ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

足の痺れの原因は坐骨神経痛?原因や症状とは

   

坐骨神経痛とは腰から膝の辺りまで伸びている神経で、

足の痛みも坐骨神経痛の事が多いのです。

痺れや痛みと坐骨神経痛について確認しましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

ポジティブ心理学とは?その特徴について

ポジティブ心理学は1998年にマーティン・セリグマン博士が、

病気の人を癒すのと同じくらい、

普通の人の人生を充実したものにするよう関心を持つべきとして、始まりました。

心臓が痛い時に考えられる病気は?何科にかかるべき?

心臓が痛いと感じる時は色々と不安になると思います。

考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

また、何科にかかればいいのでしょうか?

紅茶に含まれるカフェインの効果とは

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーですが、

紅茶にもカフェインは含まれているのです。

その効果とはどのようなものなのでしょうか。

背中に激痛で動けない!原因はぎっくり背中?

背中の痛みの原因は様々ですが、

その中でもぎっくり背中について確認します。

その効果が期待できる対処法や予防法とは?

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

寒さに負けない 身体を温める飲み物とは

寒い日が続きます。身体を温めるために温かい飲み物を。

しかし、温かい飲み物を飲めばいいということでもなさそうです。

芯から身体を温める飲み物について確認しましょう。

昼食後の昼寝の効果は仕事にも?効果的な昼寝とは

近年、昼寝を取り入れる企業があるほど

昼寝の効果は見直されています。

午後からも元気に仕事ができるように

昼寝を取り入れてみましょう。

夕方になると胃が痛い 空腹時に胃痛が起こる原因について

胃痛を抱えている人は増加傾向にあるそうです。

夕方になると胃が痛いと感じたり、空腹時の胃の痛みなど、

仕事が忙しくなると中々食事の時間を取るのも大変な方も

いると思いますが、空腹時間を持続させないことは、

非常に重要となります。

軽く見ていると病気になってしまう可能性もあるそうなので、

しっかり胃のケアをして生活しましょう。

男性も顔の毛穴のトラブル?ケア方法とは?

顔の毛穴のケアなど、女性の悩みだと思っていませんか?

これは男性にとっても大切なことなのです。

男性と女性の肌の違いとは?

30代や40代女性の独身の楽しみ方とは

独身の方が増え、ソロ化が進む中、

独身をプラスに捉え、存分に独身を楽しむ女性は増えています。

独身の楽しみ方とは?

男性のスキンケア!顔の乾燥への対策について

乾燥肌によってもたらされる問題は女性に限らず、

男性もあると思います。ある調査では、男性の肌に対する悩みは、

1位のアブラに次ぐ2位が乾燥であるそうです。

どのようなケアをしていったらいいのでしょうか?

話題のルーティンについて見直してみよう

ルーティンはスポーツやビジネスでは商談など、
これから勝負!という時にすることで気持ちを落ち着かせる効果があります。
しかし生活や仕事自体がルーティン化してしまうと、
少々つまらなくなってしまうかもしれませんね。

足のむくみの原因について むくみが症状の病気は?

むくみは血液の循環と深く関わっています。

静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、

戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態がむくみです。

足のむくみの原因を知り、予防できるようにしましょう。

ホテルと旅館の違いやそれぞれのメリットとは?

旅行に行くときに利用する宿泊施設ですが、

ホテルや旅館の違いとは何なのでしょう?

また、民宿との違いも合わせてみていきます。

血圧を下げる食べ物とされるゴマや納豆、玉ねぎの効果について

血圧を下げたい、あるいは血圧が上がるのを予防したい。

まずは生活習慣の改善が大切ですが、食事の見直しももちろん必要です。

血圧を下げる食べ物として言われる、ゴマや納豆や玉ねぎの効果とは?

後鼻漏で痰が絡む?痰の色で病気がわかることも

後鼻漏で悩む人は増加傾向にあるそうです。

痰が絡むなどのすっきりしない症状は改善したいものです。

また、痰の色で病気をある程度判別できることもあるそうです。

カイロダイエットをする時にカイロを貼る場所とは

ダイエット効果を高めたい時は、

内臓を温めることがポイントなんだそうです。

カイロを使ったダイエット方法とは?

貼る場所はどこに貼るのが効果的なのでしょうか?

胃が痛い時の食事はどんなものがいい?消化のいい食べ物を

胃の痛みを抱えている時の悩みの一つが食事かもしれません。

食べたいけど胃が痛いなんてこともあると思います。

胃が痛い時の食事は、どんなことを気を付けたら良いのでしょうか?

緊張をほぐすツボを押してプレッシャーに打ち勝て!

緊張している時に、あるツボを押すと、

緊張がほぐれるそうです。

ツボの場所や押し方のコツとは?

ホテルの宿泊予約を安くする裏技とは?

ホテルの宿泊の予約は近年、

外国の方も多くなったため取りにくくなっているようです。

そこで、宿泊予約を取るワザや安く済ますテクニックを

ご紹介します。

坐骨神経痛とは?

