ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

足の裏の魚の目の芯の取り方

      2016/01/29

足の裏に魚の目ができても、症状がひどくなければ、

セルフケアで済ませる人が多いかもしれません。

しかし、セルフケアには十分な注意が必要です。

原因や予防策を知って再発しないようにしましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

ad0684e0a31c8c7e993c8d623897f289_s
顔の頬が乾燥して赤い症状をどうにかしたい!対処法は?

特に乾燥する季節に多い顔の頬などの乾燥肌、

悩んでいる方も多いと思います。

乾燥による赤い肌の原因や対処法とは?

alley-984005_1280
ホテルの宿泊予約を安くする裏技とは?

ホテルの宿泊の予約は近年、

外国の方も多くなったため取りにくくなっているようです。

そこで、宿泊予約を取るワザや安く済ますテクニックを

ご紹介します。

a80ba4ccec481e15507b7d67397425e5_s
てんかん発作を見かけたときのために知っておくべき対応とは

てんかんの発作は、突然起こります。

街中や大きな施設などで発作を起こしている方を見かけた場合、

どのような対応を取るべきなのでしょうか?

05815a0be109619694cc37dc07db528d_s
肩こりや頭痛は枕が原因かも 枕を選ぶポイント

枕が合っていないと、肩こりや頭痛の原因と

なるそうです。では、どのような枕がいいのでしょうか?

快適な眠りを手に入れましょう。

9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s
赤ちゃんは出やすい?顔湿疹の原因について

季節の変わり目や体質などで顔湿疹が出ることがあります。

特に赤ちゃんは顔湿疹ができやすいそうです。

その原因とは?

9d375c9ec3d725b9b59f9ecdbe077a77_s
脱水症状が起こった時の対処や予防するためには?頭痛の症状も

脱水症状と言えば、喉が渇くのを想像される人も

いるかもしれませんが、実際体の中では、

複雑なことが起こっています。

その時のために知っておくべきこととは?

24b76fb2039dbec539e742095c6ac075_s
入浴の効果は美容にも 正しい入浴でキレイになろう

入浴することで美容にも効果をもたらします。

ただ、入浴方法を間違えると、

逆効果になることもあるようなので、注意が必要です。

3ab9b4b9e03d3b4e38146c3382d0d96a_s
足のむくみの原因について むくみが症状の病気は?

むくみは血液の循環と深く関わっています。

静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、

戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態がむくみです。

足のむくみの原因を知り、予防できるようにしましょう。

8e0d1180eeb91ef2db73c2ba729bbf89_s
ストレートネックの治し方とは? 治療や改善方法について

ストレートネックになってしまったら、その治し方とは?

また、どのように改善していけばよいのでしょうか?

治療方法や改善方法を確認しましょう。

bdabbdb3ce29521e657b1ad8090f282f_s
洋服の手入れにブラッシングを!方法やおすすめのブラシは?

洋服のお手入れはしていますか?

やはり、するのとしないのでは大きく違うそうです。

ブラシを使った手入れ方法とは?

2866a5abab69a8eb0ce15f3de854908c_s
集中力を上げたい!高めた集中力を持続させる方法は?

どうして自分は集中力がないんだろうと思ったことはありませんか?

それは、環境や考え方で変えられるかもしれません。

スポーツや勉強、仕事など生活に必要な集中力を高めるには、

どうすればいいのでしょうか?

集中力を上げる方法とは?

65dfa8d077e63f98e93f1f45890b01ad_s
携帯のLTEって何?LTEと4Gの違いや通信速度は?

携帯も昔とは全然変わってしまいました。

通信をよく使う人ならご存知かもしれませんが、

LTEって何のことだか知っていましたか?

m010159 (1)
肩こり解消にウォーキングを 体操も忘れずに

肩こりの解消にウォーキングをしてみましょう。

ウォーキングによるメリットはたくさんあります。

始める前の体操も忘れずに!

9c7ea89c3b71098b8476f13351041b67_s
偏頭痛の痛みがひどい症状や目がチカチカするのは関係がある?対処法とは?

偏頭痛の痛みがひどい時は、生活の妨げになるほどです。

目がチカチカしたり、ひどい時は吐き気までしてしまうことも。

症状や対処法とは?

dd32daba75352a7f8569afdeee15fd84_s
外反母趾が痛い!靴選びのポイントや効果が期待できる方法とは

靴を履くと足の親指の付け根が痛いと感じることはありませんか?

もしかしたら外反母趾かもしれません。

期待できる治し方や、考えられる原因とは?

確定できるわけではありませんが、参考にしてみてください。

ダンボール
重い物を持つ時の注意点やコツとは?

