ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

コーヒーの効果は高血圧にも?見直されるコーヒーと血圧の関係とは

      2019/04/16

以前は、コーヒーの飲みすぎは高血圧症に

つながると考えられていました。

しかし、最近はコーヒーが高血圧症に効果があると

いうのが通説のようです。

スポンサーリンク

  関連記事

コートの気になる毛玉の原因や取る方法とは

コートの季節になりました。

そして気になるのが、毛玉です。

あるもので簡単に取ることが出来るそうなので、

試してみましょう。

大掃除のコツは重曹を使いこなすことにあった

大掃除の頑固な汚れを落とすには、

重曹を使いこなすことがコツのようです。

簡単にまとめてみました。

緊張をほぐす試験や受験対策で合格を勝ち取ろう

試験や受験は多くの方が人生で経験することだと思います。

勉強したのに、緊張していいパフォーマンスが出来なかった、

なんていうことのないように緊張をほぐす方法をいくつかご紹介します。

足がむずむずして眠れない症状はむずむず脚症候群かも?原因や症状について

脚の奥の方に気持ちの悪い感覚があったり、

安静にしているときに足がむずむずするなどの症状がある場合、

それはむずむず脚症候群かもしれません。

症状や原因を確認してみましょう。

便秘解消をすぐにでもしたい!生活習慣の見直しで根本から改善

すぐにでも便秘解消をしたい!

そんな方は多いと思います。根本的な原因は、

生活習慣の見直しが大切ですが、ちょっっとした工夫で翌日以降の

調子がよくなるかもしれません。

冷え性対策のグッズをご紹介 プレゼントにもおすすめ

冷え性のグッズはたくさんありますが、

その中でもおすすめの物をご紹介します。

冷え性の方へのプレゼントにもおすすめです。

急性胃腸炎の辛い症状 下痢はどのくらい続く?

下痢や嘔吐を繰り返し、腹痛が止まない症状は、

急性胃腸炎の症状です。発熱や倦怠感も伴う急性胃腸炎の

下痢の症状はどのくらい続くのでしょうか?

男性も顔の毛穴のトラブル?ケア方法とは?

顔の毛穴のケアなど、女性の悩みだと思っていませんか?

これは男性にとっても大切なことなのです。

男性と女性の肌の違いとは?

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

ストレートネックの治し方とは? 治療や改善方法について

ストレートネックになってしまったら、その治し方とは?

また、どのように改善していけばよいのでしょうか?

治療方法や改善方法を確認しましょう。

てんかん発作を見かけたときのために知っておくべき対応とは

てんかんの発作は、突然起こります。

街中や大きな施設などで発作を起こしている方を見かけた場合、

どのような対応を取るべきなのでしょうか?

靴擦れした親指の治療は?水ぶくれも靴擦れ?

新しい靴をおろしたときは気分がいいものですが、

靴擦れになるとその気持ちも半減してしまいます。

親指にできた靴擦れの対処法とは?

若白髪は治る?予防や改善をするために必要なこととは?

若白髪で悩む人が増えている原因は、

生活習慣の乱れにあるのかもしれません。

遺伝的な原因の可能性も言われていますが、そうでない場合は、

生活習慣の改善で若白髪も改善できるかもしれません。

足のむくみをオフィスや自宅で解消 効果的なマッサージとは

足の気になるむくみをちょっとした時間を使って、解消しませんか?

オフィスや自宅でも簡単に出来る解消法です。

積極的にむくみ解消を行い、

むくみを翌日に持ち越さないようにしましょう。

口内炎の治し方でハチミツの効果はどうなの?

はちみつは、口内炎の民間療法のひとつとして、

昔からおこなわれている治療方法です。

口内炎に直接はちみつを塗ると、とても痛みますが、

口内炎の治りをよくしてくれるそうです。

人間ドックは必要?検査内容や費用はどのくらい?

人間ドックを受けるは面倒だと感じる方も多いかもしれませんが、

検診を受けることにより、重大な病気が発覚する場合もあります。

費用や内容の例を確認して、一度受けてみてはどうですか?

昼食後の昼寝がもたらす効果は美容にも?昼寝をしたら太らないの?

お昼時、食事後なんかは特に眠くなります。

実は昼寝をすると様々な効果があるそうです。

美容についてもいい効果があるみたいですね。

カレーが食べたくなるのは風邪気味や前兆?予防効果も?

国民食と言われるカレーですが、カレーはお好きですか?

カレーが異常に食べたくて仕方ない!なんて時は、

それは風邪の前兆かもしれないそうです。

セーターの縮みを直す方法とは トリートメントを使う

お気に入りのセーターが縮んでしまって

着られない、なんてことありませんか?

なんとトリートメントを使って縮みを戻すことができるのです。

大掃除のコツをつかんでキッチン台所をきれいに

水回りであるキッチンの大掃除は完璧にこなしたい。

完璧にこなして年を越したいですよね。

コツを知り、効率の良い大掃除を!

