ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

コーヒーの効果 健康に良い?悪い?ダイエットには?

      2016/11/28

コーヒーは体に悪いというイメージが強いですが、

本当のところは、どうなのでしょう?

コーヒーの健康に対する効果とは?

スポンサーリンク

  関連記事

ストレスチェック制度って知ってる?義務化された目的とは

2015年12月から、ストレスチェックテストを

行うことが義務化されました。一体どのようなものなのでしょうか?

その目的や制度が導入されることで、どんな影響があるのでしょうか?

会話が続かない人の特徴とは?上司や初見の人との会話

仲のいい友達となら会話も途切れることは少ないかもしれませんが、

それが、初対面であったり、目上の人や上司であると、

どんな会話をしていいのか迷って沈黙してしまうということも

多いかもしれません。

会話をうまく続けるために、会話が続かない人の特徴を知り、

そういった場面に活かせるようにしましょう。

納豆の栄養分や効果とは 女性にはオススメの食材

納豆は体に良いというイメージがありますが、

具体的にどんな栄養分が含まれているのでしょう?

効果と一緒に栄養素について確認します。

預金と貯金の違いとは?貯蓄もまた意味が違う?

預金や貯金をしている方は多いと思いますが、

この言葉の違いはご存知ですか?

貯蓄もまた、意味が違うようです。

日常生活で間違わないようにしましょう。

宴会や一発芸に!手品で簡単なトランプやコインを使ったマジック

手品が出来ると盛り上がりますが、

難しくて中々マスター出来ないものです。

比較的簡単そうな手品をまとめてみましたので、

参考にしてみてください。

妊娠中冷えの原因とその影響とは

妊娠中は妊娠前より体が冷えやすくなっています。

母体や胎児にも影響が出ることがあるので、

原因を知り、改善していきましょう。

肩こり解消にウォーキングを 体操も忘れずに

肩こりの解消にウォーキングをしてみましょう。

ウォーキングによるメリットはたくさんあります。

始める前の体操も忘れずに!

乾燥するオフィスで顔などの乾燥対策をしよう

オフィスでの乾燥はお肌に影響するので心配ですよね。

もちろん、家で顔などのスキンケアも大事なのですが、

オフィスでできる、ちょっとした対策を試してみませんか?

コートの気になる毛玉の原因や取る方法とは

コートの季節になりました。

そして気になるのが、毛玉です。

あるもので簡単に取ることが出来るそうなので、

試してみましょう。

赤ちゃんは出やすい?顔湿疹の原因について

季節の変わり目や体質などで顔湿疹が出ることがあります。

特に赤ちゃんは顔湿疹ができやすいそうです。

その原因とは?

子供と川遊びの時に注意すべきこととは

夏の時期は暑く、子供と川遊びもいいですよね。

ですが、川などの自然は、恐い一面もあります。

注意すべき点を確認して楽しく川遊びをしましょう。

子供の落書きなど油性ペンを消したい壁や床 革やプラスチックは?

誤って油性ペンのインクが床や物に付いてしまったり、

子供がいるとイタズラで壁に書いてしまったりした場合に、

油性インクを消す方法をご紹介します。

年賀状がマナー違反にならないように年賀状の書き方について

年賀状は昔から何気なく書いていましたが、

知らず知らずのうちにマナー違反な書き方を

私もしていました。しっかりとした知識をつけて

新年早々、恥をかかないようにしましょう。

コーヒーの効果は高血圧にも?見直されるコーヒーと血圧の関係とは

以前は、コーヒーの飲みすぎは高血圧症に

つながると考えられていました。

しかし、最近はコーヒーが高血圧症に効果があると

いうのが通説のようです。

睡眠の質を上げたい!朝起きても疲れが取れないのは仰向けで寝ているから?

仕事や学校を終え、睡眠でしっかり疲れを取りたいところですが、

朝起きても、疲れが取れていないことはありませんか?

食生活やストレスの改善と、寝る時の体制も重要となるそうです。

しゃっくりが止まらない!止め方のポイントは耳と水とツボ!

ふとした時に、しゃっくりが出てしまい、

中々止まらないなんて経験ありませんか?

しゃっくりの止め方はいくつかあるそうなので、

1つ方法を覚えておけばいざという時に、使えるかもしれません。

寒さに負けない 身体を温める飲み物とは

寒い日が続きます。身体を温めるために温かい飲み物を。

しかし、温かい飲み物を飲めばいいということでもなさそうです。

芯から身体を温める飲み物について確認しましょう。

セルライトの原因は冷えにアリ肥満はセルライトの原因ではない

冷え性の人にセルライトが出来るのが多いそうです。

それもそのはず、セルライトの原因は冷えなのです。

血行不良なども原因の一つとなります。

朝の時間を快適に過ごして健康体へ

朝はだるかったり、調子が出ないという方は多いかもしれません。

バタバタしてしまう朝の時間に余裕を持って、

朝食もしっかり摂るようにして、

健康な体づくりの基盤としましょう。

冷え性を改善 日常の飲み物や食べ物から

冷え性を無理せず食事で改善したい、

そんな方に冷え性を食事で改善する方法をご紹介します。

食べる時間や水分量なども冷え性と関係があるようです。

コーヒーは健康に効果的である

国立がん研究センターの研究グループは、全国に住む40~69歳の男女およそ9万人の生活習慣などを19年間追跡調査し統計をまとめたところ、緑茶を1日5杯以上飲む人は、1杯未満の人に比べて心臓や脳、呼吸器などの病気で死亡するリスクが減少することがわかったそうです。

