ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

足のむくみの原因について むくみが症状の病気は?

      2018/12/28

むくみは血液の循環と深く関わっています。

静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、

戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態がむくみです。

足のむくみの原因を知り、予防できるようにしましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

入浴による効果は高齢者にも有効?

高齢者の方の入浴に関する効果とは、

どのようなものなのでしょうか?

体力的に注意する点も重視しておきましょう。

肩こりは揉んではいけない?体操やストレッチについて

日常生活の中に肩こりの原因となる事はたくさんあります。

そんな肩こりも、つい揉んでしまいますが、

肩こりは揉んではいけないと言われています。

体操やストレッチで改善するようにしましょう。

高血圧で血圧を下げたい!血圧を下げる方法はお酢?

昔からお酢は健康に良いと言われています。

疲労回復、痛風などに効果があるとされていますが、

血圧を下げる方法としてもお酢は注目されているのです。

寝る前にコップ1杯の水を!適切な飲み方で効果を発揮

寝る前にコップ1杯の水を飲むといいというのは、

どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

ですが、飲み方や飲み過ぎは逆効果のようです。

鼻の呼吸は片方ずつって知ってる?鼻呼吸の重要性とは

日常的に鼻で呼吸をしていて、あまり意識しませんが、

鼻呼吸は片方ずつしている事はご存知ですか?

口呼吸している方は鼻呼吸に直した方がいいですよ。

唇が乾燥する原因とは? はちみつで唇をケアする

普段何気なくやってることが唇の乾燥をまねいているかもしれません。

乾燥の原因を知り、しっかりケアをして

素敵なリップにしましょう。

若年性更年期障害の症状や原因とは?受診する時は何科?

近年、若年性更年期障害の症状を訴える人が増えているそうです。

若年性更年期障害の症状や原因とは?

男性も気を付けましょう。

ストレートネックの治し方とは? 治療や改善方法について

ストレートネックになってしまったら、その治し方とは?

また、どのように改善していけばよいのでしょうか?

治療方法や改善方法を確認しましょう。

財布の寿命とは?買い替えは何年くらいですべき?

財布の寿命って何年くらいなのでしょうか?

財布の買い替えのいいきっかけとして、

一度考えてみるのもいいかもしれません。

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

酢タマネギの美容やダイエットへの効能とは?作り方やレシピは?

酢タマネギの健康や美容、ダイエットへの効果とは?

作り方も簡単なので、

一度試してみては?

年賀状がマナー違反にならないように年賀状の書き方について

年賀状は昔から何気なく書いていましたが、

知らず知らずのうちにマナー違反な書き方を

私もしていました。しっかりとした知識をつけて

新年早々、恥をかかないようにしましょう。

口内炎が舌に 原因や特徴とは?

口内炎の中でも、最も辛いといわれているものが、

舌にできる口内炎です。舌は味や熱さを感じる働きの他に、

口の中に入った食べ物を食べるのを助け、

発音では重要な働きをします。

口内炎が舌にできてしまう原因や特徴とは?

骨ストレッチとは?ダイエット効果ややり方について

メディアで紹介された骨ストレッチですが、

効果が期待できると人気のようです。

そのやり方や、効果とはどのようなものなのでしょうか?

リンパマッサージとは?その効果について

リンパマッサージは聞いたことはあっても、

どんなものかというのは知らない方もしるかもしれません。

効果とはどのようなものなのでしょうか?

手術での全身麻酔の方法は?リスクや合併症はある?

手術では体にメスを入れるため、痛みを感じなくさせ、

ストレスから患者の体を守ることが麻酔の役割となります。

全身麻酔の場合、考えられるリスクはどのようなことがあるのでしょうか?

納豆の栄養素は美容に効果的 キムチと合わせるとさらに良し!

体にもお肌にも良いものといえば納豆です。

美容にいいから毎日食べているという方も非常に多いですよね。

納豆の栄養や美容について確認しましょう。

花粉症による目のかゆみで花粉症は子供もなるの?

子供の花粉症は増えているそうです。

今や5~9歳で13.7%、10~19歳では31.4%もいて、

なんと赤ちゃんまで花粉症になるそうです。

子供はよく目をかくので、目のかゆみなどの症状に気をつけましょう。

背中に激痛で動けない!原因はぎっくり背中?

背中の痛みの原因は様々ですが、

その中でもぎっくり背中について確認します。

その効果が期待できる対処法や予防法とは?

昼食後昼寝の効果的な時間とは大人にはどんな効果が?

人は1日のうちに2回眠気が来ると言われています。

大人は仕事もありますので、中々昼寝をすることは難しいかも

しれませんが、短い時間を見つけて午後からも

効率的な仕事ができるようにしましょう。

足のむくみの原因について

からだのなかで、もっともむくみが起こりやすいのが脚です。心臓から遠い位置にあって血液の流れが悪くなりやすいことと、重力の関係で水分がたまりやすいからです。 脚のむくみは一般に、立ち仕事の人に多い症状ですが、実はデスクワークの人にもよくみられます。どちらも同じ姿勢を続けることで、脚の組織液(水分を含む血液、リンパ液など)の循環が悪くなり、細胞のすき間などに水分が停滞するからです。 また疲れがたまったときや、睡眠不足になったときなどにも、脚のむくみが起こりやすくなります。これは血液を送り出す心臓の働きが低下するためです。 中高年になって脚の筋力が低下した場合にも、むくみが起こりやすくなります。脚の筋肉(とくにふくらはぎ)は、血液を心臓に戻すポンプの役割をしているため、筋力が低下すると血液がうまく戻らなくなり、血液中の水分が停滞するからです。 こうした脚のむくみの多くは、一過性のもので、ひと晩寝ると治まる程度なら、あまり心配はありません。 注意したいのは、病気が原因となる脚のむくみです。原因には、心臓や肝臓、腎臓など、さまざまなケースが考えられます。むくみから重大な病気が発見されることもあるので、なかなか治らない場合には受診しましょう。

