ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

コーヒーの効果 がん予防に効果はあるのか

      2016/12/12

コーヒーの健康面に対する効果が見直されています。

がん予防にもコーヒーが効果を発揮するのか。

含まれるクロロゲン酸が関係しているようです。

スポンサーリンク

  関連記事

d983a71b6d8da997b1eab1e0354fdb5a_s
ジンギスカンといえば北海道札幌!ジンギスカンの魅力や健康効果も?

ジンギスカンは、中央部が盛り上がった円形の鍋で、

ラムやマトンを野菜と一緒に焼く料理と定義されています。

タレに関しても食べ方が2種類あり、大変人気があります。

ジンギスカンは札幌のイメージが強いですが、

他地域でも食べられているのはご存知だったでしょうか?

bsELL86_ganmimanbou20140408 (1)
マンボウの死因は本当?絶滅危惧種に指定される

マンボウは泳ぎが下手でストレスにも弱く、

ネットでも死因の多さなど、度々話題となっておりました。

今回、そのマンボウが絶滅危惧種にしてされたのです。

5f6f7c70a3521f7b770a24eb37515c44_s
納豆の栄養素が加熱によってなくなるって本当?

納豆に含まれるナットウキナーゼという成分は、

どうやら熱に弱いようです。

ただし、他の栄養素まで加熱すると良くないという

ワケではないのです。

bba12ea4d0c8ce6156929e6400c87de0_s
口内炎が舌に 原因や特徴とは?

口内炎の中でも、最も辛いといわれているものが、

舌にできる口内炎です。舌は味や熱さを感じる働きの他に、

口の中に入った食べ物を食べるのを助け、

発音では重要な働きをします。

口内炎が舌にできてしまう原因や特徴とは?

9210f71ee94fd40d66057ff498a6cd4a_s
パスタとスパゲティの違いとは?食べる時のスプーンはマナー違反?

あまり深く考えた事はないかもしれませんが、

パスタとスパゲッティの違いはご存知ですか?

意外と答えられない人が多いこの違いとは?

40d29c936533e240e3dad1ffbb4300e3_s
会話が続かない状態にならないための会話のコツとは?

会話をしていても、会話が続かないから相槌のみでやり過ごす、

なんてことはありませんか?

ちょっとしたコツをつかめば、会話も続いて、

会話自体が楽しくなるかもしれません。

9f9facac4903cbdc381f405a431c796f_s
何か始めたい スポーツなら何がいい?

年や季節の変わり目など、

何か始めたいなぁと漠然と思うことありませんか?

スポーツを始めて時間を有効に使いたいですね。

28313b5066ea7c85d37f1bfdde335eb3_s
男性も顔の毛穴のトラブル?ケア方法とは?

顔の毛穴のケアなど、女性の悩みだと思っていませんか?

これは男性にとっても大切なことなのです。

男性と女性の肌の違いとは?

08e1511de4111682f10494099b9812cf_s
足が疲れやすい 足の疲れの解消法とは?効果的なツボは?

仕事で立っている時間が長かったり、歩き続けなければならない場合、

どうしても足が疲れやすいですよね。

特に女性の靴は疲れやすいということもあります。

足の疲れを解消するツボやポイントを見て、

疲れを次の日に残さないようにしたいものです。

vinegar-fermentation-1090147_640
高血圧で血圧を下げたい!血圧を下げる方法はお酢?

昔からお酢は健康に良いと言われています。

疲労回復、痛風などに効果があるとされていますが、

血圧を下げる方法としてもお酢は注目されているのです。

e485caa2bbc11c7991b1873d362f07bd_s
紅茶の効能はメリットだけではないデメリットについて

このブログでも紅茶の数々の効能についての

記事がいくつかありますが、デメリットもあるようです。

特に好きで飲み過ぎてしまう方や貧血の方などは、

気をつけましょう。

1391f66f09a7c17634f37fb59ce4b166_s
しゃっくりが止まらない原因とは?病院へ行くべき?

通常しゃっくりは、しばらくすれば止まりますが、

止まらない時はどうしたらいいのでしょうか?

食べ過ぎなどが原因のこともありますが、病院へは行くべきなのでしょうか?

100回すると死ぬと言われるしゃっくりも、

長く続くようなら要注意です。

2f65e61f91454394d7669203bac72d1e_s
後鼻漏で痰が絡む?痰の色で病気がわかることも

後鼻漏で悩む人は増加傾向にあるそうです。

痰が絡むなどのすっきりしない症状は改善したいものです。

また、痰の色で病気をある程度判別できることもあるそうです。

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s (1)
人間の脳は10%しか使われていないというのは間違い?