重い物を運ぶ時、つい力任せで運んでしまっていませんか?

実はかなり腰に負担をかけているかもしれません。

しっかりした持ち方で腰を痛めないよう注意しましょう。

be5925423cf8eb7a6f2a1566992c7946_s
耳鳴りと頭痛の症状がある原因は?治し方はある?

デスクワークや、身体のゆがみなどによる慢性的な肩こりから

耳鳴りと頭痛を伴う場合があります。

その他の症状や治し方とは、どのようなものがあるのでしょう?

802f478894f5c15a2506130411b7725f_s
救急車のサイレンの種類やドップラー効果とは?

緊急車両は救急車やパトカー、消防車以外にも存在します。

中でも比較的見かけることの多い救急車のサイレンについて、

その種類やドップラー効果について知っておくと、

話のネタになるかもしれません。

8cea53558500d6b61a2b3f56284c634a_s
会話が続かない人の特徴とは?上司や初見の人との会話

仲のいい友達となら会話も途切れることは少ないかもしれませんが、

それが、初対面であったり、目上の人や上司であると、

どんな会話をしていいのか迷って沈黙してしまうということも

多いかもしれません。

会話をうまく続けるために、会話が続かない人の特徴を知り、

そういった場面に活かせるようにしましょう。

381e3932850b7e10b82e383dd7f239e3_s
気になる靴の臭いを取る洗い方で清潔を保つコツ

靴を清潔に保つために靴を洗いましょう。

臭いを取る洗い方と保管時の脱臭方法など

清潔に保つ方法とは?

290bfbf0825283825bbbfb35e30a134e_s

足の裏が痛い 魚の目とは?

「魚の目」とは、その名前が表す通り魚の目のような形をしており、皮膚の角質の一部が厚くなるできものです。表面の皮膚の硬くなった部分の中央にぽつんと丸い芯があって、この芯が魚の目のように見えるので「魚の目」と呼ばれていますが、正式名称は「鶏眼(けいがん)」といいます。

皮膚の表面には「角質層」という、外からの刺激や異物をブロックしたり、身体の水分が蒸発するのを防ぐというバリア機能の役割をしている組織があります。足裏の角質層は、立ったり歩いたりと圧力がかかることが多いので、もともと分厚くできているのです。

しかし、合わない靴を履くなどで、足の裏や指などの同じ場所に圧迫や摩擦が繰り返し加わると、角質層のバリア機能がフル稼働を始め、ケラチンというたんぱく質を余分に作りだして、角質をどんどん分厚く硬くして皮膚を守ろうとするのです。その部分に魚の目ができてしまうのです。

引用元-【魚の目の原因と取り方】芯を取るならスピール膏より病院?魚の目の正しい治療法とは?|welq [ウェルク]

スポンサーリンク



  人気記事

Sorry. No data so far.

足の裏に魚の目ができてしまう原因とは

①サイズの合わない靴を履いている
自分の足のサイズに合わない靴は、魚の目・タコの大きな発生原因になります。
たとえば、小さめの靴をはくと足の指先が靴にあたったり、指先が曲がった状態で固定されてしまったり、幅が狭いと指が両側から圧迫され続けます。また、大きめの靴では、歩くたびに靴の中で足が滑ってしまうため、その都度、指先が圧迫されることになります。さらに、サイズの合わない靴では、歩き方も不自然になりますから、足裏の特定の部分だけに刺激が加わってしまい、魚の目やタコができてしまいます。

②開張足(かいちょうそく)になっている
健康な足の場合、親指の付け根から小指の付け根までがゆるやかに盛り上がり、横アーチが形成されていますが、運動不足によって筋力が低下したり、体重の増加によって足に負担がかかったりすると、横アーチを支える筋肉が衰えて、開張足とよばれる状態になってしまいます。
開張足では、前に体重がかかりやすく、すれやすくなるため、魚の目・タコができやすくなります。

③ハイヒールを毎日のように長時間履いている
ハイヒールを履いている状態では、足裏全体で体重を支えることができず、つま先が圧迫されがちです。特につま先が細くなったデザインの靴では、指同士が圧迫され摩擦が起き、魚の目やタコの原因になります。

④歩き方にクセがある
たとえば、ひざが悪くそれをカバーするように歩いている場合、足裏の特定の場所ばかりに負担がかかるようになり、魚の目やタコができることがあります。足に怪我などがなくても、歩き方に独特のクセがあり、そのクセによって足裏のどこかに負担がかかる場合もあります。

