ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

もしかして膀胱炎?女性に多い膀胱炎の症状や原因について

      2017/01/27

膀胱炎は女性に多い病気です。

残尿感や痛みなど、気になることがあったら、

すぐに病院にかかることが大切です。

症状を確認して、予防もしっかりしましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

肩こり解消にウォーキングを 体操も忘れずに

肩こりの解消にウォーキングをしてみましょう。

ウォーキングによるメリットはたくさんあります。

始める前の体操も忘れずに!

口内炎の治し方は塩うがい?その効果とは

憂鬱な口内炎の治し方として塩があります。

塗るというまさに原始的な方法もありますが、

うがいでも十分効果はあるそうです。

夕方になると胃が痛い 空腹時に胃痛が起こる原因について

胃痛を抱えている人は増加傾向にあるそうです。

夕方になると胃が痛いと感じたり、空腹時の胃の痛みなど、

仕事が忙しくなると中々食事の時間を取るのも大変な方も

いると思いますが、空腹時間を持続させないことは、

非常に重要となります。

軽く見ていると病気になってしまう可能性もあるそうなので、

しっかり胃のケアをして生活しましょう。

腸閉塞の前兆や初期症状はある?予防策は?

一般的な腸閉塞は、消化しきれなかったものが、

腸に徐々に詰まって行く状態ともいえるので、

前兆が起こる可能性があるようです。

なるべく早く気づいて治療できるようにしましょう。

背中が痛い症状が真ん中に現れる原因とは 吐き気もある時は?

背中が痛い症状と共に吐き気がする場合があります。

吐き気を伴う場合、内臓疾患により痛みが生じている可能性があります。

背中の真ん中あたりが痛む場合の原因とは?

食べ物で体質を改善して静電気を起きにくくする

静電気が起きやすい体質の方は、

食生活を見直して、その体質を改善できるかもしれません。

やはり何事も健康が第一です!

疲労やストレスが原因で咳が止まらない咳喘息とは

ストレスや疲労と咳は関係があるそうです。

咳は止まらないと非常に辛いですよね。

咳喘息と言われる症状やその原因とは?

英語力を上達させたい 勉強の始め方とは?

日本にいても観光客の増加など英語を必要と

する場面が増えているように感じます。

そろそろ重い腰を上げて英語を学んでみませんか?

高校で部活は続けるべき?勉強との両立はできる?

勉強も難しくなり、部活も本格化する高校生。

受験のために部活は諦めるのが正解なのでしょうか?

両立はきれいごとなのか?そんなことはないと思います。

一度しかない高校生活に悔いを残さないことが、

一番大切なのでしょう。

にんにくの健康や美容への効果があらわれる時間帯とは?

にんにくは体にいいと漠然に思っていませんか?

にんにくは疲労回復や血圧予防のほかに美容にも効果があるそうです。

また、効果があらわれる時間帯があるそうです。

血圧が高い症状について 急に血圧が上がる理由とは?

血圧が高い原因は、はっきりとわかっていないそうです。

症状について理解し、生活習慣や食生活の

見直しを図りましょう。

乗り物酔いの原因や対策は?子供の乗り物酔いの治し方とは

乗り物酔いは、乗り物の揺れや加速度によって

三半規管が刺激されることで起こります。

乗り物酔いが発生する仕組みは完全には解明されていないそうです。

原因や対策を知り、なりやすい子供にも対策ができるといいですね。

職場の悩みやストレス解消法とは?多くの原因は人間関係にあり

職場でストレスを感じることがある人は、

非常に多いと思います。ですが、ストレスは絶対に無くなりません。

ストレス解消法でうまくコントロールし、

ストレスに負けてしまうことのないようにしましょう。

緊張をほぐす試験や受験対策で合格を勝ち取ろう

試験や受験は多くの方が人生で経験することだと思います。

勉強したのに、緊張していいパフォーマンスが出来なかった、

なんていうことのないように緊張をほぐす方法をいくつかご紹介します。

人間ドックは必要?検査内容や費用はどのくらい?

人間ドックを受けるは面倒だと感じる方も多いかもしれませんが、

検診を受けることにより、重大な病気が発覚する場合もあります。

費用や内容の例を確認して、一度受けてみてはどうですか?

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

頭痛の治し方で前頭部に痛みがある場合は?対処法について

前頭部に起こる頭痛の原因としては偏頭痛や緊張型頭痛

であることが多いそうです。

症状を緩和させたり、治し方とは?

心因性頻尿の原因はストレス?排尿を意識しすぎないように

大事な会議、試験、発表する時など緊張する場面で、

トイレが近くなったりしますね。

心理的な要素やストレスなどが心因性頻尿の

引き金になることがあるのです。

新車の車検の期間は?費用はどのくらい?

定期的にある車検ですが、車検はどんなものかご存知ですか?

新車である場合、初回の車検はおおむね3年です。

車検の期間や費用とは?

30代や40代独身の男性の楽しみ方とは?

男性と女性共にソロ化が進む現代ですが、

独身が良くないという風潮も薄くなってきているように感じます。

寂しさを感じることもあるかもしれませんが、

ポジティブに捉えて、独身を楽しむことも大切です。

独身男性の独身の楽しみ方とは?

