

急性胃腸炎の辛い症状 下痢はどのくらい続く?

下痢や嘔吐を繰り返し、腹痛が止まない症状は、

急性胃腸炎の症状です。発熱や倦怠感も伴う急性胃腸炎の

下痢の症状はどのくらい続くのでしょうか?

大掃除のコツは重曹を使いこなすことにあった

大掃除の頑固な汚れを落とすには、

重曹を使いこなすことがコツのようです。

簡単にまとめてみました。

目の奥が痛い原因や眩しいと感じる原因は?目の疲れに効くツボとは

目が疲れると、まばたきの回数が増えたり、目の奥が痛いなど、

目に症状が現れてきます。光が眩しいと感じるのも症状の一つです。

原因として多いのは眼精疲労やドライアイだと言われています。

カイロダイエットをする時にカイロを貼る場所とは

ダイエット効果を高めたい時は、

内臓を温めることがポイントなんだそうです。

カイロを使ったダイエット方法とは?

貼る場所はどこに貼るのが効果的なのでしょうか?

頭痛が後頭部にあり発熱も?髄膜炎はどんな病気?

後頭部の頭痛や発熱など、風邪のような症状で、

重大な病気の可能性があるかもしれません。

ただの頭痛だと甘く見ず、症状を知って対応できるようにしましょう。

何か始めたい スポーツなら何がいい?

年や季節の変わり目など、

何か始めたいなぁと漠然と思うことありませんか?

スポーツを始めて時間を有効に使いたいですね。

もしかして膀胱炎?女性に多い膀胱炎の症状や原因について

膀胱炎は女性に多い病気です。

残尿感や痛みなど、気になることがあったら、

すぐに病院にかかることが大切です。

症状を確認して、予防もしっかりしましょう。

肩こりは揉んではいけない?体操やストレッチについて

日常生活の中に肩こりの原因となる事はたくさんあります。

そんな肩こりも、つい揉んでしまいますが、

肩こりは揉んではいけないと言われています。

体操やストレッチで改善するようにしましょう。

炭酸水による洗顔で美肌効果 作り方や方法とは

炭酸水で洗顔すると美肌効果を得られるようです。

飲用のものではなく、クエン酸と重曹で作ったものが良さそうです。

炭酸水の作り方や洗顔方法とは、

どのようなものなのでしょうか。

頭痛の原因 子供の場合は?遺伝は関係ある?

かぜ症状もないのに、子供が頭痛を訴える原因とは?

頭痛は本人しか分からない症状なので、

子供の話をよく聞いてあげましょう。

みんな大好き親子丼の発祥ってどこ?作り方もご紹介

家庭には必ずある玉子をつかった代表的な丼ものといえば、

やはり親子丼ではないでしょうか。

親子丼の発祥には諸説ありますが、考えた人に感謝ですね!

ノロウイルスの主な症状や感染経路とは

ノロウイルスが流行しているようです。

ノロウイルスの感染経路や症状を知った上で、

予防策をとりましょう。

内蔵型冷え性の原因と症状 男性もなりやすい?

内蔵型冷え性とは内臓の血行が悪くなり、

いつも冷えた状態になってしまうことです。

男性もなりやすそうなのですが、なぜなのでしょうか?

コーヒーと血圧の関係について

コーヒーには、血圧を上昇させる作用がある「カフェイン」が含まれているので、高血圧を招く要因になると考えられてきました。しかし最近では、コーヒーを飲んでも血圧には関係ないという研究結果や、むしろ飲んだほうが高血圧になるリスクが減るという研究結果も報告されているようです。

このように、コーヒーの高血圧への影響は、研究結果がまちまちなので、はっきりしたことはわかっていません。しかし、いくつかの研究結果をまとめて解析したところ、平均1日5杯のコーヒーを2ヶ月間飲み続けることで、収縮期2.4mmHg、拡張期1.2mmHgと、軽度ながら血圧が上昇したことがわかったようです。

ただし、コーヒーにはカフェイン以外にも「ポリフェノール」など、いろいろな成分が含まれているので、動脈硬化を抑制したり、糖尿病のリスクを下げたりするなど、体に良い側面もあります。1日に何杯もガブ飲みするのはオススメできませんが、1~2杯程度なら大丈夫なようです。

