ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

足の痺れの原因は坐骨神経痛?原因や症状とは

   

坐骨神経痛とは腰から膝の辺りまで伸びている神経で、

足の痛みも坐骨神経痛の事が多いのです。

痺れや痛みと坐骨神経痛について確認しましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

ランニングで期待できる効果とは?自分にあった走り方を無理せず!

ランニングを継続的に行うことで様々な効果が期待できるそうです。

また、朝と夜では効果の出方も違うそうなので、

自分の目的にあった走り方を見つけ、無理せず行いましょう。

もしかして膀胱炎?女性に多い膀胱炎の症状や原因について

膀胱炎は女性に多い病気です。

残尿感や痛みなど、気になることがあったら、

すぐに病院にかかることが大切です。

症状を確認して、予防もしっかりしましょう。

心臓が痛い時に考えられる病気は?何科にかかるべき?

心臓が痛いと感じる時は色々と不安になると思います。

考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

また、何科にかかればいいのでしょうか?

コートの毛玉が気になる!できにくい素材やできにくくする対策とは

コートの毛玉は非常に気になります。

できにくい素材や予防できたりするのでしょうか。

コートの毛玉への対策とは?

大掃除のコツを押さえて部屋をきれいにしてスッキリ!

部屋の大掃除は小物や、リモコンなど

整理が大変です。まずはいるものなのか、

いらないものなのかを判断して、

不要な物は捨てるようにしましょう。

静電気を起きにくくする衣類の組み合わせや対策とは

冬場は特に静電気に悩まされます。

しかし、衣類の組み合わせによって静電気を

起きにくくできるそうです。

ポジティブ心理学とは?その特徴について

ポジティブ心理学は1998年にマーティン・セリグマン博士が、

病気の人を癒すのと同じくらい、

普通の人の人生を充実したものにするよう関心を持つべきとして、始まりました。

セルライトは運動不足を解消すれば消える負担の少ない有酸素運動が効果的

気になるセルライトは運動すれば消えると言いますが、

運動は得意じゃないし、と思っている方。

負担の少ない簡単な運動でも効果があるのです。

むしろセルライトにはあまり激しい運動は良くないそうです。

ストレートネックをストレッチで改善 タオルをうまく使う

ストレートネックでつらい思いをしないために、

ストレッチをして改善しましょう。

今回はタオルを使ったエクササイズをご紹介します。

話題のミドリムシの栄養や効果とは ユーグレナって?

未来食材として期待されるミドリムシ。

ミドリムシは藻の一種ですが、

植物と動物両方の性質を持つとても珍しい生物です。

59種類もの栄養素を持つミドリムシが

もたらす効果とは?

車中泊で必要なグッズは?より快適な車中泊のために!

車中泊で一番大切なのは、快適に寝ることができることや、

車内でリラックスできることだと思います。

そのための様々なグッズを揃えていくのも、

車中泊をより楽しいものにしていくかもしれませんね。

足がむずむずして眠れない症状はむずむず脚症候群かも?原因や症状について

脚の奥の方に気持ちの悪い感覚があったり、

安静にしているときに足がむずむずするなどの症状がある場合、

それはむずむず脚症候群かもしれません。

症状や原因を確認してみましょう。

突然現れる蕁麻疹の症状の原因や対処法?湿疹とは何が違う?

蕁麻疹の症状が突然現れて、かゆみが辛かった経験はありませんか?

蕁麻疹の原因の特定は難しいとされています。

また、湿疹と蕁麻疹の違いとは?

鼻づまりが気になる 原因や治し方とは

鼻づまりは主に風邪の時になりやすですが、

息がしにくかったり、気になったりします。

治し方を確認して解消しましょう。

花粉症の症状は喉も関係?喉の痛みや咳について

花粉症の症状としては、鼻水や鼻づまり、くしゃみや目のかゆみなど、

主な症状の他に、喉にも症状が現れます。

花粉症なのになんで咳が出るんだろうと思ったこともあるかもしれません。

その原因や症状を抑える方法についてご紹介します。

就活でストレス解消法を聞かれることも?転職の面接でストレスを溜めないために

学生の就活や転職時の面接は、中々ストレスが溜まるものです。

面接でストレス解消法を聞かれることも最近は多いようです。

面接で溜まるストレス解消法はひとそれぞれですが、

大事なことはストレスを溜めないことです。

鍋を食べる時のちょっとしたコツでより美味しく

冬は鍋を食べる機会が多いと思いますが、

ちょっとした工夫やコツで、より美味しくお鍋を

楽しむことができます。是非試してみましょう。

花粉症による鼻づまりのメカニズムとは?寝れない時はツボを刺激

花粉症による鼻づまりの悩みを抱える人は少なくないと思います。

鼻づまりのメカニズムを理解し、少しでも解消の

糸口を掴めるといいですね。

大安や仏滅って何?六曜の読み方や意味について

カレンダーなどで見かけることが多いと思いますが、

大安や仏滅の読み方や意味を知っていますか?

冠婚葬祭の日取りも左右させる六曜とは?

イタリアで人気のゼンパスタとは?健康や美容ダイエットにもいい?

イタリアで日本発のあの食品が

人気のようです。ゼンパスタと呼ばれているそうですが、

一体どんな食品なのでしょうか?

坐骨神経痛とは?

