ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

コーヒーの効果は高血圧にも?見直されるコーヒーと血圧の関係とは

      2016/01/25

以前は、コーヒーの飲みすぎは高血圧症に

つながると考えられていました。

しかし、最近はコーヒーが高血圧症に効果があると

いうのが通説のようです。

スポンサーリンク

  関連記事

油性ペンが書けない!除光液で復活する?ボールペンは?

油性ペンやボールペンが書けなくなって、

すぐ捨ててしまっていませんか?

そのペン、まだ復活して使えるかもしれませんよ!

顔の皮膚が乾燥して皮むけする 対処法や改善策について

乾燥肌で顔が皮むけしたり、メイクがあまりにのらず、

困っている、なんてことありませんか?

乾燥には季節的なものと慢性的なものがあるそうです。

靴擦れがかかとにできて痛い!原因や対策と靴の選び方

誰もが経験すると思いますが、かかとの靴擦れは、

痛くて足をかばって歩くと悪化するなどいいことありません。

そんな思いをしないためにも、かかとの靴擦れの原因を

知って、対策を練りましょう。

痰がからむ 違和感の原因とは?

のどに痰がからむような違和感を感じるのは、

風邪やアレルギーが原因であることが主です。

悪化しないように気をつけましょう。

健康を維持するために軽い運動を始めよう 簡単にできる運動とは?

健康を維持いていく上で適度な運動は非常に重要となります。

簡単にできる運動であれば、少しずつでも始められそうです。

まずは無理せず、簡単な運動から始めてみましょう。

重い物を持つ時の注意点やコツとは?

重い物を運ぶ時、つい力任せで運んでしまっていませんか?

実はかなり腰に負担をかけているかもしれません。

しっかりした持ち方で腰を痛めないよう注意しましょう。

納豆の栄養素は美容に効果的 キムチと合わせるとさらに良し!

体にもお肌にも良いものといえば納豆です。

美容にいいから毎日食べているという方も非常に多いですよね。

納豆の栄養や美容について確認しましょう。

もやもや病は遺伝?症状や名前の由来について

もやもや病は、内頚動脈が頭の中に入った直後に、

左右ともに狭くなったり、詰まったりする病気で、

次第に進行していきます。

症状や名前の由来とはどのようなものなのでしょうか?

年賀状がマナー違反にならないように年賀状の書き方について

年賀状は昔から何気なく書いていましたが、

知らず知らずのうちにマナー違反な書き方を

私もしていました。しっかりとした知識をつけて

新年早々、恥をかかないようにしましょう。

洋服の手入れにブラッシングを!方法やおすすめのブラシは?

洋服のお手入れはしていますか?

やはり、するのとしないのでは大きく違うそうです。

ブラシを使った手入れ方法とは?

花粉症による目のかゆみの対策は?ヘアスタイルにも気をつける

花粉症による目のかゆみをどうにかしたい。

そう思う方は多くいると思います。

目のかゆみへの対策とは?ヘアスタイルにも気をつけてみましょう。

テレビを観ながらのSNSは危険?デジタルによる脳への影響とは

周りを見渡せば、デジタルは当たり前の時代になりました。

特に若い人は、今の時代しか知りません。

このテレビやSNSが脳へ及ぼす影響は、

もしかしたらこの先、大きな社会問題となるかもしれません。

頭痛の原因 子供の場合は?遺伝は関係ある?

かぜ症状もないのに、子供が頭痛を訴える原因とは?

頭痛は本人しか分からない症状なので、

子供の話をよく聞いてあげましょう。

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

紅茶の効能を利用して冷えを改善 生姜紅茶がおすすめ

紅茶には体を温める効能があります。

冷えでお悩みの方は、生姜紅茶にして飲むと

効能もより良くなるそうです。

ズボンの乾かし方を工夫してシワをつけない シワの取り方は?

ズボンを洗濯して乾かしても、ちゃんと乾かさないと

すぐにシワになってしまいます。

乾かし方やシワの取り方を知り、ズボンを長持ちさせましょう。

ランニングで期待できる効果とは?自分にあった走り方を無理せず!

ランニングを継続的に行うことで様々な効果が期待できるそうです。

また、朝と夜では効果の出方も違うそうなので、

自分の目的にあった走り方を見つけ、無理せず行いましょう。

離婚による子供への影響は?子供との話し合いやケアも大切

離婚は、夫婦の終わりとなりますが、

子供にとっては、どちらも親です。

特に精神面のケアをすることが大切となります。

車中泊で必要なグッズは?より快適な車中泊のために!

車中泊で一番大切なのは、快適に寝ることができることや、

車内でリラックスできることだと思います。

そのための様々なグッズを揃えていくのも、

車中泊をより楽しいものにしていくかもしれませんね。

手術での全身麻酔の方法は?リスクや合併症はある?

手術では体にメスを入れるため、痛みを感じなくさせ、

ストレスから患者の体を守ることが麻酔の役割となります。

全身麻酔の場合、考えられるリスクはどのようなことがあるのでしょうか?

