ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

コーヒーの効果 健康に良い?悪い?ダイエットには?

      2016/11/28

コーヒーは体に悪いというイメージが強いですが、

本当のところは、どうなのでしょう?

コーヒーの健康に対する効果とは?

スポンサーリンク

  関連記事

健康を維持するために軽い運動を始めよう 簡単にできる運動とは?

健康を維持いていく上で適度な運動は非常に重要となります。

簡単にできる運動であれば、少しずつでも始められそうです。

まずは無理せず、簡単な運動から始めてみましょう。

南部鉄器急須が海外で人気沸騰 その秘密とは

南部鉄器が海外でも人気を集めています。

カラフルな急須などギフトにもおすすめです。

一生ものの南部鉄器を手にしたいものです。

リウマチは遺伝する?原因や確率は?初期症状に気をつけて

リウマチは遺伝病ではないので、遺伝するということではないそうですが、

遺伝的要素は関係してそうです。

年齢別にみると40代の方が発症することが多いようです。

子供に起こりやすい溶連菌感染症の症状は大人でも感染する場合がある?

子供がいる方には割となじみがあるかもしれない溶連菌ですが、

この溶連菌は子供だけでなく大人にも感染の可能性があります。

症状や合併症は?

寝る前の食事がよくないのはなぜ?食事の時間と睡眠について

寝る前の食事は良くない、太るとよく聞きます。

では、なぜ寝る前の食事は良くないのでしょうか?

また、寝る前の時間を多く摂れば、

遅い時間の食事は問題ないのでしょうか?

乾燥するオフィスで顔などの乾燥対策をしよう

オフィスでの乾燥はお肌に影響するので心配ですよね。

もちろん、家で顔などのスキンケアも大事なのですが、

オフィスでできる、ちょっとした対策を試してみませんか?

人間の脳は10%しか使われていないというのは間違い?

よく聞く人間の脳は10%しか使われていないという説は、

どうやら違うようです。アインシュタインは努力をしなさいという

意味で「我々人間は潜在能力の10%しか引き出せていない」

と言ったそうです。そういったことが俗説を生んだのかもしれません。

猫のびポーズでダイエット?やり方や効果は?

猫のびポーズはもともとヨガのポーズであるそうです。

このポーズはダイエットの効果が期待されており、

猫のびダイエットとも呼ばれるそうです。

その効果や、やり方について確認してみましょう。

ポジティブ心理学とは?その特徴について

ポジティブ心理学は1998年にマーティン・セリグマン博士が、

病気の人を癒すのと同じくらい、

普通の人の人生を充実したものにするよう関心を持つべきとして、始まりました。

足がむずむずして眠れない症状はむずむず脚症候群かも?原因や症状について

脚の奥の方に気持ちの悪い感覚があったり、

安静にしているときに足がむずむずするなどの症状がある場合、

それはむずむず脚症候群かもしれません。

症状や原因を確認してみましょう。

睡眠の質を上げたい!朝起きても疲れが取れないのは仰向けで寝ているから?

仕事や学校を終え、睡眠でしっかり疲れを取りたいところですが、

朝起きても、疲れが取れていないことはありませんか?

食生活やストレスの改善と、寝る時の体制も重要となるそうです。

インフルエンザ?発熱を伴う腰痛の原因は?考えられる病気について

腰痛は骨の歪みなどが原因として考えられますが、

発熱を伴う場合は、骨の歪みが原因とは考えにくいそうです。

それでは、どのような病気が考えられるのでしょう。

気になる症状があれば、早めに病院へ行きましょう。

頭痛が後頭部にあり発熱も?髄膜炎はどんな病気?

後頭部の頭痛や発熱など、風邪のような症状で、

重大な病気の可能性があるかもしれません。

ただの頭痛だと甘く見ず、症状を知って対応できるようにしましょう。

赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方とは?赤ちゃんへの授乳は?

