ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

足つぼのマッサージは疲れやむくみにも効果あり?

   

足つぼのマッサージは様々な効果をもたらすと

言われています。足のむくみや疲れ、さらには

坐骨神経痛にも効果があるのだそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

洋服の手入れにブラッシングを!方法やおすすめのブラシは?

洋服のお手入れはしていますか?

やはり、するのとしないのでは大きく違うそうです。

ブラシを使った手入れ方法とは?

鼻水や痰が気になる後鼻漏とは?症状や咳の原因について

喉に鼻水が落ちているような感覚があったり、

咳や吐き気などの症状がよくある人は後鼻漏の可能性があります。

では、後鼻漏とはどのようなものなのでしょうか?

猛暑が続いてもバテないための対策や予防策について

年々夏が暑くなっているように感じます。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防が大切です。

暑い夏を乗り切りましょう!

紅茶に含まれるカフェインの効果とは

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーですが、

紅茶にもカフェインは含まれているのです。

その効果とはどのようなものなのでしょうか。

セルライトは運動不足を解消すれば消える負担の少ない有酸素運動が効果的

気になるセルライトは運動すれば消えると言いますが、

運動は得意じゃないし、と思っている方。

負担の少ない簡単な運動でも効果があるのです。

むしろセルライトにはあまり激しい運動は良くないそうです。

ストレスチェック制度って知ってる?義務化された目的とは

2015年12月から、ストレスチェックテストを

行うことが義務化されました。一体どのようなものなのでしょうか?

その目的や制度が導入されることで、どんな影響があるのでしょうか?

朝の時間を快適に過ごして健康体へ

朝はだるかったり、調子が出ないという方は多いかもしれません。

バタバタしてしまう朝の時間に余裕を持って、

朝食もしっかり摂るようにして、

健康な体づくりの基盤としましょう。

しゃっくりが止まらない!止め方のポイントは耳と水とツボ!

ふとした時に、しゃっくりが出てしまい、

中々止まらないなんて経験ありませんか?

しゃっくりの止め方はいくつかあるそうなので、

1つ方法を覚えておけばいざという時に、使えるかもしれません。

もやもや病は遺伝?症状や名前の由来について

もやもや病は、内頚動脈が頭の中に入った直後に、

左右ともに狭くなったり、詰まったりする病気で、

次第に進行していきます。

症状や名前の由来とはどのようなものなのでしょうか?

朝の顔のむくみの予防や効果が期待できる解消法とは?

朝起きたら、いつもより顔が大きくなっている気がしたり、

目が腫れぼったく感じたことはありませんか?

顔のむくみを予防するために効果が期待できる方法や解消法とは?

冷え性対策のストレッチ 押すと効果のあるツボとは

冷え性に負けないためにストレッチで身体を温めてあげましょう。

簡単にできるストレッチと冷え性に効果があるツボを

ご紹介します。

ノロウイルスの疑い 病院へ行くべき?対処法や予防法

ノロウイルスの疑いがある時は病院へ行きましょう。

症状が似ている他の病気の場合もあります。

また、対処法や予防法についても知っておきましょう。

入浴による効果は高齢者にも有効?

高齢者の方の入浴に関する効果とは、

どのようなものなのでしょうか?

体力的に注意する点も重視しておきましょう。

昼食後が眠い!眠気がひどい原因や対策とは

午前中の仕事を終え、昼食で回復したつもりが、

昼食後に眠いなんてことは、よくあることだと思います。

ですが、それは工夫をすれば、改善できる可能性があるそうです。

少しの時間昼寝をするのもおすすめです。

緊張をほぐして大会や試合に臨もう!

大会や試合で緊張してしまってベストパフォーマンスが出来ず、

後悔した経験ありませんか?緊張をほぐして味方にしましょう。

メンタルの強さがスポーツでは非常に重要です。

咳が止まらない原因は病気?夜になると止まらなくなるのはなぜ?

風邪でない時や風邪が治っても咳の症状が

止まらないのはなぜなのでしょうか?

夜になると咳が出る人の原因とは?

小1の壁や小4の壁の問題はどう乗り越えればいい?