引用元-脚のむくみ…気になる病気と解消法 | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

スポンサーリンク



  人気記事

足のむくみが症状の腎臓や肝臓の機能障害について

ここ最近、足のむくみとの関係で注目されているタンパク質に「アルブミン」というものがあります。

血液中に含まれるタンパク質の1種で、栄養素の運搬や血液の浸透圧調整をする役割をもっています。
この「浸透圧の調整」とは、血液の濃さを調節するために、血管から水分を出したり入れたりすることです。

アルブミンの量が低下すると、この調節機能も低下し、余剰水分を血液に戻すことができなくなってしまいます。
そのため、むくみが発生してしまうのです。

アルブミンは食物から摂取できるタンパク質で肝臓において生成され、腎臓でろ過されます。
よって、アルブミンの量に異常がみられるということは、肝臓、もしくは腎臓の機能に何か障害があるのでは、という可能性がでてくるのです。

足のむくみが慢性的になっている、しかし下肢静脈瘤という様子でもなさそうだという場合は、病院でアルブミン検査を受け、肝臓及び腎臓の機能をチェックしてください。

また、肝臓に何らかの異常がある場合は、足だけでなく全身にむくみが生じることも少なくありません。
腎臓の機能低下では、足の他に顔、特にまぶたのむくみが生じることが多いようです。

肝臓は「沈黙の臓器」と言われるほど、症状が進まないとその異常が痛みなどになって表面化しません。
むくみが慢性的な人は定期的に肝機能のチェックを受けることをおすすめします。

引用元-足のむくみと病気~こんな時は病気も視野に入れよう!

スポンサーリンク



足のむくみが症状の心臓障害や下肢静脈瘤

心臓に何らかの障害がありますと、心臓のポンプの働きが悪くなって、心臓から遠い足では、血行が良くなくなりむくみが出ていきます。
長時間の立ち仕事や、座ったままの仕事などでなる足のむくみは、一時的なものですが、心臓などに疾患がありそれが元で足にむくみが出る場合には、継続的に足がむくんできますので、なかなか治らない、足もむくみがある場合には、一度心臓の検査をしておくと安心です。
 
下肢静脈瘤とは静脈にある逆流防止弁が壊れてしまって血液が静脈の中で逆流するためのむくみを起こし、ひどくなると静脈にこぶが出てきて、外から見てもこぶだらけの足になってしまいます。
足がむくんできた時の軽い防止法として、定期的に足首をまげて、ふくらはぎの筋肉を伸び縮みさせる。
 
両手で、押し首から上に向かって撫でるようにマッサージするなどがあります。
とにかく足のむくみが出たら、早めに足を動かす事が一番早い解消法になります。

引用元-足のむくみ解消法/私はこれで足のむくみとさよならしました

足のむくみを予防するために日常生活で注意すること

外出時には靴はかかとが低く足先が開ける大きめなものにし、ハイヒールはできるだけ避ける。
帰宅後は足指を広げて血行を良くし、足を高く上げて休めましょう。
風呂ではお湯と水のシャワーを交互に当てると血行を良くすることができます。
就寝前には顔と同じように足もマッサージし、寝てからは足に枕を置いて足を高くしましょう。
水分をとりすぎないようにしましょう。
適量をこまめにそしてあまり冷たいドリンクは避けましょう。
ビール等のアルコールは、利尿作用があり血液の濃度が高くなりカラダは水分をためこもうとしますので飲み過ぎは注意です。
塩分のとりすぎに注意
塩分の多い食べ物を多く摂取すると体内の塩分の濃度が上がりバランスをとるためにカラダは水分をためこもうとします。
加工食品やファーストフードやコンビニ食品、スナック菓子などは塩分が多いので注意が必要です。
過敏なダイエット(ダイエットなどにより食事の量を極端に減らしたり偏食することでむくむ場合があります。

引用元-むくみ解消のツボ教えます!原因・症状チェックも忘れずに! « 製薬・医療・病院・クリニックの派遣のお仕事 | パソナ

冷え性も足のむくみの原因となる

冷え性も、むくみの原因としては、
見逃せません。

足が冷えると、やはり血の循環が悪くなって、
足に、水分や老廃物がたまりやすくなり、
むくみの原因になります。

特に、女性の8割が冷え性だと、言われていますので、
冷えとむくみは、切っても切れませんね。

デスクワークの女性には、冬よりも、
夏のエアコンの影響で、冷えてむくむ人も、
多いのではないでしょうか。

しっかりと、足の先を温める靴下などで、
予防してくださいね。

引用元-足のむくみとは?原因はコレ!病気は大丈夫? | これが知りたい!気になる情報局

 - 生活の知恵, 美容・健康