ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

足の裏の魚の目の芯の取り方

      2016/01/29

足の裏に魚の目ができても、症状がひどくなければ、

セルフケアで済ませる人が多いかもしれません。

しかし、セルフケアには十分な注意が必要です。

原因や予防策を知って再発しないようにしましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

子供の頻尿はなぜ起こる?子供の心因性頻尿について

心因性頻尿は、子供にも起きる病気であり、

小さなストレスでもなりえるそうです。

親が子供にしてあげられることとは、

どんなことがあるのでしょうか。

ノロウイルスの疑い 病院へ行くべき?対処法や予防法

ノロウイルスの疑いがある時は病院へ行きましょう。

症状が似ている他の病気の場合もあります。

また、対処法や予防法についても知っておきましょう。

脱水症状が起こった時の対処や予防するためには?頭痛の症状も

脱水症状と言えば、喉が渇くのを想像される人も

いるかもしれませんが、実際体の中では、

複雑なことが起こっています。

その時のために知っておくべきこととは?

足つぼのマッサージは疲れやむくみにも効果あり?

足つぼのマッサージは様々な効果をもたらすと

言われています。足のむくみや疲れ、さらには

坐骨神経痛にも効果があるのだそうです。

セルライトが痛い原因や改善する方法について

セルライトとは、老廃物や水分、脂肪がつまり、

循環が上手く回らずにどんどん肥大化していく現象です。

このセルライトが痛い原因とは何なのでしょうか?

また改善策とは?

預金と貯金の違いとは?貯蓄もまた意味が違う?

預金や貯金をしている方は多いと思いますが、

この言葉の違いはご存知ですか?

貯蓄もまた、意味が違うようです。

日常生活で間違わないようにしましょう。

紅茶に含まれるカフェインの効果とは

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーですが、

紅茶にもカフェインは含まれているのです。

その効果とはどのようなものなのでしょうか。

鼻のかみすぎに注意!耳が痛い症状や鼻のかみ方について

風邪などで鼻水をかむことはありますが、

鼻をかみすぎて耳が痛いと感じたことはありませんか?

鼻のかみ方を見直して負担をかけないようにしましょう。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防策について

年々夏が暑くなっているように感じます。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防が大切です。

暑い夏を乗り切りましょう!

就活でストレス解消法を聞かれることも?転職の面接でストレスを溜めないために

学生の就活や転職時の面接は、中々ストレスが溜まるものです。

面接でストレス解消法を聞かれることも最近は多いようです。

面接で溜まるストレス解消法はひとそれぞれですが、

大事なことはストレスを溜めないことです。

心臓が痛い時に考えられる病気は?何科にかかるべき?

心臓が痛いと感じる時は色々と不安になると思います。

考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

また、何科にかかればいいのでしょうか?

携帯のLTEって何?LTEと4Gの違いや通信速度は?

携帯も昔とは全然変わってしまいました。

通信をよく使う人ならご存知かもしれませんが、

LTEって何のことだか知っていましたか?

健康を維持するために軽い運動を始めよう 簡単にできる運動とは?

健康を維持いていく上で適度な運動は非常に重要となります。

簡単にできる運動であれば、少しずつでも始められそうです。

まずは無理せず、簡単な運動から始めてみましょう。

会話が続かない状態にならないための会話のコツとは?

会話をしていても、会話が続かないから相槌のみでやり過ごす、

なんてことはありませんか?

ちょっとしたコツをつかめば、会話も続いて、

会話自体が楽しくなるかもしれません。

独身女性の保険の事情とは?どんな保険に入るべきか

日本人の保険の加入率は世界の中で見ても高いそうです。

独身となると貯蓄も気になるところですので、

今回は特にシングル女性の保険の事情について見ていきましょう。

肩こりは揉んではいけない?体操やストレッチについて

日常生活の中に肩こりの原因となる事はたくさんあります。

そんな肩こりも、つい揉んでしまいますが、

肩こりは揉んではいけないと言われています。

体操やストレッチで改善するようにしましょう。

ストレートネックの治し方とは? 治療や改善方法について

ストレートネックになってしまったら、その治し方とは?

また、どのように改善していけばよいのでしょうか?

