ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

コーヒーで効果的に便秘を改善?それとも悪化してしまうの?

      2016/01/25

コーヒーには便通を良くして便秘を改善する効果があると

いう意見と、コーヒーを飲むと便秘が悪化すると

いう意見もあります。どちらが正しいのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

基礎体温をグラフに 正しい測り方とは?

基礎代謝の測定は毎日正しく行う必要があり、

面倒です。しかし、体のリズムを知るには大事なことですので、

基礎体温を正しく計測し、日々の生活をより良いものにしましょう。

静電気の電圧ってどのくらいなの?

静電気の電圧とはどの程度のものなのでしょうか?

また、静電気によって命の危険にさらされる事はあるのか?

雷も静電気が素のようです。

酢タマネギの美容やダイエットへの効能とは?作り方やレシピは?

酢タマネギの健康や美容、ダイエットへの効果とは?

作り方も簡単なので、

一度試してみては?

疲労やストレスが原因で咳が止まらない咳喘息とは

ストレスや疲労と咳は関係があるそうです。

咳は止まらないと非常に辛いですよね。

咳喘息と言われる症状やその原因とは?

若年性更年期障害の症状や原因とは?受診する時は何科?

近年、若年性更年期障害の症状を訴える人が増えているそうです。

若年性更年期障害の症状や原因とは?

男性も気を付けましょう。

口内炎の治し方 唇にできたときはどうしたいい?

口内炎ができる原因はいくつかあるようですが、

舌や唇にできると食事がしにくかったりします。

唇の裏にできやすい口内炎の治し方とは?

救急車のサイレンの種類やドップラー効果とは?

緊急車両は救急車やパトカー、消防車以外にも存在します。

中でも比較的見かけることの多い救急車のサイレンについて、

その種類やドップラー効果について知っておくと、

話のネタになるかもしれません。

エアコンの電気代節約方法は?冷房の温度設定なども気をつけて

エアコンの電気代を節約するためのメンテナンスや、

温度設定について確認し、環境にもお財布にも、

得する生活術を身につけましょう。

痰がからむ 違和感の原因とは?

のどに痰がからむような違和感を感じるのは、

風邪やアレルギーが原因であることが主です。

悪化しないように気をつけましょう。

足が疲れやすい 足の疲れの解消法とは?効果的なツボは?

仕事で立っている時間が長かったり、歩き続けなければならない場合、

どうしても足が疲れやすいですよね。

特に女性の靴は疲れやすいということもあります。

足の疲れを解消するツボやポイントを見て、

疲れを次の日に残さないようにしたいものです。

乾燥するオフィスで顔などの乾燥対策をしよう

オフィスでの乾燥はお肌に影響するので心配ですよね。

もちろん、家で顔などのスキンケアも大事なのですが、

オフィスでできる、ちょっとした対策を試してみませんか?

テレビを観ながらのSNSは危険?デジタルによる脳への影響とは

周りを見渡せば、デジタルは当たり前の時代になりました。

特に若い人は、今の時代しか知りません。

このテレビやSNSが脳へ及ぼす影響は、

もしかしたらこの先、大きな社会問題となるかもしれません。

健康診断と会社や労働者の義務について

全ての会社は、社員に対して、

1年に1度必ず健康診断を受診させる義務があるとされています。

会社と労働者にある義務とは?

喉や耳が痛い原因は急性扁桃炎かも?

喉や耳の奥が痛いなど、喉の痛みと耳の痛みが、

一緒にでる場合は急性扁桃炎の可能性があります。

急性扁桃炎は、喉の入り口にある扁桃が赤く腫れて痛み、

発熱や悪寒などの辛い症状に悩まされる病気です。

小1の壁や小4の壁の問題はどう乗り越えればいい?

保育園の問題は、社会問題となり大きく報道されています。

少しその陰に隠れているのが、学童保育の問題です。

いわゆる小1の壁や小4の壁と呼ばれるものですが、

他のママ達は、ここをどう乗り越えていったのでしょうか?

てんかんの症状や性格変化について てんかんは子供に多い?

てんかんは、突然意識を失って反応がなくなるなどの

発作を繰り返し起こす病気です。

その原因や症状は人により様々で、

患者数も全国で60~100万人とされています。

うっとうしい蚊に刺されないための対策や方法とは?

蚊に刺されてしまうとかゆみが起こるため、

できれば刺されたくないと誰もが思います。

蚊に刺されないようにする対策や方法はあるのでしょうか?

ジョギングによるひざの痛みはなぜ起こる?気をつけるべきこととは?

ジョギングをしていて、ジョギング中にひざが痛くなったり、

ひざに違和感が出てしまったということはありませんか?

特に始めたばかりの人は痛めやすいので注意が必要です。

脱水症状が起こった時の対処や予防するためには?頭痛の症状も

脱水症状と言えば、喉が渇くのを想像される人も

いるかもしれませんが、実際体の中では、

複雑なことが起こっています。

その時のために知っておくべきこととは?

何か始めたいと思うなら趣味を持とう!