これらの病気での死亡リスクは男性で13%、女性では17%下がったとのこと。

研究グループの調べによると、緑茶に含まれるカテキンが血圧を下げることや、カフェインが血管や呼吸器の働きを良くしていること、コーヒーのクロロゲン酸に血糖値を改善する可能性があるといわれているようです。

また、コーヒーについても1日3~4杯飲む人は、ほとんど飲まない人に比べて病気での死亡リスクが24%も減少するとの結果が得られたとのことでした。

ただし、どちらもがんによる死亡との関連は見られなかったとのことで、がん以外の脳や心臓、呼吸器などの病気になるリスクを低減してくれるという結果が得られたというわけですね。

研究グループでも、この緑茶とコーヒーが何故病気での死亡リスク低減につながったのかという詳しい仕組みは明確にわかっていないようですが、常識的な範囲であればコーヒーや緑茶を飲むということは、健康的な習慣であることが確認できたということを結論づけています。

研究結果というのは、新たな研究結果によって覆されてしまうことも多いのですが、今回の調査は長い年月と人数をかけた規模の大きい研究なので信憑性も高いと言えるのではないかと思います。

引用元-最新の研究でわかったコーヒーと緑茶の健康効果 | Fitness Junkie フィットネスジャンキー

スポンサーリンク



  人気記事

コーヒーの健康に対する7つの効果とは

ここでコーヒーについて、
あーだこーだと言っても話が長くなるので、
サクッとコーヒーの健康効果を見ておきましょう。

二日酔い防止
がん予防
糖尿病予防
老化予防
リラックス効果
美肌効果
ダイエット効果

などなど、
こんなにもあるのか!

というほど、
体に良いことだらけです。
 
 
こんなに体にいいなら、
どんどんコーヒー飲んじゃえ。

と思ったあなたはアウト!

何事もやりすぎは逆効果。

いくら美味しくて、
健康になれるからといって、
コーヒーを飲み過ぎるのは、
体を壊してしまいます。
 
 
1日3杯を目安に、
飲み過ぎないよう、
エレガントにコーヒーをたしなみましょう。

引用元-コーヒーに秘められた健康効果とは?飲みたくなる7つの秘密! | トレンド速報ニュース

スポンサーリンク



コーヒーにはダイエット効果も?カフェインが活躍

woman-315006_1280

食べても食べてもお腹が空く・・・。
どうしちゃったの、私・・・!

・・・と叫びたい時、それは「自律神経」の乱れが原因かもしれません。

自律神経は、自分ではコントロールできない神経のこと。
(自律神経の「自律」は「自立」ではないので、間違えないでください!)

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」という二つの神経があるんですが、食欲が止まらないという状態は「副交感神経」が過剰になっている状態です。
過剰になった副交感神経を抑えるためには、その神経と対になる「交感神経」を活発にする必要があるんです。

そこで役に立つのが、コーヒーに含まれる「カフェイン」。
カフェインには、交感神経を活発にさせる効果があり、過度な食欲を食い止める効果があります。

食欲旺盛すぎてヤバイ・・・。
という時には、コーヒーを飲むようにしてくださいね。

あ、そうそう、コーヒーを飲んだ後、交感神経のはたらきが活発になるのは“30分から1時間後”です。
そのため、食事をする“30分~1時間ほど前”に1杯のコーヒーを飲むことをオススメします。

引用元-真の珈琲マニアは知っている!コーヒーに隠された驚きの健康効果 | 薬剤師ネット 公式ブログ

コーヒーを飲む時に気をつけたい砂糖とミルク

ではコーヒーを飲むときに注意点はないのでしょうか?

それはズバリ、砂糖やミルクの入れすぎです。
せっかく健康によいとされているコーヒーを飲んでいるのに
砂糖やミルクを入れ過ぎてカロリーオーバーになってしまったら元も子もありません。

またコーヒーに入れるミルクポーションも、
実はからだにあまり良いものとは言えないんですね。

コーヒーを飲むときは砂糖は角砂糖1個分、
ミルクはポーションの代わりに牛乳を入れるとカロリーをぐっと抑えることができます。
でも、本当に美味しいコーヒーだと砂糖なんか入れなくても十分なんですけどね!

自身でいろいろコーヒーを飲み比べしてみて、
一番自分に合うものを見つけてみるのも良いかもしれません。

引用元-コーヒーの健康への効果は?飲み過ぎや砂糖やミルクには注意! | mama通

朝食を抜いてコーヒーだけというのは良くない

朝に時間がなくてこういったことをしている方は結構いるんじゃないでしょうか?
実はこの「コーヒーだけ」というのはあまりオススメできません。

なぜなら胃がカラッポの状態でコーヒーを飲むと、胃酸だけがいたずらに放出されてしまい、結果、胃を痛めるということになってしまうからです。

どうしても朝はモノを食べる気にならない、という方はコーヒーにミルクや砂糖をプラスしてみてください。
これによってミルクが胃をやさしくコーティングして砂糖の糖分が働くためのエネルギー源になってくれます。

もう一つはアイスで飲むことです。
コーヒーはできるだけホットの状態で飲むことをおすすめします。

そのほうが五感の働きを活発化させ、より高いリラックス効果を得られるからです。
もちろんコーヒーに含まれる成分には影響はありませんが、「コーヒーを気分転換や心の休憩に利用している」という方はぜひホットで飲んでくださいね。

そしてコーヒーには利尿作用があります。
なので飲み過ぎると体の中の水分がどんどん外に放出されてしまうのです。
おいしいコーヒーを何倍も飲みたい、という方もいるかもしれませんが朝のコーヒーはせいぜい1~2杯に留めておきましょう。

引用元-朝のコーヒーの健康効果とは?効果的な飲み方・ダメな飲み方を解説!

 - 生活の知恵, 美容・健康