赤ちゃんがしゃっくりをしていると、

大丈夫かな?と気になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、あまり心配することもないようです。

牛にならない?食後のごろ寝はダイエットにつながる?

食事の後に、すぐに横になると牛になると良く言われたものです。

ですが、この食後のごろ寝が消化を助けたり、

ダイエット効果もあるそうです。

高校で部活は続けるべき?勉強との両立はできる?

勉強も難しくなり、部活も本格化する高校生。

受験のために部活は諦めるのが正解なのでしょうか?

両立はきれいごとなのか?そんなことはないと思います。

一度しかない高校生活に悔いを残さないことが、

一番大切なのでしょう。

昼食後の昼寝による効果は?身長を伸ばしたいなら質の良い睡眠を

遺伝の関係等で全ての人という訳には

いかないかもしれませんが、睡眠で成長ホルモンが分泌される

事が身長を伸ばすには重要となります。

昼寝は短い時間でよりよい睡眠をとるようにしましょう。

テレビを観ながらのSNSは危険?デジタルによる脳への影響とは

周りを見渡せば、デジタルは当たり前の時代になりました。

特に若い人は、今の時代しか知りません。

このテレビやSNSが脳へ及ぼす影響は、

もしかしたらこの先、大きな社会問題となるかもしれません。

鼻水や痰が気になる後鼻漏とは?症状や咳の原因について

喉に鼻水が落ちているような感覚があったり、

咳や吐き気などの症状がよくある人は後鼻漏の可能性があります。

では、後鼻漏とはどのようなものなのでしょうか?

緊張型頭痛の治し方や対処法、治療について

緊張型頭痛を改善したい。

日常生活で気をつけるべきことはどんなことなのでしょう。

治し方や対処法について確認します。

コーヒーは健康に効果的である

国立がん研究センターの研究グループは、全国に住む40~69歳の男女およそ9万人の生活習慣などを19年間追跡調査し統計をまとめたところ、緑茶を1日5杯以上飲む人は、1杯未満の人に比べて心臓や脳、呼吸器などの病気で死亡するリスクが減少することがわかったそうです。

これらの病気での死亡リスクは男性で13%、女性では17%下がったとのこと。

研究グループの調べによると、緑茶に含まれるカテキンが血圧を下げることや、カフェインが血管や呼吸器の働きを良くしていること、コーヒーのクロロゲン酸に血糖値を改善する可能性があるといわれているようです。

また、コーヒーについても1日3~4杯飲む人は、ほとんど飲まない人に比べて病気での死亡リスクが24%も減少するとの結果が得られたとのことでした。

ただし、どちらもがんによる死亡との関連は見られなかったとのことで、がん以外の脳や心臓、呼吸器などの病気になるリスクを低減してくれるという結果が得られたというわけですね。

研究グループでも、この緑茶とコーヒーが何故病気での死亡リスク低減につながったのかという詳しい仕組みは明確にわかっていないようですが、常識的な範囲であればコーヒーや緑茶を飲むということは、健康的な習慣であることが確認できたということを結論づけています。

研究結果というのは、新たな研究結果によって覆されてしまうことも多いのですが、今回の調査は長い年月と人数をかけた規模の大きい研究なので信憑性も高いと言えるのではないかと思います。

引用元-最新の研究でわかったコーヒーと緑茶の健康効果 | Fitness Junkie フィットネスジャンキー

スポンサーリンク



  人気記事

コーヒーの健康に対する7つの効果とは

ここでコーヒーについて、
あーだこーだと言っても話が長くなるので、
サクッとコーヒーの健康効果を見ておきましょう。

二日酔い防止
がん予防
糖尿病予防
老化予防
リラックス効果
美肌効果
ダイエット効果

などなど、
こんなにもあるのか!

というほど、
体に良いことだらけです。
 
 
こんなに体にいいなら、
どんどんコーヒー飲んじゃえ。

と思ったあなたはアウト!