坐骨神経は、人体の中で最も太く長い末梢神経で、腰のあたりから爪先まで伸びています。
この坐骨神経が圧迫されるなどの刺激を受けると、腰や腎部(尻)、 太もも、ふくらはぎや足の先などに、鋭く、電気が走ったような痛みや、 ビリビリとしたしびれ、強く張っている感じ、などの症状が生じます。これが坐骨神経痛です。
坐骨神経痛は原因がはっきりと特定できる場合、症状の一つとして扱われます。例えば、後述する「腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニア」や「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」などの疾患が原因の時は、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症が病名、坐骨神経痛が症状、ということになります。
実際、坐骨神経痛は原因の疾患が比較的見つかりやすいので、病名ではなく症状として扱われる事が多いようです。
ただ、検査をしても原因が見当たらない場合は、「坐骨神経痛」が病名となります。

引用元-気になる坐骨神経痛の原因は?予防方法、ストレッチとあわせて解説! « 製薬・医療・病院・クリニックの派遣のお仕事 | パソナ

スポンサーリンク



  人気記事

足の痺れなど坐骨神経痛の症状について

 坐骨神経痛(つまり何らかの原因によって坐骨神経が圧迫された状態になると)以下のような症状が起こりえます。

腰部・臀部の痛み
太ももの裏や足にかけての痛みや痺れ
特定の運動によって、痺れや痛みが強くなる
痛みや痺れが強く、歩くのがしんどくなる
足に力が入りにくい、脱力感、腰が抜けたような感覚
左右の筋力差

引用元-寒いと辛い坐骨神経痛の症状とは?その原因と治し方

スポンサーリンク



若い人に多い坐骨神経痛の原因の椎間板ヘルニアについて

腰椎椎間板ヘルニアは日常生活で様々な姿勢や動作や運動がきっかけとなって腰椎に強い衝撃や力が加わったとが原因で発症します。しかし、明らかな原因がないことも多くあります。
 
症状は、腰痛の他に、足にしびれや痛み、麻痺が現れます。これは椎間板が20歳を過ぎると老化し始め、弾力が失われることが原因と言われています。
 
老化によって弱くなった線維輪と言う椎間板の壁が、内部のゼリー状の髄核の圧迫によって神経がある、脊柱管に押し出され神経を圧迫している状態が椎間板ヘルニアです。
 
椎間板ヘルニアが刺激している、神経とつながっている腰から足に痛みや痺れ、麻痺が現れますが、椎間板ヘルニアがが神経を圧迫すると必ず痛みが出るわけではありません。また、脊柱に小さな外傷が生じ、椎間板ヘルニアになることがあります。
 
椎間板ヘルニアになると靴下をはく、ソファーなどやわらかい椅子に座る、下着を着る、立ち上がる、物を拾うなど前かがみになった時に痛みや痺れの症状が出ます。
 
また椎間板ヘルニアになった患者さんの多くは20代~30代に多くこの事から椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛は比較的若い人に起こりやすい病気と言う事が伺えます。

引用元-【坐骨神経痛の原因】腰椎椎間板ヘルニアの症状であることが多い

高齢者に多い坐骨神経痛の原因の腰部脊柱管狭窄

「背骨(脊椎ともいいます)は、身体を支える役割とともに、脳から背骨に沿って延びてきた神経(脊髄)を守る役割も担っています。この神経が走っている背骨の隙間のことを「脊柱管」といいます。
腰部脊柱管狭窄(ようぶ せきちゅうかん きょうさく)とは、文字通り、腰のあたりにある脊柱管が狭くなって神経が圧迫された状態のことで、50代を超えた中高年に多く見られます。脊柱管が老化などが原因で狭くなり、神経根や馬尾と呼ばれる部分が圧迫され、下半身に痛みやしびれ、麻痺や間欠跛行(かんけつ はこう)と呼ばれる痛みによる歩行障害を伴うこともあります。
※神経根:脊髄が分かれて身体の各部分に行く神経の根っこの部分
※馬尾:脊髄の末端の枝分かれした神経の束。馬のしっぽに似ていることから馬尾といわれます。

引用元-坐骨神経痛|痛みの疾患ナビ|さまざまな痛みの情報サイト – 疼痛.jp

坐骨神経痛の原因としてストレスは考えられる?

座骨神経痛もストレスによって生じるケースが多く、
特に職場のストレスというのは
かなりダメージを引き起こすことが多いですね。

会社に行きたくないというイメージが体の中に着いてしまうと、
体の中で様々な変化が起こります。

腎臓の横に付いている副腎と呼ばれる臓器から、
筋肉を固めてしまう成分が出てくるようになります。

この成分は、筋肉を活性化させるための成分なのですが、
あまりにも過剰にストレスを受け続けてしまうと成分が垂れ流し状態になり、
筋肉を思いきり固めてしまうようになるんですね。

ストレスを毎日のように受け続けていると、
自然に体各所の筋肉が硬くなってきます。

特に筋肉量の多いお尻や腰、
背中や首といった部分に副腎からの成分が流れて来ますから、
首のこりや腰の痛み、坐骨神経痛が同時に発生するようになりますよ。

どうなっても抜けない痛みや疲れというのは、
ストレスからくるケースもありますから、
そういった症状の場合には全身を緩めるような、
例えば温泉であったりスーパー銭湯を活用して筋肉をゆるめてことが重要になります。

引用元-坐骨神経痛の原因に、ストレスはあるのでしょうか?

 - 生活の知恵, 美容・健康