膀胱炎かも?膀胱炎チェックリスト

女性に多い膀胱炎は「急性膀胱炎」と言って、膀胱に細菌が侵入して炎症を起こしているものです。特徴的な症状は3つ、「頻尿」「排尿痛」「尿の混濁」です。以下の項目で当てはまる人は病院に行きましょう。

トイレに行ったばかりなのに、またすぐトイレに行きたくなる。
排尿の終わり頃、ときには始めに、ヒリヒリするような痛み、焼けつくような痛み、ジンジンするような痛みがある。
尿の色が、白っぽく濁っている。
排尿が終わっても、まだ尿が残っている気がする。
排尿になんとなく違和感がある。
この他にも、ときに血尿が出ることもあります。

引用元-女性の膀胱炎の症状とよくある原因 | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



  人気記事

膀胱炎の主な症状は痛みや残尿感

膀胱炎はどんな症状がでるのでしょうか。膀胱炎は、男性よりも女性がなる確率が高い病気です。膀胱炎は、放っておくと、辛い痛みや高熱がでてしまうこともあります。また、腎盂腎炎やなどを引き起こす可能性があります。膀胱炎の症状をきちんと把握しておいて、早めに対応することが大切です。膀胱炎の主な症状は、「何度もトイレに行きたくなる」、「排尿後に痛みがある」、「残尿感」、「尿が白く濁ったり、血が混じることがある」というものです。
初期の膀胱炎の場合、トイレに行く回数が増えます。尿意を感じて1日10回以上もトイレに行くようになりますが、排尿してもすっきりしない、残尿感が残ってしまいます。また、尿が白く濁ったり、時には血が混じる血尿が出ることもあります。また、排尿の最後の方や、排尿後に痛みを伴ってきます。膀胱炎の痛みでよく言われるのが、「つーんとしたしみるような痛み」です。
これは、尿の貯蔵庫である膀胱が、細菌感染によって膀胱炎になってしまい膀胱の内側が敏感になっているために起こる痛みです。膀胱炎が軽い場合、自覚症状がないこともあるそうです。特に高齢者などは、違う症状で尿検査をしたら膀胱炎だった、ということもよくある話みたいです。膀胱炎が悪化してくると、残尿感がひどくなってしまいますので何度も何度もトイレに行くようになります。

引用元-膀胱炎の症状と治療ガイド

スポンサーリンク



女性が膀胱炎になりやすい原因とは

女性は尿道が短いので細菌が入りやすいのです。水分を取らなかったり、トイレを我慢することで細菌が増えることも原因となります。
また、膣のすぐそばに尿道があるので、性交の際に刺激を受けやすいのも原因の一つ。性感染症になり、その細菌が膀胱炎の原因菌になることもあります。膀胱炎の人は性感染症の検査も受けることをお勧めします。また、体の不自由な人でおむつをしているような人もなりやすいので注意しましょう。

引用元-女性の5人に1人は「膀胱炎」 原因・症状・治療について|河野産婦人科クリニック 院長 河野美代子先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)

膀胱炎の治し方について

 膀胱炎には、急性膀胱炎、慢性膀胱炎、出血性膀胱炎、間質性膀胱炎などの種類があります。最も多いのは急性膀胱炎で、細菌感染が原因です。

 急性膀胱炎の初期の場合は、自然治癒することがあります。トイレが近くなり、排尿後に軽く痛みがある場合は、まずは水をいつもより多めに飲んで、トイレにこまめに行き、膀胱に尿が溜まっている時間を減らして細菌を早めに排出するように心掛けます。また下腹部を温め、睡眠を十分にとり、免疫力が落ちないようにします。

 生活習慣を見直すだけでも、膀胱炎になる可能性を回避できたり自然治癒を早めることができます。

 このようなことを続けても、頻尿や排尿後の痛みが続く場合や、さらにひどくなってくるような場合は、早めに内科、泌尿器科、婦人科等を受診してください。

引用元-この症状、もしかして「膀胱炎」?女性はなりやすい! 正しい治し方とは:日経ウーマンオンライン【トレンド(ヘルス&ビューティー)】

細菌性の膀胱炎を予防するために

1.トイレの後始末は『前から後ろへ』
膀胱に入りやすい細菌のひとつが大腸菌だということは、先ほど説明しました。ですから、排便をした後は『前から後ろへ』と拭くようにしましょう。肛門の周りの菌を、尿道に近づけないようにします。
2.便秘にならないように気をつける
便秘になると、その分体内で大腸菌が繁殖してしまいます。そのような状態で排便すると、多くの大腸菌が外に出てくることになり、普段の排便よりも尿道に菌が入りやすくなってしまうのです。
3.セックス前後はシャワーを浴び、清潔にする
膣と尿道は近くにあります。そのため前戯の際に、膀胱へ菌が入ってしまうことも。ですから、セックスの前にはシャワーを浴び、陰部を洗い、終わったあとはトイレで排尿するとよいでしょう。
4.おしっこを我慢しない
尿を我慢するということは、もし細菌が膀胱に入っていた場合、それが増えてしまうことになります。細菌が入ってしまった場合は、早めに水分と一緒に体外に出してしまうことが大切です。
5.水分を十分に取る
これは上記した通り、細菌の増殖を防ぎ、排出させる効果があります。もし細菌が入ってしまっても、排出してしまえば膀胱炎になりにくくなります。
6.下腹部を冷やさないようにする
膀胱炎にならないためには、血流を悪くしないことも大切です。血流がよいと、膀胱粘膜の抵抗が高くなり、細菌と戦う力があがるとともに、病気になりにくい身体を作ることができます。
7.疲労・ストレスをためないようにする
どの病気もそうですが、疲労やストレスがたまって、抵抗力が落ちていると病気にかかりやすくなってしまいます。膀胱炎もそれと同じ。普段から体力をつけて、ストレスをためないようにし、病気になりにくい身体を作ることを心がけましょう。
8.清潔を保つ
当たり前のことですが、膀胱の近くは清潔にしておきましょう。例えばパンティライナーや生理用のナプキン、タンポンはこまめに取り換えるように。外陰部を清潔に保つことで、細菌の増殖を防ぎます。

引用元-膀胱炎?頻尿や排尿時の痛みが気になったら|ウーマンジャパン

 - 生活の知恵, 美容・健康