コーヒーと血圧の関係について

コーヒーには、血圧を上昇させる作用がある「カフェイン」が含まれているので、高血圧を招く要因になると考えられてきました。しかし最近では、コーヒーを飲んでも血圧には関係ないという研究結果や、むしろ飲んだほうが高血圧になるリスクが減るという研究結果も報告されているようです。

このように、コーヒーの高血圧への影響は、研究結果がまちまちなので、はっきりしたことはわかっていません。しかし、いくつかの研究結果をまとめて解析したところ、平均1日5杯のコーヒーを2ヶ月間飲み続けることで、収縮期2.4mmHg、拡張期1.2mmHgと、軽度ながら血圧が上昇したことがわかったようです。

ただし、コーヒーにはカフェイン以外にも「ポリフェノール」など、いろいろな成分が含まれているので、動脈硬化を抑制したり、糖尿病のリスクを下げたりするなど、体に良い側面もあります。1日に何杯もガブ飲みするのはオススメできませんが、1~2杯程度なら大丈夫なようです。

引用元-高血圧にコーヒーはNG? | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



  人気記事

コーヒーとポリフェノールが高血圧に効果あり

コーヒーに含まれるもうひとつの血圧に効果的な作用を及ぼす成分が、コーヒーポリフェノール(クロロゲン酸)です。生活習慣が乱れると発生しやすくなる活性酸素は、過剰に発生すると体内の組織や細胞の老化を促進、血管も老化させることから高血圧の症状を進行させやすくなります。コーヒーポリフェノールはこの体内の酸化を防止する抗酸化作用や血管を拡張する作用があるため、血圧を下げる効果に期待できるのです。

緑茶や紅茶などにもポリフェノールは含まれていますが、コーヒーに含まれているポリフェノールの含有量は、緑茶や紅茶の約2倍ほどにもなり赤ワインと同程度の含有量があります。

引用元-コーヒーと血圧の関係 | 高血圧まとめ

スポンサーリンク



コーヒーのカフェインと高血圧の関係が否定されている

206149051d5b776245fd06bafdf00e6b_m

さらに、以前はコーヒーに含まれるカフェインが血圧を上げるとの指摘がありましたが、カフェインと高血圧についても、アメリカの「看護師健康調査」では因果関係が否定されています。これは、コーヒーを飲んでも高血圧のリスクは変わらなかった(むしろ低くなった)のに対し、紅茶は年齢の低い人に血圧の上昇傾向が見られたこと、また、コーラに限っては、普通のコーラでもダイエットコーラでも、飲む量が増えると高血圧になるリスクが高くなったことが理由とされています。つまり、カフェインが高血圧のリスクを高める原因であれば、紅茶やコーラのみならず、コーヒーも同様の結果になっていたはずというわけです。ただし、紅茶とコーラのどの成分が高血圧の原因になっているのかについては、未だはっきりしたことがわかっていません。

コーヒーは、高血圧とは無関係であるうえに、習慣的に多く飲んだ方が健康にはいいということもわかっています。敬遠していた方は、これを機に飲み始めてもいいのではないでしょうか?ただし、砂糖を入れる方は、その量に注意しましょう。

引用元-高血圧の人の食事(3)コーヒーは血圧を上げる?下げる? | ヘルスケア大学

カフェインの利尿効果が高血圧への効果として注目されている

コーヒーに含まれるカフェインを摂取すると、カフェインが心筋に作用することで心筋機能が穏やかになり、心臓にかかる圧力が低くなることが分かりました。

同時に、カフェインが持つ利尿作用も注目されています。高血圧の患者に利尿剤が処方されることがあるように、高血圧の人には利尿作用がよいのです。

特に尿には余分な塩分を排出する働きがあるので、塩分の摂りすぎが高血圧に繋がることなどを考えてもよい影響を与えることが分かります。

このほか、コーヒーを1日6杯ほど飲む人は、コーヒーを全く飲まない人に比べて血圧が低いという研究結果も出ています。毎日1~3杯程度では、全く飲まない人とそれほど大きな差はないようです。

引用元-コーヒーと高血圧の関係 | 高血圧の症状・原因・治療法ガイド

低血圧にコーヒーは効果がなさそう

低血圧の原因は、実はハッキリとわかっていない点が多く、血行不良や遺伝などが関係していると言われています。また、低血圧には色々な種類があり、原因不明の本態性低血圧、ベッドなどから立ち上がった時にふらついてしまう起立性低血圧などがあります。

そのため、これらの低血圧を改善するためには、コーヒーの摂取よりも食生活を改善することが有効とされていますので、タンパク質やミネラルなどを積極的に摂取しましょう。

カフェインを摂取すると目が覚めたり、体を冷やして血行不良を起こす原因にもなるため、低血圧の症状が重くなる可能性がありますので、夜寝る前に飲む事やコーヒーの飲み過ぎに気を付けましょう。また、低血圧の症状とよく似ている貧血は、まったく原因が異なり鉄分不足が原因です。

引用元-コーヒーと血圧の関係|コーヒーのチカラ

 - 生活の知恵, 美容・健康