ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

コーヒーの効果 がん予防に効果はあるのか

      2016/12/12

コーヒーの健康面に対する効果が見直されています。

がん予防にもコーヒーが効果を発揮するのか。

含まれるクロロゲン酸が関係しているようです。

スポンサーリンク

  関連記事

赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方とは?赤ちゃんへの授乳は?

赤ちゃんがしゃっくりをしていると、

大丈夫かな?と気になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、あまり心配することもないようです。

赤ちゃんは出やすい?顔湿疹の原因について

季節の変わり目や体質などで顔湿疹が出ることがあります。

特に赤ちゃんは顔湿疹ができやすいそうです。

その原因とは?

紅茶の効能はメリットだけではないデメリットについて

このブログでも紅茶の数々の効能についての

記事がいくつかありますが、デメリットもあるようです。

特に好きで飲み過ぎてしまう方や貧血の方などは、

気をつけましょう。

初動負荷トレーニングとは?得られる効果について

有名スポーツ選手も行っているとされる、

初動負荷トレーニングとはどんなトレーニングなのでしょうか?

また、それによって得られる効果とは?

ノロウイルスの疑い 病院へ行くべき?対処法や予防法

ノロウイルスの疑いがある時は病院へ行きましょう。

症状が似ている他の病気の場合もあります。

また、対処法や予防法についても知っておきましょう。

クリスマスのプレゼントは何がいい?彼氏へのプレゼントとは

いよいよクリスマスが近づいてきました。

彼氏にクリスマスプレゼントは何をあげたらいい?

と、悩んでいる方、大事なのは気持ちですよ。

セルライトを運動して落とす 効果的な運動とは?

気になるセルライトを効果的な運動で

落としましょう。ただし、激しい運動は

逆効果になりそうです。

顔の頬が乾燥して赤い症状をどうにかしたい!対処法は?

特に乾燥する季節に多い顔の頬などの乾燥肌、

悩んでいる方も多いと思います。

乾燥による赤い肌の原因や対処法とは?

寝起きの口の中の乾燥を何とかしたい!口臭などの原因にも

寝起きで口の中が乾燥している事がよくあるという

人は要注意です。口呼吸が主な原因のようですが、

口呼吸は健康にもエチケットにもあまりよろしくないのです。

顎関節症の症状には頭痛や肩こりも 治し方とは?

顎関節症の症状は様々ですが、

頭痛や肩こりも引き起こすのです。

つらい頭痛を改善する体操や治療方法とは?

もやもや病は遺伝?症状や名前の由来について

もやもや病は、内頚動脈が頭の中に入った直後に、

左右ともに狭くなったり、詰まったりする病気で、

次第に進行していきます。

症状や名前の由来とはどのようなものなのでしょうか?

外反母趾が痛い!靴選びのポイントや効果が期待できる方法とは

靴を履くと足の親指の付け根が痛いと感じることはありませんか?

もしかしたら外反母趾かもしれません。

期待できる治し方や、考えられる原因とは?

確定できるわけではありませんが、参考にしてみてください。

お年玉を高校生に 金額の相場は?

お正月になると親としては懐が痛いお年玉という

イベントがあります。高校生ってどのくらい渡せばいいのか。

また、高校生はお年玉をどのように使っているのでしょうか?

セルライトは運動不足を解消すれば消える負担の少ない有酸素運動が効果的

気になるセルライトは運動すれば消えると言いますが、

運動は得意じゃないし、と思っている方。

負担の少ない簡単な運動でも効果があるのです。

むしろセルライトにはあまり激しい運動は良くないそうです。

カイロは貼る場所によって効果は様々!貼ってはいけない場所とは?

寒い時に定番のカイロ。

最近は靴の中に入れるタイプ、靴下に貼るタイプなど、

色々な種類のカイロが販売されています。

そんなカイロも貼る場所を考えて貼れば、

さらに効果的に使用することができるのです。

咳が止まらない原因は病気?夜になると止まらなくなるのはなぜ?

風邪でない時や風邪が治っても咳の症状が

止まらないのはなぜなのでしょうか?

夜になると咳が出る人の原因とは?

耳鳴りと頭痛の症状がある原因は?治し方はある?

