ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

足の痺れの原因は坐骨神経痛?原因や症状とは

   

坐骨神経痛とは腰から膝の辺りまで伸びている神経で、

足の痛みも坐骨神経痛の事が多いのです。

痺れや痛みと坐骨神経痛について確認しましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

心臓が痛いチクチクする痛みの原因や注意すべきこととは

チクチクとした心臓の痛みが気になるという人は、

意外と多いかもしれません。

心臓が痛い原因は様々あるようです。

財布の寿命とは?買い替えは何年くらいですべき?

財布の寿命って何年くらいなのでしょうか?

財布の買い替えのいいきっかけとして、

一度考えてみるのもいいかもしれません。

発熱がある時のお風呂は?子供もや大人も38度以上の発熱時は控える

風邪で発熱がある場合、お風呂は控えたほうがいいとされていましたが、

最近はそうでもないようですね。発熱に関しては38度近くある場合は、

控えたほうがよさそうですが、基本的には体を冷やさないように

入浴するのがいいとされているそうです。

靴擦れがかかとにできて痛い!原因や対策と靴の選び方

誰もが経験すると思いますが、かかとの靴擦れは、

痛くて足をかばって歩くと悪化するなどいいことありません。

そんな思いをしないためにも、かかとの靴擦れの原因を

知って、対策を練りましょう。

静電気を起きにくくする衣類の組み合わせや対策とは

冬場は特に静電気に悩まされます。

しかし、衣類の組み合わせによって静電気を

起きにくくできるそうです。

リウマチは遺伝する?原因や確率は?初期症状に気をつけて

リウマチは遺伝病ではないので、遺伝するということではないそうですが、

遺伝的要素は関係してそうです。

年齢別にみると40代の方が発症することが多いようです。

急須のTPOとは?また口についてるチューブの意味は?

誰もが知る茶を注ぐために使用する急須ですが、

急須のことをどれほど知っていますか?

その秘密やマナーについて確認しましょう。

尿の異常な色と臭いは病気のサイン?原因とは?

尿は腎臓で血液をろ過することによって作られ、

体の中の不要な物質を体外に排泄する大切な役割があります。

色やにおいの異常も何かのサインということが多いそうです。

健康体でも尿の色が濃くなったりすることもあるので、

あまり心配しすぎもよくありませんが、

一つの目安として覚えておくといいかもしれません。

顔の皮膚が乾燥して皮むけする 対処法や改善策について

乾燥肌で顔が皮むけしたり、メイクがあまりにのらず、

困っている、なんてことありませんか?

乾燥には季節的なものと慢性的なものがあるそうです。

耳かきの頻度やコツについてについて 耳掃除をしすぎると良くない?

耳かきはどのくらいの頻度で行っていますか?

あまり頻繁にしすぎると良くないそうです。

耳掃除のコツや安全な耳かきの方法とは?

健康や美容にも関係が深いケイ素の効果や効能について

ケイ素は、シリカ(二酸化ケイ素)とも呼ばれており、

地球上のあらゆる物質や物体にケイ素が含まれているそうです。

注目されるケイ素の効果や効能とは?

赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方とは?赤ちゃんへの授乳は?

赤ちゃんがしゃっくりをしていると、

大丈夫かな?と気になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、あまり心配することもないようです。

人気沸騰の鶏肉料理 鶏肉の栄養や調理レシピについて

柔らかい食感と旨味がある鶏肉ですが、

特徴としては脂肪が少なく、消化が良いなどがあります。

牛肉や豚肉とは異なり、脂肪分が皮の部分に集中しているのがポイントです。

コートの気になる毛玉の原因や取る方法とは

コートの季節になりました。

そして気になるのが、毛玉です。

あるもので簡単に取ることが出来るそうなので、

試してみましょう。

牡蠣の生食用と加熱用の違い 注意点とは

スーパーなどで見かけることが多いと思いますが、

生食用と加熱用の牡蠣が置いてあります。

鮮度の違いでないことはご存知でしたか?

正しい認識を持たないと、あたってしまうかも。

口内炎の治し方は塩うがい?その効果とは

憂鬱な口内炎の治し方として塩があります。

塗るというまさに原始的な方法もありますが、

うがいでも十分効果はあるそうです。

話題のルーティンについて見直してみよう

ルーティンはスポーツやビジネスでは商談など、
これから勝負!という時にすることで気持ちを落ち着かせる効果があります。
しかし生活や仕事自体がルーティン化してしまうと、
少々つまらなくなってしまうかもしれませんね。

紅茶の効能はメリットだけではないデメリットについて

このブログでも紅茶の数々の効能についての

記事がいくつかありますが、デメリットもあるようです。

特に好きで飲み過ぎてしまう方や貧血の方などは、

気をつけましょう。

足のむくみをオフィスや自宅で解消 効果的なマッサージとは

足の気になるむくみをちょっとした時間を使って、解消しませんか?

オフィスや自宅でも簡単に出来る解消法です。

積極的にむくみ解消を行い、

むくみを翌日に持ち越さないようにしましょう。

朝起きたら痰がからむ 原因は?

毎朝痰がからんで、辛い思いをしたことありませんか?

原因をつきとめ、改善していきましょう。

症状がひどい場合は診察を受けましょう。

坐骨神経痛とは?