何か始めたいけど、何を始めたらいいかわからない。

そんな人は趣味を持ちましょう。

趣味ができる週末まで、あとちょっとがんばろうと

仕事も頑張れそうです。

コーヒーが便器に効果があるというワケ

コーヒーの主成分はカフェインと呼ばれています。
このカフェインは、腸の収縮を促進する神経を刺激する作用を持っています。

その結果、腸の運動を促して、便が出やすい状態になると言われています。
便秘解消効果だけでなく、利尿効果にも優れているので、トイレに行く回数が増えるというのも、納得できる事でしょう。

その効果は下剤とも呼ばれるほどです。
その為、普段あまりコーヒーを飲まない方が飲むと、腸の動きを急激に活性化させる事となります。
その結果、急性の便秘の改善に効果的とも言われています。

カフェインには、アデノシンという神経伝達物質の妨害を行う働きもあります。
このアデノシンという神経伝達物質は、眠気を誘発させるものです。

これをカフェインが妨害するので、眠気を覚ます効果もあります。
また、アデノシンは膀胱壁の収縮や内尿道口の開閉にも関わる、膀胱括約筋と呼ばれる筋肉の作用を抑制する作用も持っています。

その為、カフェインを摂取すると排便を抑制するアデノシンを取り除く事ができるので、こうした面からも、コーヒーは便秘解消に効果的な飲み物とされているのです。

引用元-便秘解消はコーヒー&カフェインで!その正しい飲み方|便秘解消チャンネル

スポンサーリンク



  人気記事

飲み方や体質によってはコーヒーが便秘を悪化させることも

排便作用を促すコーヒーですが、長期的に飲み続けることで
逆に便秘になるとされているのですが、これはなぜなのでしょうか?
 
 
なぜコーヒーが便秘の原因になるかというと、
コーヒーに含まれるタンニンという成分が原因です。
 
 
タンニンは腸内に送られることで善玉菌を食べて
逆に悪玉菌を増やしてしまう働きがあり腸内環境を悪化させてしまうのです。
 
 
ですがタンニンが原因で便秘になるというのは日頃コーヒーを飲み続けることによって
便秘になってしまうようなので、1日や2日飲んだところで何も問題はないようです。
 
 
また1日1杯飲み続けても全く問題ありません。
 
 
しかし1日3杯以上飲んでいる方はタンニンが
日々蓄積されていってしまい、腸内環境をむしばんでいくので注意です。
 
 
ですのでコーヒーを1日1杯であれば、長期的に飲み続けても便秘にはなりません、
逆に1日2杯飲み続けると長期的にはタンニンが便秘を引き起こします。

引用元-コーヒーの便秘への効果と正しい飲み方!

スポンサーリンク



便秘を解消させる効果的なコーヒーの飲み方とは

611a2410258f334a9b83e8698cf76cc0_m

コーヒーを使って上手に便秘解消するためには、上手なコーヒーの飲み方を知っておく必要があるでしょう。
そこでこの項では辛い便秘をコーヒーで解消するために役立つ飲み方をご紹介します。
まだ試したことがない方は是非挑戦してみてくださいね。

3-1. 毎日2杯から3杯のコーヒーを飲む

便秘を治すためにたくさんのコーヒーを飲むと、体の水分が失われて便秘がひどくなってしまいます。
腸内に刺激が加わるため腸が弱ってしまう原因にもなるでしょう。
ですから適切な量のコーヒーを飲むことが大切なのです。
毎日2杯から3杯程度のコーヒーを飲むようにしましょう。
それ以上コーヒーを飲むと飲みすぎになる可能性があります。
体調の変化を見ながら飲む回数を減らしたり、一回に飲む量を少なくするのもオススメです。

3-2. 砂糖の代わりにオリゴ糖を入れる

「甘いコーヒーが好きだ」という人は多いですよね。
そのような方は砂糖の代わりにオリゴ糖を使ってみましょう。
先程も少しご紹介しましたが、オリゴ糖は腸内にいる善玉菌の餌になって腸の働きを活発にしてくれます。
コーヒーの便秘解消効果を更に高めてくれることでしょう。

引用元-コーヒーが便秘に効果的って本当? 知っておきたい4つのポイント!

コーヒーの便秘解消の効果を期待できない人とは

①カフェインが入っているので妊婦さんやお子さんにはおすすめしません。

②下痢気味な人は却って下痢を悪化させる恐れがあります。

③痙攣性便秘の方はカフェインの刺激が逆効果になります。

④頑固な慢性便秘で便の水分が少なくかたい便が腸内で詰まっているような状態だと出ないこともあります。一度便秘薬でかたい便を出してから、翌日以降に摂取することをおすすめします。

引用元-コーヒーで便秘症状改善する? | わたしの便秘解消法

コーヒーの美容効果にも注目

朝目覚めの1杯は、必ずコーヒーから、と決めている人も多いのではないでしょうか。

それは、気づかないうちに、とても良い習慣になっていたのかもしれません。

コーヒーの美容効果には驚くべきものがあります。

・カフェイン

コーヒーのカフェインは、末梢血管を拡張する作用があり、その効果は、血行促進やむくみ解消、冷えの改善や皮膚の代謝の促進など、美肌効果が期待できます。

また、「リパーゼ」と言う脂肪分解酵素を活性させ、脂肪燃焼を促します。

・ポリフェノール

コーヒーにはクロロゲン酸類と言うポリフェノールが大変豊富で、赤ワインより多く含まれています。

このポリフェノールは、紫外線からお肌を守り、シミ予防や除去する働きがあります。

また、老化を促進させる活性酸素を抑制し、たるみやシワを抑え、アンチエイジングに効果があります。

ポリフェノールには、殺菌作用もあり、ニキビなどの毒素を死滅させます。

引用元-コーヒーの美容効果が凄い!便秘やダイエットも! | sweedy

 - 生活の知恵, 美容・健康