よく聞く人間の脳は10%しか使われていないという説は、

どうやら違うようです。アインシュタインは努力をしなさいという

意味で「我々人間は潜在能力の10%しか引き出せていない」

と言ったそうです。そういったことが俗説を生んだのかもしれません。

lemon-tea-937245_1280
寒さに負けない 身体を温める飲み物とは

寒い日が続きます。身体を温めるために温かい飲み物を。

しかし、温かい飲み物を飲めばいいということでもなさそうです。

芯から身体を温める飲み物について確認しましょう。

371126ba2f7239c10ad0f6e653f542b1_s
コートの毛玉が気になる!できにくい素材やできにくくする対策とは

コートの毛玉は非常に気になります。

できにくい素材や予防できたりするのでしょうか。

コートの毛玉への対策とは?

596138a2ff9191296889fc40053f4e36_s
30代や40代女性の独身の楽しみ方とは

独身の方が増え、ソロ化が進む中、

独身をプラスに捉え、存分に独身を楽しむ女性は増えています。

独身の楽しみ方とは?

5bb437526f295c7132c270cb1976d687_s
乾燥するオフィスで顔などの乾燥対策をしよう

オフィスでの乾燥はお肌に影響するので心配ですよね。

もちろん、家で顔などのスキンケアも大事なのですが、

オフィスでできる、ちょっとした対策を試してみませんか?

354e29770b7791a1a9119681f12cc92f_s
背中に激痛で動けない!原因はぎっくり背中?

背中の痛みの原因は様々ですが、

その中でもぎっくり背中について確認します。

その効果が期待できる対処法や予防法とは?

819c51ca762df90929b5bc5d84c92ce3_s
うっとうしい蚊に刺されないための対策や方法とは?

蚊に刺されてしまうとかゆみが起こるため、

できれば刺されたくないと誰もが思います。

蚊に刺されないようにする対策や方法はあるのでしょうか?

50bac89bd4cfff3aaa8442dba3085df1_s

コーヒーによるがん予防の効果はあるのか?

コーヒーには、ある一定のがん予防の可能性があると言われています。それは、結腸がんや肝臓がん、すい臓がん、子宮体がんを予防するというものです。

 実践女子大学の田島眞教授によれば、コーヒーには、糖の吸収を抑え、腫瘍細胞の増殖を促すインシュリンの過剰な分泌を防ぐ作用があるため、がん予防だけでなく糖尿病にも効く可能性があると言います。

 厚生労働省の研究班は、コーヒーの摂取と肝臓がんの発症率について調査しています。その結果、コーヒーをほとんど飲まない人に比べて、ほぼ毎日飲む人は、男女を問わず肝臓がんの発症率が半分だったのです。

 さらにコーヒー1日の摂取量がふえるほど肝臓がんの発症率は低下し、1日5杯以上飲む人では、肝臓がんの発症率はほとんど飲まない人に比べて、4分の1まで低下したといいます。

 詳細はまだ研究段階とされていますが、厚生労働省の研究班の見解では、コーヒーには炎症を和らげる作用があるため、C型肝炎の進行を抑え、肝臓がんへの進行をくい止めるのではないかと考えられています。

引用元-コーヒー | がんを克服するための新常識

スポンサーリンク



  人気記事

Sorry. No data so far.

がんの元の発生を防ぐ効果コーヒークロロゲン酸

人間の体の中で脂質が酸化してできた「過酸化脂質」は、老化やがんの原因になると考えられています。「歳をとればみんながんになる」などと言われることがありますが、それは老化もがんも過酸化脂質と密接な関係があるからです。
赤ワインや緑茶に含まれるポリフェノールががんを予防するとされているのは、脂質の酸化を抑える、つまり、体のサビ(老化)を予防するから。この働きを「抗酸化作用」といいますが、コーヒーにも強い抗酸化作用を持つポリフェノールの一種「クロロゲン酸」が含まれています。

過酸化脂質がなぜ、がんの原因になるのか?
それは過酸化脂質から発生するフリーラジカルという物質がDNAに影響を与え、突然変異のきっかけを作るからだと言われています。
和歌山県立医科大学科学教室(当時)の岩橋教授らは、実験により、コーヒーに含まれるクロロゲン酸がフリーラジカルの生成を阻害するという仕組みを明らかにしています。酸化の予防とフリーラジカルの生成の阻害という二重の防御壁で、コーヒーはがんを防いでいるわけです。