引用元-高血圧にコーヒーはNG? | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

コーヒーとポリフェノールが高血圧に効果あり

コーヒーに含まれるもうひとつの血圧に効果的な作用を及ぼす成分が、コーヒーポリフェノール(クロロゲン酸)です。生活習慣が乱れると発生しやすくなる活性酸素は、過剰に発生すると体内の組織や細胞の老化を促進、血管も老化させることから高血圧の症状を進行させやすくなります。コーヒーポリフェノールはこの体内の酸化を防止する抗酸化作用や血管を拡張する作用があるため、血圧を下げる効果に期待できるのです。

緑茶や紅茶などにもポリフェノールは含まれていますが、コーヒーに含まれているポリフェノールの含有量は、緑茶や紅茶の約2倍ほどにもなり赤ワインと同程度の含有量があります。

引用元-コーヒーと血圧の関係 | 高血圧まとめ

スポンサーリンク



コーヒーのカフェインと高血圧の関係が否定されている

206149051d5b776245fd06bafdf00e6b_m

さらに、以前はコーヒーに含まれるカフェインが血圧を上げるとの指摘がありましたが、カフェインと高血圧についても、アメリカの「看護師健康調査」では因果関係が否定されています。これは、コーヒーを飲んでも高血圧のリスクは変わらなかった(むしろ低くなった)のに対し、紅茶は年齢の低い人に血圧の上昇傾向が見られたこと、また、コーラに限っては、普通のコーラでもダイエットコーラでも、飲む量が増えると高血圧になるリスクが高くなったことが理由とされています。つまり、カフェインが高血圧のリスクを高める原因であれば、紅茶やコーラのみならず、コーヒーも同様の結果になっていたはずというわけです。ただし、紅茶とコーラのどの成分が高血圧の原因になっているのかについては、未だはっきりしたことがわかっていません。

コーヒーは、高血圧とは無関係であるうえに、習慣的に多く飲んだ方が健康にはいいということもわかっています。敬遠していた方は、これを機に飲み始めてもいいのではないでしょうか?ただし、砂糖を入れる方は、その量に注意しましょう。

引用元-高血圧の人の食事(3)コーヒーは血圧を上げる?下げる? | ヘルスケア大学

カフェインの利尿効果が高血圧への効果として注目されている

コーヒーに含まれるカフェインを摂取すると、カフェインが心筋に作用することで心筋機能が穏やかになり、心臓にかかる圧力が低くなることが分かりました。

同時に、カフェインが持つ利尿作用も注目されています。高血圧の患者に利尿剤が処方されることがあるように、高血圧の人には利尿作用がよいのです。

特に尿には余分な塩分を排出する働きがあるので、塩分の摂りすぎが高血圧に繋がることなどを考えてもよい影響を与えることが分かります。

このほか、コーヒーを1日6杯ほど飲む人は、コーヒーを全く飲まない人に比べて血圧が低いという研究結果も出ています。毎日1~3杯程度では、全く飲まない人とそれほど大きな差はないようです。

引用元-コーヒーと高血圧の関係 | 高血圧の症状・原因・治療法ガイド

低血圧にコーヒーは効果がなさそう

低血圧の原因は、実はハッキリとわかっていない点が多く、血行不良や遺伝などが関係していると言われています。また、低血圧には色々な種類があり、原因不明の本態性低血圧、ベッドなどから立ち上がった時にふらついてしまう起立性低血圧などがあります。

そのため、これらの低血圧を改善するためには、コーヒーの摂取よりも食生活を改善することが有効とされていますので、タンパク質やミネラルなどを積極的に摂取しましょう。

カフェインを摂取すると目が覚めたり、体を冷やして血行不良を起こす原因にもなるため、低血圧の症状が重くなる可能性がありますので、夜寝る前に飲む事やコーヒーの飲み過ぎに気を付けましょう。また、低血圧の症状とよく似ている貧血は、まったく原因が異なり鉄分不足が原因です。

引用元-コーヒーと血圧の関係|コーヒーのチカラ

 - 生活の知恵, 美容・健康