何事もやりすぎは逆効果。

いくら美味しくて、
健康になれるからといって、
コーヒーを飲み過ぎるのは、
体を壊してしまいます。
 
 
1日3杯を目安に、
飲み過ぎないよう、
エレガントにコーヒーをたしなみましょう。

引用元-コーヒーに秘められた健康効果とは?飲みたくなる7つの秘密! | トレンド速報ニュース

スポンサーリンク



コーヒーにはダイエット効果も?カフェインが活躍

woman-315006_1280

食べても食べてもお腹が空く・・・。
どうしちゃったの、私・・・!

・・・と叫びたい時、それは「自律神経」の乱れが原因かもしれません。

自律神経は、自分ではコントロールできない神経のこと。
(自律神経の「自律」は「自立」ではないので、間違えないでください!)

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」という二つの神経があるんですが、食欲が止まらないという状態は「副交感神経」が過剰になっている状態です。
過剰になった副交感神経を抑えるためには、その神経と対になる「交感神経」を活発にする必要があるんです。

そこで役に立つのが、コーヒーに含まれる「カフェイン」。
カフェインには、交感神経を活発にさせる効果があり、過度な食欲を食い止める効果があります。

食欲旺盛すぎてヤバイ・・・。
という時には、コーヒーを飲むようにしてくださいね。

あ、そうそう、コーヒーを飲んだ後、交感神経のはたらきが活発になるのは“30分から1時間後”です。
そのため、食事をする“30分~1時間ほど前”に1杯のコーヒーを飲むことをオススメします。

引用元-真の珈琲マニアは知っている!コーヒーに隠された驚きの健康効果 | 薬剤師ネット 公式ブログ

コーヒーを飲む時に気をつけたい砂糖とミルク

ではコーヒーを飲むときに注意点はないのでしょうか?

それはズバリ、砂糖やミルクの入れすぎです。
せっかく健康によいとされているコーヒーを飲んでいるのに
砂糖やミルクを入れ過ぎてカロリーオーバーになってしまったら元も子もありません。

またコーヒーに入れるミルクポーションも、
実はからだにあまり良いものとは言えないんですね。

コーヒーを飲むときは砂糖は角砂糖1個分、
ミルクはポーションの代わりに牛乳を入れるとカロリーをぐっと抑えることができます。
でも、本当に美味しいコーヒーだと砂糖なんか入れなくても十分なんですけどね!

自身でいろいろコーヒーを飲み比べしてみて、
一番自分に合うものを見つけてみるのも良いかもしれません。

引用元-コーヒーの健康への効果は?飲み過ぎや砂糖やミルクには注意! | mama通

朝食を抜いてコーヒーだけというのは良くない

朝に時間がなくてこういったことをしている方は結構いるんじゃないでしょうか?
実はこの「コーヒーだけ」というのはあまりオススメできません。

なぜなら胃がカラッポの状態でコーヒーを飲むと、胃酸だけがいたずらに放出されてしまい、結果、胃を痛めるということになってしまうからです。

どうしても朝はモノを食べる気にならない、という方はコーヒーにミルクや砂糖をプラスしてみてください。
これによってミルクが胃をやさしくコーティングして砂糖の糖分が働くためのエネルギー源になってくれます。

もう一つはアイスで飲むことです。
コーヒーはできるだけホットの状態で飲むことをおすすめします。

そのほうが五感の働きを活発化させ、より高いリラックス効果を得られるからです。
もちろんコーヒーに含まれる成分には影響はありませんが、「コーヒーを気分転換や心の休憩に利用している」という方はぜひホットで飲んでくださいね。

そしてコーヒーには利尿作用があります。
なので飲み過ぎると体の中の水分がどんどん外に放出されてしまうのです。
おいしいコーヒーを何倍も飲みたい、という方もいるかもしれませんが朝のコーヒーはせいぜい1~2杯に留めておきましょう。

引用元-朝のコーヒーの健康効果とは?効果的な飲み方・ダメな飲み方を解説!

 - 生活の知恵, 美容・健康