ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

もしかして膀胱炎?女性に多い膀胱炎の症状や原因について

      2017/01/27

膀胱炎は女性に多い病気です。

残尿感や痛みなど、気になることがあったら、

すぐに病院にかかることが大切です。

症状を確認して、予防もしっかりしましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

南部鉄器急須が海外で人気沸騰 その秘密とは

南部鉄器が海外でも人気を集めています。

カラフルな急須などギフトにもおすすめです。

一生ものの南部鉄器を手にしたいものです。

仕事のストレスでイライラの限界を感じる前に対処を!

仕事でストレスを感じることは、残念ながら日常的にあると思います。

しかし、ストレスを溜めてイライラしているのは良くありません。

解消しながら、うまくストレスと付き合っていくことが大切です。

会話が続かない人の特徴とは?上司や初見の人との会話

仲のいい友達となら会話も途切れることは少ないかもしれませんが、

それが、初対面であったり、目上の人や上司であると、

どんな会話をしていいのか迷って沈黙してしまうということも

多いかもしれません。

会話をうまく続けるために、会話が続かない人の特徴を知り、

そういった場面に活かせるようにしましょう。

耳鳴りの原因は病気?低音の耳鳴りで気をつけたい病気とは

耳鳴りがすると、耳鳴りもつらいですが、

耳鳴りによる不安感もつらいですよね。

無理せず周りの人に相談したり、病院へかかりましょう。

血圧を下げる食べ物とされるゴマや納豆、玉ねぎの効果について

血圧を下げたい、あるいは血圧が上がるのを予防したい。

まずは生活習慣の改善が大切ですが、食事の見直しももちろん必要です。

血圧を下げる食べ物として言われる、ゴマや納豆や玉ねぎの効果とは?

静電気の電圧ってどのくらいなの?

静電気の電圧とはどの程度のものなのでしょうか?

また、静電気によって命の危険にさらされる事はあるのか?

雷も静電気が素のようです。

だるい体を食事で改善!疲労回復に効果がある食べ物とは?

疲労が溜まっているときのオススメの食べ物とは?

疲労回復の効果が高い食べ物は様々ありますが、

バランスもしっかり整えることが大切です。

肩こりや頭痛は枕が原因かも 枕を選ぶポイント

枕が合っていないと、肩こりや頭痛の原因と

なるそうです。では、どのような枕がいいのでしょうか?

快適な眠りを手に入れましょう。

紅茶に含まれるカフェインの効果とは

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーですが、

紅茶にもカフェインは含まれているのです。

その効果とはどのようなものなのでしょうか。

鼻の呼吸は片方ずつって知ってる?鼻呼吸の重要性とは

日常的に鼻で呼吸をしていて、あまり意識しませんが、

鼻呼吸は片方ずつしている事はご存知ですか?

口呼吸している方は鼻呼吸に直した方がいいですよ。

就活でストレス解消法を聞かれることも?転職の面接でストレスを溜めないために

学生の就活や転職時の面接は、中々ストレスが溜まるものです。

面接でストレス解消法を聞かれることも最近は多いようです。

面接で溜まるストレス解消法はひとそれぞれですが、

大事なことはストレスを溜めないことです。

コーヒーを飲むと腹痛や下痢の症状が出る原因と対処法について

コーヒーが好きで毎日飲んでいる人も多いと思いますが、

コーヒーを飲むとお腹が痛くなったり、下痢になってしまうという

ことはありませんか?原因と対処法とは?

10代で起こるひざの痛みオスグッド病の原因や予防法とは?

10代のひざの痛みといえば、成長痛が思い浮かびますが、

特にスポーツをしている子供で多く発症するとされるものがあるのです。

オスグッド病というひざに痛みの症状が現れるものなのですが、

原因や予防法はあるのでしょうか?

疲労回復をするために睡眠が大事!理想の睡眠時間とは?

疲労回復のために、睡眠はとても重要です。

特に精神的疲労が大きい場合は睡眠時間が長くなってしまうすです。

疲労回復のための理想の睡眠時間はどれくらいなのでしょうか?