治療方法や改善方法を確認しましょう。

急性胃腸炎の辛い症状 下痢はどのくらい続く?

下痢や嘔吐を繰り返し、腹痛が止まない症状は、

急性胃腸炎の症状です。発熱や倦怠感も伴う急性胃腸炎の

下痢の症状はどのくらい続くのでしょうか?

健康や美容にも関係が深いケイ素の効果や効能について

ケイ素は、シリカ(二酸化ケイ素)とも呼ばれており、

地球上のあらゆる物質や物体にケイ素が含まれているそうです。

注目されるケイ素の効果や効能とは?

糖尿病の食事制限やストレスとの関係について

糖尿病は、遺伝的要因や生活習慣により

体内の糖が上手く代謝されず血糖値が高くなる病気です。

糖尿病の食事制限やストレスとの関係とは?

足の裏が痛い 魚の目とは?

「魚の目」とは、その名前が表す通り魚の目のような形をしており、皮膚の角質の一部が厚くなるできものです。表面の皮膚の硬くなった部分の中央にぽつんと丸い芯があって、この芯が魚の目のように見えるので「魚の目」と呼ばれていますが、正式名称は「鶏眼(けいがん)」といいます。

皮膚の表面には「角質層」という、外からの刺激や異物をブロックしたり、身体の水分が蒸発するのを防ぐというバリア機能の役割をしている組織があります。足裏の角質層は、立ったり歩いたりと圧力がかかることが多いので、もともと分厚くできているのです。

しかし、合わない靴を履くなどで、足の裏や指などの同じ場所に圧迫や摩擦が繰り返し加わると、角質層のバリア機能がフル稼働を始め、ケラチンというたんぱく質を余分に作りだして、角質をどんどん分厚く硬くして皮膚を守ろうとするのです。その部分に魚の目ができてしまうのです。

引用元-【魚の目の原因と取り方】芯を取るならスピール膏より病院?魚の目の正しい治療法とは?|welq [ウェルク]

スポンサーリンク



  人気記事

足の裏に魚の目ができてしまう原因とは

①サイズの合わない靴を履いている
自分の足のサイズに合わない靴は、魚の目・タコの大きな発生原因になります。
たとえば、小さめの靴をはくと足の指先が靴にあたったり、指先が曲がった状態で固定されてしまったり、幅が狭いと指が両側から圧迫され続けます。また、大きめの靴では、歩くたびに靴の中で足が滑ってしまうため、その都度、指先が圧迫されることになります。さらに、サイズの合わない靴では、歩き方も不自然になりますから、足裏の特定の部分だけに刺激が加わってしまい、魚の目やタコができてしまいます。

②開張足(かいちょうそく)になっている
健康な足の場合、親指の付け根から小指の付け根までがゆるやかに盛り上がり、横アーチが形成されていますが、運動不足によって筋力が低下したり、体重の増加によって足に負担がかかったりすると、横アーチを支える筋肉が衰えて、開張足とよばれる状態になってしまいます。
開張足では、前に体重がかかりやすく、すれやすくなるため、魚の目・タコができやすくなります。

③ハイヒールを毎日のように長時間履いている
ハイヒールを履いている状態では、足裏全体で体重を支えることができず、つま先が圧迫されがちです。特につま先が細くなったデザインの靴では、指同士が圧迫され摩擦が起き、魚の目やタコの原因になります。

④歩き方にクセがある
たとえば、ひざが悪くそれをカバーするように歩いている場合、足裏の特定の場所ばかりに負担がかかるようになり、魚の目やタコができることがあります。足に怪我などがなくても、歩き方に独特のクセがあり、そのクセによって足裏のどこかに負担がかかる場合もあります。

⑤足が冷えている
足が冷えていると、冷えていない人に比べ、靴の圧迫などの刺激をより強く感じるため、魚の目やタコができやすくなります。歩いているときも常に足の冷えを感じるような、ガンコな冷えを持っている人は要注意です。