引用元-コーヒーと健康:コーヒーでがんと老化を防ぐクロロゲン酸の力1|コーヒー豆とコーヒーメーカー器具のパオコーヒー

スポンサーリンク



がん予防に効果のあるコーヒーの飲み方

77fac7beda62f6e44ac49a1418f18536_m

コーヒーに含まれるクロロゲン酸をたくさん摂るためには、低温で焙煎した浅煎りのコーヒー豆を使ったコーヒーを飲むのが効果的です。というのも、クロロゲン酸は、コーヒー豆を高温で焙煎するとその成分の多くが失われてしまうからです。そこで、コーヒー豆を選ぶときは、浅煎り豆を使用する「アメリカンブレンド」を飲むのが最もお勧めです。

アメリカンコーヒーは、乾燥させる前の生豆であるコーヒー豆を焙煎して、豆を極めて浅く煎ることにより出る、独特の味を楽しむことができるので、アメリカンブレンドを愛用するコーヒー愛好家も極めて多いです。

喫茶店やコーヒーショップでコーヒーを飲む際には、この機会にぜひ「アメリカンブレンド」を飲んでみてほしいと思います。味もお勧めですが、健康のためにもお勧めできます。

引用元-「がんリスク」を75%カットするコーヒーの飲み方がある?? | ドコマド保険ニュース

1日2杯のコーヒーで死亡リスク10%低下する効果?

 ★大腸がん―岐阜大大学院の永田教授が8年間、35歳以上の岐阜県高山市の3万人を対象に調査したところ、コーヒーを全く飲まない人の大腸がん発症率を1とすると、1日に1杯以上飲む人は男性で0・81、女性は0・43と発症率が半分以下に抑えられていることがわかった。

   ★肝臓がん―40~69歳の男女9万人の10年間調査で、1日5杯以上飲んでいる人の肝臓がん発症率は、飲んでいない人の4分の1に低下している。(国立がん研究センター調べ)

   ★胆石―米ハーバード大学医学部の10年間の研究によると、1日2~3杯のコーヒー飲む男性は、胆石の発症率が40%だった。

   ★脳卒中―1日4杯以上飲む女性は脳卒中の発症率が40%低い。(ハーバード大)

   ★子宮体がん―国立がん研究所の調査では、1日3杯以上飲む女性は発症が60%減少。

   ★パーキンソン病―ハワイで30年続けられている疫学調査で、1日にコーヒーを800CC以上飲む人の発症率は5分の1。

   ★死亡リスク―米国立がん研究所のデータでは、1日2杯以上コーヒーを飲む男性は死亡リスクが10%低く、4~5杯飲む女性は16%低かった。「日本でも1989年から10年間、5000人以上を調査したら、コーヒーを1日2杯以上飲んでいる人は飲まない人に比べて死亡リスクが半分に低下していたという結果もあります」(野田光彦部長)

引用元-コーヒー驚異の病気予防効果!がん、胆石、脳卒中の発症率大幅に下がった : J-CASTテレビウォッチ

缶コーヒーの場合は効果は期待できるのか

このようにコーヒーは適度に飲めば健康面でメリットも多いが、いわゆるレギュラーコーヒーなどを入れて飲む場合と、缶コーヒーを飲む場合は、区別した方がよいかもしれない。

 缶コーヒーの成分の安全性を分析したニュースサイト・マイニュースジャパンの記事「缶コーヒー(食の安全・コンビニ編)」(inos氏執筆、04年6月16日付)によれば、多くの缶コーヒーに含まれるトロミを持たせるための成分「カゼインNa(ナトリウム)」は、「第七版 食品添加物公定書解説書」によると、動物に対して400~500mg/kgを5日連続して経口投与した場合に半数が死亡すると推測される、という。

 同じくトロミ成分「カラギナン」は、同解説書によると、動物に対して5%のカラギナンを含んだ飼料を与えた場合には軟便が見られるという実験結果がある一方、安全との意見もあり、評価が分かれている添加物という。

 また、水と油などの本来混じり合わないものを均一な状態にするための「乳化剤」は一括名表示が認められており、実際にはどの物質が使われているのか分からない。乳化剤のなかには「プロピレングリコール脂肪酸エステル」といって、殺ダニ剤に使用されているものもある。これは極端な例だが、ブラックボックス化しているだけに不安要素はぬぐえない。

 香りをつけるための「香料」も一括表示なので、不安は残る。

 ちなみに、この記事はいまから9年前のものである。今はどうなっているのか。上記成分「カゼインNa」「乳化剤」「香料」の有無を、筆者は都内の大手コンビニの缶コーヒーで調べてみた。すると、いわゆるブラック無糖以外の缶コーヒーは全て、「カゼインNa」「乳化剤」「香料」が入っていた。「カラギナン」も大半に入っていた。

 健康に気を使って缶コーヒーを飲む場合は、無糖ブラックの方がよい。

引用元-コーヒーがん予防に効果、缶コーヒーは注意 – ジャーナリスト活動記録・佐々木奎一

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学