坐骨神経は、人体の中で最も太く長い末梢神経で、腰のあたりから爪先まで伸びています。
この坐骨神経が圧迫されるなどの刺激を受けると、腰や腎部(尻)、 太もも、ふくらはぎや足の先などに、鋭く、電気が走ったような痛みや、 ビリビリとしたしびれ、強く張っている感じ、などの症状が生じます。これが坐骨神経痛です。
坐骨神経痛は原因がはっきりと特定できる場合、症状の一つとして扱われます。例えば、後述する「腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニア」や「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」などの疾患が原因の時は、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症が病名、坐骨神経痛が症状、ということになります。
実際、坐骨神経痛は原因の疾患が比較的見つかりやすいので、病名ではなく症状として扱われる事が多いようです。
ただ、検査をしても原因が見当たらない場合は、「坐骨神経痛」が病名となります。

引用元-気になる坐骨神経痛の原因は?予防方法、ストレッチとあわせて解説! « 製薬・医療・病院・クリニックの派遣のお仕事 | パソナ

スポンサーリンク



  人気記事

足の痺れなど坐骨神経痛の症状について

 坐骨神経痛(つまり何らかの原因によって坐骨神経が圧迫された状態になると)以下のような症状が起こりえます。

腰部・臀部の痛み
太ももの裏や足にかけての痛みや痺れ
特定の運動によって、痺れや痛みが強くなる
痛みや痺れが強く、歩くのがしんどくなる
足に力が入りにくい、脱力感、腰が抜けたような感覚
左右の筋力差

引用元-寒いと辛い坐骨神経痛の症状とは?その原因と治し方

スポンサーリンク



若い人に多い坐骨神経痛の原因の椎間板ヘルニアについて

腰椎椎間板ヘルニアは日常生活で様々な姿勢や動作や運動がきっかけとなって腰椎に強い衝撃や力が加わったとが原因で発症します。しかし、明らかな原因がないことも多くあります。
 
症状は、腰痛の他に、足にしびれや痛み、麻痺が現れます。これは椎間板が20歳を過ぎると老化し始め、弾力が失われることが原因と言われています。
 
老化によって弱くなった線維輪と言う椎間板の壁が、内部のゼリー状の髄核の圧迫によって神経がある、脊柱管に押し出され神経を圧迫している状態が椎間板ヘルニアです。
 
椎間板ヘルニアが刺激している、神経とつながっている腰から足に痛みや痺れ、麻痺が現れますが、椎間板ヘルニアがが神経を圧迫すると必ず痛みが出るわけではありません。また、脊柱に小さな外傷が生じ、椎間板ヘルニアになることがあります。
 
椎間板ヘルニアになると靴下をはく、ソファーなどやわらかい椅子に座る、下着を着る、立ち上がる、物を拾うなど前かがみになった時に痛みや痺れの症状が出ます。
 
また椎間板ヘルニアになった患者さんの多くは20代~30代に多くこの事から椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛は比較的若い人に起こりやすい病気と言う事が伺えます。

引用元-【坐骨神経痛の原因】腰椎椎間板ヘルニアの症状であることが多い

高齢者に多い坐骨神経痛の原因の腰部脊柱管狭窄

「背骨(脊椎ともいいます)は、身体を支える役割とともに、脳から背骨に沿って延びてきた神経(脊髄)を守る役割も担っています。この神経が走っている背骨の隙間のことを「脊柱管」といいます。
腰部脊柱管狭窄(ようぶ せきちゅうかん きょうさく)とは、文字通り、腰のあたりにある脊柱管が狭くなって神経が圧迫された状態のことで、50代を超えた中高年に多く見られます。脊柱管が老化などが原因で狭くなり、神経根や馬尾と呼ばれる部分が圧迫され、下半身に痛みやしびれ、麻痺や間欠跛行(かんけつ はこう)と呼ばれる痛みによる歩行障害を伴うこともあります。
※神経根:脊髄が分かれて身体の各部分に行く神経の根っこの部分
※馬尾:脊髄の末端の枝分かれした神経の束。馬のしっぽに似ていることから馬尾といわれます。

引用元-坐骨神経痛|痛みの疾患ナビ|さまざまな痛みの情報サイト – 疼痛.jp

坐骨神経痛の原因としてストレスは考えられる?

座骨神経痛もストレスによって生じるケースが多く、
特に職場のストレスというのは
かなりダメージを引き起こすことが多いですね。

会社に行きたくないというイメージが体の中に着いてしまうと、
体の中で様々な変化が起こります。

腎臓の横に付いている副腎と呼ばれる臓器から、
筋肉を固めてしまう成分が出てくるようになります。

この成分は、筋肉を活性化させるための成分なのですが、
あまりにも過剰にストレスを受け続けてしまうと成分が垂れ流し状態になり、
筋肉を思いきり固めてしまうようになるんですね。

ストレスを毎日のように受け続けていると、
自然に体各所の筋肉が硬くなってきます。

特に筋肉量の多いお尻や腰、
背中や首といった部分に副腎からの成分が流れて来ますから、
首のこりや腰の痛み、坐骨神経痛が同時に発生するようになりますよ。

どうなっても抜けない痛みや疲れというのは、
ストレスからくるケースもありますから、
そういった症状の場合には全身を緩めるような、
例えば温泉であったりスーパー銭湯を活用して筋肉をゆるめてことが重要になります。

引用元-坐骨神経痛の原因に、ストレスはあるのでしょうか?

 - 生活の知恵, 美容・健康