引用元-自己治療はキケン!? 魚の目・タコ対処法|病気・症状と予防|eo健康

スポンサーリンク



自宅でできる足の裏の魚の目の取り方について

自宅でできる魚の目(うおのめ)治療薬としては、横山製薬から販売されている『イボコロリ』シリーズや、ニチバンの『スピール膏』シリーズが有名です。

現在は液体タイプのほか、絆創膏タイプのものや、足裏(指)にできた魚の目・タコによる圧迫感を和らげ痛みを減らす『ウオノメパッド』などが市販されています。

医薬品である『ウオノメコロリ』や『スピール膏』で、たこや魚の目が取れる理由は、製品に配合されている有効成分サリチル酸にあります。

サリチル酸には皮膚の角質を軟化させる角質軟化溶解作用があり、液剤を患部に直接塗布すると、サリチル酸の作用により皮膚角質の腐食が起こります。

その後、薬剤が浸透した患部の下面では新たな皮膚を再生しようと細胞分裂をはじめるため、魚の目となって現れた角質部を取り除くことが出来るという仕組みです。

ただし、魚の目は表皮の角質層が真皮内に向かって楔形に肥厚しているので、発生した魚の目の状態によっては、なかなか芯が取れなかったり、何度も繰り返し根気よく治療を続けなければならないケースも少なくないようです。

引用元-魚の目 写真(画像)で学ぶ!知らないと怖い魚の目の常識と治療法

足の裏の魚の目は皮膚科ではどんな治療をするの?

自宅でも軽い魚の目であれば治せますが、芯を自力で取り除くのは難しいものです。またイボなどを魚の目と間違って削ると、どんどん広がったり大きくなり悪化する事があります。魚の目が大きく痛みが酷い場合や、魚の目か判断できない場合は、皮膚科で診察を受けた方が良いでしょう。
 
皮膚科での治療法
 
1.メスで切除
局所麻酔を使用し、メスを使って芯を取り除きます。サリチル酸を使ったテープなどを使用してから行われる場合もあります。ただ、しばらくは魚の目よりも痛みが出る場合がある為、長く立っている、また歩く事がある場合は注意が必要です。
 
2.液体窒素による冷凍凝固
イボを治療する時によく利用される治療法です。-196℃の液体を使って患部を急激に冷やし、一種の火傷状態にして異常に増殖した組織を破壊します。所要時間は5分ほどで短くて済みますが、何回か治療を受ける必要があります。
 
3.レーザーによる治療
局所麻酔を行ってから、炭酸ガスレーザーにより魚の目を繰り抜きます。患部だけを取り除く事ができる為に、傷跡が小さくてすみます。ただ、治療後も痛みが出る為、大きな魚の目には不向きです。

引用元-魚の目の正しい取り方・治し方、知ってますか | いしゃまち

魚の目予防は足の裏の保護 予防策について

タコや魚の目が出来ないように予防するには、まず足の裏の保護が大事です。
女性に多い魚の目は歩きすぎ・走り過ぎといった足の酷使や、靴が足に合っていないこと・靴のクッション性が悪いことが原因になって起こります。ですので、予防のために1番重要なのは、局所的に圧力のかかる状況を改善することです。
【魚の目8つの予防策】

足のサイズにフィットする靴を選んで履く(小さ過ぎず、大き過ぎない、ジャストな靴)
ハイヒールやつま先の狭いパンプス・サンダルなど、足の前半分が圧迫される靴は避ける
底の薄い靴(ぺたんこ靴)は避ける
衝撃を和らげるインソール(やわらかい中敷き)を入れる
足が当たる部分に足用保護パッド(圧力を軽減するクッション)を貼る
歩き方、立ち方を改善し、両足にバランス良く体重をかける
外反母趾を治療する
お風呂に入った時に足裏・足指をマッサージして血行を促進、老廃物の代謝を促す
女性が好んで履くハイヒールやサンダルは、足を綺麗に見せるための履物で、足をいたわる履物とは言い難いものです。アスファルトやコンクリートなどの硬いところを歩く時は、クッション性の高いスニーカーを履くなど靴の種類を変えるか、柔らかい中敷きを入れるておくなどの対策が予防に繋がります。
普段から自分のサイズにあった、なるべく先の部分が尖っていない、ヒール部が低い靴を履くことを心がけましょう。

引用元-魚の目(原因と対処法) | ドクターネイル爪革命 | 痛くない足の爪のケア

 - 生活の知恵, 美容・健康