ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

足のむくみの原因について むくみが症状の病気は?

      2016/02/22

むくみは血液の循環と深く関わっています。

静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、

戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態がむくみです。

足のむくみの原因を知り、予防できるようにしましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

糖尿病の初期症状は尿から?尿の色や頻度も関係

糖尿病は症状が自分自身では分かりずらいのが特徴です。

ですがき尿などの初期症状を把握し、

早めに検査して未然に防げるようにしましょう。

お盆の由来はインド?日本?お休みの意味を知る

お盆といえばお盆休みと考える人は多くいるかもしれません。

里帰りや旅行など、ゴールデンウィークのような光景を

お盆休みでも見かけます。

ただ休むだけでなく、お盆の由来を知ることで、

また違った余暇の過ごし方ができるかもしれません。

静電気の電圧ってどのくらいなの?

静電気の電圧とはどの程度のものなのでしょうか?

また、静電気によって命の危険にさらされる事はあるのか?

雷も静電気が素のようです。

血圧が高い時の対処法で血圧を下げられる方法は?

血圧が高い時に、日常生活からできる対処法や、

簡単にできる対処法は、どのようなものがあるでしょうか?

ストレスを溜めないようにすることも大切です。

紅茶の効能による下痢の改善 ただし飲み過ぎに注意

紅茶に含まれるタンニンによって

下痢が改善されるそうです。

その効能について確認します。

昼食後の昼寝の効果は仕事にも?効果的な昼寝とは

近年、昼寝を取り入れる企業があるほど

昼寝の効果は見直されています。

午後からも元気に仕事ができるように

昼寝を取り入れてみましょう。

子供の性格に影響を与える環境や育て方

子供の性格形成には、様々な要因があります。

できれば、いい子に育って欲しいと親は願うものです。

育て方や環境が子供の性格に与える影響とは?

尿の異常な色と臭いは病気のサイン?原因とは?

尿は腎臓で血液をろ過することによって作られ、

体の中の不要な物質を体外に排泄する大切な役割があります。

色やにおいの異常も何かのサインということが多いそうです。

健康体でも尿の色が濃くなったりすることもあるので、

あまり心配しすぎもよくありませんが、

一つの目安として覚えておくといいかもしれません。

肩こりを体操でほぐす オフィスでもできる体操を紹介

オフィスでデスクに向かって長時間仕事をしていて、

肩こりがつらい方は多いのではないのでしょうか。

適度に体操して効果的に解消しましょう。

背中が痛い症状が真ん中に現れる原因とは 吐き気もある時は?

背中が痛い症状と共に吐き気がする場合があります。

吐き気を伴う場合、内臓疾患により痛みが生じている可能性があります。

背中の真ん中あたりが痛む場合の原因とは?

たまに心臓が痛い症状は肋間神経痛が原因?どんな人がなりやすい?

たまに心臓が痛いと感じる人は肋間神経痛かもしれません。

肋間神経痛とは肋骨に沿って走る神経が、

何らかの原因で痛む症状のことを言います。

場所が心臓あたりのため心配ですよね。

その症状や原因はどんなものなのでしょうか?

コートの毛玉が気になる!できにくい素材やできにくくする対策とは

コートの毛玉は非常に気になります。

できにくい素材や予防できたりするのでしょうか。

コートの毛玉への対策とは?

大掃除のコツ 風呂場をより快適に

年末の大掃除でお風呂場を掃除する際の

コツを集めてみました。

クエン酸は使い勝手がいいかもしれませんね。

疲労回復をするために睡眠が大事!理想の睡眠時間とは?

疲労回復のために、睡眠はとても重要です。

特に精神的疲労が大きい場合は睡眠時間が長くなってしまうすです。

疲労回復のための理想の睡眠時間はどれくらいなのでしょうか?

ベジブロスって?野菜の皮など捨てずに有効活用!

野菜の皮など、普段捨ててしまっているようなものを

有効活用しましょう!

ベジブロスはご存知ですか?

静電気除去グッズの気になる効果とは?

現在たくさんの静電気除去シートが販売されいますが、

どんなグッズが一番効果があるのでしょう?

生活スタイルや体質に合ったグッズを見つけましょう。

コーヒーの効果 がん予防に効果はあるのか

コーヒーの健康面に対する効果が見直されています。

がん予防にもコーヒーが効果を発揮するのか。

含まれるクロロゲン酸が関係しているようです。

職場の悩みやストレス解消法とは?多くの原因は人間関係にあり

職場でストレスを感じることがある人は、

非常に多いと思います。ですが、ストレスは絶対に無くなりません。

ストレス解消法でうまくコントロールし、

ストレスに負けてしまうことのないようにしましょう。

油性ペンが書けない!除光液で復活する?ボールペンは?

油性ペンやボールペンが書けなくなって、

すぐ捨ててしまっていませんか?

そのペン、まだ復活して使えるかもしれませんよ!