⑤足が冷えている
足が冷えていると、冷えていない人に比べ、靴の圧迫などの刺激をより強く感じるため、魚の目やタコができやすくなります。歩いているときも常に足の冷えを感じるような、ガンコな冷えを持っている人は要注意です。

引用元-自己治療はキケン!? 魚の目・タコ対処法|病気・症状と予防|eo健康

スポンサーリンク



自宅でできる足の裏の魚の目の取り方について

自宅でできる魚の目(うおのめ)治療薬としては、横山製薬から販売されている『イボコロリ』シリーズや、ニチバンの『スピール膏』シリーズが有名です。

現在は液体タイプのほか、絆創膏タイプのものや、足裏(指)にできた魚の目・タコによる圧迫感を和らげ痛みを減らす『ウオノメパッド』などが市販されています。

医薬品である『ウオノメコロリ』や『スピール膏』で、たこや魚の目が取れる理由は、製品に配合されている有効成分サリチル酸にあります。

サリチル酸には皮膚の角質を軟化させる角質軟化溶解作用があり、液剤を患部に直接塗布すると、サリチル酸の作用により皮膚角質の腐食が起こります。

その後、薬剤が浸透した患部の下面では新たな皮膚を再生しようと細胞分裂をはじめるため、魚の目となって現れた角質部を取り除くことが出来るという仕組みです。

ただし、魚の目は表皮の角質層が真皮内に向かって楔形に肥厚しているので、発生した魚の目の状態によっては、なかなか芯が取れなかったり、何度も繰り返し根気よく治療を続けなければならないケースも少なくないようです。

引用元-魚の目 写真(画像)で学ぶ!知らないと怖い魚の目の常識と治療法

足の裏の魚の目は皮膚科ではどんな治療をするの?

自宅でも軽い魚の目であれば治せますが、芯を自力で取り除くのは難しいものです。またイボなどを魚の目と間違って削ると、どんどん広がったり大きくなり悪化する事があります。魚の目が大きく痛みが酷い場合や、魚の目か判断できない場合は、皮膚科で診察を受けた方が良いでしょう。
 
皮膚科での治療法
 
1.メスで切除
局所麻酔を使用し、メスを使って芯を取り除きます。サリチル酸を使ったテープなどを使用してから行われる場合もあります。ただ、しばらくは魚の目よりも痛みが出る場合がある為、長く立っている、また歩く事がある場合は注意が必要です。
 
2.液体窒素による冷凍凝固
イボを治療する時によく利用される治療法です。-196℃の液体を使って患部を急激に冷やし、一種の火傷状態にして異常に増殖した組織を破壊します。所要時間は5分ほどで短くて済みますが、何回か治療を受ける必要があります。
 
3.レーザーによる治療
局所麻酔を行ってから、炭酸ガスレーザーにより魚の目を繰り抜きます。患部だけを取り除く事ができる為に、傷跡が小さくてすみます。ただ、治療後も痛みが出る為、大きな魚の目には不向きです。

引用元-魚の目の正しい取り方・治し方、知ってますか | いしゃまち

魚の目予防は足の裏の保護 予防策について

タコや魚の目が出来ないように予防するには、まず足の裏の保護が大事です。
女性に多い魚の目は歩きすぎ・走り過ぎといった足の酷使や、靴が足に合っていないこと・靴のクッション性が悪いことが原因になって起こります。ですので、予防のために1番重要なのは、局所的に圧力のかかる状況を改善することです。
【魚の目8つの予防策】

足のサイズにフィットする靴を選んで履く(小さ過ぎず、大き過ぎない、ジャストな靴)
ハイヒールやつま先の狭いパンプス・サンダルなど、足の前半分が圧迫される靴は避ける
底の薄い靴(ぺたんこ靴)は避ける
衝撃を和らげるインソール(やわらかい中敷き)を入れる
足が当たる部分に足用保護パッド(圧力を軽減するクッション)を貼る
歩き方、立ち方を改善し、両足にバランス良く体重をかける
外反母趾を治療する
お風呂に入った時に足裏・足指をマッサージして血行を促進、老廃物の代謝を促す
女性が好んで履くハイヒールやサンダルは、足を綺麗に見せるための履物で、足をいたわる履物とは言い難いものです。アスファルトやコンクリートなどの硬いところを歩く時は、クッション性の高いスニーカーを履くなど靴の種類を変えるか、柔らかい中敷きを入れるておくなどの対策が予防に繋がります。
普段から自分のサイズにあった、なるべく先の部分が尖っていない、ヒール部が低い靴を履くことを心がけましょう。

引用元-魚の目(原因と対処法) | ドクターネイル爪革命 | 痛くない足の爪のケア

 - 生活の知恵, 美容・健康