コーヒーと血圧の関係について

コーヒーには、血圧を上昇させる作用がある「カフェイン」が含まれているので、高血圧を招く要因になると考えられてきました。しかし最近では、コーヒーを飲んでも血圧には関係ないという研究結果や、むしろ飲んだほうが高血圧になるリスクが減るという研究結果も報告されているようです。

このように、コーヒーの高血圧への影響は、研究結果がまちまちなので、はっきりしたことはわかっていません。しかし、いくつかの研究結果をまとめて解析したところ、平均1日5杯のコーヒーを2ヶ月間飲み続けることで、収縮期2.4mmHg、拡張期1.2mmHgと、軽度ながら血圧が上昇したことがわかったようです。

ただし、コーヒーにはカフェイン以外にも「ポリフェノール」など、いろいろな成分が含まれているので、動脈硬化を抑制したり、糖尿病のリスクを下げたりするなど、体に良い側面もあります。1日に何杯もガブ飲みするのはオススメできませんが、1~2杯程度なら大丈夫なようです。

引用元-高血圧にコーヒーはNG? | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



  人気記事

コーヒーとポリフェノールが高血圧に効果あり

コーヒーに含まれるもうひとつの血圧に効果的な作用を及ぼす成分が、コーヒーポリフェノール(クロロゲン酸)です。生活習慣が乱れると発生しやすくなる活性酸素は、過剰に発生すると体内の組織や細胞の老化を促進、血管も老化させることから高血圧の症状を進行させやすくなります。コーヒーポリフェノールはこの体内の酸化を防止する抗酸化作用や血管を拡張する作用があるため、血圧を下げる効果に期待できるのです。

緑茶や紅茶などにもポリフェノールは含まれていますが、コーヒーに含まれているポリフェノールの含有量は、緑茶や紅茶の約2倍ほどにもなり赤ワインと同程度の含有量があります。

引用元-コーヒーと血圧の関係 | 高血圧まとめ

スポンサーリンク



コーヒーのカフェインと高血圧の関係が否定されている

206149051d5b776245fd06bafdf00e6b_m

さらに、以前はコーヒーに含まれるカフェインが血圧を上げるとの指摘がありましたが、カフェインと高血圧についても、アメリカの「看護師健康調査」では因果関係が否定されています。これは、コーヒーを飲んでも高血圧のリスクは変わらなかった(むしろ低くなった)のに対し、紅茶は年齢の低い人に血圧の上昇傾向が見られたこと、また、コーラに限っては、普通のコーラでもダイエットコーラでも、飲む量が増えると高血圧になるリスクが高くなったことが理由とされています。つまり、カフェインが高血圧のリスクを高める原因であれば、紅茶やコーラのみならず、コーヒーも同様の結果になっていたはずというわけです。ただし、紅茶とコーラのどの成分が高血圧の原因になっているのかについては、未だはっきりしたことがわかっていません。

コーヒーは、高血圧とは無関係であるうえに、習慣的に多く飲んだ方が健康にはいいということもわかっています。敬遠していた方は、これを機に飲み始めてもいいのではないでしょうか?ただし、砂糖を入れる方は、その量に注意しましょう。

引用元-高血圧の人の食事(3)コーヒーは血圧を上げる?下げる? | ヘルスケア大学

カフェインの利尿効果が高血圧への効果として注目されている

コーヒーに含まれるカフェインを摂取すると、カフェインが心筋に作用することで心筋機能が穏やかになり、心臓にかかる圧力が低くなることが分かりました。

同時に、カフェインが持つ利尿作用も注目されています。高血圧の患者に利尿剤が処方されることがあるように、高血圧の人には利尿作用がよいのです。

特に尿には余分な塩分を排出する働きがあるので、塩分の摂りすぎが高血圧に繋がることなどを考えてもよい影響を与えることが分かります。

このほか、コーヒーを1日6杯ほど飲む人は、コーヒーを全く飲まない人に比べて血圧が低いという研究結果も出ています。毎日1~3杯程度では、全く飲まない人とそれほど大きな差はないようです。

引用元-コーヒーと高血圧の関係 | 高血圧の症状・原因・治療法ガイド

低血圧にコーヒーは効果がなさそう

低血圧の原因は、実はハッキリとわかっていない点が多く、血行不良や遺伝などが関係していると言われています。また、低血圧には色々な種類があり、原因不明の本態性低血圧、ベッドなどから立ち上がった時にふらついてしまう起立性低血圧などがあります。

そのため、これらの低血圧を改善するためには、コーヒーの摂取よりも食生活を改善することが有効とされていますので、タンパク質やミネラルなどを積極的に摂取しましょう。

カフェインを摂取すると目が覚めたり、体を冷やして血行不良を起こす原因にもなるため、低血圧の症状が重くなる可能性がありますので、夜寝る前に飲む事やコーヒーの飲み過ぎに気を付けましょう。また、低血圧の症状とよく似ている貧血は、まったく原因が異なり鉄分不足が原因です。

引用元-コーヒーと血圧の関係|コーヒーのチカラ

 - 生活の知恵, 美容・健康