リウマチは遺伝する?原因や確率は?初期症状に気をつけて

リウマチは遺伝病ではないので、遺伝するということではないそうですが、

遺伝的要素は関係してそうです。

年齢別にみると40代の方が発症することが多いようです。

お盆の由来はインド?日本?お休みの意味を知る

お盆といえばお盆休みと考える人は多くいるかもしれません。

里帰りや旅行など、ゴールデンウィークのような光景を

お盆休みでも見かけます。

ただ休むだけでなく、お盆の由来を知ることで、

また違った余暇の過ごし方ができるかもしれません。

糖尿病の初期症状は尿から?尿の色や頻度も関係

糖尿病は症状が自分自身では分かりずらいのが特徴です。

ですがき尿などの初期症状を把握し、

早めに検査して未然に防げるようにしましょう。

しゃっくりが止まらない原因とは?病院へ行くべき?

通常しゃっくりは、しばらくすれば止まりますが、

止まらない時はどうしたらいいのでしょうか?

食べ過ぎなどが原因のこともありますが、病院へは行くべきなのでしょうか?

100回すると死ぬと言われるしゃっくりも、

長く続くようなら要注意です。

かっさマッサージの効果とは?顔や足のマッサージの方法について

古くから中国に伝わるかっさですが、

マッサージによる美容や健康の効果が期待できるそうです。

その効果や方法とは、どのようなものなのでしょうか?

若白髪は治る?予防や改善をするために必要なこととは?

若白髪で悩む人が増えている原因は、

生活習慣の乱れにあるのかもしれません。

遺伝的な原因の可能性も言われていますが、そうでない場合は、

生活習慣の改善で若白髪も改善できるかもしれません。

膀胱炎かも?膀胱炎チェックリスト

女性に多い膀胱炎は「急性膀胱炎」と言って、膀胱に細菌が侵入して炎症を起こしているものです。特徴的な症状は3つ、「頻尿」「排尿痛」「尿の混濁」です。以下の項目で当てはまる人は病院に行きましょう。

トイレに行ったばかりなのに、またすぐトイレに行きたくなる。
排尿の終わり頃、ときには始めに、ヒリヒリするような痛み、焼けつくような痛み、ジンジンするような痛みがある。
尿の色が、白っぽく濁っている。
排尿が終わっても、まだ尿が残っている気がする。
排尿になんとなく違和感がある。
この他にも、ときに血尿が出ることもあります。

引用元-女性の膀胱炎の症状とよくある原因 | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



  人気記事

膀胱炎の主な症状は痛みや残尿感

膀胱炎はどんな症状がでるのでしょうか。膀胱炎は、男性よりも女性がなる確率が高い病気です。膀胱炎は、放っておくと、辛い痛みや高熱がでてしまうこともあります。また、腎盂腎炎やなどを引き起こす可能性があります。膀胱炎の症状をきちんと把握しておいて、早めに対応することが大切です。膀胱炎の主な症状は、「何度もトイレに行きたくなる」、「排尿後に痛みがある」、「残尿感」、「尿が白く濁ったり、血が混じることがある」というものです。
初期の膀胱炎の場合、トイレに行く回数が増えます。尿意を感じて1日10回以上もトイレに行くようになりますが、排尿してもすっきりしない、残尿感が残ってしまいます。また、尿が白く濁ったり、時には血が混じる血尿が出ることもあります。また、排尿の最後の方や、排尿後に痛みを伴ってきます。膀胱炎の痛みでよく言われるのが、「つーんとしたしみるような痛み」です。
これは、尿の貯蔵庫である膀胱が、細菌感染によって膀胱炎になってしまい膀胱の内側が敏感になっているために起こる痛みです。膀胱炎が軽い場合、自覚症状がないこともあるそうです。特に高齢者などは、違う症状で尿検査をしたら膀胱炎だった、ということもよくある話みたいです。膀胱炎が悪化してくると、残尿感がひどくなってしまいますので何度も何度もトイレに行くようになります。

