ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

立ち仕事の足の痛みや疲れが取れない原因と疲れをとる方法について

      2016/12/12

毎日の仕事で足が疲れていませんか?

休んでも中々疲れが取れない原因とは?

立ち仕事で足の痛みを防ぐための方法とは、

どんなものなのでしょう。

スポンサーリンク

  関連記事

油性ペンの落とし方 肌や服についてしまった時は?

油性ペンが肌や服に付いてしまっても、

慌てずに対処しましょう。

身近なもので結構落ちるんですね。

インクの落とし方について確認します。

背中に激痛で動けない!原因はぎっくり背中?

背中の痛みの原因は様々ですが、

その中でもぎっくり背中について確認します。

その効果が期待できる対処法や予防法とは?

花粉症の原因は植林?花粉症の歴史とは

国民病とも言われる花粉症ですが、

そもそもの原因はスギの植林が原因であるようです。

たくさんの人が苦しむ花粉症は一体いつまで続くのでしょうか?

様々な原因があり、解決は中々難しそうです。

冷え性が原因で自律神経失調症の危険

ストレスなどから引き起こる冷え性が近年増加傾向に

あるようです。冷え性が原因で自律神経のバランスが

崩れたり、逆のパターンもあるそうなので気をつけたいですね。

入浴を効果的に HSP入浴法は健康に効果あり?

入浴は健康への効果が期待できます。

最近注目されているHSPを増やす入浴健康法もおすすめです。

ぜひ実践してみましょう。

季節性情動障害とは?冬季うつの症状について

主に秋から冬にかけて悪化するタイプのうつ病で、

冬季うつや季節性うつ病、季節性感情障害と呼ばれたりもします。

冬場は体がだるいなどがある方は、

もしかしたら冬季うつ病なのかもしれません。

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

若年性更年期障害の症状や原因とは?受診する時は何科?

近年、若年性更年期障害の症状を訴える人が増えているそうです。

若年性更年期障害の症状や原因とは?

男性も気を付けましょう。

冷え性を日々の運動で改善する

冷え性を改善するために運動を始めてみませんか?

効果的な有酸素運動を行うことにより、習慣など様々な面が

改善されることも期待されます。

運動不足の方は是非、ウォーキングから始めてみましょう。

炭酸水による洗顔で美肌効果 作り方や方法とは

炭酸水で洗顔すると美肌効果を得られるようです。

飲用のものではなく、クエン酸と重曹で作ったものが良さそうです。

炭酸水の作り方や洗顔方法とは、

どのようなものなのでしょうか。

てんかん発作を見かけたときのために知っておくべき対応とは

てんかんの発作は、突然起こります。

街中や大きな施設などで発作を起こしている方を見かけた場合、

どのような対応を取るべきなのでしょうか?

何か始めたいと思うなら趣味を持とう!

何か始めたいけど、何を始めたらいいかわからない。

そんな人は趣味を持ちましょう。

趣味ができる週末まで、あとちょっとがんばろうと

仕事も頑張れそうです。

寝る前にコップ1杯の水を!適切な飲み方で効果を発揮

寝る前にコップ1杯の水を飲むといいというのは、

どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

ですが、飲み方や飲み過ぎは逆効果のようです。

健康や美容にも関係が深いケイ素の効果や効能について

ケイ素は、シリカ(二酸化ケイ素)とも呼ばれており、

地球上のあらゆる物質や物体にケイ素が含まれているそうです。

注目されるケイ素の効果や効能とは?

起立性低血圧とは?原因や症状と対処法について

起立性低血圧とは、寝たり、座ったりしている状態から、

立ちあがった時に血液の循環がスムーズに行われずに、

脳への血のめぐりが悪くなる状態です。原因や対処法とは?

鼻水や痰が気になる後鼻漏とは?症状や咳の原因について

喉に鼻水が落ちているような感覚があったり、

咳や吐き気などの症状がよくある人は後鼻漏の可能性があります。

では、後鼻漏とはどのようなものなのでしょうか?

ストレートネックをストレッチで改善 タオルをうまく使う

ストレートネックでつらい思いをしないために、

ストレッチをして改善しましょう。

今回はタオルを使ったエクササイズをご紹介します。

頭痛の治し方で前頭部に痛みがある場合は?対処法について

前頭部に起こる頭痛の原因としては偏頭痛や緊張型頭痛

であることが多いそうです。

症状を緩和させたり、治し方とは?

何か始めたいと思ったらすぐ行動!大学生のうちに多くの経験を!

何気なく大学生活を送っていて、

時間があるなぁ、何か始めたいなと思っているなら

すぐ行動しましょう!時間はあるようで、ありません!

寝る前の食事がよくないのはなぜ?食事の時間と睡眠について

寝る前の食事は良くない、太るとよく聞きます。

では、なぜ寝る前の食事は良くないのでしょうか?

また、寝る前の時間を多く摂れば、

遅い時間の食事は問題ないのでしょうか?