デスクワークや、身体のゆがみなどによる慢性的な肩こりから

耳鳴りと頭痛を伴う場合があります。

その他の症状や治し方とは、どのようなものがあるのでしょう?

ジョギングによるひざの痛みはなぜ起こる?気をつけるべきこととは?

ジョギングをしていて、ジョギング中にひざが痛くなったり、

ひざに違和感が出てしまったということはありませんか?

特に始めたばかりの人は痛めやすいので注意が必要です。

心臓が痛い時に考えられる病気は?何科にかかるべき?

心臓が痛いと感じる時は色々と不安になると思います。

考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

また、何科にかかればいいのでしょうか?

冷え性対策のグッズをご紹介 プレゼントにもおすすめ

冷え性のグッズはたくさんありますが、

その中でもおすすめの物をご紹介します。

冷え性の方へのプレゼントにもおすすめです。

コーヒーによるがん予防の効果はあるのか?

コーヒーには、ある一定のがん予防の可能性があると言われています。それは、結腸がんや肝臓がん、すい臓がん、子宮体がんを予防するというものです。

 実践女子大学の田島眞教授によれば、コーヒーには、糖の吸収を抑え、腫瘍細胞の増殖を促すインシュリンの過剰な分泌を防ぐ作用があるため、がん予防だけでなく糖尿病にも効く可能性があると言います。

 厚生労働省の研究班は、コーヒーの摂取と肝臓がんの発症率について調査しています。その結果、コーヒーをほとんど飲まない人に比べて、ほぼ毎日飲む人は、男女を問わず肝臓がんの発症率が半分だったのです。

 さらにコーヒー1日の摂取量がふえるほど肝臓がんの発症率は低下し、1日5杯以上飲む人では、肝臓がんの発症率はほとんど飲まない人に比べて、4分の1まで低下したといいます。

 詳細はまだ研究段階とされていますが、厚生労働省の研究班の見解では、コーヒーには炎症を和らげる作用があるため、C型肝炎の進行を抑え、肝臓がんへの進行をくい止めるのではないかと考えられています。

引用元-コーヒー | がんを克服するための新常識

スポンサーリンク



  人気記事

がんの元の発生を防ぐ効果コーヒークロロゲン酸

人間の体の中で脂質が酸化してできた「過酸化脂質」は、老化やがんの原因になると考えられています。「歳をとればみんながんになる」などと言われることがありますが、それは老化もがんも過酸化脂質と密接な関係があるからです。
赤ワインや緑茶に含まれるポリフェノールががんを予防するとされているのは、脂質の酸化を抑える、つまり、体のサビ(老化)を予防するから。この働きを「抗酸化作用」といいますが、コーヒーにも強い抗酸化作用を持つポリフェノールの一種「クロロゲン酸」が含まれています。

過酸化脂質がなぜ、がんの原因になるのか?
それは過酸化脂質から発生するフリーラジカルという物質がDNAに影響を与え、突然変異のきっかけを作るからだと言われています。
和歌山県立医科大学科学教室(当時)の岩橋教授らは、実験により、コーヒーに含まれるクロロゲン酸がフリーラジカルの生成を阻害するという仕組みを明らかにしています。酸化の予防とフリーラジカルの生成の阻害という二重の防御壁で、コーヒーはがんを防いでいるわけです。

引用元-コーヒーと健康:コーヒーでがんと老化を防ぐクロロゲン酸の力1|コーヒー豆とコーヒーメーカー器具のパオコーヒー

スポンサーリンク



がん予防に効果のあるコーヒーの飲み方

77fac7beda62f6e44ac49a1418f18536_m

コーヒーに含まれるクロロゲン酸をたくさん摂るためには、低温で焙煎した浅煎りのコーヒー豆を使ったコーヒーを飲むのが効果的です。というのも、クロロゲン酸は、コーヒー豆を高温で焙煎するとその成分の多くが失われてしまうからです。そこで、コーヒー豆を選ぶときは、浅煎り豆を使用する「アメリカンブレンド」を飲むのが最もお勧めです。

アメリカンコーヒーは、乾燥させる前の生豆であるコーヒー豆を焙煎して、豆を極めて浅く煎ることにより出る、独特の味を楽しむことができるので、アメリカンブレンドを愛用するコーヒー愛好家も極めて多いです。

喫茶店やコーヒーショップでコーヒーを飲む際には、この機会にぜひ「アメリカンブレンド」を飲んでみてほしいと思います。味もお勧めですが、健康のためにもお勧めできます。

引用元-「がんリスク」を75%カットするコーヒーの飲み方がある?? | ドコマド保険ニュース

1日2杯のコーヒーで死亡リスク10%低下する効果?