保育園の問題は、社会問題となり大きく報道されています。

少しその陰に隠れているのが、学童保育の問題です。

いわゆる小1の壁や小4の壁と呼ばれるものですが、

他のママ達は、ここをどう乗り越えていったのでしょうか?

後鼻漏が口臭の原因に?関係や対策について

後鼻漏であると、口臭にも影響があるそうです。

後鼻漏と口臭の関係とは?

また、どのような対策をすべきなのでしょうか?

しゃっくりが出る原因とは?疲れやストレスが関係することも

急に出るしゃっくりですが、原因については、

ご存知の方も多いかもしれません。

ストレスや疲れなどが関係していることもあるようです。

足の裏の魚の目の芯の取り方

足の裏に魚の目ができても、症状がひどくなければ、

セルフケアで済ませる人が多いかもしれません。

しかし、セルフケアには十分な注意が必要です。

原因や予防策を知って再発しないようにしましょう。

痛いと思ったら要注意?足つぼで分かる不調とは

(1)親指

親指の腹の中心部が痛い方は、脳が疲れている可能性があります。脳は体の司令塔です。不調を放置すると危険なので、注意が必要。このツボが痛い方は、深い呼吸をして脳に酸素を送り届けましょう。呼吸を意識して行うヨガもおすすめです。激しい頭痛やめまいなどが気になる場合は、脳神経外科を受診しましょう。

(2)母指球の真下(親指付け根の下の膨らみ部分の下)

ここが痛いなら、胃がお疲れ気味です。食べ過ぎやストレスを感じていませんか? 肉類を避けて、お粥やスープなど消化によいものを食べるようにしてみましょう。ラベンダーなど、心が安らぐアロマを焚くのもおすすめです。

(3)かかと

この辺りが痛い場合は、生殖器の不調が心配です。月経が不定期の方、不調や痛みを感じる方は、産婦人科を受診しましょう。また、夏でも下腹部は冷えやすいです。生殖器の不調を起こさないように、ウエストウォーマーなどを着用してお腹を温めましょう。

足裏のツボは、押すと健康になるともいわれます。足裏を押してマッサージする習慣を身に付けると、不調にも早く気づき、体調を整えることができるともされています。ぜひテレビを見ながら、足裏全体をマッサージしてみてくださいね。

引用元-足ツボで分かる危ない不調3つ 親指が痛いと脳が疲れている? – ライブドアニュース

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

足の疲れやむくみの解消効果がある足つぼ

足三里|体力増強・万能養生を司るツボ

足の疲れむくみ解消
胃腸の症状緩和
病気予防
全身の体力増強
民間の治療でも良く使われるツボで、軽い症状であれば症状の緩和が期待できます。

足三里(アシサンリ)への刺激は、食べ過ぎて胃が重いときやお腹にガスが溜まっているとき、足の冷えが気になるとき、虚弱体質の強化になり万能養生できます。

ツボの位置|

弁慶の泣きどころの上部

ヒザのお皿の下のくぼみから指4本分下にさがった向うずねの外側にあります。

圧し方|

少々強く圧しても大丈夫

両手の親指で足三里を圧します。
ツボを押す時息を吐く。
心地のよい痛みを感じる程度の強さで、3秒間。
徐々に圧迫し、息を鼻から吸いながら、3秒間欠けて圧力を抜く。
これを繰り返し両足で3分程度してあげると効果的です。
注意点|

かがむ姿勢になるので腰痛持ちの人は注意

場所的にかがまないと押せない場所なので、腰が痛い方には痛みが出ない程度に横にごろんとなった状態で押すのもいいでしょう。

引用元-とれない疲れに!押すだけで疲労回復に効果的な7つのツボ

スポンサーリンク



足つぼマッサージのコツについて

足ツボを押す時の力加減

基本的に、足ウラの硬い部分は強め、柔らかい部分は弱めに押します。ツボを押してみて、痛いけど気持ちいい位の強さがちょうど良いです。1~4まで息を吐きながら押し、5~8まで息を吸いながらゆるめます。1つのツボで、5~10回程度繰り返します。
足ツボを押す時に使うもの