坐骨神経は、人体の中で最も太く長い末梢神経で、腰のあたりから爪先まで伸びています。
この坐骨神経が圧迫されるなどの刺激を受けると、腰や腎部(尻)、 太もも、ふくらはぎや足の先などに、鋭く、電気が走ったような痛みや、 ビリビリとしたしびれ、強く張っている感じ、などの症状が生じます。これが坐骨神経痛です。
坐骨神経痛は原因がはっきりと特定できる場合、症状の一つとして扱われます。例えば、後述する「腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニア」や「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」などの疾患が原因の時は、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症が病名、坐骨神経痛が症状、ということになります。
実際、坐骨神経痛は原因の疾患が比較的見つかりやすいので、病名ではなく症状として扱われる事が多いようです。
ただ、検査をしても原因が見当たらない場合は、「坐骨神経痛」が病名となります。

引用元-気になる坐骨神経痛の原因は?予防方法、ストレッチとあわせて解説! « 製薬・医療・病院・クリニックの派遣のお仕事 | パソナ

スポンサーリンク



  人気記事

足の痺れなど坐骨神経痛の症状について

 坐骨神経痛(つまり何らかの原因によって坐骨神経が圧迫された状態になると)以下のような症状が起こりえます。

腰部・臀部の痛み
太ももの裏や足にかけての痛みや痺れ
特定の運動によって、痺れや痛みが強くなる
痛みや痺れが強く、歩くのがしんどくなる
足に力が入りにくい、脱力感、腰が抜けたような感覚
左右の筋力差

引用元-寒いと辛い坐骨神経痛の症状とは?その原因と治し方

スポンサーリンク



若い人に多い坐骨神経痛の原因の椎間板ヘルニアについて

腰椎椎間板ヘルニアは日常生活で様々な姿勢や動作や運動がきっかけとなって腰椎に強い衝撃や力が加わったとが原因で発症します。しかし、明らかな原因がないことも多くあります。
 
症状は、腰痛の他に、足にしびれや痛み、麻痺が現れます。これは椎間板が20歳を過ぎると老化し始め、弾力が失われることが原因と言われています。
 
老化によって弱くなった線維輪と言う椎間板の壁が、内部のゼリー状の髄核の圧迫によって神経がある、脊柱管に押し出され神経を圧迫している状態が椎間板ヘルニアです。
 
椎間板ヘルニアが刺激している、神経とつながっている腰から足に痛みや痺れ、麻痺が現れますが、椎間板ヘルニアがが神経を圧迫すると必ず痛みが出るわけではありません。また、脊柱に小さな外傷が生じ、椎間板ヘルニアになることがあります。
 
椎間板ヘルニアになると靴下をはく、ソファーなどやわらかい椅子に座る、下着を着る、立ち上がる、物を拾うなど前かがみになった時に痛みや痺れの症状が出ます。
 
また椎間板ヘルニアになった患者さんの多くは20代~30代に多くこの事から椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛は比較的若い人に起こりやすい病気と言う事が伺えます。

引用元-【坐骨神経痛の原因】腰椎椎間板ヘルニアの症状であることが多い

高齢者に多い坐骨神経痛の原因の腰部脊柱管狭窄

「背骨(脊椎ともいいます)は、身体を支える役割とともに、脳から背骨に沿って延びてきた神経(脊髄)を守る役割も担っています。この神経が走っている背骨の隙間のことを「脊柱管」といいます。
腰部脊柱管狭窄(ようぶ せきちゅうかん きょうさく)とは、文字通り、腰のあたりにある脊柱管が狭くなって神経が圧迫された状態のことで、50代を超えた中高年に多く見られます。脊柱管が老化などが原因で狭くなり、神経根や馬尾と呼ばれる部分が圧迫され、下半身に痛みやしびれ、麻痺や間欠跛行(かんけつ はこう)と呼ばれる痛みによる歩行障害を伴うこともあります。
※神経根:脊髄が分かれて身体の各部分に行く神経の根っこの部分
※馬尾:脊髄の末端の枝分かれした神経の束。馬のしっぽに似ていることから馬尾といわれます。

引用元-坐骨神経痛|痛みの疾患ナビ|さまざまな痛みの情報サイト – 疼痛.jp

坐骨神経痛の原因としてストレスは考えられる?

座骨神経痛もストレスによって生じるケースが多く、
特に職場のストレスというのは
かなりダメージを引き起こすことが多いですね。

会社に行きたくないというイメージが体の中に着いてしまうと、
体の中で様々な変化が起こります。

腎臓の横に付いている副腎と呼ばれる臓器から、
筋肉を固めてしまう成分が出てくるようになります。

この成分は、筋肉を活性化させるための成分なのですが、
あまりにも過剰にストレスを受け続けてしまうと成分が垂れ流し状態になり、
筋肉を思いきり固めてしまうようになるんですね。

ストレスを毎日のように受け続けていると、
自然に体各所の筋肉が硬くなってきます。

特に筋肉量の多いお尻や腰、
背中や首といった部分に副腎からの成分が流れて来ますから、
首のこりや腰の痛み、坐骨神経痛が同時に発生するようになりますよ。

どうなっても抜けない痛みや疲れというのは、
ストレスからくるケースもありますから、
そういった症状の場合には全身を緩めるような、
例えば温泉であったりスーパー銭湯を活用して筋肉をゆるめてことが重要になります。

引用元-坐骨神経痛の原因に、ストレスはあるのでしょうか?

 - 生活の知恵, 美容・健康