引用元-膀胱炎の症状と治療ガイド

スポンサーリンク



女性が膀胱炎になりやすい原因とは

女性は尿道が短いので細菌が入りやすいのです。水分を取らなかったり、トイレを我慢することで細菌が増えることも原因となります。
また、膣のすぐそばに尿道があるので、性交の際に刺激を受けやすいのも原因の一つ。性感染症になり、その細菌が膀胱炎の原因菌になることもあります。膀胱炎の人は性感染症の検査も受けることをお勧めします。また、体の不自由な人でおむつをしているような人もなりやすいので注意しましょう。

引用元-女性の5人に1人は「膀胱炎」 原因・症状・治療について|河野産婦人科クリニック 院長 河野美代子先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)

膀胱炎の治し方について

 膀胱炎には、急性膀胱炎、慢性膀胱炎、出血性膀胱炎、間質性膀胱炎などの種類があります。最も多いのは急性膀胱炎で、細菌感染が原因です。

 急性膀胱炎の初期の場合は、自然治癒することがあります。トイレが近くなり、排尿後に軽く痛みがある場合は、まずは水をいつもより多めに飲んで、トイレにこまめに行き、膀胱に尿が溜まっている時間を減らして細菌を早めに排出するように心掛けます。また下腹部を温め、睡眠を十分にとり、免疫力が落ちないようにします。

 生活習慣を見直すだけでも、膀胱炎になる可能性を回避できたり自然治癒を早めることができます。

 このようなことを続けても、頻尿や排尿後の痛みが続く場合や、さらにひどくなってくるような場合は、早めに内科、泌尿器科、婦人科等を受診してください。

引用元-この症状、もしかして「膀胱炎」?女性はなりやすい! 正しい治し方とは:日経ウーマンオンライン【トレンド(ヘルス&ビューティー)】

細菌性の膀胱炎を予防するために

1.トイレの後始末は『前から後ろへ』
膀胱に入りやすい細菌のひとつが大腸菌だということは、先ほど説明しました。ですから、排便をした後は『前から後ろへ』と拭くようにしましょう。肛門の周りの菌を、尿道に近づけないようにします。
2.便秘にならないように気をつける
便秘になると、その分体内で大腸菌が繁殖してしまいます。そのような状態で排便すると、多くの大腸菌が外に出てくることになり、普段の排便よりも尿道に菌が入りやすくなってしまうのです。
3.セックス前後はシャワーを浴び、清潔にする
膣と尿道は近くにあります。そのため前戯の際に、膀胱へ菌が入ってしまうことも。ですから、セックスの前にはシャワーを浴び、陰部を洗い、終わったあとはトイレで排尿するとよいでしょう。
4.おしっこを我慢しない
尿を我慢するということは、もし細菌が膀胱に入っていた場合、それが増えてしまうことになります。細菌が入ってしまった場合は、早めに水分と一緒に体外に出してしまうことが大切です。
5.水分を十分に取る
これは上記した通り、細菌の増殖を防ぎ、排出させる効果があります。もし細菌が入ってしまっても、排出してしまえば膀胱炎になりにくくなります。
6.下腹部を冷やさないようにする
膀胱炎にならないためには、血流を悪くしないことも大切です。血流がよいと、膀胱粘膜の抵抗が高くなり、細菌と戦う力があがるとともに、病気になりにくい身体を作ることができます。
7.疲労・ストレスをためないようにする
どの病気もそうですが、疲労やストレスがたまって、抵抗力が落ちていると病気にかかりやすくなってしまいます。膀胱炎もそれと同じ。普段から体力をつけて、ストレスをためないようにし、病気になりにくい身体を作ることを心がけましょう。
8.清潔を保つ
当たり前のことですが、膀胱の近くは清潔にしておきましょう。例えばパンティライナーや生理用のナプキン、タンポンはこまめに取り換えるように。外陰部を清潔に保つことで、細菌の増殖を防ぎます。

引用元-膀胱炎?頻尿や排尿時の痛みが気になったら|ウーマンジャパン

 - 生活の知恵, 美容・健康