ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

慢性疲労症候群は慢性疲労と違う?原因や症状をチェックしよう

   

慢性疲労症候群という病気をご存知ですか?

近年、慢性疲労症候群である人は少なくないとも言われています。

患者は単なる疲労と誤解を受けることも多いそうです。

慢性疲労とは違う慢性疲労症候群の原因や症状とは?

スポンサーリンク

  関連記事

若年性更年期障害の症状や原因とは?受診する時は何科?

近年、若年性更年期障害の症状を訴える人が増えているそうです。

若年性更年期障害の症状や原因とは?

男性も気を付けましょう。

肩こりを体操でほぐす オフィスでもできる体操を紹介

オフィスでデスクに向かって長時間仕事をしていて、

肩こりがつらい方は多いのではないのでしょうか。

適度に体操して効果的に解消しましょう。

入浴を効果的に HSP入浴法は健康に効果あり?

入浴は健康への効果が期待できます。

最近注目されているHSPを増やす入浴健康法もおすすめです。

ぜひ実践してみましょう。

仕事場やバイト先での電話対応に緊張 どうしたらいい?

仕事場やバイト先で電話を取ることがあると

思いますが、緊張して出られないという方、新入社員は

少なからず戸惑う作業なのです。

間違いを恐れずリラックスして、しっかり仕事を

こなしましょう。

耳鳴りが気になる 耳鳴りの原因と特徴について

耳鳴りの症状は、音がするものがないのに、

様々な音が聞こえるというものです。

病気の場合もあるそうですが、多くはストレスや疲れが

溜まっている時に起こるそうです。

心因性頻尿の原因はストレス?排尿を意識しすぎないように

大事な会議、試験、発表する時など緊張する場面で、

トイレが近くなったりしますね。

心理的な要素やストレスなどが心因性頻尿の

引き金になることがあるのです。

みんな大好き親子丼の発祥ってどこ?作り方もご紹介

家庭には必ずある玉子をつかった代表的な丼ものといえば、

やはり親子丼ではないでしょうか。

親子丼の発祥には諸説ありますが、考えた人に感謝ですね!

昼食後が眠い!眠気がひどい原因や対策とは

午前中の仕事を終え、昼食で回復したつもりが、

昼食後に眠いなんてことは、よくあることだと思います。

ですが、それは工夫をすれば、改善できる可能性があるそうです。

少しの時間昼寝をするのもおすすめです。

紅茶の効能を利用して冷えを改善 生姜紅茶がおすすめ

紅茶には体を温める効能があります。

冷えでお悩みの方は、生姜紅茶にして飲むと

効能もより良くなるそうです。

独身の女性の割合とは 結婚に対する考え方は?

女性の結婚に対する考え方は以前とは

だいぶ変わってきているようです。

独身の割合やその考え方とはどのようなものなのでしょうか?

高血圧で血圧を下げたい!血圧を下げる方法はお酢?

昔からお酢は健康に良いと言われています。

疲労回復、痛風などに効果があるとされていますが、

血圧を下げる方法としてもお酢は注目されているのです。

緊張型頭痛の治し方や対処法、治療について

緊張型頭痛を改善したい。

日常生活で気をつけるべきことはどんなことなのでしょう。

治し方や対処法について確認します。

リウマチの原因はストレスかも?男性患者も増加している原因とは

精神的なストレスが積み重なる事が、

リウマチの原因となるようです。女性に多いとされるリウマチですが、

男性の患者も増加しているそうです。

また、既に関節リウマチになっている人でも、

ストレスによって進行を悪化させる場合もあります。

ロードバイク人気が上昇!初心者の女性でも大丈夫なの?

ロードバイクは、最近女性人気が高まっているようです。

女性だからと諦めていた方も挑戦してみてはいかがでしょうか?

女性用ロードバイクの特徴などについても確認しておきましょう。

緊張をほぐすツボを押してプレッシャーに打ち勝て!

緊張している時に、あるツボを押すと、

緊張がほぐれるそうです。

ツボの場所や押し方のコツとは?

入浴で効果的に疲労回復する方法や入浴時間とは

入浴を効果的にすることで、効率良く疲労を回復したい。

では、効果的な入浴法や入浴時間とは?

入浴を効果的にし、リラックスできるといいですね。

幸運を呼ぶ数字とは?車や電話番号と生年月日の数字について

数字には様々な意味や力があると言われます。

たくさんの解釈がありますが、

その中でも、幸運を呼びそうな数字を探してみました。

静電気を起きにくくする衣類の組み合わせや対策とは

冬場は特に静電気に悩まされます。

しかし、衣類の組み合わせによって静電気を

起きにくくできるそうです。

入浴の効果は美容にも 正しい入浴でキレイになろう

入浴することで美容にも効果をもたらします。

ただ、入浴方法を間違えると、

逆効果になることもあるようなので、注意が必要です。

皮膚のかゆみが顔にでる原因とは?予防が大切

顔の皮膚のかゆみがある原因は様々ですが、

習慣の改善などで予防できるそうです。

健康な皮膚を保ちましょう。

慢性疲労症候群の症状について

慢性疲労症候群は、風邪や気管支炎などの病気をきっかけに始まることが多いと言われています。この場合、リンパ節が腫れて痛むなど風邪に似た病気の後に症状が現れます。発熱や鼻水と共に疲労感が始まり、風邪に似た症状が長い期間続くため、休養を取っても改善されないのが特徴です。また、血液検査などの全身の検査を行なっても異常が見つからないとき、慢性疲労症候群が疑われます。