足の疲れが取れない原因について

①血行が悪くなる

立ち仕事をすると血行が悪くなります。

同じ姿勢で立っていることが多いと、ふくらはぎの筋肉が使われないからです。

ふくらはぎの筋肉は実は、血行と深い繋がりがあるのをご存じでしょうか。

“第二の心臓”とも言われていて、足からの血液を心臓に送り出す「ポンプ」としての役割があるからです。

血液は心臓から足に向かって流れ、足から再び心臓に戻ります。「

戻るとき」に、体に溜まった余分な”水分”や”老廃物”も一緒に運ばれるのですね。

②足に老廃物が溜まる

ふくらはぎの筋肉が血液を押し上げるときに、余計な水分や老廃物も排出されます。

ふくらはぎの筋肉が使われないと、血液がしっかり上がりません。

そのまま水分と老廃物は、足に残ってしまうのですね。

水分が残ると「むくみ」となり、老廃物が残ると「疲れ・だるさ」になるのです。

すでにお話ししたように、老廃物は毒素や疲労物質が含まれています。

引用元-立ち仕事で足の疲れが毎日ひどくて困る|疲労回復に繋がるケア

スポンサーリンク



  人気記事

足裏のバランスが崩れると疲れやすい

土踏まずってご存知ですよね。そうです、足の裏のへこんだ部分です。デスクワ
ークと違い立ち仕事では常にこの土踏まずに荷重がかかっている状態になりま
す。

足の裏には土踏まずと同じようにアーチを作っている部分が3つあるんです。
そのアーチが低下してしまうと、足の衝撃吸収機能が低下してしまいます。

足の裏にある3つのアーチが低下することで足のバランスが崩れてしまいます
から、足首より上にあるすべての筋肉や靭帯に負担がかかり、筋肉疲労を感じ
るようになります。

そしてこの足の裏のアーチの低下は、身体のバランスを崩してしまいますから、
膝痛や腰痛の原因にもなってしまいます。

足首から下は、意外に細い骨でできていますから、動き回ったりしなくても、体重
がかかるだけで変形をおこしてしまいます。運動すれば負担はさらに大きくなり
ますから、ダイエットのためにウォーキングやジョギングをする時にはシューズ選
びが大切ということになります。

引用元-足のだるさをとるコツは”足の裏”です|翌日の立ち仕事に疲れを残すな!

スポンサーリンク



足の疲れをとる睡眠方法について

足を身体より高い位置において寝るのも、すごく有効な疲れを解消する方法です。血行の流れがよくなり、それが疲れの解消によく聞きます。具体的には、自分の首元にある枕と同じくらいの枕を足のしたにおいて眠るのです。
ただそれだけで、翌朝の足のすっきり具合はかなり変わってくることでしょう。足は低くして寝た方が寝やすいと考えられがちですが、実はこうして少し高くした方が寝やすくなるのです。
ただでさえ血が行き届きにくい人間の身体の先端です。少しでも楽に血を通わせてあげた方がいいいことはわかりますよね。枕がなければ他のもので代用しても良いですが、なるべくやわらかいものを選ぶようにしてください。
身体はまっすぐにして寝る
身体はまっすぐにして寝た方が一番疲れが取れやすいです。あおむけで寝るのが苦手という人もたまにいらっしゃいますが、それは身体がすごく歪んでいる証拠です。身体が歪むと顔も歪んできます。
顔が歪むとどんどん美から離れていきますよ。美しい顔の条件は、顔がシンメトリー・左右対称であることです。もし、まっすぐ上を向いて寝れないというのであれば、今のうちに改善した方がいいでしょう。
ただあおむけに寝るだけ、歪んだ身体もだんだんとまっすぐになっていきます。あおむけに寝るだけで疲れも取れて、美にもいいのですから、そうしない手はありませんよね。

引用元-営業女性必見!足の疲れを引きずらずに解消する方法4選 | そっか~(人´∀`)

足の疲れをとるのに有効なリンパマッサージ

足の疲れにはリンパマッサージが特に有効です。
 
体内を流れるリンパ液には、老廃物や毒素を運ぶ役目があり、
 
リンパマッサージをすることで疲労物質も運んでくれます。
 
足首を両手で掴み良く揉み解す
 
両手を使い、ふくらはぎを親指以外の指で押しながら、膝までスライドする
 
膝の裏をしっかりと揉み解す
 
太ももを両手で挟み、肉を揺らすようにしながら付け根までスライドする
 
足が重い・だるいと感じたらその都度行うのがお勧めです。
 
お風呂上りの状態で行うと効果がアップし、疲れが取れやすくなります。

引用元-足の疲れを取る方法

立ち仕事の足の痛みを防ぐために

姿勢良く立つ

姿勢が悪いと筋肉や関節に余分な負担がかかります。
バランスよく分散させるためにも姿勢を良くするべきだと思います。
姿勢の矯正は足が痛くならない方法としてだけでなく、普段から取り入れると健康に良いですよ。

理想の姿勢は壁に背中を密着させて直立した際に、頭・肩・お尻・かかとが壁について、背中と太ももあたりの後ろは少しスペースができます。

顎を少し引き背筋を伸ばす
下腹部に力を入れるようにお腹を引く
膝を伸ばす
足は肩幅くらいに開く
リラックスする

余分な力が入っていると立ち続けて疲れる原因になります。
力を抜いてリラックスして立ってみてください。
正しい姿勢をキープするために下腹部は締めておく必要がありますが、ほとんど力はいりません。

リラックスする際は、深い呼吸を心がけるとより楽になると思いますよ。

定期的に足を動かす

正しい姿勢をしてリラックスしていれば何時間でも疲れずに立っていられるのか?
立ち続けても足が痛くならないのだろうか?
もちろんそんなはずがない。

慣れてくれば次第に疲れにくくはなるでしょうけど、足が痛くなる原因は鬱血でしたよね。
どうしても痛くなってきたら屈伸運動などをして脚を動かしましょう。

かかとをお尻に付けるようにして足を手で持つストレッチがおすすめです。

引用元-立ち仕事で足が痛い!むくみ・足の疲れを取る方法と痛くならない方法 | ルンパス!

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康