 ★大腸がん―岐阜大大学院の永田教授が8年間、35歳以上の岐阜県高山市の3万人を対象に調査したところ、コーヒーを全く飲まない人の大腸がん発症率を1とすると、1日に1杯以上飲む人は男性で0・81、女性は0・43と発症率が半分以下に抑えられていることがわかった。

   ★肝臓がん―40~69歳の男女9万人の10年間調査で、1日5杯以上飲んでいる人の肝臓がん発症率は、飲んでいない人の4分の1に低下している。(国立がん研究センター調べ)

   ★胆石―米ハーバード大学医学部の10年間の研究によると、1日2~3杯のコーヒー飲む男性は、胆石の発症率が40%だった。

   ★脳卒中―1日4杯以上飲む女性は脳卒中の発症率が40%低い。(ハーバード大)

   ★子宮体がん―国立がん研究所の調査では、1日3杯以上飲む女性は発症が60%減少。

   ★パーキンソン病―ハワイで30年続けられている疫学調査で、1日にコーヒーを800CC以上飲む人の発症率は5分の1。

   ★死亡リスク―米国立がん研究所のデータでは、1日2杯以上コーヒーを飲む男性は死亡リスクが10%低く、4~5杯飲む女性は16%低かった。「日本でも1989年から10年間、5000人以上を調査したら、コーヒーを1日2杯以上飲んでいる人は飲まない人に比べて死亡リスクが半分に低下していたという結果もあります」(野田光彦部長)

引用元-コーヒー驚異の病気予防効果!がん、胆石、脳卒中の発症率大幅に下がった : J-CASTテレビウォッチ

缶コーヒーの場合は効果は期待できるのか

このようにコーヒーは適度に飲めば健康面でメリットも多いが、いわゆるレギュラーコーヒーなどを入れて飲む場合と、缶コーヒーを飲む場合は、区別した方がよいかもしれない。

 缶コーヒーの成分の安全性を分析したニュースサイト・マイニュースジャパンの記事「缶コーヒー(食の安全・コンビニ編)」(inos氏執筆、04年6月16日付)によれば、多くの缶コーヒーに含まれるトロミを持たせるための成分「カゼインNa(ナトリウム)」は、「第七版 食品添加物公定書解説書」によると、動物に対して400~500mg/kgを5日連続して経口投与した場合に半数が死亡すると推測される、という。

 同じくトロミ成分「カラギナン」は、同解説書によると、動物に対して5%のカラギナンを含んだ飼料を与えた場合には軟便が見られるという実験結果がある一方、安全との意見もあり、評価が分かれている添加物という。

 また、水と油などの本来混じり合わないものを均一な状態にするための「乳化剤」は一括名表示が認められており、実際にはどの物質が使われているのか分からない。乳化剤のなかには「プロピレングリコール脂肪酸エステル」といって、殺ダニ剤に使用されているものもある。これは極端な例だが、ブラックボックス化しているだけに不安要素はぬぐえない。

 香りをつけるための「香料」も一括表示なので、不安は残る。

 ちなみに、この記事はいまから9年前のものである。今はどうなっているのか。上記成分「カゼインNa」「乳化剤」「香料」の有無を、筆者は都内の大手コンビニの缶コーヒーで調べてみた。すると、いわゆるブラック無糖以外の缶コーヒーは全て、「カゼインNa」「乳化剤」「香料」が入っていた。「カラギナン」も大半に入っていた。

 健康に気を使って缶コーヒーを飲む場合は、無糖ブラックの方がよい。

引用元-コーヒーがん予防に効果、缶コーヒーは注意 – ジャーナリスト活動記録・佐々木奎一

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学