慢性疲労症候群の代表的な症状の1つとして微熱があります。平熱より0.5~1.5℃程高い熱が6か月以上続きます。解熱鎮痛剤などの薬を用いても、ほとんど効果がないのが特徴です。また、風邪に似た症状として、頭痛や喉の痛みが生じることもあります。

その他にも主な症状として、不眠と過眠、疲労感、筋肉痛、気分障害などがあります。自律神経の異常により眠りが浅くなったり寝つけないといった不眠や、日中に異常な眠気に襲われる過眠。日常生活に支障を及ぼすほどの疲労感。全身または身体の一部に、動くことができないほどの筋肉痛の発症。うつ病に似た症状が現れ、気分の落ち込みが続く気分障害。これらの症状に自覚がある場合は、早めに病院で診てもらう必要があります。

病院では、疲労感を他に説明できる原因が見つからない場合、慢性疲労症候群と診断されます。

引用元-慢性疲労症候群によく見られる症状 | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



  人気記事

慢性疲労症候群の簡単なチェックをしてみよう

「慢性疲労症候群」とは、原因不明の強い疲労が、6ヶ月以上継続する病気です。
特定の診断基準を満たさないと診断されません。

このチェックリストに全てあてはまったら、慢性疲労症候群の可能性があります。

休んでから24時間以上たっても、疲労感や筋肉痛が消えない
不眠(眠りに落ちる時間が毎日ずれていく)や過眠がある
37度以上の発熱が続いている
頭痛や喉の炎症が続いている
関節が痛い
筋力が低下してきている
特に、慢性疲労症候群は、単なる疲労だけではなく、筋肉痛や関節痛、発熱を伴うのが特徴です。

慢性疲労症候群は、休息以外に治療が必要な病気なため、休息すれば治る慢性疲労とは区別されます。

引用元-「慢性疲労症候群」と「慢性疲労」の違い – 一橋を出てニートになりました

スポンサーリンク



慢性疲労と慢性疲労症候群は全く異なる

慢性疲労症候群は慢性疲労と名称は似ていますが、全く異なる非常に重い病気です。

慢性疲労症候群は、圧倒的な疲労により実生活を送ることが非常に困難になります。
症状が重い場合、 それは朝ベッドから身体を起こすことから始まり、階段の昇り降り、買い物に行くことさえ常に疲労を伴い、 生活の大部分において非常に苦労します。

また、慢性疲労症候群は睡眠などで身体を休めたり、栄養を摂取して回復しようと試みても改善されることがありません。 慢性疲労症候群にかかると身体を動かすことが非常に困難なことから、第三者に怠けていると誤解され、苦しむケースも見受けられます。

引用元-慢性疲労症候群の症状と治療

慢性疲労症候群の原因は不明で治療法も確立していない

慢性疲労症候群とは、関節痛や筋肉痛、発熱、異常な倦怠感のような状態がずっと続いていく症状。医学的な調査や研究は進められているものの、いまだに原因不明で、治療法も確立していない。

 今回のメカニズムを解明したのは、理研ライフサイエンス技術基盤研究センターの渡辺恭良センター長、水野敬研究員、大阪市立大学疲労クリニカルセンターの中富康仁研究員(ナカトミファティーグケアクリニック院長)、稲葉雅章教授らによる研究チーム。

 脳内で起こる炎症は、ケガをしたときに皮膚が赤く腫れるような状態で、健常な人の脳にも、ある程度起きる。

 しかし、無理をすると、炎症の度合いが強くなる。すると、脳の神経がダメージを受けて、回復が難しくなっていくと考えられている。

引用元-「慢性疲労症候群」の脳内に広範囲の炎症を発見!“怠け”と誤解される異常な疲れとの因果関係|男の健康|ダイヤモンド・オンライン

慢性疲労症候群を放置すると寝たきりになる可能性も

慢性的な疲労や全身倦怠感と聞いてもそれほど重大な症状はイメージしにくいのですよね。

しかし、慢性疲労症候群は放置していると寝たきり状態になる可能性がとても高い病気なのです。

慢性疲労症候群の患者のうち、一人では立って歩くことができず介助者が必要な方や寝たきり状態になっている方が3割にも上ると言われています。

確実な治療法がないことばかりが原因ではなく、疲労感や倦怠感のせいで病院に行くことができずに結果的に病気を放置する形になり重症化してしまうケースが多いのだそうです。

普通なら具合が悪ければ病院へ行こうとしますが、慢性疲労症候群になると病院へ行くことすら辛いほどの疲労感や倦怠感に襲われてしまうのです。

筋力低下が寝たきりの原因の一つ
風邪で数日寝込んだ後、風邪はもう治っているのにずっと体がだるくて動くのがおっくうに感じた経験はありませんか?
これは、寝込んでいる間に筋肉が落ちてしまったために、以前と同じように活動しようとしてもすぐ疲れを感じてしまうという状態です。

慢性疲労症候群は治療法がないので、体調が悪い時は横になっているしかありません。症状が悪化してくると活動する時間が減るため、筋力も低下していきます。

すると、筋力低下によってさらに疲れやすくなり寝込む時間が増え、さらに筋力低下が進行しもっと疲れやすくなる…という悪循環に陥ってしまうのです。

引用元-疲れがとれない女性が急増中!慢性疲労症候群のチェックを | 女性の美学

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学