通常は親指の腹、または親指や人差し指を曲げて関節を利用して押します。やりやすい指を使ってツボを押しましょう。もし、道具を利用するとするなら、比較的に広範囲ならゴルフボール、部分的に刺激するならノック式のボールペン(ペン先は出さない)などを使っても良いです。ドライヤーで温めながら足ツボを刺激するとより効果的です。
足ツボを押すタイミング

足ツボを押す時のベストなタイミングはお風呂から上がったあと。足の裏も柔らかく押しやすいです。また、リラックスしている就寝前なども良いです。ただ、食事のすぐ後(胃に集中している血液が、足ツボを押す事で循環がよくなり、胃の部分の血液が不足し、消化が悪くなる)やお酒を飲んだ後は避けましょう。

引用元-足ツボが痛い!その痛みの原因と対策法はこれだ!

足つぼは坐骨神経痛にも効果あり?

坐骨神経痛の「ツボ」は、足と手のひらに集中しています。
まず神経にそって、足の後ろ側を擦ってみてください。擦ってみて気持ち良い刺激だけなら、坐骨神経痛(←椎間板ヘルニア)ではありません。
もし痛みを生じるようであれば、坐骨神経痛の恐れがあります。
坐骨神経痛の足ツボとして、下記の種類があります。

・承扶(しょうふ)…お尻と足の境目辺り/殷門(いんもん)…太腿の裏、真ん中辺り/委中(いちゅう)…膝の裏/下巨虚(げこきょ)…スネの真ん中辺り/丘墟(きゅうきょ)…くるぶしの手前。

引用元-坐骨神経痛とツボ-コレで坐骨神経痛の全てがわかる!坐骨神経痛の治療ナビ

これらの足ツボは、坐骨神経痛に非常に効果があります。特に委中は特攻ツボと称され、坐骨神経痛の痛みをすぐ軽減する効果を持っています。
また坐骨神経痛に効く手のひらのツボとして、座骨神経点があります。
座骨神経点…手の甲側の薬指と小指の又の部分を指します(右側の坐骨が痛ければ右の手のひら)。足のツボと違い、手のひらのツボは部位さえ覚えれば、どこでも指圧することができます。
そして指圧することで、坐骨神経痛の痛みが和らいでいくのがわかると思います。

引用元-坐骨神経痛とツボ-コレで坐骨神経痛の全てがわかる!坐骨神経痛の治療ナビ

足つぼの歴史について

古くはエジプトのピラミッドの壁画に足と手をマッサージしている絵が残されており、今から約四千年昔には存在していたと言われています。 その後、黄河流域の先住民族の中では鍼灸や漢方といった高度に発達した多くの治療法が生まれました。その中で足部反射区技法は、民間の医学、「民間療法」として多くの人々の間で語り継がれ、今日に至っています。

 オーストリア人探検家ハインリッヒ・ハラーの小説で、ブラッド=ピット主演で映画化された「セブンイヤーズ イン チベット」には、旅のパートナーの坐骨神経痛を足部反射区技法によって緩和するシーンが登場します。公的な文献には見られませんが、足部反射区技法はアジア圏広域において確かな足跡を残している事は確かなようです。

 近年では、スイス人ジョセフ・オイスター神父が台湾に布教活動に訪れた際、神父自身が「リュウマチ」になり、現地の健康法として足部反射区技法を試したところ、その効果に感心しその後、オイグスター神父の漢名である呉若石に因み「若石法」として広めたとされています。台湾だけでなく、香港、シンガポール、韓国、さらに日本でも紹介され、「台湾式足ツボ健康法」として流行したことは、記憶に新しいところです。

 現在、足部反射区技法は東洋と西洋の医学的歴史を持つ新しい時代の医療として世界中で熱い注目を集めています。また、施術師の素手での足裏への刺激によるヒーリング効果も、高い評価を得ており、ストレスに悩む現代人の精神のケアに役立つとされています。

引用元-健美園の施術 | 中国式足つぼ・リラクゼーション健美園

 - 歴史, 生活の知恵, 美容・健康