就活でストレス解消法を聞かれることも?転職の面接でストレスを溜めないために

学生の就活や転職時の面接は、中々ストレスが溜まるものです。

面接でストレス解消法を聞かれることも最近は多いようです。

面接で溜まるストレス解消法はひとそれぞれですが、

大事なことはストレスを溜めないことです。

足のむくみの原因について

からだのなかで、もっともむくみが起こりやすいのが脚です。心臓から遠い位置にあって血液の流れが悪くなりやすいことと、重力の関係で水分がたまりやすいからです。 脚のむくみは一般に、立ち仕事の人に多い症状ですが、実はデスクワークの人にもよくみられます。どちらも同じ姿勢を続けることで、脚の組織液(水分を含む血液、リンパ液など)の循環が悪くなり、細胞のすき間などに水分が停滞するからです。 また疲れがたまったときや、睡眠不足になったときなどにも、脚のむくみが起こりやすくなります。これは血液を送り出す心臓の働きが低下するためです。 中高年になって脚の筋力が低下した場合にも、むくみが起こりやすくなります。脚の筋肉(とくにふくらはぎ)は、血液を心臓に戻すポンプの役割をしているため、筋力が低下すると血液がうまく戻らなくなり、血液中の水分が停滞するからです。 こうした脚のむくみの多くは、一過性のもので、ひと晩寝ると治まる程度なら、あまり心配はありません。 注意したいのは、病気が原因となる脚のむくみです。原因には、心臓や肝臓、腎臓など、さまざまなケースが考えられます。むくみから重大な病気が発見されることもあるので、なかなか治らない場合には受診しましょう。

引用元-脚のむくみ…気になる病気と解消法 | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

足のむくみが症状の腎臓や肝臓の機能障害について

ここ最近、足のむくみとの関係で注目されているタンパク質に「アルブミン」というものがあります。

血液中に含まれるタンパク質の1種で、栄養素の運搬や血液の浸透圧調整をする役割をもっています。
この「浸透圧の調整」とは、血液の濃さを調節するために、血管から水分を出したり入れたりすることです。

アルブミンの量が低下すると、この調節機能も低下し、余剰水分を血液に戻すことができなくなってしまいます。
そのため、むくみが発生してしまうのです。

アルブミンは食物から摂取できるタンパク質で肝臓において生成され、腎臓でろ過されます。
よって、アルブミンの量に異常がみられるということは、肝臓、もしくは腎臓の機能に何か障害があるのでは、という可能性がでてくるのです。

足のむくみが慢性的になっている、しかし下肢静脈瘤という様子でもなさそうだという場合は、病院でアルブミン検査を受け、肝臓及び腎臓の機能をチェックしてください。

また、肝臓に何らかの異常がある場合は、足だけでなく全身にむくみが生じることも少なくありません。
腎臓の機能低下では、足の他に顔、特にまぶたのむくみが生じることが多いようです。

肝臓は「沈黙の臓器」と言われるほど、症状が進まないとその異常が痛みなどになって表面化しません。
むくみが慢性的な人は定期的に肝機能のチェックを受けることをおすすめします。

引用元-足のむくみと病気~こんな時は病気も視野に入れよう!

スポンサーリンク



足のむくみが症状の心臓障害や下肢静脈瘤

心臓に何らかの障害がありますと、心臓のポンプの働きが悪くなって、心臓から遠い足では、血行が良くなくなりむくみが出ていきます。
長時間の立ち仕事や、座ったままの仕事などでなる足のむくみは、一時的なものですが、心臓などに疾患がありそれが元で足にむくみが出る場合には、継続的に足がむくんできますので、なかなか治らない、足もむくみがある場合には、一度心臓の検査をしておくと安心です。
 
下肢静脈瘤とは静脈にある逆流防止弁が壊れてしまって血液が静脈の中で逆流するためのむくみを起こし、ひどくなると静脈にこぶが出てきて、外から見てもこぶだらけの足になってしまいます。
足がむくんできた時の軽い防止法として、定期的に足首をまげて、ふくらはぎの筋肉を伸び縮みさせる。
 
両手で、押し首から上に向かって撫でるようにマッサージするなどがあります。
とにかく足のむくみが出たら、早めに足を動かす事が一番早い解消法になります。

引用元-足のむくみ解消法/私はこれで足のむくみとさよならしました

足のむくみを予防するために日常生活で注意すること

外出時には靴はかかとが低く足先が開ける大きめなものにし、ハイヒールはできるだけ避ける。
帰宅後は足指を広げて血行を良くし、足を高く上げて休めましょう。
風呂ではお湯と水のシャワーを交互に当てると血行を良くすることができます。
就寝前には顔と同じように足もマッサージし、寝てからは足に枕を置いて足を高くしましょう。
水分をとりすぎないようにしましょう。
適量をこまめにそしてあまり冷たいドリンクは避けましょう。
ビール等のアルコールは、利尿作用があり血液の濃度が高くなりカラダは水分をためこもうとしますので飲み過ぎは注意です。
塩分のとりすぎに注意
塩分の多い食べ物を多く摂取すると体内の塩分の濃度が上がりバランスをとるためにカラダは水分をためこもうとします。
加工食品やファーストフードやコンビニ食品、スナック菓子などは塩分が多いので注意が必要です。
過敏なダイエット(ダイエットなどにより食事の量を極端に減らしたり偏食することでむくむ場合があります。

引用元-むくみ解消のツボ教えます!原因・症状チェックも忘れずに! « 製薬・医療・病院・クリニックの派遣のお仕事 | パソナ

冷え性も足のむくみの原因となる

冷え性も、むくみの原因としては、
見逃せません。

足が冷えると、やはり血の循環が悪くなって、
足に、水分や老廃物がたまりやすくなり、
むくみの原因になります。

特に、女性の8割が冷え性だと、言われていますので、
冷えとむくみは、切っても切れませんね。

デスクワークの女性には、冬よりも、
夏のエアコンの影響で、冷えてむくむ人も、
多いのではないでしょうか。

しっかりと、足の先を温める靴下などで、
予防してくださいね。

引用元-足のむくみとは?原因はコレ!病気は大丈夫? | これが知りたい!気になる情報局

 - 生活の知恵, 美容・健康